2017年01月12日

ロスタイムはノーゴールで終了

IMG_20170112_110118.jpgIMG_20170112_110902.jpg



今日は岩旅のロスタイムで二子に。

3月下旬並みの気温と言う予報に反して、最高気温零度から2、3℃、西風びゅうびゅうの激サムな1日でした。

先日積もった雪に覆われてることもあり、久しぶりに寒すぎて何も出来なかった〜(苦笑)

普段は有り難い乾燥も、過ぎると、ツルツルに磨かれたホールドやスタンスを滑りまくり、弾きまくりで、持てない置けないのド酷いトライ……


建ちゃんも私も、勝算アリで頑張って出向いた割りには、清々しいくらい勝負にならず、PK戦にももつれ込めず負け越しで終了(笑)

しかし、寒かった!

今までが暖かすぎたんだけど、本来の冬の二子を思い出す寒さに、未練も感じず終了宣言(笑)

もうやだ!
あんな寒いの!
(笑)


どのみち、私の車では今の林道の状態では入れないし、暖かくなったらまた来よう、と相成りました。

林道の状態は、トンネルより先はこのまま根雪になりそうな積雪とブラックアイスだけど、4WDじゃなくても、スタッドレスなら大丈夫かな。



数日前から始まった仕事もスペイン出発まで激務、夜遅くて朝早い寝不足地獄も日常となるので、岩場通いは一旦終了、本格的にジムトレーニングへと移行するには良い区切りになった……のかな?

少しのやり残しは、次へのモチベーションにつながるし、実は……

今朝も早起きがツラすぎて……

暗いうちから出掛ける事もツラすぎて……

遠い岩場へ通うことがツラすぎて……


そこから解放されたい!と思うくらい力尽きてた感じは否めなかった(苦笑)

岩場、遠いっす(涙)


今日の登りは、久しぶりにヤバイくらい最低な感じでした。

普通なら叱咤してダメな自分をゼッタイ許せず、すぐにでも登り込むところだけど…
岩場にいたクライマーの多くが、同じような条件の悪さを口にしていたし、寒さに強く、いつでも手汁脇出す建ちゃんですら、寒さに負け、乾燥で手足を滑らせ、ボロボロだったので、私のダメだった理由も、言い訳でもなく現実なんだなぁ…と、受け入れられた。

登る前に、焼き石ならぬ、湯を沸かしての手風呂(笑)と言う新たな試みも実践、(チョークアップ出来ないくらいの紐付きボルダーなので、焼き石は使い物にならない)、暖める&加湿等……マイナス要素を引き起こしてる原因に対して、やれるだけの努力はしたけど……っう感じなので仕方ない。

手風呂、なかなか良かった(笑)

風呂上がりの手がさっぱりしすぎてナンだけど、ボルダー程度の手数なら暫く持つので、今後も採用だな(笑)

どうせなら、アプローチ入り口にある防火用水沸かしてドラム缶風呂に全身入れば全身血が巡って良いかも(笑)


さあ〜、溜まりに溜まった疲労が取れたら、この無念を胸にトレーニングに励もうっと。
posted by ユカジラ at 20:23| 日記

2017年01月08日

岩旅ラストはインドア…

しかも、旅と言うには近すぎるパンプ2号店でのボルダー(笑)

今日明日で予定していた岩場は、久しぶりに崩れた天気で断念、残念だけど、年末から昨日まで、この時期にしては申し分のない程の暖かく穏やかな気候だったので仕方ないと諦めもつく。

2日間の宮川ダムボルダーからの、2日間連続ジムトレーニング……
昨日のルートでのパンプ感が芯に残っていて、今日はヘロヘロで全然勝負にならいかと思ってたけど、意外に登れた。

この岩旅ツアーを区切りに、ちょっとトレーニングモードに変えるつもりだったので、4日目でこれくらい動けることは悪くない。

2月からのスペインへのトレーニング、ツナミとボルダーでフィジカルあげていこう!

そして、さすがに4連登で指も手首もいろいろな間接がギシってるので明日はレスト、仕事始めに備えましょ〜!
posted by ユカジラ at 21:28| 日記

2017年01月07日

引き付けとロック力

1483618696120.jpg1483716915425.jpg




宮川ダムでのボルダー2回目の初日は、マットも飛んでいくほどの強風…と言うか暴風(笑)で、寒さも厳しかった。

前回「あめご・初段」のムーヴバラシが半日程度で出来ていたのと、内容の良さ、つなげることが厳しそう…等でなんとも魅力的な課題だったので迷うところだったけど…実質あとワンムーブと言うところで嵌まってしまった「黄色い鈴・初段」へ。

いわゆる核心は出だしのよう?で、私はそこはそれほど苦労せず、早い段階で出来ていたのですぐに登れる〜!と思いきや、人生の厳しさと落とし穴とでも言おうか…(苦笑)
実質最後の一手が距離のあるパワームーヴで、そこに嵌まり続け登れなかった哀しみの課題への再トライから始めることに…。

男性たちが何事も無かったように取りに行くガバホールドは、私には足が深くてクロスムーヴなので、体幹や引きの力がすごく必要で取れそうで取れない…

でも、あとほんの少しな感じだったので、同じムーヴにこだわりすぎてしまい落ち続けた。

まあ、理想は足の深いところからでも、鬼の引き付けで、ほんとにフルリーチ、身体が岩に張り付くほど引き付けて、その位置をロック出来れば届かない距離じゃない以上、克服したかったと言うのが本音。

小細工して、ムーヴを工夫したり、足位置を工夫したり、中継入れたり…そういう自分とは縁を切り(笑)、今までの自分とは違う、力で押しきるパワークライミングに憧れる無い物ねだりの2017年の自分としては、男の人やリーチのある人と同じ動きで登りたい!と言う野望を抱いている(笑)


そしてパワームーヴでトライし続けた結果……

大いに嵌まった!(苦笑)
くぅ〜〜〜(激涙)

健ちゃんがやりたい課題との兼ね合いもあり、2日目は時間を決めてのトライ、久々に後のない追い詰められ感にドキドキしたなぁ、もうっ!(苦笑)

前日の寒さとの無い物ねだりのパワープレイでの戦いの疲労からか、朝イチのトライは体幹の押さえも効かず、いつもより更に増して!?パワーが出せる状態じゃなかったけど、もう一度パワームーヴでトライ。

前日とうって変わって、日差しが燦々、無風で暑いくらいだったことは助かったけど、このまま同じことを繰り返していても勝因は無さそうだと判断せざるを得なかった…

がっくり〜(涙)
がっくり〜(涙)
がっくり〜(涙)
リフレインが止まらな〜い(涙)

最初の日に、そのまま登れてしまいそうだった、イチバン良かった初見の動きを思い出してみて、今と何が違うのか考えてみる。

パワーで押しきりたい夢は捨て(笑)より現実的な、とりあえず登って帰る、と言う方向にスイッチ入れ替える。

深く深く動きをイメージ、ホールドの掛かりなど確認して、大レスト、健ちゃんに、あとワントライで移動する、最後のトライ!と宣言して、約束の時間をオーバーして付き合ってもらう。


このドキドキ感…
追い詰められ感…

喰うか喰われるか(笑)左矢印1大袈裟だけど野生動物に近いメンタルにモードチェンジ、サバンナでのゆかじらに変身してのラストトライ。

う〜ん、何故ここまで苦労してたのか解らんようなあっさり感で登れました…(苦笑)

とりあえず登れたから良いものの、皆が中継に使う極小ホールドに足ブラでキャンパしたり…そんなわざわざ手数増やして難易度上げなくても登れるパワーが欲しいと、つくづく、いやホンとに、つくづく!引き付けとロック力、ダイナミックムーヴを軽々起こせて、「そっちのが早いでしょ、ふふん」と嘯くパワーを身に付けたいと切実に思った岩旅パート3となりました。


パワーあれば、半日もかからずで登れてた課題に2日半費やしてしまう要因がパワーなら…

やっぱり、筋トレも必要かなぁ?

とりあえず、フィジカル落とさないように、今日はジムでのボルダー。

もう、何だかレストなんてしてない感じでいいのかな?って疲労感だけど、“貧乏暇なし”的なノリで、“筋力なし休みなし!”って感じに頑張るしかないので…粛々と頑張らせていただきます。
posted by ユカジラ at 13:37| 日記

2017年01月04日

岩旅パート3


元旦まで三重県の宮川ダムでボルダー、そのあと1月2日には、新たな心持ちと共に1からやり直し宣言をせざるを得ない現実に直面(苦笑)
独り反省会と戒めの登りとして荻窪でフィジカルトレーニング。

気持ちの整理をしながら失意と反省、心を入れ換える(笑)ような内容でブログに書き込んだら、反映後に何やら怪しい、書いてもいないプログラムみたいなものが書かれていた。

サイバーテロ?ハッキング?(笑)とか?メッセージで教えてくれた方がいて、誰かに迷惑をかけたらイカンなぁと思い、Facebookにリンクされてる方は削除しました。

大元のブログのその部分も、知り合いのメールアドレスや電話番号が入っていたりと怪しさ満載だったので、その部分は切り取って掲載。

う〜ん、新年早々なんだろう?
オレオレ詐欺師とかも年末年始は休むとかって聞いたことあるぞ?
誰か知らんが、オメーらも休めよ、まったく〜!

まあ、私のブログも、年始から目出度さのない、ストイック過ぎる内容で重すぎたので(笑)Facebookに載ってしまうには宜しくない感じだったので、ある意味良かったかもですが…(笑)

今回も同じようなことが起こったら、しばらく様子見かなぁ?と言う感じ。


と、言うことを経てのブログの本題は、「岩旅パート3」。

3日は日帰りで二子山。

パートナーの健ちゃんも私も、お互い確実に完登には近づいているものの、なんせハードボルダーな内容なので、やる気はあっても“御迎え”は突然やって来て、ムーヴが起こせなくなる(笑)

気持ちと裏腹に使い物にならなくなる保持や体幹…刹那い(笑)

またもや持ち越しに…

天気予報から考えると、次の予定日は無いかもしれないのでドキドキするが、これも想定内。
運も実力のうちと言う現実の厳しさである。

まあ、この休みに、二子だけ通い詰めれば良いっう話だけど、目の前の成果より、本物の力を身に付けたいので、間が空いても、登りたいものにはいつでも、それなりに勝負になるようなスタイルが理想なので、今晩からはなかなか行けないクライミングエリアへ再出発!

素晴らしいエリア!だな。と、ふたりして気に入った「宮川ダム」アゲイン(笑)

年末年始に叩きのめしてくれた有り難い課題に再トライしに行きま〜す。

さあ、7時間のドライブだー!
腰痛いぞー!(笑)
posted by ユカジラ at 12:26| 日記

2017年01月02日

2017年、底からのスタート


元旦は、いや…年末からか…(苦笑)

これ以上無い、ダメに駄目を重ねたようなダメダメ星人、最低からのスタートになってしまいました…(泣)


慢性的な貧血や、自分で管理できる言い訳のきかない部分が影響して…いや、そんなことは解りきってたはずなので自業自得…くその役にもたたない言い訳…あ〜ぁ(涙)

これからの人生、もっとどうにもならない理不尽な事は、今以上に起こるんだから、新年早々言うだけ女々しかった…

そんな当たり前に起こってくる状況を除いても、近年稀にみる……
う〜ん、これも思い込みで、これが本来の自分、と改めて認識しないとならないダメさ加減でスタート。

ボルダーツアーが最も酷かったけど、年末から、何一つとして成果も納得できる登りも出来ないままだ。

それどころか、如何に自分が平凡以下の、そこから進むなんてこと…
非現実的なものとして、自分を蔑むことくらいしか出来ないくらい骨の髄から現実を知らされた。
1年でイチバン?御目出度い日に…トホホ。

哀れだ…文字通り哀しい。

自分としては、自業自得なたくさんの事を反省、改善して行くしか、あと残り少ない人生を少しでも長く生きるために向き合わなくてはならないのだけど…

久しぶりにキツい。

今日の独りで過ごす時間には救われた。

1日しっかり考えて、落ち込んでいても意味がないから、ヒリヒリする指皮や色んな事に、自分なりに戒めとして、この気持ちを忘れないようにと、ジムに行って指から変な汁出しながら登った。

再認識からのスタートとしてのクライミングをしてきた…

酷く哀れ…
でも仕方ない。
これが現実。
身に染みて知れ!だな。あ〜ぁ(涙)

認識を改める事。
正当化しないこと。
あまっちょろい気持ちは今以上に捨てること。

こうなったら、新年早々叩きのめされて良かったと思える未来を信じたい……

肝に命じる1日、書き初めや初夢ならぬ、悔やみ始め?(苦笑)

良い日は自分が造る。
それしかないから頑張らないと。
posted by ユカジラ at 21:19| 日記

2016年12月31日

2016年 登り納め

LINE_P20161231_195552765.jpgLINE_P20161231_195552835.jpgIMG_20161231_195756.jpgIMG_20161231_182721.jpg“健治と岩旅!” パート2は、2016年大晦日の登り納めから。

初の三重県、宮川ダムボルダーは、スッゴい多くのクライマーで賑わっていてビックリでした(笑)

とても良いエリアで、課題も良かったし、高速降りてからすぐだし、マックスバリュのすぐとなりに道の駅があったりで、いろいろ便利だし、もう少し近かったらなぁ…と思うほど気に入りました!

エリアに着くと、うごめく多数の若者の中に、東さん夫妻、木村夫妻が!

偶然会ったんだけど、昔のコンペ会場でのひとコマみたいで、何て言うか、ノスタルジックな一時でした。

アップで4級、3級と進めて行ったけど、2級でハマり、今日の本命だった「あめご 初段」はムーヴバラしただけで終了。

う〜ん、良い課題だったので、気持ち良く登り納めたかったけど、元旦に持ち越し…

次は何時再トライできるか!?と言う、一期一会的な宿題にならないように明日は頑張らないと!(苦笑)

去年は豊田ボルダーでの年越しだったけど、今年もクライマーらしく、岩登って、温泉入って、キャンプで完敗…おっと!不吉な変換がっ!

ええぃ!消えろてめー!(笑)

乾杯だよ、乾杯!

めでたく乾杯(笑)して、明日の登りをイメージして、皮もっていかれてる指に変な緊張汁出して…(笑) 安らかに眠る!

1年の締めくくりには相応しいカウントダウンとなります。

改めて、皆様、今年も大変お世話になりました!

よいお年をお迎えください。
posted by ユカジラ at 20:35| 日記

2016年12月30日

ぽかぽか広場でクライミング哲学を考える

1483001622294.jpg
今年最後とか、区切りをつけるには又すぐに行くんだけど、一応、昨日(29日)は今年最後の二子。

2週間開いてしまったセリーヌをトライしにGO。

今年は飯山健ちゃんと仕事納めと仕事始めを、自営業、一人親方同士の技を使って合わせ、なるべくたくさん岩場で登ろうと計画した。

昨日はその第1弾。

私は『セリーヌ』、健ちゃんは『好色一代男』なので、直接広場に上がった。

広場のぽかぽか感は、晴れた二子では楽園のよう(笑)

短いルートなので、すぐにやりたくなるけど、ハイパワーレジスタンス系が劣ってる私なので、ちゃんと時間を空けないと、心と裏腹に力は出ないので、暇潰しに健ちゃんが新しく携帯をAndroidに変えて、おじいちゃん…使い方わからないようなのでいろいろ伝授(笑)
ついでに勝手にFacebookも登録して友達申請まで進めてあげた(笑)

う〜ん、良い仕事したなぁ(笑)

で、紐付きボルダーの方は、ふたりして年明けに持ち越しに…今回のふたりツアーの後半に再チャレンジとなりました。

私はトライ2日半目だったけど、下部の1ヶ所が足が深すぎてパワーでブチこかないとならないところがキツいけど、そこ抜けたら繋がりそうなくらいはできた。

ワンテン…と言うには意味の無い内容(笑)だけど、苦手でハイパワーレジスタンスのボルダーなので、是非とも登りたい。

そして、健ちゃんのトライ、なかなか侠気のある、やっぱり“昭和のクライマーはこれだから好きだよ!” と言う姿勢で尊敬できた。

『好色』の1本目をプリクリせずに、ボルダーマットをひいておいて、足の切れるデットをこなしてからクリップ、失敗したらマットに飛び降りる、と言うトライをしてました。


けっこう高いし、大丈夫?と聞くと、「昔は普通にこうやってた」と。

そう、そうなんだよ!

今当たり前に何の疑問も持たずに、しかもまことしやかに、チョンボ棒を使ってる人たちが、もし、そういうスタイルがあって、そうやって恐さや様々な労力やストレスをも受け入れてこなせるようになる意味みたいなものを考え、知ること…誰も何も強制はしないけど、どうあるべきか考えて、自分なりの美学とかクライミング哲学の中で何をやるか選んでほしいし、考えてほしいと改めて思った。

数字や効率ばかり追わないで、こういう部分を大切にした上で成果を求めるべきだと改めて思った。

例えば、そのときの自分には出来ない事だってあるかもだけど、その現実を真摯に受け止めて、そこから自分がどうなりたいのか、どういうクライマーになりたいのか、誰の前でも胸を張ってこれで良いと言えるような自分を理想に、そこへ向かって1歩を踏み出せるようなクライマーを目指すことができる人がクライマーと呼ばれる人種だと再認識した。

う〜ん、我ながら年末最後までクドい(笑)

がしかし、これだけは時代が変わろうとも譲れないし、私の目の黒いうちは(笑)クライミングの内容と行動で示していきたいと思う。

そして我々、昭和の化石は、帰省ラッシュどんどこどんの東明へ突入(笑)三重へ向かうなり〜。

第2弾は、初のボルダーエリアへ!
posted by ユカジラ at 14:47| 日記

2016年12月27日

仕事納め

FB_IMG_1482710034328.jpgIMG_20161227_192028.jpgIMG_20161227_182902.jpg日曜日の岩場での講習、そして本日のインドア講習、これにて今年の全ての仕事は終了〜!

生徒の皆さんも、セットでお声かけしてくださったオーナーさんにも、感謝を込めて

『今年一年、大変お世話になりました。来年も宜しくお願いいたします\(^-^)/』

です!

海外ツアーに出てない年は、独り身な気楽さから、年末年始は率先して仕事を引き受けたり、実施していたけど、昔のように年末年始から登るクライマーも少なくなって、スケジュールを空けてても仕事は無いっ!(笑)ってパターンなので、今年からは私も人並みに休暇(笑)と称して岩場に行くことにした。

仕事は好きだし、とにかく動いてる事が本望なタイプだけど、この冬の2ヶ月は、少し仕事を減らして、贅沢にも国内の岩場に通える時間を捻出してみた。

楽しいとツラいが半々な感じで、長時間のドライブでの岩場通いや、何よりも早起きがツラくて仕方なかった(笑)

極寒の中で、気合いを入れて登る日々もツラかったけど、これぞ『ザ、岩登り』何だかんだと、岩場に着いちゃえば幸せだった。

岩は楽しい!
それがわかってるから頑張れるんだよね(笑)きっと。

10年くらい前までは、国内の岩場、北海道から九州まで、どこでも、ホンとに当たり前のように岩場に通い、隅から隅まで良く登ってきた。
遠方はまだトライしたいルートはあるものの、本州の、特に関東から通える岩場には、気楽に取り付けるルートはないほどに登り尽くしてる感じだから(笑)

もちろん、先日登った『即身仏』みたいに、時間の捻出、そして本気で取り組めば、ばまだまだ鍛練の場として楽しめるルートは残ってるけどね。

でも、岩場でばかり登っていると、フィジカルは落ちるので、この年末年始での “めくるめく岩との饗宴” まででちょっと区切りを付けて、1月からはジムでのトレーニング中心に切り替えよう、と考えてる。

2月中旬からのツアーに備えて、1ヶ月しかないんだけど、パワーとエンデュランスを上げていきたいと思ってる。

年開けたら、イチローな私だけど……まだまだやりたいこと、クライマーとしての夢があるから(笑)

と言う訳で、ツラ楽しい岩場!
堪能しまーす!
posted by ユカジラ at 23:24| 日記

2016年12月23日

セットで出しきった?!

IMG_20161222_200730.jpgIMG_20161223_130847.jpg
昨日、今日は福島の『モンキーフィリップ』さんでセットでした。

設定する課題数が多く、コンプリート出来るか挑戦!的な感じでしたが、無事終了。

帰宅の途では、前進倦怠感でヘロヘロでしたが、今まで経験したことのない課題数をこなし、人生何事も経験だぁ〜!と、今は真っ白な灰になっています(笑)

2日間で、8級?辺りから、自分の感覚では1級まで58本!

いやー、年甲斐もなく頑張った!(笑)


課題は、トライする方達にとって意味のあるものであったら嬉しいし、そうであるべきなので、ひとつひとつ手を抜かずに設定しました。

頑張ったあとの評価、ジャッジはクライマーに……と言うことなので、明日からトライしてくれるクライマーさん達に委ねます。


今回のセッター陣は、ゆーやんとこくぶん君と言う、今時珍しい好青年達と。

ホンとに真面目で真摯で、良いエネルギーたくさんもらいました!
ありがとう〜。

そして、お世話になったオーナーの麦ちゃん、あ、違った(笑)
島野さん、ありがとうございました。

お昼の福島グルメツアー、堪能させていただきました。

さあ、私の今年度の大きな仕事も着実に頑張れている。

明日からもうひと頑張りで、今年の仕事も終わる。

そして年末年始は岩場じゃ!

うひひ〜!

うひひ〜!
posted by ユカジラ at 20:44| 日記

2016年12月22日

少しだけリベ?ンジ!

IMG_20161221_141401.jpg1481983589811.jpg昨日は、土曜日に行われたコンペで、時間内に登れなかった課題を登りに荻窪ヘ。

仕事の空き時間でのクライミングだったので、自分が参加したオープンクラスの課題で触れなかった課題や、ファンクラスの課題、新しく追加されてた課題が沢山で、目的を忘れそうになるほど目移りしたけど、セット中で『ブロー』壁はクローズだった事もあり、初志貫徹『ヨセミテ』壁中心にトライ。

各課題、コンペの時には記されてなかったグレードも着いていた。

難易度は大方予想通り。

謙虚な性格ゆえ(笑)普段は登れない2級があるのに1級なんておこがましいと、オブザベすらしないけど、グレード知らされずだと、配置を見て登れると感じて登っていた課題には1級もあったりで、改めて固定観念が枠を作り、可能性の幅を狭めてることも、ホンの少しはあるのかなぁ?なんて感じたりもした。

若い人や子供は、4級が登れなくても初段に取り付いたり、グレードに囚われないと言うか無頓着と言うか、根拠のない自信のなせる技(笑)と言うか……臆せず、まるでゲームでもするように取り付くのを見ると、育ってきた環境とかを含めて、時代の変化みたいなものを感じていた。

私の感覚だと、クライミングに対する敬意や暗黙の資格みたいなものを感じてしまって、そんなおこがましいこと、出来ない(笑)

良くも悪くも新しい時代なんだなぁ、と複雑な気持ちになってしまう(苦笑)

まあでも、頭を柔軟にして若い人々を観察していると、自分の中に巣食っている普通や、常識の殻を破ることで、違う世界も見えてくるのかも知れないと感じた。

現代の理解し難い(笑)違和感を否定せずに体感し理解することで何か得るものがあるならそれも善し。


コンペ中に登れなかった課題は、3〜4回かかって登れたけど、自由に打ち込める時と違って、やっぱりコンペの時間内には登れてなかったと思った。

最後にトライした課題だったからヨレてたからかな?とかとか、都合良く考えていたけど、セッションとは言え、登りにつまらないミスや検討違いなムーヴをやったりしない、ある意味、出すべき力(実力)は、コントロールされた集中力でフルに発揮してトライ出来ているので、今回は、出せる力は出し切れてたんだなぁ……と、ちょっとガッカリもしたけど、良くも悪くも客観的な結論でいろいろ考えられて良かったと思う。


子供たちの動きはほんとに勢いがある……

私の生徒たちが、動画をたくさん撮ってくれていて、若者たちとの、動きの安定感の違いを誉めてくれたけど……

私の安定感、ともすれば鈍重な動きが切なくなった、トホホ。

足りない部分を頑張らないとなぁ(苦笑)
posted by ユカジラ at 08:24| 日記