2020年06月12日

マスククライミング

PhotoMarker_20200612_122122.jpgルートでマスククライミングはマジ辛い〜(笑)

その昔、心肺機能を上げるために、マスクして走ったりしてたけど、目的もなくマスクして低酸素状況を作るなんて奇特な性格では(たぶん)今はなイッ!

…うっ、、、そうそう、目的はあるんだけどね。ウィルス防御、ウィルスキープっ!ウィルス退散っ!てのが…(笑)

最初はあんまり気にならなかったけど、グレード上げていくにしたがって、“間引きの半紙”状態になって、マジ呼吸困難( >д<)

8000m峰の登山より、ハイパワー出すから死ぬよ、死ぬ気がするよ(笑)


まあ、こういう部分も、登れるんだから文句はないし、その苦しみさえ悦びに変わってるんだけど。←変態なんで…うふ。

んで、何とかして呼吸が楽なマスク、とか、暑くなりにくいの、とか、綿やら麻やらウレタンやら、いっろいーろ、試してみたところ…

なんと、こんなところに伏兵が…

『アベノマスク』!
コイツが最高に良い!

政府の肩を持つ訳ではないが、スカスカのフィット感の無さや、ゴムがゆるゆるなのに本体小さくて、すぐにずれて来る弱っちさや、ロープくわえたら更にズレて取れかかる根性無い感じ…
最高ですよ!

鼻が出てようと、ズレてちゃんとしてなかろうと、ここは何てったって!政府公認のマスク!


文句のあるやつは反乱者じゃ!
控えおろ〜!
水戸黄門様じゃ〜!
的な強気になれるのも良い!(笑)

どこのどんなマスクより登り易く、私が発見したのに、内輪では取り合いまで勃発(笑)

ルートの時は必需品となり、洗っては使い、使っては洗いしている。

たった2回で、もう寿命!?って感じにへたれた…(涙)

いらなーい、とか、だサーい(それは認める)とか言って、ないがしろにしてる人、私にください!(笑)

喉から手が出るほど?
強奪したくなるほど?に、愛用中。
ボルダーの時は勿体なくて使えないくらいです(笑)

常々、あのマスクは何も悪いことしてないのに、全然皆に喜ばれないし、作った人や運んでくれた人が可哀想だなぁ…って思ってた。

けど、私にはとても役立ってるぞ〜!と、言って上げたい(笑)

いやマジ、良いと思う。

withコロナ
withマスク
withルート!( *´艸`)

しなくて良いならなおいいけどね〜ぷぷ。>^_^<
posted by ユカジラ at 13:35| 日記

2020年06月09日

やっぱりルート?


パン2再開してから4回目のルート(^-^)/

持久力と言うか、ルートの感覚にはもう馴染んできたので、12Dのトライ、スタート。

12Cまでとはあからさまに難易度が上がる不思議は、昔と変わらず(笑)

難しい!
強度高い!
楽しい!

12Cまでは、去年までのルートより易しく感じたけど、キター!と言う感じ(笑)

早く岩場で登りたいけど、立場的にももう少し我慢。

どうせもうすぐ梅雨だし、シーズンも終わりだから、徹底的にジムで頑張るときかな。

自粛期間のトレーニングが効いてるかの腕試し!


https://www.instagram.com/p/CBNmdomjrY-/?igshid=11xwt5x40yd96
posted by ユカジラ at 20:27| 日記

2020年05月31日

私は幸せだ?!

20200531_174951.jpg今日は、プロジェクトでのボルダーと、パン2でのルートのダブルヘッダー!(笑)


プロジェクトは、予約制の3時間で、ずいぶん前に予約してた分。

そして、いきなりフライング再開(笑)のパン2には、なにフライングしてんだよ!?(笑)と、思いたって夕方遅くからフラっと登りに行った。

閉店間際までの3時間、ルートやるにしては短い時間だったけど、会員のなせる技とでも言いましょうか(笑)少しでもルート登りたい!と言うことで。


新しくなってたツナミと一反木綿狙い。がルル。

プロジェクトでバリバリボルダーしてきた後なのでアップの必要もなかったけど、11Aと11Bでルートの感覚を思い出しながらアップ。


その後12A(黒)をトライしたけど、ハリボテ有りなルールをすっかり忘れてて、独り限定の凶悪ムーヴ、ルーフでスタンス持ちながら(笑)切り抜け、呼吸困難になりそうなマスクレストで粘りに粘るも…最終面のあと5手のところで笑えるくらい指が開いて、はらほろひれはら…って落ち方で死亡しました…無念なり(苦笑)

そのあと少しレストして、ハリボテ使う正解ムーヴで登ったら全然簡単だった…(爆笑)


今日は死ぬほどパンプしたかったので、もう1本の12A(緑)もトライ。

こちらはオンサイト。

最後の方、パンプがヤバくて、蟹型のレスト(肘上がってる)しまくりだったけど(笑)


ダウンに11Aで、ルート6本、7トライ。

最後に、ワークアウトの懸垂と腕立て伏せで、3時間半の楽しいクライミングでした。


2ヶ月ぶりのルート、筋トレ、持久力トレ頑張ってたお陰か、パンプしたけど、この感じなら元に戻れるのも、まあまあ早いかな?


何はともあれ、、、、

ルート好きっ!

死ぬほど幸せだ〜! #ルートクライミング

#パンプ2

#プロジェクトでのボルダーは岩場感高くて面白い

#社長とお達者クラブ

#登れる幸せ

posted by ユカジラ at 21:14| 日記

2020年05月27日

貰った時間の中で

先日、緊急事態宣言が解除され、色々な事が動きだし始めている。

これからもいろいろあるのだろうけど、なんとなく空気とか、音とか、毎日同じく刻んているはずの時にさえも活気を感じ、ウキウキ、さわさわ、弾んでいるよう…嬉しいなぁ。

なんとなく、神奈川の成績?が思わしくなく「こりゃ、目安に届いてないから、無理かぁぁぁーーー!!!」と、6月までは続くと思っていたので、「ええ、いいの??」と、言う、なし崩し感が否めない(笑)感じだが、願ってやまなかった日々に、少しずつ戻ってきている様子だ。

自粛中は、自分でも意外なほど、自宅に居てもそれほど苦痛ではなかったし、昔っから、「切り替えが早いね、あんた」と言われた来た私は、早々に「こういう機会でもなければ実行し難いと思われる」 壮大な計画を立てて、チョッパヤに始めていた。

その壮大なる計画は、最低2ヵ月は時間が必要な計算だったので、ある意味、緊急事態宣言が解除されるまでの時間との勝負!!って感じで、詰め詰めに進めていたので、ゴールデンウイーク後では完成しない気もしていて、5月一杯まで引き延ばされたことは、私の本音的にはちょうど良かったような気さえしていた(笑)
すまんすまん(笑)

この2ヵ月間、私が取り組んでいたものは、10項目の「フィジカル改造・強化計画」のトレーニング内容を、バランス良く、最低7項目以上ずつ、こなして行くもの。
これが実に時間が掛かる…まあ、ほぼ1日かかる内容でした。

とは言え、さすがに仕事もしてないし、登る事と鍛えること以外に趣味が無いので、良く寝てよく食べて、規則正しい…いや、規則正しすぎた日々に社会復帰が危ぶまれていますが、まあ、スッゲ―――、OWN合宿って感じか、ツアーに行ってる時みたいなもんで、「ツラ楽しい」日々だったことは確かです(笑)

自粛生活が始まってすぐは、いや、すぐにMAXやるからなんですが、身体が対応できず、寝込みそうな疲労感を感じて、「コロナか!?ヤラレたか!?」と不安になるくらい 「くたばった」日もあったし、キャンパやダイノを攻めすぎて、指皮裂けたり、手首を半パキリしたり、と、普通にジムや岩場で登ってる方が、身体も楽で疲れないくらいの状況でしたよ、マジに…

良く対応して、やりきって来れたと、我が事ながら、キモいくらい(笑)あっぱれ!な取り組みが出来ました。

もともと、ひとつの勝負を自分に課した感じもあって、この時期(自粛期間)が過ぎた時、その時期の出来る事を最大限やって来た、と胸を張ってその日を迎える!がテーマでもありました。

3年も前の事になるけれど、肩の手術後、リハビリ期間中にひたすらに手を抜かず、出来る事…と言うよりそれ以上、ギリギリのギリ!を最大限やっていました。
その想いの先には、「医師の許可が出て登って良い」となった時に、最善の自分でクライミングの1手を出したかったからでした。
今回もそれと同じ(笑)


誰が見ている訳でもなければ、何かと競うためでもない。
自分との向き合いであり、闘い。
もう、もう、なんでいっつも闘いたいのかしら?自分…
生きる時代が間違ってた〜〜、ザ、ザ、残念っ!!


でも、本当に充実した日々だった、とは思うなぁ〜〜。
コロナへの不安や、世への不満、文句にあら捜し…無縁の事だった。
それだけでも随分幸せかとも思う。

苦しいとき(トレーニングがハード過ぎて)もあったけど、来年の2月?のスペイン、自身の生涯目標を達成するためにも必要な時間だったし、そのチャンスの1つがこの期間だったんだとも思っている。

そういう意味では、この時間が貰えた事には超絶感謝。
アンラッキーをラッキーに、私は変えれた!

でも、さすがに疲れた(身体が)!!(笑)


2ヵ月の中で、完全レストをした日、いや、せざるを得ないくらい疲労がたまって休んだ日は3日でした。
死ぬか、故障しなくてよかった…ふう〜〜…セーフっ!!

と言うわけで、私の「特別フィジカルアップ事態宣言」も、ひとまず終了。(あ、5月31日まで計画通り続けます)



Photo Marker_20200527_180224.jpg

そう!!

地球は回る!
未来は続く!!

だから私は、私に負けないように、ここにいたい!!








Photo Marker_20200527_174808.jpg


神奈川県にはさぁ〜〜、、、これからに時期に適した岩場が無いんだよ…( ;∀;)

暫く、この肉肉しくなった身体と、魂の雄たけびは、ジムに向けられるのであった…

早く、ジムでもいい!

ルート登り、たあぁぁぁーーーーい!!!!!!






※今日は、町田ノボロックへ。
舳先の右面、強傾斜エリアの茶色テープ2級8本の全制覇狙うも、赤ホールド課題惜しくも完登ならずでした。くそぅ。
もう少し時間があったらと思いつつも、3時間の時間制限は、だらだら登る事の抑制や集中に良い効果を感じます。

動画の黒ホールドも良い課題でした。



posted by ユカジラ at 21:53| 日記

2020年05月13日

これからのクライミング、これからのスタンス

20191014_183909.jpg自粛が延長される地域、解除される地域、これから少しずつ動き始める人、引き続き自粛する人、それぞれの想いや考えから、まわりを称賛したり批判したり…

いろいろな事がまだまだ続くんだろうなぁ…( ´ー`)フゥー...


明日、5月14日は私にとっては大切な日、フオーティーン!の日なんで、心穏やかに過ごしたいな…(笑)


良く耳にした「みんなで頑張る」のも、とても良い事だとは思うけど、ここにはとて〜も気持ち悪い何かを感じてしまってもいたし、個人的にはちょっと大好きになれない言葉なんだよね(笑)

挙げ足取りするつもりはないから、わかるっちゃ解るんで良いんだけど。



本質を誤魔化したり、大切なことからは都合良く逃げたり、保険を掛けてる?みたいな事、良いこと悪いこと含めて、まわりが何してようと、そこへの意識向けより、私にとっては善くも悪くも人は人、自分は自分というスタンスで居た期間でもありました。


コロナにかかったら日々の小さな自由を失うどころか、すげぇ厳しい病気になり、すげぇ大変な訳で…
かからないよう、移さないようにするのは当たり前…これがいちばん重要ポイントってことを忘れないように。


そしてそれは、みんなで徒党を組んでなくても出来る、というか、むしろ個人個人が自分の強い意思で、何が大切で何を何のためにそうするのかを考えて行動してなければ、根本的には意味無くね?っていう感じもしてた。


「なんとなくそういうものなのかな?」とか、「良く解んないけど皆そう言ってるから「まわりがやってるから」、つう、“なんとなく星人”が、なんとなく過剰に我慢したり、無理しすぎるから、今流行りの?「自粛警察」だっけ?監視や攻撃が始まるんじゃないかな?とも思ってた。

ああぁ、、、、
くだらない。


どんなことも、自分の意思や信念でやってれば、不平も不満も嫉妬も出てこないように思うけど、人の事ばかりをあーだらこーだら…変なの。やれやれ。┐(´д`)┌


世の中にも、必ず「20%の蟻」は居るわけで、こいつらを、それぞれの正義を振りかざして痛い目に会わせて排除したとしても、減った分、また20%の蟻的な役割を持つモノは生まれるんだと思う。


だから、そこを攻撃したり、ダメな奴らが世の中を悪くしてる!って言ったって、時間の無駄な使い方のような気がする。


私は常々、そういう人たちがいるお陰で、自らの行動を省みたり、そんな風になりたくないと思うから、折に触れる度に襟を正してちゃんとしなきゃって考えるし、良い時間だと思って活用させてもらってる(笑)
蟻だけにありがたい!!


目に見えないもの、未知なものへの恐怖が冷静さを失わせるなら、クライマーなら、そこは得意分野なはずなので、ある意味見せ所ではないかと思うし。


巨大な岩壁へ向かうとき。
オンサイトトライの時。
初めての8000メートル峰、新しい高度へ向かう時。
一手一歩を出すのは自分。


自分の責任の中で決めて“出す”いろいろ…
それらの重みを意識すること、自分以外の何にも、それらのせいにしない事が自己責任なんだとも。


すぐにチータースティック使っちゃう人、先ず動画でムーブ確認しちゃうような?クライマーには難しいことなのかもしれないけど(笑)←炎上発言(笑)



何かを切っ掛けに違う方向に行ってしまうフォース、誰かひとりでも「掟」的な、皆が「勝手に暗黙の了解」、と思ってることから外れたら、攻撃したり、陰口を叩いたり…


もしくは皆で、ズルいからとか皆がやるなら、と、掌を返すような真逆の方向へ走り出さないような、ひとりひとりに、意思のある自立した未来だと良いなぁ。


posted by ユカジラ at 09:03| 日記

2020年04月21日

強くなろう


ニュースで、ランニング人口が増えて三密を作っていることが問題だ…と言ってた。

コロナ禍の中、日々ダメな事が増えて、全世界の皆さんがそうだろうけど、大切な事なんだけど、その大切なことがちょっとずつ形を変えてしまうことも多くて…なんだかなぁ…と、せつなく感じた。

SNS系もそうだけど、なるべく避けよう、とか、こういう状況はこういうふうになるから気をつけよう、とか、そういう概念で自粛しよう、だったはずなのに、どんどんダメダメ攻撃になってきてる感があって息苦しい…

もちろんそういうものばっかりじゃなくて、動物おもしろ動画や、友人たちの写真や動行には心を柔らかくしてくれるものも多いので、そこは感謝だけど。

今やるべきことは、コロナウィルスにかからないこと、健康保菌者がいる可能性が高いことから、自分は大丈夫と高をくくらず、保菌者って意識で人に移さない努力。

そこに一番必要なことと言われていることのひとつである、三密を避ける…
それぞれが人と人との接触を最低でも8割減らすこと、だよね?

私も、職業柄と日々の生活の欲求が少ないこともあり、今のところ8割減は、日々出来てる感じかなぁ…
今日は、会う人0人。
やればできるもんだね(笑)
そうもいかない日のために貯金出来る日は頑張ろう(笑)

今は、ホント、個人個人での闘いなんだと思う。

人が人を監視したり、有り余った体力の放出のために、重箱の隅をつつくようなアラさがしや、魔女狩り的なことに命を燃やすようなことじゃないはずなので、そういうのはやめてほしいな…

たぶん、過剰に我慢を強いてる人には、それぞれの正義の中で、少しでも自分の正義から外れてるものを見つけると文句や非難をしたくなるんだと思うけど…

そんなこんなで、ちょっと前までSNS系から少し離れるようにもしていた。
必要な情報は、1日1回見るニュースで充分だという事実と、ガセネタを見てうかつに精神をザワつかせたくないって言うのもあったんだけど。

で、ランニングの話に戻るけど、マスクしないで走ると、そろそろ極悪非道人みたいに思われたり、また今度は走る行為すらを、やめるべき!!自粛すべき!!とかなりそうだから、実験的に超早朝に走ってみた。

午前3:30。
誰っれ〜〜〜〜〜にも、すれ違わなかった。
これなら良いだろ。

私は今、何としても自身の健康(免疫力を落とさない)のためにも、走ったり、登ったり、ヨガったり…
身体だけじゃなく心の健康に必要と思われることを、周りに迷惑をかけないようにやれる方法や努力をしている。

本当に必要だと思えば、今の世の中の現状にそれほど迷惑やインパクトを与えず出来る事はたくさんあるはずだと思っている。

例えば…
走る事が最大の目的だったら、誰かと群れる必要はないから当然一人で、楽しい必要も気持ちいい必要も、あったらより嬉しいけど、それが許されないなら最初に切り捨てられる部分だから、早起きはツラいけど誰も居ない可能性の高い時間に、今までよりも頑張れるだけ早く走って、時間を短く奪取(ダッシュ(笑))で、みたいな。

頑張って走れば、トレーニング効果も上がるし、トレーニングの概念からは良いことも多い。
今までの向き合い方が、チョロすぎ、アマ過ぎ!な自分を顧みることもできて、これも、自身に対するイイ見直しもになる(笑)


そういう、自分に大切な部分はなんとかしてやる方向で頑張る日々だ。
そうなると結構忙しくて、自分の事で精一杯なのも精神的には良い。

20200421_165505.jpg

その時、与えられた状況の中で出来る事を精一杯。

私のモットーでもある言葉なんだけど、その、本当の頑張りを出来ているか自問自答すれば、未だ、今後の情勢ではわからないけど、今のところは、未だ出来る事、って結構あると思っている。

外に出てはいけない日が来ても、私はきっと走るし、登る。
本当にやりたいことなら、1畳の空間ででも私はやると思えるから。



20200421_165752.jpg

「そんななら、つまんない。やらない」くらいの必要性なら、今はやらなくてもいいはず。

意志があれば、本当に必要な事はおのずと見えてくるとも思うし、やらなきゃやならない「理由」だって、自分の言葉で説明できるはずだと思う。

そもそも、ウィルスにかかれば何にも出来ないどころか命の保証だって無いんだから、考えれば何が大切かわかるでしょ。
周りにも迷惑かける事にもなるし。

過剰な正義より、監視や非難する事より、自分が意志を持って日々を過ごす…
大切のはそこ、と自問自答しながら。

他人の言葉に乗っかって、何かや誰かを非難したり、文句を言ったりする時間を、自分が強くなるために必要なことを考えたら、きっと日々は過ぎると思う。

今は、楽しい部分は我慢しようと私は思っているし、ある意味要らない。
楽しくなくても、走るし登るのは、自分にとって、それが生きるという事だからなんだと思っている。

「0」になるよりマシって言う考え方。
「足るを知る」と言う言葉。

この時代だから見直すいい機会なのかも…とも。

未来は、今と同じじゃなくなる部分が多い事は、きっと事実。
本当の命以外にも、生き残るものはきっとそういうものなのかとも思う。
それはきっと自分では選べない事なんだろうし。

自然界には好影響も多いみたいなのは嬉しい。
そろそろ、こうでもならなかったら守れないものも多くなってしなったんだとも思う。
地球に住まわせてもらっておきながら情けないけど。

最近の私は、この「走る」や「登る」を一番大事なものや、奪われたと思うものに変えて考えれば少しは楽になる事を学んだ。

まあ、私には、そのまんま…
多く望むものは無いんだけど(笑)


P1260322.JPG

またいつか、世界の岩を登りに行けますように!!
その時までに、もっともっと強くなっておきたいな。




posted by ユカジラ at 17:49| 日記

2020年04月10日

自宅トレーニングのアドバイスしています。

Screenshot_20200410-092104_AmazonPhotos.jpg











自粛要請が続く中、皆さん元気でしょうか?

「遠藤由加クライミングススクール」では、生徒さん達に自宅でできるトレーニング方法を各自の要望(股関節を柔らかくしたい、体幹を鍛えたい等、何でもOK)を、個別にみっちりアドバイスしています。

もうね、時間ありすぎて(笑)ガンガン自宅トレ!
トレーニングのお裾分けですよ!(笑)

動きが解りやすいように動画や写真を添付、ポイントを解説しながら行っています。
LINE、Messenger等でお気軽にご連絡ください!

身体や筋力を変えるにはある程度の時間が必要。
基礎体力を高めるチャンスは今でしょ!

これを期に徹底的に頑張るって、いいじゃ〜ん️(笑)


追記::

20日迄としておいたスクールの再開は、現状では自粛要請が終わるまでの無期限と変更させていただきます。
ご不便、ご迷惑をおかけしますがご了承ください。
posted by ユカジラ at 09:45| 日記

2020年04月02日

いろんな想いの徒然なる日々

なんだか、いろんなことが続き激動の?日々。

春もすぐそこにいて、いろんなことが始まったり、待ちに待った季節でもあり気持ちも穏やかなはずなのに、気付けば、桜さえゆっくり愛でる間もなく散ってしまいそう…

まあ、自分だけじゃないので、ここはみんなで力を合わせて頑張るとこなんだろうなぁ…と思う。

コビット君が猛威を奮い、その深刻さをより深く認識しないと、と、予定していた合宿を中止にして、色々自粛方向にしている。

自営業、ひとり親方的な立場の人間、日銭で生きているような業種の人達は、本当に厳しい状況になるし、今後の見通しも明らかじゃないので、ドキドキ感が半端ない…(苦笑)

でも、今は、自分の目先の安心より選ばなきゃならないものがあるように思っていて、私のスクールでは、縮小方向で進めることにした。

本当は完全に自粛すべきなんだろうけど、そうもいかず、なかなか自分でも根性ねぇなぁ…と思いながら。


まあ、こういう時は、こう考えるようにしようと思ってる。

苦しいのは、当然自分だけじゃない。
仕事したいのは、きっと多くの人が同じ。
目先のモノより、もっと先のモノを考えて、今の苦難こそが成長、そして向上につながる、と。

こんなこと言ってられるの?あの時期はまだよかった、と言う今後が無いわけじゃないって言う “そもそも論” もあるし…。



思い起こせば、東日本大震災の時だって、長い間仕事どころではなかったし、仕事やクライミングが普通に出来てた日々が当たり前の事じゃないって事は、それ以外でだって何度も経験してきてる。

延いては、もっと個人的な困難だって全部乗り越えて来たんだから、きっとなんとかなる、と、穏やかな心持で、やれることやって平常心でいることが強さだとも思う。

“楽観視”的な事はある意味大事とも思うけ、勝手に自由気ままにふるまう事じゃないよ、って言ってあげたい行動の人も多いから、なんだかなぁ…って感じることもあるけどね(笑)

こういう時に、ホント、人間性が問われるとも思う。

“自由”の意味をはき違えてる人達には、自由ほど、“確固たる意志の下、自分で決めたルールのもとにある”事を認識してほしいと思う。


自分だけはきっと問題なく行ける。
自分は厳しい立場だから許される。
自分1人くらいはいいや。

が高じすぎるのはねぇ…(笑)
解らないでもないし、自分もそういう部分はないとは言えないけど。

まあ、偉そうな事を言う気もないし、自分で引いた線の中で臨機応変に、常に自問自答しながら、自分もやれそうなことはやるし岩場にも行く。

ただ、正当化した気にならないようにはしようとは思ってる。


皆で少しづつ頑張って、1日でも早い終息を願うばかりです。




保さんの追悼文を書いていた時に出て来た懐かしい写真。
サルディニア、ホテルスプラモンテ。

s-DSC_1111.jpg


s-DSC_0628.jpg



s-DSC_1115.jpg


ああ、平和ってステキ!
海外ツアーに、また行ける日が来る時まで、やるべきことをしっかりやろう。

皆も頑張ろうね!!!





posted by ユカジラ at 10:19| 日記

2020年03月28日

花崗岩の洗礼

目標に向けてやらなきゃならないトレーニングが目白押しで、のんびりまったり登る事を忘れていた珍獣ユカジラです。

たまにはガツガツ登らないで過ごすクライミングも、って事で、ゆかいな仲間たちと、今シーズン初、ひっさしぶりの花崗岩ボルダーは、瑞牆山へ行ってきた(*^_^*)


まだ、ゲートが開いて無いので下から歩いたけど、雪もゼンゼン無くて楽勝でした。

line_173999244989038.jpg

仲間たちが行きたいエリアをまわりながら、のんびりまったり、自然の中で癒された〜〜ハート




line_173988836892011.jpg

新しいトポが出来る前までは「ちんあなご」って呼ばれてた課題は、本当にちんあなご的な形で、なぜいっそ「ちんあなご」にならなかったんだろう??という疑問ばかりが気になって、結局、正式名称は忘れてるという……(笑)

この課題は、動きのポジションが花崗岩ぽくなくて、すごく簡単に感じた。
まあ3級だけど。

あさイチ、アップ殆どなし(こいつがアップのつもりだったので)のゴキゴキの腰のまま乗越したマントルには、濃いコーヒーよりも目が覚めたけどね(笑)

そのエリアで何か他の課題もトライすればよかったんだけど、大昔、指先ちぎれて登れなかった「倶利伽羅」をトライしたくて、午前中いっぱい、仲間たちの完登を応援しながら過ごした。


午後になって二ノ谷に移動して、「倶利伽羅」をトライし始めたものの出だしがゼンゼン出来ない!!!

かなり前の、まだそれほどボルダーをボルダーとしてやって無かったころ、ン?変な日本語だな(笑)
ルートのトレーニング的な感じで、その日に登れるくらいの課題を選ぶか、登れなくてもそこまで、って感じで登ってた頃でも、あと1手で登れそう、と言うくらいまでは出来てた記憶があったので、出だしの出来なさ具合に、ん・・・??

ん??

んんんん????

絶対なんかおかしい!!

と言う事で、ちょっと調べてみたら…

去年の5月に、出だしのホールド欠けてるやーーーーーん!!!

良く見ると、取り付き近くに、ガッツリはまるパズルのピース的なフレークが数個落ちてた…( ;∀;)

……
と言う事で敗退。


line_173929863388023.jpg

シーズン最初で、苔やら松葉ヤロウが積もってるのを、皆に手伝ってもらって掃除したのにぃ〜〜!!きーーー!!




line_173985106381127.jpg

岩の上で呆然のユカジラ。
うーーーむ、、、無駄に保持を使って終了(笑)




その後は、目標を失ってうろうろ…

とりあえず皆のお目当ての「カラクリ」を応援。

この課題、昔1ゲキしていてすごく簡単だった記憶があったので、「もういっかい登るかなぁ〜」とか、の賜わってトライしたら、なんも出来なかったという、老人にありがちな「アレ」になっちまったよ!!!!!(苦笑)

いや、ほんと、今の私は現役で、まだまだ向上してるつもりだったけど、認識を覆される、大ガッカリでした、(;´д`)トホホ。


昔の私が強かったのか、今が弱くなったのか、ダブルの効果でもう終わった人って事なのか、本気で夢見てたのか、認知症か!?ってくらいの驚愕の出来なさっぷりにはもう安楽〇か!?って気分でした…(;´д`)トホホ

これからの人生恐いわ。まじに( ;∀;)

この話を、友人にしたら、肩の手術で可動域も落ちてるんだよ、とか、指の変形も影響してるんだよ、とか、一撃してるからこその安易な気持ちだとそんなもんだよ、とか、花崗岩は慣れもあるし、とか、、、慰めにならない慰めをくれたけど(笑)久々に恐怖体験になった1日(笑)

まじ、過去に登れてるものも、もう一度トライした方が良いな、って思った。

ああああ、、、くわばらくわばら。












posted by ユカジラ at 21:46| 日記

2020年03月17日

20200317_124303.jpg
やっと少しずつ元気が出てきた。

自身の活動も仕事もblogもインスタも、なんだか止まったまま進む要素すら見つからなかったし、見つける必要すら感じなかった。

登っていても何してても、ちっとも力の出ない感じの日々だったけど、昨日は久しぶりに古い友人が、とても“らしい”生き方とクライミングを続けていて…
こんなときだったからなのかな?、また昔のように身近に過ごせたし、何年たっても、いつも近くにいなくても、変わらないものはたくさんあるとしっとり思えて、とても楽しかった。

私達は、自分次第で簡単に過去にも現在にも、そして、未来にも行けるんだと思い出させて貰えた1日になった。

昨日は真冬のような天候で、薄日が射したりもしたけど、ほぼほぼ吹雪(苦笑)だったり、回りの山は真っ白で、ビジュアル的にも、フリークライミングに来てるんだか、あの懐かしい(笑)冬壁に来てるんだか解らないくらいの天候でした。

寒くて、風が芯まで差し込むような状態だったけど、そんな染み入る寒さが懐かしいような、前へ進める力になるような気持ちにさせてくれ、久しぶりに、すごく楽しかった。

岩っていいな、やっぱ岩なんだよ…って、当たり前のことすら染みた(笑)


世の中もいろいろ大変で、きっと何かの提示なんだろうな、と、思うとともに、私も、自身のまわりに起こることの総てには意味があり、そこにある大切なひとつひとつを見過ごさないように進もうと思いました。

行くぜ。
どこまでも!
posted by ユカジラ at 13:06| 日記