2016年02月16日

Cada Uno pa su Lado 8a 完登


今日は、こっちに来て初めて、丸1日晴天の中で心おきなく登れた。


そして、初めの1本、Cada Uno pa su Lado 8a が登れた。

s-IMG_9934.jpg


時差ボケ?というか、飛行機での身体のダメージや寝不足、雨と寒さで、ここまでの1週間は満足に登れなかったけど、そんな中でもできることは精一杯やってきたおかげでか、壁も身体も(笑)状態が良くなったら、すんなり登らせて貰えた。

一番の勝因は、ムーブだったんだけどね(笑)

男性がやってるムーブで同じように登ろうとしていたけど、ちょっとずつ遠かったり、パワーが必要だったり‥‥自分で楽に動ける範囲内の組み立てに変えて、それが自分にとっての普通の動きの範囲内になったら、最初の頃の印象よりずっと簡単なものに変わった。

そうなったら、ROCK ON!!しかないっしょ(笑)


今朝は、昨日のムーブ作りと、その前の人工壁での登りで、あ、人工壁での登りは調整のつもりだったので控えてはいたんだけど、まあ、なんだな、、、、(笑) 

ちょっと疲れが残ってた!?ので、今日は実質3日目登りって感じだったので、実は朝から疲れてた‥‥(笑)

アップでも前腕張るし‥身体も重く感じてたけど、7b+を2回登ってアップしてほぐしてから、8aをトライ。

1回目は、保持の強度と傾斜にやっぱり前腕が張っちゃって、昨日作った、BEST OF BEST のムーブの確認しに行った感じになっちゃったけど、短いルートなので、ボルダー、と思えば、今日中にRP出来ない事はない!と思えた。

普段、連日の仕事での登り、セット、自分のトレーニング‥‥疲労困憊でも、トレーニングで1〜2級くらい普通に登るじゃん!?出来ない事ないし!!って気を入れ直してみた。

2回目は、完登するつもりで集中して攻めたら、体も動いてその1手を止めたらおしまい!!ってホールドを止めたけど、ちょっち位置がずれててそこからの足裁きが出来ずにフォール。

マーキングの位置が、原さんがやっていた時に付けたものだったんだけど、自分と着け方が違くて、それもわかっていて、原っさんのマークは、私の小指!!一番下側!って思っていたんだけど、余裕ない時だと、目線に入るそれが自分のマーク位置、私の場合人差し指なので、保持が、ちょ〜〜〜っち、甘いところになってしまった(笑)

で、マークを入れ直して3回目。

時間的にも最終トライ。
出だしっから疲労感で、重心低め低めでヤバかったけど(苦笑)気合いで核心まで辿り着いて、あとは丁寧過ぎないように、スタティックに動きすぎないように、ポンポンポンってリズムよく動いたら、今までで1番安定して核心がこなせた。

そここからは、下部と同じくらいの距離をトラバースして終了点に。

その上部、ガバなんだけど以外に張る上に、1回やっただけだったのでドキドキしたけど、まあそこはお手の物、8a完登〜〜!!

天候や状態が悪かったからっていうのもあるけど‥‥4日間、8トライもかかってしまったけど、夏のサルディニアでのマルチピッチを考えて、疲労感残る中でも、ムーブのルートでも、これ位の仕上げ方なら、最初としてはまぁまぁかな、と思えたし、単純に登れて嬉しいから今日はとてもHAPPY!
s-DSCF3391.jpg


ここまでは良かった‥‥

が、、、、、

帰りに、道路に飛び出してきたシカを、ドストライクな感じに轢殺してしまった。

ショックですが、あれはどうしょうもなかった‥‥

私は助手席だったんだけど、シカさんが死んでしまったことが結構ショックで、飛んでゆくしか産の姿、顔‥‥
しばらくトラウマになりそうだけど、海外ツアーでシカを轢いた事件は初めてじゃないのでこれもまた運命‥

バンパーぼこぼこ、ウインカーも壊れたので、明日のレストは、レンタカー屋に行ってくる。


ああ、修理代、いくらかかるんだろうううううううう‥‥

これも怖い。

いや、これが、怖い(笑)


posted by ユカジラ at 06:49| 日記

2016年02月15日

初めての半袖

晴れた!!

朝方まで、雨音が聞こえていたので、起床後、外を見るのが怖かったけど窓の外は青い空!!

やっと晴れた。

多少の染み出しは覚悟して岩場に行ったけど、全くの渇きっぷり!
石灰岩特有のもはもは地帯ですら湿気を帯びてる雰囲気すら皆無だった!

今までの晴れの続きっぷりが功をなして、石灰岩の貯水タンクはまだまだ余裕ありそう。

あああああ、、、、よかった〜〜〜〜〜(嬉)

昼過ぎに登りだして、午後3時には曇ってしまい風もあったのでゲキ寒になってけど、今日はこっちに来て初めて半袖で登れた。一瞬だったけど(笑)

日焼け覚悟で日差しを浴びて光合成。

s-DSCF3390.jpg

サングラスも初めて使った〜〜。



7b+でアップをした時点で、原っさんが今日はレストにすると言うので、まだ完成していない、Cada Uno pa su Lado 8a のムーブを作り切ろうと頑張ってトライ!!

さすがに短い8a、ムーブが難しいと思ってトライしていたし、出来てた部分も、つながる動き???とも思えないような感じだったけど、今日の3トライ目、トータル5回目のトライで、やっとアンダーコントロールなムーブに仕上がった。

これなら行ける!!
そんな、自分で1手1足ごとの動きをコントロールできる動きが、イメージにぴったりはまった。

この瞬間が快感で、めっちゃ気分も上がった!(笑)

今日は、3トライ。

夕方になって、どんどん寒くなったので、早上がりで終了。

しばらく雨の心配も無さそうなので、狙っていくぜいーーーーー!!  イェィ。



今日の岩場は、日曜と言う事もあって、人が多かった。

と言う事で、当然犬も多かった(笑)

s-DSCF3386.jpg

s-DSCF3388.jpg

パラボラ犬


s-DSCF3387.jpg

超、ふわふわの子犬。
でら、かわゆす。


posted by ユカジラ at 03:00| 日記

2016年02月14日

5日で2日

もう、馴染みになった雨音とどんより黒い空‥‥

s-DSCF3372.jpg

s-DSCF3377.jpg

こっちに着いた日は除いて、5日経ったのに、岩を登れた日は2日。
そのうち1日は雨の中で無理やり登ったので、着いて初日の、流しで登った日だけしかまだ登っていない(苦笑)

今朝も、昨夜からずーーーーーーーーっと降り続いていた雨は、朝も止まず、身体のコンディションが悪くなりそうな気がして今日はどうしても登りたかった。

で、寒いのとジケジケは、コンディショニング整えるには嫌だし、向きじゃないので、LLEIDAにあるクライミングジムに行くことにした。

皆を巻き込んで出発〜〜〜〜!!(笑)


s-P1150454.jpg

リード壁もあるし、課題数は少ないけど、コンディショニングには良いジムだった。


各種様々なトレーニング機器もあって、軽く刺激を入れたり、トレーニング好きな人には快適&使えるジム。

s-DSCF3382.jpg

こういうロープやラダー、TRXや、フリーウエイトトレーニング機器、バイク、バランスボール、バスケットゴールやボール、、
何だか何でもあった(笑)



私はもっぱら、易しいボルダーと長物で体を動かした。

s-P1150455.jpg

ああ、気持ちいいいーーー。

このまま雨で閉じ込められていたら、マグロのDNAが死ぬところだった‥‥

あぶないあぶない。



日本に居たら、トレーニング、本気トライ、セット、講習、なんだかんだと、1週間とか、ひどいと23日間(←長くなるとこれくらいの数字は軽くたたきだす(笑))登り続けるので、こんなに休んでいると体調が変になる。

あと1日か2日で雨の周期は去ってゆくような予報なので、もう少しの辛抱。

‥‥かな?そう願いたい。



こっちのジムは、クライミングジムと言えどもシエスタがあるので、午前の部、10:00〜14:00の時間帯で3時間弱、ジムで過ごした。

あくまでもコンディショニングなので、控えめに登ったけど、ほんっと、久しぶりにリフレッシュした気がする。

s-IMG_9877.jpg

原っさんと。



s-IMG_9880.jpg

今回、寒くてまだかおりちゃんの生腕を見てなくて、今日はその筋肉量にビクッた(笑)



とにかく、今日は寒さに凍えながら登らなくて良いのも嬉しかった。


さて、明日は岩場で登れるかな?

染み出しやら、気温やら、いろんなことが心配だけど、岩場で登り疲れる生活ペースになるといいなぁ‥‥


ジムINFO

www.boulderindoor.com

info@boulderindoor.com









posted by ユカジラ at 00:04| 日記

2016年02月13日

まるまる雨

昨夜から降り続いた雨は、今日も日中降り続いた。

すごいなぁ‥

冬のヨーロッパって、天気悪すぎ(苦笑)


去年、年末年始にかけて1月中旬まで登りに行って、太陽を見ることがなかったと言っても良いくらいの印象だったから、比較的安定するって言われてるこの時期にずらしたら、今年はこの時期に悪天周期が来た‥‥

まあ、もう、この何年か、天気に恵まれた例がないので、ツアーは、もうそんなものって感じだから諦めてる。

しっかし、、、アパートから出て散歩すら出来ない。

まあ仕方ないか‥

s-DSCF3372.jpg

よう降るワイ。
染み出し始まりそうだな‥‥



s-DSCF3374.jpg

今年、サンタリーニャでの清掃活動の後に設けられたゴミ、トイレットペーパーの持ち帰り運動推進に関する但し書きとスコップ、ごみ袋が設置されていた。

日本人クライマーは、こういうこと、普通に当たり前にやってることだけど、海外の岩場では糞尿もゴミも多すぎて気になってたから、イイことだよね。

クリスティアンさん、偉い!!
ありがとうございます。






posted by ユカジラ at 02:22| 日記

2016年02月12日

毎日が雨


去年の事思えば、気温もいい方だと思うけど‥

こちらに着いてからの3日、、、

毎日雨!!

ほでーーーーーーる!!むかっ(怒り)むかっ(怒り)

昨日レストにしたので、登りに行ったけど、湿度が高くて岩も結露気味でぬるぬるぬるぬる‥‥

去年もなかなか太陽を見ていた記憶が薄かったけど、今回も、ここは日本海側か!?って感じの空と湿気と気温に、なんだかなぁ〜〜〜、、、、、

s-DSCF3369.jpg


天気ばかりはどんなに嘆いてもなるようにしかならないので、その時出来ることを精一杯、しかないんだけど、毎日毎日寒すぎてツラい。

来る前に、みんなのFB投稿とかで、『暑い暑い』ってあったので、毛の帽子やら、ホカロンやら、タイツやら‥自分の防寒グッズは全部出して来たので後悔然り。

アパートの部屋も暖房が大家さん次第なので、寒くてダウン着たままでもゾクゾクゾクゾクな寒さが堪える。

寒いのと飴が最も苦手なのに‥‥試練だなぁ。


で、クライミング。

今日は状態は悪かったけど、とりあえず、悪い条件の時にやっておけば、良い時にもっと楽に感じるかな、とか、条件が悪くなったときにもその経験がきっとプラスに働くかな、とか、得意のポジティブシンキングで登った。

今日はアップで、昔登ったことのある7b+をやったら、1手1手出すごとに手を洗ったみたいに、チョークが付けても付けても消えて行くという不思議な現象が‥‥

ヌルヌルで核心で粘るも、ハイざんね〜〜ん。


‥‥
まあ、どんまいどんまい。

この条件じゃあ仕方ない。

ハイ次!!

今後取付く予定の、A Saltinbankis 8a+ を、おさわり。

s-IMG_2326.jpg

s-IMG_2316.jpg

ムーブがあるところは殆どやらずに、距離感や動きのイメージだけしかできなかったので、本当に障っただけだけど。

だってヌメリ過ぎてて、いつでもすっぽ抜けそうな保持感が怖くて本気の動きなんてできないんだもん‥‥しくしくもうやだ〜(悲しい顔)

でも、こちらは、持久系っぽくて、『向き』かも?


まあ、あくまでも、『かも』だけど。

その後に、初日にトライした8aを1回トライしたけど、実質10mの8a、ムーブがムズくて、今日で3トライ目だけど、未だブランクの1手があるという、私にとっては修行的ルート。

でも、トライしていて楽しい。

頑張ろう!!って思える内容。


明日は更に雨のマークが目白押しな天気予報なので、今日の状態から考えてもレストになりそう‥‥

まあ、そういうのは、起きてから考えることにするとして‥とりあえず、日々、ヨガと、体幹を整えるケアトレはちゃんとやって、きっと来る好天と暖かい(暑い?)日々を待とうと思う。

しかしなぁ‥‥この先しばらく雨予報。

あんど、最低気温マイナス1℃、最高で7℃とかって見えた気がする‥‥

いや、今のは見なかったことにしよう。

posted by ユカジラ at 06:00| 日記

2016年02月11日

雨、筋肉痛、レスト

時差ボケにはならない、と言っていた傍から、今朝は午前3時にパッキーーーーーン!と目覚めてから眠れなかった。

仕方ないので、出国から全然出来てなかったストレッチ、ヨガ、体幹系のメンテナンスを1時間ほどやってみたら、本格的に目が覚めてしまった(苦笑)

皆が起きてくる頃には、パソコンでやらなきゃならなかった仕事も1つ2つこなしたので微妙にぐったり‥‥

私がこちらに着くまで、毎日好天で雨なんて降ったことはなかったというのに、連日の雨と強風、そして寒いという刹那。

s-DSCF3368.jpg

虹が出てた‥この後、本格的に雨、風も強くさむい1日になった。


筋肉痛と倦怠感、寝不足も相まって、今日はレスト。

一旦岩場に行ったけど、気力も湧かないくらい気怠いのと寒いのとでソッコー終了通告。

とにかく回復に努めねば!!と言う事で食べまくって過ごしている。

遅い昼ごはんには、原っさんが作ってくれたカツオのふりかけが隠し味のマカロニが美味しくて、最近特に、出汁、醤油、海苔、卵といった感じの和食好みが加速度的に強くなってることに気づいたりもした。

s-DSCF3371.jpg

見た目は洋風だが、結構和のテイスト。


s-DSCF3364 (2).jpg

アパートの飾り棚にある絵皿にデコレーションされた塩昆布。

これだけあれば安心。

ここからの1週間くらいは、雨マークが目白押し‥‥

皆が言っていた、暑い!を、私はまだ知らない‥‥。


posted by ユカジラ at 01:15| 日記

2016年02月10日

スペイン到着〜!からの初日クライミング

s-DSCF3360.jpg

今年もやって来ました、スペイン、サンタリーニャ。

去年は1日サンタリーニャで登ったきり、オリアナメインで登っていたので、サンタリーニャメインで登るのは3年ぶりになる。

ここに来る前は、小川山、豊田と花崗岩ばかりを登っていたので、傾斜が‥‥(苦笑)

ヤバいね(笑)



昨夜、飛行機が少し遅れて着いた?うえ、荷物が全然出てこなくて、原さんと合流出来たのは23時半くらいだった。

レンタカーを借りて、カマラサのアパートに着いたのは午前1時半、寝たのが3時くらいだったので、初日のクライミングは控えめにした。

6b+、7b でアップ後に、先ずは傾斜に慣れるために、Cada Uno pa su Lado 8a をトライ。
s-12696708_664503530355835_1806843334_o.jpg

18mのボルダーチックな内容で、1箇所ムーブが未解決だったけど、今日は無理せず2トライで終了。



s-12674998_664503163689205_1679392803_o.jpg

旅の疲れと寝不足もあるし、いつもなら “登りたい病”の気持ちの思うままにガンガン登ってしまうけど、今年の私は一味違う!(笑)
肘の痛みが少し出てきたところで潔く、成年女子終了通告。

今日は余りしつこくムーブ解決しようとしなかったけど、あの1〜2手の処理が出来たら、すぐに登れそうに感じた。

まあ、先ずは、下からグレードを上げて行くことで、自然に傾斜慣れしてゆこうと思う。


天気は、去年が寒すぎたこともあって、ぬんめり仄暖かい気温に感じたけど、曇天の1日で、風がやたらと強く、砂埃が目に入ってちょっと不快な天候だった。

宿に帰る頃から夜にかけて雨が降ってきた。

しばらく同じような天気が続くようだけど、晴れるとそれはそれで暑いようなので、登るには意外と良い天気なのかもしれない。


そして、原っさんとは国内で何度か一緒に登ったけど、まあ、ほぼ1年ぶり。
米さん、かおりちゃんとは、ロデラーからの3か月ぶりにまた会え、一緒に登る。

他にも何人かそういう人(奥村ファミリーとか‥(笑))がいるけど、スペインでしか会わないメンバー(笑)との再会は嬉しい。
ああ、戻って来たな、、、という感じ(笑)


s-DSCF3362.jpg



夕飯は、さっそく、“米飯”で美味しくてバランス良い食事にありつけ幸せ。

s-DSCF3363.jpg

サラダに七面鳥のステーキ、きのこリゾット、原っさん作の煮込まれ過ぎて、フムスみたいになったカレーも美味しかった。

さあ、明日も楽しもう。




posted by ユカジラ at 06:41| 日記

2016年02月08日

アディオスアミーゴス

IMG_20160208_123059.jpg
さて、今年の最初のツアーに出発です。

半年以上前に取った格安チケットでの旅…あり得ないくらい安いチケットなので、撃ち落とされる前提のチケットっぽくてなんかヤだけど、まあ、それはそれで良いか(笑)

今年3回予定している海外ツアーと、1回の国内ツアーの目標は、1つ1つのツアーが次の目標へと繋がって行く大切な時間…

なので、この初戦…格安航空券の値段以上に、なんか緊張する(笑)


肘の痛みは小康状態。
ここまで出来ることはやって来たし…楽しんでいってみよー!(笑)だね。

今回は、スペイン、サンタリーニャを中心に登る予定。

これから合流予定のはらっさん、米さん、かおりちゃん達は、約1か月前から現地入りしているので、皆、バリバリに仕上がって来てるんだろうな〜!

早く会いたい!
早く登りたい!

そして、今回のサンタリーニャでの目標は、夏前に予定しているサルディニアでのマルチピッチでの対応力を高めるため、1日に8台の複数トライと、その中で成果も出していく、と言うことに設定している。

……

うふ。書いちゃった。

書いちゃうとさー、
ヘタレてるとさ〜、
みっともねぇからさー、

死ぬ気でガンバるしかないよね〜(笑)

サルディニアで挑戦したいマルチピッチのグレード……

7b+、7c+、8b、8a+、8b、7c、7a+、7b+、7b、7b、6b

の、11ピッチ。

その中には、岩が欠けたかで、最難ピッチよりも難しいと言われてる7c+や、グレードダウンされてるけど8b+だったピッチも含まれてる……(笑)

このルートにチャレンジしたいと思った理由に、私の何便出してもあまりパフォーマンスが落ちない体力こそ向いてるかも!?と思えたこと、昔っから、二子の弓状のルートが縦に続くようなマルチピッチを登ってみたかったこと……下見でサルディニアに行ったとき、その壁の大きさと陰湿さ(笑)に、ちょービビって(笑)敵わないと感じて、軽く負け犬になったこと(苦笑)……

全てにおいて登りたい!と思ったからなんだけど、やるには何年も何年も欠けてその資質を高めていかなければ無理だとも実感されられていたんだよね(笑)

私と言うクライマーとして、チャレンジだけでもしておきたい1つになった。

私にとっての「成功の定義」も、チームとしての「成功の定義」も決めた(笑)

先ずその為に今回は登る。

そしてその力や希望や夢は次に繋がって行くと信じて。

具体的にサンタリーニャでは、過去に見て、ラインに惚れてたり、名前に惹かれてたりでセレクトした、2本の8a、2本の8a+、8b+から可能性有りそうなら、エクステンションの8cのトライが目標かな。

その中でどこまで完登に持っていけるかは、私の実力が伴わない事はあり得すぎるくらいあるし(笑)、天候もあるし、どうなるか解らないけど、この環境でサルディニアへの疑似体験が出来るのは今回だけなので、やってみようと思ってる。


身体、持つと良いなぁ(笑)

1年前までこんな心配はしたことなかったのにな(笑)

さぁ!出〜発〜!
posted by ユカジラ at 12:31| 日記

2016年02月05日

まてば肘の回復有り

 
待てば海路の日和有り…にかけてみた(笑)
 
3日後には機上の人となり、スペインへの逃亡をするゆかじら。
 
今度はそんなに長くないよ〜と言いつつ、5週間も逃亡するので、いろいろいろいろ、忙しかった(笑)
 
仕事やら留守する間の雑多な事を端から端からガンガン片付けているのに…ヨーシ、よく頑張った!って一段落着くと…次から次へと片付けなきゃならない事が浮上する…
 
なんなんだ!?
このエンドレスな忙しさ(笑)
 
残業は、やればやるほど仕事が増える、とは、誰の言葉だったか…(笑)
 
正にそんな感じ。
 
でも、それもこれも、自分で決めた事。
筋の通った在り方のためには頑張るしかないのだにゃん。
 
 
(またおいてけぼりにシクシク涙の海子   うそ〜ん)
 
 
(実家に奉公に出る子供達)
 
 
まあ、そんな忙しさを好機と捉えて、肘の痛みを少しでも無くそうと登る量や強度を調整したおかげでか、今、肘の痛みは殆ど無くなっている。
 
やればできるじゃん、わたし!偉いねっ(笑)
 
ツアー中は心配でもあるけど、夏のツアーではそう悪くならずやるべき事をやりきれたし、岩場の方が故障には何故だか優しいのは何万年前からも変わらず、だよね。
 
ほんと不思議なんだけど、岩場登ってると治る故障も多い。
 
アウターとインナーの違いが大きい(ホールドの事ね)のと、身体を使ってる時間がジムではやっぱり多いからなんだろうな。
 
ジムではマグロのDNAが影響するってことなんだろうな。
 
プラス、ツアーでは、クライミング以外の他のストレスも0だし(笑)
 
もてよ〜身体。
もてよ〜肘。
我慢できない痛みは1年もてよ〜。
 
今年は、故障してる暇がないくらいラッシュかける年!
頑張れるように先ずは身体を整えないと!
 
んで、肘の痛みが弱まったので、久しぶりに自分のトレーニングとしてボルダー@秋パン。
 
4時間登った。
 
バカみたいにマグロらず、丁寧にアップして、新しくなってた壁を中心にいろいろな傾斜、課題を。
 
グレード的には1級までトライしたけど、2級と3級の1撃がベストトライで、今回は1級は登れず。
 
 
もうすぐなくなると言うこともあり、赤ホールドのこいつやってみたら、けっこう苦戦して…10トライくらい、ずっと終了点落ちした(苦笑)
 
けど登れた。
嬉しかった〜。
 
膨らんだボテの面に会わせての片手カチからの引き付け…あと数ミリ届かなくて落ちたわ〜、時間が止まったように最大の引き付けロックしてんのに、数ミリ届かなくて落ち続けたわ〜(笑)
 
でも、こんなに打ち込める課題、そして打ち込みたいだけ打ち込める幸せ…
 
元気があれば何でもできる!
 
猪木、あんたは偉い。
ほんとにその通り(笑)
posted by ユカジラ at 21:53| 日記

2016年01月27日

キンと冷えた岩場、そして罪と罰

IMG_20160125_101141.jpg


(後半、チッピングのことで罵詈雑言(笑)不適切な表現がありますのでご了承ください)


月曜日は、プライベートでの講習@湯河原幕岩。

この1週間は最強寒波到来って言ってるだけあって、朝からギンギンに冷え込んでいて寒かったな〜(涙)

でも、陽射しがある時間は、太陽の力を感じれて、春もそこまで来ているのかな、と希望を述べる…(笑)

今年の梅祭りは、今週末の土曜日、6日からだそうです。
60周年だとかで、何やらライトアップも盛大になるらしい。

梅祭りの時は、入場規制やら料金の事もあるし混雑を避ける意味でもクライマーは自粛傾向ですが、私はあの時期の岩場を見上げた時、山中全体ががうっすらピンクに染まっている幻想的な感じや、アプローチでいろいろな梅が咲き乱れ、ふとした瞬間漂う花の香りが好きですね。

この日の講習は、プライベートならではの個々の要望に沿いながらの内容。

登れなかったルートの攻略、個々の特性を発揮したムーブのみならず、初見のトライから、より少ない回数で完登に繋げていくための取り組み方、岩場での1日の過ごし方、そこでFOCUSすべきポイントや集中力の持って行き方など。
上手く伝えられたし、経験して身に付けてもらえたと感じたので良かった。

成果がついてきたことで本人たちも納得の1日だったと思います。

こうして、クライマーとして自立した登りが出来るような指導は私が1番大事にしている事なので、自分的にも良い1日でした。

そして…
そんな良い1日だったのに…

岩は自然そのままの姿で私達にその素晴らしいラインや動きを提供してくれている。

なのに…

ここでもとても嘆かわしい事が起きていた。

今、あちこちでどこかの大馬鹿者がやっているチッピング、湯河原幕岩でも最近起こったようだ。

私は直接確認出来なかったのですが、地元の湯河原幕岩に詳しく、週何日も登りに来ている方から「伊豆の踊子」「夕暮れ時」の核心部分にチッピングがされていたと言うことを聞きました。
明らかにホールド、スタンスがデカく削られていると。

昔から大事には取り上げてないけれど、小川山や他の岩場でも、明らかに何故そんな?と思うような低いグレードのルートにチッピングがされてきている現状はあった。

ここで言う "何故そんな低いグレードに" と言う意味は、少し頑張れば、誰でも、と言っても過言ではないような多くの人が克服できる内容なのに、と言う意味で、大昔からある、人類に不可能、みたいな勝手な思い込みや未来を信じる頭の柔らかさがない、たわけた馬鹿者が、その時の高難度に対してのチッピングをした、と言うものではないと言うことだ。


私の同業者の仲間と、何でそんな馬鹿な事を、と言う話をしていた中で、ほんとに信じられないことだったけど、ガイドやインストラクター擬きの中途半端な人間(もはやそいつらをクライマーとは呼ばない)が、お客さんを安易に登らせて仕事の成立度を上げるためにそういう事をやってるのはよくある!?と言う話を聞いた。

マージーか!

まさかそんな、インストラクターやガイドたるもの、最も大事なクライマーの暗黙の掟を破るなんて!と言う私の意見に、そういう "先生"と言われるためにその職種を撰んだような人間には理解できない部分らしい…


好きでクライミングを仕事にしているんじゃないの?
熱い想いはないのか!?
との私の問いに、だってそういうヤツらはクライマーでも何でもないから、と言う話があった…

本当の事なら哀しすぎる。

まあ、チッピング犯が誰か、どんな人かは解らないので、その可能性に対しての話なのですが。

どこの誰がやってたとしても、現行犯で見つけたらぶん殴って、知らないなら、事の重大さを教えてやりたいもんだと、血の気が多くないクライマーでも超憤るよねぇ?と思います。

何故チッピングがいけないのか、そういった当たり前のクライミング哲学が解らないような人はこれを気に、一生懸命、調べるなりして理解を深めてほしいと切に思う。

クライマーがカッコイイと思って憧れるなら、先ずはクライミングの本質を知ろうとして、メンタルから鍛えてよ、って話だし、本当に強くてカッコイイクライマーは強さを全面に主張なんてしていない。
本当に強い人達は、弱さを知り、認めることを体験してきてるから。
本当の強さってそう言うものだと思う。

んで、そういう"道" 的な厳しい世界が向いてないと思うなら、とっととこの世界から離れてほしいとも思う。

カッコつけや虚栄心を満たすためにクライミングを選んだ(物珍しくてオリンピック種目にも上がってるし〜みたいな!? …ケッ。 )ならすぐにやめた方がいい。

競技のクライミングも本気で取り組んでるクライマーは、心底強い。
競技こそ、生半可な気持ちでできるほど甘くないし、私は、コンペティターこそクライミングの本質から目を逸らさず日々努力している心も身体もバリバリに強いクライマーだと思ってる。


越えるべきものが自分の中にある…言い換えれば1番きつい事を克服するにあたって、自分の良くも悪くも全てを受け入れ、そこから1歩を踏み出していける強さを望む人間じゃなきゃクライマーにはなれないと思う。

大衆化の波が運んでくる、楽しければいい、結果ばかりを重視する…見栄や付け焼刃で築き上げたウソっぽい数字で形作ったクライマーほど哀しいものはない。

なんか間違ってるまま流されていくクライミング界、大切な事を伝えるクライマーが絶滅する前に、考え直す時なのかも知れないとつくづく思った。
posted by ユカジラ at 15:06| 日記

2016年01月24日

マグロの生態

FB_IMG_1438514036167.jpg


今日はスポドリで講習だったけど、「guest set」の壁は解禁されて2日目、しかも週末と言うこともあり群がるクライマーで激混み(笑)

ありがたい反響ですが、自分的トレーニングには混んでる時間帯や曜日は不向き…と言うことで、次の勤務日にもう一度再登することにして、秋パンヘ。

レスト明けはいつもだけど、最初は体がうまく動かない…
キレがない感じで何となくどんくさい動きにちょっとガッカリ(笑)

3日連続のセット後だった昨日は、肘の事もあるし…レストと決め込んで、超〜休んだ(笑)のが原因だろう。

休むと言うことは、私にとってはとても勇気がいる。

1度止まると、そのあと、筋肉やら関節やら固まる固まる。
身体はナーンか動かなくなる。

"マグロは止まると死ぬ" は私の遺伝子にも組み込まれてるようなのでレストのタイミングは慎重に成らざるを得ない。

昨日のレストは、普段出来ないことをまとめてやってみた…
クライミング以外に楽しいと思うことが無いのでツラい1日になるかと思いきや、そこそこ楽しかったからストレスにはなってないはずだけど(笑)

朝イチでやってるクロストレーニングも、すっかり目覚めてから行ったのでかなり楽だった。

目覚まし時計無しで適当に起きて、午前中はゆったりコーヒー飲みながら、確定申告の準備やスペインに持っていく荷物の検討をしたりしてだらだら過ごした。

午後には友達に渡したいプレゼントを選んでたりしてたら、触発されたのか、滅多に無い物欲が湧いてきて散財してしまったり…(笑)

買い物も特に好きじゃないし、何か欲しいと思うこともあまり無いけど、センスの良い小物なんか見ると欲しくなるもんなんだね。

散財の勢いに乗って、家の近くに出来たクイックマッサージ店に乱入して揉みほぐして貰ったりもして、なかなかレストらしいレストになった。

が、

そのお陰で、今日の動き始めがホンとにダサかった(笑)

クライミングも体操のように神経系の動きが多いからか、毎日登っている方が調子が安定して良いと感じる。

今日の登り始めが悪かった!(笑)

アップでトライした4級でちょっと嵌まり、レスト明けの不調にしては酷いんじゃないかと言うことで、他の要因を考えてみたら思い当たるふしもあり…
最近のデブり具合にパフォーマンスが落ちてる!?と、かなり焦ったけど、最終的にわかったんだけど、その4級が難しいヤツだっただけで、そのあとは、超保持系の1級がサックリ登れちゃったり、2級、3級辺りも労せず登れたからデブりのせいではない!?とちょっと安心した。

もともと、年間を通しても体重の増減は殆どない私ですが、最近の腹の出具合はよろしくないので、安心せずにスペインまでには元に戻した方が良いんだろうけど、そういうの面倒くさくて出来る自信は皆無だっりもするから困ったもんだ。

だって動くとすぐに腹減るんだもーん(笑)

過去に減量とかやったことないんだけど、そろそろそういうことも考えていかないとダメなのかもなぁ…

写真は、ベストウェイト時のもので、44キロ。

さて今は…ヘッヘッへっ〜。
posted by ユカジラ at 22:22| 日記

2016年01月23日

半世紀折り返し最初の年が始まり始まり?!

received_940769696003199.jpeg



photo by Ikuko Serata

昨日、驚きの50歳の誕生日を迎えまちた(軽く先祖帰りった(笑))

まず思うことは、よくここまで生きて来たなぁ…ということ。

だって、長いよ!? 50年て(笑)

4歳だった私、めっぽう野生児で、自由児だったらしい私は…誰の言うこともゼンゼン聞かないしで、母親は幼稚園で何度も呼び出し食らってたらしい(笑)

ユカジラというミドルネームを親が付けたのはこの頃。

18歳だった私、山岳会の友達(あんこうさい安江さん)が、年上の人を見て「23歳なんて年取り過ぎだよねぇ?俺はそこまで生きたくない…」なんてとんでもないことをいってるのを聞いて(笑)…そんなもんかな?なんて思ってた(笑)

それくらいの年齢の人達がとても大人に見えてたのは確かだったな。

20台の私、体力もて余して動いても動いても動けてたな。
この頃に無駄に各関節の軟骨を摩り減らしてたんだと今になって知る刹那(笑)

35歳だった私、登ること以外まともに出来てない自分(笑)…自分の母親はもうこの歳で中学生の私と兄を育てあげてたんだなぁ…と自分の幼さ、社会的にどうなんだろう?なんて迷うことも多かったかも(笑)
親の偉大さ、私がその年齢になる頃に、それくらいまともになれてるか…マッタク自信無かった(笑)

そんな、その時々には想像もつかなかった年齢は、普通になんも変わらない感じに越えてきた。

いつの時も、数字が変わるだけで、ナーンにも変わらないで生きてきたし、根本的には変わってないとも思う。

50歳もただの数字だし、きっと10年後もたいして変わってないんだとも思う。

私がよく年齢の事や加齢の事を言うから、回りの人は気にしてると思っているみたいだけど、何て言うか…(笑)

現実をそのまま話してるだけ!

なんだよね。

老眼は来るし、いろいろ痛いところは増えるし、出来ないことも増えてくる?

そういう変化が目まぐるしい早さで起こってくるから、それをそのまま言ってるだけ(笑)

そこに…
だから、とか、諦める、とか、言い訳してるわけでも、ネガティブになってるわけでもゼンゼン無いんだよね(笑)

強がってハイテンションではっちゃける事もなければ、鬱々と悲観してることも無いんだよね、ほんとに。

現実は現実だもん。

だから、ちょっと急いではいる。

やりたいことも夢も、まだまだたくさんある!

けど、想定外?の?事にそれらが阻まれる可能性がある現実を知ったから、善は急げ!ってことで、少しだけ心構えて、いつかじゃなくて、いつも今でしょ!と言う姿勢になってはいる。

変わったのはそれだけ。

上矢印1iPhone6のCMみたいだな(笑)

今年は、もうすぐスペインに行く。

サンタリーニャ、オリアナで、夏前に行くイタリアでのマルチピッチの為のトレーニングと、限界を越える難易度への挑戦が目的。

そして、夏前に、私のクライミングの集大成とも言えるチャレンジをしにイタリアヘ。

そして秋には去年のフロリダの再チャレンジ。

これは死ぬまでにやりたいクライミングの中でも、ちょっと急いだ方が良い課題たち。

今年に完成出来なくても、着手するんだもんにぇ。ふふ。

始めなければ始まらないと言う当たり前の事って、実はなかなか始められないことでもあるから(笑)

いつか、は始めなければ来ないし、始めたことで、気付きたくなかった現実にも直面するだろう。

そしてそこから始まる何かもきっとある。

半世紀生きて得た力は、怖いことが少なくなった(笑)ってことかもしれない。

失敗も現実を見ることも、それはそれ、よくも悪くもそれが私と言うクライマーが歩んできた全て、と素のままに受け入れられるし、そこからまた歩き出せる自分を想像できるくらいに強くなれた事なのかも知れない。

4歳の時も、10台、20台、30台の時も、いつも前を見て来た。

それはこれからもきっと変わらない。

たくさんのメッセージ、プレゼント、私の事を気にかけてくれる方達には感謝の気持ちでいっぱいです!

ありがとうございました。
posted by ユカジラ at 23:30| 日記

2016*1*22*50

 
毎年の事ですが、朝起きてスマホを開いて気付く誕生日(笑)
 
メッセージがたくさん入っていてビックラこいて「ああ、誕生日だったか!?」と(笑)
 
たくさんのメッセージに感謝しながら迎える朝はとても柔らかい気持ちになれる…
 
………
 
と思っていたが、今日(もう既に昨日)はスポドリでセットだったので、満員列車に揉みくちゃにされてレロレロ〜(笑)
 
世の中は厳しいのであった。
 
スポドリ「ゲストセット」はいつもより優しく易しくプレゼント設定(笑)
 
なんせ、トキちゃんの課題が難しいのでね。
 
 
うっ、不吉……
 
出来上がりの写真を撮ったはずが、こんなんだ〜!
 
何故?
 
まあ、気になる人はスポドリへgo!
 
室井登喜男さんとふたりで24課題、105度壁に、7級〜初段までご用意いたしましたん。
 
そして、キツかった3日連続のセットも終わり、夜は新宿で新年会。
 
都会に迷い、筋肉痛と寝不足も相まって、ほぼ遭難状態だったけど、無事みんなと合流(笑)
 
ついでに誕生日も祝ってもらっちゃいました。
 
皆さん、いろいろありがとう〜!
 
 
 
 
スポドリさんからもいろいろプレゼント頂いて嬉しかったけど、寄せ書きは、見ていてなんだかとても楽しくなった!
 
ありがとう。
 
さて、50の想いなどはまた改めて。
 
風邪引きそうな怠さと、熱っぽさに危機を感じるのでとりあえず寝ます。
 
疲れた身体をとりあえず回復させないと。
 
って、なんだかヨワヨワな自分に先が思いやられる誕生日でした(笑)
posted by ユカジラ at 01:27| 日記

2016年01月20日

セット週間

IMG_20160120_195058.jpg

今週は3日連チャンでセットが入ってる。

今日は、1月下旬にオープン予定の、東川口にある「マル」さんのセットなり〜!

ホールド着けセットで、4級〜1級まで、18本設定してきました。

始めたばかりの人や、女性が頑張れば出来そう!と、目標になるような内容を心掛けてセットしました!

保持、柔軟性をメインにした課題や、ダイナミックムーブでも、距離は近いけど繊細さのいるような内容。

オーナー夫妻に試登もしてもらい、グレードのすり合わせはバッチリです!

しかし、オーナー夫妻の元気さにはたまげました(笑)

私もずっと、元気だタフだと言われてきましたが、すでに只の一般人…セット終わって帰宅の徒に着く頃には身体中ゴキゴキでした(笑)

まあ、昨日、一昨日とボルダーとルートのトレーニングしてたし、一昨々日は岩場講習、その前2日はトレーニングしてたし…

もうその先はわからん!(笑)という感じなんだけど…(笑)

10日連登コースは避けれないターンがやって来た(笑)

肘の痛みは小康状態だけど、休みが取れなくなると、テキメンだから気を付けないと…

理学療法を教わってから、セルフマッサージを念入りに続けているお陰で、寝ているときに痛んだり、顔を洗う動作や日常のちょっとした動きでの痛みは大分無くなったけど、新しく採用したマイルール「無駄打ちは極力しない」を守ってるのが1番効果的なのかも(笑)

今までみたいに、体力に任せてひたすら登るようなことはせず、より少ない回数で集中して落とす…当たり前かもしれないけど、ヨレてても、そこそこ良い内容でパフォーマンス維持しながら動き続けられるのが私のもち味だったから、動き続けて、より多く登る!そこの強化を意識してたんだけど…最近はもっぱら、たくさん休んででも、より少ない回数で仕留め、目的のモノが終わったら時間を残してても終了、にしている。

こうやって少しずつ形を変えながらその時々に相応しいモノを身に付けて行くのかな?としみじみ思う今日この頃でした(笑)

今週はハードだぞ〜!

ファイトいっぱ〜っ!
posted by ユカジラ at 21:28| 日記

2016年01月14日

ロビンフット

1451902258513.jpg1452752481854.jpgIMG_20160114_113525.jpg1452777687312.jpg



去年の年末にトライして、ムーヴ解決に逡巡しながら2日費やしたまま登れてなかった「ロビンフット・d」@豊田・城山城址、今日の朝イチで登れました〜!

この課題、年末に壁を前にしたときには、チョーク跡すら無い、登られてる感が果てしなく薄そうなルートだったのに、年末年始に、ゆかじら指皮の血肉を注ぎ(笑)たっぷり打ち込んだせいか、10日以上あけて久しぶりに見ると…以前とはまるで違うような、人気課題っぽい風情に(笑)


あまり登られてない?課題にしておくのは勿体無い内容とビジュアルなので、これを気に人気課題になると良いかも。

私がトライを始めたときにはどこを取りに行ったら良いかすらイメージも湧かないサラの壁面、スタンスもザリザリしてたのにな…

人が取り付くって岩の見た目がこんなに変わるんだね…良くも悪くもスゴいです。

ランディングには浮いた切株があって気を使ったりしてたのにキレイなランディングに(笑)

あっ、切株は年始に、不可抗力+ちょっと押したら根こそぎ取れたので←ホントです(笑)整地したのは私です(笑)

邪魔だからわざと引っこ抜いたのではないです、自然破壊はしてませぬ(笑)


で、ロビンフット。

自分的には微妙な距離感に2パターンのムーヴのどちらが良いか決めかねて、どっちもあとわずか届かない1手にアレコレ迷い過ぎて保持力、指皮をヤラレまくって2日かけても登れなかった訳だけど…

今日は、迷ってた2パターンを1回ずつ試したあと、こっちで行く!と決めたムーヴで迷わずに思いっきり全力で行ったらすんなり登れた(笑)


ボルダーってこういうものなんだろうけど、シークエンスが解ってたり、チョーク跡がハッキリと着いていたり、実際に登れてる動きをみたら…それだけでだいぶ敷居が低くなるモノなんだと改めて思った。

もちろん、私も週末はイヤでも(笑)、平日でも人気課題とかは、クライマーが多い今日では、人の動きを現場で見てしまうことも多々有るし、そこからヒントを得たり、チョーク跡からムーヴのイメージやラインが読み取れたり…完登に良くも悪くも影響があることは仕方ないけど…

やっぱり、そういう情報が無い方が、登り終えたときの充実感が違うし、そういう状況で登ってこそが「本来」なんだと思った。

そんなトライが出来る事は贅沢な事だけど…

だから、課題のトライ前は当たり前としても、途中で厳しい状況や逡巡して迷い迷ってしまっても、今では当たり前となっている?「動画」を見て解決するなんて…
私にはやっぱり出来ないねぇ〜!
そんなの勿体無い!って思いました。

解ってやれば、フィジカル的にはすぐに出来る内容でも、そこまでの課程を含めた全てが「私のクライミング」、そしてそういうトライをする価値は、高い経験値となって「私というクライマー」を作るんだと改めて思いました。

どうでしょう…
そういう0から自分で作り上げるクライミング、いつも誰かに教えてもらったり、考え解決することを割愛して登ってたとしたら…たまにはそういうトライも楽しんでみるの良いものですよ〜!とちょっと言いたい(笑)


そして、今日は、"しゃちょぼっくる"に成長著しい、"家来1" "家来2" (笑) の魂のクライミングもあり、とても有意義な1日になりました!
posted by ユカジラ at 23:55| 日記

2016年01月12日

つき合い上手に

1425806775226.jpg


肘の事をブログに書いたあと、たくさんの方がメッセージをくれました。

自分の好きでやり過ぎて痛くなって…医者の言うように「自業自得」的な部分も多いのに、心配してくれる仲間に感謝の気持ちで一杯です!

ありがとうございました!

そんな事もあり、登るベースや強度はグッと下げて調整しながら、プラス、療法士の先生に教わったリハビリをマメにやりだしたら、少し痛みが変わってきた気がします。

痛みが無くなくることが無くても、我慢できる痛みなら、10の痛みが5になれば、痛くないも同然!(笑)って思えるに違いない。


もう4年以上痛みがあるまま、その状態が私にとっての普通として付き合ってきた、左手の中指と薬指のヘパーデン結節の痛みや変形も、痛みがいちばん酷かった時期は、保持力も出なかったし、痛みが強すぎて登るのを諦めた日もあったけど、対処方法が無くて、何日も休んでも激しく痛い日もあれば、連日、強度の高いクライミングをしていても、軽い、我慢できる痛みの日もあって、いわゆる怪我のような対処方法とは全く違うモノに対しての対処方法は、日々模索だった。

痛みも腫れもその日次第だったので、今まで通り登るスタイルの中からその日の状態で調製するしかやりようがなかった。

痛みがマックス来ている日に、ジャストコンペの日に当たってしまった事もあって、悔しいと言うか、ガッカリ切ない想いをしたこともあったなぁ(笑)
成績はもちろんボロカス(笑)

それでも、そこから「痛くなければ出来たのに」とか、もう治らないモノに対して未練がましく思うことをやめて、この痛みがある状況が通常の自分、そう思って、そこから出来ることや進化を目指して登り続けて来たら、そういう障害のない時とはもう比べようもないし、ほんとはどうだったかは解らないけど、とりあえず、保持力も有る方だと思う?し、その後に、8B+と言う、自己最高グレードも更新出来たし、数字以外の、自分なりの進化も感じながら今日までこれた(笑)

だから、肘も上手く付き合いながら登っていけば、最終的には、きっと何とかなると思っています。

渦中のまん真中に居るときは、落ち込みもするし、不安にもなるけど、答えが決まってるなら、そこに向かうしかないもんね(笑)

皆さんのあたたかいメッセージはどんな処方箋よりも効きました!(笑)

感謝を込めて!
posted by ユカジラ at 11:09| 日記

2016年01月07日

人事を尽くして天命を待つ

1451902262294.jpg




と言う時が来たのかもしれない。

野性が強い私なので、それを本能的に感じてたのかも知れない。

この数年の登りっぷりは、何かに取り憑かれたように年々増えて、強度も上がってた。

本格的に上に上に、ひたすら追求するクライミングが出来る時間はそう長くないのを知っていたのかもしれない。

そろそろ半年以上になる肘の痛みに、今年のツアーラッシュ、目標に向けてのプランに影響が出ないように、予約を取って、NISSANスタジアム内にある、スポーツ科学研究所の専門医の診察を受けてきました。

リハビリ方法等もスポーツをする上での物なのでかなり現実的だと聞いていた。

が、しカーシ!

レントゲンと問診、症状から、即答で「加齢によるものなので治りようはありません」だと〜!

リハビリ等で改善出来るかと言う問いにも、「痛みがなくなることはない」「良くなることもない」…とな。


けどまあ、ちっとは良くなるかもなので、とりあえずリハビリしといて、と言うような、まるでモチベーション上がらない言われ方で丸半日過ごしてきたと言う哀しみの1日でした、トホホ…(涙)

う〜ん…
来たか、遂に。

人は誰しも老いて死んで行くにしても、なんだかムカつく〜!

大体、個人差はあるけど、と前置きはあったけど、「あなたの年齢でそのクライミング時間と量では当然ですよ」って言われた。

だって、登ってないと死んじゃうんだも〜ん、マグロだから。

あ〜あ…

何とかして今年のツアーは乗り越えないと…

仕方ねぇなぁ、登る時間と質量とのバランス、考えるか。

そして、登れないと、どんなに時間があっても元気もヤル気もでないので、寝る。
posted by ユカジラ at 21:48| 日記

2016年01月02日

クライミング、始まりも終わりもないけれど…

1451645569129.jpg1451645560069.jpg

鍼の好転反応で前腕に力が入らなかった年末から、今日までクライミング三昧。

豊田では、垂壁と花崗岩独特の、その課題のグレードでは収まらない(笑) 距離を縮める為のムーヴの発見とそれを行うフィジカルに指皮裂けまくり〜の、無呼吸(笑)での保持と引き付け、足上げに血管切れそうになり〜の、苦戦しつつも乗り越えるべき課題に出逢えたことはラッキーと思いながら挑戦中!

普通じゃダメ。

普通よりちょっと強いくらいじゃ足らなすぎる。

普通じゃないことを普通に出来るようにならいと、見たい世界は見れないからなぁ(笑)

厳しい世界じゃのう…ガクッ←軽く死んだ(笑)

この数ヶ月、次々におこる防ぎようのない?不調を無視して、力ずく(笑)で押さえつけ、跳ね除けて来たけど…これからの1年は正直キツいものになりそうだ。

くそぅ〜
なんにも悪いことしてないのになぁ(しくしく)

だけどやめないよ。
マグロの星には帰らない。


まあ、何てったってクライミング以外に失って恐いものはそう多くはないからね←無いとは言わねっす、あるから、それなりに〜。ふふ〜。

んで、今日は、他店舗のホットヨガに行ってトレーニング。

アウェイ感とスポーツクラブに集う、治外法権をかざしまくる(苦笑)感じ悪い会員さん達の態度を見て、新年早々嫌な気分になったけど、反面教師から思い改める事もあり、良い経験もしてきました(笑)

加えて、汗かきすぎて軽く熱中症になったけど、その後は新年のご挨拶も兼ねてプロジェクトでボルダー。

社長ややなぞう、藤くんもいて楽しかった。

明日はルート。

今までのようには動き続けられない体調をキチンと理解して抑制して登ろう。

と、








posted by ユカジラ at 21:31| 日記

2015年12月31日

2015年大晦日

1451559583385.jpg1451559612098.jpg





1000 の努力で 1 却ってくれば大きな進歩。

何日も、時には何年も…止まらぬ1手に魂を注ぐ。

追い付いた夢はその瞬間また1歩先へ行って(行かせて(笑)しまう…

終わりがない愛すべき登攀欲求はどこから生まれてくるんだろう。

貪欲に向上をのぞみ続けよう。

それには…

私は、まだまだまだまだ、、、甘いなぁ(苦笑)

甘っちょろいから夢があるし未来を疑わない(笑)←おバカ。

クライマーだからしょうがない。

今年もたくさんの"ありがとう" に感謝を込めて…

皆さんの中で輝く2016年をお迎えください。
posted by ユカジラ at 22:26| 日記

2015年12月30日

ヒーマーだー!

FB_IMG_1451126690101.jpgIMG_20151230_194353.jpg

前腕!

保持と前腕の持久力はイケてると思われるゆかじらですが…

危機一発!

前腕に鍼を打ちまくった好転反応(と信じたい)で、昨日から前腕にまったく力が入らない…(苦笑)

まあ、その可能性は予想しながらの鍼だったので受け入れてるし、仕方ないんだけど…

登れないと、
ヒーマーだー!

昨日、今日と登る予定でいただけに、時間のもてあましっぷりに何だかなぁ…と言う感じ。

昨日は無理してなんとか登ろうとしたけど、前腕の筋幕炎みたいな痛みが激しすぎて、危機を感じて "マグロの星" からやって来たゆかじらも流石に諦めた。

明日から岩場に行く予定なので、ここは我慢とレストに。

しかし…クライマーにとって、指や前腕が使えないって死んだも同然だな。

ナーンにも持てない。
力が入らナーイ。

ある意味、人生最大の恐怖体験(笑)

まあでも、明日は今年最後のクライミングday。

終わりよければ全て良し!を目指そう。

仲間達との忘年会も楽しかった。

今年もあと1日。
posted by ユカジラ at 20:50| 日記

2015年12月28日

活花の心を学ぶ

IMG_20151228_200338.jpgIMG_20151228_200318.jpgIMG_20151228_200544.jpg










ふふ。

ゆかじらが活花!?

と、見せかけて〜

鍼の活花!(笑)

登る量と強度が増したら、肘が本気痛くなってきた。

しくしく(涙)

なので、最終兵器。

肘だと見えるから…(笑)

こんなんだったんかーい!

約45本(笑)

美しく活花ちっく。

半年以上、痛みをごまかしながら登ってだけど…

そろそろなんとかしたいよなぁ…

活花で肘の痛みなくなると良いなぁ。
posted by ユカジラ at 21:15| 日記

2015年12月26日

今年最後の岩場講習

 
湯河原幕岩の上の方で!
 
混雑を避けて、頑張って歩いた割には混んでた…(笑)
 
ドンだけ岩場に人が多いんだか…(苦笑)
 
けっこう風があったようだけど、上部エリアは遅くまで陽も入るし、風が入らない位置で、1日暑いくらいでした。
 
これで今年の岩場講習はフィニ。
 
インドア講習のラストは29日。
 
 
そして〜
 
その後は、仲間と忘年会やって、年越しは、にッヒッヒ〜のプライベート岩場!
 
31日に登り納めて、2016年1月1日から登り初め!
 
まー、1年350日近く何かしら登ってるんだから、区切りないっちゃ無いんだけどね(笑)
 
久しぶりに日本の正月を、家族(岩)と過ごすのも良いもんだ!
 
待っテろよ、ロビンフット〜!
 
フットばしちゃるけん!
posted by ユカジラ at 19:40| 日記

2015年12月25日

そして、自給自足

 
世の中はクリスマス。
 
今週の私は、ちょっと追い込んだトレーニングを…
 
ボルダー
ルート
ボルダー
ルート
ボルダー
 
の5日間トレーニング。
 
仕事の合間のトレーニング日には強弱付けて5連登。
 
今週の目標、ルートの持久力をベストまで戻す試みは8割方達成。
 
最終日の今日は、登りたかった課題の全てが登れた@プロジェクト!
 
もう1人でニヤニヤ(笑)
 
クリスマスプレゼントは自給自足、自力でゲット!(笑)
 
とても気分の良いクリスマス。
 
そして夕飯はご褒美に、めかぶ納豆と湯豆腐!
 
昨日はケーキも食べたぜ!
 
 
肘の痛みはMAX、ついでに背中も軽く痛めたけど、登り続けられる毎日、これほどまでに幸せなことはないなぁ。
 
みなさんも、ハッピークリスマス過ごせてますように!
posted by ユカジラ at 22:44| 日記

大掃除祭りだワッショイ!

 
季節が一月くらい戻って暖かな日だったので、やっておきましたよ大掃除〜。
 
 
暖かい日差しに海子もベランダで微睡む良い天気!
 
 
もともと、家事の中でダントツに掃除、片付けは "ど"わい好きなので、年末だからと言って、特にキレイにする必要もない無いくらい掃除はしてるゆかじらです(笑)
 
猫が2匹いるので、毎日2度掃除機かけてるし、棚の裏や電気の傘の上、サッシの溝なんかも掃除するの好きなので、あんまり汚れてない…
 
と言うわけで、今回は、冷蔵庫の下や押入れの物も全部出して掃除してみた!
 
おおーぅ、気持ちいいぞ(笑)
 
断捨離大好き、断捨りりィすぎて、なにか大切な物も失ってるような気さえするけど…どんまーい!(笑)
 
気分が激しく盛り上がったので、車の中も掃除機かけた。
 
蓄年の枯れ葉やら砂やらなんやらを"ゴゴゴゴーーーーー" と吸いとる様は、気持ちよすぎる(笑)
 
キメのポーズは、掃除機持って「快感!」←野性の証明風にお願いします。
あ、知らない?
…どんまーい!(笑)
 
が、しかし、外見は…日本にこんな汚い車を見ることは無い!ようなヨゴレ具合い(笑)
 
どろどろ、手入れしなさ過ぎでツヤ消し風に劣化したボディにホコリのデコレーションが芸術的だ。
 
車は、私にとっては"下駄"なので、ピカピカにしておく趣味はない。
新車で買ってから今日まで約10年近く、1度も洗車したこと無いけど←ひどすぎる(笑)
車内は、お客さんを載せるので時々掃除したほうが良いかな、とは思う(笑)
 
ハンドルもギア周りも、座席もキュッキュッキュッ〜と拭いたりして(笑)
 
うーん。
きれいだぞ!
 
人の評価は知らんが、とりあえず本人大満足!
 
年末の大掃除がこれほどまでに心清まるとは。
やっぱり昔の人の言うことや、やれって言うことには意味があるね。
素晴らしいね。
 
 
今年もあと僅か。
 
今年は人生終盤に来てまで知らなくて良かったような、心にトラウマとして残った哀しい出来事も、性善説を信じてきたのに、それを打ち破るような出来事も…私にしては珍しく引きずってしまっていたけど…
 
掃除もしたし、今年で全て記憶から消して前に進もうって思った。
 
負の感情の連鎖は自分をちっせぇ人間にする。
 
カッコ悪い事は嫌いだ。
 
世の中には許してはいけないことはたくさんあるけど、囚われたら、今流行りの、スターウォーズ風に言えば"暗黒面"に引きずられる。
 
許さないけど、囚われない。
 
見えないモノにしてしまえば良い。
 
伝わらない人間には誠意を尽くしても無断(笑)
 
歳取っても学ぶことはたくさんあるなぁ。
 
 
 
 
 
 
 
posted by ユカジラ at 17:33| 日記

2015年12月23日

今年を振り返って

1438513619593.jpg
2015年は、1月のスペインオリアナから始り、夏のスペイン・ロデラーでのフロリダ 8C が大きな目標だった。

どのツアーも、天候の不順に翻弄された感は否めないけど、2015年は、いろんな事を試され、いつもよりも更に「現実の自分」から目を背けず見直す1年になったように思う。

心も身体も、もう一段階上の強さを作る為に力を蓄える年だったように思う。

自分が登りたいルートの難易度からも、これから挑戦しようと温めている集大成としての目標にも…

一昨年より去年、去年より今の方が相対的には向上しているけれど、ボルダー力の底上げが大きな課題として残った。

今日までも、ボルダーの強化には力を注いできたけれど、根本から意識改革すると言う意味で、「まだまだ足りない!」と言う結論に(笑)


ボルダー力の強化と言う指針に、初段のワンデイは昔の目標としてあったけど、自分に向いてる、もしくは再登率の高い人気課題的な1級、初段ならそこそこ可能なくらいまでは成長出来たと思う。

グレードが高くても、自分にとって苦手の無い課題だったら、1日に何本登っても安定感抜群の私には「力」の底上げには余りならないんだと思った。

もちろん、それはそれで、そうそう簡単な事でも無いから、登れたら嬉しいし楽しいんだけど…

頑張って出来る範囲内の事をやってたんじゃ向上しない!が、私の中での結論。

不可能に感じる課題を登ることに大きな意味があるのだろうと思う。

そこにグレードは関係無いと言う本質を見極めろ!だと。

どうしても、有名課題や人気課題中心に取付いちゃうけど、必要なのは、自分にとって難しい課題。

その意味に、高難度でなくてはならない理由はそう大きくない。
ボルダーをやり込んでいる人にはすぐに伝わる意味だと思う。


数年前の自分を思えば、自分の中での「そんなダイナミックで難しい動き出来ない」は、出来るようになったから、今「のびしろが少なくなっている私にそこまでのことが出来るのかなぁ?」も、きっと越えられると信じて前へ進んでみたいと夢を描きつつある。

私に、もし才能があるとすれば、努力を努力と思わない能天気さと、疲労や故障の痛みに苦痛を感じにくい変態さ…
そして、迷いのなさかもしれない(笑)


もうすぐ50歳。
誰もが平等に訪れる加齢で出来なくなる事も、常識的な普通も…自分が無いと思えば無い(笑)

……と、実はこれから起こる様々な不確定なことは不安だけど、とりあえず言ってみる。
言って自分を追い詰めてみようと思っている(笑)

この夏のスペインでの1ヶ月半、徹底的に酷使した身体の蓄積疲労は、帰国後の身体を想像以上にボロボロにしたし、快復の過程では、いつになくキツいものになったけど…

とにかく半端なくキツい毎日、痛みから来る苦しみは尋常じゃなかったけど、甘やかし過ぎることなく、いつもかそれ以上のトレーニングをしながらでも、2ヶ月半くらいで快復出来た。

やり過ぎた感が否めなかった追込みも、この経験からは範囲内の追込みに変わる…

進化とはそういうものだと私は信じている。

そこにはリスクは付き物だけど、
no pain no gain
high risk high return

クライミングは「道」で、いつだって「真剣勝負」。
恐がっていたら、見たい世界は見れない。

まあ、この先…「あの人バカだよね、あの歳で無理に決まってんじゃーん」と笑われる事態があっても「我が人生に悔いは無し」(笑)

と言うわけで、目にみえる成果はなかった1年にだったけど(あ、Mishiは登れて良かった) 想いを現実に変える力を、少し蓄える事は出来たと思う。

敵わないモノの大きさを知ることは前へ進むための道導になる。

私にとっての「生きる力」そのもの。

来年の、年間を通してのスケジュールも決まったし、3度予定しているツアーのチケットも取得済み。


さ〜て、チケット取っちまったら逃げ場は無いよ(笑)

怪我も故障も出来ないねぇ。

格安チケットって、返金も変更も効かないからねぇ…

恐〜っ(笑)

その為に、身を粉にして働いた(笑)
空いた時間は全部トレーニングした。

だから、来年が楽しみだ!

さあこい!
2016年!
posted by ユカジラ at 22:52| 日記

2015年12月21日

岩と酒と熱い想い(笑)

FB_IMG_1450656226233.jpgFB_IMG_1450655382869.jpg
昨日は、講習生達が自立したクライマーになっていくために、メンバーで登れるように集まってるクラブ、ピラ会の講習会&忘年会。

珍しく空いていたあかねの浜で、今年最後になる岩場でのクライミング。

皆、良い顔して登ってたのが印象的だったなぁ(嬉)

一昨年より去年、去年より今年…と、みんな成長してる。

そしてきっとこれからも。

うれしいねぇ〜!


いつも思うことだけど、クライマーって人種はクライマーであって…(笑)

大衆化していくことで、クライマーのふりをしたクライマーもどきと、にわかクライマーは増えても本物として登り続ける人間は少ない。

この場に残っている仲間は、趣味で頑張ってる人、残念なことに趣味の域を越えかけちゃってる人(笑)
いろいろだけど、皆クライマー気質なんだなぁ…と(笑)

まあ、私がくどいほどにクライマーって生き物なだけに、そういう毛色じゃなければ、私のところに残ってないって言う現実もあるかもなんだけど(笑)

少なからず、自分が手塩にかけて?(ホントか(笑))育て、いろいろなことを伝えてきた仲間達が、クライミングと言う文化を理解して、それぞれの中で立ち向かうべき事に、一歩一歩、自分の力で向かおうとしている心意気…それが胸に響く。

私がインストラクションする中で1番伝えたいことは…

いつでも、クライミングと言う行為にある本質の部分。

成果や結果はもちろん出せた方がいい。

数字にこだわることも、そこを求めることも良い。

楽しむこと。

強くなくこと。

それぞれの目標や想いは何でも良いし、時の流れと共に変化していくことも。

だけど、大切なことは…

想いが本質からズレてないこと。

何でクライミングなのか。

最も強敵なもの、向き合う敵が己であること。

嘘をつかないこと。

在りのままを受け入れて前に進もうとする強さ。

自分に恥ずかしくない生き方そのものが登りに反映されるような筋の通った立ち方。

そして、こんなこと言っちゃあナン難←だけど…

クライミングはスポーツじゃないってこと(笑)

この部分の深意はここでは語らないけど、クライマーなら言ってることわかると思う。

今年もそろそろ終わりに向かい、未来を作る為に過ぎたこの大切な1年がどんなものたったのか、問い直し、また歩みを進めていくための大切な時が来た…

考える時間、立ち返る時間は大切にしたい。

だから…

飲み会は大切だ!!(爆笑)

いや、ホント。

普段話せないこと、聞きたかったこと…

力を貰い、与え、交換しながら…きっと良き仲間が大きな力の連鎖になってなって、それぞれの未来が作り上げられるんだと思うから。
posted by ユカジラ at 12:57| 日記

2015年12月14日

独りになりたいときは……

 
誰にも会わなさそうなところに登りに行く!(笑)に限る。
 
岩場に行ければ良いんだけど、ジムでも良い。
 
独り、登りに没頭出来て、誰にも話しかけられないところでガンガン登れたら、きっと又頑張れる(笑)
 
仕事が忙しすぎるのと、生徒たちのメンタル面のケアに力を入れすぎて?(笑)何だかヘトヘトな今日この頃…
 
 
インストラクターの仕事ってそういう意味でも自分がエネルギーに充ちてないと出来ないことだ。
 
私も歳のせいか、時々自分の為に独りになってエネルギー補充したいと思う事が多くなった。
 
もともとは独りの方が好きだし、たくさんの人間が居るところは苦手だしな。
 
独りになりたい欲求が強いときの自分は、我が事ながら普通の社会に生きるには不適合な人間のように感じることも……
 
いつも思うことに、私が全エネルギーを捧げていることがクライミングだから良かったけど、エネルギーを向けるベクトルが世の中一般的に認知されてない事だったら……(笑)
 
とっくに犯罪者になっててもおかしくない!位の、のめり込み……いや、執着とか好きとか、そんなものはとうに越えてるからちょっと怖い(笑)
 
 
いつも考える……(笑)
クライミングが一応、スポーツと世の中には認知されているから、私の頑張りも誉められる?モノみたいだけど「正常と異常の微妙な狭間」はホントにちょっとした違い、多数決で決まってる常識の中でだけ(笑)なんだと思っているから、よく言う「天才とキチ大丸1イいは紙一重」とは良いところついてるな、と(笑)
 
生きてる世界が違えば今の天才が危ない人にもなるし、逆もね(笑)
 
私が何よりも大事なもの、自分では普通と思ってるクライミングへの関わり方すら、一般的には紙一重にビミョーでしょう(笑)
 
まあ、でも。
クライミングで良かった!
クライミングじゃなきゃダメ!
で良かった(笑)
感謝してます、本気で(笑)
 
んで、こう言ってはナンですが、先週、検定の仕事で通いつめていた「ストーンマジック」さん、ボルダー壁が壁ごとリニューアルするとかで、そのときは工事中だったので、今日の私の欲求を充たしてくれる可能性を感じて行ってきた。
 
が、しか〜し!
リニューアルと、月曜日は料金が安いとのW効果も相まって、激混み〜(笑)
 
 
写真じゃ解りにくいけど、この3倍以上の人が居た……(笑)
 
まー、知ってるひとも少なかったし、目的は果たせたし、橋本さんと喋ってたらナンか癒されたし……(笑)
 
いろいろあるけど、根が単純なのと、クライミングだけ与えとけば「全てOK!」な私はまあ、平和な人間かな?と。
 
ヘトヘトになるまで登ってすっきり元気になったかな?
 
又明日から頑張ろう!
posted by ユカジラ at 19:58| 日記

2015年12月07日

極寒だったラスト2日

 
クライミングウィーク最後の2日、金曜日、土曜日は豊田でボルダー。
 
寒波が強すぎて、雪が舞っていてもおかしくなさそうな気圧配置で、笠置は諦めた。
 
のに、のに、のに〜……
 
予報上では晴れだった豊田に行くも、金曜日は、丸一日ドンヨリと曇った風も強い極寒の1日。
 
もう……
 
寒いのは、アレルギーなんじゃないかってくらい苦手。
 
苦手を通り越して、人として機能出来ないくらいダメな私としては、先ず、やる気起こらない(苦笑)
 
なんとか奮い立たしてみても、ガチガチの身体は動かないし、手も足も感覚無くて、何となく時間が過ぎるのを堪え忍んでた1日でした。
 
ホント、寒い時期は苦手だな。
 
どんなにヌメッても、夏が好きなユカジラなのだ。
 
 
 
土曜日は、昼に向けてだいぶ暖かくなったので、大田エリアから歩きながら適当に気に入った課題を登る感じでエリアに向かった。
 
アップしたエリアに見た目登りたくなった課題を始めたら、以外に悪くて何度かトライして完登した課題……
 
 
グレードはd だったけど、私のサイズには初段くらいに感じて面白かった。
 
トライ中何度もヌメリ落ちて、
「やけにぬるぬるしてたなー……苔かな?」ブラシでゴシゴシ。
 
「登れて良かった〜」と、課題名あったかな?と、トポを確認すると……
 
 
課題名、「ラード」……
 
嗚呼、最初に見てなくて良かった……と言うくらいヤな名前でした(笑)
 
 
ちっさい岩だけど、傾斜に対してイイ感じに甘〜いホールドの、なかなか面白かった課題でした!
 
 
そのあとは、槍エリアに。
 
「バックトゥフューチャー」とか、「デルタ」とかやろうかと思ったけど、何故かスゴい人だかりが出来てたので、とりあえず空いてからにしようと、すぐ下にある「ロビンフット」をトライ。
 
簡単そうに見えて、イメージ通りには動かしてくれない、何て言うか、自然が作った課題って、なんて面白いんだろうと言うような内容で面白かった!
 
シークエンスがいろいろ有りそうで、結局、やっぱりこれか!?ってなったときには、指皮ザクザク&ヨレて登れず……(涙)
 
 
スゲー頑張ったので、ちょっと悔しさで荒れ狂った(笑)けど、こんな面白い課題、絶対登りたいと、次に行くときは、すぐに始めて是非とも登りたい1本になった。
 
 
 
これもシークエンス探しながらだと、かなり難しいと感じたな。
dと書いてあったけど、ムーブ解っていても初段クラスかと……
 
豊田ってカライ?
 
なかなか気温的に厳しい季節になってきたけど、岩は楽しいな。
 
 
 
posted by ユカジラ at 17:49| 日記

2015年12月03日

プライベートクライミングウィーク

 
三宅島のルートセットが延期になった事で、ぽっかり空いてしまった月曜日から今週末は、ラッキーウィークって事でプライベートクライミング!
 
月曜、火曜日は、日帰りではなかなか行けない笠置に。
 
オウダン岩で、「ナナメ・3級」でアップ後、ずっとやってみたかった「坂の上の雲・初段」をトライ。
 
カウンターデットでカチを取るところが高さもあって上手くいかなくて完登ならず…
 
 
取れる感覚を掴んだ所で、日暮れの寒さとヨレでギブアップ。
 
翌日もあるし〜、なんて余裕こいてたら、翌朝の時点でけっこう筋肉痛が…(苦笑)
 
この金曜、土曜も笠置行きにしよう!と言うプランがあったので、陽も余り入らず、風が抜けて寒かった昨日はツラい1日になったから、今日は他のエリアに行こうと言うことになって、2日目は太陽燦燦、ポカポカな大岩ごけエリアへ。
 
見た目にも美しい「シュクラン・1級」をトライ。
 
 
けっこう易しく感じて、アンダーからのクロスからクラックマッチまで行ったときに、ランディングが気になって1度飛び降りておこう…となったトライから、何故か、アンダーからの1手が全く止まらなくなった(笑)
 
 
ええ〜ん?
うっそ〜ん。
きいてないし〜(涙)
マジかー!
 
えいっ、
えいっ、
えいっ…
 
ぷち。
 
人差し指の腹に穴空いたしー!
 
ちーん。
はい、修了〜(涙)
 
 
まあ、初日の疲れやら、結局ヨレてたんだと思うけど、初日に続いて、チャンスを逃したダメダメな2日間になってしまった〜トホホ〜(泣)
 
どちらも1日で登れる内容に感じたし、集中力や何だかタイミングを逸した老人力に、疲労感以上のガックリ感にもう、死んだ…(笑)
 
水曜日、講習しながら立ち直って←早っ(笑)
 
復讐の炎にメラメラメラメラ燃えながら天気予報見たら…
 
………
 
雨やんけ〜!
なんじゃ!この寒波!
 
コロス、
コロス、
ぬっコロ〜ス!!
 
はぁはぁ……
 
チャンスの神様は前髪がハゲ?
 
ああもう……
 
こういうことあるから、確実に獲物は仕留めれるときに仕留めないと…なんだよねぇ…
 
一人反省会。
 
まあ、仕方ねぇ。
 
なんともはや、2本も宿題残して、笠置に行ける日は次はいつ来るのか!?って事になっちまった。トホホ。
 
 
木曜日の今日は雨。
 
生徒達と御岳に行く予定もダメになり、パン2でスペイン後、4回目のルートトレーニングに変更したら、こちらも持久力が落ちすぎてて、12Cでハリハリのドパンプ。
 
こらあかん。
 
バリバリに張った前腕をこれでもかってくらいパンプさせること、10本…なんとなく持久力の出し方と言うか、リズムの取り方と言うか…クリップ忘れそうになったり(笑)は、1日でちょっと戻った気がするので、週一ルートを義務化すれば、まあ、大丈夫そうで良かったけどね(苦笑)
 
そろそろスペインツアーも意識して、持久力トレーニングもしないとなー、と、こちらもマジ一人反省会。
 
プライベートクライミングウィーク、最後の2日間は、晴れが望めそうな豊田に行く事にした。
 
棚からぼた餅的なクライミングウィークは、一人反省会ばかりの日々になってるし(笑)
 
豊田では成果欲しいなぁ。
 
 
 
posted by ユカジラ at 19:34| 日記

2015年11月26日

三鷹ジャムセッションさんのセット

 
オープン前にセットさせていただいてから2度目のセットでしたが、ホールド、壁共に登られてるなぁ〜という感じが伝わって来ました。
 
内装も可愛らしくて、会員さん達とのアットホーム感が良い雰囲気出してるジムでした。
 
 
今回は初日にゆきちゃんと!
女性2人で楽しくセット。
 
 
 
 
登りに来られる方達が、楽しく、やりがいを感じて貰えたらうれしいな。
 
この数日、課題作りやセットが続き、肘やら指が腫れたままでヤバ気味だけど、作りたい課題、どんどんイメージが浮かんで来て楽しいな。
 
セットは肉体的には大変なことも多いけど、依頼が有る限り、感謝の気持ちと真摯な姿勢で全力で頑張ります!
posted by ユカジラ at 22:07| 日記

2015年11月23日

雨覚悟で御岳へGO

1448262094497.jpg1448262057379.jpgDSC_0004.JPG
どんより湿度も高かったけど…
夕方まで雨は降らなかった!

行ったもん勝ちの1日でした(笑)
早起きしてよかった〜うふふ。

状態は悪めだったけど、「エゴイスト・初段」と、「遥・二段」をトライ。

エゴイストは、リップ取りのホールドまでは、今日居たクライマーの中でもダントツに安定して行けるのに…リップが大気圏の外に見えた(笑)

男性が飛び出す足では距離的に無理なので、高い位置に上げたけど、今日の湿気、というよりむしろ濡れてるホールドじゃスッポ抜けて危なくて、生きるか死ぬか(笑)だったよ。

くわばらくわばら。

もう少し乾いてるときにやってみたいな。

ああいうダイナミックな動きには憧れるから、ガンバるのだ!ゆかじら!

で、遥もトライしてみたけど、夕方になるにしたがって気温が下がったからか、更にヌメヌメになってて、核心と言われてる?左手の縦カチまで行けなかった。

でも、こちらも途中までは何度やっても安定して動けたので、ナンとか?トライしていけそうな感じかな?


これから寒くなるから、御岳に通うことも増えそうだし、頑張りたいな〜と、目標が出来た。

今日は成果というほどのモノはなかったけど、砂箱岩でアップしたとき、「猫砂・1級」を一撃(笑)

私的には、3級あるかないか?くらいにか感じなかったけど、健ちゃんが珍しく敗退してたので、核心のホールドからのリップ取り、私は足を高くあげたので、サイズなんだとおもうけど、たまにはそういう思いもしてもらわないと(笑)

健ちゃん、伸び伸びになりながらも、技と力を発揮してエゴイストは登っちゃったからね。

いいなー。

いいなー。

いいなー。

なまいきだなー。 ←うっそ〜ん(笑)


チビにはチビの道がある!
はず。

こういうの登れるようにならないと、8Cとか、その上の世界、私には見れない…そう思えば気合いも入る!

ボルダー自体も大好きだし、頑張ろう!
posted by ユカジラ at 17:48| 日記

2015年11月21日

no-title

1448100297262.jpg1448100217528.jpg前日の仕事終わりが遅かったので、早起き出来ずに(笑)今日は近場で!

三峰へ。

実は、今日が2回目。

しかも、起きたのが遅くて、すでにどこもかしこも渋滞〜(涙)

着いたのは昼前…(笑)


三峰、初めて行ったのは、8年位前、撮影の手伝いで行ったので、登った記憶は殆ど無い。

岩を見ていくと、少しずつ記憶も戻ったけど、名前もない「4級」とか、「ベロンチョ凹角・3級」は登ったの覚えてたけど、たぶんそれくらい。

今日は、クラッシック有名課題の1つ、「一輪車・初段」を登った。

この時期にしては気温が高くて、雨が多かった事もあり湿気っぽかったから、核心の右手の浅いマントルで、プッシュがスッポ抜けて2回も落ちて…

きょわ〜〜〜!!(恐)

アブねー!!(焦)


しかーし!

ただでは転ばない主義のワタクシ、失敗毎に動きを正確に直して…

少し休んで気を溜めて(これ以上落ちたくないので)完登。

久しぶりに恐かったので、こういう課題は登れてうれしい。

そのあとは、体調が悪かったこともあり、生体反応が薄ーくなって、半死の体。

奥のエリアに移動しながら「1級」らしいマントル課題は登れたけど、「ペタシ」は上部で落ちて下部緩傾斜に足引っ掛けそうになって、捻挫が危険な臭いが漂っていたので、今日の体調で無理するのは良くないかもよー…ってことで敗退。

「ひも」は触るまでもなくでした。

帰る頃にはゾクゾクするわ、頭痛いわ…不調感MAX。

風邪でも引くのか!?と思いきや…


ご飯食べたらそこそこ復活(笑)

でもまー、口内炎も治らないままそろそろ2週間…
体調良くないサインが出まくってるから気をつけなきゃ。

今日で3日連続登ってるから、明日は仕事だけでとどめよう。

明後日は雨予報だけど…
曇り予報に変われば岩場に行くぞ!
posted by ユカジラ at 23:06| 日記

2015年11月17日

出しすぎ禁止!?

1447500538580.jpg1447600246468.jpg週一のペースを保って、小川山に通ってだけど、今週は雨で岩場はおやすみになりそう。

ザンネーン!

ま、ジムでのクライミングも大好きな私としては、岩場に行けないなら、普段は行けないジムへ!

土曜日の事になるけど、お気に入りのジムのひとつ、マーブーへ行ったら超面白かった!

マーブー、いちばんは課題の内容だけど、建物の雰囲気といい、スタッフさんたちの感じといい、スゴく好き。

前回は、スペイン前だったので、課題も全部変わってたので楽しさ倍増。

飯山親方と勝負セッション方式でトライ〜!

まあ、負けるのは解ってるけど、張りぼてが多くて、シークエンスもあったりで、足を上げる事や保持力で、そこそこ対等に勝負になるから楽しい(笑)

前半はぶっちぎりに先に登ってたけど、やっぱり勝てるわけもなく(笑)
最終的には3課題多く登られての負け越し〜!

くそぅ、狙い目は親方の腰痛が酷いときだな…(笑)

40メートルとか50メートルのルートなら勝ちはほぼ手中にあるけど、そっちは付き合ってくれないからな。

しかし、ほんと、ボルダーは強い男子と登ると鍛えられて良いね!

で、マーブー、頑張りすぎて、翌日は講習だったから、99%レストしたのに、1日のレストじゃ回復せずに、3日過ぎた今日もまだ疲労感が…(苦笑)

張りぼてとかの、"溜めてタメてためる"動き、体幹をフルに使う内容は得意なだけに、パワーも何もかも、出しきれてしまうのでやりきってしまうから、後々の死を意味する(笑)

思い返せば、長崎で行われたボルダリングジャパンカップで、トンデが来てセットしたとき、マーブーの山本さんもセッターだったって話になって、あの時はなんと!8位でB代表とかなってたんだよ、この私が(笑)


今や飛んで跳ねてが主流なので出ようとも思えない(出来なさすぎて(笑))ボルダーコンペも、主流な動き、流行りが変われば、出るくらいは出来るのか!?…

いや、ないね(笑)
勘違いしましたすみません(笑)


今週最後にするつもりだった小川山、どうも雨予報なので、登れなかった課題のリベンジにマーブー行きたいかも〜(笑)
posted by ユカジラ at 17:06| 日記

2015年11月12日

収穫

種蒔きをしておいた獲物を今日はいくつか収穫@小川山。
 
先週の寒さよりは慣れたのか、装備を冬仕様にして行ったからか、余り寒く感じず助かった。
 
今回は、社長と家来2名と(笑)
 
まず午前中に、「虹の入江・初段」をゲット。
 
 
先々週?に初めてやったときは、チビ系(156p)の私には、通常ムーヴだと、ガストンからもうひとつ上のホールドに届く気しなかったけど、今日は数回目ですんなりスタティックスに取れた。
 
昨日の鍼が効いてるのか、足あげもスムーズに出来て、力を余り使わなくて届いた。
 
不思議な引き付け感(笑)
 
気分を良くして、「石の魂・1級/初段」をやったけど、ポケット取りの足位置が少し深くて登れなかった…残念。
 
打ち込み過ぎて指が終わった感が…(笑)
 
でもだいたいわかった。
次は行きたい!
 
そのあと、先週、暗〜くなる最後にトライして、恐いのと暗いので登り損ねた「MNP・1級」も、明るいとよく見える(笑)し、距離感等の様子がわかってたので、本日2回目でゲッチュ。
 
 
高さがあってなかなかステキな課題でした。
 
そのあとは、家来たちの、"登れそうで、ツメの甘い(笑)"けど、なかなか "根性" が感じられる良いトライを応援しながら夕方遅くまで撮影等。
 
日暮れギリギリで、社長のトライ中の「穴会社」へ行ったので、「穴社長」とミダラのスタンディング「1級」をダメ元でやってみたら、既に保持力終了通告が発令されていて、ダメすぎて笑けた(笑)
 
 
今年、スペインから帰ってから、週1のペースで通ってる小川山、触ってしまって登り残してる課題があと3本で、他の収穫は済んで良かった。
 
見収穫
「穴社長・二段」
「ファルコ・初段」
ミダラのスタンディング「1級」
 
これらはやっつけたいけど、そろそろ冬支度の小川山、どうなるかなぁ?
 
しかし、ギカントのエリアのルーフの1級とかも、すごく易しくて、あれと、ミダラの「1級」が同じとは思えんけど(笑)
 
まあ、ボルダーってそういうものか(笑)
 
今回で5日小川山で登って、初段4本、1級を5本。
 
そろそろ2段、やり始めてもやる資格あるくらい慣れて来たかな?
 
「忘却の河」とかもやってみたい!
 
 
先ずは、良い感じに仕上がってきてる「穴社長」からだけど、ちゃんと積み上げたモノの先に、次のステージを見据えたい。
 
そして、家来1号のブラッキー、ほんとにスゲぇ成長ぶりで、今日も夕暮れの暗闇ギリギリ(笑)で、「穴社員・3級」を登った!
 
さんざん、「MNP・1級」を打ち込んだ後だったのに、よく頑張りました!
 
価値ある1本!
おめでとう!
 
 
 
良い仲間に囲まれると、モチも上がるね!
 
皆ありがとう!
 
又頑張ろう〜!
posted by ユカジラ at 18:43| 日記

2015年11月08日

三宅島のクライミングイベント!

雨の日曜日ですが、三宅島で講習会&コンペ!
 
久しぶりの島は、空気感も柔らかで、ゆるゆるとした時間が流れていた。
 
多動児の私もちょっとのんびりモードに(笑)
 
 
おお!南の島らしいぞ!花が!
何の花?(笑)
 
 
スナッパーさんちの、猫達…
ミミ店長とクロ。
かわゆーす!ヤバし可愛さ。
 
 
はい。
仕事もしてます(笑)
 
土曜日にコンペの課題作りと、講習会用の課題設定。
 
 
年々、成長を遂げるメンバーさんや新しくクライミングを始める皆さんの楽しんでる感じがとてもgood!
 
 
講習会参加者 集合写真
 
 
更衣室やトイレも改装されて綺麗になってるし、この先はもっと楽しいことが起こる三宅島の体育館!
 
楽しみです!
 
そして、そこに関われて、クライミングを愛する人達と共有出来る時間に感謝。
 
 
 
コンペ参加者 集合写真
 
皆、ヨレヨレまで出しきりました〜!
 
盛り上げてくれた参加者、関係者の皆さん、ありがとうございました!
posted by ユカジラ at 18:31| 日記

2015年11月06日

旅カラスは三宅島へ向かうのだ!

 
今晩から、三宅島で講習会&ミニコンペ!
 
いやー、三宅島へ行くのは久しぶり!
 
 
そしてひとり旅だし、船は新しい「橘丸」わくわく(笑)
 
 
この記念写真用の●穴に顔入れて撮影したかったが、一人では無理だった…(笑)
 
 
楽しい講習会&コンペになると良いな!
 
船、沈まないでね(笑)
泳げないんで…(笑)
posted by ユカジラ at 22:30| 日記

2015年11月05日

座業は辛いよどこまでも…

2日間の更新研修で、代々木オリンピックセンター。
 
 
今回は、危急時講習だったんだけど、まわりはオール山関係の人々。
しかも、登攀ガイドさんていたのかな?
 
自然ガイド系のハイキングガイドさんから、一般登山道からの登頂くらいの範囲のガイドさんが殆どみたいだったので、私の、「この性格、この落ち着きのなさ…」(左矢印1ろるうに検心風に(笑)) 異分子的なアローン感がたまらなかった(笑)
 
研修内容、危急時の対応、その心構えはどの山岳分野でも、同じっちゃあ〜同じなんだけど、講師の方たちも山とハイキングガイドさん?が殆どなので、シュミレーションが普通の低山だったり、ノーマルルートが主で、想定する顧客の体力、技量も、私の仕事の範囲では、まず無い、起こらない内容ばかりでちょっとつまらなかった(笑)
 
フリークライミングインストラクション中に起こるような事故内容、要救に起こりうる情況とは離れすぎてる感じでした。
 
ハイキングなどで、不特定多数の一般人をたくさん連れて山に行く、旅行会社とタイアップのガイドさんたちの気を配るポイントとか、私も長く山岳のガイドやってたから、いろいろとわかるけど、そこまで!?って感じで萎えた(笑)
 
しかし、免許更新にはやらにゃならないから仕方ない。
 
座りすぎで腰がまた痛くなったよトホホ。
 
かの有名な山本さんの講義が面白かったし、やっぱり、クライマーは違うなぁ…どことなくアウトローな匂いを醸し出してて、話聞いてても落ち着く(笑)
 
 
フリークライミングインストラクター協会の研修や講義の内容はレベル高いなぁ、と改めて実感(笑)
参加してて、もっと時間がほしいと感じるし、頭や身体をフル回転で挑むもん(笑)
 
とにもかくにも、一大マグロには厳しい仕事がひとつ終わりヤレヤレでした。
 
posted by ユカジラ at 23:45| 日記

2015年11月04日

そういうことか

昨日は、休日(祝日)なのにプライベートで小川山にボルダー。
 
土曜日も登りに行ったけど、寒気が降りてきていて、1日でひと月くらい先走る(笑)急激な気温の低下に、寒くて、私的にはもうダメ…的な寒さでしたが、昨日は予報を見ると、いくらか持ち直してる感があったので出撃。
 
前日の雨も心配だったけど、行かねば登れるチャンスは増えない!と、気合いの4時半起き(笑)
 
道も岩場も比較的空いてたけど、やっぱり寒かった…(笑)
 
あれくらいで寒い、とは言わないのかもだけど…私には、けっこう、かなり…もう無理かも〜(笑)
 
寒すぎて服を脱げないから、いちばん寒い時で、上5枚、下2枚と言う"だるま"クライミング!
 
腕上がらない(笑)
 
登りにくいし、ゼンゼン攻めの気分になれない(笑)
 
激しく成果無しの1日(苦笑)
 
 
 
ガッデーむ!
 
でも、ガツガツ登らずに「観察」していて気付いた事がある(笑)
 
クライミング人気が高まり、多くの人が岩場でも登るようになっていて…その登り方、取り組み方…話には聞いていたし、気にもなっていたけど、仕事も、プライベートも人の少ない曜日、場所で登るようにしてるから、そういう情況を間近で見ることは少なくて、一種、違う世界のはなし…みたいに思ってた事の…リアル体験(笑)
 
私達が普通だと思っていたクライミングと言うモノへの取り組み方や、感じ方…かなり違うんだ、と、実感(笑)
 
やたらとシークエンスを教えたがるのは聞きにし勝る、だけど、それ以上に取り付く課題への資格みたいなものの崩壊?(笑)を感じた。
 
まあ、簡単に言えば、  モノには順序があるんじゃないかってこと(笑)を感じた。
 
力量と取り付いてる課題の難易度が酷すぎる人が多いんでね?(笑)ってこと(笑)
 
得意、不得意、体格差で難易度も感じ方は変わるけど…特に、ボルダーはそういう事多いし、数字は目安で、やってみないと解らないって言う部分がルートより格段に多いのはわかる。
 
でも、でもだ(笑)
 
そういうレベル越えてる感が…(笑)
 
3級が、そこそこな感じで登れない人に初段や2段は難しい…それはまあまあ当たり前だよね?(笑)
 
私は「論外」な課題に取り付いたりしない…と言うか、おこがましくて出来ないと思って、地道にひとつひとつ積み上げて登って行くもんだと思いながら30年以上登って来た。
 
その考え方を根底から覆すような人の多さに苦笑い。
 
いくらなんでも無理でしょ?って課題に、無理そうな人がワラワラワラワラ…(笑)
 
有名課題をさわりたいのは解るけど、だからこそ、いつかその課題をやるに相応しい自分になって頑張る!って感覚は無いのか!?って勢いの見るに耐えかねる(すんません)トライに、時代の変りようが切なかった(笑)
 
 
箸にも棒にもかからない、有名高難度よりも、その時に自分にベストなモノ、内容的にもとても良い課題…6級でも、5級でも4級でも…あると思うんだけど(笑)
 
そういうのやらないで、そこ出来なきゃ、核心出来る訳ないっしょ?!って所でハマりながら、やれてる気になってる人が多くて、まあ、楽しみで登る事もクライミングの大切な要素だし、個人の自由だから良いんだけど……
 
いや、やっぱり良くない(笑)と、ちょっと思った。
 
ルートで、例えばだけど、13をトライしてる人が、10でドハマリしてる情況、有り得ないはずの事が普通にあるのは、ボルダーから始めるパターンが多い今日では、普通に有り得る事なんだなぁ…と目から鱗の1日でした(笑)
 
ボルダーなら、とりあえずトライ出来ることも多いからなのと、3級登れなくても登れる1級があったり…
 
 
要素が少ないぶんだけ、難易度の捉え方は時には大きく変わるからなんだろうけど…
 
でも、ルートに関しては、難易度が決まる要素はそこそこ多いし…11が登れないけど、もしかして登れる13があるかも?は、無いと思う(笑)
 
お買い得、なんて無いし、誰もが認めるお買い得なものは、その難易度ないって事がほんとの答え(笑)
 
もしくは、その難易度を幅広く登れる人達にとっては、と言う意味だよね。
 
大衆化するって、良いこともあるけど、ほんとの意味での大切な文化も失われてしまうのかと思うとスゴく嫌だなぁ。
 
クライミングで遊んでる…その遊び方に敬意が無いのが当たり前になっていくとしたら…人気なんて出なくても良いかもなぁ。
 
そんな風に思った1日でした。
posted by ユカジラ at 18:28| 日記

2015年11月01日

いきなり真冬

昨日は、一昨日まで小川山にいたけど、お猫様がお待ちになってるので、一旦帰宅してから再度出撃。
 
移動が大変だけど、猫が可愛いので頑張れる〜!
 
 
 
小川山、金曜の認定試験の時点で、かなり寒気は入って来てたけど、昨日は激烈寒かった(苦笑)
 
朝が1番暖かかった感じで10℃位。
 
午後の曇り勝ちな時は3度まで下がってた…ひぇ〜!
 
風もあって、体感的には氷点下気分。
 
昨日は、プロジェクトの仲間とその友人の方達に案内してもらいながら、虹の入江、石の魂辺りの課題をトライ!
 
 
何処に行ってもすごい人で、ボルダー人気に再びビックリ!
 
いつも驚いてるけど、やっぱり驚くと言う、これもある種の記憶障害か!?(笑)
 
虹の入江、AIT、石の魂をトライしたけど、細かいねぇ(笑)
 
 
で、遠いな。
 
足位置やら工夫しないと安定して届かないかな?と思われるパートでどれも躓く。
 
あの傾斜はチビにはなかなか手応えあって、“以上”のフィジカル使わなくてはならない事が面白い。
 
そこここで、160以上あればそこは出来る、とか、160前半の人には足が切れる、とか…聞こえて来て、いろんな人がアドバイスくれるけど、態度がデカイからか、それくらいはあると思われてる風なアドバイス…(笑)
 
う〜ん…
 
156センチ(縮んでなければ(笑))の私は、我が道でシークエンス探していかないと…と思った(笑)
 
どちらの課題も、足は同じような位置しか無さそうだったけど、引きつけと押さえがあれば、出来ない距離ではないから、保持強化には良い課題なので又トライしょ〜っと!
 
しかし、服装や暖か装備、少し考えていかないと、と言う季節に入りましたねぇ…
 
検定の仕事から続けての疲労と寒さで、軽く風邪ひいたっぽい…
 
今日も、岩場の講習で外だけど、伊豆方面なのでいくらかマシかな?
 
1番苦手な寒い季節がやってくる。
posted by ユカジラ at 07:14| 日記

2015年10月30日

フリークライミング検定で小川山3days

マルチピッチ検定の検定員で小川山に行ってました。
 
 
平年よりは高めだったので良かったけど、この時期の小川山は、やはり寒かった(笑)
 
しかし、毎回、研修してても、検定の見習いで手伝っていても、検定してても、我々の協会でやってることはレベル高いよ(笑)マジに。
 
毎回、この協会に籍を置いてる事へのプライドと更なる向上へ意欲が湧く時になってる事は確か。
 
自称インストラクター、自称セッター、自称トレーナー…言えばなれてしまう曖昧なモノも、クライミング業界にはたくさんあるけれど、本物はそうそう居ない(笑)
 
 
インストラクターと言うくくりでの話なら尚更、私達のやってる内容の高度さ、それが当たり前で、普通の事にしていく為のノウハウ…
 
自称で簡単には真似なんて出来ないと言うことは、ここに来ればすぐにわかる(笑)
 
プロフェッショナルって言葉を自信持って誰の前でも言えるインストラクターの集まり、左矢印1勘違いや根拠の無い自信じゃなくてね(笑)
 
それが私達のやってることだと再認識の時でした。
 
伊達じゃないんだよね、伊達じゃ(笑)
posted by ユカジラ at 17:18| 日記

2015年10月25日

腰がのび太

いやいや、腰が伸びた!
 
と言う話(笑)
 
3回目の鍼治療を終えて、やっとこさ、膝裏の痛みや太ももの奥の痺れ、ばあちゃんみたいに曲がった腰でしか日常生活を送れなかったユカジラでしたが、昨日辺りから腰も伸ばせるし、痛みもなくなって、夜も安らかに眠れるようになりました(笑)
 
 
大腰筋が硬まり過ぎていて、3回目の治療でやっと何本かの鍼が入るようになったと言うくらいの硬まりっぷりで、2回目までは、鍼の先生が1本刺しては、大汗かいて「ふぅ〜っ」と言いながら、「硬ったいなぁ」「入らないなぁ」を連発していたくらい。
 
すんげぇ痛くてツラいけど、ここまで硬めてしまったら深層までブッ刺す鍼治療しか手がない(笑)
 
3回目の治療では、首と前腕にも少し打って貰ったけど、殆ど腰で、約50本近い鍼を打った。
 
針鼠になったユカジラ(笑)
 
あと1回の治療で、ひとまず終わる。
 
頑張るっ!
 
腰が伸びたら、スポドリ「ゲストセット」の2級のランジ課題左矢印1これ重要(笑)、登れた!
 
ランジ自体がけっこう遠かったし、他のパートも私のサイズだとダイナミックな動きになるし、激励うれぴぃ〜!
 
 
腰は大事、要ですなぁ(笑)
 
 
そして、昨日は少し早めのシーズンではありますが、湯河原で講習。
 
皆の成長が眩しかった!
インストラクターという仕事で1番冥利に尽きる瞬間です(笑)
 
 
 
posted by ユカジラ at 18:09| 日記

2015年10月22日

ボルダー特訓は続く

毎日忙しいけど、やりくりやりくりして、今日もボルダー@小川山!
 
『地面からの2段を、とにかくたくさん頑張る』の心意気でトライしてますが、今、手をつけてる『穴社長』は一手一足のバランスを見つけるのに、なかなか保持力を要するので、いい感じに手数が進んだ頃には、保持力の終了通告が来ると言う刹那(笑)
 
 
しかし、あと、3手のところまで来た!
 
いけそうかなー。
 
しかし、保持力終わっちゃうと、も〜、ゼ〜ンゼン出来なくなる(笑)
 
このピンポイントにかかる強度の強さ…
 
ボルダー、やっぱ面白い。
 
 
 
クジラ岩から石楠花に移動して、『忘却の河』も平行トライしていこうとやり始めたけど、とりあえず、マントルの2級を登った時点で、明らかに穴社長の指力と体幹疲労でやっとこさ登った感じだったので、1日に2本の2段トライはまだ早い…と言うことで路線変更。
 
『忘却の果て・初段』にターゲットを変えて、完登。
 
4、5回目くらいで登れたかな?
 
何故か、初段という言葉には明らかな安心感というか、特別な緊張感もなく取り付けるから不思議。
 
2段って聞くだけでやたらと難しく感じるのは、数字のマジックなのか、経験値なのか、実際大きな差があるのか?全部なのか(笑)
 
わかんないけど、なかなかすんなり行かないもんだねぇ(笑)
 
『穴社長』も、今日の進み具合なら、登れちゃっても良さそうな感じだったのに出来ない…(笑)
 
ここに『2段』ってモノの意味があるんだろうなぁ。
 
 
まあ、なんだ、下地は大事。
 
高跳び、割愛、スキップ、なるべく楽して最短(笑)……そんなに甘くないのがクライミング。
 
初段を少ない回数、一撃、で何本も登っていけば、すんなり2段をこなせる日も来るだろう。
 
そしてその先に、FLORIDAの、あの35メートルから来る2段がこなせる実力が身に付くんだとも思う。
 
近道なし。
 
うわべだけの数字が欲しいと思うほど幼い時は、無かったとは言わないけれど忘れたくらい昔のこと(笑)
 
今欲しいのは、『本物』のクライマーとしての自分のみ。
posted by ユカジラ at 23:56| 日記

2015年10月19日

忙しくなってきたよー

さすがに、5週間強のツアーの後は、いろいろ忙しい(笑)
 
まあ、当たり前だー!働けー!と言う声がそこいらじゅうから聞こえても来る(笑)
 
いやいや、我が事ながらよく働いてますわ、ワタクシ(笑)
 
日本にいるときはまんず仕事優先だし。
 
そう決めて日々を生きてるので、仕事大好き、燃えろ働きマン!ですが、とにかく、帰国してからの身体の調子が悪すぎて、無理が効かない〜(泣)
 
これが加齢の為せる業!?
 
いやいや、いやいや、多分違う。
 
Floridaを毎日やり続けた気合いと体力は並みじゃない。
 
若くても死ぬ!と、思われる(笑)
 
この数年、マッサージや鍼などの対処療法にはあまり頼らず、自力で回復、改善出来るケア、自己治癒力を高めつつ、自給自足で復活する方法でやって来て、上手く出来ていたけど、今回の蓄積疲労はマジヤバイ。
 
ツアー中にやってた強度の高さと、時間の多さに、自分の力ではどうにも対処出来ないくらいの疲労を溜め込んでしまったようです…(苦笑)
 
腰には鉄板を背負い、尻は鉄のパンツ履いてるみたいにカチンカチン(笑)
 
身体の動かなさ、痛みが常にあって不快〜!
 
鉄のパンツ脱ぎたいす。しくしく。
 
はじめての感覚に焦りつつも、またひとついろんな意味で強くなれるチャンスを得た感もある(笑)
 
乗り越えるぜぃ!
 
で、恐ろしく痛みを伴う、恐怖の中国鍼の治療…あまりの苦痛を伴うので、もはやこれは、ホントの意味での治療の分野。
 
癒される感覚は0だけど、気合い入れて頑張って治療した後は、少しずつ回復する。
 
あと、2回は死ぬほど痛い治療を受けなきゃだけど、これやらないと、仕事にもトレーニングにも支障をきたすので仕方ない…しくしく(涙)
 
 
 
そして、アップ出来ずにいた↑これ。
 
スポドリ、ゲストセットの壁は絶賛オープン中〜!
 
今回は、いろんな意味でプロ中のプロ!松島あきとくんの課題!
 
うーん、さすがです。
 
私も各グレード作ってあるので、みなさんお楽しみください!
 
 
そして、昨日はライムストーンクライミンググラブさんの岩場講習@榛名山黒岩〜!
 
ヤル気満々のクライマー達と登るのは楽しい!
 
 
お疲れ様でした!
 
次回、またよろしくお願いいたします。
posted by ユカジラ at 12:35| 日記

2015年10月15日

コンディション抜群の花崗岩

IMG_20151015_155502.jpgIMG_20151015_163410.jpg
スペイン帰国後から2回目のボルダー@小川山。

穴社長は、回数決めてトライするものの、下部の核心なのかな?左手で取るポケットが止まらない(笑)

今の腰と膝の動きの悪さだと、ハイステップがちょっとキツい(笑)

あまり打ち込まずに何回かやって、今日は終了。

ミダラのスタンディングからの1級とかもやってみたけど、あれ悪いな。

スタート体勢から1手なのに、それが遠い〜(笑)
かすりもしない〜(笑)
こういうのこそ練習しないとなー。

しかし、乾燥しててぬめらない!
スゲーな、この季節。

夏以外に小川山とか、花崗岩でボルダーしたことあまりないので、コンディションの良さに興奮!

トライしてみたい課題は山ほどあれど、スペイン帰国後から続く、腰痛と膝裏痛、何だかいつも疲れていて、スパイヤーレフト・1級を登った後に爆睡してしまうという怠惰(笑)

陽も傾いて、雲も多くなってきて寒くて目覚めた(笑)

ぼーっとした浮腫んだ顔で(笑)クラシック有名画題の、グロバッツスラブ・初段を。

アンダーポケットマッチからの動きで数回動けなくなって飛び降りたけど、足技でこなしたら、もう落ちれない高さ。

最後のガバらしきホールド取るときには、あまりの恐怖に、骨折やらなんやら…病院に横たわる自分の姿なんかが走馬灯のように浮かびましたよ(笑)

スタンスの悪さ、アンバランスなクロスでのガバ取りでは、久しぶりに吠えた(笑)

いやぁ、ガバで良かった(笑)

けっこう高いからなぁ。

初見だったし、誰も登ってる人もいなくて様子も解らなかったし、怖かった〜(笑)

でも、これぞクライミングの醍醐味!な感覚がめちゃくちゃ楽しかった。

来年のFloridaを登るために、意識的に2段を登るって気合いいれてるけど、数字よりも、自分の目標にとって意味のある内容の課題を登るって大切。

全然出来ないような課題と合わせて、今日みたいな登れる範囲の内容はきっちり少ないトライで登る事もやっていきたいな。

気合い入れるクライミングは楽しいしね(笑)

何はともあれ、登りたいと感じる課題は臆せず取り付こう!

好きこそモノの上手なれ。
posted by ユカジラ at 22:07| 日記

2015年10月13日

花崗岩マジック

三連休の日曜日、月曜日の祝日は小川山。
 
日曜日は予報よりやや悪い天気でしたが、タオルで拭いて、チョーク乗せて、THEスラブ!でボルダー講習。
 
 
雨上がりすぎて、沢登り的だが、拭けば行ける!
 
 
最初はびしょびしょで、乾かして皆がなるべく良い状態でトライ出来るようにして…だったけど、ここでも諦めなければちゃんと登れる!という事も体験してもらえたかな?
 
やめるのは簡単。
 
粘ってナンボのクライミング(笑)
 
そうやって得る貴重な1日もある。
 
私は経験から易々と諦めない事を学んできた…時にはそう言うことも伝えていきたい。
 
午後少し遅めだったけど、状態も良くなってきて、皆、成果も出せた。
 
ほら、予想通り登れた(笑)
クライミングは気合いでしょ(笑)
 
安全な範囲を充分考慮して…でも、結局やる気のある人、諦めない人、が手に入れられる成果もある。
 
私もその昔、先人達の姿勢や取り組みから学んだことでもある。
 
 
 
そして、三連休の最終日は、プライベートでさっそくボルダー!
 
花崗岩は難しいねぇ〜(笑)
 
スペインとは対極の傾斜にバランス&フリクションクライミング…
 
ヤバイ…面白すぎる!
 
久しぶりという事もあり、小川山ボルダーは初めて、という仲間達を連れてメジャーなクジラ岩からのスタート。
 
たった1日で岩はカラッカラッ!
スゲーな花崗岩。
 
条件良くて、クライマーもどこからともなくワラワラワラワラ…出てくる出てくる(笑)
 
昨日のガラガラから一転しての激混みにちょっとびっくり!
 
今日はプライベートなので、生徒でもあるけど自立したクライマーになってもらうために放置プレイ。←良い言い訳だな(笑)
 
各自やりたいように登りたい課題を登る。
 
私は、6級、5級でアップ後、穴社員・3級、エイハブ船長・1級を登って、地面からの2段を頑張るシリーズ第一段として、穴社長・2段もトライしたけど、スペイン帰国後から続く、腰と右の膝裏の痛みが酷くて、登ってるとき以外はビッコ引いておばあちゃんみたいな歩き方しか出来ない状況…
 
(エイハブ船長・1級)
 
穴社長では、ハイステップが出来なく、今日は敗退(笑)
 
クライミングは甘くないのも承知の上なので、何となく雰囲気だけ掴んで、今回はクジラ岩から異動。
 
ギガント・初段が宿題という仲間に連れられて、私もトライ。
 
クジラ岩でそこそこ奮闘した後なので、ヨレヨレだったけど、ギガント・初段、モンスリー・1級、共に4回目で完登。 
 
(ギガント・初段)
 
(モンスリー・1級)
 
 
いやはや、なかなか楽しかったけど、ほんとにスペインでの過労が出まくってて、岩に取り付いているとき以外は、膝裏がとにかく痛くて、腰も伸ばせなくて、ビッコ引き引き、ヨタヨタ…
 
婆ちゃんみたいな動きしか出来ないのに、岩に取り付いた瞬間、ちゃんと動ける…(笑)
 
ついに壁の中にいるときしかまともな生活が出来ない身体になったのか!?(笑)と言うくらいの違いに皆もびっくり。
 
しばらくは疲れを取る事をメインに考えながらトレーニングだなぁ。
posted by ユカジラ at 09:19| 日記

2015年10月09日

10000までの始まりの1歩

FB_IMG_1441917495622.jpg
帰国してから3日経ちました。

猫達も回収してきて、やたらと早く目覚める朝も(笑)ようやく許容範囲内の時間になった。

今回のツアー…頑張った、というのは当たり前な事。

誰しも目標に向けての努力はしている…そんなのあたり前田のクラッカー(笑)

目標を達成出来なかった努力は、所詮生ぬるい努力だったって事。

あ、今世間からのブーイングが聞こえたような…(笑)

『私の』去年1年の努力は生ぬるく甘かった、だから登れなかった…自分的にはそう思ってる。

過程はとても重要で、結果ばかりが総てではないけど、自分の描いた結果を出す…1つの完登こそが努力の形だと、私自身にはそうジャッジして来たし、これからもそう。

だから、今回のFLORIDAは私の敗け。くそぅ。

でも、明らかに手応えのある敗けだから、来年みてろよ!という感じ(笑)


次の努力は、1000じゃ甘いから10000で行く(笑)

帰国した日から、1歩目を歩き出しました。

この1年、きっとモチベーション切れることなく進んでいける。

それくらいの想いをFLORIDAからもらってきた(笑)



そして、今回のツアーでは、今後のツアーで変えていかないと…と思う事がいくつかあった。

技術面では当たり前にボルダー力の強化でしょう。

うぇぇえーぃ!やるぜ、先ずは地面からの2段をしっかりこなしていけるようにならねば。

難易度が上がれば、ムーヴの強度はよりボルダーになる。

何年も前からそこには意識して来たけど、まだまだ足らない。

全然追い付いてない。

この後も…生涯続く私にとって永遠の課題(笑)

ムーヴが確実に、余力持って早い段階で作れる←これ重要。

今回は1ムーヴの出来っぷりが、繋げるにはギリギリダメだったという事…

要は完登するためのムーヴは出来てなかったってこと。

ムーヴが確実に出来ていれば、繋げる事はそこそこ得意分野なのだから。

今日までの3日、さっそくボルダートレーニングも開始している。

来年までには、楽勝にあの一手止めたるわい!←ほんとかー!?大きく出てんなぁワタシ(笑)

持久力的な部分は何の問題も感じられなかった。

さすが私。持久力抜群(笑)

日々こなすという体力的な部分でも充分だったと思う。

それでも、今回は蓄積疲労が酷く、帰国してから、いつも行っている90分のサブトレが、3日やった今でもいろいろな関節、筋肉が固まったままで、ほぐれるどころか正常な動きもイマイチな状況。

日を追う毎にいろんな所に痛みが出てきてる(苦笑)

強度の高い動きをやり続け、メンテナンスが足りてなくても、今まではここまで身体が固まることはなかったけど、これじゃパフォーマンス落ちていても仕方ない…と感じるほど酷い。

今まではそんな事は感じたこともなかったけど、今年は、バルセロナの送り迎えの往復でも身体が固まってしまい、元に戻すのに数日を要した。

これからは、そういう不要な行程は無くしていかないと…

今まではギブ&ギブで何の気にもならなかったけど、自分に余裕があまりなくなってくると、ギブ&テイクがそこそこ半々で出来るパートナーと行くことを考えた方が良いのかな?とも真剣に考えざるを得なくなってきたように感じた。

今までは好きで殆どの事をイニシアティブを取ってきたから、これからは、時には任せっきりで頼れるくらいのパートナーって考え方もアリなのかもしれないな、と思った。
posted by ユカジラ at 21:55| 日記

2015年10月04日

誓い

この5週間ちょっと、良く、やり続けてきたなぁ、、、FLORIDA(笑)

s-11218750_621648801307975_7268242045112249517_n[1].jpg

今日は、神様がくれた予想外の晴天だったので、気合いを入れて頑張ったけど、やっぱり、止まらない1手が止まらなかった。

ずっとやり続けてたおかげで(笑)それ以外はもう落ちない位に完璧だったけど、これが高難度の難しさなんだと、良い経験が積めた5週間だったとも思う。

s-12039406_621647801308075_3334039839565937212_n[1].jpg
s-12049256_621648341308021_5408118467602466685_n[1].jpg


本当は、明日は時間調整程度に登って、バルセロナに向かう予定だったけど、、、

今日はそのつもりで、2トライ、ギリギリまで出し切って頑張ったけど‥‥クイックドローは回収しないで帰ってきた(笑)

いくらなんでも、今日これだけ頑張って‥本当に明日は回収だけのトライになるかもだけど‥‥

それでも、、、

あんなに長くて、あんなにずっと強度が高くて、あんなに頑張ってきたFLORIDAをもう1回やりたくて、回収は明日にした(笑)

というのも、核心の1手、このムーブじゃダメなんだろうな‥っていう思いもあって、でも、出来るんじゃないかって思いもあって‥ずいぶん試して諦めていたムーブ、原っさんのアドバイスも自分の気になってる部分と同じだったから、今日に1トライ目に落ちた時、もう一度試してみたら、厳しいのには変わりがないけど、中継なしで上のホールドが取れた(笑)

もちろん、ここまでやって来たから、距離感も強度も、受け入れられたんだと思うけど‥

最初はとても届くようには感じられなかった距離だった。

けど、これが地面にある2段だったら、やるムーブだよな〜〜‥そう思ってやったら出来た‥‥(苦笑)

今さらなんだけど、でも、それでも、確率が今までのムーブよりは良さそうで、それが、今さらなんだけど(笑)見つけられて、本当に興奮した!

もう、嬉しくて‥‥今さらなんだけど、嬉しくて(笑)クライマー冥利に尽きるって感じで、変な人みたいに、壁の中で笑いっぱなしだった。

s-IMG_4989.jpg


ずっと、ミュリエルならどうやるんだろう、って、背も体格も同じくらいな彼女の登りを見たいと思っていたけど、最初に数日エリアで見かけたけど、その後は見かけなくなってしまったし、米さん曰く、上部は何度かやっていたらしいけど、出来ていないうちに辞めてしまった(今回はそういうトライをしに来たんじゃなかったって事なんだと思うけど)らしく、残念だった。

他には時々トライしている人はみんな男性で大きいし、参考にはならない体格で、自分にとってヒントになる動きはなかったから、あの中継を使うムーブに固執しちゃってたけど、結局、安定した動きにこだわり過ぎていたって事だったみたい。

結局、ド〜〜〜ん!!と行けってか(笑)

そういう経緯もあって、明日、もう1度、その動きをやってから回収したいって思った!

そして、明日は、今度こそ本当に回収(笑) ← いい加減日本に帰れなくなるといけないから、ホントに回収〜〜!!


s-IMG_4995.jpg

しかし、、、ほんんとに、8a+にしては難しいと言われてる35mを何度も何度も‥良く登ったな(笑)

そこまで行って、見上げる核心‥‥

短いんだけど、遠い、超えれなかった壁‥‥


日本に帰ってから、今日までの苦しさや、あの長さが、きっと、懐かしくて懐かしくて仕方なくなるのが容易に想像できるし、FLORIDA、来年戻ってきて、登りたい!!そう思う。

自分に足りないもの、イッパイあるけど、より明確にわかったと思う。

次の1年に向けて、まずは、地面から始まる2段、そして、それ以上のボルダー、たくさんたくさん登って、力も経験も一杯積んで、、、必ずここへ戻ってこようと思う。


今日まで、こんなブログを読んで、応援してくださった皆さん‥本当にありがとうございました!!

もっともっと強くなって、来年、もう1度FLORIDAを登りに来ます!!

そして、この冬には、またスペインでのツアーも予定しています。

今回の日々が、冬のツアーの糧になっていることを信じて、もう一つの目標にしたいと思っている 8c も頑張ってゆきたいと思います!!


s-12109316_621869871285868_4518771382848830583_n[1].jpg

屍になっても(笑) 夢は終わらせない!!

自分の人生、これだけが本物の大切なものだから。


posted by ユカジラ at 06:04| 日記

2015年10月02日

回収延期

今日は、もう少し天気が安定してるかと思ってたけど、午後は、雷雨の激しい雨。

毎日たっぷりと雨が降るので、道も傾斜のない壁もびちょびちょで、被って濡れてない部分も湿気がスゴイ‥

染み出しも順調に増えていて、いつ一気に全面濡れて来るかという恐怖に苛まれる日々だった(笑)


今日はダメでも、2トライで回収するつもりだったけど‥‥

登り終わっても疲労感はそれほどないし、あの1手が止まれば登れるところまで来ているので、諦めがつかないでいる(苦笑)

あの距離がちょっとイッパイな1手、今の実力だと、つなぎのちょっとした動き、指の位置、重心の位置‥‥

すべてを寸分の狂いなく持って行けた時だけ出せる1手は、数手下からは出来ても、取付きから繋げるには‥

今の自分には奇跡に頼るしかない(苦笑)感じなのは事実だけど、その奇跡の1回を諦めきれない。

だから、、、

明日以降の天気予報が変わっていることを期待して、今日の回収は延期した。

下部のホールドも染み出しが増えてきてるし、日々の湿度の上がりっぷりには潮時を促されている感じだけど‥

だけど、これが濡れたらムーブが出来なくなる‥というホールドは、不思議といまのところまだ濡れていない事にも諦めがつかない(笑)

湿気は半端なくて、どこ持ってもヌルヌルするから、保持に力が更にいるようになってるけど、それをも握り倒せるくらい‥いやむしろ、登り込み過ぎて、巧くタイミングで動けるようになったんだな‥(苦笑)

それくらい、このルートだけをやり続けてきたからなんだけど、下部最速&ヨレないで最後のレストポイントまで行ける登りは続いてる(笑)

それも、諦めがつかない理由のひとつ。


帰ってから天気予報を見たら、明日からも雨ベースの天気。

帰国の日まで毎日雷雨になってたので、本当にあとは回収の為だけに登ることになるかもしれないけど、それでもいい。

このルート、この難易度をここまで出来るようになって‥‥

きっと、フィジカルも強くなってると思えるし、メンタル的にも日々闘い続けてきて、きっとまた少し強くなれたと思えるから‥‥

この数日、毎晩悪夢にうなされ、自分のうめき声で目が覚めたり、叫び声まで上げて、尋常じゃない追い詰められ感のなか、それでも逃げずに登って来たと思う(笑)

もう、今日で解放されたかったし、帰国までの3日を残して‥最後くらいはその苦しみから逃げたかった部分もあったと思う。

でも、今日は気分が悪くなるくらい緊張して、でも頑張って冷静に登って‥‥フォールしたら、何だか楽になった(笑)

もっと違う形で解放されたかったけど、今日までの闘いからは、自分なりに納得して、解放された瞬間だったんだと思う。

このトライの日々は次への糧になると思えるし、今日、回収しなかったことで、染み出しで、回収すらもギリギリになるかもだけど、そこまで登ろうって思えた時点でちょっと、、負けてるんだけど、負けなかったって言うか‥(笑)

きっと、ここからの日々は、今まで思っていた、1000の努力で1報われる‥それを遥かに超える日々が待っているんだと、心に強く刻み込めた1日だったと思う。
意味ある1日だった。

ひとりでいると、ちょっと泣けてくるけど、また明日から、10000?いくつか解らないけど(笑)積み重ねていこうと思う。

夢は終わらせない。


posted by ユカジラ at 05:00| 日記

2015年10月01日

忍耐の日

昨夜の土砂降りで、今日は朝から湿度MAX。

天気もどんよりと重い曇りで、日差しは全然無く、無風。

それでも、岩場に居なきゃチャンスは掴めない‥

いつもどうりに宿を出て、FLORIDAをトライするつもりで、、、いつでもベストで挑めるようにアップ。

今日も、池ちゃんは、体調は良くなってきたものの、寒そうなのと、雨が降りそうだと言う事で再びレスト‥

奇数では申しわけなくて、本当に恐縮だったけど、米山家、森家に合流させてもらって、なんとか日々を凌ぐ‥

この段階に来て、GIVE&TAKEのない状況はキツいけど、これも運命かと、あんまりいろいろ考えずに、今できることに集中。


s-IMG_0739.jpg

6台後半を3本、難しめの7a+で刺激を入れてから移動。

エリアでは、最少湿度のタイミングを待って待って待って‥‥

待ったけど、今日はそのタイミングは来なかった。

岩場で、天気予報が確認できないのが痛いけど、朝の予報では、明日は薄曇りで日も射すうえ、今日より少し気温も下がるし、風向きも今日より良さそうだった‥‥

ここは、無駄に焦らず1チャンスを待つべきと、我慢の1日となった。

米さんたちのビレーをしながら、何度か心が揺らいだけど、今出来るBESTは残された時間の中でBESTのタイミングに最大限の力、集中、気合いを持ってゆくことだと、今日のトライは明日に持ち越しとした。


ツラい。

ずっと、トライする精神の集中をしながら、何もせずにいる岩場での1日がこんなにツラいとは‥

去年の冬のオリアナで、原っさんが、自分の状況と岩場の状況、天気の状況、タイミングを見ながら、こうしてずっと過ごしていたのを近くで見ていたから‥‥そしてその『時』を得たのをこの目で見てきているから、我慢もするし頑張れるけど‥‥

今まで、いかに自分が範囲内の事しかしていなかったか、限界を超えて行くトライがどういうものなのか‥‥
今回のツアーでは、本当にいい経験をさせてもらっている。


さあ、、明日の天気は、予報どうり多少いいのか‥‥

はたまた、最近の不安定さのナセル技で、寝て起きたら変わって、びっくりな状況になるのか‥‥

神のみぞ知る‥てか(笑)

まあ、でも‥‥こういうことも、自分の実力のうち‥

何度も、良いコンディションの日だってあった。

 
そう。

運も実力のうち。

解っているから、その日その時出来ることを精一杯やるしかない。


s-IMG_0772.jpg
posted by ユカジラ at 03:39| 日記

2015年09月30日

練習動画 U

もうね‥‥
昨日から毎日土砂降りの雨が‥最終日まで続く模様。

最後まで、染み出しの程度にもよるけど‥頑張るけど、来年の為に記憶動画(苦笑)


FLORIDA、下部、8a+パートとその少し上まで。
1トライ目で終了点からFIX張ったら、米さんが上がって撮ってくれました!!






その日の2トライ目は、この、自分的に一番悪いパートの右手の保持が出来なくなってるという‥‥
めちゃめちゃ保持と距離の要るパート。






この中継が取れたらなぁ〜〜‥‥
1度、この魅惑のヌンチャクをつかまずに最後までつながってるんだけど‥

下がつながってないと、、、こいつが目に入るとつかみたくなる‥(苦笑)

だって、きょわいんだも〜〜〜ん(笑)

でも、つながってここまで来たら、死ぬ気で繋げる!(予定(笑))




 

何度も夢見てる、ここ。

ああ、、、、。





あと、染み出しが酷くなって、キーホールドが濡れてこなければ‥‥帰国までに、3〜5トライできるはず。

最後まで、ベストを尽くす。



ちなみに‥

よれてたり、ちょっとぬめってても、ここで大『バビュ〜〜〜ン!!』降られ大会でこうして死ねる‥(笑)

‥‥いや、笑いごとじゃないっす(涙)




posted by ユカジラ at 02:39| 日記