2018年07月10日

時を経て回収…いつまでもクライマーでいればこその楽しみだねー

その昔、取り付いてみたものの、力量に見合ってなく敗退したルート…
時間切れで悔しい思いを残しつつ登れないままになってたルート…

仕事きっちりタイプなユカジラは、そういうルートは少ないほうだけど、果敢(無謀)にトライしたくなっちゃう性格なので(笑)想いを遂げれなかったルート達は世界中にぽつぽつといる(笑)

ブリアンソンのあいつや、ユーラのあいつ…
難易度に関わらず可愛いやつら。
どいつもこいつも(くぅ〜〜〜!!)いつか必ず登りに行って、想いを成就させたいと思ってる。

そう!今回のライフルツアーにはそんな目的もあったりする。
15年の時の中で、私は君たちにまた触れるために生きてきたのだよ!

忘れもしない、やり残したままのルートの完登も楽しい。

s-IMG_0713.jpg



そんなこんなで〜の、、、今日のクライミング。

アップは、由美ちゃんが行きたいエリアで、ってことで、sno-cone wall。

新しく開拓されていた、Winters End ・11bと、Wedding Streak・11b の2本。OS。

のち、レスト前にトライした、Kingfisher・12d 、1回目でRP。

そして……
そして事件です!!(笑)


Kingfisher、レスト前にトライした時、陽が当ってきちゃったこともあり、今日まで先送りになってた。
1本目のヌンチャクは回収して、それ以上は残置しておいたんだけど、2本目がなくなってた。

2本目だけ、新品のヌンチャクだったからか?間違えて?持って行った人がいるのか?

真相は解らないけど、つい数日前にも由美ちゃんのヌンチャクが危うく持って行かれそうになったこともあり、なんだか気分が悪い。

もちろん、残置する時点で、無くなる可能性は肝に銘じてのことなので、仕方ないっちゃ仕方ないんだけど、最近、世界中のどの岩場に行っても、クライマー共通の認識として、持って行っちゃうような輩はいなくなってきてると感じてたので残念なような気持ち悪いような…複雑な気持ちになりました。

仕方ないので、不足分のヌンチャクを持って登り始めたんだけど、前日の夕方から夜にかけてまとまった雨があって、湿度が高かったうえ、2本目のクリップがシビアで…
どうしようか迷ったけど、なんだか腹立たしかったせいか、変なパワーが出て(笑)2クリップ目を飛ばして登ってしまった(苦笑)


もちろん行けるって思ったからだけど、落ちればグラウンド必須なんで、ちょっと反省。

でも、勝負だもん。
このトライで登るって気合で臨んでたので、しょうがないったらしょうがない。

無事RP。

まあ、イギリスならそれくらいありがちだし、OK!!
でも、良い子はマネしちゃだめよ(笑)って感じのクリップ飛ばしでした。

このルートは、昔、取り付いてみたかったけど、短難しそうで、ボルダー系は自分には無理かなぁ…と、何度も見に来ては取り付けず最終日を迎え、心残り満載で帰国したという思い出深いルート。

悠久(おおげさ(笑))の時を経て、積み重ねてきた努力と、ちっさいけど、成長を確認出来て嬉しかった。



その後も、またまた昔、最終日、数日続いた大雨で、どこも取り付けなくなってたなか、唯一取り付けたのかな?で、トライしたけど、濡れや湿気も手伝って、登れなかったルートの再トライに挑戦。

s-IMG_0712.jpg

Project wallにある、Twisted・12a。


ルートの詳細は全く覚えてなかったけど、厳しいルートの多いエリアの12aだけあって、なかなか手強かったけど、無事一撃。

OSと言っても良いでしょ、ってくらいのトリッキーさに粘った粘った(笑)

その時代の自分には、OSは絶対に出来なかったと思え、これまた、ちっさな成長にニヤニヤ。

たかが12a、と思うかもだけど、Rifle 、結構ムズイです(笑)

今日は、2本、置き忘れた物の回収が済んだ。



そして、午後は、これまた、どうしてもトライしたくて、でも見た目にも、傾斜的にも、ぜって―――ハマる!!(笑)と、恐ろしくて取り付いてない、と、記憶まで封印していた(実はこれまた帰国間際に、我慢ならずトライしていた(笑))Beer Run・13a
の、ムーブ解決に勤しんだ。

4サイクル目、だいぶ疲労も溜まってきた感じで、夜も身体が火照って寝れなくなってたりだったので、少しペースを落とそうとか考えてたんだけど、ルートを前にすると…

ムリッ!!(笑)

挫滅ったらザメッたで、そんとき考えれば良し!!とヨレヨレだったけどトライ。

それでも、2日目の最終便でトライしてた前回までよりは体力も残ってて、出来なかったムーブは全部解決出来た。

ムーブが出来れば、格段に完登が近づくユカジラとしては、もう貰ったようなもんである(笑)
なんちゃって。
一応追い詰める為にも大きく出とく。

チビには、やたらと距離で苦労させられてるけど、ぜひとも克服して登りたいと思える厳しいルート。
その厳しさが、もう楽しくて楽しくて(嬉)

明日は、2トライ目標で、狙ってゆきたい。
色々覚えてるか!?
忘却への自信はある!!(笑)

大敵は、午後の気温、狭い渓谷…反対側の壁からの反射熱と、下部核心の、ブラインドデッドでの立てカチ取り…

うおーーーー!!めっちゃ楽しい!!


s-IMG_0720.jpg

ライフルの町から、岩場までにある牧草地では、牛が草をハミハミ。


s-IMG_0719.jpg

可愛い姿に疲れも癒される、絶景癒し場(笑)です。






続きを読む
posted by ユカジラ at 13:52| 日記

2018年07月09日

ニュートポ熟考と発見

今日は3回目のレスト日。

s-IMG_0676.jpg

( 朝ごはん 卵レタスベーグルサンド、イチゴとヨーグルト。うまし!! )



ようやく生活にも慣れ、余裕ぶっこきまくりなユカジラです。幸せです。はい。
人生52年、日々“自分幸せ!!”って思えることに感謝。

s-IMG_0669.jpg

( 海子三世 )


s-IMG_0673.jpg

( 森田もどき。ミドルネーム、強気の森田  猫の名前は勝手につけてる(笑) )



ゆとりが出来たので、やっと大好きなトポの読み込みをした。

16年前のトポから、今回入手したトポは、2013年のエディション。
私が手にするRifleのトポは、今回のもので4冊目…
う〜〜〜ん、、、時の流れを感じる。
感じすぎて怖い…(笑)

旧トポから、ニュートポへ、過去に登ったルートのチェックと、新しく出来たルートがすぐにわかるように、星の評価や、エリア、グレードごとにチェックしながら、今後の取り組みなんかを考えるのは凄く楽しく幸せな時間。

どんな本を読むより、楽しめる読み物!
ザッツ、トポ!!万歳〜〜!!(^^♪

で、気付いたのが、13A以上ではなかったけど、当時、その難易度よりも難しく感じてた記憶のあるルートのグレードや、その他数多くのグレードが、軒並み1グレード上がってた。
逆に、下がってるのは無かったかな。

日本でも最近は、グレードの見直しも盛んだけど、大衆化の波はアメリカにも押し寄せてるのか?

当時は、“辛いなぁ”と思っても、自分が弱いからだろうな、とか、サイズ的にそう感じるだけなんだろうな、とか、“強きに従うは、この世界では当然のこと” と、自分のグレード感は比較的適正って思いながらも自信が持てないでいたけど、“がってんがってんがってん” スイッチを押しまくりな感じでした(笑)

併せて、評価の高いルート(四つ星とかのスターグレード)は、日本のそれとは少し違って、評価が高い、という言葉通りに、内容が濃いので、総じて難しめだってことを再認識。

四つ星クラスになると、長さ、ムーブ、シークエンス、ストレ二アス、エンデュランス、と本当に全部詰まっていて、トライすべき価値あるものがい多い。

イコール、難しい。
イコール、楽しい。

日本の星って、登り易いから人気、なルートに星がついてることも多い気がするけど、そういう気構えで取り付くと痛い目に合うって感じ(笑)
既に自分も洗礼されちゅわったしね〜〜。ふふ(*´艸`)

いや〜〜〜〜、時を経ても色褪せないRifle!素晴らしい岩場だ(喜)

ヨーロッパの石灰岩も大好きだけど、コルネ中心のエリアは、保持力があれば色んな工夫が出来るし、足業があれば、スタンスもそこそこ作り出せる。

ところが、Rifleのような、ブロックからブロック的な絶対的なフィジカルとボルダー力が肝になるルートが多い登りは、無い物ねだりなのか?(笑)とても魅力的。

クライミングは難しいほうが面白い。と、私はいつも思うので。




次項有次項有レスト日の御散歩写真


s-IMG_0679.jpg

グレンウッドスプリング(ライフルから東にある、いちばん近いそこそこ大きな町)
マウンテンショップも、移転してたけど健在。



s-IMG_0683.jpg

( 温水プールが売りのここは、プールも建て替わり巨大化してた!観光地化が進んでた )





s-IMG_0685.jpg

( くるくる滑り台のプールパターゴルフもあった。 入ってないけど盗撮(笑) )




s-IMG_0651.jpg

( レスト日に走るコースにいる、鉄の男 )



s-IMG_0664.jpg

( 岩場で毎回食料を狙ってくるラスカル←リスだけど )


続きを読む
posted by ユカジラ at 04:12| 日記

2018年07月08日

1週間経過

こちらに来て、8日が過ぎました。

時差ボケもなくなってきて、イイ感じに登りまくってます(笑)

クライミングDAY6、DAY7は、夕方に生体反応が低下することもなく、想いのまま突き進めるようになってきました。


DAY6は、10dでアップ後、Comception ・13aを2トライしたけど、核心のムーブがいかんせん悪くて、ガストンのスローパーから外傾した棚状のブロックを止めに行く動きが、距離もあって、スタンスが垂直の掛かりのないスメアからというおかず付きなので、止まった!と見せかけて、くるくる回って落ちるんですよ、マッタク…(涙)

s-IMG_0692.jpg

( Conception・13aのあるエリア )


アップを少なめに時間を調整しても、午前中の陽があったってきて暑くなる前にトライできるのは2回が限度…この緊張感はいいものだけど、なかなか登らせてもらえない(笑)


s-IMG_0708.jpg


午後は、RUCKMANCAVEに移動して、四つ星の12b、Norble Whiteをトライ。

これがまた、長いルートのわりにボルダーの連続で、12bとは思えない内容。

さんざん粘ったけど、「12bならもう核心終わってるだろ」という期待を見事に打ち砕いてくれOSならず…
2回目でRP。

ムーブがわかっているから思いきれるダイナミックな動きや、シークエンスが読みずらい部分も多く、RPグレードでも辛目かな、と思った。

昔は、ライフルは登りやすいとかの賜ってた日本人クライマーも多かったけど、ボルダー要素が肝になって構成されているルートが多く、一部のエリア以外は傾斜が緩いこと(垂直から120度くらいの薄被りが多い)も手伝って、あからさまに距離系のムーブが多く(私には、ですが(笑))、手応えあるルートが多くて、超面白い!!!

この1か月で、強くなれそうな気がする(笑)
秋のスペインツアーに向けての強化合宿なので、願ったり叶ったり!(^^♪


DAY7。
11cでアップ後すぐにConception。
だいぶ回転を止める感じがわかって来たのと、あさイチで気温がやや低かったのが、スローパーの保持に功をなし、やっとRP。
だいぶ苦労させられました(苦笑)、7回目。

s-IMG_0689.jpg


午前中の時間に余裕が出来たので、由美ちゃんがトライしている、隣のエリアにある、13m、ボルト6本っていう、ボルダーの“にほい”ぷんぷんの、Kingfisher・12dをトライ。

太陽が背中に迫ってきて、全身滑って(笑)今日は登れなかったけど、ぎりぎりまで2トライ、時間空けずにトライ出来たのは楽しかった。
動きのはっきりしたルートは面白いな。
次回は登れる。
へっへーーー!強気ですよ。はい。

午前中に、11c、13a、12d×2トライと、結構疲れたので、午後の1番暑い時間は昼寝して、夕方からせんじつトライしたBeer Run・13aをトライ。

s-IMG_0709.jpg

( キャンピングカーの左真上位のラインがBeer Run )


こいつはもうもうもう〜〜!!

全然ムズイ!
まだ、ムーブが出来てない箇所が3か所もあって、くっそう〜〜、燃える〜〜!!

13aって、こんなに難しいんだったっけ!?という感じ(笑)

これはなんとか登りたいと思う。

最初の核心は、カチとスローパーを押さえながら、ツルツルのハイステップに足を上げ、激烈不安定な状態でブラインドの縦カチにデッド!っうハイリスクノーリターン(笑)な動き。

さんざんムーブを起こそうとしたけど出来なくて落ちまくり〜〜トホホ。

指皮が裂けそうになって来たので、「今日はこれ位で勘弁したるわ!!!」とロワーダウン(笑)


前回も今回も、2日目の最後にトライしてたので、次回は、レスト明けのフレッシュな状態で挑むことに反省しました(笑)
いや、別にナメてるわけじゃ、ゼンゼンなくて、時間的にいつもそうなっちゃってたんですな。反省反省。悔い改めます。

明日はレストということで、ワークアウトに、37mの12aで出し切って終了。

長かった……息も絶え絶え、ぜーはーぜーはーとOS。
良い〆になりました。



s-IMG_0701.jpg

( Conception・13aの全景 )
続きを読む
posted by ユカジラ at 13:33| 日記

2018年07月06日

忘却は麦酒の彼方へ……


s-IMG_0686.jpg

年間パスも無事ゲット!
ようやくパーキングチケットの心配もなく入園できるようになり、ますます没!登攀!です(笑)

昨日は、由美ちゃんから風邪をもらってしまったようで、夜に熱が出た。

朝から、喉の痛みとくしゃみ、微熱を感じていたけど、今日1日頑張れば、翌日はレスト日なので、乗り切ってしまえば何とかなる!!と、ほら貝の音色を響かせ出陣。←あ、心の中で、ね(笑)

先ずは、最新トポにも載っていない、リアルニューカマーな最新ルート?でアップ。

ライフルでは珍しい、40mの11cから。
出だしと、中間にちょっとした核心があり、最後は被ったガバという、アップにはちょうどいい内容でした。
ロワーダウンして、80mロープ、ピッタリ一杯まで使うってスペインの岩場みたい(笑)


s-IMG_0630.jpg

( エリアに向かう途中で、草むらに何かが! )

( ……ん? )



s-IMG_0628.jpg

( 小鳥〜〜(笑) )


朝の渓谷は気温も低め、日当たりのないほうはちょっと薄暗いこともあり、夜に動けなくなったのかな?
クライミングの合間にこんな愉しみもあって、自然が豊かって素晴らしい!
萌え萌えであります揺れるハート



アップ後は、Conception・13aのトライ。

核心のムーブがサイズ系で、どうしても肝になる部分でスタンスが届かず、垂直のつるつるに苦肉のスメアで処理、っていうパートの精度が悪くてムーブが決まらないでいた。
トライアゲイン。

体幹で耐えて、ホールドは止めたものの、ホールドも、苦肉の策で見つけ出した、ド甘いやつから動いてるうえ、次の1手がこれまたりーちーリーチーなので、何とか足を少し上げたいんだけど、そこでうまく上がらずFALLLLLL!!!!

……ガッデーーー‐―ム!!

下部、中間、最後の緩傾斜、と3か所の核心を持つ、なかなか味のある、三ッ星の13a。

本日2トライ。

ようやくレスト明けには登れそう。
あい、ほーぷ。


午後からは由美ちゃんのプロジェクトのビレーに行き、私ももう1本午後にトライできるルートを、ってことで、トポを眺め、過去に何度も来ているライフル…
その中で、やってみたいけど、傾斜が無いので“厳重注意”警報が常に発令されてたルートに心惹かれ、何度トポのページをめくってもそこで目が留まってた。

きっと遠いんだろうな…やだなぁ〜〜
苦労してなんぼだからな…やってみたいなぁ〜〜〜
まだ来たばっかりだからやっちゃおうかなぁ〜〜
やるべ〜〜〜


ライフルでは、超クラッシックなルート!

「Beer Run・13a」をトライ!!

傾斜無くて、スタンスつるつるで、おまけに暑くて…
下部からムーブの組み立てがもクニカルで、テンション掛けまくりだったけど、自分もこういうルートを臆せずトライできるようになったんだなぁ〜〜と喜んでいたら、なんと!!!

最終局面である事実が!!!!

記憶にある動き、
形状、
距離感、
難しさ…

もう一度言う……

なんと!!!

やったことあるよ、これ!!

どひゃ〜〜〜〜〜!!

多分、今回と同じような想いで、登れてはいないし、昔のトポにも何の記録も書き込まれていなかったので、おそらく最終日とかに、とりあえず、思い残すことなく、記念にトライ、って感じでやってたんだということが発覚!!

いや〜〜〜、忘却って怖い(笑)

併せて、このルートは結構手強いって思ってたことも思い出した(苦笑)

Image_280ff2c.jpg

( 風邪の症状もMAX来てた夕暮れ…瀕死になりながらムーブ確認 )



もう1本くらいトライできる時間はあったけど、アップ1本の後は、13aをトータル3トライ…
今日はもう疲れました(苦笑)で、終了通告。


レストが待ち遠しい2サイクル、4日目となりました(笑)




posted by ユカジラ at 09:15| 日記

2018年07月04日

アディショナルタイム3時間

今日ほど落ち着かない日は、そうないんじゃないかってくらい色々なことが起きた大凶DAY……

s-IMG_0652.jpg

( 晴天の朝から、午後は湿度の高い曇天へ…今日の気分みたいだ〜〜(苦笑))



日向きの関係で、午前のエリアと午後のエリアでトライできる時間も限られるので、“わっせわっせ”と登った。

私は、前回取り付けなかった、The Sanktuaryエリアで、Exodus・11aでアップ後、Conception・13aトライ。
(このルートの奮闘具合は次回…)

由美ちゃんも隣のエリアでトライ中のルートがあるので、お互い、無駄な時間を作らないように迅速な行動(笑)で取り付いてた。

日向きの時間いっぱいまで登って駐車場に戻ると、……

“違反切符”がフロントガラスに貼られていた〜〜〜!!!

ななな、なんでぇ〜〜〜〜!?

年間パスを買って、初日からガラスに貼っておいたのに!?

不穏な感じに、パークレンジャーに事の顛末を聞いたら、コロラド州の州立公園のパスは、ライフルの駐車のパスには使えない、ということだった。

s-IMG_0653.jpg

( パーク入り口のお支払い所 )


そんなのわかんねぇよ〜〜( ;∀;)、名理屈に、各方面に事情を説明しても、あっちで聞いてくれ、こっちで聞いてくれ、私には解らない、権限がない、とたらい回し状態…
なんのためにしごとしてんだよ、おめぇら!!って状況に辟易。

いろいろあり過ぎて、説明するには複雑なので、ここではしないけど、ようは、私たちは、使えもしない年間パスに70ドル払い無駄にし、今日までの罰金を裁判所に払いに行かなくてなならなくなり、明日また違う、高価な年間パスを、1か月だけの為に(まあ、これはこっちの事情なのでいいんだけど)買いに行かなくてはならない…という、

無駄無駄無駄無駄無駄ーーーーーーー!!!

なことに、午後の3時間を費やした、ってこと(涙)

残されたわずかの時間で、レスト前に決めたお互いの “今日の本命” を、大急ぎでトライ。

由美ちゃんは、自身最高グレードの、FELINE・11b、レスト前にトップロープで試登しいたので、今度はヌンチャク掛けながらムーブの精査、ってことでトライしたんだけど、なかなか抜けれず、一旦降りて私のターン。

車で移動して、私もレスト前にムーブ解決しておいた、Squeal Like a Pig・12dをトライ。

最大の核心まで、上手くつなげ、行ける!!!って思ったけど、ルーフでヒールが外れて

FALLLLLL!!!!

ガッデム!!

由美ちゃんが、まだトライできるほど回復してないってことで、少し休んでトライAgain 。

午前中に13aを2回トライし、これまた最初の核心はクリアーしたけど、1か所解決できなくて、2トライとも、さんざん色々試し、力出しまくってたので、1日の最後に、ボルダー要素の強いルーフクライミングで、パワー出るか不安だったけど、

人生何事も苦難は畳みかけるもんだ!
そう来るなら受けて立つ!!!
毎日が今日が最後だと思って死ぬ気でやる!!

と、ユカジラ風格言集を気合にぶち込んで、大急ぎでトライ。

無事RP。
良かった〜〜〜。
ヨレてた〜〜(笑)


で、由美ちゃんのエリアに移動したら……

少しの時間の間に、ヌンチャクが盗まれて無くなってるという事態。

少し前のトライでは抜けれず途中で降りたので、約半分、下から5本目まで残してあるっていう状態だったけど、すぐに戻って登る予定だったので、まさか!!の出来事。

駐車場にいたクライマーに聞いてみたら、なんとその人が回収してて、持って帰るところだった。

あっぶねぇーーーーーー!!
まじかよ、おいおい、って感じ。

言い訳が酷くて、人気ルートに置いてあるヌンチャクは、良くないからこうして回収してるんだ、と言いながら返してくれたけど、ちょっと酷いな、って感じた。


時間も押してきて、由美ちゃんはトライ出来ず…

バタバタ、ワサワサ、アディショナルタイム3時間という1日…

しかも、帰ってこないロスタイムに、なんだか、ぐったりな1日でした。



posted by ユカジラ at 13:11| 日記

2018年07月03日

出し切った〜!からの安息日

こちらに来てから2日登り、今日は1回目のレスト。

s-IMG_0633.jpg



出国時にいきなりのトラブルで、予想外の体力出費だったけど、何とか2日を乗り切った。

s-Image_c36f7ca.jpg

( 空港内でのサバイバル…脂肪の少ないユカジラ、冷房にやられ “ライフ” ゼロからのスタートだった )


今日は、久しぶりに熟睡出来たさわやかさに幸福感満載なうえ、ゆっくり起きて、ジョギングとヨガで体もほぐすことが出来た。


ツアー時の最初のルーティーン通り、気持ち良く走れるコースを物色しながら1時間ゆっくり走った。

小川沿いに遊歩道を見つけ、快適快適(嬉)ジョギングのモチベーションもアップだね(^^♪

s-IMG_0634.jpg



ライフルはハンティングの町でもあるからか、町のすぐ近くにもシカやスカンク、何だかわかんない鳥たちが普通に居て、生動物を身近に感じての日々は、動物好きな私にとっては心癒される最高の環境。

シカのサイズもバンビ級ではなくて、ヘビー級!、2年前にスペインでひき殺したサイズ(胴体部分150p)で、はく製には良いサイズ化と思えたので、テレパシーで「10月には山に帰るんだよ!!」と伝えておいた。

10月に入ると、猟解禁で、街中にもライフル銃を持ったオレンジのベストを着たハンターだらけになるからね。
あ、シカにオレンジのベストを着せてあげればいいんだね(笑)
あ、それ以前に、街中はハンティング禁止だから安全なんだね(笑)

走って居ても思考は楽しいことばかり〜〜(^^♪



借りている家のオーナーさんちにも猫がいて、“海子三世”と名付けた。

今回は、今流行りの“民泊”で家を借りたので、生活はすこぶる快適!

料理(は、しないけど)も何でもできる装備や備品があって便利だし、部屋は広いし、バスタブもある。

s-IMG_0635.jpg

( 添え付けのスパイス類…まあ、私には用はないけど〜〜〜 )



s-IMG_0637.jpg

( キッチン全景と露出由美子 )


日本にいるにと変わらない感覚でストレスなく暮らしている。



IMG_0619.JPG

( 今回の我が家。ライフルの町中にある一軒家 )


何もかもが大きくて広いのが、AMERICA!!!


空港でレンタルした時には、ビビったほど大きく感じたレンタカー(クライスラー)もこの2日でどんどん小さくなり←セルフイメージ(笑)乗り慣れてない革張りのシートもチョークで半白になってきたら、自分の車って感じに馴染んだ。


IMG_0620.JPG

s-IMG_0636.jpg





そして、昨日のクライミング。

s-Image_f6dd7a8.jpg

日曜日のせいもあって、クライマーが多く、アップも人気ルートも、タイミングが悪いとグループが占拠していて取り付ける状況じゃなかった。

私が通っていた時には発表されてなかった?エリア、The Sanctuary にはアップから、13bまであるので、陽が当るまでの午前中(14時くらいまでギリギリ陽が当らず、午前中のエリア)はそこで登ろうと思っていた。

Z Man・10bと、Genesis・12a でアップ。
Genesisは、四つ星だけあって、長さも内容も凄く良かった!

同じく四つ星の13aがあるので次はそれだ!!とターゲットを決めて、由美ちゃんのビレーに隣のエリアに行ってから戻ると、若者4人衆が、お目当ての4つ星の13A(Conception・13A)を、全員ハマりまくるのに占拠してトライしていた。

しばらく様子を見てたけど、1人当たりのハマり具合が盛大で、どう見積もっても私に順番が回ってくる気配は8000メートル峰の頂上直下くらい薄かったので、仕方なく計画変更。

午後日陰のArsenalエリアで、短難し(みじかし)そうで、以前の私では怯んでしまう面構えの、Squeal Like a Pig・12d をトライ。

今回は意識的に、ムーブの悪い"ガツン"も臆せずにトライしようと決めてたのと、これも四つ星だから選んだけど、過去にもトライしているクライマーを見た記憶が無い。

よくよく見ると、ボルトが激古く、手製のものなうえ、抜けた後の横に打ち直してあったり(しかも、グージョンなんだけど、打ち方下手くそ)で、あんまり人気ルートじゃ無い感満載で、ちょっとビビった。

ムーブもトリッキーでストレニでした。
これは希望通り(笑)

内容は攻撃的かつ繊細、四つ星に相応なルートだと思った。
2回トライしてやっとムーブ解決。

ルーフの処理が慣れてないだけあって、そのパートにこずりましたが、次回は行けそうです。激面白い!!

こっちに来てから、初!力!!出しまくり〜〜で疲れたわ〜〜(笑)

レスト前日ってことで、最後は、由美ちゃんのビレーに行きがてら、これまた四つ星の10bでダウンして、寝不足、時差ボケ、疲労感MAXを追徴課税してファーストターンを終了しました(^^♪









続きを読む
posted by ユカジラ at 05:27| 日記

2018年07月01日

ライフル!!


s-IMG_0624.jpg

えっへっへっへ〜〜〜〜(嬉)

ユカジラ、IN Rifle!!!


最後にこの地を訪れたのは、8年前だけど、実質16年振りのクライミング。

そして、なんと、今回は7回目となります。

気に入ったものは毎日毎食でも美味しく食べられるユカジラ、近年ではスペインで食いまくりでしたが、今回は、若き日々に愛してやまなかったエリアで、食い残しを過食しに来ました!!

加齢で食が細くなってそうだけど頑張ります!!(爆笑)


ここRifleには、アメリカ中西部を移動しながら数日立ち寄った時もあったし、当時は、2週間の単位で訪れていたことも多かったけど、アメリカツアーでは、最も多く登ってきた岩場でもあり、思い出深いエリア。

街並みも岩場も、基本的には変わらない感じだったけど、大きなビジターセンターが出来ていたり、新しいトポを入手して見てみると、ルートも増えていて楽しみも倍増。

IMG_0627 (1).JPG

クラッシックな課題の中で、当時、気楽には手を付けれなかったルートや、敗退したルート、時間が足らなくてトライしてみたくても叶わなかったルートを中心にトライしようと思っての再訪だけど、アップで登れそうなルートから、高難度ルート(14a以上が結構増えていた)も開拓されているようなので、そちらも織り交ぜながら登ってゆきたいと思っている。

あーーーー、ワクワク!!



29日に出国して、成田から飛行機が遅れ、デンバーでの乗り換えもトラブル続きで、冷房効き過ぎで激寒の空港内に8時間野ステイを強いられ、凍死しそうになりながら、それでも何とか深夜にRifle到着…

昨日は、時差ボケと疲労と睡眠不足でボッケボッケな頭で何とか乗り切りました…(苦笑)

最近何年もヨーロッパしか行ってなかったので、アメリカの方が時差ボケからの回復に時間が掛かったことを思い出した。

今朝も、3時間ちょっとしか寝てないのに、午前2時半から目が覚めてしまったので、いろいろやってるところです…朝が遠い〜〜!!!(泣)

そんな訳で、早朝盆栽ならぬ、早朝ブログ。
老人力炸裂!!(笑)

それでも昨日、クライミング初日は、買い物や、岩場に入るために必要なパスの購入やなんやらかんやらで、時間少な目、軽く登っただけになったけど、リピートではなくて、新しく出来たルートを3本登れたし、体が固まってて結構手応え感じた内容だったので楽しかった。

以前は無かったエリア、CANINEWALLで、Stem-o-Rama 10b からアップ。
ストレッチすら忘れてての今ツアー初トライは、傾斜のない壁で、テクニカルにコーナーをステミングを駆使する内容だったので、肩は回らないは、足は上がらないは、で10なのに奮闘的で笑っちゃうほどの “カキコキ” 登りでやばかった(笑)

2本目は同じエリアで、三ッ星ついてた、Hazed and Infused 11b。
指先しか使わないような垂直のルートで、これまたアップには適さない?感じだったけど、1本目よりは体も動いて、10bよりも簡単に感じた(笑)、そしてルートの内容は良かった。さすが三ッ星。

夕方になって、ダルさもMAX。
睡魔が襲ってきていて、息も上がるは、頭痛もするは…目も見えなくなってきてたけど(笑)、b、b、と来たからには、bでしょってことで、新しく開拓されていた 12bが、RUCKMANCAVEにあったので、すかさずトライ。

Loose cannonLoose cannon、四つ星の付いた、30mの12b。

かなりボーーーーーーーっとしてたので、OSし損ねたらやだなぁ…とうっすら思ったけど、「12bなら相当体調悪くても行けるべ」と、トライ。

核心が上部に有って、ちょっと続いたので一瞬パンプを感じたけど、頭がぼーーーっとし過ぎていて判断力が低下していたことが功をなして?(笑)、ランナウトの冷静だったら怯みそうな核心を、逆手に次ぐ逆手のままグングン突破(笑)無事OS。

作戦名、“ボケっとして目の前しか見てない攻撃”。

ああ、楽しかった。


その後は、パートナーの由美ちゃんも、登り始めから動きが悪く、決死の5・9OS後は半死状態だったので、初日からダメージ強すぎるのもやぶさかではないが(笑)いい大人なので自重して終了。

時差ボケを解消するまで、ゆっくり登ろうと思います。


s-IMG_0625.jpg

生体エネルギー、果てしなく0になってる由美ちゃん。
いつもの凶暴さは影を潜めてた(笑)
平和だ(笑)


今回のツアーは2人なので、登ってる写真は撮れなさそうだけど、ブログはアップして行きまーす。



posted by ユカジラ at 20:55| 日記

2018年06月28日

腱板断裂手術・術後半年?1年のまとめ

通常、腱板断裂手術後は、可動域を手術前の100%になるべく近づけるようにして行くために、リハビリと再診を術後1年目まで行うらしい。

左肩←手術してないほうの肩も同じときに不全断裂をしていた為、その手術をどうするか相談を含めて1年目までの病院通いは続けたが、6ヶ月目からは、3ヶ月おき、2回の通院と言うヤル気のなさでした(笑)

リハビリにおいては、自分で出来る程度のマッサージを10分程度施術するだけだったので、時間節約のため、こちらもセルフケアで進めた。

クライミングの復帰が目的だった私には、“生活に支障の無い程度に戻す”事に1年も費やす呑気な時間の経過では困ってしまうので、自己流ではあるものの、慎重かつ入念に調べ、専門家の意見を聞きながら、自分の身体の感覚で、様々な運動を自分なりの療法を選択しながら、平均的な“始めて良い”時期を待たずに始めていた。

それが良かったか悪かったかは賛否両論、判断は難しいところだけど、“個人レベル”の感覚では成功したと思う。

クライミングは、術後4ヶ月から再開。
約2ヶ月(1ヶ月半強)以上早く始め、その2ヶ月の間に 30日近いクライミング日数をこなしたことで、医師からクライミングを始めて良いと言われた時点で、以前よりも筋力が低下している事以外に困ることは感じないまで復帰が進んでいた。

筋力や、動きのイメージ通り自身の身体をコントロール出来てきたと感じ、手術前とほぼ同等なレベルまで戻すのに、約3ヶ月(クライミング日数で約40日)を要した。
これは相当早く特例とのこと。

実際、リハビリと復帰にかけたトレーニング量や時間は厳しくキツイものでした。

痛みも不安も我慢も伴う、淡々とした日々の積み重ねのからの獲得。


ある時、スッと力が身体に戻ってきた感じがして、登りのイメージと実際の動きが合致してきたのが、クライミング日数で、ルート33日、ホルダー6日辺りだった。

自分でも攻めすぎでは!?と思うくらいギリギリの線でトレーニング、クライミングをこなしてきたと思う。

ボルター等で片腕で振られを止める、強い筋力で力を出しきる、そしてそれを3〜4時間ぶっ続けで動ききれるようになったのは、痛みが強く出たり、不安になるような違和感を、感じにくくなったのは7ヶ月辺りだった。

その後は、部分断裂のまま“温存療法”を選択している左肩(今回手術していない方)の方が常に痛みがあり気になる感じとなり、右肩に対する不安は殆ど無くなった。

術後8ヶ月半目には、1ヶ月のヨーロッパツアーに行くが、ツアー中に不安や違和感を感じることなく登りきれた。
この時にチャレンジ出来た最高難易度で、8A+(13C)、未だ戻りきってない筋量に比例する筋力が戻せれば、8B+のトライも不可能ではないと感じた。

その後、負荷を上げて登り続けたところ、1年目を目前とする11ヶ月目辺りに両肩の前面と三角筋に、嫌な痛みが出て再診。

腱板に直接問題のある痛みでは無かったものの、自重(じちょう)する事、レストとトレーニングの再構築をする良いきっかけとなった。

奇しくも、1年前とほぼ同じ日にち、シュチュエーションだったので、ドキドキがバクバクだったけど、腱板を繋げるために埋め込んだアンカーまわりの炎症で、痛い事は痛く、登りにも影響はあったけれど、重大な事に結び付くモノではないとわかったあとは気楽になった。

手術からのマイナス要素を色々な事への言い訳にせず、常に「もう戻った」と本気で思いながら登ってきたけど、筋力的には、やはり1年かかったというのが客観的なところでしょう。

この後、左肩の手術をするときにはこの経験と、培った知識や方法を生かして挑もうと思います。
posted by ユカジラ at 12:38| 日記

2018年06月20日

残された時間はどんくらいだ!?

20180620_104731.jpg

不全断裂の左肩。
↑手術しなかった方の肩ね。

1年経って経過を見るべくMRIと診察に行った。

去年の6月には、1、2割切れてた所が、3、4割に増えてた。

おーまいが(涙)

近年では、腱も修復するという臨床検査の症例もあるらしいけど、そんな希望があるとしても、ほとんど使わずにいる人達の場合みたい。

私には関係ない話。
ザザ残念。

まあ、いずれ手術に踏み切らないとならないのは承知の上で登り込んでるので、仕方ないとは思う。

どうせ1度しかない、しかも残りそう多くない人生、好きなだけ登ろうと思う。

大事に大事にしていれば、辛い思いも苦労もなく、細く長く登っていられるのはわかる。

平穏な世界も悪くないのはわかる。

でも、それでは見れない世界があると私は信じてるし、その瞬間を垣間見たり、感じるために、ここまで登ってきたし。


右肩の術後の復帰は超最短で戻してきたし、登り始めてからは、いつもその時々で、「もう元に戻った!」と、言い続けて来た超ポジティブぴーぽろ(笑)


過去と何かを比べる意味もないし、美しい?良かったように覚えてる記憶ほど当てにならないものはない(笑)

“現在がどうか”、がいちばん大切で、今とホンの少し先の未来、明日とか(笑)に夢や目標を見て暮らせば何の不安も不満もない。

“たられば” を語ることほど無駄な時間はないと思うし、そうはなりたくない。

登りたいように登れてる今を、つくづく幸せだと感じるようになったのはこの1年のおかげだ。

当たり前の健康や普通に出来る全てのことには感謝。
気付くのだいぶ遅いけど(笑)

手術して、普通に生活する事すらままならない日々や、少しずつ動けるようになっても、落ちた筋力や感覚を取り戻すまでの地味で淡々と過ごす日々の長さ…

なかなかにツラい日々でもある。

そんなことを知った1年だったけど、何も変わってない自分に苦笑い。

またあの日々を過ごすのかと思うと、堪んねぇなぁ…というのが本音だけど、どうしても護りに入れない自分がいる。

だから、仕方ない。
結論、覚悟しておこうと思う。
に、至る。



客観的に感じたのは、筋力的には、いつも元に戻った感じてその時期その時期を過ごして来たけど、やはり1年は要した気がしてる。

次のそんな日々をいつにするか…
もしくはいつ突然になるか…

やーだー(涙)を想像しながら、自分に残された時間はどれくらいなのかと考えてしまいました。

大切に履いて、なかなか卸さず、こんなにストックのあるJET 7(笑)

経年劣化する前に履き潰そうと思う。

これも一種の終活か!?
やーん(笑)
posted by ユカジラ at 21:43| 日記

2018年06月18日

ノボロック町田店でトレーニング

20180618_155236.jpg

久しぶりに出稽古ボルダー!

と思って、イエチカエキチカ(チチカカ湖みたいだな(笑)家近駅近)のノボロック町田店に行ったら、昨日がコンペだったらしく、課題がリニューアルされてた(嬉)

カテゴリー分けやルール等が書いてあるポスターが貼ってあったので、少しアップしたあと、とりあえず、“マスター女子”の指定課題を、コンペ風にトライしてみた。

トライ待ちで並ばなくて良いので、本来のコンペよりは果てしなく有利な(笑)ゆる〜い感じに90分でトライしてみた。

9完登、9ボーナス…

5本はイチ撃、ボーナスは、トライした全課題1回目で取れたけど、のぼれなかった1課題は、ひとりコンペ終了後にもトライしてみたけど、完登出来なかった…(笑)

現代風なボルダーという内容!?で、コーディネーションなのかな?これが決勝課題だったら生殺しの数分を味わうかのごとくでした(笑)

トライした課題のグレードは、平均3級くらいなのかな?という風にに感じたけど、グレードの表記は無いのでわからない(笑)

ひとり競技終了後に、決勝課題もトライしてみたけど、1課題以外太刀打ち出来ず(涙)

びゅんびゅんポイントがねぇ…(笑)

やはり、私の世代の、特にオバサンには何をどう飛んで良いのか…というくらい届いてない…
切ない(笑)

久しぶりに動き続けたのでヨレヨレになり、良い刺激になりました〜。
posted by ユカジラ at 17:24| 日記