2017年03月18日

いろんな幸せ

IMG_20170318_181000.jpgIMG_20170318_180948.jpg

スペインから帰国した翌日から、ストレス解消(笑)のために登りまくった。

ジムでだけど、ボルダー、ルート、ボルダーのセット(仕事)、そして今日はボルダー。

連日を、何も課せずに好きに登りまくった。

あー良かった。
疲れた(笑)

そして落ち着いて来たら、たくさんの幸せが見えてきた。

スペインでの、あまりにも少ないクライミング時間に、引き付ける力や持久力が落ちてるかと不安だったけど、そうでもなかった。
量より質の意味を確認した幸せがあった。

保持力は、スペインでの保持系のルートで激カチやら、一本指ポケットやらの、今思えばたいへんハードな内容を本気でやり続けてただけあって、ジムのアウターなホールドごときではなんも感じなかった(笑)
唯一、“残った成果”の幸せがあった。


仕事もそこそこ忙しいけど左矢印1当たり前じゃ〜あ!、、、(笑)
身体全体に乳酸を感じるほど動いたのは久しぶりで心地良かったし、溜まってた鬱憤は何となく晴れた幸せもあった。

嗚呼、でもやっぱり、登りたかったんだなぁ、と、あれだけいろいろな制限下で辛かった日々の意味や重さが愛おしくも思い出され、強度が高くて易々と手に入らない事が何よりも楽しいと感じる自分を再確認する幸せもあった。

あの日々、あの本気の感覚(笑)こそが最大の幸せ!と思える幸せがあった。

近くには、猫達が“アマアマ”で可愛すぎる幸せがあった。

私の不在中に、生徒達がそれぞれの中で大きく成長していた幸せがあった。

目覚しより先に起きても、雨戸を空けるとビカビカの太陽が世の中を動かしていて、私も負けずに「お〜出遅れてんなぁ〜私!」なんて言う不安要素のない朝が素敵すぎる幸せがあった(笑)

出来なかったこと…自分に無いものばかりを悔やんで途方にくれるのは終わりだ(笑)

今後の自分への在り方や、生き方に、ある意味“腹を括る”気になれたツアーに感謝。

強がらず、嘘もつかず、言い訳にもしないで、今の自分に向き合おうと思う。

再出発。
若い人だけの特権ではない(笑)

私は行くよ、止めないで!左矢印1誰も止めんわ(笑)

おー!

ここからの限界突破にまぐれもフェイクも、もしかしたら…なんて、おいしいことは、、、

無い!

それこそ本物。
それこそ限界。

さーて、あと何年押し上げていける?

行くぜ。

ばっちこ〜い
ばっちこいこ〜い。
posted by ユカジラ at 22:52| 日記

2017年03月14日

空っぽ

灰になれるくらい頑張れることもなく、ただただ我慢して待って、こんなにクライミングをしてない日々を過ごしたことははじめてかもしれない。
クライミングは量より質だ。

にしても、、、

岩を前にして…

それが、…いや、それも、か…(苦笑)
ツラかった。


本日、1ヶ月のツアーを終えて帰国。

最後、2日間のクライミングは、レスト空けの初日、多分…結果が出なかったので、本当に出来る限りを尽くせたのか…今はもう考えることも難しく、頑張れたのかすら解らなく、放心のまま何も考えずにいるので、正しくないかも知れないけど…全力で挑めたと思いたい…という感じ。


出だしから畳み掛ける核心をいくつか越え、連続性と保持の最大の核心のポケットカチが取れずにフォール。

それを止めて、クリップできたら…というところまで、はじめて繋げられたけどダメだった。

パンプ感は無くても、確実に動く、確実に距離を出し、保持っていく…その出力はもう出なかったから取れなかった。
それが現実。

その後は…夕方まで待ってもいつも通り日照りで取り付ける訳もなく、ラスト日に希望を繋ごうと思ったけど、そこで今回のクライミングは終わってたんだと思う(苦笑)

翌日の最終日は、アラームの音で起きることも、またまた死にたいほどツラく…
1本指での保持で腫れたブシャール結節も、2日目には痛みが増していて集中力を妨げていたし、もう無理だった。

多分、あの強度に対応できる体力も気力も…使いきってしまっていた。

頑張りたくもなかったんだと思う。

そのルートが本気でやれないなら…トライするルートすらない岩場にも行きたくなかったんだと思う。

それでもクライマーの本能なのか、登る行為が好きだからか…普通にもう一度奮い立たせてトライ出来るくらいには持っていけたけど…

最終日は、日程を終わらせるために登っていたようなものだった。

もう、どうやったって、前日のような気合いが出なくなっていたから全てのパートの1手1手が厳しいそのルートに取りつくことが不安でもあった。

そんなメンタルで登れる訳もなく…だ。

残りの時間は、アップでやるルートを、心を無にして登りながら過ごした。

つまらなかった。

次もないのに、ルーティンのように、何度も登っている同じルート登るなんて…本当につまらなかった。

そんな風に思いながら登ってたのははじめてかもしれない。


今回のツアーは、ほんとに毎日がストレスの連続だった。

熟睡のタイミングで目覚ましで起きて、暗いうちからストレッチをして、身体が少しでも正常に動くようにするために、朝ごはんも食べずに時間を使い、緊張に満ち満ちた朝を過ごし、岩場についたらすぐに岩でのアップ、指を目覚めさせるトラバースや、登りだしすぐにあるランジを止めるためにジャンプを念入りにやったり…

午前中の1回しか無いチャンスに向けて、調えて調えて調えて…

その緊張と集中は 前夜から続いて…その毎日は本当にツラかった。

コンペで言うところの、8時アイソレーションオープン、競技開始9時の1番スタートを毎日やってたようなものだもんな…ほんとにストレスフルでツラかった。

そして、その1トライの後は、仲間達が登り終える真っ暗になるまでの7時間以上、暑い岩場で寛ぐことも出来ずに過ごし、帰宅したらとにかく早く寝なきゃ早く寝なきゃ(苦笑)…を繰り返していた。

ああ、正に修行だったわけだ(笑)

正確にはロリシャルを諦めてからの2週間なんだけど、長くツラく感じた。


レストが皆それぞれずれていた頃は、レストで登らない日も毎日岩場に行っていたりで、何だかんだと、精神的にも肉体的にも疲れを抜く日が無さすぎたんだと思う。

仲間がビレーに困らないときは、何度か岩場に行かずに休ませて貰ったこともあったけど、若い仲間たちにはそれなりに頑張れても、私が同じことをするには、やっぱり無理があったのかなぁ?と、老いるってこういうことも含めて、無理できないのに頑張って…無理すればするほどいろんなことがダメになるのかなぁ?と、本当に哀しかった。

現実に、1日岩場に行かないでレストした翌日は気力もみなぎっていたし、朝の早起きも頑張れたし、クライミングのパフォーマンスもあからさまに良かった。

まあ、やってみてわかったことではあるので仕方なかったけれど、1番のミスは、自分にはもうこの岩場でトライ出来るルートは無いようだ。

そぐわない能力だったってこと。

ルートの選択肢すらない下層のクライマーだったので、最も条件の悪い位置にあるルートしか選べなかったこと。

そして、今年、この季節が暑すぎたこと。

客観的に考えて思い付くのはこれくらい…とりあえず、登れなかった報告はしておかないと…(涙)


やって来たことは、結果が出せなかった以上ダメだということ。

努力なんてものは誰でもしてる…

結果に結び付かない “自分なりに努力したけど…” は、ただの言い訳と精神バランスを保つ為の慰めに過ぎない。

敗けた時は徹底的に叩きのめされたほうがいい。

そうでなければ進歩は薄い。

この先に行きたい私にはまるで足りてない努力だった。

この現実は重いし痛いが現実だ。

考えたり、落ち着いて振り替えれる日が来たら最初からやり直さないと…


私には時間が無いんだと言う現実は切実に解った。

今は漠然とここまで考えるのが精一杯です。
posted by ユカジラ at 14:54| 日記

2017年03月10日

残り2日


明日はレストなので、クライミングが出来る時間はあと2日。

今日は、こちらに来てからも、この時期的にも、最高に暑い1日となった。

朝から気温が高く日陰でも半袖短パンで居られるような気温。



s-17199865_1001708289929081_305385728_o.jpg

いつもより早起きして岩場に向かうも、私のトライしているルートに取り付ける時間は僅か‥‥

昼くらいからの長い長い時間、6時間くらいを待つのは非常にツラい‥‥

そして、日没からの気温が下がる時間まで待っても、温まり切った壁は本当にホカホカで、保持が主体、1本指ポケットからの引付けやらなんやら‥‥気合いや根性みたいなものでどうにかなるような強度ではないので、待って待って待って待って‥薄闇に包まれ、もう取り付けないなぁ‥と言う時間が来ても未練がましく岩の温度を測っては諦める日々が続いている。


昨日は、雲が多く、今日ほど気温も上がらず、3トライ出来た。

2トライ目、3トライ目は体もよく動いて、朝早〜〜〜〜くに、アップも殆どで来ていない状態からのトライとはエライ違いで、好きな時間に自分のタイミングで取りつけて、1日に2〜3トライ出来るルートなら、、、、、、と、言っても、思ってもしょうがないことを女々しくも毎日思ってしまう‥(苦笑)

s-P1040346.jpg

CODIGO NORTE 8B

s-P1040336.jpg

s-P1040332.jpg


毎日、動きたい衝動に駆られるけど‥‥

残された2日、2トライしかできないとしても、そのチャンスを諦めずに虎視眈々と ROCK ON し続けている。

登れる時は、1チャンスで完登出来るくらいにはなっている。

核心はいくつかあるけど、キーポイントのポッケット取りが止まった時がその時だと思っている。


2年前にもここスペインで、天候が悪すぎて登るチャンスが少なく、調子をどんどん落として最終日まで持越したルートを思い出した(苦笑)


下部核心5mにあるポケットを止めた後、多くの人が、その後の35mをつなげることが核心、、、と語られてた、オリアナのMishi (8A) も、その1チャンスで登ったし、去年のサルディニア、スプラモンテの8bも、ラストのラストチャンスで登ってきた‥‥

だから今回も‥‥

無くはナイっ!!

はずじゃ。



チャンスが少なくても、そのチャンスがいつ来ても、、、悔いの無い登りが出来るように最後まで本気で今を過ごす!!


裂けた指は塞がらないけど、痛みは感じない方法も見つけた。
アサイチは痛いけど、ぶっちぎって裂いちゃえば、その後は痛みはマヒする(笑)

出血は、テーピングの下にティッシュを挟んできつく巻けば地でヌメル事もないってわかった。

s-P1040349.jpg

あとは、登れても登れなくてもやるしかない(笑)




s-P1040362.jpg

暇すぎて、レストの原っさんと、 『あそこの上に立ってみよう〜〜!!』 お散歩大会を繰り広げて切なさを癒す‥‥(笑)




s-P1040355.jpg

コビッキーと。





修業の時間。

苦しいのはその時だけ!

ムーブがより難しくて不確定要素がイッパイで‥‥
次々に現れる強度の高い動き、成功するその時まで繋がるかわからないような連続性の高さ‥‥
ホールディング、タイミング、集中、それらを揃えて手を出して行かないと止まらないような距離感‥‥

それらが無いと面白くないと思える今こそが、クライミングの面白さを解ってきたんだなぁ、って思えるから。

今の幸福を味わいま〜〜〜す!


posted by ユカジラ at 07:55| 日記

2017年03月08日

恐ろしいまでに負のスパイラル(苦笑)

こういう時もある!

と、もうすべてを受け入れて、日本に降り立つ日まで残り1週間ジャストを、出来れば有意義に過ごしたいと模索中。

うーーーーーーむ‥‥

悪あがきに近い気もするけどそれしか、今の私には手だてがない‥(苦笑)

仕方ない。

これが現実。



残り1週間になっても、まだレストばっかり。

1日おきにも登れなくなってる今日この頃で、人生最大級に暇と動かない毎日で、ちょっと発狂しそうにフラストレーション溜まってるが、イライラするのも大人げないのでとにかくにこやかに我慢の日々。



仕方ない‥

いろんな事が仕方ないこともある。



そして、理不尽さや人生の大半が思いどうりになんていかないと言う事を知っている世代に生まれ、揉まれてきたことに感謝。

まあ、こんなもんでしょ、と。



コビッキーが到着して、元気娘が良い感じに成長していて愛らしく感じることで癒されているのが救いだ。

昔ほど食わなくなってるのがつまんないけど(笑)




おーーい!!明日は、少しは頑張りたいぞーーーー!?

過酷に貼り付けられるムーブでで引き伸ばされた指の腱?前腕の筋肉?の痛みは少し良くなったけど、自分の力でリーチ出し過ぎて裂けた指の痛みは引く様子もなく、1日経っても生肉が‥‥

明日のトライの最初のハードムーブで、また引きちぎれるのかと思うと想像するのも痛すぎて恐怖だけど、裂くつもりで力を込めるしか手だてはない‥‥

s-DSCF3144.jpg

なんまんだぶ〜〜〜。


こういうの、まあ良くあるもんだけど、毎日引き裂き続けたら、骨を残して指取れたりしないのかなぁ?と言う会話をコビッキーとして笑ってたけど、笑ってる場合じゃ微妙にないくらいイテェ。

そして、保持ることを一瞬でも躊躇ったら出来なくなるムーブと解っていても躊躇ってしまう自分の弱さにもがっかり‥

しょぼん。

s-P1040212.jpg

12時間くらい岩場に居ても、登っている時間は30分にも満たないくらいか!?

茶を濁しながら、それでも抵抗してみたりしてます(笑)












posted by ユカジラ at 04:04| 日記

2017年03月05日

初めての好条件

昨夜に雷雨があって、けっこう降った上に朝はドン曇りだったうえ、会社辞めてラブラブなコビッキーを迎えに←それは関係ないか(笑)バルセロナまで行かなくてはならないので、時間も中途半端だな〜〜、、、、と、登るかどうするか迷っていた‥

でも、風のある曇りなんて、今やっているルートで、望んでもあり得なかったシュチェーションなので、レストの2人には申し訳なかったけど、トライ時間を決めて岩場にGO!!

持つべきものは、最強のパートナーたち!!
当然のように心良くビレーに来てくれた(笑)

いつになく涼しく、風のおかげでヌメリも無く、良いトライが出来た。

しかも、本来なら絶対に取り付けないような炎天下にさらされる時間にもトライで来て、1日に2トライ出来たらこうも感触が良いのか!!ってくらい身体も動いたし、何より気分的に楽だった。

陽向きによる気温の上昇が無ければ、1日に3トライは出来るのになぁ‥と切に思うけど、与えられた条件で頑張るしかないのが岩場ってものなので、今日はちょっとしたご褒美なんだと気合い入れて登った(笑)

でも、良い感触は得られたので、チャンスは有効活用できたと思う。


さてさて、今から、原っさんの壊れたハーネスを買いにシウラナの町経由で、コビッキーを迎えにバルセロナへ。

アパートに戻るのが深夜の2時くらいになるので、明日の朝起きるのが恐怖(笑)だけどがんばろ!!

残り時間もわずか!!

何とか気温と陽向きとのやりくりを頑張って登りたいな〜〜。

s-DSCF3139.jpg

s-DSCF3133.jpg

暖かすぎて、去年では同じシーズンでも見たこともない虫たちがイッパイ!!



posted by ユカジラ at 01:00| 日記

2017年03月02日

死ぬほど眠くって起きれない朝、朝、朝!の日々

ツアー史上始まって以来の“眠り病”に侵されているユカジラ。

レストの日でも、岩場でも、日中に眠くなることはないし、起きてしまえばなんてことはないんだけど、とにかく起きるのが死ぬほどつらい!!!!
ツエツエバエに刺されたか!!??(笑)

s-P1040243.jpg

私とたかやくんのトライしているルートは、南西面向きにあるので、日の出の時間からお昼頃までしかトライする時間がないので、毎日、早起きで岩場に向かっている。

ストレッチ、出掛ける用意などを計算すると、6時半には起きなければならないんだけど、6時半ってこっちでは、

すっご、、、、、、く!早い時間。

スペインの日の出や日暮れの時間から換算すると、日本の感覚だと4時半くらいに起きている感じになるので、それはそれはツラい(泣)。

いつも早く寝るようには心がけているけど、早々寝つけるモノでもく、睡眠不足感はタップリ‥‥

毎朝目ざまし時計がなるたびに、「いっそひと思いに‥‥」と思うくらい、朝の起きる時間が苦しい。

私は朝型だし、早起きは大の得意。
いつも誰よりも早く起きるタイプだし、寝坊なんてしたことはないのに、今回は過去に類を見ない起きれないモードで困っている。

多分、超深い眠りのパターンの時間に起きる時間が重なっているんだと思うけど、ツアーで毎朝これじゃたまらない〜〜!

でも、今トライ中のルート、それだけ努力しても、1,2トライが限度で、昼にはクライミング終了って日が続いている。

ほんと、陽が当たってしまうと、そこは日が沈むまで、ガンガンに太陽が当たり、陽がくれても岩盤浴のごときホカホカ感。

とてもじゃないけど、激しいボルダームーブと保持、、、ポケット、そしてランナウト、ボルト位置が非常にシビア!と言う4重苦なので、「滑るけど我慢してやるかぁ〜〜」なんて気にはなれない。

とほほ。


Colgo Norte 8b 

今トライしているルート。

s-P1040239.jpg

出だしすぐに、クリップムーブを含めた11手の自分体感1級のボルダーがあり、保持と貼り付け十字懸垂的な動きからのランジ。

朝早い時間、アップも殆ど出来てない状態からのランジはキツイ。

その後数手のガバから、23手の初段。
そのパートが終ったところが、何故かこのルート上で一番ランナウトしているところのボルトとボルトのほぼ中間?‥(笑)

そして、スタンスがスメアチックで微妙に休めない(焦)

そこから10手の3級で最終クリップ。

ラストは6手の2級くらいか?


クリップがムーブの途中にあるような位置が多く、クリップもムーブの手数に入ってくる上にけっこういい感じにランナウトしてる‥‥

そして、レストポイントが良い感じにない‥‥

25mと短い中にムーブが凝縮されてる 8b。

とてもチャレンジングで、自分にとっては克服したくなる課題なので、厳しくて怖くて、トライできる時間も限られていて‥‥
なかなか厳しいけど、良いルートに出会えた!と、とても嬉しく思うし、とても楽しい。

帰国までに登れるか!?、と言う感じだけど、ロリシャルはまだ核心が濡れているし、核心のムーブの解決も厳しそうなので、この1本に集中して、登りきることを目標にしている。

ムーブは確定、あとは繋げるだけなんだけど、、、、、

きっびしぃ〜〜〜!!!(笑)

当面の目標は、朝の3時間くらいの中で2トライ、コビッキーが来て4人になったらトライ時間に幅が出来るので、夕方の暗くなる前ギリギリにもう1トライできるので、体力作りしておこうと思う。

今日で、4日目、6トライが終了、、、

がんばろう!!
先ずは早起きだ‥‥うえぇぇっぇーーーー!!!


posted by ユカジラ at 06:04| 日記

2017年02月26日

精神と時の部屋 から‥‥


さてさて、あと2日で2週間になろうとしている今回のツアー‥‥

s-16931213_992470390852871_1132247335_o.jpg

(アップで朝一の1発目から12ノーマルって、ツラい〜〜(笑))

今日もレスト‥(苦笑)

昨日、どれも悪いと定評の、このエリアでの8b、超えねばならぬ壁として、敢えてボルダーっぽい内容で可能性がギリギリ有りそうなルートをガチンコトライ(笑)

ランナウトもけっこうキテいて、久しぶりに恥ずかしかったけど、吠えて吠えてのトップアウト。←時間の関係で終了点までは行ってないけど、ムーブは完成してる。はず。

恐い、とにかくランナウト間で繰り出すボルダームーブが強度高くてド必死!!!

しかも、陽向きの加減から、朝の3時間くらいしかトライできる時間が無い‥
あさいちで、出だしっから、足の切れる ラ〜〜〜〜ンジ!! 
って‥‥

心にも身体にも負荷が高いのよ〜〜〜、ヒーーーー!!(涙)(爆笑)

そんなこんなの魂のムーブ解決を行ったユカジラは、前腕死亡‥
何箇所か肝になるムーブが右手のゲキ保持と、ゲキ1本指(笑)なので、今日登ったら‥‥

前腕のスジに危険な か・ほ・り‥‥ (笑)

と言う訳でレストせざるを得ない。

う〜〜〜〜ん、登りたい!!が、どう考えても、ただダラダラトライするだけになりそうなので、無念のレスト。
いや、前向きなレスト。

やるなら本気で、ムーブが出来た以上つなげる為の良いトライをしたいからな。


このエリアにいるクライマーがみんな強すぎて、8bぐらいで、ヒーヒー言ってる自分が情けなくなって、頑張らないと、頑張らないと、と思うけど、
13dなんだよ、実際は。

雰囲気的にも自分の思い違い?(笑)的にも、12d位でヘロヘロになっていると、平気で勘違いしているところが問題なんだが、1日登って翌日レストしなきゃならない感じは、至って普通かとも思う。

今回のパートナーはもう2か月登り込んでるので、それと同じペースで登るのも実際厳しい‥しかもたかやくんは20代‥(笑)
自分で言うのもなんだけど、頑張れてる方でしょ、自分、、、
と言う訳で、今日は1人お留守番レストでアパートでだらだら(笑)

s-16924025_990427441057166_1478593876_n.jpg


クライミング歴、本気のマジで登り続けて33年とちょっと‥

酸いも甘いも知った気になっていたけれど、まだまだ解っていない事、解った気になっていたけど、知る由もなかったそれから先の事‥

長く本気で取り組んでいれば、生涯勉強、学ぶことは途切れなくあるもんだなぁ、、、、と心から感じさせられる。


あ‘‘あ‘‘あ‘‘‘‘‘−−−−−−!!!(笑)


今回はそんなツアー。

難しい、、、本当に厳しいこのエリアでのクライミングに現実を感じながら過ごしている。

あ、決してシリアスな、誰かが心配するようなメンタルでもなく、素のままにあるがままの自分を感じているだけなので、心配無用(笑)

もう、開き直ってから更に、毎日が超 “修行”、 “精神と時の部屋” に居る自分を楽しんでもいる。

わが身の弱さ、持っているものがまだまだ小っさくって、世界が広すぎて‥‥(苦笑)

思い知らされ、それでも愛してやまないクライミングと言うものの奥の深さに感動もしているし、ここまで知ることが出来るほどクライミングを本気で続けられている人生に乾杯!!!って気分でもある(笑)

今年、もう一度この地で登って良かったと思う。

去年、日本を出てから帰国までの1か月で、2本の8A+と8Aの3本、たいした回数もかからず登れて、その前年度に登ったルートの下積みからも、意気揚々、次の目標設定を掲げてやってきたけど、イイ感じにトライさせてくれるルートはもうないんだって、今回わかった気がする。

もし今年来なかったら‥‥

来て、自分が登れると思っているはずの難易度でも、ここまで違うって叩きのめされる事がなかったら‥‥

意気揚々のままだったら、イイ気になって、結構っ自分ていけてるジャン!?なんて気になってたかもしれない(苦笑)

9Aとかを普通にトライするようなレベルのクライマーが集うこのエリアでは、同じ数字でも、内容と言うか、まあ、ぶっちゃけ、低いグレード、8台の前半クラスは、9台を登る人たちが付けているグレード、8Aと8Cの違いがあまりわからない(笑)レベルのクライマーが設定しているので、容赦ないと言う世界を感じる事が無かったら‥

つまんない自分になってたかも、、、

まあ、一時的にで、本気でやり続けてればいずれ知る部分でもあるんだけど。


まあ、それはさておいて、自分も、去年ちょっとイイ感じに登れてその感じで行けるかと思いきや、容赦あるルートが終り、容赦ないルートに手を付けて初めて、その差を知ることになったってぇ訳でさぁ(爆笑)

イイことじゃないとは思うけど、高難度を登るクライマーにとって、10台も11台も12台も、大差ない、一言でいえば、‘簡単‘って、あれだな(笑)

くっそう〜〜、そんな言葉、嘯いてみたいぜ!!(爆笑)
いや、いや、インストラクターと言う職業柄、そこはちゃんとわからないとダメよ、ダメダメ〜〜。うふ。




上を、更に自分の限界を超えるクライミングを求めていかなければ見る事の出来なかった世界、自分に都合のいいものだけを拾い集めて、それも嘘じゃないけれど、居心地の良い世界の中だけで、自分はこれくらいは登れるんだ!と言う自負だけで止まってなくて良かったと、苦しいし、辛いし、哀しい部分もあるけど‥良かったんだと思う。

負けを知って、世界を知って、自尊心を打ち砕かれるほどの現実や弱さを知って‥‥

それでもクライミングが好きで、少しでも近づき超えて行きたいたいと思えてる自分には誇りを持とうと思っているから。

敵わない事や、傷つきたくないことから目を逸らして無かったことにするのは簡単かもしれないけど、そんなのイヤだからな〜〜、自分の性格的も無理っ!!(笑)

だから、今出来る精一杯で向かうしかないよね。

うんうん。
そうそう。

と、言う訳で、ロリシャルの核心を突破するためにも、先ずは全ムーブの出来た8b!!つなげたい!!!

キビシそうだぞ〜〜。
時間もないぞ〜〜。

今回の自分史上最高に、、、

盛り上がってきた〜〜〜!!




posted by ユカジラ at 20:46| 日記

2017年02月25日

10日!


こちらに来て、10日たった。

この数日は、今取付いているルートの進展は殆ど無いけど、ロリシャルの核心のヒールを決める動きの、その立ち上がらが1回、出来たような出来てないような‥

s-16910937_990750601024850_883695251_o.jpg

それくらいで、広背筋の筋肉痛と倦怠感で翌日はレストせざるを得なくなっているという哀しい状況‥‥(涙)

アップで12cとか、12d から始まるこのエリアでは、疲労感を引きずっていてもトライできるようなルートは無いので、本気で登りたければ、疲れていたら休むしか選択肢はなくなる。

本気だからこそ我慢我慢のレスト多め。

この数日は日登って1日レストで過ごし、今日もレスト。

いま、わざわざ自分には不可能そうな(苦笑)、、、、

ガツン!としたボルダーの1手ないし、セクションで構成されている2本のルートとロリシャルの3本立てでトライしている。

陽向きも考えて、ケイブの左( Airline 8A )と、右( Codigo Norte 8b )と、真ん中 ( Rollito Sharma 8b+ ) と言う配置で、陽当りや気温を待たなくても、どれかがトライできるって状況を作ってみた‥‥

まあ、そんなにトライできる体力と筋力があれば実に良い戦略なんだけど‥‥

実際は、まだまだ、、、、

ないわ〜〜〜〜〜!!


そげな体力、筋力!!

が現実(爆笑)


今日は、登ろうと思えば登れる感じだったけど、昨日から湿気の多い曇りが続いていて、ヌメヌメのレロレロで頑張り過ぎて、指皮も持って行かれてたので今日は我慢レスト。

明日からはようやく2日登りが出来そうなくらいの体力、筋力が着いてきた気もするので本格始動と行きたいな。

今朝、起きた時にTシャツを着たら、背中と肩まわりがパッツンパッツンでびくった。

筋肉痛で甲羅が腫れ上がってたのか!?

くわばらくわばら。

s-16901751_990427471057163_934156573_n.jpg

夕飯の図。

近年稀にみる、穏やか好青年のたかや君と。

この数日食いまくったわ〜〜〜〜〜〜。

でぶった。

‥‥そこで、偶然、原っさんがFBの“あなたらしい感じ1文字は‥” ってのをやっていて、、、私も見てもらうと、、、

 “豚” だってでたよ???

まじかーーーーー!!!!

posted by ユカジラ at 04:12| 日記

2017年02月22日

開き直ってみた

s-DSCF3104.jpg

画面中央の右上したラインが Rollito Sharma 8b+。


s-P1040183.jpg

何年か前に核心のコルネが欠けて無くなってから、そこのムーブがより距離が遠くなったのだけど、その上のガバまで届かせられるサイズの人には、グレードも何も‥‥あまり変わらないと言う感じらしい。

どチビな私には、ムーブが出来るか否か、、、、と言うくらいの違いとなっている‥‥(苦笑)

世界的にトップクラスで実力はだいぶ違うけど、ほぼ同じ身長の女性でこのルートを登っている人がいるので、そう簡単には諦めるつもりはないけど、きびしい現実を前に途方に暮れる毎日。


今日はほんの1手だけど、出来なかったムーブが出来た‥‥

けど、その中継に使うコルネ部分の掛かりは指先ほんの3mm程度‥‥

なのに、染み出しは一向に納まらずびしょ濡れのままなのが、厳しさに拍車をかけるし、今日出来た1手から先も、多分数手、数足の移動が必要と思われるので、見通しは全然立っていない。とほほ。

もし、ムーブが見つかったとしても、あのコルネが乾かなければ、勝因は無いに等しい。

けど、、、この10日くらい、天気予報に雨マークが無いことを心の糧とし、もしムーブが出来た時に少しでも乾いて来れば‥と言うくらいの想いでやっている。



こちらに来てから、1週間たったのに、ムーブのバラシや出来ない1手の練習しかしていない。

クライミングらしい登りは、毎日朝一でアップする7c の1本だけなので、調子も落ちるし、持久力も無くなっていきそう‥‥

そんな気持ちもあって、今日は、このエリアに初めて来た4年前に取付いてみたものの、核心の1手がこれまた遠すぎて敗退した AIR LINE 8aをトライしてみた。

もう一度トライしたかった想いもあって、並行トライにと始めて見たけど、こちらもリーチがだいぶモノを言う感じで今日は核心で敗退。

ムーブ出来ない(涙)

このルートは“悪い”って聞くし、今回一緒に登ってる179cmの2人でさえ、核心は細かいホールドは使える気がしないからと、一気に取りに行くと言う。

そんな話も聞いて溜息‥‥

私にはだいぶ工夫が必要だろうし、もしかしたら出来ないのかもしれないなぁ‥と言う切ない現実を受け止めながらも、引き続き頑張ってみようと思う(苦笑)

いやはや、しかし、本当に‥‥
ここは世界のトップクラスのクライマーが登る岩場‥

なんとか自分なりに頑張れていたのも去年までだったんだなぁ‥と実感。

今トライしている、ロリシャルより低い難易度で、トライしていないルート、AIR LINE を含めて、8bとか何本か残ってはいるけど、もはやここでは自分のサイズ感的にはグレードは大した意味を持たないと言うのが現実。

難易度が高くても低くても、自分のサイズで出来るか出来ないか‥

当たり前のようなこの部分が真意、そしてそこを見極めることが大きな問題となっている。


s-DSCF3101.jpg


ここにきてから今日まで、本当に‥‥

何とか形にしたい、
何とか登れるように目処を付けたい、
何か自分なりに成果を残せるようなルートはないものか!?

焦って、
気負って、
頑張って、
落ち込んで、
路頭に迷って、、、(苦笑)

そして気づいた。



今回のツアーでは、楽しいクライミングは望めそうにない厳しさだけど、

もうね。

「開きなおった」(爆笑)

s-DSCF3123.jpg

( ↑ 今年もいました!! リンボーーーー!! ちょっとお利口になってた(笑) )


DSCF3120.JPG

( 心の癒しをくれる犬たち(笑) )



今の自分に出来る事を、
毎日同じ1手だけで日々が過ぎようとも、

諦めない、
希望を捨てない、
放棄しない、
今のこの時を、
修行を、


楽しんで過ごそう。

そう思って、(仕方ないので)本気で開き直ったら、ちょっと楽になった(笑)

う〜〜〜〜ん。
人生開き直りって、時には大事よね(笑)



今年、今回のツアーはきっと‥‥

超えなければならない時間なんだと思う。



posted by ユカジラ at 07:22| 日記

2017年02月21日

レスト日

s-DSCF3108.jpg

町のカフェの飼い猫、ローラのお気に入りの場所。


s-DSCF3107.jpg

今年は暖かいから良く見かける。




s-DSCF3110.jpg


s-DSCF3111.jpg

s-DSCF3112.jpg

街並み。



s-DSCF3113.jpg

ヨーロッパは猫が多いので、散歩も楽しい。



犬が好きな人のために、こ奴らも‥(笑)

s-DSCF3099.jpg

岩場には犬ばっかり。
犬と人の数が同じくらいの日もある(笑)





s-DSCF3117.jpg

ブーランジェリーの菓子パンたち。


s-DSCF3116.jpg

人型クッキー。




posted by ユカジラ at 05:05| 日記