2018年05月09日

不穏な空気

20170707-146.jpg


肩の手術から、もうすぐ丸一年。

これまでにもたくさんの方々から「もう良いんですか?」とお声かけいただいてきました。

この度に「ええもう、ぜえっぜん、大丈夫です」と答えてきたし、マジ、クライミング再開を自分の意思で “この日” と決めてからは、“それ” を言い訳にしたくない気持ちと、“それ” をすべてのマイナスの素にしたくない思いが強かった。

慎重かつ大胆にホンマもんの “リハビリ” を重ねてきた。

何も気にせず力を出して、動きたいように動いて、ツアーでもそこそこ酷使しながら登って来たけど、イヤなモノを感じたことは、殆どなかった。

が、
ががが…

去年の、健板ぶち切った時と、時を同じくして、岩場のボルダーで、両肩に不穏な痛みを感じた…(苦笑)

今、私にしては努力のレストで様子を見ているが、まさかの丸1年目での “不穏な痛み” に、久しぶりも久しぶり…忘れていた “恐怖” を味わっている。

まあ、なんだ、感覚的に、“キレ” てはいないと思うけど、あからさまに “ヤ” な感じではある…しかも部分断裂してる左肩まで(涙)

まさかの、また1年かけての復帰の日々か!?という、最悪のシチュエーションも想像したりもしてるが、そうそう、私はどっかの無責任な人々のように、「想定外」とか都合の良い言葉で、起こった責任を、自分以外の何かのせいにする気もないので(笑)、深っか〜く想像したりもした。

もしまた同じ1年を過ごすことになるイヤな想像をしたけど、後悔はないと普通に思えた。

まあ、死んでも避けたい!とは思うし、嫌だし、うおーーーー!マジかーーーー!

という思いはある。
でも、そうなら仕方ないと。

こうして人は抗っても、気はみなぎっていても老いて、やり直しても、やりたいようにやれなくなって死んで行くんだろうなぁ…と、生き物の定めを受け入れつつ。

とりあえず、この1年も、私は私のやりたいように満足行くまで登り、その時出来る最大限で日々を歩んできた!

だから何の後悔もなし!

いや、別に、ホントに又手術って決まってないし(笑)

その前に、“最大限で来た” から又傷んでる、つう話もある。

つうか、それだろ!(笑)

でもねー、1回しかない人生、護りに護ったら幸せとも限らない。

護りに護って、大事にして身体が何ともなくても、魂が震えるようなクライミングに出会えるわけではない。

そんな登りは、いつでも出来るものじゃない。

チャンスの神様に前髪がないように、つかまなきゃ逃げてくことはきっと多い。

やれることはやれるときにやらないとやれないまま終わる…←早口言葉か!?(笑)句読点無いと読みにくいいね!(笑)


明日登ってみよう。

なるようにしかならん(笑)
posted by ユカジラ at 23:05| 日記

2018年05月05日

スクールホームページ

リニューアルしたホームページ、公開してまーす。

時代の流れになかなか乗れないゆかじらも、頑張りました!

とかいって、私が作ったんじゃないけどね〜(笑)

プロの方に依頼して、お客さんが使いやすく、よりニーズにあったモノへとへんし〜ん!

スマホ対応だし、←当たり前?(笑)
いつでもどこでも見れますよん。

宜しくお願い致します\(^-^)/

「遠藤由加クライミングスクール」ホームページアドレス
↓↓↓↓↓

http://yukajira.com/
posted by ユカジラ at 13:44| 日記

2018年05月04日

先行逃げ切りな1日

1525429440982.jpg20180504_152601.jpg20180504_115401.jpg



今日は珍しく、ボルダーなのに、親方を常にアローンにしての先行逃げ切り登りでした(笑)

午前中は、昨日と違うエリアで、お互い、“ど”筋肉痛な身体をほぐしつつ、易しい課題でアップしたんだけど、親方、いちいち嵌まって面白かった(笑)

いや、確かに、表記されてる難易度よりは難しく感じたモノもあったのは否めないけどね(笑)

昨日から、オール保持&足上げに腰や間接の柔らかさ?がいる課題ばかりだったからかもだけど、親方、調子悪かったのかな〜?と言うくらいメタメタで、こんなこともあるんだなぁ…と、温情かけつつもやっぱ爆笑(笑)

ついに天下をとったどー!という気分(笑)

いやいや、うそです(笑)

8、7、6、4とアップした後は、きれいなフェースの1級をトライしたかったんだけど、ガンガンの陽当たりに断念。

次はいつ来れるかも解らないうえ、お互いあと1手のところでのタイムオーバーだったということもあり、昨日の初段を片付けに行こう!となり、移動。

私は、着いてすぐの1トライで完登。

ムーヴは決まってたし、昨日の波状攻撃でのトレーニングが効いて、ヨレがない分保持も引き付けも足上げも余裕で出来た(嬉)

復帰後初の初段なので、やっぱり嬉しかったな。

その後は親方のトライを応援するも…


クライミングの奥の深さをしみじみ感じました(笑)

さて、このところ両肩にちょっと嫌な痛みが続いていて、思い起こせば、去年のゴールデンウィークに右肩の全断裂、そして6月に手術…

不穏な空気を感じているゆかじらは、ちょっと良いタイミングて家族の色んな事をしなきゃならない用事もあるので、明日から5日間、クライミングを休むことにしました。

いやホンと、軟禁される的な何かがないと、なかなか休めない私にとっては恵みの状況?(笑)

5日も登らないのはツラいし、とんでもなく長く感じるけど…

とりあえず、ボルダーでも復帰を感じられる登りが出来たし、ノーモア再断裂!ってことで、頑張って休むぜ!
posted by ユカジラ at 20:57| 日記

2018年05月03日

連休は、誰もいないエリアでボルダーなり。

1525348359276.jpg1525348373873.jpg1525348407210.jpg






ゴールデンウィーク後半の初日、渋滞と前日の雨の乾きを考慮して、自宅を昼に出る時間差攻撃(笑)で、のんびりお出かけ。

登喜男さんに教えてもらった未公開のボルダーエリアへ。

雨のせいもあるかもだけど、だーれも居ないエリアは、この連休には贅沢すぎる環境でした〜!

森の中の課題は、天気の回復が遅かったこともあり、濡れていて取り付けなかったけど、乾きの良さそうな岩を探して、見た目にそそる課題からトライ。

午後3時から、暗くなる7時前までの4時間と、短い時間でしたが、充分に楽しめました〜\(^o^)/

肩の手術後、初めての岩場でのボルダー。

飛び降りるのも、久しぶり過ぎて躊躇したり、岩場ならではのちっせぇ〜!うえにわっるい!(笑)スタンスや、ルートではなかなかお目にかかれない極小ホールディングを握り込んだり…忘れてた感覚が甦ってきて、スッゴク楽しかった!

アップで登った、6級と4級2本は、なかなかピリッととした内容で、グレードより確実に難しく、感覚を呼び戻すのに良い刺激が入った(笑)

その後にトライしたスラブの3級と、カンテの1級は★★★の内容。

高さもあって、ドキドキしながらの完登はアドレナリン爆裂で楽しかった〜!

このエリアの課題には、名前が付いてないんだけど、間違いなくトライする価値あり!な内容と思いました。

夕暮れからの残り1時間にもう1本!と、ポケット中心の、指ヤバイね(笑)的な初段の課題は、ムーヴ解決に保持力使い過ぎて、核心の1本指ポケットからの引き付けと足上げの良いポジションがなかなか!で、「これかぁ!」と、解ったときには暗くなってしまいました。

それでもこれは登れる!と感じたので、暗くなるのとの勝負〜!と、最後はレスト無しで波状攻撃かけたけど、「甘くなぁ〜い(笑)」…ヨレちゃって、あと1手が届かず登れなかった〜ヾ(≧∀≦*)ノ〃

まあでも、すっげー楽しい課題だったし、また来れば良いや!つうことで終了。

明日はもう1ヶ所のエリアへ行く予定。


今日の4時間でも、もう既に背中と前腕と指が筋肉痛というか、ヘロヘロ(笑)


丸々1日時間が有っても、身体とパーツが持つかなぁ?

ってな(笑)
posted by ユカジラ at 21:40| 日記

2018年04月27日

いかづち 完登

20180427_095754.jpg

水曜日に、かなりまとまった雨が降った後だったので、染み出しが心配だったけど、予報されていた雷雨も無く、状態はそこそこでした。

ゴールデンウィーク前だからか、大雨だったからか!?
昨日は珍しく0人、今日も3組9人と、静かな岩場でした。

ヌンチャク残置でお騒がせした「いかづち」も、ムーヴ解って抜けてからは、あの出来なさは何だったんだろー…(苦笑)という感じに登れました。

マスターで登ることに、なんの負荷も無いのに…と、地団駄踏み踏み(笑)

どうしたって目に入ってきちゃったマーキングにヤラれた感はありますが、同じ目に合う人がいて(笑)また怒られたら困るので、あえて言わせてもらいますが、私はいっこもマーキングしてませんのであしからず。

何も手を加えず、そのまんまにしてありますが、私のせいじゃないですからねー(笑)

しかししかし!
ライン取りとシークエンス解きが、あれま?ええっ!?って感じな内容で(ネタバレはしませんのでご安心を(笑))、ムーヴ解決が早いほう、自分なりのムーヴを見つけるのが得意なほうだと自負していた私に、まだまだ学ぶことの多さを教えてくれた、私的には★★★なルートとなりました。

とにかく、面白かった!

通算4トライ目での完登。

そのあとは、ノーパンプだったので、トレーニングにと、APAとDr.Meiji混成ルートで持久力トレーニングして、最後に「ワサビ・7B」をオンサイトして終了。

アップで、わがままボディ左の6C+と、ウェンデの染みだし具合を見に登った下部の6C+も面白かった。

さて、次は何ができるかな?

ウェンデ、濡れてたのでヌンチャク回収出来ないと困るのでやめたけど、見た目ヤバげ(笑)

そうそう。
今日みたいな、シケシケな日は!
グラスプのウエット(写真)
すごく良かった。
さすがっす。
posted by ユカジラ at 21:52| 日記

2018年04月23日

謝罪とリベンジ

★☆謝罪☆★

先週木曜日に「いかづち」をトライした時、終了点直下のムーヴ解決に至らず時間切れとなり、数日後に再び登りに行く予定もあり、ヌンチャク残置をしてしまいました。

御前岩には、もちろんロクスノを読んでから通いだしたのですが、ヌンチャクを残置して帰宅するクライマーを見ていたり(これはその二日ルールであったのですが)、長い間残置してあるヌンチャクもあったことから(これはプロジェクトであったようです)残置が禁止されてることが、すっかり頭から抜け落ちていての失態となりました。

読んでいても頭に入っていなければ読んでないも同然なので、私のミス。

プロとしての立場からも深く反省を致しました。

ご迷惑をおかけし申し訳ありませんでした。

本日、回収はきちんと行いました。



★☆★

そんなこともあり、重罪人(笑)ゆかじらは、小雨混じりの1日でしたが、気合いを入れて「いかづち」トップアウト。

雨が本降りとなり、再び残置となればアホの極み!早い時間に回収をしました。

前回苦労したリップの乗り越しもすぐに出来ました。

あのときの出来なさ加減は何だったんたんだ!?という感じにクリアに解決。

良かった〜 ( ;∀;)

次のトライで繋げられると思える、安定したムーヴで、次回への楽しみも出来ました。

回収がいちばんの目的でしたが、今日のクライミングもしっかり楽しんでしまいました。うふ。

やはり、御前岩は貴重な岩場です。

存続のためにも、多くのクライマーに良い影響を与えられるようなスタイルをより意識的に行わないと…と思いました。

意見を投じてくださった方々、ありがとうございました。

今回のことでは、一刻も早い回収を望み、不快感を感じていた方には、回収をしていただいても良い旨、そして、それを破棄していただいて良い旨を友人から伝えていただきました。
合わせて、けじめとして、御前岩でのクライミングの自粛…。

プロの立場として出来ることをいろいろ考えましたが、徳永さんを始め暖かいお言葉をかけてくれた友人には感謝です。


とりあえず、いちど回収したい気持ちと、天候もあり、今日のクライミングは「蒙古タンメン・7A」のお持ち帰りのみとなりました。

いや、なにしっかり登ってんじゃ!って感じですね…

クライマーの性とでも言いましょうか…

すみません(笑)
posted by ユカジラ at 20:24| 日記

謝罪とリベンジ

★☆謝罪☆★

先週木曜日に「いかづち」をトライした時、終了点直下のムーヴ解決に至らず時間切れとなり、数日後に再び登りに行く予定もあり、ヌンチャク残置をしてしまいました。

御前岩には、もちろんロクスノを読んでから通いだしたのですが、ヌンチャクを残置して帰宅するクライマーを見ていたり(これはその二日ルールであったのですが)、長い間残置してあるヌンチャクもあったことから(これはプロジェクトであったようです)残置が禁止されてることが、すっかり頭から抜け落ちていての失態となりました。

読んでいても頭に入っていなければ読んでないも同然なので、私のミス。

プロとしての立場からも深く反省を致しました。

ご迷惑をおかけし申し訳ありませんでした。

本日、回収はきちんと行いました。



★☆★

そんなこともあり、重罪人(笑)ゆかじらは、小雨混じりの1日でしたが、気合いを入れて「いかづち」トップアウト。

雨が本降りとなり、再び残置となればアホの極み!早い時間に回収をしました。

前回苦労したリップの乗り越しもすぐに出来ました。

あのときの出来なさ加減は何だったんたんだ!?という感じにクリアに解決。

良かった〜 ( ;∀;)

次のトライで繋げられると思える、安定したムーヴで、次回への楽しみも出来ました。

回収がいちばんの目的でしたが、今日のクライミングもしっかり楽しんでしまいました。うふ。

やはり、御前岩は貴重な岩場です。

存続のためにも、多くのクライマーに良い影響を与えられるようなスタイルをより意識的に行わないと…と思いました。

意見を投じてくださった方々、ありがとうございました。

今回のことでは、一刻も早い回収を望み、不快感を感じていた方には、回収をしていただいても良い旨、そして、それを破棄していただいて良い旨を友人から伝えていただきました。
合わせて、けじめとして、御前岩でのクライミングの自粛…。

プロの立場として出来ることをいろいろ考えましたが、徳永さんを始め暖かいお言葉をかけてくれた友人には感謝です。


とりあえず、いちど回収したい気持ちと、天候もあり、今日のクライミングは「蒙古タンメン・7A」のお持ち帰りのみとなりました。

いや、なにしっかり登ってんじゃ!って感じですね…

クライマーの性とでも言いましょうか…

すみません(笑)
posted by ユカジラ at 20:17| 日記

2018年04月20日

御前岩、修行の時始まる!?(嬉)

昨日の木曜日は御前岩。

前日の雨の影響で、道路もアプローチもびっしょびしょ〜

駐車場あたりから見上げる壁も黒く、雨が流れた跡が満載だったけど、まあどっか登れるだろう、とポジティブにGO!

岩場に着いてみると、全体的に濡れてましたが、「ハートブレイク・6B」はなんともなさそうだったのと、いつも誰か登っていて、未だトライしてなかったこともありアップ。

だいぶ湿気ってるので、各壁の様子をと、南面を見に行くと傾斜のせいか、どの面よりも乾いてるようなので、「バイオニックソルジャー亀・6C」OS。

ボルト位置が高めなうえ、びーちーにはドキドキする出だしで楽しかった。

脚開いたら、股裂けのまま行くも戻るも、タリラ〜♪となって笑けた(笑)

風もなく、予報より気温も低いままなので、他の壁が乾くまで間がありそうなので、そのまま「和尚・7A+」。

2本目のクリップ体制が上手く取れず、これ以上動くのはヤバイ〜となってテンション…

ムーヴの悪さプラス、ドロー掛けるのに核心がある感じで、“The日本!!”的面白いルート。
残念ながらOSならず(涙)

2回目でRP。
ムーヴ解れば簡単、ってやつでしたが、そういうのにとにかく弱いわたち( ;∀;)しくしく。

いつかそういうのに強くなりたい。


御前岩に通いだして、ちょっと気になるのが、何でフレンチグレード使ってるんだろうなぁ?ということがある。

各ヨーロッパ諸国のまあまあたくさんのエリアで、私が経験してるフレンチグレード的感覚には、どう見積もっても対局にある内容が多く感じていて、やっぱり日本的なデシマルの方が、日本の岩の質が産み出す内容的にもピタッと来るのになぁ…と思ってもしょうがないことをまた思ってしまった。

二子山は、フレンチでもなんか違和感無いんだけど、というかむしろフレンチの方が良いような?(笑)

まあ、クライミングが楽しいことと、登ることにたいした影響はない!こんなしあわせな日々をありがとう!という最大の好感度を考えれば、不毛な感情は封印(笑)

セルフデシマル換算で、日本的な凶悪さが秘められてる事を心して取り付く事にしましょう、で解決。

ついでに、それとは関係ないけど取り付きに転がってる長い棒も遠くにぶん投げときました。
要らないでしょ。

自分にチャレンジする気持ちを無くしたらクライミングしてる意味も半減と言うか、クライミングじゃなくても良い気が私はするんだけどなぁ…
大きなお世話、かな?


その後は、待ってても乾いてこなさそうなので、陽が当たってるから乾きも良いかな?と、「いかづち・7c+」トライ。

傾斜が無くてバランシーな下部と、かぶりだしてムーヴの駆け引きが面白かった最終ボルトまでは、ぬるぬるしながらも越えたけど、最終クリップの後、終了点までが激悪で、怪しいティックマークにも騙されて?ぶち落ちた…(苦笑)

ファーストトライは、そこまでもオンサイトで粘って時間かかってたので、とりあえず降りて、次のトライでムーヴ解決を!と思ったけど、次のトライでも最後のムーヴが解決出来なかった(涙)

うーん…ムーヴ間違ってるのか?

真っ直ぐや右や左とラインや手順変えてやるものの、とにかくボルト足元近くになるので、一手探ってはぶち落ち、次はあれかと触りに行ってはぶち落ちの繰り返しで、結局最後に試した左からが正解っぽいんだけど、リップの乗っ越しが出来ずにぶちぶちぶち落ちて死にました…ちーん。

パートナーのトライの時間もあり、時間切れでロワーダウン…( ;∀;)

あえなくヌンチャク残置になってしまいました…

ごめんなさい〜
マスターでトライしたかった皆様ごめんなさい〜

月曜に又行けそうなので、トップアウトして、RPして(←夢と希望)回収します。

あんなに落ちてもムーヴ解決出来ずに終了点に辿り着けなかったのは久しぶりかも…
少なくともDr.Meijiよりも、私には難しい気がした。

今後の楽しみが出来て、次の御前岩に登りに行く日が楽しみだな。
posted by ユカジラ at 12:58| 日記

2018年04月14日

オンサイト楽し!RP楽し!

連登2日目の金曜日は、朝からカラッとした晴天で、これ以上ないっていうようなクライミング日和。

徳永さんやゆうじさん、由佳ちゃんやゆきちゃんにようこちゃんと、知り合いもたくさん登りに来ていて、にぎやかな岩場となりました(笑)

30697921_10212828031028255_4627225287413727232_n.jpg

木曜は、私の他に4人しかいなくて、そのうちの1パーティは、南面?に行ってたのか、昼過ぎに来た時に挨拶して以来一度も姿を見なかったという感じで、貸し切りは嬉しいけど少し寂しくもあったので、そんな日もあれば昨日みたいな大賑わいな日…大人気の御前岩は、人に会わない方が稀と思うけど、賑やかな岩場は、昔を思い出してなんか嬉しかった。

連登2日目は、体も良く動くので、ちょっと難しいルートをやってみたい気もしたけど、今日は楽しくいっぱい登ろうと思って、“THE日本!!” 的な見た目と内容を感じさせる、南面の易しいルートから、オンサイトトライすることにした。

なめなめくじ 6c+
男女冬物語 6b
ハルドラ 7a

でアップ。

やっぱ、初めて取り付くルートを当たり前にマスターで登らせてもらえる環境…日本では得にくい“ここ”に最高の幸せを感じます(笑)

ありがたや〜〜ありがたや〜〜。

その後は、前回、夕方に取り付いて、見た目より難しく、あっさり登れると思いきや(苦笑)軽く弾き返された、キルフィンガー…トップアウトもしてなかったので、マスターでリベンジじゃ!と意気込んだけど、なかなか手強いルートで楽しませてもらえました!

30706389_10212828025948128_4994825198906638336_n.jpg

30703716_10212828025748123_4057417233293377536_n.jpg

ほんと、良いルートだわ。


OS逃してるから、短いルートだし、もうトレーニングじゃ!と短時間で出して出してトライしたら、完登までに、結局4回もかかってしまいました…でへへ。

30716259_10212828025908127_810916845124059136_n.jpg

まあ、難しんだよ、きっと。

かの堀先生は、11dと言ってたので、登れた時には、「ああ、良かった〜!11dが1日で登れないのはちょっとショック〜〜」と思ったけどね(笑)

そんなこんなで、いいトレーニングになった後、短いルートなら取り付く時間もありそうだったので、最後に

ジャガークロス 6c+ 

を、OSして終了。

ほんと、まだまだ楽しませてもらえる宝箱をもらった気分で、ワクワクがバクバクです!!

写真は徳永さんが撮ってくれました!!

初、御前岩の写真!!!

ありがとうございました!!

どれも、はっきりしたムーブがあって面白かった。
posted by ユカジラ at 17:38| 日記

2018年04月12日

Regime de Doctor Meiji 8A

登れました\(^-^)/

先週の土曜日、1日の終わりにやるのもどうかなぁ?と思いつつも、とりあえずやってみようと取り付いてみた時、前腕がやや疲労してたり、湿度高くシメシメだったわりにはムーヴも一通り出来て好感触だったので、アゲイン出撃@御前岩。

朝方まで雨が降ってたようで、午前中は湿度も高かったけど、午後に向けて岩のコンディションがとても良くなったうえ、今日はこのルートメインでトライしたおかげか、ノーパンプで完登。

先週の初トライでは、友達が掛けてくれてたヌンチャクを使わせてもらってのトライ。

2本目のクリップは、しくじるとグラウンドしそうでドキドキ…

他のポイントも、長いヌンチャクに助けられてだったけど、マスターで行けることも確認できたし、今日1日の内容としては満足できるものだったので、早起きして行った甲斐があった。

今日のワントライ目は、忘却のムーヴを思い出すつもりで取り付いたけど意外と覚えてた(笑)

ライン取りで前回と違うものを試したらダメだったりで、初見の動きって実は自分の持ち札はちゃんと出してて、他の人の動きを真似るより良いんだなぁ(笑)とか再認識。

2回目のトライでは、核心の足置き位置が解らなくなってのワンテン。

どうしても今日中に登りたくて、ロワーダウンの時に、核心のムーヴを確認して、3回目で無事RP。

グレードよりは易しいのと、特に悪いムーヴのない持久系自体が得意なので、3回のトライでは、不安要素も減っていて、気持ち良く登れました。

今週は、明日も行くので、いつまでも良い思いはさせてくれないだろう世界へ、ちょっとずつ侵入していきたいと思います。

弾き返されるの解りすぎてて哀しぃ〜(笑)けど、修行もまた良し。

今日篦アップは、エレファントロックの、「息子の名は友希・6B」。

最初のクリップが意外に悪く、アップにしては目が醒める感じでした(笑)

これぞ日本のルート(笑)

どの国のどのエリアでも、数字は目安であり、妥当なものもあれば易しいの、難しいのと有って当たり前だけど、サイズ的にも持久力的にも?一般的ではない私の感覚では、数多くのヨーロッパのエリアは、個人的にはもう少し難しいように感じています。

ストレニアスさと高負荷のエンデュランス。

傾斜と、やはり長さの違いなのかな?


今、味あわせて貰っている感覚は、じきに打ち砕かれるだろうし、私が頑張るべきものは、短難しいルート、1ヵ所ガツンと悪いルートなんだろうなぁ…


とか、わかっちゃいるけど、やっぱりオンサイトトライと、1日で登れるルートに目が行っちゃう(苦笑)

明日はそう行くか、楽しんじゃうか?(笑)

とっても迷うのです〜(笑)
posted by ユカジラ at 21:48| 日記

2018年04月07日

週末の御前岩

20180407_153444.jpg20180407_153406.jpg




はい、また行ってきました(笑)御前岩。


クドいようだけど、アップから何から何までお初なんて、もうヤバイぐらい嬉しすぎて、仕事の無かった今日、急遽出撃!

私にしては珍しく、週末土曜日にプライベートで岩場。

昔ながらのクライマー、同世代の仲間に会えたり、まるで同窓会でした(笑)


今回はトポも手に入れて、空いてそうなエリアからアップ。

そういえば…と一昨日登ったルートの名前を確認したら、全然違ってたりで爆笑。

※一昨日登ったルートに「pabo」なんてどこにもなくて、「APA」7Bだった(笑)



今日もアップからオンサイトで楽しかった!

蕎麦太郎 6B+ 
奥多摩は魔女 7A
もえぎ 6B

「奥多摩は魔女」は、面白かった。
オンサイトならではの動きの勝負感が心地好かった。

そしてなぜか私の中では「奥さまは多摩」にインプットされてしまい、何度口にしても「奥さまは多摩」…
これからも間違えそう(笑)

その後、アスリートボディ。

朝が早かった分、壁も空気も湿気ていたり、足の送りをまたまた忘れて、「なんだったっけ?け?と考えてるうちにアンダーが抜けて来て失敗。

う〜ん、正確に動かないとしくじる…


2回目は湿気もだいぶ取れていたし、忘却も無くRP。

2日、5回目。
多くの人が簡単と言うけど、私的には、結構手こずった感のあるルートでした。

その後は、Doctor Maiji 8Aをワントライ。

ムーヴは全部出来たけど、しめしめのぬるぬるとランナウトの恐怖で必死すぎて、所々忘却。

でも、核心の動きはシンプルで、今日登ったアスリートボディの核心ほど正確に動かないと失敗する要素はないので、ムーヴは良く覚えてる……←多分(笑)

それ以外、特に下部の忘却ポイントが忘却の果てだけど、ファーストトライの感じは、すこぶる良い感じかな。

そして最後に、悪いと評判な、キルフィンガー・7B+もトライしてみたけど、こちらはさすがに撃沈。
次回持ち越しに。


昨夜の雨と、予報が外れて、終日陽が射さず湿度の高い1日だったけど、7トライも出来たし、御前岩初日に登り損ねた「アスリートボディ」のRPは出来たし、満足行くまで登れたな。

次は アップでのオンサイトトライから楽しんで、メインは「Drメイジ」のRPだなっ。

来週はいつ行けるかな?
1日くらい行きたいんだけどな〜。
posted by ユカジラ at 22:37| 日記

2018年04月05日

お初御前岩

20180405_135718.jpg


ずっと行ってみたかった御前岩、今日初めて行ってきました!

こんな近くに、こんな素晴らしい岩場が解禁されたこと、その為に必要な様々な事へご尽力をかけ続けていただいた、徳永さんご夫妻を始めたくさんの方には頭の上がらない気持ちでした。

そんな感謝の気持ちを感じながら、今日は、ギリシャ以来の大満足で、幸せで、「ああ、やっぱ岩って良いなぁ〜!」と、嬉々とした1日を過ごさせていただきました!

改めて、徳永さんありがとうございました!岩場で会える日を楽しみにしてます。
トイレ掃除でもなんでもお手伝いします!何なりと!です。

あって当たり前、岩場で登るのは自由…今はそういう時代ではなくなってきているからこそ、謙虚な気持ちで、配慮やマナー、事故に気を付けて、多くの人が楽しんでいけると良いな、と思いました。


全てがオンサイトトライから、と言う贅沢な状況は、私にとっては無いに等しい日本でのクライミング。

それが叶う場所でもあるので、これからドンドン通いたいな。

トポを持ってない私は、ゴーちゃんにそれぞれのエリアをひととおり見ながら概要を教えて貰いつつ、お勧めのルートにトライ。

最初は、名前忘れちゃったけど、6Bから。

次に、「わがままボディ」7A、と「pabo」←だったかな?(笑)7B。

オンサイト。
楽しい(笑)

で、その後「アスリートボディ」7C+。

さすがに人気ルート。

トライしてる人がたくさんいたので、絶対に見ないようにしてオンサイトトライ。

ラインが解りにくい箇所もあったり、核心がめちゃホルダーで、私のサイズだとシークエンスを見つけるのに苦労して、カチとピンチ持ったまま粘りに粘り、これしかないかな?と言う動きを見つけた頃には、さすがにパンプして落ちる選択肢しかなかったと言う、昨日blogで反省していたとおりの展開に…(苦笑)

う〜む。

まあ、志新たにした、昨日の今日だから、まだまだダメな子のままでしたね(笑)

言ってるだけで、いつまでもダメな子のままにならないようにガムバリます!(笑)

待ってる人もいるので、核心のムーヴ解決できないまま1回目は途中でロワーダウン。

2回目はムーヴ解決して、「次行けるな」と、微かに企んでたけど、ムーヴの細かい記憶が忘却の果て…(笑)

まあ、何とかなるだろうと思って、最終便、薄暗くなる前にトライしたけど、忘却が酷すぎて、足をあげるのが先かホールディングが先が解らなくなりながら、行っとけ―!と、勝負かけたけど落ちた…(涙)

正確に動かないと距離も出なくなるし保持も体幹もめちゃくちゃ使う感じで、ここでもパワーで押しきれませんでした…ザ、ザ、ザんねん。

まあ、こんなもんか(笑)

でも、まあ、初見の時には、諦めることなく粘れたし、3回目のトライの時には、老眼と乱視で目も見えてなかった(笑)り、湿気湿気だったりマイナス要素もあったと思うけど余力もあったし、文字通り記憶に残る(笑)失敗感だったので、次は、セルフ付加価値をつけて、誰かが取り付く前にマスターでRPだね。

がんばるー!

いやほんと、岩場は良いなぁ、楽しいなぁ。

幸せだーい。
posted by ユカジラ at 23:26| 日記

2018年04月04日

ギリシャで登ったルート一覧から感じたこと



s-28576135_1073003176172533_802973457728929792_o (1).jpg

帰国してから暫くは、休講していた仕事はもちろん、事務仕事や雑多雑多…東奔西走してました(笑)

年取ると、自分以上に年取った両親のこともいろいろあって、入院している父のことや今後のいろんな事、若いころには無かったカテゴリーも多忙に食い込んできてW(ダブル)東奔西走(笑)

ブログもすっかり間が開いてしまいました〜。



やっとこさ、ギリシャでの登攀を振り返り、今後の改善点や強化ポイントも明確になり、行くぜーーーってなってる今日この頃。


先ず言えることは、今更ながらだし、もう既にギリシャに行く前から、肩の手術をしたことや、それによるブランクを言い訳にする気もなかったし、リハビリなんてつもりもなかったけど、今後も一切、そのことを理由になんてしない自分を確認できた。

自分の人生に起こるすべてのことは必然。

私は前だけ見て生きてゆく。

今までどおりこれからも。

リハビリ、って言葉は、本当にそうしていたあの5ヵ月だけで充分。

もう使わない!

それを口にすることは自己保身であって、前に向かう志に水を差すから嫌だしね。





今回ギリシャで登ったルートは45本。

OSは44本。

OSのギリギリ値は、7cで、7本登った7cうちOSは1本、他の6本すべて2回目で登れてる事や、核心超えてるにも関わらず、ひいき目なしで惜しかったトライも3本以上あったことを考えると、この辺りが強化ポイントだと思った。

初見でOS逃してから核心は越えてたことを知って地団駄踏んでたわけだけど、結局のところそこが実力。

核心を超えるムーブ、大抵大きなムーブ、距離があったり気合のデッドをかましたりのパートで、踏ん切りがつけれるまでに、どうにかして安定感のある動きで出来ないか、スタティックスに行けないもんかと粘り過ぎて、散々あれこれやって結局ダイナミックムーブの選択をしてこなしたものの、ヨレちゃってその後にちょっと悪いパートで精神的に戦闘的になれずに諦めてしまってたってパターンが多かったと思う。

てえことは、やっぱり筋力でモノをいう“突破力”が足らないってこと。

パワームーブを、迷いなくパワーでこなすパワー!!!

これに尽きるって、毎回毎回言ってるけど、今回もそう思った。

次のツアーまでに少しでも強化して、7月に行くツアーでは12c〜12d辺りのOSトライをメインに頑張ろうと思う。

うってつけな事にも、12dと13cが、そのエリアで最も多いんだよね(笑)

しかも、過去5回、短期、長期合わせてそのエリアを訪れているけど、12d、13cは、当時の実力では選びにくい難易度だったこともあり、手付かずなルートが多く残っている!

やってみたいラインもたくさんあったけど出来なかった(笑)

1996年、98,99、2002年、03年が最後だったので、約15年振りの再訪となる!

自分がどれくらい変わったのか…?ちょっと楽しみなツアーでもある。

13c、13d、14aで、歯が立たずに敗退したルート、良いところまで行ったもののRP出来なかったルート…

トポに記されたそのマーカーラインや、メモを見ながら想いを馳せている。




GREECE  LEONIDIO

Salate                                        6a       OS
White Rabbit                               6a       OS

Chipled                                       6b       OS
Peripatos                                    6b       OS

Avgi                                           6b+   OS
Agrimi                                        6b+     OS
ComflakesTahini         6b+  OS

Parahorisi                                   6c        OS
Gaston Duck                               6c        OS
Tufatango                                   6c        OS
Winter is coming                         6c        OS

Skylisia Apodrasi                         6c+   OS
The Beast in the Beauty               6c+     OS
Psaromalis                                  6c+  OS
Pathfinder             6c+     OS

Drop City                                    7a        OS
Yoko-M-Ono                                7a        OS
Tsubouri Ext                                7a       OS
Sokorlatina                                  7a       OS
Kheebaropdos                              7a       OS

Vromika Myala                            7a+  OS
Ntinta                  7a+  OS
Boubouki Ext                              7a+  OS
Paranihida                                  7a+  OS
IceCream             7a+  OS 

Pontiki Stotiri Ext                        7b         OS
Troufa                                        7b         OS
Spacemen Spiff Ext                     7b         OS
Diet Dope                                   7b         OS

Bonobo                                      7b+   OS
Medousa Ext                               7b+  OS
MBG Ext                                     7b+      OS
Bert                                           7b+      OS

Chuck Notice Ext                        7c          OS
Booze                                        7c          R2
Mr Magoo                                   7c          R2
Zeybreak                                   7c          R2
Chipotle                                     7c          R2
Eisvoleas                                   7c           R2
Kopakabana                               7c          R3

Rauber Fotzenklotz                     7c+  R3
Jeremy              7c+      R3

Jeremy Ext                                8a         R5
Deil de Boeut                             8a         R4

Anelkysi                                    8a+  R3





posted by ユカジラ at 21:27| 日記

2018年03月22日

ラスト!

最終日!

天候が安定しない日が多くてドキドキしながらも、結果2−1を崩さず登れたし、例年より気温が低い日が多かったのは、逆に良かったのかもしれない。

無事ツアー終了!!


今日は由美ちゃんのこれからに期待しつつ、由美ちゃんの日としてMarsに行った。

見事宿題を片付け、初のツアーとしては大成功となった。

おめでとう〜〜。

S_7663776908186.jpg

ユカジラと由美子の、山猫(狂暴)と、軍鶏(狂暴)のツアーは、今後もまだまだ続く。

To be continued……



私の方は、もう何だか、ドカンとした悪いムーブがないルートでは、40m登ってもパンプしなくなってるという事実……
嬉しいやら、ここMarsでは困ったやら…

40m近いルート3本(7a、7b+、7b)をOS。

何となく物足りない…

アップに、35mの7aと7b+をOSして、その後はこれまた35mと長いんだけど、核心が出だしの5mという超ボルダーなルートで、上部は初見の時から何度登っても落ちようのない感じの7a程度なので、何とか登りたかったけど登れんかった!!(泣)

前回Marsで登った時に、最後の方にムーブが一回出来たけど、時間切れでつなげずに回収してたので、意気込んで再チャレンジしたけど、やっぱり出来なかった……

むーーーずーーーーーーーい!!!!


普通に、初段はあると思える強度で、ヨーロッパの著名な女性クライマー数人が、トライしてるのをこれまでに見たけど、初見ではこなせてなかったし、相当な臭いのするルート(笑)

あ、でも、皆さんお強いので、その後登れてたと思います。


レスト明けのフレッシュな時なら、もう少しはマシな感じに動けるような気もするけど、まあ、結論、、
てんでダメですな(爆笑)!!

ボルダー力をもっともっと強化しないとなぁ、としみじみ思え、良いきっかけになった気がします。

腱板ぶち切らないよう程度に精進します!!


何度かトライするもつながる気配がうっす〜〜〜い!ので、最後に気持ち良く登って終わろうと、38mの7bをOSして終了……

と思わせておいて、夕暮れまでもう一度下部のボルダームーブをトライ(笑)

ボルダームーブが終わるガバまでは、“落ち回収”が出来るので、クドさムンムンにしつこいユカジラでした(笑)

最終日だしね(笑)

諦めが悪いユカジラはクドいんですな。

S_7663779035918.jpg

( ボルダーの前で、ホールドの位置や足位置を考え、岩を溶かす勢いでガン見!! )



さてさて、明日はばびゅーーーん!とアテネまで移動して、ばびゅーーーん!!と飛行機乗って、日本です。

日本は日本でガンガン登るぜ〜〜。

ではでは、さようならギリシャ。



今日のクライミング

Drop City   7a OS
Mystere et Boule  7b+ OS
Humidity Lesson 7c  トライしまくり、が、ムーブつながらず
Pontiki Tiri Ext 7b  OS






posted by ユカジラ at 05:13| 日記

2018年03月21日

ラス2日の初日!

昨夜は、天気予報通り…雷雨!!

怒涛の雷雨で、暴風に吹き付ける雨で私の部屋が浸水するという事件勃発。

もうちょっと考えて建物作ってよ、という事態に笑った。


雷といい、強い寒気が入り込んでるせいみたいで、今日の気温は真冬並みに低く、今回のツアーでいちばん寒い日となった。


風が強かったおかげで、体感温度はさらに低く感じ岩場にいるのもつらかったけど、心配していた染み出しは、風の力で影を潜めていたのには大助かり!!

手が悴む寒さには参ったけどね。

それでも、1日存分に登る事が出来て大満足!!



結局、トライしようと思っていた、エクステンションの8bは諦め、今日中に登り切れる内容で楽しむことに。

8bと言えば、相当頑張る感じなので、身の丈に合ったクライミングに勤しみ、初見でたくさん登れるのもツアーの醍醐味なので、そっちチョイス。


そう言うわけで…本日のクライミングスタート!!

寒さのせいか、本質的にか解んなかったけど、ムズかったTechno Berlin 6cでアップ後、Kopakabana 7cトライ。

28944875_1081824708623713_1337800640_o.jpg

マスターでRP狙おうと、終了点クリップのガバまであと2手というところまで頑張ったけど、手が悴んだのもあったといいわけしてみるものの、最後が結構悪いので、結局のところパンプしてRP失敗というところ…くぅ〜〜〜( ;∀;)

でも、よく粘れたと思うし、その次のトライでは、ヌンチャク掛けがない分かなり楽勝にRP。



その後は、Goliash1stPart 7c+をトライ、2回目でRP。

35mという長さ、どんな動きでこなして来たかもあやふやな状態で、あまりレスト時間を取らずに2回目のトライでは登ろうと、自分なりに付加価値をつけてのチャレンジは、結構パンプしたけど成功。

ああ、よかった〜〜(嬉)

超持久力系で自分向きな内容だったので、こういうのをOS出来るように、せめて…ならないとなぁ、と思うと同時に、強欲感(笑)を差し引いて考えれば、肩の手術後のリハビリの予定で来たツアーだった事を思えば、それを遥かに超えた感覚で登れた今回のツアーに満足してもいる。


ヘロヘロな状態で、最後に、名前が気に入って取り付きたいと思っていた、So Ill 7a+をOSして終了。

夕暮れまで楽しく頑張れました!!



由美ちゃんも、宿題だったルートを登る事が出来たので、親心の提案。

明日の最終日は、由美ちゃんが取りこぼしているルートがあるMarsに行くことにした。

彼女にとって初の海外ツアー、手を付けたルートも、Marsの1本を登り切れればコンプリート!!
そういうチャンスを提起し、与えてあげたいし、与えられたチャンスをモノに出来るかは彼女の集中や気合いだし、出来ると思うからこその提案。

私はどのエリアに行っても、自分ができる最大限を楽しむことも頑張ることもできるくらいの経験値は持ってるのでどうにでもなるからね、付き合っちゃうよ〜〜〜(笑)

さあさあさあ!!由美子!頑張れよ〜〜〜〜(笑)




Image_9be6096.jpg

今日のクライミング
Techno Berlin  6c  OS
Kopakabana  7c 本日2回目のトライRP R4
Goliash1stPart  7c+ R2
So ill  7a+ OS









posted by ユカジラ at 04:38| 日記

2018年03月19日

雨でも行けば海路の日よりあり〜〜

昨夜の嵐は凄かった!!

降水量が少なかったのは助かったけど、爆風が一晩中吹き荒れた。

石造りの建物が揺れるほどの暴風、レモンもゴロゴロ落ちてたし、海子たちが使ってたごはん皿も吹き飛んでバラバラになってた!!

いや〜〜、まじ凄かった(笑)

朝にはやや小康状態になってたけど、強風は昼過ぎまで吹き荒れてた。

朝の天気だと、今日はレストにした方が良いかも…と思ったけど、最終2日の天気予報はなんとか予定通り登れそう。
サイクル的に今日は登っておきたいということで出陣!!

行けば何とか登るのがクライマー!!オッケー、オッケー。

Go Elona アゲイン!

昼過ぎまでは、そぼ降る雨と強風で吹き込む雨に濡れながらだったけど、午後にはゆっくり回復。
夕方には澄んだ青空になり気持ち良かった。


今日は由美ちゃんがトライしている、メインエリアより上のmiddleエリアでアップ。

やや場末感は否めないけど、“どんなルートも登れば面白い”理論は全くその通りで、CornflakesTahini 6c+と、Ice Cream 7a+、の2本は内容も濃く良いルートだった。

その後、Kopakabana 7c をトライして、染み出しの影響を確認しながら、あわよくばエクステンションの8bも……と思って取り付いたけど、ホールドの距離感も、ボルト位置も、ランナウトも…超外人サイズで難しかった!

昨日登った、7cや7b+と同じグレードとか1グレード違いとか到底思えない難しさ!

面白い!!

もうやる気満々な手強さに喜々満面なユカジラです。

かなり被っているし、パワー系でやりがいある面白さ!

むずっ!
おおう、、むづっ!!
やべ、やべべべべっ!!
ぎょえ、、、
どかーーーん!

これまたランナウトも激しく、落ちるとなったら、どフォール!

畳みかけるムーブの悪さと、所々濡れてるホールドにド必死でこなしていったので、もうどこで何してたかなんて全く記憶に残ってなく、2回目のトライでは初見で行けた高度までも到達せず…(苦笑)

夕方は壁に陽が当るのに、雨の影響か?染み出しも活性化してたり、天気も明日は雷雨の予報があったりで、ヌンチャクを回収出来なくなったら困るので、とりあえず回収。

ヌンチャクが掛かってるとムーブのつながりも良いし、私がヌンチャク掛けた後、染み出しは平気?と聞いてきた外人さんがトライし始めててから、悪いかなぁ?と思ったりで、残置しておきたい気もしたけど、万が一回不可能な染み出しになったりしたらヤバいので仕方ない…。すまん!!オヤジ!!←いや、見た目はオヤジでも私よりきっと若い。


ヌンチャク掛けも良いトレーニングになると思えばなんのその!だしな。


レスト明けは8bパートもトライしてみよう。

残り2日のクライミングDAY!目標もできたし頑張るぞーーー!!



s-L1014431.jpg

写真は、昨日ドイツ人のおじさまが撮ってくれ、メールで送ってくれたもの、Bert 7b+。


今日のクライミング
CornflakesTahini 6c+ OS
IceCream 7a+ OS
Kopakabana 7c  2トライ



posted by ユカジラ at 04:06| 日記

2018年03月18日

祭り

新聞配達員より早く、

パン屋より早く、

ニワトリを起こす勢いの我々は、いつも岩場に一番乗り!!

ああ、勤勉な日本人(笑)

というわけで、やっと行って来れました、Elona。

染み出しも回復したと聞いていたし、昨日のレストには岩場を見に行って、登れそうなくらいに乾いてる!と確認してあった。

が、朝が早すぎて、と言っても岩場に10時前だから、時間的には全然早くないんだけど、こちらは日の出が7時少し前なので、ほとんどのクライマーの出勤は昼くらい…

Elonaは午後から陽が当ってくるエリアなので、朝はなんとなく湿気てるのか、影響なし!って言うには…な感じに濡れてる…

登るのに影響ない!!とは言えないくらいの染み出しはあった。

それでも、今日は、★★★を端からOSトライで登ろうと決めてたので、二子だって、大体いつもどっかしら濡れてんじゃ〜ん、と、臆せずチャレンジ!!

明日から帰国までは雨の予報なので、最初で最後のElonaの可能性を考慮して、基本、OS出来そうなルートをチョイス。
登り残し撲滅キャンペーン実施(笑)

小規模な祭りながらも、OS 祭り開催!!!


先ずは、Paranihida  7a+。

見た目以上に濡れてる箇所が多かったけど、まだ余裕あるグレードなので濡れてない部分を代用してOS。

次、Diet Dope  7b。

一か所ゲキレツ濡れてるコルネ部分が怪しく黒光ってたけど(ヨネか!?(笑))見なかったことにしてOS。


手を拭き拭きドキドキ、OS トライはもう最高!
もちろんマスターだし、易しいグレードでも、絶対に落ちない!と思えば思うほど慎重になるし、駆け引きや勝負所、わからない部分があるってことが面白い!!
難易度に関係なく深い集中感が良い〜〜。


次、Eisvoleas  7c。

ルーフ状の強傾斜を行くルートで、先を見上げると顔に染み出しがぽたぽた…目薬みたいに目に入って参った(笑)

核心と思われる部分は超えれてたけど、保持した手の上、縦に並べてマッチしたときに小指が重なってしまい抜いてこれずにフォール……(涙)

ざざざ、、、、残念ーーー!!

でもまあ、そんなもんか(笑)

OSはいろいろなことがムズイってことだね(笑)

すぐにトライ、RP。


次、Bert  7b+。

昼から陽が当ってきたら、岩場全体がどんどん乾いてきた感じで、ぽたぽたしてたいろんなところから垂れていた水滴も引っ込んでた。

ああ、だから皆さん出勤が遅いのか!?と思ったけど、私は岩場に早く行くのが好きなのでそこは無視!

今日いちばん濡れてない感じで、ヤベヤベ感なくOS。


その後は、由美ちゃんのビレー終わって戻ってくると、やりたいと思ってたルートが取り付かれてたりで時間切れで終了。

明日が雨でも我慢できるように、もう1本は登りたい気もしてたけど…
どんどんワキワキしてくる雲の群れを見ながらも…
まあ、天気予報も外れてくれると、どこまでもポジティブなユカジラは大人しく引き下がりました(笑)


米家と別行動だったので、写真は無し〜〜。
ドイツ人のおじさまクライマーが、写真撮ったから送ってあげると言ってくれたけど(笑)

楽しい1日でした〜〜。


今日のクライミング

Paranihida  7a+ OS
Diet Dope  7b  OS
Eisvoleas  7c  R2
Bert 7b+ OS
















posted by ユカジラ at 03:46| 日記

2018年03月16日

A DAY OF YUMIKO 泣きの1回(笑)

今日は、ずっと由美ちゃんが頑張っていた宿題を片付ける為にTwinCave再び。

私は、実はもうこのエリアで、残りの日数でやれそうなルートもやりたいルートもなかったけど、由美ちゃんが頑張ってるルート、本当によく頑張ってるので、昨日登った8a+を始めたりなんだりと、引き延ばしに協力してきた(笑)けど、8a+も昨日片付いちゃった…

とはいえ、私には、20代の頃に、メンバー最弱という状況で半年行ったヨーロッパツアーでの、弱肉強食に食われまくる最下層の動物よろしく…辛く厳しく哀しい日々を過ごしながら登って来たほろ苦い経験があるので、反面教師的な思いもあって…(笑)
なんだかんだと、面倒見が良くなってしまうのでした(笑)

今日は、“由美子泣きの1回”(笑)ということにした(笑)

まあ、なんだ…
何事にも厳しく、とか、弱肉強食とか、そういう時代でもないので、実は、今日由美ちゃんが今回登れなくても、登れるまで、機会を作って行くつもりでもあったので、その時の為に可能性の有りそうな8bとかも1回トライしてみたりしながら過ごした。


s-IMG_0539.jpg

s-IMG_0536.jpg

ルーフの強傾斜を行く、A Pig in the Roof  8b は、何日か時間を掛けれるならやりたいと感じる内容だったけど、1日とかでどうにかなる感じじゃなかった。

こういうのサクッと登れるようになりたい……

様子は解ったけど、疲労感MAXな今日は、さらに傾斜に負けしまくりでした。





s-IMG_0552.jpg

その後は、小さいほうにある超短しい系の7c+、Rauber Fotzenklotz をトライ。

今の私に必要なのは、あ、今も昔も、だね。うん。

ボルダー力!!!(か、ではないよ、ちから。)

ということなので、こういう中途半端な日こそ、敢えてボルダールート。

15m、アプローチにだらだらとスラブを登るのと、核心終わってからは6って感じなので、実質5〜7mの7c+は、実に痺れる内容で楽しかった。

ムーブこなさないとクリップ出来ない核心で、ムーブ解決するのに、手を変え品を変え、と、かなりやってようやく解決した。

地面近いし、落ちるの恐怖(苦笑)

ムーブがわかった後は1回で登れたけど、3か所あった高強度のムーブのうち初見では1か所しかこなせなかったので、まだまだ修行が足りないことをさらに実感……

持久力や、再現精度は通常のハイパフォーマンスまで戻ってる感じなので、帰国したらボルダー頑張らんと!!という感じ。



s-IMG_0555.jpg

こげなに、被っとるですたい。
細っそーーーーいコルネと激カチと、スローパーへのデッドが織りなす楽しいルートでした。




s-IMG_0558.jpg

場末の短難しいルートは不人気で、やってる人を見たことがない……
でも、内容は★★★。


早々に登り終わった私は、今日中に登れる感じの難易度のルートもなく、由美子完登プロジェクトに集中(笑)

なるべく彼女のトライを尊重したいので、今までも不必要にムーブのアドバイスはしないようにしてるけど、経験値のためいくつか…

夕方の最終便で、由美子、AGRIMI 6b+ RP!!!!!

オーーーー、イエェ!!!!!

本当によく頑張りました!!

本当は厳しいクライミングの現実…身をもって体験しながら、日々臨死体験(笑)、夜には晩御飯食べながら舟漕いじゃうくらい魂抜かれ、ヘトヘトになるまで頑張る女性を見たことない(笑)

おめでとう〜〜。
よく頑張りました!!

彼女の頑張りには心を打たれるものもあり、これで気兼ねなく(←これが本音!?いやいや、そんなことないですよ〜〜うふふ)次のエリアに行けるので、真っ事嬉しい!!!!(笑)


やっと、やっと、Elonaへ行けそうだ。

待ったかいあるべく、壁は乾いてるかな?

乾いてるといいな。

明日のレストは、エリアの状況を見に行く、ワクワクのお仕事があるよ〜〜(笑)



今日のクライミング
A Pig in the Roof   8b 1トライ
Rouber Fotzenklotz  7c+ R3
posted by ユカジラ at 03:41| 日記

2018年03月15日

8A+

レスト前にトライしてみた8b+の核心が、手強く…

残りの日数費やすには、……ということもあり、隣の8a+に転身。

やっぱ、8b+はムズかった。
ま、、その刺激のおかげで、8a+が良い感じに保持れたって気もする(笑)

今日は、陽が当って暑くなる前に、トライしたく、早起きして出かけたけど、一昨日より10℃も最高気温が低いうえに強風で、寒くて仕方なかった!
そして早く出かける必要がなかったくらい、日向でも登れたという…全くよくわからない天候(笑)

まあ、そのお陰で8bを諦め、どっかぶりの大変な回収をして、次のルートへヌンチャクを掛け、3トライも出来て登れたので、ありがたい限りなんだけど(笑)


Anelkysi 8a+、3回目で登れました。

28942138_1078114422328075_757175773_o.jpg



レスト明けだったので、指皮もいつもより回復していて汁も少なかったうえ、気温が低くて風が強かったのが味方になってくれ頑張れました!

28944872_1078114268994757_43423540_o.jpg





今回のツアーで、8bまで登れたら嬉しいな、と思ってたけど、8a+でも上出来と思うし、これまで登ったルートの内容や、長さ、日々のトライの感じ、疲れ方や蓄積するいろんなもの…

数字以上に、満足出来るモノ、自分、を確認出来る場面も多かったので満足してます。

帰国日前の、最終サイクルの2日は、雨の予報。

天候にも何とか恵まれ、染み出しや気候を気にせず登れそうなのはあと3日かなぁ、という感じ。

と言っても、日々是全力!!なんだけど(笑)



28942754_1078113295661521_1567806342_o.jpg


明日は由美ちゃんの行きたいエリアに付き合う約束をしたので、そのエリアで出来ることを楽しもうと思う。

日々頑張りすぎて体もボロボロになってきてるし、変な夢を見たりと、お疲れ感Max?カモなので、ちょっと息抜きだなっ(笑)




28942754_1078113295661521_1567806342_o.jpg

28945071_1078114028994781_529928007_o.jpg

(米さん、写真いつもありがとう!!)


今日のクライミング
Chrisiktisia  6a  OS
Gaidura Dura  8b+ 今日までに計4回トライ、後敗退
Anelkysi 8a+ R3


posted by ユカジラ at 03:48| 日記

2018年03月13日

疲労困憊は食べて回復!!

ツアーの疲れが溜まってきているのと、指皮が超絶ヤバい……

と、言うわけで、今日は米家と再び合流、Twin Caveへ。

疲労感Maxだったので、ちょいと難しいルートで自分に向きな内容かどうかの選別に充てようと思い、気になってたルートがあるのでトライしに行くことにした。

昨日のHADAが、誰もクライマーが来なくて、アプローチも遠い山の奥なので、ちょっと寂しかったのと一転、岩場はスゴイ混雑だった。

この極端な感じはナンだろう!?(笑)

Twin Caveは日中はずっと日向で暑いので、これからの季節向きじゃないけど、Elonaも染み出しで濡れたままだし、気になっていた8b+を触ってみた。

s-IMG_0481.jpg

( 日中はガンガンに陽が当り、木陰から出られないほどの暑さ )


今日はアップエリアも激込みなうえ、そこそこ面白そうなルートは登ってしまっているので、ハングドック必須のグレードなのでいきなりだけど1本目からやってみた。

何より、もう指皮の貯蓄もないので、省エネ指皮モード(笑)

昼までの壁に日が当たらない時間に2トライ、日中は由美ちゃんのビレーや、米家の写真撮影に勤しみ、夕方日が暮れてからの30分の間に1トライ、計3トライしたけど、抜けれんかった〜〜。

終了点直下の垂壁地帯のヌンチャク掛けに手間取り、3トライ目でやっと掛けれたけど、まだあと1ボルト残しての終了。

う〜〜〜ん、、、、そこまでもまだできたような出来てないような、って感じだし、一応出来た部分ももっと精査していかないとだろうし、やっぱ厳しい〜〜。

明日のレスト明け、終了点まで何とか抜けて、ムーブの出来次第でトライを続けるか否か考えようと思う。

いやはや、しかし疲れてる…

明日のレストが待ちどおしかった(笑)

s-IMG_0482.jpg

( ギラギラの日差しの中に咲く変な花…絞り出すように花が出てくる )





で、疲労には、食う!がいちばん!!

というわけで、100年続いているという、LEONIDIOにある、老舗のピザ屋に行った。

s-IMG_0510.jpg

外観からして老舗風。



s-IMG_0500.jpg

賑わう店内。クライマーばっかりいる。


s-IMG_0490.jpg

メニュー見ても老眼で何も見えない…が、喜びのユカジラ&由美子



s-IMG_0499.jpg

肉。



s-IMG_0502.jpg

ピザ。激うま〜〜〜。



s-IMG_0503.jpg

チーズのびのび〜〜。


s-IMG_0507.jpg

食いまくった後のユカジラの腕…キモイ。
血管をチーズや肉やイモが走ってる!!回復じゃ〜〜〜!!!!


s-IMG_0489.jpg

米、姫、由美子。


皆で元気に回復しましょう。

しかし派手な奴らだな(笑)
posted by ユカジラ at 05:56| 日記

2018年03月12日

灰になりそうだった…いや、まあまあなってたかも(笑)

Elonaが登れず、気合は空回り…

しててもしょうがないので、HADAへ。

こちらに着いた当初、雨でも登れるエリアの1つだったので、2日続けて行って以来。

気になる8a+があったので、どんな感じかトライしてみたけど、1か所が超絶ボルダーで“向き”じゃない…

2〜3級がどんだけ続いても何とか出来そうな気がするけど、強烈な1手とかがあるのは、ぜんぜん苦手…
ボルダーの激しいのは超弱っちぃ…

様子だけ見て、早々にヌンチャク回収。



う〜〜〜ん、どうしょう…何やろっかなぁ……


トポを見ながら、そうだそうだ!!

さっちゃん(安間君)が挟まってるところに私も挟まりに行きたい!!

s-IMG_0477.jpg

これこれ。↑

ということで、Zeybreak・7cをやってみた。

三ッ星だし、上まで抜けてる40mの被ったコルネ、ヨーロッパ的雰囲気を醸し出していてやってみたかったルートの1本でもあったけど、初回に行った時は染み出しもあったし、雨が降ってる日で抜けに危険を感じて…次回って思ってたんだった。

今回は、ロープも細いものが手元になくって、重くて太いロープで登ってる。

長いルートではことごとく、その重みに負荷トレーニングを課せられてきたので、せめてヌンチャクをつなげてガンガン長くして、と用意して臨んだけど、見た目以上に悪いムーブが続くし、これまた外人サイズでホールド遠いわ、クリップ届かないわで、超エンデュランス系!!

ムズいし、怖いし、重い!!←ロープが(笑)

でも、これぞヨーロッパの長いルートって感じで面白かった!!



S_7608858618969.jpg

( ヌンチャクつなげの内職中のユカジラ。米家とエリアが違うので、登ってる写真は無い… )



1トライ目は、ムーブの悪さに粘ったけどテンション入っちゃったパートや、ロープの重みでクリップがうまく出来なかったパートで、落ちたらコルネに刺さるんじゃないか!?等、色々恐怖で、久しぶりに臨死体験…(笑)

同じグレードでも色々だなぁ…と、当たり前のようでいて、開拓者やエリアで難易度も強度もマチマチなギリシャの岩場がなんとなく解って来た場面でもあった(笑)クワバラクワバラ。

その後のトライで登れたけど、もうどこでどんなムーブしたか、見た目同じなコルネのどこ持ってたかも忘却の果て…(笑)

トライ間のレストが短すぎたと思った時には後の祭り……登り始めちゃったもんは行くっきゃない〜〜!
魂のクライミングで、吠えまくっての完登(今日は今ツアー初めて、自分たち以外誰も岩場にいなかったので、心おきなく吠えさせていただきました)は、我ながらよく頑張った!!と言いたい(笑)


最後の終了点直下の、ガバまで届かないが故、甘いホールドを中継して高い位置に足を上げて届かすパートでは、ロープの重みに引かれ、まるで井戸の中の“サダコ”に怨念丸出しで引っ張られてるような重みに耐えたのは、相当頑張った!!

あの最終局面で落ちたら、まじ灰になる…
真っ白な真っ白な,まーーーーーっ白な、、、。

マジあぶねかった。

蓄積疲労に重ね重ねダメ押しをした気がするけど、めっちゃ楽しいクライミングが出来たイイ1日でした。

今日のクライミング
Gastone Duck  6c  OS
First Blood  8a  1トライ
Zeybreak  7c  R2






posted by ユカジラ at 04:16| 日記

2018年03月11日

無風快晴イイ休日

レストなので、
買い物行ったり、
登る日の夜ご飯の仕込みしたり、
ランニングしたり、
ヨガしたり、

けっこう忙しい(笑)



s-IMG_0333.jpg

ギリシャのナッツがあんまりカリカリしてなくて気に入らなかったので、炒ってみた。
銀杏を炒ってるがごとく時間かけてざらざらやってたら……



s-IMG_0334.jpg

いいかんじにツヤツヤのカリカリに。
箸が進まなかったナッツが一気に私の胃袋に収納されました(笑)

う、、、、、、、まーーーーーい!!!




s-IMG_0426.jpg

パンたち。
どれもおいしい。



s-IMG_0468.jpg

ランニングの時には写真が撮れないので、午後にお散歩がてら、プラカの町にお散歩。
海辺の小さな町。
レストランが多く、町に入ると“イカ焼き”の匂いがしてきた(笑)
ああ、屋台のイカ焼き食いてぇ〜〜!



s-IMG_0437.jpg

サルデーニャ島みたいな遠浅のサンゴ礁じゃないので、色はそう興奮するほどじゃないけど、透明度は高い。




s-IMG_0449.jpg

空の青さも相まって、今日初めて海がキレイ!って感じた(笑)



s-IMG_0448.jpg

ん!?
おもちゃ??
スワンボート!?



s-IMG_0462.jpg

と、思ったら、こいつらでした(笑)
何故かわかなないけど、海に浮かぶカモ。




s-IMG_0453.jpg

ひとり、「カモかもね〜〜!」と盛り上がって、無駄に連写(笑)




s-IMG_0428.jpg

花も、最近の好天に、一気に書類も増えたような感じ。



s-IMG_0440.jpg

まだまだ、気温は通年にょり低いみたいだけど、春はすぐそこに、という感じかな?




s-IMG_0439.jpg

黄色い奴のアップ。
マーガレット的な。



s-IMG_0472.jpg

赤い奴。
マーガレット的な。



s-IMG_0475.jpg

白。
ミニバージョン。
マーガレット的な……
こういう形の花は、マーガレットという名前しか知らない…




s-IMG_0444.jpg

海辺の猫たちは、コロコロしてる。



s-IMG_0459.jpg

そして懐こい。
触られるの平気。
萌ゆる。




s-IMG_0476.jpg

我が家の外観。

快適だし、備品も相当揃ってるうえ、定期的に掃除やごみの片付けなんかもやってくれる、アパートなのにホテルみたいなサービス付き!!
そして、オレンジとレモンは食べ放題。
時々、手作りのケーキや、取りたて卵なんかもテーブルに置いてくれてあって至れり尽くせり。

クライマーが来てくれることをとても歓迎してくれていて、今後の発展に期待しているそう。

これから、冬場のツアーの選択肢になりそうだな(^^♪


続きを読む
posted by ユカジラ at 01:24| 日記

2018年03月10日

微妙な状態

今日は、そろそろ乾いてるんじゃないか!と意気込んで、最も行きたかったエリアに行ってみた。

Elona。

今回のツアー初日に行った時の壊滅的な染み出しからはだいぶ回復していたけど、まだイマイチだった。

様子見に、上部は濡れて見えてたけど、グレード的にも何とかなりそうと思い、7aに取りついてみたけど、結構嫌な感じだった。

見た目に渇いて見えているコルネも良い感じに濡れてた…

朝イチの1本目でもあり、滑りを抑えるのに変な力を使ってしまったけど、OS逃したくない一心で、ガバの下のこまけぇ〜〜!のとか、駆使しながら登った(苦笑)

他のルートも、上部まで抜けてる高難度じゃなければ、我慢すればナンとかなるようなラインもあって、登れそうな気もするけど、せっかくのお初のエリア…OSを逃したくないので今日は他のエリアに転戦。

時間も中途半端になってしまったので、Elonaの修道院跡?みたいな観光地のお土産屋をちょっと見て転戦。

s-IMG_0424.jpg

s-IMG_0425.jpg

ギリシャ語がなんにも解らないので、何だか解んないけどなんか売ってた。




転戦先は、由美ちゃんが登れてないルートもあったな、とMars再び。

私もトライしてもいいかな、っていうラインが何本か残ってたので、今日は気負わずにトライして少し溜まった疲労を落とそうと思った。

持久力の戻った私には、Marsの40m前後の長いルートはちょっと刺激が少ない感じで、7cを登ったけど、パンプもしないし、どこが核心か解らない感じだったので、並びの7b+や7bも登ろうと思ってたけどやめた。

なんだか急にボルダーっぽい内容がやりたくなって、Marsでは毛色の違う、出だしが激被ってて、どう見てもボルダーが肝になるルートに取り付いてみた。

このルートも35mと長いけど、出だし3mがバリバリにボルダーで超面白かった!!

指皮持ってかれる激保持系で、ジムの2級くらいはありそうな感じで面白かった。

ムーブは解ったけど、時間切れで登れなかった。

面白かったから、また機会があって、Marsに行くことがあったらやりたいな。

その並びの、同じ毛色の7b+も面白いに違いない!!


しかし、当初の、“今日はほぐす程度のクライミング”は、途中から、独りボルダー大会になってしまい、結局首も変に痛くなるわ、指皮裂ける寸前まで消耗するわ……(笑)

結局、超絶普通に登ってた。

まあ、イイ感じにイイ1日だったってことで(笑)

まーー、しかし、しばらくElona通いのつもりだった予定は、順番を考え直さなきゃなので、明日のレストは作戦会議だな。




今日も2匹の猫たちは、ヨレヨレになって帰ってくる私を見つけるなり「ごはんーーーー!!」攻撃(萌)

朝な夕なに、私の気配を察してはやってきて、食うわ食うわ……(笑)

私より高い缶詰を好み、家計を逼迫する食いっぷり〜〜〜。

S_7584313200770.jpg

「待ちなさい、上げるきゃらぁ〜〜黄ハート


s-IMG_0417.jpg

取り合い、猫パンチ炸裂しながら食べる……グレーの女の子(森田と命名)強し!!



s-IMG_0421.jpg

黒いから、男の子だけど海子と命名された子は、いっつも森田に横取りされ満腹になれず!!

頑張れ海子!!!







今日のクライミング
Elona
Kneebaropoulos   7a  OS
Mars
Chuck Notis Ext 1  7c  OS
Humidity Lesson  7c  トライ




posted by ユカジラ at 04:06| 日記

2018年03月09日

ツアー折り返しは、2本目の8aのRPから!

気が付けばツアーも半分過ぎて、残すところあと2週間!!
2(登る)1(レスト)で登るとして、登れる日は10日だ〜〜!!

早いな、おいおい。

昨日、カウントダウン・カレンダーを作って、行くエリアの振り分けやトライしたいルートの選抜などをしていたら、緊張感とともに気合もさらに入った!

フーーゥ、フーーー!!!


今日でTwinCaveもラストということで、由美ちゃんとお互いの宿題を片付けるべく、いざ出陣〜〜!!

ああ、絶対に登らなきゃならん!!というプレッシャーの付加価値って、しびれるわ〜〜。

すき。そういう緊張感(笑)



S_7566190403032.jpg

(アプローチから街を見下ろす)

今日は風が強かったけど、前半雨ばかりで不安定だった天候も、このところは安定してきていて、強風で染み出しもどんどん乾いてきてる!!

染み出しでずっと反故していた、Elonaにも今度こそ行けそうなので、今日は絶対に登るという意気込みとともに、あさイチで完登。

s-IMG_0370.jpg

2本目の8a、Jeremy Ext 8a、 本日の1回目でRP。




★★★と表記されてるのと、壁の抜けまで登るので選んだ、気持ち良いルートでした。

s-IMG_0385.jpg




下部核心、ここはムズかった。

s-IMG_0344.jpg

( 写真は、米ちゃんが撮ってくれた。構図が巧いよなぁ〜〜いつも良い写真ありがとう!! )



早々に宿題が終わったので、気楽に取り付けるルートを…と物色していると!!

今までビショビショで考えもしなかった、ドでかコルネのライン、7cが、やや濡れてはいるものの取り付けれるようになっていたのでトライ!★★★だし。

OS狙うも、下部のボルト位置が外人サイズ?で悪すぎるのと、ムーブがなんだかギンギンにボルダーで、ビーチー(ちび)には、何故かひとりコーディネーションとかになってヤバかった(笑)

ノークリップで仕掛けるには危険な気がして、あえなくテンションコール(涙)





s-IMG_0409.jpg

( Mr.Mgoo 7c )



ヌンチャク掛けがことごとく届かなくて苦労したけど、2回目、ヌンチャクが掛かっている状態だと、つながりも良くなって初見の時の印象よりずっと優しく感じて2回目で完登。

s-IMG_0411.jpg

いや〜〜でも、ムーブの悪いルートはやっぱ面白いなぁ。



由美ちゃんも宿題終了。
苦労してたけど、大切な苦労。
本当の意味で、“1本のルートの完登” を実感したと思う。
素晴らしい成長のひとコマがあったと思う。おめでとう!


さーーーー!!
明日から、もう少し上げてゆくよーーーー!!

Elona、乾いてますように!!!

S_7585014344064.jpg

土下座外交。
お願いします!!



今日のクライミング
Parahorisi  6c  OS
Tsibouri Ext  7a  OS
Jeremy Ext  8a (本日1回目RP) R5
Mr.Magoo   7c  R2










posted by ユカジラ at 03:24| 日記

2018年03月07日

由美子の話

室井さんのことではなくて(笑)今回のパートナーの話。

由美ちゃんは、私のスクールでクライミングを始めた。

これといった運動経験もなく、最初は仲間に誘われて体験程度で始めた普通の女性、いや、今だから言うけど、クライミングどころかちょっとした運動さえ一杯一杯なタイプで、まさかここまでクライミングにハマるとは思ってもいなかった。

かなり長いこと、これ以上易しいルートも課題もない、って内容で講習を進めても、「うーーーーーん!!!……」って感じだった(笑)

それでも、熱心に講習に参加して、弱かった体力もどんどん着いて、技術的にも少しづつ向上していった。

そして、なんと!!

クライミングに専念できる環境を作るために、仕事も辞めて、私と一緒に長期のツアーに出ることを決めて今に至る…(笑)

今時なかなか根性のある本気さに、私も徹底的に付き合うと決めたってわけ(笑)

ツアーに行きたい、クライミング巧くなりたい、がんばります!!そういう言葉は誰もが口にするけど、そこまで本気で行動に移せる人はそう多くない。

だから彼女をパートナーとして、ツアー(年3回のツアー総てに行くといってる(爆笑))で教えれることは全部伝えて行くつもりで日々登っている。


仕事じゃないし、こっちも本気だし、由美ちゃんにとっては初のツアーなのに手厳しい毎日と思うけど、私の思うところの“本物”のクライミング、登り方だけじゃなく精神や文化としての在り方などが伝わるように、自分の登りからも気合をムラムラさせつつ過ごしている。

それは、私がクライミングを始めた時から、いろいろな先輩から教わったり、いや、何も教えてくれなかったけど、見て盗め、やる気がある人間ならみなそうして覚えるもんだ、とも言われた。

ヘタレたことや甘っちょろいことをやろうとしたりすれば、どやされ、クライミングの厳しさや暗黙の中にある“資格”みたいなものを肌で感じ、そんな、言葉では表せないけど感じる“それ”が欲しくて、本当の何かを身に着けたくて、得るために、端折ることなく、自分がその時出来る精一杯以上は無いんだけど、頑張って来た。

無謀と頑張りの境界線を考えながら、それでも逃げることなく、いや、少なく、だな(笑)、時には弱い自分を受け入れて一歩一歩歩んで来た重みと軌跡が今の自分を作っているし、それがプライドにもなった。

確実に言えることは、そういう姿勢を背中で語りながら見せてくれて来たクライマー達に出会え、過ごせたことは奇跡なのかもしれないとも思うし、定めなのかもとも思う。

自分はラッキーだったと思える。

何も知らない初心者の頃に、クライミングとどう向き合うか…出会う人によって道は大きく変わるとしたら、私は幸運だった、と常々思う。


というわけで、由美ちゃんには必要以上の手出しも、過剰なアドバイスもせずにいるが、普通に優しくやってるから、これ読んでる由美ちゃんのお友達、ビビんなくてよろしくてよ、おほほ。

私的には普通っていえば普通なんだけど、今の時代にここまで自分の力で頑張って登る初心者を見たことないと思えるくらい頑張っていて、感動的でもあって、こっちも良い刺激とモチベーション貰ってる(笑)


トップロープで出来た気になっていた講習生時代の彼女は、今すべての自己責任の中で、本当の厳しさを感じながら着実に頑張っている。

だから、自分がやれると思っていた難易度よりもずっと低い、いや、本来の実力の中で闘い、基盤を築き上げている。

大人なので、がんこだし、言い訳も多めだけど(笑)、文句も泣き言も言わずに。
何より楽しそうなのが良い。
その姿には感心する。


由美子、クライミング歴まだ2年半。

ひよこは獰猛な?(笑)軍鶏へと育っている、、、いや、どう猛である必要はないんだけど、闘うには強さは必要だからね(笑)


私はもっぱら、教え過ぎず、由美ちゃんが考え、判断する時間を見守りながら…

s-IMG_0234.jpg

きっと彼女は良いクライマーになると思う。

posted by ユカジラ at 16:14| 日記

ツチノコ2匹

いや〜〜、頑張りましたが、8aのRP、今日は逃しました…

s-IMG_0310.jpg

(どこにいるでしょう〜〜、オレンジのパンツに水色のタンクトップのユカジラを探せ!!)


上部の核心と思われる被ったコルネから、突如傾斜が変わり、マントル返すところで、昨日はスンナリできたので、確認しないで良しとして、自信満々に今日を迎えたら、なぜかマントルがうまくこなせない…

なるいスローパーで延々と粘るもフオーーール!(泣)

いや〜〜、応援してくれてた人々が、まだ落ちてないのに飽きて見るのを止めたと思われるくらい長く粘ってた(苦笑)

粘り過ぎて、両前腕がツチノコになった……かなりぶっとい、巨大ツチノコ(笑)

ジムだったら4級くらいのマントルだったので油断したね…油断大敵ですわ。しょんぼり。


下部パートの、ポケット状のちっさいホールドへのデッドが、遠いし狙いにくくて、ちょっと確率の悪い動きなんだけど、そこは最初のトライでクリア。
一応それで下部の7c+は、その時点で登れたんけどねぇ…

あくまでも上まで行く8aが目標なので、その後、ギンギンにレストして再びトライしたけど、今度はその下部パート(7c+)の核心で落ちた〜〜(涙)

s-IMG_0311.jpg

くっそうぅ、、、

落ちたついでに上部もやっておいて、今度は上部はバッチリ出来てたので、レスト明けですな〜〜。

やっぱ、8は8だな〜〜、簡単には登らせてくれませ〜〜ん。


s-IMG_0326.jpg

指皮がザックザクだぜ!!
血が出る寸前〜〜ひーーーーー!!!!
明日レストで助かった。


登れなかったのは、ちょっと悔しいというか残念だけど、もう“すでに死んでいる”状態の、後がなさそうだった“ツチノコ腕“か ら、その日のうちにしっかり回復して、35mの8aが、2日目の最後にも狙えるだけの持久力が戻ってきたことを実感できたのは嬉しいからいいや!

また、ヨーロッパならではの長いルートを登れて、そういう長さでも、だんだん張らなくなってきてる感覚や、駆け引き、集中が出来ること……そんな今があることがただ嬉しい。

欲を出せばきりがないけど、クライミングどころか、生活も普通に出来なかった日々を思い出せば、健康でヘロッヘロになるまで登れている今に感謝だよね(笑)

ユカジラ、痛みを知って大人になりました。52だけど(爆笑)


日々溜まりに溜まる活性酸素を除去する装置、“レモン汁一気”飲みが効くぜ!!

s-IMG_0329.jpg

s-IMG_0331.jpg

クエン酸回路爆裂じゃ!


今日のクライミング
Avgi 6b+  OS
Agrimi 6b+ OS
Jermy 7c+(8aの下部パートだけど一応)RP 本日1回目 R3
Jermy Ext  2トライ


s-IMG_0305.jpg

と、言うわけで、成果はイマイチですが、今日も幸せな一日でした。
登ってることが本当に楽しくて楽しくて楽しいぞーーーーー!
続きを読む
posted by ユカジラ at 03:51| 日記

2018年03月06日

マスターが普通っていう贅沢

休み明けなのに、どことなく体にどんより感を感じてるユカジラです。

はい。こういう部分に人生の終末が近いとしみじみします(笑)

とか言っても大切な時間はそれぞれに平等なので、突き進め!突き進めば!!突き進みます!!!


と言うわけで、まだツアー半ばまでにも到達していないのに、こんなに疲労感あってだいじょぅぶかぁ〜〜??
……といささか不安でもありますが、今日も頑張りました。

s-IMG_0255.jpg



レスト明けの今日もTwinCave。

アップもやっていないルートがあれば、強度が高かろうと、なるべく同じルートはやらない主義のユカジラ、常に初見を愛するユカジラ、宝の山に大興奮ですたい!!

2本のアップの後、7b+をOSトライ。
グレード以上になかなかに内容の濃い素敵なヤツでした。

無事OS。
ああ、面白かった〜〜。

このルートは、マスターとそうでないのとの違いを感じるルートでした。

ヌンチャクを掛けるために、“ここから掛けてるんだろうな” というホールドからは届かない箇所が多く、動きの途中やワンムーブこなしてからのヌンチャク掛けに労力を感じ、一層の充実感が得られました(←翻訳すると……悪かった〜〜厳しかった〜怖かった〜という意味ですな(笑))

でも、それが大好きなドМなので、幸福(笑)


ツアーではいつでもエリアには1番に着いて、多くのクライマーで賑わう頃には、二足先にメインのルートを始めてるって感じに努力してる甲斐あって、ほぼいつもマスターでトライ出来てる。

日本ではなかなか味わえない、こういう部分もツアーの良さかな。

個人的には、登ったという時には、マスターが当たり前、OSの時は特にそれが理想で好みです。


そんなこんなで、朝から出し切った感は否めなかったけど、NeXT!!

今日は、またまた雨交じりの曇天だったので、いろんなところから染み出しも活性化されてて、やりたいルートにトライするというよりは、乾いていて、比較的大丈夫そうなルートに取り付いた。



上部のコルネが結構濡れてるように見えたけど、マシに見えてた8aをチョイス。



s-IMG_0276.jpg

下部は、めっちゃ垂直のスラブのようなフェース…これしかないってホールドに、わが身長でもオールギリギリ届いたという奇跡!!

登攀距離35m、上部は抜けてて雨が降ったらアウトーー!
なのにチョイス!!

チョリーー―ス!!!



s-IMG_0271.jpg



コルネのビショビショはなんとかこなせたけど、夕方には湿度も上がって全体的にヌメリンチョ…

s-IMG_0272.jpg




2回トライしたのに、多めに持って行ったのに、、
35mという長さに微妙にヌンチャクが足らず、終了点の1ピン下までしか行けてないけど、多分、ラス1はウイニングロード。

s-IMG_0283.jpg


わが身に降りかかる疲労感が曲者だけど、ムーブ的にはOK。

明日は登れそうな気がする。



ああ、もうっ、もうっ、毎日こんなに幸せで…神様ありがとう!!

夕飯は、大量の肉豆類と、ニンジン!!←ブームは続く。

s-IMG_0254.jpg


今日のクライミング

Cripled 6b   OS
Psaromalis  6c+ OS
Bonobo   7b+ OS
Jeremy Ext  8a  2トライ





posted by ユカジラ at 04:12| 日記

2018年03月04日

出した出した

やっぱり、狙って集中して登るって魂消耗するんだな(笑)

8aのRPという、一仕事終えた昨夜は、疲労でよく眠れなくって、朝は結構死んでた。

起きた時は、「お前はすでに死んでいる…」って感じだったけど、岩場に着くと、初めてのエリアにワクワクして疲労感も吹っ飛んじゃった。

が、体は正直!?
今日取り付いた2本のルートはOSし損ねた〜〜(涙)


そう、今日は今までビショビショで登れなかった“TWIN CAVE” 初見参!!

s-IMG_0242.jpg

まーーー、晴れたら晴れたで気温が高い!

加えてこのエリアは、午後遅くまで日向。
昨日の極寒から一転して、灼熱と化した岩場……体に悪い温度差だった(苦笑)


もうね、登れることには何事も変えられない気分なので焼かれながら登りました!

幸福です!!


s-IMG_0247.jpg


今日は今までにないくらい気温も高く、滑りと熱射地獄が大きな敵だったけど、登りだすと初見での動きの解決に集中できて暑さも何のその!だった。

このエリアは、いろんな人から聞いていた通り、良いエリアだった。


ルートの内容は、良い感じに難しめ(笑)

ずっと同じような強度が続き、レストポイントもあるような無いような?
常に体幹の強さと、ムーブへの駆け引きがいるような内容の濃い良いエリアだと思った!

手応えがあり過ぎるくらいの内容は大歓迎!!
むずいルートの多いエリアで気に入った〜〜!

今日登った7a+も、7cも、OSトライでは、次々出てくるムーブをこなしてこなして、そろそろ核心終わったろう…と思った後にしっかり、ドスコイと畳みかけるムーブの強度……

終了点を目の前にして落ちるという残念な結果だったけど、今日頑張れる分は頑張れたかな、と思えたから、ま、いいか(笑)と。


本当に酸欠?疲労で?すぐそこにあるガバに気付かず、核心は越えてるのに朽ち果てたので、悔しいというよりは笑えるトライだったなぁ…

しかも2本とも同じような失敗…(笑)
これが老人力か!?

どちらも2トライ目で登れたけど、いくつも続いて出てくる悪いムーブを、初見ならではの集中力と何とかして手を進めてゆく登りでこなしての最終落ちだったので、2トライ目では、記憶が消えてる部分が多くてヤバかった(笑)

マジ、酸欠で忘却の彼方だった…(爆笑)

結局、2回目も超気合入れての、忘却登りだったから、新鮮過ぎて心も体も満足したな(笑)

今朝感じてた疲労感も身体に馴染んで、一気になんかを超えた感じ!?
ショック療法か!?

何はともあれ、明日のレスト明けにはバリバリにスーパーサイヤ人化してる予感がするぜ〜〜〜!!

やってみたいラインもいくつか見えてきたし、楽しみだ〜〜。



s-IMG_0248.jpg

今日のクライミング

Peripatos 6b  OS
Vromika Myaia  7a+ R2
Chipotel  7c  R2



今日の2本は、OS 出来てたと思うので、この失敗は反省して残りのOSトライは大切にしなきゃ。
OSは人生に一度きりなんだし!

あ、老人力がもっと高まると何度もOS出来るって聞いたことがある(笑)けど、まだその領域には踏み込みたくないから、OSトライは1度きりで行きたいです(笑)



パートナーの由美ちゃんも、着実に頑張ってる!
毎日毎日、私にどやされながらも真摯に岩に向き合う姿が素晴らしい!
きっと、良いクライマーになる。

s-IMG_0245.jpg

乞うご期待!!




posted by ユカジラ at 04:22| 日記

2018年03月03日

復帰後初の8A

登れました!

LEONIDIO MARSエリア 

Oeil de Boeuf  40m 8A


レストポイントも多く落としやすいほうだったと思うけど、その分ポイントポイントでのムーブの強度が高かったので、緊張感ありました。

久々の40mで、自分が持ってるイメージほど体力というかいろんなものがまだまだ合致していなく、レスト明けなのに、前腕は芯に疲労が残っている感じだったし、背中が攣るような筋肉痛があって「今日はダメかもなぁ…」なんて思ったりもしてた。

天気も今日は雨の中で湿度が高かったり寒かったりと、良い条件ではなかったけど、最後まで「その時出来ることを精一杯」をモットーに、気合入れたら登れた(嬉)

初見ではOSは出来なかったけど、そこそこ良いところまでつなげたし、結局その後はヨレが勝って、気にも留めていなかったパートでムーブがわからなくなったりして手間取ったりで核心で撃沈が続いたけど、4回目のトライで無事完登。


RP前の緊張感と集中はやっぱりいいもので、「この世界に戻ってこれた」と感無量。

肩の手術から、今月6日でちょうど9ヵ月。

再び目標にしていた課題へのスタートラインに立てた気がして嬉しい。


今回のツアーでのいろいろな目標の中の一つに、体力や勢いに任せて登り過ぎない、1本1本をより大切に登り、腱や軟骨を無駄に使わない(笑)っていうのがあるんだけど、そこもきっちり出来てる感じで、当たり前だけど、常にOS狙いで、いつもより、より悔いのない登りが出来ていることも怪我の功名かな?って思う。


明日は、いくつかピックアップしてあるエリアの1つが登れるくらいまでは回復してるという噂をもとに、TWIN CAVE というエリアに行ってみようと思う。



今日は気合入れてたのでカメラはアパートに置いて行ってしまっていたので登っているのはないけど何枚か……



S_7552506671053.jpg

S_7552499219939.jpg

今日のクライミング

Pathfinder  6c+ OS
Yoko M-ono  7a  OS
Oeil de Boeuf 8a   本日2回のRP  R4


posted by ユカジラ at 03:49| 日記

2018年03月02日

レスト日はカメラ片手に


S_7530588981668.jpg


昔っから、絵を描くのが好きで、フレームに絵を描く感覚で写真を撮るのが好き。

レスト日はゆっくりしながら写真散歩。




s-IMG_0163.jpg

この天気がずっと続けばいいのに…
岩場の染み出しも、今登れているエリアでも少しずつ増えてきていてドキドキする。




s-IMG_0164.jpg

壺。
玄関先とかによく置いてある…魔除け???



s-IMG_0176.jpg

ヨーロッパって、猫がどこにでもいて萌える。



s-IMG_0166.jpg

三毛。



s-IMG_0177.jpg

ボス猫。


s-IMG_0240.jpg

我が家(アパート)の海子は、毎朝毎晩ご飯食べにやってくる。



s-IMG_0241.jpg

「はらへった〜〜!!ごは〜〜〜ん!!」とかわゆすお顔で猛アピール。
スーパーに行くたびに、小袋でグルメなおやつや缶詰を買ってたけど、すごい食欲なので今日からお徳用大袋だな……(笑)


昨日の疲れ、↓ こんな感じ(笑)に、最終トライは使い物にならなくなってたので、

S_7552501283386.jpg

今日のランニングは、コンディションを整えるようなゆっくりペースで1時間。
ストレッチも入念にやった。

夕方には、Elonaの濡れ具合を見に行ったりして過ごしたけど、まだまだ乾く気配無かった。

明日は、1日雨予報…朝になってみないとわからない!と言い聞かせつつ晩御飯に突入(笑)



posted by ユカジラ at 01:31| 日記

2018年03月01日

セカンドクール

ギリシャに着いて6日目。

1回のレストを挟んで、セカンドクール、Day4、Day5が終了。

天気と、染み出しなどの様子がだんだんわかって来たのと、毎日1回はまとまった雨が降ってはいるけど、雨に強いエリアも確保でき、とりあえず順調に登れている。

この2日は、Marsという、こじんまりとしているけど、35m〜40mと長いルートが多いエリアに通った。

s-IMG_0195.jpg

標高高めの場所にあって、午後いっぱい日陰なので、この時期はまだ寒いけど登るにはちょうどいいうえ、ロケーションは最高。

お花畑を見下ろしながら40mを登るのは気持ちいい。

s-IMG_0201.jpg

岩場の傾向は、グレード感も内容もソフトなので、調子を上げてゆくには最適と思うけど、難しいルートがほぼない(最高で8a が2本)ので数日通えば充分という感じかな。

ちょっと気になったのが、ルートが近接し過ぎていてあみだくじ状態…

日本の「か〇と」岩っぽくて、ヨーロッパに来てまで…という感じが否めないのがちょっと残念。

下部は薄被りにコルネとガバガバで登りやすく、上部はポケットという個性的な壁なんだけど、よくある、核心の位置が同じ高さっていう傾向で、岩自体の性質、クオリティがもうちょい!という感じ。

多くのルートが中間に終了店が設けられていて、下部のほとんどが6台ということもあり、初心者クライマーで日々激込み。
日本にあったら、講習会に好適な感じのマイルドなエリア。

それでもこの2日で、長くて目を引くラインをピックアップして登った。

復帰後にこの長さのルートを登るのは久しぶりなので、休みが欲しい!!と感じるくらい出し切れた。

今日登れる予定だった(笑)、8aは、初日にOSトライで頑張ったものの、最後に来たボルダーパートの核心でチーン…(涙)

s-IMG_0233.jpg

今日は登れる気満々で取り付いたけど、やっぱり同じ場所で弾き返されRPし損ねてる…(苦笑)
もしや、1テン地獄とか!?

いやじゃぁーーー!!
(笑)

s-IMG_0211.jpg

ここ核心。
これ超えたらもう終わりなのに〜〜、38m地点でぶち落ちる刹那……(笑)

いや、楽しっす!!
いや、まじ、またこうして出し切って死ねる日々が嬉しっす!!!

s-IMG_0209.jpg


パートナーの由美ちゃんも宿題があるので、結局、明日のレスト明けもMarsに行くことになりそう。

まあ、まだいくつか候補のある行きたいエリアは染み出しがありそうなので、復帰1本目の8aをRPしてからってことで頑張ろうと思います。

Day 4

Boubouki Ext  7a+ OS
Mystere et Boule de Gomme Ext  7b+ OS
Oeil de Boeuf  8a  ファーストトライ

Day5

6c+
Tufatango  6c
Speceman Spiff Ext  7b
Oeil de Spiff Ext  8a  セカンドトライ




初日、Marsに初めて行った時には、トポを見ても、2日通えば興味あるルートは登り終えちゃうなぁ…と感じたけど、この8aがスンナリ行かず、この他にトライしたいルートが3本あるので、休み明けきっちり全部登って、気持ちよく違うエリア、ってのが理想(笑)

ああ、強欲の極みなり〜〜(笑)
posted by ユカジラ at 04:57| 日記

2018年02月27日

レスト日のお散歩写真館  

ギリシャでの最初のレスト。

降り続いた雨も上がり、午前中には強い風が雲を吹き飛ばして青空に!!

s-IMG_0181.jpg

今晩にはまた崩れ、雨が降る予報になっているのが嘘のよう。
でも、毎日こんな感じに晴れている時間があっても、予報通りの大雨になる。そんな毎日。

レストがもったいない感じだけど、やれることはあるしレストも努力。
朝はまだ雲厚い中ランニング。
海沿いの道を1時間。気持ちよかった〜〜!


s-IMG_0151.jpg

ギリシャのイメージには無かったけど、柑橘類、レモンとオレンジがどこにでも生っていて、アパートでも自由に食べれるように部屋にも中庭にもたくさん置いてあるし、これがまた今まで食べたどのオレンジやレモンよりも美味しくて、毎日食べまくっている!

s-IMG_0152.jpg

レモンはデカくて、電動絞り機で絞ってジュースに!



s-IMG_0154.jpg

オレンジは朝や岩場で食べまくり!!果汁がすごい!甘い!



s-IMG_0156.jpg

アパートの中庭にもご自由にどうぞ状態(笑)



s-IMG_0158.jpg

これ、1か月住む我が家。
由美ちゃんと二人暮らし。



s-IMG_0161.jpg

天気は悪いけど、やっぱり春が近いんだな…道端にも岩場のアプローチにも花が多い。




s-IMG_0113.jpg

キッチンにお客さん!
海子!!かと思いきや、黒猫ちゃん。


S_7531058039175.jpg


大変人懐っこく、撫でて撫でて攻撃にメロメロ〜〜〜



S_7536639234217.jpg

海子〜〜と呼べば毎日来ます!!
スーパーでご飯も買って友好関係を深めてます(笑)



S_7536640407988.jpg

私のごはん。
フライパンから直接。ふふ。


s-IMG_0168.jpg

街中にある八百屋。
人参直食いがマイブーム。

s-IMG_0171.jpg

御用達スーパーマーケット。
ギリシャ語、全然わかんない。
今年のレンタカーは、日産マルタ(マーチ)小回り効くし運転しやすい。



s-IMG_0167.jpg

街の山道具屋兼カフェの看板。



s-IMG_0169.jpg

明日行く予定の、雨の影響が少ないって聞いているエリアのアプローチとエリアチェックへお散歩がてらGO。




s-IMG_0186.jpg

激混みなのは他が濡れてるから?人気エリアだから?
すっげーーー!!人でビビった。



s-IMG_0187.jpg

マムート、しかも自分も持っているウェア、ハーネスでビレーする、なんだか見たことのある人が……




ええええええ!?

s-IMG_0191.jpg

由佳ちゃんでした(笑)
笑こんなところで〜〜と、二人して爆笑!!
クライマーにとって、世界は狭いようです。


s-IMG_0183.jpg

アプローチに生えてた怪しい植物。


なんだかんだと盛りだくさんなレストでした。

明日のエリアも問題なく登れると確認もできたので、安らかに眠り明日を迎えま〜す!












posted by ユカジラ at 03:22| 日記

2018年02月26日

どうゆうこっちゃ

波乱の幕開けとなっている今ツアー。

多々あるトラブルは旅のスパイスってことで受けて立つんだけど……

過去に経験してる「悪天候」モード満載なのが超ショック。

こちらに来てから、毎日雨。

しかも雨量が半端ない。

丸々1日振り続けた日はないけど、12時間から18時間の降雨とその気合入った降りには、今何とか生きているエリアも全滅するんじゃないかってドキドキして眠れない〜〜〜(泣) 

しかしよく降る。

こちに来て、昔からのおやじ、あ、違った(笑)、クライマー仲間の石山さんに会って聞いた話でも、私たちが来る1週間前くらいから滞在してるらしいけど、毎日雨!!らしい。

確かに、出国前に何気なく見たこちらの天気予報が、3週間丸々雨マークだったので見なかったことにしていた。

こっちに来てからも、ポジティブ人間な友ユカジラとしては、いくつかあるサイトの中で、比較的太陽マークがあるものをチョイスして見てたけど、現実は日本の梅雨みたいな日々であーる。

無念。

とりあえず、先の予報を見ると精神衛生上良くないので、今を生きるのだっ!

ギリシャからだと他の国へ移動して登るにも無理があるので、現状で出来ることを頑張るしかないし、今はまだ選ばなければ登る事は出来てるので良いとしないと…

行けるエリアはアプローチが長いので、雨の中歩くことや、湿気でヌメヌメな事も登れないよりはマシ!と捉えよう。

ああ、この言い聞かせ感が…(笑)


ファーストターンのクライミングは…

23日、アテネからの移動やアパートの手続き、近めのエリアと思ったけど結構遠くて2時間しか登れなかったうえに、このエリアは壊滅的で、帰国までに登攀可能になるとも思えない濡れっぷりで、乾いてるものもなく、無理くり6a+と1手激ワルな6cの2本で終了。

24日
石山さんから、雨でも登れるエリア、HADAを教えてもらい行ってみると、前日の豪雨をものともしないような乾きっぷりに助けられ何とか満足いくクライミングが出来た。
生活の基盤が出来ていなく、買い物や色々で早上がりだったけど

Sokolatina 7a OS
Troufa 7b OS
Medousa Exit 7b+ OS

s-IMG_0119.jpg
S_7530589330105.jpg

この日は日中日の出てる時間もあったし、雨降ってても大丈夫なルートが殆どなので大助かり。

25日
確実に登れるエリアということで、再びHADA。
午前中は晴れていたけど昼からずーーーーーーっと雨。

Skilisia Apodrasi 6c+ OS
Ntinta 7a+/7b OS
Booze 7c R2
La moya 7b 夕方最後にOSトライで取り付くもハードボルダームーブでやられ撃沈〜〜(涙)次回!!

s-IMG_0130.jpg


s-IMG_0138.jpg

Booze 7c
これも、ボルダー核心で粘るもOSならず…ムーブ解決がムズかったけど面白い!



今日はレスト。
昨日の昼から降り続いている雨は午前中には止みそうだけど、夜はまた雨になる予報…

岩場が生きているうちに登れるときは気合入れていこうと思う。










続きを読む
posted by ユカジラ at 14:35| 日記

2018年02月25日

GREECE ツアー開始!


始めは、手術した肩のリハビリの為に、オンサイトトライで易しいルートからガンガン登ろうと思い計画したんだけど……

出発前、ぜんぜん前(笑)から、ほぼ復帰も想像以上に進んでいたので、リハビリなんて気はさらさら無い、本気のツアーに成り代わった(笑)

こちらに着いた移動日の夕方に、体ほぐしてついでに2時間くらい登りに行ったのと今日明日で2日ちょっと登った。

クライミングの詳細は、明日登った後のレスト日に書こうと思うけど、初日といってもいい今日の時点で、7a+から始めて、7b、7b+と一個ずつグレードを上げながら調子を見てみたけど、ここまではOS。

調子は上場。


s-IMG_0092.jpg

(大雨後の濡れも染み出しをも、ものともしないエリア、HADAエリア、
   私たちが来るまでの4日間雨が続いていたことから考えても、このエリア、雨に強い!!)



今回のツアー、過去にないくらいのトラブル続き(苦笑)と、天候不順で壊滅的に濡れているエリアや、200oを超える夜間の大雨…と、なかなか精神力を鍛えられる始まりだけど、そんな状況でも登れるエリアを見つけられたり、この先どうなるかわからないけど、天候も良い方向に動いてくれそうな予感もあって楽しく登りだしている(嬉)

何より、半年のブランクを乗り越えて、またこうしてツアーで日々挫滅しながら登れる日が来たことが嬉しいし、感謝感激なので、トラブルもまた良しって感じ。

s-IMG_0067.jpg


多々起こったトラブルの一例は、ギリシャの空港で勝手に荷物が開けられていたようで、鍵は壊され、中身もぐちゃぐちゃにされていたけど、何も(多分)無くなっていなかったことは助かったし、初日の深夜着の飛行機から、宿泊先のオーナーさんに会えず青空ビバークの覚悟ぎりぎりのところで会えて、睡眠は果てしなく削られたけど、風邪ひかなくて済んだこともラッキーだった(笑)

Leonidio(今回滞在するエリア近くの村)のアパートでは、初日の朝から、豪雨の影響か?すべての電源がうんともすんとも言わない事件が起きて、ブレーカや、考えられるすべてを調べてみても原因がわからず、ご飯も食べられず困った。
オーナーさんともなかなか連絡が取れず、しょっぱなからクライミングに辿り着かない焦りも、豪雨で半ばあきらめていたとはいえ、エリア探しくらいはしたかったので、ちょっとしょんぼりしそうだった。

でも、時間はかなり取られたけど、クライミングも奇跡的に出来て結果オーライ。

やっぱ、人間、諦めないでその時出来ることを精一杯、が基本だな、と思った(笑)



やっといろんなトラブルも解消に向かい、やっと落ち着いてクライミングに専念できそうです!


道路にわさわさしてたヤギ達も祝福してくれているに違いない!
ええい!!
道を開けろ〜〜!
岩場に行かせろ〜〜〜!!!!

s-IMG_0080.jpg




全員でこっち見られると照れるぜ。ふふ。

s-IMG_0086.jpg


さあ、2018年最初のツアーの始まり!
去年の分も取り返すぞ〜〜!!


続きを読む
posted by ユカジラ at 12:28| 日記

2018年02月19日

ノーゲロード

20180219_080205.jpg20180219_075809.jpg1518927382466.jpg1518927386349.jpg









NO ゲロ ROAD
(笑)

もうすぐツアーに出掛けるので、お猫様を実家へ連れて帰ったんだけど、今回は、新車「みかん号」初乗り大試乗会で。

静かなエンジン音と、スムースなサスペンションに、“ゲロ王・森田” が、ノンゲロ(驚)

毎回、森田にとっては、「てめー、俺を殺すきか!店長を呼べ店長を!」的な、4時間にわたる“死”乗会が、「よし、これ買うぜ現金で!」万冊の束“ぼーん” 的な乗り心地だったようで、やはり世の中“金”なのか!?という出来事に浮わついた気持ちになりかけました(笑)


いや〜、私も「みかん号」に初めて乗ったとき、20万q越えの、ご長寿車に比べると、静かなエンジン音と振動の少ない走りに感動したものですが、より動物なお猫様達にはテキメンな違いだったよう…

最低クラスでこんなだと、もっと上のクラスだったら、ノンストレスのゴージャス感に包まれてしまうんじゃないかと思いました。

それもこれも、日々のトレーニングと、逆境に負けない下層の生活の賜物です。

というわけで、近々脱走いたしやす。
posted by ユカジラ at 16:48| 日記

2018年02月02日

青春のヒマラヤ

20180202_213931.jpg

月日を重ね、痛みや喜びや希望、苦笑いの意味を知り、少しだけいろんなことが変わって行くんだなぁ…と。

近況としては、
手術した方の肩は順調。
やりたいように、存分に何でも(クライミング)やれてる。
我が人生に1oの不満なんてない。
自分で選び歩いてきた道程だしね。

たぶん、そお遠くない未来に、部分断裂してる方の肩の手術をすることにはなるんだと思う。
最近ずっと痛いし(くっそう)

でも、それも私の人生。
まあ、そんときゃそんとき。

今はまだ、あれだけのエネルギーを回復と復帰にかけれるかは考えたくもなく、「ぜーってぇ、ヤ!!」と思うし、やれる自信も湧いてこないけど、たぶんやれるでしょう。

何故って?
だって、
私だもん(笑)

22歳の頃に書いた、最初の著書、「青春のヒマラヤ」最終校正の時以来、手に取ることもなかった。

ふとした事がきっかけで、実に30年ぶりに読み返しちゃったりした(恥ずぃ笑)


下手くそな文章、他人事のように読んでみると、“青く”て、とても“純粋”だと感じた(苦笑)

出来ないことは出来ないと言い、
恐いものを恐いと言い、
いつも好奇心に溢れていて、
感動していて、
泣きたいときに泣いていた(笑)

あの頃は、ブログ、とか、インスタ、とか、なんにもなかった時代。

日記でも書いてなければ、オンタイムでリアルな気持ちや出来事なんてきっと覚えてないし、成長したり大人?になったりするたびに、見栄を張ったり、理想が本当のことのように、記憶は簡単に書き替えられちゃうんだろうなぁ…と感じました(笑)

良く覚えてることも、全く記憶に残ってないこともたくさん書いてあって、自分の事なのに、けっこう笑えた。

基本線では性格も考え方も変わってないんだけど、やっぱり若いときは、ひたすらに純粋で、私に限っては無いと思っていた“根拠の無い自信”もしっかりあって(苦笑)、それを本物にしたくて、ひたすら前だけを見ていたんだなぁ、とか、なんだか面白かった(笑)

そしてやっぱり、私に人生哲学を、多くは語らなかったけど染みるほど教えてくれた、故原真さんの存在の大きさが宝だったとひしひし感じました。

人生は、誰に会ったか、誰と過ごしたか、これに尽きるとも思いました。

私は恵まれてた。
恵まれている。
きっとこれからも。
posted by ユカジラ at 23:03| 日記

2018年01月22日

52年目初日は伸びて跳ねて、そして大雪(笑)

20180122_173933.jpg20180122_185248.jpg

恐ろしいことに、イチロー(51)の間にやりたかった目標のいろんな事は先送りせざるを得なくなり、本日52年目、本体使用開始となり、新たに決意を独り固め盛り上がっております(笑)

今年は、1年前のやり残しまで頑張らねばなので忙しいよ、また腱板切れそうなくらいに…(笑)

壊れた所を部品交換して直した51年目だったけど、本体自体にもガタが来てるから大事に使わないとなー…

と、思ったのはほんの数日…(笑)

もう、今年中にまた修理に出さなくちゃならないような使いっぷり?に、我が事ながらいろいろ肝を据えて?諦めて?納得して?(笑)

まあ、どちらかというと納得、そして満足して、だからいいや。

攻めてナンボの人生。
好戦的な私が、護りに入るようになったらお仕舞いだからねぇ。

ブッ壊れるも我が人生。
明日死ぬかもしれないと思えば、今を120%でやりきる方が性に合ってる。

な訳で、連登5日目はボルダー。

昨日、行きたくてやっと行けたカジマルルトラアニマルジム(笑)に行って開眼!

ルートでは、元のレベルまで戻ってきている感じだけど、大きな力とそのエンデュランス、瞬発系の神経回路に関しては、再開し始めてないこともあり、全然ダメ。

部分断裂したままの方の肩、耐えれる強度にやや不安もあった…
いや、それ以上にこの半年でいちばん大きく失い、戻すのに相当な努力が要ると感じてきた部分は、1からやり直そうとも弱すぎて…(涙)

何から始めたら良いか路頭に迷ってる感じでした。

少しずつボルダーも始め出してたけど、やり方が甘っちょろかったと本気スイッチ入りました(笑)

ホントにホントにボルダーに関しては、怖いくらい力も何もかも落ちてて、かなりショックだったので、向上を感じれるルートに傾倒してたけど、最低でも手術前のレベルくらいまで、ボルダー力も戻さないとやりたいこともやれないぞ!と、目が覚めました。

失ってしまったものを嘆いたり、以前なら…なんて思いを馳せる暇あれば、
繋げよう瞬発系の神経!
積み上げていこう筋力を!
です。

今の私には、ちょうど良い内容がたくさんあってトレーニングになる家近ジムで伸びて跳ねて登り、まだまだだけど、神経系に刺激が入った良い52年と1日となりました。

ちょっとずつダイナミックムーヴ感覚が甦ってきた!

わーい\(^-^)/


そして…
登り終え外に出ると大ラッセル大会…(苦笑)

私が産まれた日も、大雪だったそうなので、何だかここからのスタートは、本当に生まれ変われるような気さえしてます(笑)

ちなみに、土曜日19時59分だったそうで、産声を上げたとたんに、“八時だよ!全員集合!”のオープニングが始まったらしい(笑)

“プロフェッショナル仕事の流儀”か、“ダーウィンが来た”、が良かったな。

って、その頃はやってなかったね(笑)
posted by ユカジラ at 19:04| 日記

2018年01月17日

立ち止まり考える時間

約半年、クライミングしてた時間から離れる機会があったことで、感じたことはたくさんある。

見てても見ないようにしていたこと、見えてなかったもの。

いろいろ(笑)

自身のクライミングに関しては、良かったことも悪かったことも有り難く受け止めて消化吸収したり、咀嚼中だったりで、その効力を楽しんでいる(笑)

もう9割8分元に戻って登ってる。
絶好調!
いや、前より強くなるる予感すらあるのが、我が事ながらアホかとも思う。この歳で、と。

そんな時間を過ごしながらも、今回、感じたことに、ルートセッターの仕事とグレード…がある。

私は怪我の前辺りから、少しずつセットの仕事は受けないようにしていて、今回の手術を期に、まあ、いろんな理由があって、仕事としてのセットはやっていない。

そういう部分からも離れてみて、改めて感じることもある。

それは…

太古の時代(笑)から繰り返されてることでもあるし、論じることに意味が無いことも、長いクライミング経験の中で解ってはいるけれど、最近の加速度的な変化と、それに対する、設定する側と登る側の開き直り?(笑)にはビックリしてる。

ぶっちゃけ私は、自身の成長やトレーニングになるものやことを選ぶことも出来るし、過去から現在までに繰り返されてきた様々な歴史も知っているので、いろいろと、本当のところは「どうでも良いや」と言う感じなんだけど、何が基準で、何が合ってるのか…格になる?なっていく?人達が、大切な部分を解らなくなって来てるんだろうなぁ、と感じた。

“絶対音感”ならぬ、“絶対グレード感”(笑)的な、幅はあっても、この難易度にはここまでと言うような、保持感だったり、距離感だったり、ムーヴだったり。

もちろん、比較的合ってると思われるジムも多いけど、軽く2グレード位を平気でぶっ飛ばしてるジムが多いのには違和感を感じる。

それで良いと言い切り、考えることも立ち止まることもせずに進む気満々(笑)な人達にも。

それが合ってる、我らが神!と思い込んでる世代がルートセットをして、何が普通か知らないクライミングを初めて間もない世代が、そういうものだとクライミングを知った気になって引き継いでいく…笑っちゃうような現象。

つい10年前には、不人気だった岩場が大人気なのは、岩場の方が易しい(ジムでの難易度と比べるとビックリするような成果が出せるから)と言う不純な理由が、表面的には、外は気持ちいいとか、岩登りは外がクール!みたいに、皆さん綺麗にまとめてるけど、岩場は“クソ簡単”とかのたまって、テストピースと言われているグレードにまでケチをつけて、公でないにしろグレードダウンしたりしてる、歴史に敬意を評さない言動…

ホントにもう、仕方ないとはいえ、クライミングがクライミングとして積み上げてきた歴史や文化が、それを知りもしない世代のノリに踏み荒らされているのは哀しいと感じる。

岩はそういう人達がまだ生まれてない頃からそこにあり、先人たちが用意されてない限界の壁を越えながら、今の時代へ繋げてきた訳だし、今の若い世代がひとっ飛びにそこに辿り着けるのは、上限が用意されているからと言うことを知っているのかな?と。

まあ、全ては個人の価値観なので、“好きで良い”、が答えだし、数字はどうでもいいと言う考えも正当。悪くはない。

私自身は、出来ないことを出来るようにしていく過程に意味を感じるので、そういう瞬間を与えてくれるモノなら何でも良いとは思っているし、課題は難しい方がいいし、それが自身の向上、日本人クライマー全体の向上に役立ってるのは、実感としても解るし有難いとも思ってる。

しかし、易しいグレードもエゴの塊のような内容ばかりで構成されていて、自分が簡単に出来るからと、そのグレードの範囲を超えた保持、距離、動きで設定していることに、プロ(お金をもらっていると言う意味で)なら恥ずかしいと思ってほしい気も少しする(笑)


もちろんそういう内容のモノがあっても良いとは思うけど、どのレベルでも、そこからレベルアップしてゆく上で、学んだり鍛えたりする為に段階があるはずなんだけど、その辺が上手く設定出来ないセッターが多い気がする。
(私が知ってるホンマもんのプロ達は違います)

はっきりいって、易しいものほど設定が難しく気を使うわりに、楽しみ、自分のとってギリギリな動きや強度のセットをするよりは、楽しくない。

でも、仕事は、楽しんでやった方が良いけれど遊びじゃない。

こういう当たり前のことがいまいち身に付いてない人が多いのに、一人前なつもりな人が多くてどうなんだろう、と感じる。

セットをしている時、登りに来たお客さんよりセットをしている人を優遇したり、告知も無しにエリアをクローズしたりで、不快、そしてわざわざ来たのに目的の事が出来ず、やむ無く、登らずに帰る事になった話も最近聞いた。

多くの場合、他の壁で登るとか、お客さんの方でも配慮してスムーズに行ってることも多いし、セットをしてくれる人がいて質の良い課題や内容から、多くの人が向上したり楽しめたり…
もちろんセットも仕事なので、労働がキツいのは当たり前だけど、セットをする側への感謝の気持ちも忘れてはいけないけれど、本質的には裏方の仕事だと言うこと…

何故か、時代なのか、セッターが登る側よりも偉いと勘違いしているようなモノを感じるのは私だけではないと思う。

仕事としてやるならば、自分が楽しい、とか、自分が作ってやってるんだとか、私の課題は作品だ←これ良く聞くけど、○ッ!って思うね、私は(笑)
とか、違うと思う。

登る側が主であると言うこと、もう一度書くけど、仕事としてやるならば、そうあるべきだと改めて思う。

最近のジムでのクライミングは、すでに本来のクライミングからはかけ離れたものなので、全く違うスポーツ”として捉え、私の思うところのクライミングに役に立つ部分で関わるようにしてるから、もうどうでも良いと言えばそれまでなんだけど、たかだか数年の、とても狭い経験値の中、自分で自分に酔えちゃうような浅はかさでクライミングを語りすぎると足を掬われますよ、と、ちょっと言いたい(笑)

なにかを始め、その道のプロになると言うことは簡単ではない。

でも、やる気のある人間ならきっと到達できる。

そんな中に、プライドよりも大切な部分は何か考える時間も必要だと思う。

謙虚であること。

私はそう感じています。
posted by ユカジラ at 11:08| 日記

2018年01月03日

2018年スタート

received_951508858334974.jpeg20180102_104009.jpg1514959263318.jpg


明けちゃいました。
おめでとうございます。
今年も宜しくお願いいたします。


今年は、去年の分を、すべて取りもどーーーす!
いや、眼には眼と歯と腕や脚もじゃ!

より貪欲に。
より幸せを感じながら。
何度でも向かって行く!

それだけっす!

クライミング始めてから35年…
初めて、年末の最後のいちにちと、元旦の2日間、あえてクライミングとすべてのトレーニングを休んだ。
訳あって、めっさ久しぶりに雪の山を登って御来光拝んだけど、これはトレーニングではありません(笑)



今年の私はひと味違う。ふふ。

そして1月2日から本格始動してまーす。

もうバリッバリだぜ。
さあコイ!
バッチコイ、こーい!
posted by ユカジラ at 20:07| 日記

2017年12月31日

ゆく年くる年

20171231_105047.jpg20171231_092524.jpg
2017年も今日で終わり。

毎月めくるのが楽しみだった猫カレンダーを、ヨセミテへと変えて、2018年を迎える用意も済みました。

日々は毎日続いてゆくので、何々納めとか、始まりとかは私の中にはあまり無いのですが、やっぱり何となく締め括りと始まりは大切にしておきたい気もして、走り納めだとかヨガ納め…
この数日は、いろいろ慌ただしかったです(笑)

私にとってクライミングは日常。
納まりも始めも無いような毎日なので、理由でもないと休めない性分としては、逆に年末年始くらいはしっかり休んでみようと…
毎年思いながら出来てないので、今年こそ、最低でも大晦日だけは休もうと気合い入れてます(笑)

シューズとチョークバックは、何処に居ても、肌身離さず持ってないと落ち着かないんだけどね(笑)

そして…
今年いちばんの出来事と言えば、やっぱり肩の手術でしょう。

入院も手術も生まれて初めての事だったし、クライミングをこんなにも長く出来なくなるような事も初めてでした。

オーバーユースでの故障や、何となく痛みがあるなんてものは、屁でもないと改めて思うと共に、相当痛くても誤魔化しながら登れる程度なら、登り続けてて当たり前とも、更に思いました。

健康なくせに、言い訳でリハビリリハビリ言う輩に「本当のリハビリってのはなぁ!#&\=○♭|◇だよ!」と言ってやりたいくらいです(笑)
言わないけど(笑)

より厳しい(自分に)私になりそうです(笑)


毎日の全てがクライミングな私の生活は、クライミング復帰に向けて、全勢力を費やしてたので、生活が変わったわけではなかったけど、登れない日々は、なかなかに…暇!でした(笑)

クライミングってホンとに気力体力…いろんなもの注ぎ込んでるんだなぁと実感の日々でした。


3回予定していて、それぞれにテーマと目標があったツアーを2回断念、やって来た日々の積み重ねが無くなるわけじゃ無いけど、2018年へと持ち越しになった事にはいろんな想いもあります。

積み重ねた筋肉は、お亡くなりになられました…合掌。
現在、新しい金のお肉を絶賛育成中。


私のクライミングは、いつでも前しか見ていなく、未来の自分に追い付いては又その先へと続いていて、終わりもなければ立ち止まることも無かった。

そんな日々に半年という、私にとっては初めての「試される」時間を貰ったように思います。

多分、あり得ないくらいの最速で元のレベルへと戻してきたけれど、この半年の意味を知るのには、まだ先の事になるんだと思います。

この半年で何かが変わった気もするし、性懲りもなく何も変わってない気もするけど、確かなこともあります。

半年を棒に振るくらいなら、数日のレストなんて屁でもないことを知りました。

大きな怪我とか手術すると、一晩寝ても治らない面倒癖い事態だと知りました。

頭打ちになってきていて、何をどう努力したら良いか解らなくなっていて、意識は高かったと思うけど、やり過ぎて、止め時を見失って、惰性で登り続けていたことを…薄々感じてはいましたが、認めました。

その理由に、自分は弱くて、もっと強く巧くなるためには努力が足りてないと思い、より難しいチャレンジを休みなく行っていましたが、身体が悲鳴をあげるほど限界まで追い込み過ぎて、更に結果が出ていませんでした。
自分が思うほど弱くも下手でも無かったと、失ってから見えてきたものもありました。

でも、まあ、後悔は無い。
そういう思いが私を、少なからず強くしてくれてたのですから。

そして、いまより強く、巧くなるために必要なものが何か…
今は解った気がしています。

2018年が、その答えが正解かを確かめる1年になります。

そして、私はそれを信じてます。
信じでもしないとやってらんねーっす(笑)
みてろよ。
タダでは転ばない執念のゆかじらを(笑)

です。


たくさんの繋がりのなかで、多くの人から貰った力、愛、勇気、いろんなものへ感謝を込めて、2017年を締め括りたいです。
ありがとうございました。
posted by ユカジラ at 13:10| 日記

2017年12月27日

戻ってきた“金”のにに肉?

20171227_130523.jpg20171227_130555.jpg

私は物欲がかなり低い。

子供の頃からずっとで、何かを買うときは必要だから(笑)

クリスマス前に、欲しいものある?と聞かれても、「なんも(ない)」と即答するようなつまらない奴です(笑)
ごめんなさい。
でも、お金のかからない良いヤツです。←何の言い訳だ!?(笑)

「なにかあるでしょ」と言われて考え抜いたたあげく、「筋肉」と答え、すぐに「自給自足するからいらんわ」と言ってしまうような、可愛げもロマンも夢も無いタイプです(笑)

そしてこのクリスマスには、しっかり自給自足でゲットしました!筋肉の成長の行方を!(笑)


肩の手術後のリハビリで入会していたスポーツクラブは、クライミングを始めてからは1日も行ってない(笑)

6ヶ月の縛りがあるうちの半分しか行かなかったけど、これは嬉しい誤算だったのでヨシでしょう。

だけど、ちょっと勿体ない気もして、クライミングを再開して約3ヶ月、どれくらい筋肉がついたか、目安でしかないけど「体組成計」を測りにだけ行ってみた。

写真には無いけれど、筋肉の量を色で示す身体の絵があるんだけど、とりあえず手術後間もない頃、まだ筋肉が落ちきってない頃の色まで戻っていたのが嬉しい。

クライミング再開したときに測ったものでは、約5ヶ月登れなかった後の、最低最弱な身体での測定だったので、全身“一般人色”になってたけど、今は両腕が、まだレベルは低いほうだけど、一般人より上の筋肉色になってた。

その他の部分、ボディや脚等も一般人の上のクラスへ昇進!
些細なことだけど嬉しい。

筋肉量も写真のとおり、体重比だと110%越え、腕に関しては両方140%越えだから悪くない。
200%越え狙うか!?

まあ、登れてなんぼ、登るためにパワーが欲しいんだからひとまず戻ってきた筋力を、動きの連動性の中で発揮できるようにさらに登るぞー!

ポリシーどおり、登ること以外の筋トレはしてないから、クライミングに使える筋肉は着々と戻ってきてる。

最近やっと、イメージに近い登りが出来るようになって来ているし、パワーエンデュランス的な耐久力もついてきた実感があり、とにかく嬉しい。

あの、パワーと距離の克服無くして太刀打ちできない荻パン、最近は前のように3級が楽しめるようになってきたし、2級もトライ出来るようになってきた事が何よりの証だろう(笑)

また前のレベルくらいまでは登れるようになりたいと願って、ぜんぜん歯もたたない弱々な日もその時出来ることを精一杯やって来た……

そんな“1000”の努力から、待ちに待った“1”の輝きを得た感じです。

これだからクライミングは何よりも崇高だ。

スキップも無ければ、踏むべき道を近道することも…させてはくれない。

今回の肩の手術で失ったモノはなにもない!
その事やブランクを言い訳や逃げの口実に使わない。何に対しても。

そう誓った以前、失ったモノは体重2キロだけ、と書いたけど、登り始めたら体脂肪が減って8%台になってた。
これはタダでは転ばない精神の景品的なモノか!?

9%台はわりとあったけど、切るのは初めてかも。

がしかし、少なきゃいいってもんでもないからかなぁ…
最近やたらと寒いと思った……

まだ一度もなったこと無いんだけど、インフルエンザとか、気をつけた方がいいかなと怯える年の瀬。
posted by ユカジラ at 17:17| 日記

2017年12月21日

新しいパートナー

20171221_091945.jpg20171220_113111.jpg最近、持ち主と同じように?(笑)いろいろガタが来ていて、不具合が続いていた愛車「チャランボ号」ついに余命わずかの末期状態。

車が無いと仕事にならないし、岩場へのアプローチで動かなくなって遭難する危険が増してきたので、新車購入。


愛すべき片腕、履き慣れた下駄として、常に私と行動を共にしてくれた「チャランボ号」と離れるのはどことなく哀愁を感じ悲しかったけど、昨夜、新車のピカピカ光るボディを見たとたんどうでも良くなった(笑)

すまん、「チャランボ号」(笑)

「チャランボ号」満載の思い出の中でも、浅間山の噴火の時に火山灰をこってり被った時…車を洗うとか…習慣のない私は、新車で乗り始めてから20万q越えで手放した今日まで、1度も洗車せずに乗ってきた。
そして艶消しのレトロカーという出で立ちに、結構早い段階でなってた。

本来、車ってピカピカしてるものなのね…と、改めて思うと共に、輝きが激し過ぎて目が瞑れそう…(笑)

ダートもガンガン行ってたし、ワインディングロードは独りサーキットという酷い乗り方も良くしたもんだ…
「チャランボ号」で走った、中津川林道のタイムトライアルとか懐かしい。

こんな私の運転にも耐え、ほんとに良く走ってくれました。

ステッカー貼りすぎで、どこで何してても、どこをどう走っててもバレバレだった公認車(笑)可愛いやつでした。

ありがとう「チャランボ号」!

が、しかし。

やっぱりパートナーは強くて若い方がいい!?←うそうそ(笑)ので?明日からは「みかん号」と新たに命名されたフィールダーが、私の新しいパートナーです。

ナンバープレートも、5000円足らずで選べるということで、クライマーらしく現実的なナンバーを選んだり、ここだけは譲れない5速マニュアルにしたり、私にしては珍しくちょっとだけこだわっての購入。

あっという間にお気に入りの“お下駄”になられました(笑)

多分…墓場まで一緒に走ることになりそうなので、今回からはたまには靴も洗おう(洗車)と思います(笑)

宜しくね「みかん号」\(^-^)/
posted by ユカジラ at 09:44| 日記

2017年12月11日

四年間ありがとうございました

20171210_173947.jpg20170707-100.jpg

昨日、日曜日は、スポドリでのラスト講習でした。

私の勝手な都合で、携わっていたすべての講習、コンペ等のお仕事は今年度いっぱいで終了とさせていただきました。

これからは引き継いでくれた若い世代にスポドリの未来を託します!

思い起こせば、四年前に仕事の依頼をいただいて下見に行ったときからずっと本気で関わってこれたと思います。


今だから言えるけど、課題や運営面…とても酷く、一瞬にして引き受けたことを後悔したくらいでした(笑)

それでも、当時支配人だった方のやる気、そしてクライミングのメインスタッフのハッシーの真摯なあり方に、私も気合いを入れて、このジムを普通にクライマーが楽しめ、ここで始めたクライマーがクライマーになれるジムにしようと決意!3人で何度も話し合い、内容や運営を変えて作り上げてきました。

ほんとに、最初を思えば、普通に良いジムになったなぁ、と、感無量(笑)

そしてこの四年の間に、同志達もそれぞれの世界へ向かい、私もようやくここを離れても大丈夫と思えるようになり、私も次の世界、自己を極める旅に出る決意が固まりました。

昨日は、特に告知もする必要もなく、いつも通りに真剣に講習を行い、お世話になったスポドリスタッフの方々にご挨拶して…と思っていたら、皆さんから花束をいただいて、わざわざ来てくれた方もいて恐縮でした。
ありがとうございました。

思い起こせば、初めてのクライミングが私の講習に参加、そしてクライミングを始めた人、どんどん強く上手くなっていった人もたくさんいて、あっという間だったけど、長い時間が過ぎていたんだなぁとも改めて感じました。


これからもずっと、スポドリが楽しくて行きたくなるジムであることを応援しています!

関わった皆さま、素晴らしい時間を共有できたことに感謝しています。
ありがとうございました\(^-^)/
posted by ユカジラ at 09:28| 日記

2017年12月09日

カリカリマシーンすげぇ

20171209_192627.jpgIMG_20171209_190911.jpg20171209_202025.jpg


留守してるとき、きゃつら(海子&森田)の事が気になる。

仕事柄、不在が多いからなぁ…

ごめんにょ、海子、森田。
お母さんは、お前たちと同じくらいクライミング大事なんだよ…
解っておくれ(涙)
なーんっって(笑)

まあ、でも、マジに、泊まりがけの仕事はなるべくしないようにスケジューリングしているし、小川山や鳳来…三時間くらいの運転を頑張れば通えるなら、現地に泊まらず往復したり…なるべく帰宅するようにしてるけど、そうもいかないこともある。

一泊くらいなら、きゃつらには我慢してお留守番してもらったり、その分のフォローはたっぷりしているけど、なるべく家にいる時間は確保したいといつも思っている。

基本、可愛くて仕方ないので、きゃつらのためにする努力は屁でもない。

一緒に生活すると決めた以上、私には猫族の長としての責務もあるし、まあなんだ…それ以上に可愛くて仕方ないからなぁ(笑)

昔から、留守中の様子を見れるライブカメラもあったら良いなぁ〜、とか、ご飯も、あげたいときにあげれる給餌機とか無いのかなぁ?って思ってた。

そしてついにそんな理想の数々を、一台で叶えてくれる、すんばらし〜い!最新給餌機器発見!

そしてゲーット!!

その名も「カリカリマシーンSP」!

即効、ポチッてしまいました(笑)

Wi-Fi接続やアプリの設定にやや手間取ったけど、基本的にはなんも難しいこともなく設定完了。

ご飯の量も時間も決めれるし、ライブカメラで日中の様子はいつでも見れるし、様子見て、その時だけあげることも出来る!

マイクも内蔵されていて、声をかけてあげることも出来る!

明日からライブカメラ見るのとか楽しみ(笑)

写真は、
●カリカリマシーンSP
●ライブカメラから撮った画像
●爪研ぎに入る森田を見る海子、その後ろにカリカリマシーン!(笑)

しみじみと、世の中の進化って素晴らしいな、と思う今日この頃(笑)
posted by ユカジラ at 20:49| 日記

2017年12月08日

年内までに元のレベルへいざゆかん

20171207_151941_001.jpg20171207_164725.jpg


元気になってきたせいで?
週末の講習をアクティブレストと捉えたせいで?
調子に乗って、月曜日もボルダーしたせいで?

6連登になってしまった火曜日は、メタメタのヨレヨレ…

一反木綿壁の11Cをオンサイトした後は、生体反応殆どなくなるくらいの虚脱感。

12C黒■は、ただ抜けるだけのトライになってしまいーの、という、神からの休みなさいというお告げを授かった1日でした。

なもんで、オールアウトの後の気合いのレスト。

今日はルーティンでの朝トレも半分にして臨んだら、登れた〜(嬉)

復帰の目安にはなかなか好感度が持てるルート(ムーブ悪い、レストポイント少ない、パワー勝負)なので嬉しい完登となりました!

パワーもだいぶ戻ってきた。
持久力と、リズムの運びも。

このあとは、白■の12Dもやっておきたいところだけど、このルートは、私にとっては肩に悪い動きが核心になるのでひとまず置いておいて、手術が決まった時に触り始め、2〜3トライ位だけど、中途半端も良いとこ…で終わっていた茶色+・13Aを手掛けることにした。

通常よりは驚異的に早い回復と復活のペースだけど、私の中ではやっとここまで来たと言う感じ。

濃密に、すべてに真剣に、今まで以上にクライミングに愛を感じながら、今日は初登りから26日のクライミングを終えた。

これから100日を越え、1000日を越え、もっと、ずっと登っていきたいと切に思う。



今まで登っている総てのルートの再登も、敬意を表しながら続けている。

ツナミ以外の11Dとか12Aは、アップでトライするにはけっこう難しいルートも多くキツくなってきたけど、どんどんやるぜ!やり続ける!

攻めてなんぼの我が人生(笑)

登れることの感謝を想えば怖いもの何てありはしない。

とりあえず、再登モードは、クリスマスに壁の変わる奥壁から攻めている。

ここには手術前ギリギリ、腱板切れてたけど(笑)登った、思い出の13Aがあるので、それも是非再登しておきたいな。

根性と愛の力で元の世界へ。
元を越える世界へ。

今年が意味ある1年になるようにラストスパート走りきりたい。
posted by ユカジラ at 08:26| 日記

2017年12月07日

年内までに元のレベルへいざゆかん

20171207_151941_001.jpg20171207_164725.jpg


元気になってきたせいで?
週末の講習をアクティブレストと捉えたせいで?
調子に乗って、月曜日もボルダーしたせいで?

6連登になってしまった火曜日は、メタメタのヨレヨレ…

一反木綿壁の11Cをオンサイトした後は、生体反応殆どなくなるくらいの虚脱感。

12C黒■は、ただ抜けるだけのトライになってしまいーの、という、神からの休みなさいというお告げを授かった1日でした。

なもんで、オールアウトの後の気合いのレスト。

今日はルーティンでの朝トレも半分にして臨んだら、登れた〜(嬉)

復帰の目安にはなかなか好感度が持てるルート(ムーブ悪い、レストポイント少ない、パワー勝負)なので嬉しい完登となりました!

パワーもだいぶ戻ってきた。
持久力と、リズムの運びも。

このあとは、白■の12Dもやっておきたいところだけど、このルートは、私にとっては肩に悪い動きが核心になるのでひとまず置いておいて、手術が決まった時に触り始め、2〜3トライ位だけど、中途半端も良いとこ…で終わっていた茶色+・13Aを手掛けることにした。

通常よりは驚異的に早い回復と復活のペースだけど、私の中ではやっとここまで来たと言う感じ。

濃密に、すべてに真剣に、今まで以上にクライミングに愛を感じながら、今日は初登りから26日のクライミングを終えた。

これから100日を越え、1000日を越え、もっと、ずっと登っていきたいと切に思う。



今まで登っている総てのルートの再登も、敬意を表しながら続けている。

ツナミ以外の11Dとか12Aは、アップでトライするにはけっこう難しいルートも多くキツくなってきたけど、どんどんやるぜ!やり続ける!

攻めてなんぼの我が人生(笑)

登れることの感謝を想えば怖いもの何てありはしない。

とりあえず、再登モードは、クリスマスに壁の変わる奥壁から攻めている。

ここには手術前ギリギリ、腱板切れてたけど(笑)登った、思い出の13Aがあるので、それも是非再登しておきたいな。

根性と愛の力で元の世界へ。
元を越える世界へ。

今年が意味ある1年になるようにラストスパート走りきりたい。
posted by ユカジラ at 22:03| 日記

2017年12月04日

三宅島ボルダー講習・二日目に思ったこと…

received_1347236095402802.jpegreceived_1347235385402873.jpegreceived_1347235642069514.jpeg



今回は二日ともアウトドアでのボルダー。

三宅島の自然の変化は激しく、去年あった課題やルートが今年は跡形もなかったり…(笑)

台風や高波等で、海岸線の課題は永遠にそこには無い。

一期一会という言葉がピッタリ来る感じで、トポのある意味もなんだか極めて薄い(笑)

そういうの、悪いことじゃないな…と思った。

今登っておかないと、来年もそこに同じようにあるとは限らないという、美しくも儚い、本当の意味で、自然の中で登る事の“意味”をしみじみと感じ、とても大切な時間のなかでのクライミングとなった気がする。

岩を前に、その時感じたインスピレーションで登り、今、楽しいとか、今、手強いとか、今、面白いとか…

本当にそれだけで良いと言う気になる。

数字をつける意味もあまり無いように感じたし、誰が最初に登ったとか…そういうことも忘れて、美しい風景の中、ただ登る。
ひたすら登る(笑)

クライミングは、本当はそれでいいのかも。

うん。

もともとはそういうものだったはず(笑)


最近特に、そこからかけ離れたものばかりがもてはやされる時代だから…

それもとても大切だし、素晴らしいけど、こういう心の浄化、こういうクライミングってとても良いと思った。

三宅島の美しい自然がずっとここにありますように。
posted by ユカジラ at 19:58| 日記

2017年12月02日

三宅島、ボルダー講習会

 
 
Have a nice trip 〜!
な、晴天の元、バビューンと飛行機で三宅島へ。
 
 
船だと6時間くらいかかる三宅島も、飛行機なら40分であっという間〜。
 
飛び立ってすぐは、暮らしてる町、馴染みの町が眼下に広がりワクワク!
 
やっぱりドルニェ機カッコいい、プロペラ音が最高〜(笑)
 
 
今回は土日の2日間でボルダー講習会。
 
 
肩の調子も筋力もだいぶ戻ってきていて、ボルダー講習も出来るようになって嬉しい。
 
岩場でのボルダーは実に7ヶ月ぶりだ。
 
 
今回は、三宅島フリークライミングクラブさんへの講習会なので、特にトポを見ることもなく、気に入った岩を見つけては登るスタイルで(笑)
 
チョーク跡の無い岩に、ラインを見い出し、引いていく事は楽しい。
 
 
冷え込みが強いと予報されていた土曜日でしたが、さすが南の島!寒くもなく暑くもなく、始めてアウトドアでボルダーを経験した方達も楽しめたんじゃないかと思います。
 
 
皆でセッション。
 
グレードはこれくらい?
こっち抜けも面白そう!
これはどう?
 
クライミング本来の楽しさを自然の中で堪能。
 
基本となるスポットのやり方や、マットの置き方の注意点、トライにあたっての安全管理や岩場でのマナー等…
 
ルールという考え方ではなくて、常識や思いやり、なぜそうするのか、どうしてそれが良いとされているのかを、自分達で判断したり考えて、その時々でベストな答えを導き出していけるようになって欲しいな、との思いを込めてアドバイスしながら進めさせていただきました。
 
クライミングは、本来自由なもの。
 
そして、自由なものを自由にやるには、責任と意志が必要だということ。
 
何でもかんでもルールありきで、考える力と判断力を無くしたらクライマーでなくなっちゃうよ…みたいな話も交えながら。
 
 
( 海綿指サックで遊ぶゆかじら )
 
 
そんなこんなで、あっという間に1日目終了。
 
水平線に沈んで行く夕日眼下に美しかった!
 
明日も、自然に敬意を払いながら登らせて貰います。
posted by ユカジラ at 22:07| 日記

2017年11月29日

プライドの話

20171129_190928.jpg

ジムの常連さんから、私が登り始めたのを見てきて一番良いなと思ったことは、「低いグレードで登れなくてテンションかけたりしても、そういうことを気にもしないで、ブライドをかなぐり捨てて頑張ってトライしていたことです」との言葉をいただいた。

まがりなりにもプロなのに、一般人よりも登れなくなった姿を多くの人の前に晒し、プライドを捨てている姿に感動した…というような意味だったかな?


あたたかい目で見てくれていることに感謝しながらも、実は私は、“周りが自分を見ている可能性”とか、悪く言えば自分の“立ち位置”みたいなものの“自覚”が、でっら!薄い(笑)

どちらかというと、もう少し自覚してちゃんとした方がいいよ、というくらいの無関心、オンマイウェイ人間だ(笑)


もともとクライミングなんて、今時のクライマーには理解できないことかもしれないけど、“自己完結の中で、より高い理想と目標を、一番難しいと思われる、自分に勝つためにやってるもの”なので、誰かに誉めてほしくて登ってるわけでもなければ、心配して欲しくもなければ、励まして欲しくもないのが本音。


「ガンバ」って連呼する応援に対して、「云われるまでもなくガンバっとるわ!」というような反応を示してしまう人や、自分の登ってる動画にうっとりするような趣味もないタイプは同じ穴の貉でしょう(笑)

読んで字のごとく、自分のために登っているのが昔ながらのクライマー(笑)


ブランクを作り、弱くなったから、一刻も早く強くなりたい、元のレベル、いや、こんな目に遭ったんだから、元のレベル以上に死んでも戻る!
そのためには一分一秒も無駄にしたくない。
今の私は、ただそんな想いで登っているだけ。
周りを気にする暇があれば登るよ(笑)


「あの人、インストラクターなのにあんなのも登れない」と言われてたとしても、次に私を見た時に、たまげるが良い!(笑)だし、そういう感じの蔑みは、過去にも何度も経験してることだし、いちいち気になんてしてる暇があれば、何度でも言う。
私は登る!(笑)

私にとって、「今日は調子悪いから」「連登後で疲労が残ってる」とか、「まだリハビリ期間だから」を言い訳に、目の前にある、今より強くなるチャンスをみすみす諦めたり反故する事の方がプライドが許さない。

改めて、そんなことを考えていたら、私にとってのプライドは、いや、多くの人がそうなんだろうけど、本当のプライドの意味って、人前でカッコいい自分を見せることだけではなくて、“自分の一番失いたくないものに向けて真摯であること” なんだろうな、と思った。

プライド。

持ち歩くには重くて、時には邪魔になることもあるけれど、長い旅(人生)の中で捨ててしまうことの出来ない、どんなモノよりも大切な個人装備なんだと思う。
posted by ユカジラ at 19:18| 日記

2017年11月27日

でら、ぶったまげた

20171127_162922.jpg20171127_162956.jpg

ついに禁断の出稽古@荻窪パンプ。

久しぶりにつくる&かっちゃんに会えて楽しかった!

………
と、言いたいところだか(笑)

最後にここで登った7ヶ月前より、いっそうヤバくなってた…

何がって、まあ、う〜ん、ご想像に任せます。

課題の成長というか、進化というか…
グレードの成長早すぎるって言うか…


日本代表クラス用のジムなんだなぁ、と改めて敷居の高さにコテンパにされてきました。

まだ傷も←内視鏡のね(笑)癒えてないのに、ここまで容赦なく叩き潰されるとある意味清々しい。

午後遅くからの出撃に、時間足りるかな〜?なんていそいそ向かったけど、予定時間をたっぷり残して、最後は6級もド必死に距離出して、アブねぇアブねぇ、危うく落ちるとこだったよ、6級で!という危険なジムと化していた(笑)


これから通う気満々で、いちばん古い壁、次に変わる壁から登れば、よりたくさんの課題をトライできる!と、今日はサーキット壁から取りついたけど、4級から攻めたのが身の程知らず(笑)な敗因で、ヨレてから、5級、6級と難易度を下げていったら、4級どころか、5級で出来ない課題もあって、マジ笑った。

3級まではトライするつもりだったけど、夢は儚く散りました…ちーん。

結局、壮大な計画、いや、身の程知らず過ぎて、予定していた内容とは程遠い感じで泣けた(涙)

私が弱っているからとはいえ、グレード感覚までズレてる訳じゃないから、マジヤバいっす、荻窪パンプ。

その難易度を軽く越えてる保持感や距離感、岩場はもとより、いろんなジムで相当な数の課題を登ってきてる私の感覚は間違ってないと思うけど、これからの時代は、いつの間にかこれがスタンダードになっていくんだろうなぁ…と、ヤな時代だよなぁ…とため息出ました(笑)

岩場とはもう比べても仕方ない時代なのは解ってるけど、ジムによって、ワングレードどころか、下手したらツーグレードも違うってのも、登る側としては困ることも多そうだけど…そんなこと思うのは私だけなんだろうね。

まあ、私は、出来ない事を出来るようにする事、今の私より強くなることが成せる場所と課題であれば文句は言う気もない。

しかし、マズいのは、今のままだよ弱すぎて、取り付ける課題が少なすぎるというこった〜!

早く筋力戻さねば。

そうそう、これは難しい方、という4級を、私的には普通に易しく一撃出来るんだよね。

片手引きのパワーモノや、とにかく距離のある課題が全滅だった。

そうだよ、筋力戻すにはとにかく遠くてパワーのいる課題をやるのが手っ取り早い。

今日はガンガン片手でぶら下がっては落ち、振られては落ち…

肩に刺激入りまくり(笑)

大丈夫かな?

明日がちょっち怖い(笑)
posted by ユカジラ at 19:53| 日記