2016年11月25日

誰か私を諭してください


岩場シーズン、なかなかジムでのボルダーのトレーニング時間が取れないでいたので、ちょっと無理をして久しぶりに荻窪ヘ。

課題の様子を調べてみたら、以前行ったときから殆ど変わっていないようだった。

けっこう頑張ってトライアル、出来る範囲の課題は登っている状況だったけど、登り残している僅かな課題を心の糧に出撃。

半年くらい前から急速にグレード?と言うか、距離が男性サイズで伸びきってピッタリか気持ちよいだろうと思えるモノに変わり始めていて、スペイン行く前(3ヶ月位前)には、2級がだいぶハードになってきたなぁ…と感じていた。

そろそろこのジムでも出来そうな課題を探さないとならない時代に突入か〜(辛)と、思っていた。

スペインから帰国してから今日までに数回行ったけど、その予想は当たっていて、出来そうな2級以上は相当少なくなっていた。

あ、もちろん私は、変わらずと言うか現在進行形で、キープよりはむしろ向上してます。
相対的にでは無いけど、絶対的に。これは本当です。

それなのに〜(笑)
私の成長を遥かに越える早さでジムのグレードが育っている!(笑)

スペインに行く前は、2級をメインにトライして、一撃もけっこう出来ていたし、3級は当たり前に一撃狙って取り付いてたし、時々嵌まる課題があって燃えたりしてたのは記憶違いではないはず。
4級は気楽にアップでやってた(笑)

のに、今では4級が感覚的には3級と変わらないものが多くなってて、とてもアップになんて使えない(笑)

4級、ヤバイ。

本気も本気で取り付いて、ゼーハー言いながら、まあ、一撃出来る課題もある…と言う感じ。

嵌まって何回もトライする4級も時々ある。

まあ、3級には、これは相当やり込まないと無理そう、もしくは不可能そうな課題がある分、差はあるのかもだし、私の主観なので、本当のところは私には解らない…多くの人は納得の適性なグレーディングなのかもですが、私には殆ど同じ難易度に感じた。

まあ、私には、ジムのクライミング、特にボルダーはそういうものだと理解して登ってるので文句を言ってる訳じゃないし、セットする側の人達が普通に現代のサイズの若者で男子が殆ど、女性が居ても、ワールドクラスの人達が作る以上仕方ないんだろうなぁ…と思ってるけど、このグレード感覚、みなさんは違和感無いのかな?

こんなの気になるの私だけ?

近年クライミングを始めた人たちは、当然そういうものとして始めてるんだろうし、そこまで何かを思うほど登り込んできてる人もそう多くないから?気にならない?
受け入れてる?

普通に受け止められる事が、私には気になって仕方ない(笑)

距離の克服は、ジムでこそ良いトレーニングが出来るので、ありがたく活用させてもらっているけど、工夫のしようがないことが多く、これも誤解の無いように言わせてもらえるなら、私はしつこいし、出来ないことを何か言い訳で済ますとか絶対に嫌なので、相当食らいついて何か方法がないかトライする方です。

でも、それすら許してくれない、やりようのない距離感の課題が、最近私が行ってるジムでは多すぎる気がするのは私の考えが甘いのかダサいのか?…と感じる今日この頃。

もちろん『出来無い』とは言わない。

1年とか、肉体改造をするスパンがあって、死ぬ気でやれば出来るようにはなるんだろうな、と、その課題を前にしたときに、きっとそれを登るだろう、同じくらいのサイズのクライマーが想像できるから。
キム・ジャインだったり、ミナ・マルコビッチだったり…(笑)

しカーシ!

現時点で同じことを出来るなら、私もワールドカップ出とるわ!と、軽く心の中では思いながら、そしてすぐなくなる課題達を切ない目で見るしかないのであった。

それがまた、明らかにクライマーとしての総合的なモノは持ってなさそうなデカ人が、バタバタしながらでも取れたりするのに、その前後の、それが出来るレベルのクライマーなら、普通に出来るっしょ!?って部分で嵌まりながらも、とりあえず私の取れない、距離パートを取ってるのを見ると、腹立たしく(笑)巨大なモチベーションにはなるので役には立っているのだか…(笑)

遠くまで足を運んで、トレーニングになるような、克服したくなるようなちょうど良い課題に出会えること、これは私にとって、年末ジャンボが当たるよりも欲しい事なことは確か。

そして、ちょっと前に、クライミングは、チビが有利で背の高い人の方が不利なことが多い…と、本気で言ってる人がいタコとが思い出されて左矢印1タコ、わざと(笑)

意味もなく地団駄フミフミするのであった(笑)

残り少ない人生だけど、

もっともっともっともっともっともっとも〜っと!

強くなって、どんなに遠くても、距離を克服する他の部分を強くして、どんな課題も登れるクライマーになりたい!と、もうすぐ51になるけど、ガツガツガツガツ地団駄踏んで思いました(笑)
posted by ユカジラ at 16:43| 日記

2016年11月22日

ラッキーな晴れ間

IMG_20161122_154737.jpg三宅島から予定通り帰れたので、弾丸二子山。

今週は仕事と不安定な天候で二子山には行けないかと思っていたので、雨予報の合間の今日はラッキーday!のひと言。

気温高すぎて(岩場の日陰で17℃くらいあった)、二段岸壁は暑くて汗だくでヌメったけど、身体は良く動いたし、条件的には文句なんておこがましい、けっこうなお日柄でした。

登れるなら文句なんてナンも無い!

嗚呼、ありがたや。ありがたや。


先週の月曜に、安定したムーヴが出来たので、今日は初めて繋げるつもりで登る。

ムーヴ出来たルートは、大袈裟じゃなくて、必ず、しかも割とすぐに繋げられる、ハンター(笑)の異名を持つゆかじらでしたが、「フロリダ」で、その自信を打ち砕かれて以来、すっかりションボリ自信喪失モードでした……


苦手だったり、距離系のムーヴが連続する内容で限界グレードのモノでは、そう易々と行かせてはくれない厳しさも学んだので、今回は気長にやるつもりでいました。

が、
なんと!

ムーヴが出来たたと思ってから、本気を出したら、大したストレスもなくあと2手の所まで繋がりました(笑)


懸案していた最終クリップも、チョ〜、普通に出来た(笑)

あまりにも急な繋がり具合に、自分で自分にビックリして、あと2手のところでテンション。

まあ、現実は、繋がらなかった所にはそれなりの理由があって、ちょっとした意識の持って行き方が必要だったんだよねん。

それがわかったので、そのトライは、完登までに必要なトライだったのは言うまではありませんが(笑)

まあ、とにかく、惜しかった!

そして、次に登りに行ける時には、確実に登れそうな感触を得られたのは大収穫。

パンプは殆どしなかったし、まあ、ルートの特徴的にも、張るようなルートではないけど、ムーヴの確実さからも、自分を追い立てるためにも、強気に言います!

次行けるぜ!(笑)

ムーヴが見つかるまでに9トライ4日間なので、苦労した事には代わりはないんだけど、、このルートを初めてトライした8年前には「今の自分には登れない…ボルダー力と保持力が断然足りてない」そう思い、潔く諦めてから今日まで、いつかリベンジ!と思いながらも、まだ早いまだ早い……と思ってるうちにほったらかしに近い年月が流れていた(苦笑)

それでも、、、だからか!?

やっと太刀打ちできるようになった事はうれしい。

まだ登ってないけどね〜!(笑)

そして、この時間こそが……

クライマー冥利に尽きる、イチバン楽しいときかもね。
posted by ユカジラ at 22:11| 日記

2016年11月21日

三宅島「三宅村リクリェーションセンター」

 
今回、1年ぶりくらいに三宅島を講習で訪れた。
 
毎年、ボルダー壁や島民コンペのセットで来ていましたが、国内不在が重なったり、自身の契約の仕事が入ってたりでなかなか行けず間が空いてました。
 
坪田の体育館にルート壁が出来たときも、ぶら下がりのセット!と言うことで声をかけて貰ったときはスゴくやりたかったけど、ちょうどツアー中だったりで、今回初めて新しくなった体育館でルート壁を見ました!
 
そして、聞きにし違わずな、施設のキレイさや、その内容の良さに感動しました。
 
 
最大傾斜179度のメインウォールをはじめとした、5面のルート壁が圧巻!(初心者用のトップロープ壁を入れたら6面!オートビレーがある壁もあります)
 
ボルダー壁もスラブ が増えて、前からあるバルジ状ルーフ、強傾斜からうすかぶり、埀壁と9面のバリエーションに飛んだ傾斜も良いし、双方高さも充分。
 
その全容は、写真には収まらないくらいの立派なクライミングジムに生まれ変わっていました!
 
講習後に、わがまま言って(笑)懇親会前の1時間半、エース菊地氏に連続ビレーで登らせてもらいました。
 
E山師匠、あきとくん、珍しいところでは、岡野くんや登喜男さんにウサミックスと、ひととおり難しそうな?クドそうな(笑)ルートや見た目にやりたくなるラインなど7本登った。
 
どのルートも内容もホールドも良くて、今後の施設の活用にいろんなアイディアも浮かんでくるくらいワクワクしました。
 
例えば……
今はまだ、最難で13Aまでしかなかったけど、今時のユース世代やコンペティターがトレーニングに使えるような高難度も、あの壁なら充分設定できるだろうし、各県、強化練習合宿とかで使えば良いのになぁ……と思った。
 
 
本土のルート壁不足で、営業ジムが混み合う現状…強化練習会とかで多人数の子供達が、一般の利用客とトライの時間や順番待ちで揉めたり、お互い腑に落ちない気持ちになりながら登ることもなく、死ぬほど練習出来る環境だと思った。
 
夏休みや冬休みなどの長期休暇中、クライミングしかない環境で存分に登れるよ!?
そういう時間がとれる場所として、子供達にも、一般の一生懸命クライミングしてる人たちにとっても、スゴく良いと思うんだけどな。
 
宿舎から体育館までランキングで行かせて、立てなくなるほど登って(笑)、レストの日はアクティブレストとして、ハイキングとかジオラマパークで自然についてお勉強!
イルカと泳いでも良いし、ダイビングで違う筋肉使ったりメンタル鍛えたり?(笑)
 
日本のそういったコーチ?やらなんやらやられてる方どうでしょう?
 
私も、近いうちに岩場でのクラッククライミングとボルダーと併せて生徒達連れて、講習で三宅島合宿!とかも良いな、と思っています。
 
ホームページもできてるみたいなので、興味ある方は ↓
 
www.miyakemura.com/climbing/
 
で調べるっちゃ!
 
飛行機で行けば調布飛行場から40分!(笑)
 
行きは夜行便の船、帰りを飛行機と言う組み合わせなら、土日休みのサラリーマンでも行けちゃうよ〜!
 
posted by ユカジラ at 18:28| 日記

2016年11月20日

三宅島での講習

清々しく晴れた日曜日!
 
なんと!
飛行機に乗って三宅島へ!
 
ドイツ製のドルニエ機。
「紅の豚」風でちょーカックエエ!
 
 
もう、そうそう感動することも少なくなった人生だけど、久々に興奮して窓の外をガン見!
 
うわー、すっげ〜!
見慣れた景色が眼下に!
ちょー楽しい(笑)
 
しかも、40分で着くなんて、文明の利器ってスゴいね。
船だと6〜7時間位だった気がする。
 
三宅島へはルートの講習で向かう。
 
立派なルート壁が出来てから、一度はと言うことで、初めてルートクライミングをする人へのはじめの一歩と、経験のある人への安全に関するノウハウの確認とスタンダードなビレー技術を講習。
 
ルートは高さもあるし、ちょっとしたミスが文字通り死を招く……運良くそこまで行かなくても重大な事故にも簡単に結び付く事なので、きちんとしたビレー技術を学んでおくのは大切。
 
 
思いのほか重症だった、突然の声の出なくなる風邪?(咳喘息都の噂も……)のおかげで、未だにハスキーボイスだけど、この1週間で丸々2日は全く声が出なかった事を思えば、回復傾向で講習を迎えられて良かった。
 
普段、私が主催している講習では、全く声がでない日もあり、喋れない事がこれほどまでに大変な事態だとは思わなかった!的に、全く仕事にならなかったから……(苦笑)
 
まー、良く喋る、うるさいイメージの私ですが、黙ってるのは全然苦にはならなかったけどね(笑)
 
自宅で猫に声かけようとして、「あれっ?声……そうか、出ないんだったな」くらいのモノでしたが社会に出るとそうも行かない(笑)
 
声は大切だ!と、普通に出来てる事への有り難さに感謝出来る、立派な大人になりました(笑)
 
そして、先ずは講習も滞りなく出来て良かった。
 
 
そして、生まれ変わった坪田の体育館改め「レクリエーションセンター」の壁、施設がとても良くて、ボルダー壁も併せて、今後の活用次第じゃ、すごい良いものになるよ!って話はまた明日!
posted by ユカジラ at 22:32| 日記

2016年11月14日

寝込むか復活か……


なんだか変な風邪をひいた。

風邪菌に侵入されたらしく、あれよあれよと言う間に声がでなくなった。

掠れたハスキーボイスに始まり、風邪が喉に来たか!と思ってる間もなく、今朝は殆ど声が出なかった……(苦笑)

何とか頑張っても、囁くようなちっせぇぇ〜〜〜、、、声のみ(笑)

昨日の講習でも、声を出す事に苦労したので、明日からの仕事も困るし、先ずは今日のクライミングでのコール……どーすんの!?って感じでした。

こんな風邪?始めて。
笑えるな、こんちくしょー!

それでも二子へ。

さすがに5日連続の岩場通いは、寝不足とロングドライブのストレスで、あからさまに風邪も悪化してきてる……くそ。

でも、行かねば登れん。

ミイラ、トライ4日目にして、これならつなげられる!と思えるムーヴが固まり、最後のクリップも出来るようになった。

ここからはフィジカル勝負。
つなげられるか!?だけ。

やっとRP体勢に持ち込めた、と言える感じ。

陽の短い季節、トライ数もこなせない時期だから4日かかったのは仕方ないかな。

ミイラ、『即身仏 13C』保持力がいるムーヴの悪いルートだ。

初日の時には、とても持てると思えなかったホールドも今では、かなり持ててる(笑)

成せばなる!

うんうん。
そうだそうだ。

ここまでこぎつけだけど、次の月曜日は仕事の関係で二子には行けないのが残念。

感覚を忘れないうちに畳み掛けたいところだけど仕方ない。

そして、気持ち的にも一段落したからか?

風邪はあきらかにヤバイ感じ……(苦笑)

今日は、帰りの運転がツラくて、事故らないように帰ってくるのに気合いを使うくらい体調悪かった……

そして、こうしてブログ書いてる間に熱も出てきたみたい。

うう。
とりあえず寝るか。

この5日間、プライベートのクライミングも講習も、出し切って、帰宅したら余計なことは何一つせず、とにかくひたすら寝て、翌朝には1日頑張れるくらいの『ライフ』を貯めて……の繰り返して乗り越えてきたので、明日もきっと大丈夫。

とりあえず寝よう。
それがいちばん。

ムーヴ、出来た。
登れそうだ。
幸せ。
そして楽しい。
posted by ユカジラ at 21:24| 日記

2016年11月12日

風邪だけど行くっす

received_651908098316473.jpegreceived_651908324983117.jpeg
と言うことで、小川山。

数日前から風邪の症状が少しずつ悪化してるけど、気合いでGO。

厚着に厚着を重ねた上にホカロンを前後左右に4枚貼って出撃したけど、今までで1番暖かい1日でした。

2日間費やして登り損なっていた「石の魂・1級」は、朝イチのすぐで登れた。

二子での「ミイラ 13C」の保持大会から続けて、昨日はセットと講習……勝負にならない可能性も頭の片隅に置いてたわりには、楽勝感すらある感じの登りだった(笑)

出来ちゃうときはこんなもんなんだなぁ…と、クライミングあるある(笑)


でも、私の中では手応えある、さすがクラッシック名課題!だったので嬉しいな。

その後は、少し頭が痛かったり、咳や呼吸が苦しかったりでのんびりと。

AITをトライしたり、行ったこと無いエリアでマグロ風にたくさん動いて「ためない(温存しない)」時間を過ごして満足した。

これくらいの気温がこの時期の平均みたいなので、来週も小川山行けそうかな。

仲間達が目標にしている課題の完登もあとちょい!な感じなので。

さて、明日は御岳でボルダー講習。

メキメキと力をつけてる生徒達……「デットエンド」「忍者返し」の2本を中心に登る予定なので、ユンケルと栄養剤、風邪薬飲んでソッコー寝ます!
posted by ユカジラ at 21:02| 日記

2016年11月10日

激サムの洗練

本日、月曜の振替(笑)で二子。

予報が外れて、朝から鈍曇りの極寒の1日。

小川山で鍛えて?いる昨今、何とか我慢して登ってきたけど、気温は終日1℃前後。

冬でもクライミングパンツの下にタイツとか穿いたこと無かったけど、今年は標準装備となっている。

タイツやら上着も4枚、ホカロンも背中とお腹とに貼って、ニット帽に首輪(ネックウォーマー)していても底冷え感が半端無かった。

身体は着込めば何とかなっても、手と指の冷たさはどうにもこうにも……(苦笑)

更に、休んでると身体が冷えきって動けなくなるので、間を空けず登ったり、歩き回ったりと忙しい(笑)

本日、ミイラは2トライ。

1回目は手が冷え冷えで、細かいホールドの保持が出なかったり、ギリギリのムーヴが続くから動きがぎこちなかったり…寒すぎるのも、滑る以上に厳しいな。

どっちみち核心は、繊細なムーヴとホールディング…来週からは、最初の1回目はアップ兼ねて早めに出して、その後2トライやることにした。

1トライ目はゼンゼン駄目な感じだけど、2トライ目は良い感じに持てるし動けるからね。

最終クリップは飛ばすのが良いみたいだけど、私はもう少しムーヴが洗練されてから、か、クリップ出来るようになるまで鍛練するか……(笑)だな。

あー、しかし…寒すぎていろいろキツかったなぁ。

数日前からじわじわ侵入されつつある風邪の症状が、今日の寒さでにわかに主張し始めてるのが良くない…


今日から5連登、風邪引いてる場合じゃないので、「ルル・アタック」飲んで、ちょっ早です。寝るぞー!
posted by ユカジラ at 21:47| 日記

2016年11月07日

なんてこったい!

今日は「ルーティンマンデー」で二子の予定だったけど、パートナーの仕事の都合で木曜に。
 
と言うことで、「急遽空いちゃったマンデー小川山」へGO!(笑)
 
文化の日に、何度も叩いては入らなかった、「石の魂」のポケットに突撃じゃ!と中央道バビューン!
 
 
今日は暖かく良い気候でした。
 
 
ファーストトライは身体も軽くポケットが目の前に有りすぎるくらい近く感じ、ポケットにも一瞬掛かってと言う良い感触。
 
 
これはすぐに落とせて、次の課題行こう〜つぎ〜!なんて、取らぬ狸の皮算用課題をうひうひ思い描いたりしてた…
 
 
が、しか〜し…!
 
さすがレジェンドの課題だけあって、易々とは登らせてくれないようでした…(涙)
 
ていっ!
とおぅっ!
でやっ!
へいっ!
 
はぁはぁ……
……
 
 
今日も1日、浮気することもなく、一本気なワタクシ……打ちまくりましたが登れず。
 
ポケット触ってるんだけどなぁ…(苦笑)
 
同じムーブやり過ぎて、左半身不随になったよ、指もザクザク。
 
トホホ。
 
くっそうにゃ〜!
 
まあ、でもツンデレ好きにはたまらん課題ですわ。
 
また次回も打つぜ。
 
しつこい私はめげない、そして諦めない(笑)
 
posted by ユカジラ at 22:56| 日記

2016年11月06日

コンサート

FB_IMG_1478396622431.jpg昨日は、毎年恒例のやっちゃんのお琴のコンサート。

クライミングしかしなくて、クライミング以外の事には殆ど興味の無い私ですが、音楽は好き。

そして、初めてやっちゃんのお琴の音色を聴いたときには鳥肌が立つような…魂に溶け込むように入ってくるような…なんとも言えない感動があったことを思い出します。

今年は10周年だっていうから、それにもビックリ。
時の流れは早いのぅ(笑)

去年は、スペイン遠征中で行けなくて残念だったけど、その、ちょっと間が空いてしまっていた事で更に今年の感動は高かった。

コンサート始まりの最初の一音になんとも言えない感動がありました。

どこから聴こえてくるのか解らないような微かな音、優しく聴こえてくる音を探すように、お琴を奏でるやっちゃんに魅入ってしまいました。

そこからの音の美しさと染み入り方と言ったら!(笑)

すごいなぁ。
ほんとに。

私はクライミングに命をかけて生きているけど、こうして同じ世代の仲間達がそれぞれの世界で命をかけて生きている様を感じる場に居れることが嬉しいし、原動力にもなる。

どの曲も良かったけど、彼女が作曲した二曲が好きだなぁ。

あと、ランドスケープって曲が良かった。

うまく表現できないけど、例えばこの30年、やっちゃんが見てきたもの、そして私が見てきたもの、そして昨日があり、今がある。

そんな長い長い時間が何処かですれ違い、近づき、時には重なりあって、それぞれの風景が見えているような…ランドスケープと言う曲は聴いたときも良かったけど、一晩経って、今は懐かしいような優しさで心に残ってると言う不思議な体験もさせてもらってる。

毎日、バカみたいに手加減なしで登って、歩くのがやっとなくらいトレーニングして、身体痛くて眠れない夜ばかりで、マジ、1日1日が闘いな私…(笑)

日々に翻弄されてばかりで、立ち止まることも振り返ることも無い私にとって、昨晩のような時間はとても大切。

また来年を楽しみに、、、
ガンガン登るぜ!(笑)

素敵な時間をありがとうございました。
posted by ユカジラ at 11:39| 日記

2016年11月04日

6℃?2℃

received_646793505494599.jpegreceived_646793552161261.jpeg珍しく、祝日にボルダー@小川山。

これから寒くなるので、瑞牆か小川山かと迷ったけど、とりあえず目標課題がいくつかあるブラキチのお供で、標高高い方から(笑)

最近、天気予報が悪い方に外れることが多かったけど晴れた!

とは言っても、朝の駐車場の気温は6℃…太陽出てなきゃ私には無理だな。

仕事ではよく行く小川山だけど、プライベートで登るのは実に1年以上ぶり。去年の秋に何日かボルダーで来て以来。

そうそう、触ったままで完登してない課題をトライだワッショイ!

今回は、今日1日で登れる可能性のある課題ってことで、「石の魂」もちろん、辞書の中にランジなんて無い私は1級バージョン、うふ。をチョイスしたけど、ワンデイならず…(苦笑)

指先に穴開きそうな保持がスーパーヤ(笑)、跳べない、保持苦手な私なのにこのチョイス、生意気でした(ショボンヌ)

去年、「穴社長」を散々トライしたあとにAITもトライして、そのあと少しトライしだけど指も体幹もヨレてて登れなかったけどホケット取りに手を出すまでは出来てた「石の魂」だったので、一本勝負なら行けるか!?と甘い期待を抱いて取り付くも、スタートホールドすら忘れてる忘却の果て左矢印1あ、これは違う課題(笑) では、ムーヴ思い出すのにそこそこかかってしまい、保持もだけど体幹もヨレて…登れそうなのに登れず…残念っ!

ポケット取れないもんだねぇ、目の前にあるのに…と言うか、むしろ目の前に有りすぎて手が出しにくい。

敗因は、右手のガチャ持ちの保持が弱かったっす。

う〜ん、クライミングは甘くない(笑)
だから楽しい(笑)


生意気なブラキチは、ランジバージョンをトライしてたけど、とりあえず登るって事で、1級バージョンに浮気したらあっさり完登。…らしい。

またまた、私が散歩してるときに登ったらしいので見てないけどpart2(爆笑)

見てないけどまあ、いいや(笑)
おめでとう!

夕方には2℃まで気温も下がったけど、厚着してればなんとか登れるもんだなぁ、と、残すところあと僅かな?小川山シーズンオフに向けて、今年は去年さわったままの「穴社長」「AIT」「石の魂1級バージョン」のうち、どこまで登れるか頑張ろっと思っています。
posted by ユカジラ at 09:04| 日記