2017年11月16日

刺客来る!

20171116_180625.jpg

スペインから怪しい黒さとムキムキなヤツがきた!(笑)

久しぶりに米さんと会えた@パンプ(嬉)

少しの時間だったけど近況を交わしあい、笑いながら良い時間を過ごせました。

時々しか会えなくても変わらぬ笑顔!


米さん、遠いところ寄ってくれてありがとー。



そしてリハビリその後…

先週日曜日のボルダーで、又しても「二頭筋長頭腱」の炎症がおきて、週明けから、クライミングは3日休んでた。


自分としては相当控えめに登りながら、引き際も潔くやめてたつもりだったけど、3時間休まず、4級21本はややオーバーワークだったのかな。

何度もこういう時間を繰り返して強くなり、復帰していけるんだと理解していても、痛みが出るとドキドキするし、登りたいのに休まなくてはならない事はツライな。

腹いせに、ヨガやランキングに気合いを注入したのが良くなかったのか?今回は今までにない嫌な感じだった。

昨日までは、「今回の炎症は長いかも…」と思ってたけど、3日休むと回復傾向になってきて、登れそうな気がしてきた。

はっ!?
3日目の翌朝に突然来る炎症の引き!

もう私、超回復理論の「72時間」に首ったけ(笑)です。

人は、こうしてジンクスとか願掛けとか、怪しい壺を買っちゃうとかになるんだな…(笑)

くわばらくわばら。

と言う訳で、今日はルートで登り込み。

しかししかししかししかし!!

12Bに苦戦中…

余裕こいて登ったルートなのに、一手一手が遠く感じる。
強傾斜で距離が出せない。
筋力弱すぎる……

圧倒的なボルダー力の無さを痛感するも、ボルダーで登り込めるだけの肉体の強度は未だ無い(泣)

先週もその事で私がブーブー言ってたら、“入院、手術、復帰のエキスパート”、ガメラ先生が、筋力はそんなに気にしなくても「あれなんだったんだろって感じにもとに戻るよ」と言ってくれた。

私が「登り始めてから、延べ登攀日数15日、一ヶ月以上経ってるよ!?」と言ったら鼻で笑われ、「あんたねー、そりゃ半年とか1年はかかるよ…あー、すごい発想」って笑われた。

半年か〜。
なげぇな。

ガンガンやったら、ちゃっちゃとならんかね?(笑)

まあ、年明けのツアーまでには元に戻ってる計算になるし、来秋のスペインまでには“フロリダ”に必要な総合力を戻すまでには十分な時間がある。はず。

コツコツ、地味に積み上げていくしかないな。

来週の火曜日(MRI検査と6ヶ月検診)までに、12Cと3級が目標だったけど、上手くいかんもんだね(笑)

ま、常に志は高く!
クライマーだから!
posted by ユカジラ at 22:15| 日記

2017年11月12日

そろそろ出稽古出来るかな?

20171112_145819.jpg

今日は、ずっと雨で中止続きだった岩場の講習、やっと出来そう!と思ったのもつかの間、キャンセルありで再び中止に…

岩場講習デビュー早く寝ることごとく阻まれる(苦笑)

もう連続4週中止…仕事したい(泣)

ヤル気満々なのに…くすん。

まあ、これは神様からの…「まだ止めておきなさいよ」という思し召しと言うことにしとこう。

(トレーニングしていいよ)ってことだと都合良く捉えてたりもする。ひひひ(笑)

なもんで、遂に御臨終寸前の車を買い換えるために、トヨタに寄ってから、今日はボルダーの2日目@パン2。

暫く登ってなかったので課題も変わっていて、仕事でも必要なのでしたから全部登って行く作戦でトレーニング。

多動児のごとき、うごうごうごうご、絶賛いごきちゅう(笑)

前回(先週かな?)に5級までを全部コンプリートしてあるので、今日は4級。


なかなか手強い課題もあったけど←そのほとんどがマーシーのだね。うん。ヤバイね(笑)

3時間で21本全課題コンプリート。

疲れた〜。

少しずつ、筋力とかいろいろ戻ってきてる感覚が気持ち良く、出し切れるようになってきたかな(嬉)

後半はヨレヨレで肩も痛くなってきたけど、今日の目標はギリギリ終わらせる事が出来た。

足を切る動きや片腕のロックも出来るようになってきた事が何より嬉しい。

マジうれぴー!(喜)

次は3級に突入だー!

元のレベルまでもうひと踏ん張り。

さ来週の、6ヶ月満了日までにどこまで攻めれるかな。

このために、術後のベットの上から頑張ってきた。

常識なんて、いつだって打ち破れる。

人間力を信じて、墓場まで行くぜ!
posted by ユカジラ at 16:13| 日記

2017年11月11日

得たもの失ったもの

20170707-137.jpg

登り始めて1ヶ月が過ぎた。

未だに痛みも出る日があったり、ドキドキワクワクしながら登り続けているけど、動きの規制や力を出すことに気を使うことは減った。

↑いいのか!?う〜ん、いいだろ(笑)


この怪我をして、手術に至るまで、私は私というクライマーの良いところをひとつも認めていなかった(苦笑)

パワーが無くて、弱くて、ダイナミックムーブが苦手で、持久力有るって言ってもミドルレンジまでしか無くて…
保持力はある方だけど、もっとある人もいるし…と…(笑)

現状に満足することなく、いつも総てが足りない、弱い、強くなりたいと思うからこそ、人の何倍も努力するしかないと思ってた。

旗から見たらバカみたいにトレーニングし続けて、自分の力で腱板ぶっちぎって(笑)

アホだね、私らしくて良いと思うしかないくらいのアホかもね〜(笑)

それでも、
だからこそ?

けっこう難しいクライミングも出来るようになったんだと思ってる。

手負いになって、マイナスからのやり直しをしている今となっては、まあ、自分でいうのも可笑しいけど、意外と強かったし、上手かったし、スゲー持久力、保持力あったんだなぁ…と。

失ってみて始めて解ることもある。

多くの昭和以上の人がそうなんだろうけど、日本人の美徳らしく、自分を“良し”とすることはなく、“まだまだ” “上には上”の、上だけを見て登ってきた。


怪我をして得るものもある…
と良く言うけれど、それはなんだろう?

これからはもう少し自分を労って、良いところも少しは認めてあげたいと、私の大嫌いな“甘ったれ”と“誉められて伸びる”←けっ!(笑)と思ってた部分も、少しだけ悪くないかも、と思えるような、自分に厳しすぎた私も、自分に対する優しさが、うっすらと身に付いた(笑)

半年登れなくなる事や、やり直しに使う時間の切なさを思えば、鞭打つばかりがベストでない事が身に滲みて解ったからねぇ。←遅ぇよ(笑)


今までは、どこが難しいかもわからないような感覚で登っていた12ノーマルくらいのルートで、現在は苦戦している(苦笑)

けっこう遠かったんだ…
けっこう細かかったんだ…
けっこう難しいんだ…

……
ってね(苦笑)


弱くて、強くなりたくて、なかなか身に付かなかったパワーで解決する身体も、何年もかけて身につけていた。

そして、それを知ったのは失ってからだった(笑)

取り戻したら、積み上げたモノを大切に使いながらその先へ行く。必ず。

この怪我で失ったものは何もない!
絶対そう言えるようにしようと思っている今日この頃(笑)

因みに、得たものは…

山屋時代くらい走れるようになり、習慣として普通に毎日走れるようになり、その恩恵も得られてる。
痛みがあったり疲労を感じたら休むようになった。
自炊するようになった。

失ったものは…

全部取り返す予定なので、失ったものは、体重2sだけ。
posted by ユカジラ at 19:08| 日記

2017年11月06日

ぬーぼーっと解禁



勝手にクライミングを再開して約1ヶ月。

クライミングどころか、全ての運動はぜーんぶぶっちぎって2週間以上巻き巻きで始めてきた野生児ゆかじら、ボージョレヌーボーの解禁より先にクライミング解禁!(笑)
本格始動しまーす。

クライミング再開して、ここまでの1ヶ月、14日、160本、ルートで登り込み、炎症おこしたり、痛みで恐怖と駆け引きしながらも、登る毎にできることも増え、先日12Aまで登れたこと、それ以上にこの三連休、私の呪いの効果も力を失い(笑)どえらい秋晴れと、これでもかって言うベストシーズン感にヤキモキヤキモキしてたなか(笑)鬱憤晴らしにボルダーもやってみた結果、ジムボルダーで4級まで問題なく登れたこと、その後に痛みや違和感が出なかったことが決断の決め手になりました。

どっちみち、あと2週間後には、多分、クライミングの許可も出るので、この6ヶ月の、この期の及んでの2週間などどうにでもなるワイ、と言う、最後まで護るより攻めろ!な人生を彷彿させてみます(笑)

岩場にも行きたいけど、大袈裟じゃなく、日本全国、この手負い後でトライできるルートは残ってない…残ってるとしても、13後半からなので、もっともっと登り込んで筋力戻してからじゃないと太刀打ち出来ないし、基本的にはリピートはつまらないというか…気合いが入らないので、近々解禁される岩場には興味あるけど、手術前に出せてた強度を体が取り戻すまでは地味にジム中心で登ろうと思いました。

だって〜(笑)

クライミングは初見と、出来そうもないくらい難しいのにトライするのが好きなんですもの〜(笑)

そうなると今の力じゃその想いは遂げられない…

それなら、年明けのツアーまでバリバリに鍛え直しじゃ!と言うことにした。

ツナミの12Aでも、2本目の12Aではヨレヨレ…(苦笑)

そのあとグレード下げても回復できないくらいパンプした(笑)

いや〜、ああいうパンプは滅多にしなかっただけに、けっこうショック(笑)

だけど、あの張り感は幸せの極みでもあるなぁ。

ボルダーも日々のトレーニングに加えられることが嬉しい。

ボルダーの動きと強度は、純粋に面白い。大好きだ。

高揚感があって、あの動きの強度や面白さを40メートルとか、とにかく長いルート中に、何回も味わえる高難度のルートを出来るように早くなりたい!
posted by ユカジラ at 18:42| 日記

2017年11月02日

ただいま?帰省ラッシュ始まる!

1509605822407.jpg1509267151495.jpg


今日、約半年ぶりに「ツナミ」を登った!(嬉)

AGR作戦は、20本トライを始めたらすぐ終わった(本日終了)ので…

「ツナミ」の12Aを2トライ。

肩に悪い動きは殆ど無く、安心してトライできた。

傾斜の無い11台後半より、動きが単純で肩に悪い動きがないのが、トライしようと思ったきっかけであり、正当防衛(笑)

肩に悪くないじゃん!「ツナミ」のルート!

っう訳で、「ツナミ」の12台中盤までを視野に入れつつ、弱ったいろいろを鍛えながら、肩で押さえるような、今の私には危険なムーヴの多い11Cや11Dも残さず全て登っていこうと思った。

リハビリは、すこぶる良い感じに進んでる……(笑)と思われる。


回想すれば、二頭筋長頭腱の炎症が治まったその日の朝は、すこぶる調子が良く感じた。

肩が軽かった。

いつもの可動域が無理無く伸びる感じに動く。

奥の方にいつも残っている痛みのような違和感が無い。

肩を動かし出してから初めての感覚。


私の持論からすると、最後のステップを、二頭筋長頭腱の炎症をもって越えた?ような感じだ(笑)

なので、日曜日から再開したクライミング(3日休んだ)でも痛みは出なかった。

中1日空けた火曜日には、休んだ後の超回復時にこそ新しい課題を我が身に!と燃える闘魂で、先ずは登攀時間を増やして“耐久力をつける!”をテーマにしてみた。

2本ワンセットを中心に、11台をメインに11Cまで20本登ってみた。

痛みや炎症感もなく滑り込みセーフ!

8回裏の逆転くらいの大盛り上がり(笑)


心地好い前腕や背中の軽い筋肉痛に、やっと自分にとっての“普通”が戻ってきた感覚を得られ幸せだった〜(笑)

最終の診察までまだ3週間あるし、MRI画像を見ないと安心して爆裂出来ないけれど、超ポジティブ脳な私的には、“もう大丈夫”な気がしてる。

“もう大丈夫”と、身体が教えてくれたような、“何かを抜けた”不思議な感覚が後押ししている。

そして今日は、思いきって「ツナミ」をトライしたと言うわけ(笑)

この感じなら、ボルダーも、4級くらいまでなら出来そうな気もする。

やるか?
やっちゃう?

まあ、どっこいどっこい。
落ち着けどっこい。

落ちてしまった筋力や保持力やハイパワーのエンデュランスを戻すには、ボルダーが手っ取り早い。

そのためにも、時期が来たら少しずつ…


作戦会議は夜な夜な繰り広げられている(笑)
posted by ユカジラ at 22:55| 日記

2017年10月30日

コブを育てる

20171030_175136.jpg20171028_071057.jpg20171030_181015.jpg



ふふ。

筋肉の事だと思った貴方と貴女とあなた!

のんのんのん。

確かに、クライミングの事しか考えてないゆかじらですが、人間以外の生き物と暮らすのは大好きなんです(笑)

手負いになってから、猫たちとの蜜月もだが、現マイブームとして「コブ」さんたちを飼育している。

コブヤハズと言う、飛べないカミキリ。

色合いも形も地味だけど、静かな夜に、カサカサシャリシャリと枯れ葉を食べる音や、キュッキュッと鳴く声も、とてもかわゆす。

採集地から持ってきた、コブさんのご飯の、“ほうば”の葉が無くなってきて、どうしようかと思いながら、ランニングを里山コースにしながら探したら、ばっちこ〜い!と見つけられた。

良かった良かった(笑)
美味しいご飯をたんとお食べ。

レストの日にコブさんの住まいをリフォームしてあげたり、とても楽しい(笑)


冬は越せるのかな?
どうやって越冬するんだろう?
その生態に興味津々。

毎日の観察に燃えるゆかじらです(笑)
posted by ユカジラ at 18:13| 日記

2017年10月28日

AGR60作戦 

20171026_171022.jpg

5ヶ月目の診察が終わり、次の1ヶ月を無事に過ごせれば、長かった治療もひとまず終了となる!(嬉)

ところが、ちょっと調子に乗ってたこの時期、神からの戒めとして、二頭筋長頭腱の炎症が起こり痛みが強く出てしまった。

痛みの場所が、腱板を縫い付けた場所にとても近いので…ドキドキもいいところ(笑)

ちょうど5ヶ月の診察の時だったので、先生に、クライミングをしてることは極秘のまま(笑)相談すると、肩や腕の動きをいろいろ見てくれた。

腱板の再断裂はなさそうだけど、炎症のあるうちは痛みの出る動きはしないようにと言うことだった。

それほど深刻そうではなかったので、まあ、大丈夫なんだろうと思ってるけど、マル秘機密事項も水面下で行っている身としては鵜呑みに出来ない不安もあるが、国家単位の機密事項を遂行する身としては仕方ない…

何もしてなくてもズキズキ痛むし、術後にあった、腕を脇から離せない感覚に、久しぶりに怯えました(トホホ)


で、とりあえず、今さら1週間登らない事ぐらい、半年登れなくなく事を思えば鼻くそみたいなモノなので、炎症が治まるまでクライミングと上半身の筋トレは休むことにした。

ここまで約3週間登ってこれたこともあり、気持ちも落ち着いてるし、軽いしか取り柄の無くなったダルダルに筋肉の落ちた身体も、締まって良い感じの筋肉ボディにもなってきてるし、ここは思いきってリフレッシュ休暇することにした。

が、、、、

………ぬふ。

そう言っている舌の根も乾かぬうちに、今日は登った(笑)

クライミングを3日休んだら炎症が治まって来て、身体が「行けるよ、行ける、行けまっせ姉さん」と囁くので登ってみた。

中2日では炎症も治まらなかったけど、3日ってスゲーな!

今後、“3日神話”に首ったけになりそうなゆかじらである(笑)

食いまくりと一切動かない1日を足しただけで回復威力倍増!

すっげー!
マジすげぇ。

しかも以前より可動域出てるし、筋力も着いてきてるし(嬉)と言うおまけ付き。

少しの間反省し、次登れるときからは攻めすぎないようにと、ひとり作戦会議していた戦法を実行することにした。
ジャーン!!!

AGR60作戦を開始する!

A→アゲイン
G→頑張る
R→ルート
60→60本

……(笑)

ようするに、登ってもとりあえず大丈夫だったルート、5.9から11Cまでの60本をもう一度登って安全にトレーニングすると言う作戦!(笑)

低強度の繰り返しは、手術で繋いで日の浅い弱弱な腱、インナーマッスルを鍛えるには大切な事と見直す良い機会にもなった。

そして、持論通り、ギリギリセーフな負荷を与えた後の伸び代の大きさに、その信憑性が高まりました(笑)

そんなこんなで頑張っていれば、1ヶ月なんてすぐだよねー!と言う、“光陰矢のごとし”作戦開始です(笑)
posted by ユカジラ at 20:20| 日記

2017年10月26日

腱板断裂手術・術後4ヶ月?5ヶ月のまとめ

20170630_103954.jpg10月24日にて5ヶ月満了。


4ヶ月が過ぎると、内視鏡痕周辺に常にあった癒着の剥がれによる痛みもだいぶ無くなり、トレーニング後に、いろいろな痛みを感じることも減った。

手術をしたと言うことを忘れている時間が多くなり、今までとは違った、“一気”に回復が進んだ感覚を得られる事が多くなった。

上半身の筋トレにも、おっかなびっくり取り組む必要は少なくなり、斜め懸垂は、ぶら下がりに近い加重を試しながら行えるようになった。

術後4ヶ月と9日目(10月5日)、簡単なクライミングを再開してみる。

腕が真上まで上がらないので、出来ないムーヴや、距離のあるデッドや足を残せない状態での動きは怖くて出来ないが、11Aまで10本登った。

その後中2日空けて、ボルダーを行ってみるが、最近の人工壁ボルダーの内容は距離とパワー系が多く、ボルダーを出来るようになるには可動域と、落ちてしまった筋力を戻してからでないと無理だと思った。

6級が限度(苦笑)だったので、ルートでトレーニングをする方が暫くは無難と判断。

現時点での可動域は、外旋が悪く50度、前に150度、横に100度といったところで、この先がなかなか広がらない…


可動域を戻してゆくなかで、これは私個人の感覚だけれど、とにかく“重大なミスのない範囲”でと言う条件付きで、多少の無理やオバーワークを経て、その時々の限界値を越えてきたように感じている。

可動域はまだまだ出ないけれど、その数字よりは出来ることは増えてるように、日々のトレーニングでは感じている。

トレーニング内容は攻めたやり方で、自分の感覚に自信と責任が持てない場合はやらない方が良いような内容ではあるが、自己責任の上で、私には効果的だと感じた。

そもそも、“治すこと”が目的ならば、私がやって来た内容までやる必要はない。

1分でも早くクライミング復帰を目指したい場合のやり方であり、ド・イレギュラー。

ロスをいやがった結果、大ロスにならないように常にドキドキと刺激的な毎日(笑)


初クライミング後はどんどん動きやすくなり、1回のクライミング時間に、10本までを限度として、10Aから徐々に上げていく戦法で、週2日から始め最大で週4日、3週間の間に9日間登った。

トータル90本登り、グレードは11Cまで登った。

その他には、基礎トレーニングとして、ランニング10キロと腹筋700回を週6日、ヨガ1時間30分を週6日、全身の筋トレを週2日続けた。

保持力維持のためのボール握りは登り始めたので終了。

クライミングの強度と日数が増やせるようになったら、基礎トレーニングは減らす方向でプランニング中。

今年は8月から天候不順が続き、岩場の状態が悪すぎることもあり、落ち着いて?(笑)リハビリクライミングに勤しめる事は天からの恵みか私の呪いか…(笑)


ここから6ヶ月の治療終了日までも引き続き、足ブラでぶら下がれることと、懸垂にチャレンジし、負荷に耐えれるようになったら、インドアからのボルダーを始めようと思っている。

《回想……》
手術前、そして術後に感じた痛みや固定を外したばかりの、日常生活にすら支障のある可動域の間には、私も当然、医師がクライミングを許可する6ヶ月満了までクライミングはおろかトレーニング的な運動も出来ないと思っていたし、それを守るつもりで日々を過ごしていた。

一番最初に始めたウォーキングも、その後に次々と加えていったトレーニングの数々も、そしてクライミングも、やりたいから始めたと言うよりは、自然に「できんじゃね!?」と言う感覚からスタートしてきた。

深く感じようとしながら身体の声を聞いていれば、自分の身体の事は、多分自分が一番解るんじゃないかと思っている。

組織の回復に“人類として”必要な時間には、決してやろうともやりたいとも思わなかった様々な事は、平均値、若しくは安全値より早く出来ることもあれば、それよりも遅いことも当然あるだろう…

私は、注意やアドバイスを良く聞き、日数を指折り数えながらも、その中で自分の感覚を一番に行動してきた。

そして、最近はちょっとやり過ぎで、二頭筋長刀腱の炎症による痛みが続くようになってもいるので、クライミングの頻度と強度は調整する必要ありと反省中。

今まで登れなかった日々を考えれば大抵の待ち時間は受け入れられる(笑)
posted by ユカジラ at 15:02| 日記

2017年10月24日

少し休もう

1508651879704.jpg

実は、今日は術後ジャスト5ヶ月の〜!


目出度い日!(喜)

恒例の診察は、仕事の都合上、明後日だけど、とりあえずセーフ!

多分セーフ!!(笑)

キレてな〜い!
多分!


先週は、ちょっと攻めすぎて、連登アリの週4クライミングで、肩の痛みも出たりして、ドキドキの日々だったけど、今週は、今日は登ったけど、診察終わる明後日まではレストすることにした。

5ヶ月レストしてた事を思えば、2日くらい、へのカッパ!

中2日空けた後の超回復も狙ってるし、それ以上に、明後日の診察で、可動域とか落ちてたりして先生に怒られないように、万全を期して挑むためさ〜(笑)


なんだか、健康診断の前の日だけ、健康的なものを食べて、ちょっと運動なんぞしたりして、その時だけの血糖値や体脂肪をギリギリクリアできるように努力する、“あるある”サラリーマンのおっさんみたいだが、私はおっさんみたいなものなのでヨシとする!(笑)

いや〜!私も良くここまで、総てをぶっちぎり、常識はずれな破天荒ぶりでやって来たけど、とりあえず再断裂は、まだしてない…と思うので、よかったよかった、よかったよ〜!!!っう気分である(笑)


クライミングの方も、11Cを始めたら、とたんにスタティックスには動かさせてくれなくなった内容に、身の危険を感じながら登ってきたけど、肩への負担が大きすぎる気がして困っちゃう〜。

今日4本の11Cをトライしたけど、登れたのは2本…

残りの2本は、やり続けてたら再手術間違いなし!な、動きのオンパレードでやれる気がしなかった(苦笑)

しかしまー、難しいんだねぇ……パン2の11Cって。

あまりの出来なさ加減に、こんなんで元のレベルまで戻れるのか!?

いや、私の人生、このまま終わるんだろうか!?

と、3秒落ち込んだけど、現実は現実なので、出来ることを出来るようにして行く先にしか夢の現実は無いと立ち直り、とりあえず、明日から2日は休もうと決めた(笑)

1日置きのクライミングでは回復も修復も危くなってきた事もあるしねぇ…トホホ。

肩も痛い。
トホホ。

さあ、全力で休もう。
posted by ユカジラ at 23:53| 日記

2017年10月22日

80本と11Bコンプリート

1508651875199.jpg1508651864469.jpg今週は、火、木、土日と4日登った。

2週間前に登り始めた頃は、痛みが出た事もあったし、その痛みはどんなものなのか不安もあり、連登して良いものか…と、様子を見ながら登ってきた。

私にしては「優良」過ぎるほど丁寧に進めていたけど、その甲斐あってとても順調だ。

ルートクライミング、今日で8日間、80本を登った。

パン2の、5.9以上11Bまでの全ルートを完登。

11B辺りからは、最初のトライで完登出来ないムーヴ…右肩でロックして足がスメアだったり、保持は左手でもガストンでの右手で止める遠いホールドのような一手、他には肩間接を回してくるとか、肩甲骨の可動域で取りに行くような動きがとてもキツく感じた。

ボルダームーヴが核心になっているものにも、「やって大丈夫かな?」と、ムーヴの調整も必要だったけど、その時やるのを躊躇い、止めても、次の日には出来るようになっていて、ホントに言葉通り1日1日、出来ることが増えていくことは、感動的でもあり嬉しかった(笑)

今まで、12前半まででオンサイト出来なかったルートは殆ど無かったし、どこが難しいかすら記憶に残ってなかった…が、今は、新鮮なくらい難しいポイントが解るし、何故そこが難しいのかもとてもよく解る(笑)

講習生の気持ちが、「まっこと」良く理解できる今日この頃(笑)

これで又さらに良い指導者になれそうです(あはは〜)


登り始めて7回目の昨日は、イメージと動きが合致してきた感覚がじんじん来た。

クライミング自体の感覚を、身体が思い出して来た感じだった。

再断裂と言う恐怖の言葉に対しても、ある意味克服できた感じで、解放された伸びやかな動きが出来るようになった気がした。

不思議なもので、身体の動かし方もだけど、眠っていた筋肉や、様々なものが発動して繋がりだした感覚が心地好い。

クライミングのトレーニングはクライミングが一番!と言うことがリアルに実体験として身に染みる瞬間。

日々の筋トレで最低限維持していた筋肉は、クライミングで使う全身を繋げて使う力から見たら…何て役に立たない筋肉だろう…としみじみ(笑)

そして…登り始めて8日目の今日は、久しぶりにバキバキの筋肉痛(笑)

嬉しい痛み!
体幹から広背筋、足の先まで全身を使って登れるようになった感じがして、始めて「登った」と感じた。

なので、連登してみた(笑)

今日から11Cを始めた。

パン2のルートは、11C、11D辺りがなかなかシブイ。

テクニカル要素や保持が普通に要求される内容が多く、この辺りが全ルート完登出来たら、その先は早いように思ってる。

楽しみだなぁ。

クライミングのある日々が、これ程までに活力を与えてくれる!
素晴らしすぎる〜!

週4日登れるようになったので、そろそろ基礎トレーニングでやっているトレーニングも、後2日後に迎える術後5ヶ月の終わりと共に見直し、減らして行こうと、“ぬふぬふ”ほくそ笑むゆかじら。

嗚呼、、、
心を無にして、たった90分、たった700回←たった??おい!(笑)とカウントを続けた日々よ!

どんなに苦しくても辛くても、たった一日のなかの60分じゃないか!とやって来たトレーニング達ともおさらばだぜ!


バイビー!
へへん〜。
おしりぺんぺーん!だ!
(笑)

いやまあ、それほど嫌だったわけでもないし、意味のあるものだったと思うし、そこにも感謝してるけど…

雨の中、びしょくそになって走ったり、それも叶わない日には、「私はチュー、私はカラカラを回すハムスター」と思いながら、く○つまんないランニングマシーンのモニターを見つめなから走らなくても良い人生に万歳だぜ!くっそ〜!(笑)

この喜びわかりますか?(笑)

私はトレーニングマニアでもなければ、只の運動好きなオバサンじゃあないんです。

私はクライマー。
登ってこそのクライマー。

もう少ししたら岩場だぜ。
待ってろよー!
強くなって会いに行ってやる〜!
posted by ユカジラ at 20:14| 日記