2020年04月10日

自宅トレーニングのアドバイスしています。

Screenshot_20200410-092104_AmazonPhotos.jpg











自粛要請が続く中、皆さん元気でしょうか?

「遠藤由加クライミングススクール」では、生徒さん達に自宅でできるトレーニング方法を各自の要望(股関節を柔らかくしたい、体幹を鍛えたい等、何でもOK)を、個別にみっちりアドバイスしています。

もうね、時間ありすぎて(笑)ガンガン自宅トレ!
トレーニングのお裾分けですよ!(笑)

動きが解りやすいように動画や写真を添付、ポイントを解説しながら行っています。
LINE、Messenger等でお気軽にご連絡ください!

身体や筋力を変えるにはある程度の時間が必要。
基礎体力を高めるチャンスは今でしょ!

これを期に徹底的に頑張るって、いいじゃ〜ん️(笑)


追記::

20日迄としておいたスクールの再開は、現状では自粛要請が終わるまでの無期限と変更させていただきます。
ご不便、ご迷惑をおかけしますがご了承ください。
posted by ユカジラ at 09:45| 日記

2020年04月02日

いろんな想いの徒然なる日々

なんだか、いろんなことが続き激動の?日々。

春もすぐそこにいて、いろんなことが始まったり、待ちに待った季節でもあり気持ちも穏やかなはずなのに、気付けば、桜さえゆっくり愛でる間もなく散ってしまいそう…

まあ、自分だけじゃないので、ここはみんなで力を合わせて頑張るとこなんだろうなぁ…と思う。

コビット君が猛威を奮い、その深刻さをより深く認識しないと、と、予定していた合宿を中止にして、色々自粛方向にしている。

自営業、ひとり親方的な立場の人間、日銭で生きているような業種の人達は、本当に厳しい状況になるし、今後の見通しも明らかじゃないので、ドキドキ感が半端ない…(苦笑)

でも、今は、自分の目先の安心より選ばなきゃならないものがあるように思っていて、私のスクールでは、縮小方向で進めることにした。

本当は完全に自粛すべきなんだろうけど、そうもいかず、なかなか自分でも根性ねぇなぁ…と思いながら。


まあ、こういう時は、こう考えるようにしようと思ってる。

苦しいのは、当然自分だけじゃない。
仕事したいのは、きっと多くの人が同じ。
目先のモノより、もっと先のモノを考えて、今の苦難こそが成長、そして向上につながる、と。

こんなこと言ってられるの?あの時期はまだよかった、と言う今後が無いわけじゃないって言う “そもそも論” もあるし…。



思い起こせば、東日本大震災の時だって、長い間仕事どころではなかったし、仕事やクライミングが普通に出来てた日々が当たり前の事じゃないって事は、それ以外でだって何度も経験してきてる。

延いては、もっと個人的な困難だって全部乗り越えて来たんだから、きっとなんとかなる、と、穏やかな心持で、やれることやって平常心でいることが強さだとも思う。

“楽観視”的な事はある意味大事とも思うけ、勝手に自由気ままにふるまう事じゃないよ、って言ってあげたい行動の人も多いから、なんだかなぁ…って感じることもあるけどね(笑)

こういう時に、ホント、人間性が問われるとも思う。

“自由”の意味をはき違えてる人達には、自由ほど、“確固たる意志の下、自分で決めたルールのもとにある”事を認識してほしいと思う。


自分だけはきっと問題なく行ける。
自分は厳しい立場だから許される。
自分1人くらいはいいや。

が高じすぎるのはねぇ…(笑)
解らないでもないし、自分もそういう部分はないとは言えないけど。

まあ、偉そうな事を言う気もないし、自分で引いた線の中で臨機応変に、常に自問自答しながら、自分もやれそうなことはやるし岩場にも行く。

ただ、正当化した気にならないようにはしようとは思ってる。


皆で少しづつ頑張って、1日でも早い終息を願うばかりです。




保さんの追悼文を書いていた時に出て来た懐かしい写真。
サルディニア、ホテルスプラモンテ。

s-DSC_1111.jpg


s-DSC_0628.jpg



s-DSC_1115.jpg


ああ、平和ってステキ!
海外ツアーに、また行ける日が来る時まで、やるべきことをしっかりやろう。

皆も頑張ろうね!!!





posted by ユカジラ at 10:19| 日記

2020年03月28日

花崗岩の洗礼

目標に向けてやらなきゃならないトレーニングが目白押しで、のんびりまったり登る事を忘れていた珍獣ユカジラです。

たまにはガツガツ登らないで過ごすクライミングも、って事で、ゆかいな仲間たちと、今シーズン初、ひっさしぶりの花崗岩ボルダーは、瑞牆山へ行ってきた(*^_^*)


まだ、ゲートが開いて無いので下から歩いたけど、雪もゼンゼン無くて楽勝でした。

line_173999244989038.jpg

仲間たちが行きたいエリアをまわりながら、のんびりまったり、自然の中で癒された〜〜ハート




line_173988836892011.jpg

新しいトポが出来る前までは「ちんあなご」って呼ばれてた課題は、本当にちんあなご的な形で、なぜいっそ「ちんあなご」にならなかったんだろう??という疑問ばかりが気になって、結局、正式名称は忘れてるという……(笑)

この課題は、動きのポジションが花崗岩ぽくなくて、すごく簡単に感じた。
まあ3級だけど。

あさイチ、アップ殆どなし(こいつがアップのつもりだったので)のゴキゴキの腰のまま乗越したマントルには、濃いコーヒーよりも目が覚めたけどね(笑)

そのエリアで何か他の課題もトライすればよかったんだけど、大昔、指先ちぎれて登れなかった「倶利伽羅」をトライしたくて、午前中いっぱい、仲間たちの完登を応援しながら過ごした。


午後になって二ノ谷に移動して、「倶利伽羅」をトライし始めたものの出だしがゼンゼン出来ない!!!

かなり前の、まだそれほどボルダーをボルダーとしてやって無かったころ、ン?変な日本語だな(笑)
ルートのトレーニング的な感じで、その日に登れるくらいの課題を選ぶか、登れなくてもそこまで、って感じで登ってた頃でも、あと1手で登れそう、と言うくらいまでは出来てた記憶があったので、出だしの出来なさ具合に、ん・・・??

ん??

んんんん????

絶対なんかおかしい!!

と言う事で、ちょっと調べてみたら…

去年の5月に、出だしのホールド欠けてるやーーーーーん!!!

良く見ると、取り付き近くに、ガッツリはまるパズルのピース的なフレークが数個落ちてた…( ;∀;)

……
と言う事で敗退。


line_173929863388023.jpg

シーズン最初で、苔やら松葉ヤロウが積もってるのを、皆に手伝ってもらって掃除したのにぃ〜〜!!きーーー!!




line_173985106381127.jpg

岩の上で呆然のユカジラ。
うーーーむ、、、無駄に保持を使って終了(笑)




その後は、目標を失ってうろうろ…

とりあえず皆のお目当ての「カラクリ」を応援。

この課題、昔1ゲキしていてすごく簡単だった記憶があったので、「もういっかい登るかなぁ〜」とか、の賜わってトライしたら、なんも出来なかったという、老人にありがちな「アレ」になっちまったよ!!!!!(苦笑)

いや、ほんと、今の私は現役で、まだまだ向上してるつもりだったけど、認識を覆される、大ガッカリでした、(;´д`)トホホ。


昔の私が強かったのか、今が弱くなったのか、ダブルの効果でもう終わった人って事なのか、本気で夢見てたのか、認知症か!?ってくらいの驚愕の出来なさっぷりにはもう安楽〇か!?って気分でした…(;´д`)トホホ

これからの人生恐いわ。まじに( ;∀;)

この話を、友人にしたら、肩の手術で可動域も落ちてるんだよ、とか、指の変形も影響してるんだよ、とか、一撃してるからこその安易な気持ちだとそんなもんだよ、とか、花崗岩は慣れもあるし、とか、、、慰めにならない慰めをくれたけど(笑)久々に恐怖体験になった1日(笑)

まじ、過去に登れてるものも、もう一度トライした方が良いな、って思った。

ああああ、、、くわばらくわばら。












posted by ユカジラ at 21:46| 日記

2020年03月17日

20200317_124303.jpg
やっと少しずつ元気が出てきた。

自身の活動も仕事もblogもインスタも、なんだか止まったまま進む要素すら見つからなかったし、見つける必要すら感じなかった。

登っていても何してても、ちっとも力の出ない感じの日々だったけど、昨日は久しぶりに古い友人が、とても“らしい”生き方とクライミングを続けていて…
こんなときだったからなのかな?、また昔のように身近に過ごせたし、何年たっても、いつも近くにいなくても、変わらないものはたくさんあるとしっとり思えて、とても楽しかった。

私達は、自分次第で簡単に過去にも現在にも、そして、未来にも行けるんだと思い出させて貰えた1日になった。

昨日は真冬のような天候で、薄日が射したりもしたけど、ほぼほぼ吹雪(苦笑)だったり、回りの山は真っ白で、ビジュアル的にも、フリークライミングに来てるんだか、あの懐かしい(笑)冬壁に来てるんだか解らないくらいの天候でした。

寒くて、風が芯まで差し込むような状態だったけど、そんな染み入る寒さが懐かしいような、前へ進める力になるような気持ちにさせてくれ、久しぶりに、すごく楽しかった。

岩っていいな、やっぱ岩なんだよ…って、当たり前のことすら染みた(笑)


世の中もいろいろ大変で、きっと何かの提示なんだろうな、と、思うとともに、私も、自身のまわりに起こることの総てには意味があり、そこにある大切なひとつひとつを見過ごさないように進もうと思いました。

行くぜ。
どこまでも!
posted by ユカジラ at 13:06| 日記

2020年02月20日

今日が最終日!!

……

なのですが、、、、

何と!!

ぎっくり腰になり、今日と言う日はありません…

ガーーーん!!( ;∀;)


それほど酷くはない??ようで、一応ゆっくりなら歩ける?

昨夜は、寝返りどころか、横たわるのも激痛で大変でしたが、最終日!
原っさんのビレーに行ってきます!



昨日、FISH EYEの復帰したものの、ムーブ確認の1トライと、De Picos Pardos 8b 45m をトライして、その後死にました……(涙)

くぅぅ…無念です。


ユカジラの魂は、オリアナの天に召されました。

87176749_484843872202814_4743795651924459520_n.jpg




45mのこのルートは楽しく、今日登れる気満々だったのにぃーーー!!!キー――っ!!(笑)

87261717_200432541073012_496790865604247552_n.jpg




以下、遺影をお楽しみください……

84441772_2194886254151763_2524728831974047744_n.jpg

83985143_478029963072856_401159372899614720_n.jpg

さようなら…






s-20200216_192909.jpg
posted by ユカジラ at 16:57| 日記

2020年02月18日

La Marroncita 8b(13d) RP

気温や湿度…状態の悪さに悶々と振り回され、心も身体も調子を落としてきてるかな?と感じて、いったんFISHEYEから離れようと思い、始めたMarroncita、本日完登!!ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

たぶん、6回目くらい。

s-Screenshot_20200217-152625_Photos.jpg

( La Marroncita  8b (5・13d)  37m )




今日は2日目で、疲労もあるかなぁ〜、と思っていたけど、問題ないくらい元気で上手く行きました(^^♪

いつもツアー後半に、追い詰められてくると、ストレスが高じて眠れなくなったり、変な夢を見だしたりで、身体にも良いことない。

“何のために登っているのか”
“目標はあれど好きで好きで堪らないクライミング”

の、

“好き”

を思い出すように最近はしてて、“登りたいからこそ離れる”を実践してみての成果でした。




気負ってないことが、こんなにも自由でノビノビ登れるって、、、、神体験!!(笑)

絶対につなげたる!!!と言う想いももちろん持ってトライしたけど、“独り追い詰め”感のない状態は、持ってる力の総てを自由奔放までに発揮させてくれるという経験をさらに深めてくれた気がします。

今後はこういう心持ちを、本当に追い詰められたときにも、自由自在に出せるようになれると良いな、と思いました。




朝起きて、今日もきっとゲキ暑いと覚悟してアパートを出たんだけど、、、

エリアに近づく道の向こうは、こんな感じ… ↓↓↓↓

s-20200217_103823.jpg

そして、あっという間に、こんな感じに……↓↓↓↓

s-20200217_180531.jpg

エリアはガスの中〜〜〜( ;∀;)


それでも、気負いがないと、「ま、やれることを精一杯」というスタイルで落ち着くし、実際登ってみると、毎回陽がガンガンに射す中でトライしてたこともあり、湿度は60%台後半から70%台と高かったけど頑張れました。


8b、と言うグレードは、なかなかに曲者系が多いので、久しぶりに嬉しいです(笑)

保持系のボルダー3か所と、なんだかわからないけどわるぅ〜〜〜〜い保持系が最後に核心として出てきて…多くのクライマーが最後で降って来るという、嫌らしい内容……

ランナウトがいちいち激しくて(一番長いフォールで8mくらいは平気で落ちる(@_@))ので、マジ死ぬ気で突っ込まなきゃならないことが、今までの私だったら怯んで、落ち慣れすることに時間が掛かったとも思えたけど、FISHEYE効果なのか?今年は筋力も上がってて、コントロールしてる感があるからなのか?ガンガン落ちれたのも、自由な心持からだったのかも(笑)



何はともあれ、Marroncita登ってから、FISHEYE再開!と決めてたので、明日のレスト後、残り2日のクライミングだけど、離脱より復帰です!!


“クライミング楽しい、クライミングが大好き”

この本質と初心を思い出せば、これからも、何があっても、、、、
きっと進んで行ける。

そんな良き1日でした。
posted by ユカジラ at 04:25| 日記

2020年02月17日

冬はいずこへ?


日本からの便りでも、真冬と春が日ごとだったり、西日本と関東の距離感で季節が全然違ってたり、雨がやたら多かったり…

もう、クライミングに適した時期が無くなっちゃいそうで、聞いててコワイ……(>_<)
それ以前に地球がもう末期なんじゃないかって心配になる…

こちらも、毎日、この時期ではありえないくらい?
自分が何度も経験してきた、この時期の気温にしては暖かすぎて(暑すぎて)クライミングにならない…

ガスがかかったり、雲が多い日は気温は涼しいんだけど、湿度が70パーセントくらいまで上がる事が多いので、それはそれで、ギリギリのムーブをこなすには厳しい…

そもそも、普通なら、ガスったり曇れば、気温は4~5℃、ヒドイともっと低くなるのが通常だったのに、今年は、本当に地球の異常を感じる…

早い時間から岩場に居ても、晴れてたら夕方遅く、5時半くらいになって、やっと我慢すればトライ出来そうな状態になるまで待たないとならないんだけど、その時間に全員が、各ルートに集中するので、順番が回ってこないことも多い。

待って待って待って、、、
1日岩場で、待って過ごして1トライ、って哀しい。

寒いくらいで、湿度も低く、陽が少し当たってた2週間前くらいのあの頃、中間の最大の核心が超えれたら、もしかしたらありかも!?
と、、、、思えていた時期が懐かしい…

まだ、FISHEYEはトライしたいとは思ってるけど、より細かいホールドを駆使して、限界グレードなのに難易度上げて立ち向かわなきゃならないのは、この気温と湿度、無風では、私にとっては厳しい(>_<)

それ以上に、せっかくこんなにデカい岩を目の前にして、登らず1日過ごすことが耐えられず、今は一旦戦線離脱。

マロンシータ、と言う8bのトライを始めた。

s-Screenshot_20200217-082530_Photos.jpg

FISHEYEを狙うにはもう時間はないけど、待ちすぎて、調子を落としたり、持久力が落ちるのも問題なので、そこそこ状態が悪くても出来そうなルートで日々を濁してる。

とは言え、、、
マロンシータが易しいわけでもなく、日中の炎天下では細かいホールドが核心なので、結局苦戦を強いられてる。
敵も8b……なかなかムズイ。


残りの日数もあとわずか。

出来る事を頑張ろう。



posted by ユカジラ at 16:57| 日記

2020年02月14日

ラスト1週間

う〜〜〜ん、、、疲れてる…(苦笑)

FB_IMG_1581615985509.jpg

アプローチが、来た頃より遠く急に感じてる辺り、ボディに来てる証拠!?(焦あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)



レスト明けの一昨日、ムーブが決まったので、落ちることを怖がらず手を出していこう!!

あとはつなげるだけだ!!

と、気合十分で挑んだものの、なんか疲れてて、身体が動かなかった…



このタイミングを過ぎるとレストに時間をかけにくくなるので、意を決してレストにした。

翌日が雨予報だったので、まあ、中日はアップとFISHEYEの下部をトライしてしまったけど、ほぼ3日レスト決行。

3日休めば、気怠い感も抜けるかと思ったけど、明けの今日もなんとなく疲れが抜けてない感じだった。

う〜〜〜〜ん、、、これが回復が間に合わない、ってやつか…( ;∀;)


体幹と言うか、背中や腰に疲れが残ってる感じで、日本ではこれ位なら通常で、押し切って登ってるうちにだんだん動けるようになる程度と思うんだけど、私にとってのFISHEYEには、本当に元気でフレッシュじゃないと、余裕がないムーブの連続で、苦し紛れに熟して行っても、どっかで落ちてしまう…


今年は、異常に気温と湿度が高く、状態が悪すぎるのも原因…

去年は、夕方になって日が陰れば、一気に気温が下がりダウンを着ててもシンシンと冷えて、4〜5℃、下山する頃の時間には、車の気温計は2℃くらいまで下がっていたのに、今年は13〜15℃くらいが毎日続いてる。
夜でだよ!?ひどいっす。

私のトライも、何度か良い感じにつながったこともあって、ラストの核心ムーブもテンション後には上手く繋がった日は、気温が低く風も吹いていた時で、行けるんじゃないか!?って気にもなってたくらい上手く動けてた…そんな日もあった。

が、ここ最近は、陽の当たってる早い時間だと、36℃くらいの気温で、湿度も50〜60%と、この時期で経験したことのない暖かさとマッタリ感で、条件に助けられないとギリギリのムーブなだけに、ゼンゼン出来なくなってしまい、嫌なスパイラルに巻き込まれている感じになっている…

今日は、夕方、日陰の気温がいつもより下がったんだけど、湿度が高すぎて、手がずっとヌメヌメしてた。

FB_IMG_1581615820825.jpg

(地球温暖化の影響??今年の夏も、平均気温より、最低でも最高でも10℃近く高かったけど、そのままこの時期まで来てる感じだ…)




FB_IMG_1581615841389.jpg

(毎日、ガスと言うか、湧き立つ雲が湿度を運んで、1日中湿度が高いまま…最初の、壁が濡れてた頃が、実は一番条件は良かった感じで、あのころのような気温と湿度にはお目にかかれていない(;´д`)トホホ。)




それでも、なんとか頑張ろうと、気温や状態を見つつ、待って登ったりしてたけど、現状は結構厳しい。

FB_IMG_1581615923380.jpg

(指に刺激を入れたり… 健ちゃん、今度はこういうの作って〜海外持ち運び用で!!よろしくっ!(笑))



FB_IMG_1581615908464.jpg

(恐怖映像…座敷童に乗っかられながらうなされてたり(笑)←ただのダウンであってほしい(@_@))




残りも1週間になり、今年はここまでなのかなぁ…と意気消沈。

がっかりしていても仕方ないので、何もしないで条件ばかりを待っていても調子すら落ち込んでいくので、今日はFISHEYEを1トライ後は、さらに湿度が上がってガスを孕んだ雲も出て来たので、La MarronCita 8b 37m をトライ。

久しぶりに違うムーブ、初見の楽しさも相まって、ランナウトのゲキ落ちには、「ひゃーーーーーー!!」とか叫んじゃったけど(笑)スッゲ――――、楽しかった!!

ムーブは、FISHEYEで鍛えてあったせいかすぐできたし、足位置や、どういう組み立てになるかで、あれやこれや探ったけど割とすぐに登れそうな気がした。

天気予報を見てても、毎日同じ感じなので、FISHEYEだけにこだわらず、残りの1週間は楽しく登ろうと思った。

今回は、トレーニングの有効性が実に大きいと実感したし、来年に向けてやるべき内容、今年足りなかった部分をトレーニング化できるイメージも持てたので、そこは大きな進歩だと思えた。
死ぬまでに何とか登りたいとは思うし、まだトライは続けるけど…と、気持ちを切り替えてみた。


まあ、なんにせよ、クライマーだもの!

登り切る事をしないと、なんかダメ!

ダメなんですよ!!




FB_IMG_1581615811308.jpg

FB_IMG_1581615802540.jpg

ニャンコ先生もそうだと言っております(笑)






posted by ユカジラ at 04:13 | TrackBack(0) | 日記

2020年02月10日

一喜一憂の日々


生きるか死ぬかの2日レストをやり遂げ、疲労感がイイ感じに抜けた一昨日……


酷かった!!!( ;∀;)

何のためのレストかわかんないくらいの、近年まれにみる不調にビックリを通り越す驚愕の1日。

今まで普通に動けていた部分を含めて、、、、

どこをどう動いても苦しい…
1手取りに行くごとに全力で動かないと届かない…
ガバtoガバで前腕張りまくり…
全ホールドが、!!持ててないっつ!!!
お〜〜〜〜ぅぅ!!(*´Д`)

もうね、半ばやけくそな感じで、

こんなはずはない!
聞いてねっし!!
うっそ〜〜〜〜んん( ;∀;)

と、全精力を駆使してC、正面から見たらヤバいくらいの鬼瓦顔で、持てる全精力を駆使してトップアウトしたもんだから、2日のレストが泡となって消えた気分でした(;´д`)トホホ。

FB_IMG_1581280762134.jpg

2日レストで、超フレッシュなはずが…死亡。
残念っ!!!(笑)



FB_IMG_1581322327418.jpg

指に刺激を入れるのが全く足りてなかったようなので、持ち運び用のバー(外人さんたちは岩場に持ってきて、気に吊るし、放置しているので拝借)で、丁寧に指に刺激を入れてみた後は指、前腕の状態は結構いい感じだった。

長いレストの後は、身体の動き以上に指への刺激は大事だなぁ…と言う事を、頭で理解している以上に身を持って学んだ1日だった。

これが最終日じゃなくてよかった〜〜(´▽`) マジにホッ。




通常でも、休み明けはたいてい調子悪く感じるのは経験上解っていたので、朝も早めに起きて、ストレッチやヨガも入念にやって、岩場でのアップもいつもより多めにやったつもりだったけど、FishEyeの強度が、日本で登ってる様々な内容とはかけ離れているいこともあり、色々不十分だったみたい。(*´Д`)

疲れも完全に抜けてなかったり、状態も湿度高めで暑すぎたりだったんだろうけど、まだまだ、自分の創造や経験値を覆す日もあるんだと、いい勉強になりました(;´д`)トホホ。



その日は、もうやけくそ感もあって、夕方もう1回トライ。

ヘロヘロな感じだったけど、そこそこの登りまで回復して、上部の核心の練習をして、イマイチ記憶に入って無かった足裁きの順番や位置を確認できたので良しとした。
……てか、もう、そうでも言わにゃやってられん!!!!と言う感じでした(笑)(^-^;


FB_IMG_1581280705600.jpg

父と語る図。

先輩は、2日休んだ良い効果は必ず出ますよ!!と励ましのお言葉をくださいました。
ありがたやありがたや。





まあでも、2日目の昨日は、2日レストして回復してたおかげなのか、あんだけFull Maxな登りの翌日だったけど、けっこういい感じに動けた。

中間と最後にある核心のムーブ、自分が組み立てたムーブが激悪すぎて、多くのクライマーがやってるムーブでは本当に出来ないのか、迷いもあって上手く行ってなかった部分を決める事が出来たのは良かったと思った。

ん?
え???
ムーブ?

その2か所のムーブは、やっぱり、どうしても、多くのクライマーが普通にやってるムーブは、足が深すぎるうえ、選べる足も周囲には無く、私には距離的に不可能と言う事で、いよいよ諦めがついて独自の変体ムーブでこなすことに決定となりました。

まあ、手数も足数も多いしポジションが厳しすぎて、つなげるには相当な困難を感じるけど、出来る方法があっただけましと考えることにした。

もう迷わん!!!

その他でも、同じように、大抵っ、、、、、手数足数で工夫するという苦難の中でこなしてるので、いまさら!!!(´Д`)ケッ!って、気もしない。

ので、
受け入れ、
迷わず、
素早く、
出来ると信じて突っ込むしか道はない!

と、腹をくくる事が出来たのは収穫と言える。(早く括っとけよ!ともいう(笑))



中間、そして最後、この2つをつなげる為に、先ずは下部を突破してラストの1テン目指してがんばろう!!!


FB_IMG_1581280664389.jpg

外人に大人気のダウンパンツを着て、夕暮れの寒い時間でも、


寝る! 寝る! 寝る!



FB_IMG_1581322294483.jpg

ビノのような犬も寝る。




FB_IMG_1581322302920.jpg

そして起こしてちょっかいを出す。(笑)





posted by ユカジラ at 21:12| 日記

2020年02月08日

疲労は後からやって来る??? 


う〜〜〜ん、、、老体って時間差攻撃で攻めてくるんか!

昨日レストで、来るべき今日は曇り予報だったので、GOODコンディショニングくるかーーー!?って気合入れて休んだんだけど、今朝は起きるのがツラかった… ( ̄д ̄)

ダニエル君事件で、2〜3日寝不足が続いたせいもあると思うけど、2週間登ってきて、少しずつ疲れも溜まってるんだろうな。



疲労を溜めないように、やり過ぎないように控えめに登ってきたつもりだったけど、トップアウトを重ね、ムーブの完成度を高めてきた疲れにプラスして、2日間、2トライが効いてるんだろうな。

加えて、もともと尺骨が長いことで、手首の負荷をかけすぎると痛くなりがちな右手首の痛みも主張してきたことも、レストを決めた理由のひとつだった。

あの長さに、あの強度…
痛みの無い身体で余力持って挑まないと、つなげられるものもつながらなくなるからね。


そしてあのお方、多動児的な奥村父でさえ、先日2日レストしたくらいなんだから、同じく多動児ではあるけど最年長のユカジラも、ここらでやっぱ、しっかり休むべきでしょ!ってことに気が付いた(笑)

まあ、後半、狙いに入った時点で、回復優先系でトライしていくべきだし、これからも巧くレストを入れながらベストパフォーマンスを落とさないように狙ってゆこうと思う。

ついつい、日本で登ってるような感覚で登り過ぎてしまう、青いユカジラからは卒業さ!!(笑)
へへん!!( `ー´)ノ



で、今日は、原っさんのビレーに出かけ、待ち時間は暇なので、FishEyeのムーブのおさらいのついでに、手数、と言うか、ムーブを数えてみた。

今までも時々数えたりしてたけど、手数自体がが多すぎて面倒くさくなったり、どこまで数えたかわからなくなって挫折してたけど、ちゃんと数えてみた(笑)

1手の間に、貼り付けの刑になりすぎて、捌く足数、耐える体幹の時間、無呼吸で押さえつける状況には、ただの1手では語りつくせないっ!!!と言うか、生死、いや、静止保持時間の中にある、1手以上の負荷を感じる部分の動きもプラスしながら、ムーブ的手数で数えてみた。

原っさんのブログには145手と書いてあった…

https://ameblo.jp/hrdrock/entry-12573333760.html  (原ブロ、2月7日)


が、私には、原っさんのように、大きめのホールドからホールドへ、シンプルに動けない分(苦笑)スッゲ―手数、ムーブになってる(笑)


FishEye、8c 50m。

ユカジラ、240手(ムーブ)!!(笑)


えらいこっちゃ(笑)

昔、良く、気の強い女子たちが、「男子よりムーブが多い分楽しめる」とか、「苦労してる分小さい人は強くなれる」と言っていたのを思い出してたけど、

いやいやいやいや……

嫌です!!!! (*´Д`)

100手も多いのはいやじゃぁ〜〜〜〜!!
普通の範囲で動きたい…(笑)


まあ、でも、これで繋げられるならやるしかない!

繋げられる動きや足裁きがあるだけ幸運、見つけられたことが何よりの幸運!!
これまじホント!!

さ〜〜、明日は疲れ取れてるかな??

この2日、やたらとおなかも空いて、食料のありとあらゆるものをイナゴの大群が通過したかの如く喰い尽くしたから大丈夫と思うけど(笑)


FB_IMG_1580373775341.jpg



続きを読む
posted by ユカジラ at 03:57| 日記