2018年11月12日

160度から90度へ!

昨日は小川山。

ボルダーです。

会う知り合いごと、ほぼ全員に、「ボルダーするんですね」、と「珍しいですね」と言われる(笑)

いや、いや、ボルダーも結構やってるんだけど…(笑)
ジムでのトレーニングは、ほぼほぼボルダーなんだけどな。

イメージなのか!?

いっそのこと、ハーネス着けてボルダーするか(笑)



てわけで、ボルダーです。

s-LINE_P20181108_221403953.jpg

(老人力炸裂で、飛び降りが老体には堪えるので、自分より多き漢字のマットを運ぶ図)


スペインでは、最大傾斜160度辺りを登っていたのに、帰国してからは、90度平均っていう、対応域ゼロっていう、真逆な世界でのクライミングで修行してました〜(笑)





s-LINE_P20181108_221403937.jpg


いい季節です。



あさイチで、アップの仕上げにとトライした「シエルレフト・初段」が早々に登れて、



時間も9:30と、普段なら、まだ寝起き?(笑)でぼんやりしてる時間だったので、その後の余裕感がよかったのか…

これまた、「穴社長・2段」が、抜け口の水平カチが取れそうなまで出来ちゃったのが10:30…
まだ朝じゃーーーーん!!ってことで、一気のラッシュをかけたけど、そう甘くないのがクライミング。

結局、そのトライがイチバン良い感じで、登れんかった!!

く〜〜そ〜〜〜うぅうう。
まだまだ実力不足ってことかぁ……現実はキビシ。

カチに手を出しに行った時は、まだまだ奥に出さないと届かないんだろうと、半ばあきらめて飛び降りちゃったけど、友人が動画を取っていてくれたのを見たら、あと、ほんのちょっと、1pくらい?だったので、夕方まで畳みかけたけど、やっぱりクライミングは甘くない(笑)
お約束の次回、ってやつでしたね。



とか言いながら、それもそんなに上手くゆくとも限らないのがクライミングなんで、くわばらくわばら、と次回は更に気を引き締めて行きましょう!!

ああ、1日で、初段と二段登れたら、ちょっとはボルダーやる人って認識してもらえたかも(笑)なのに、残念(笑)

s-LINE_P20181108_221403949.jpg




その後、友人に合流すべく、「AIT・初段」へ移動。

トレーニングに、と数回トライしたけど、もう指が御臨終でした。
そして、いちいち足が切れるっていう、体幹鍛要るなぁ!難しいなぁ!これも登りたい!とおもう。

ファンタジー岩でアップした時に、「モルボル・初段」を登ったけど、あのラブリーさと、「AIT」と同じグレードということが……てか、ファンタジー岩の右端にある、3級や1級の方がゼンゼン難しいでしょ、と、ボルダーのグレード体感が幅広過ぎて、私には目安にもならない気がするのは、やっぱ、ボルダーの人じゃないからか!?(笑)

ま、登って面白ければそれでよし!なんだけどね。

というわけで、11月一杯まで、3〜4回は行けそうなので、「穴社長」と「AIT 」のあと2本、がんばる〜〜〜!!


このところ活性化している、“ヘパーデン”、“ブシャール”結石による指の変形と痛みが酷くて、マジまんじってくらい保持力が出ない日も多いけど、気が付けば、痛みにも慣れて?そこそこ保持感も上がってきた感じが嬉しい(笑)

この指も、いつまで頑張ってくれるか…恐怖だけど、いずれ死ぬ身(笑)
出し惜しみや、護りに入りたくないのでやるっきゃない。

為せば成る!である(笑)

s-1540463938591.jpg

グランピング!?なんかも体験。
うそ。





続きを読む
posted by ユカジラ at 08:51| 日記

2018年10月09日

2018 Rodellar tour 終了

今回のツアーは、何にも成果を出せずに終了。

あうぅううぅぅ……(泣)


明日1日残ってはいるものの、この数日天候不順で、明日の雨の確立が高いこともあり、本日Gladiatorを1トライ後回収しました。

本来の目標ルート( Florida )が、大雨の影響で染み出し、取り付けない状況……前半の2週間以上乾かず、気持ちが落ち着かないまま、苦手克服課題として選んだGladiatorをトライしてましたが、結局核心の動きの精度をモノに出来ず完登ならずでした。


s-DSC_7206.jpg


s-DSC_7208.jpg



トライしていて高強度な連続性が堪らなく楽しかったけど、核心だけは、出来るときと出来ないときの違い、ポイントになるものが掴めず、出来るときは、動きに入ったその瞬間、「取れる」と感じ、必ず取れていたけど、出来ないときとの違いが、ほぼこの1か月あらゆる方面から試してみたつもりだけど解らなかった〜〜。

一言で言えば、登る力が無かったって事かな…

うう、無念。


s-5279.jpg

s-5281.jpg


セマルハコガメになって反省。

背中の形がヤバいね…
こういう、身体にも問題ありか!?脊椎フラットすぎる……






s-5393.jpg


岩場にひょこひょこ歩いて現れた、飼い猫としか思えないきれいな毛並みにお顔、慣れていて膝に上がって来るわ、抱っこオッケー、というカワユス猫ちゃんに慰められたけど、現実は相当ヤバい。


クライミングの世界の進化は、不動であるはずの岩場にも急速に反映されていて、そのスピードに、現状維持ではドンドン終わった人になって行くという恐ろしい時代。

この1年で、なんとか復帰できたかと思いきや、その進化のスピードから考えれば、現状維持がやっと、、、、か!?
それも怪しい。

前に進むには、やらなきゃならないことが山済みで、気力はあっても身体が追いつくか結構不安だ。

が、選択肢は無い。
行くか行く(笑)




s-5396.jpg


s-5398.jpg

雨の後に、完璧な虹の架け橋が!

明日はパートナ―のビレー中心で、今日に引き続き、敗北感を死ぬほど味わいながら、時間的にも体力的にも、なかなか触れなかった7台後半を登ろうと思う。

大仕事を終えての“それ”はご褒美タイム……敗北後の“それ”は苦さ倍増だけど、落ち込んでる暇があるなら1本でも多く登っとけ!って感じです……

とほほ〜〜〜ん(涙)




s-5389.jpg

Montseの愛情いっぱいの食事も、明日で最後。

毎日ありがとう黄ハート



posted by ユカジラ at 05:51| 日記

2018年10月06日

あと2日


2018年のRodellarツアーも残すところ3日。

トライ中のルート、ムーブの強度が高いので連登が出来ない。


1本のルートだけにこだわりすぎるのも良くないので、時折、7台後半を登りながら…とかもイイんだけど…後半1週間はレストが多くなってる。

先日登った7b+/7cは、初見って楽しい〜〜〜!!と、あれもこれも…って強欲モードになりかかったけど、身体が大丈夫でも指皮がやばいので自粛…(涙)

皮の弱体化も老化なのか!?という感じにボロボロ…

ううむ…
刻一刻と迫る、“終わった人”への時間…( ;∀;)
くわばらくわばら。


s-DSC_7194.jpg


Gladiatorは、どうにもこうにも、核心のポッケットからの距離出しの精度が定まらず、苦労してる〜〜(苦笑)

そこまでの8クリップ、15〜17m、4級くらいが連続する120〜130度から、160度強のルーフでの1級くらいのクロスランジ、が核心。

レストが出来ないってことが強度を高めてるけど、距離出しのムーブに精度がいるってことがパワーありきでムズさ倍増。




リボーンゆかじらとしては、一度死んだ身…

これからの1〜2年が、自分の持ち物としての向上を得るには、リアルに最後の時間と思い、リーチ差が出るルート、身体パフォーマンス(パワーとボルダー力)で克服するほか術がない内容のルートを、本気で選ぶようにしてる。

何かを身に着けたり、経験値として、自分に足りてないいろんな事を、可能性アリ!って、細胞に感じさせ、記憶させる事が出来る、最後なんじゃないかと感じてるから。



夏に行ったライフルで、その克服に選んだ最初のルートで、客観的に考えて時間と回数の問題、というところまでこぎつけたけど完登に辿り着かなかった…

でも、自分が思ってるより対応出来てたとも思える。
やりたいけどやりたくない〜こわい〜、って登校拒否の子供みたいな時間が多すぎた…って言い訳がある(笑)

言い訳が多くなるのは自信が無いから。

ってことは、実績を自分の手で得れば、コンプレックスはだんだんなくなる、かな?と。

不可能なんじゃないかって想いが超えにくくしている壁があるとすれば、超えることでしか身に付かない。
祖に為に必要なフィジカルは、地道につけてゆくしかない。

やり切ることで自信へつなげ、それを経験値として、本物の力へ…実力へと型作って行きたいと思ってる。

だから超えたい〜〜。
超絶欲す。(笑)



s-DSC_7140.jpg



1テンでも、あと1手でも、どんなに惜しくても、登りきる事、成功だけが超えれない壁を自分のものにする唯一の方法だと私は思う。

頑張るしか道はない。
おうぅ――、キビシーーー!!楽しーーー!!(笑)




そんな宿題になってるあいつとあいつとアイツ!
※ Les Chacals 8b (Rodellar Spain)     Florida 8c (Rodellar Spain)    Tomb Raider 13d (Rifle Co)

次の肩の手術までにやっちゃる!!待っとれ!!
(というより、それやらないとおちおち手術なんてシテられん!!次、ここまで戻せるか、リハビリが壮絶だっただけにヤダ…(泣))



と、言うわけで、またまた宿題が増えそうだけど、今は、残りの2日は7月30日の小学生並に、ねじりハチマキでガンバらねば。



s-5276.jpg

いつものことながら、アンニュイ〜〜なレスト日。
ツアーって、みんな「良いな、楽しそうで」っていうけど…

楽しんだけど……
確かに楽しい。

が、現実は、多くの人にはなかなか想像を絶する、痛みと挫滅と、悪夢にうなされ、手汁どころか全身汁まみれになって眠れぬ夜…(爆笑)

が、現実

解放されるには、これまたどっこい、、、、

登るしかないっていう、完全実力制。

しか――――も、、、、

エンドレス(爆笑)





続きを読む
posted by ユカジラ at 19:23| 日記

2018年10月02日

ラストスパート

Gladiator・8b……

なかなか精度を保って出すには難しい距離でてこずってます( ;∀;)

指位置を感覚で合わせ、蹴りだしと引き付けに上半身のひねりを合わせながらFULL スパンを全力で出して行く。
このどれか一つでもミスれば失敗する。
全てを正確にコントロールしないと失敗する、高強度な動き。

おもしろい〜〜!

が、難しい。

s-_94P2262.jpg


溜まった疲労で体が引ききれなかったり、FULLスパン出してゆくときに指先が外れる位置まで引き延ばしてくるので、消耗した指皮も破れ、指はほぼ全指ギタギタ……

核心以外のパート以外でも、自分的にはどこもかしこも非常に距離がある動きが続くので、非常にツライ(苦笑)





s-_94P2259.jpg


核心の動き…トライ始めた時にはすぐに出来たムーブだったのに、強傾斜のなせる技か?テーピングのせいか?
成功率は低値安定……
むーーーーーん。

ムーブの強度が高い距離出しは、最大の弱点。
ねちっこい保持と手数を手元でねちねち…は、大の得意で負ける気しないんだけど(笑)

パワーエンデュランス!欲しい〜〜。

ここをなんとか克服!!…は出来なくても、「やれた」という実績を自分の中で増やしてゆかないと、本当の意味で境界線を自分のモノに出来ないんだと思う。

8bという難易度的には、酸いも甘いも幅広くいろいろなタイプも経験してきたと思うけど、Gladiatorを登れたらやっと8bクラスに対峙できる最低限の資格があるって思えるかなぁ?って感じ。

ので、やるしかない。



良く頑張ってる不全断裂のままの左肩と、ボロボロになって、血や体汁出まくってる(笑)裂けた指にはもう少し頑張って貰おう。
スマン!わが肉体、絶えてくれろ(笑)



s-_94P2269.jpg




クライミング日数、残り最大で5日。
またしても背水の陣!!!!!

うひょひょ〜〜んハートと、ストレスなく手付かずのルートで遊べるご褒美日をGET出来るかは、自給自足。





s-_94P2294.jpg


狩猟民族は、喰うか喰われるか…
獲物を捕れなきゃ死ぬ、その気合でいくっス。



posted by ユカジラ at 17:54| 日記

2018年10月01日

事件です!……【8コマ漫画でお楽しみください】


くっそう〜〜、2本指ポケットで皮持ってかれた〜〜!

S_8650742006648.jpg

ザク〜〜ん……





S_8650742459094.jpg

ふぃ〜〜、いってぇ、いってぇよ。
でもまあ、ありがちだな。






S_8650741659309.jpg



マキロンでシュッシシュッってね〜〜。
バイバイき〜〜ん。
負けないぜっ、ふふ。



S_8650741840291.jpg


あっ、


し、し、染みる。染みる。浸みる……



S_8650742166197.jpg


くううううううううううーーーーーーーーー!!!!!!





S_8650742625607.jpg


どううううううううぉおおおお!!!



ーみーるーーーーーーー!!!




S_8650742301090.jpg


ガクッ……





NOW ON  MEET MEAT 

S_8650744552361.jpg


明日は登れるのか!?

To be continued……


posted by ユカジラ at 03:33| 日記

2018年09月29日

今年のメンバーと進捗状況

今年も、日本人村と化すRodellar(笑)

Image_9ce8c4a.jpg

私、(時計回りに)かおり姫、米蔵、まゆさん、森ちゃん、健汁。



s-Image_c882172.jpg

東海チームは、時計回りに、奈良君、まみおさん、世界の晴さん、バンビさん。


10人!

でも、パーティーごとに、レスト日やエリアも違うので全員行動はバラバラなので、ローカルクライマーほどの「バーレバーレ」感はなく静かなものである。

誰とは言わないが、約1名を除いて(笑)

※Vale=Okの意味で、スペイン人が、なのか、クライマーが、なのかわからないけど、1人当たり日本人10人分くらいのの声量で目の前にいる仲間と話すのでローカルクライマーが集まってるエリアでは、我々の声はすべてかき消され、ルート上でのコールも聞こえない(笑)


今回の旅の目標のひとつでもある、鳥の羽集めもレスト日に済ませ、着々と成果を出している。
クライミング以外は……む〜〜〜ん。


Image_25c5a16.jpg



手元拡大っ!!!

Image_6e4e13b.jpg

うちわ作れそう!!
これらの半分はお土産になる予定。
欲しい人は一報ください(笑)


で、成果の未だ出てないクライミングですが、そろそろイイ感じです。

全体的に距離系で、核心が馬鹿っ遠くてそこの精度がなかなか上がらないけど、FLY or ド!Fall の勝率は確実に上がってきてる。

距離がキモなルートだけに、屈強そうな巨人軍の男子と、男子の中に居ても同等の身長の女性が群がってトライしてたけど、半分のクライマーは、トライしてるけど登れそうな感じには程遠く、トライするルートにも流行があるようで、民族大移動的に皆辞める様子で、昨日ドローを回収してくれと頼まれた。

トライすると言っていた、ロシアのユースも自分でドローを掛けるとなるとやりたくないみたいで離脱…

結局私が、その時持っていた短いドローを苦肉の連結作業で長くして(被ってるうえ、コルネもあるので長くしておかないとロープの流れが悪くなる)全ドローと、スリングとかも使って掛け替えて終了……

腰も指もギタギタになった( ;∀;)

昨日は、2日目にもかかわらず調子も良かったので、くっそぅ〜!とも思ったけど、前向きに考えれば悪くないタイミングでもあるので、これで落ち着いてRP目指して取り組める(笑)

頑張るぞん。



s-Image_2c92e49.jpg

置物のように出てくる出てくる猫たち。

黒いのとシャム色の猫が一杯いた!!

全部で15匹くらいはいたと思われる猫の家。
最高!!(*^_^*)


s-Image_778fd7c.jpg

カメラに向かって、猫ぱーーーーんち!黄ハート




続きを読む
posted by ユカジラ at 20:13| 日記

2018年09月27日

折り返し

今日で日本を出てから2週間。


時間が経つのが早すぎて、気分は背水の陣(笑)

実際まだ、8台は何にも登れてない…

トホホーーん(苦笑)

目新しいルートが無い状態なので、アップからして、過去に登ったルートの再登になっちゃうのは仕方ないけど、初見のトライが最も気合入るタイプとしては、なんとなく、ぼやっと感が……( ;∀;)

いつも、いつでも、初めてのルートを登りたい!
そして、初めて対面するルートは自分が先に登りたい(笑)

いつでも先に登ってドローも自分で掛けて、苦労したい。

大抵はドローを掛けたがらない人のが多いので、先にやれることは多いけど、同じムジナ同士だとジャンケンって感じ?
こういうモチベーションで揉めるのは、まあ、悪くない(笑)

で、今ツアーでも、アップは再登が多いけど、新しいトポから初見でのアップも出来ているのは嬉しい。

6台から7台を10本くらい、今回アップで新規に登り、どれもワクワクしながらのトライで楽しかった。

7b〜7c+あたりで、アップっぽい時間帯にトライ出来そうなルートはもう少し残ってるから、残りの時間で楽しみたいな。



で、本命のルート…ずっと好天が続いてるので、そろそろカラカラか!?と、昨日、ムーブを思い出すトライに、と思い、確認に向かったものの、


驚愕のまだ濡れてる…



北面に位置していて、陽が当る時間が早朝の短い時間だからか、ライン上のコルネから雨だれがまだ続いてた。

とりあえず登ってみたものの、コルネ鷲掴みの掌から、肘に向かって水がタラ〜〜り…

160度近い傾斜で両手それじゃ、命がいくつあっても足らん!!(笑)

敗退AGAIN…( ;∀;)


残り時間、2週間と言っても、登れる時間は9日程度…
自分の実力じゃ、そろそろ取り付けなければ難しい感じ。

やっぱり、縁のないルートってあるのかな…



まあ、乾くの待ってた今、取り組んでるルートは、自分にはチャレンジし甲斐満点な、ド距離パートが連続で、レストポイントが得にくいというよりむしろ無い!!(笑)っていうルートで、残りの時間を費やしても登れる気がしない代物なので、もうそれに打ち込むしかナイのかぁ〜〜!?って感じなので、それもまた運命って思いだしてる……(泣)


やっぱり、、、、ルートは「逃げない」んじゃないんですよ…

逃げるんだよね、ここってチャンスを逃しちゃうと。

それはまた一つの自分の実力でもあって…

まだまだ足りないものだらけな自分が修行し直す時間なんだなって思う。

雷雨と染み出しで、移動まで視野に入れて来たことを思えば、イイっていうか…実際恵まれてるし!

………

と言うわけで、後半戦スタート。

s-IMG_1257.jpg

posted by ユカジラ at 03:30| 日記

2018年09月24日

棒族の話

2年前にはここまで多く見かけなかったと思われる種族が、今年は激しく目につく…

棒族。

いつでもどんなルートでもなんでもかんでも…

全てのクリップを、トライもせずにチータスティックでクリップして終了点まで登る“族”が多発している……

夏に行ったライフル(アメリカ、コロラド)でも、族はたくさんいたけど、ここスペインでも、族の勢力が急速に増えてるように感じる。

棒族の所持する、超絶に長い棒でも届かないクリップがあると、速攻そこで降りて、そのルートはもうやらない…

ぶらぶら長い棒を腰にぶら下げて、トップロープ状態でも落ちれば、腰の長い棒もバビューーーンって振られてて…大丈夫なのか〜〜?って思う(笑)

ムーブがお話にならないくらい出来なくても、どんどん上へ上へとごぼう登りで上がって行く…

なにがしたいんだろ??


クライミングは自由なものだけど、最低限の、暗黙だけどあるべき姿ってものがあるんじゃないかと私は思っていて、それにこだわったり、克服することが難しかったり厳しかったり楽しかったり…

越える事、それらに向き合う精神論は、口うるさいオバはんと言われようとも言いたい。

私たちの世代が、そういった時代があって、クライミングの文化もそれに準じたモノだったって事を伝える老体が全員死んだら、考える事、選択するものが、楽で都合のイイものばかりになってしまいそう……

そういう時代を知ってて、“最短” や “結果重視” を選ぶのは、自由だし、悪い事ばかりでもないかも…とも思うから、知ったうえで次世代に向かってほしいよな、って思う。

「昔の人よりいろんな部分が進化して、情報も溢れてて正確で…こんなに便利で楽になってるんだから自分はもっと頑張れるはずだ」って思いながらヒマラヤを登ってた、山屋時代を思い出したりもした。
速乾性のウエアーや、軽量化の進んだ装備と大昔のキスリングや布のテント、ぺミカン食ってたの!?重っ!!ってことを知って、比べれば、今の装備でより難しいラインやスピードあるクライミングを目指せなかったら、「完全に昔のクライマーに負けてんじゃん!」って、イイ意味で自分を鼓舞してた。
そういう気概でこれからの時代のクライマーが、クライミングで世界最難とかを押し上げるツールになるなら悪いだけじゃないとも言えなくはない?とも思ってはいる。
話がズレたけど…(笑)

自分の弱さを正論化するために楽な方に流されるのは、なんだかなぁ〜〜、って感じた。

精神論や根性論を嫌い、馬鹿にする人って多いけど、これらって基本だと思う。

精神論が、フィジカル以上に大切なのがクライミングであるといっても言い過ぎじゃないと、私は思う。

クライミングの掟であり、崇高なものって叩き込まれてきた多くの倫理観や哲学、そこが好きで続けてきた古い時代の我々には、今時の時代の変化は驚愕…

誰が何してても個人の自由だけど、棒族の話で言うならば、ランナウトの恐怖に耐えながら、1手探るのにも、いちいち “臨死体験” くらいの “死んだ!”感を感じながら、ふり絞って手を出してゆくことや、繰り返し頑張った挙句、やっとの思いでムーブを発見することや、そのパートに…実質の時間は余ってても、気力やフィジカルを使い切るという意味で1日を費やし、指をミンチにして、肉体と魂をささげ、ボロカスになるまでトライすることがクライミングなんですよ。と教えてあげたい(笑)

実際昨日は、ムーブこなさないと先に進めない距離核心のパートを、確実に自分のものにしたくて頑張ってた私のトライ後、そうやっていろんな高難度に取り付いては中途半端に諦めてはあっちこっちと8台を “ごぼう” してるクライマーが、私がトライ中のルートを始めだしたから、どえ〜〜〜〜〜!だ(笑)

それよりも易しいルートを敗退してるのを見てたので、やるの???って感じもあったし、普通ならしないだろう選択に、同じ時代を登って来た輩はみんな、?????て感じ。

よくある事なんだけど、私が取り付いてるルートは、あんなチビがムーブ出来てるくらいだから、お買い得や、易しいルートだと思うみたいで、他に腐るほどルートが有って空いてるのに、ピンポイントに狙われ取り付いてくる(笑)

で、すぐにやめちゃうクライマーの多い事…(笑)

ん、まったく〜〜〜、人を見かけで判断するのはやめましょう!!といつも思う。

誰がどう思ってやるのも自由だけど、やるなら、気合と覚悟を持ってまじめにやれ!!とは思う。

そういう、“観光気分” の人が取り付いてる時間、まじめに頑張りながらトライして来た人は、待たなきゃならないんだから。

それが、棒族による、棒ごぼう登りだと、さすがに違和感あり過ぎてちょっと腹立たしい…(笑)

多くのまともに頑張ってるクライマーが、怖さと向き合って、手を出し出し出し出し、ひえええええええぇーーー!!と、モグラ叩きの後に、臨死体験を食らって、ポンピングを繰り返しヘロヘロになるパートを、労せずして抜けて行くって……まあ、全くムーブは出来てないっていうか、強傾斜なので、ムーブを試すことも出来てないけど、それもまた、じゃあなんでやるんだよ!?って思う(笑)


棒を手にした民族は、その安易で快適?な暗黒面から抜ける事は出来なくなるかの如く “クライミング” をしていない。

棒を持った時点でクライマーに戻れなくなる怖い世界…マジ怖い(笑)



もちろん、使うことを全否定はしてない。

そういう設定のルートは使うけど、使わないでも行けそうかやめた方が良いかくらいは一旦考える。

使う時も、使わないで済む高い能力があれば、面倒くさいから使わないで済むのになぁ〜〜と、もっと強くなりたい!といつも思う。

他の誰かが、怪我と秤に掛けて迷ってるなら、使ったほうがいいよっていうし、それがいいと思う。

これをそういうスタイルで登ってる人がいて、それが通常なら…
いつか自分もそういう風に登れるクライマーになりたい、と思いながら努力と向上を胸に歩けばいいと思う。

もしくは、自分にはそれが最大の頑張りで、怪我ができない立場だったり、そもそもそこまで考える気もない人はマイペースで楽しめばいいと思う。


数字や成果よりも大事なものがクライミングにはたくさんあるから。




話とは関係ないけど、イイ石見つけた特集。

s-IMG_1373.jpg

我々が見つけた、ワレワレ石。別名、おかき石。

続きを読む
posted by ユカジラ at 02:51| 日記

2018年09月21日

クライマー冥利に尽きる時間と日々の徒然



一昨日、夕方から雷雨で結構な雨量があったけど、それ以外は毎日晴れ!

超絶嬉しい!!

大きなコルネからの雨だれは変わらず続いているけど、全体的には乾いてきている感じ。


超絶嬉しい!!!


こちらに来てから2週間まで、もう2サイクル……時間が過ぎるのって早い!!!


超絶焦る(笑)



今年は、目標ルートの “FLORIDA” 触れるんだろうか?

まあ、今取り組んでる、Gladiator・8b が面白いし、いろんな意味で今やるにふさわしいので、今出来る事を精一杯!な人生ってことで、OK。


s-IMG_1262.jpg

( Gladiator 8b    GRAN BOVEDA )


下部と上部の傾斜はそれほどでもないけど、中間部の傾斜は160以上?

そこにある核心は、激!!遠く、初めてトライした日には、足位置や中継を駆使したものの、スンナリ出来たのに、その後はなんだか上手く行かないことが多くなってる……

170〜180pくらいの、巨人軍数人が同じルートをトライしてるけど、そのパートは誰がやっても同じムーブしかない、高難度ルートらしい核心。

各クライマーのムーブを見ていても、みんな取るのに苦労しているし、そういうデカ人が取る時の距離感が半端ないので、きっと自分にはすごく遠い距離を頑張って取ってるんだと、他人事みたいだけど「スゲーーなッ!!」って思うので、難しいんだと思う。


s-IMG_1322.jpg


出来るときと出来ないときの違いを理解して、確実に動けるように固めて行きたいとトライするんだけど、結構なランナウトパートで、核心をこなしてクリップなので、ホールドの持ち方、もしくは1足の位置や重心…
試せるのは1回のハングドックに1回……

「う〜〜〜ん、違うかぁーーー!!」となれば、

ざざざ残念!!

どっか〜〜〜ん!と落ちるしかなす術無し。

ポンピングで戻るのも大変な距離をフォールしての繰り返しなので、なかなか修業な感じで、なかなか進まない…いろんなことが(笑)


s-IMG_1329.jpg

どひゃひゃひゃひゃひゃ〜〜〜!!って落ちる。  
きょわい( ;∀;)



40mと長いルートなので、ムーブがよくわからなかった4トライ目までは結構パンプを感じて、つなげられる感じになれなかったけど、だいぶ長いルートの感覚が戻ってきた感覚。

時差ボケみたいな疲労感も完全に抜けて、調子はイイ感じ。

レスト日のジョギングもスイスイ走れるように元気満載。



明日は、核心の “出来る、と、出来ない” の感覚を、 “モノ“ にして、一気につなげて行きたい!!

ムーブを確立して行くときに時折対面するこういった感覚…

高い精度が必要なこういう時…

それを感じイメージを具体化して自分の動きにしてゆく…

この時間が大好きだ。



Image_55d8a6a.jpg

夜なべして、ムーブを考えて考えてイメージして…

毎晩、意味不明な寝言で、周囲をビビらせている……(笑)

せんじつは、「ひっ、、、引、、、けねぇ〜〜!!!」と、届かないホールドへの想いの丈を叫んでたそうです……(笑)

周りに迷惑なユカジラです。なんまんだぶ。


まあ、とにもかくにも、またこうして登れてる自分は、幸せ者だ!
神様、最高の時間を再び…ありがとうございます!






Image_99aae0f.jpg

Montseの愛情いっぱいの美味しい食事。

レロレロになって、夕飯の時間ギリギリで帰宅しても、“玄関入って2分でご飯” ←このキャッチフレーズ、知ってる人っているかな?(笑)
知ってたら世代がバレバレですな(笑)

有難い環境にも感謝。




s-s-IMG_1363.jpg

s-s-IMG_1365.jpg

Pacoさんが採って来たキノコ達!!
近日中に、スープになって夕飯に出るのだぁ〜〜〜〜〜揺れるハート





s-s-IMG_1361.jpg

chi-cya。
この子は、Montseの家の子で、呼べば来るし、抱っこ抱っこ星人でかわゆくてタマラン!!
今回の浮気相手…海子スマン!!!(笑)



IMG_1332.JPG

子猫たくさん!
飛んで跳ねて、元気いっぱい!!!



やるぜ!
おれはやるぜ!!!(笑)



続きを読む
posted by ユカジラ at 22:21| 日記

2018年09月18日

晴れ女を炸裂してはいるものの……

Rodellに到着してから6日経ち、バルセロナからの移動日は雨が降っていたものの、その後は NO Rain!!!

もうね、絶大な威力を発揮して雨を食い止めてる気分だけど、ようは雷雨が季節を変えたって感じかな。

晴れ女とか、雨男とか、あるわけもなく……(笑)


まあ、なんにしろ、この天気の急変は有難いけど、目的のルートは、この、雨無しの晴天があと2週間は続かないと取り付ける感じではない……(涙)

s-IMG_1228.jpg

取り付きから、コルネは全体的にビショビショで、我慢してなんとか…というレベルまでまだまだかかりそう……



s-IMG_1231.jpg

取り付きに向かう河原も、通常なら多くの人がレジャーシートをひいて寛いだり、クライミングを体験するにはちょうどいい易しいエリアとして賑わう場所なのに、水没している……

未だ、各エリアの多くのルートが染み出したままだけど、濡れの影響が少ないルートを登りながら頑張るしかない。

この現実には、結構ダメージ大きかったけど、“縁”が無いルートって……無くも無いんだと思うし、仕方ない事ってたくさんあるもんね……(´;ω;`)

人生、思い通りにならないことの方が多い…

だから今出来る事を精一杯やるしかない。



というわけで、来るべき日が来た時にはすぐに対応できるように、40m級ルートの持久力、その対応に、と、GRAN BOVEDA エリアのぶっかぶり地帯にある、Gladiator 8b のトライを始めることにした。

長さも、内容も強度も、申し分ないこのルート、この2日トライして、ムーブも大体OKな感じになったし、明日のレスト明けから RP目指して頑張ろうと思う。

s-IMG_1257.jpg

所々で、顔や露出した肌に、染み出しの雨だれがポタポタと鬱陶しいけど、登りには何の影響もないってことはブラボ――――!!の極み(笑)

ありがとう神様!!という気分。



s-IMG_1319.jpg

私にとっては、ハイパワーエンデュランス爆裂な内容で、苦手っていうか厳しい感じだけど、登ってて楽しい!!

つながるかな?
つなげたいなぁ〜〜!

今日の2トライ目は、だいぶいい感じにつながりだしたけど、距離系の核心や、ガバToガバでも、フルスパン出していかないと届かないパートも多く、遣り甲斐あって、暫く、目標ルートのことわ忘れて頑張れそう……



歯を2本も抜いて(笑)食いしばれないのに、毎夜毎夜、悪夢にうなされる時間から少し解放されそうで嬉しい(笑)

Image_21c4734.jpg

いろんな思いが交錯して…夜寝れなくて岩場で爆睡……

これからは、出し切った疲労で寝れる日が来そう(笑)



楽しむこと、クライミングが好きな事、思い出す事ができるクライミングに感謝です!!!!


posted by ユカジラ at 05:54| 日記

2018年09月16日

バードウオッチング

……と、言うには迫力満点過ぎる、野鳥観察 on レスト日。

私は、猫が大好きだけど、動物全般、好き。

中でも、猛禽類には心惹かれ、雄大に空を旋回する様は、ずーーーっと見てても飽きないくらい好き。

猫もだけど、あのこびない感じ、凛とした筋の通った感じが大好きだ。

以前から、土曜日に行われているこの地域に生息する猛禽類へのフィーディング……

特に観光の目玉として行ってるのではなく、生態を研究したり、保護のために観察や餌付けをしているらしく、参加は自由、有志が心付けを渡すといった程度の、無料での観察会といった感じのものみたいなのも良い。

指定された時間に、集合場所も不明確なまま、セント・シリアの町を目指す。


s-IMG_0888.jpg


小さな町なので、英語も通じないけど、なんとなく集まった6〜7人が、餌付け人となんとなく合流して、なんとなく指さす方へ20〜30分歩いて行き、餌付け場へ到着。

最初は、いつも岩場の上空高く旋回してる猛禽類たちの姿、そのひとつも見えてなかったのに、餌付け人が運ぶ腐肉臭に誘われたのか、習性なのか、曜日と時間でも知ってるのか!?(笑)どんどんどんどん集まってきて、いつの間にか空は、猛禽で一杯になった。
何故解るのか??
あらゆる方向の山から、頂を超えて集まって来た。



s-IMG_0901.jpg

s-IMG_0903.jpg

その集合っぷりは、もうそれだけで興奮のるつぼ!!

戦闘機が戦地に向けて集まって来るって、こんな感じか!?って感じの大迫力でした。



餌場には、もう既にスタンバってる猛禽類たちも居て、その大きさ、鳥というよりむしろ恐竜って顔つきと鳴き声に、またまた興奮MAX!!(笑)

s-IMG_0908.jpg

s-IMG_1153.jpg

腐肉を食べてる間、いろいろ観察。

s-IMG_1001.jpg

全部で200匹以上?もっとか?
この地域の猛禽類が全部ここにきてる感じのもの凄い数の鳥が肉をめぐってひしめき合う。

餌付けの人は、鳥の中に埋もれて見えなくなってたけど、時折、生肉をこちらに向けて投げてくれるので、手を伸ばせば触れるくらいのところで、肉を喰らう猛禽を間近で見られ、超感動。


すげーーーー迫力!!

見れば見るほど、恐竜。

s-IMG_0973.jpg

この猛禽まで、約2m(笑)


s-IMG_0990.jpg

s-IMG_1072.jpg

こんなお顔。

鋭い目の下は鱗っぽい…
やっぱり恐竜っぽい。

くちばしも鋭く、餌付け人の投げる生肉が、私の頭にでも乗ったら、喰われる…間違いなく(笑)




s-IMG_1051.jpg

爪も鋭い!!
これ、超至近距離からの撮影(笑)


いや〜〜〜〜〜、本当にイイもの見れた。

生「ダーヴインが来た」か、生「野生の大国」かって感じでした。

でっかい羽根も1本ゲット。

マジ、めったに出来ない、自由なまんまの観察会でした。


猛禽たちは、餌付けが終わると、三々五々と空に飛び立ち旋回してました。

s-IMG_1165.jpg



続きを読む
posted by ユカジラ at 03:01| 日記

2018年09月15日

カームダウン、フォー、ミー


いや〜〜、ヒドイ!

こちらに来て2日経ちましたが、いきなりの早々からハマりまくっています(苦笑)

今年は、どこに居ても異常気象の影響で、状態に恵まれないことは受け入れてきたから、ポジティブに捉える部分を多く、いい意味で、今年は色々ダメだね、って諦めてもいるし、その時出来ることを精一杯って登って来たけど……

マジだめだわ〜〜〜(笑)

こっちに来てからの2日間は雨が降らないでいるけど、移動してきた日も降っていたし、毎日雨が、どこかのタイミングで降っていた様子。

それは、日本で見ていたこちらの天気予報でも知っていたし、覚悟はしてきたし、移動することも視野に入れるくらい解っていたことだけど、現実は想像よりガッカリなものだ(苦笑)

1日中降り続いているわけではないようだけど、雨は多いようだ

かなりの雨量が降り続いた日が2日あったらしく、その日を境に染み出しが始まり、取り付けないルートは、現時点で多くなってる。

そんな状態では、晴れる日があっても、雨がちな今後の予報では染み出しは治まらないし、増えて行く可能性の方が現実だ。

私が今回目標にしてきたルートも、この1か月で取り付ける日が来る可能性はかなり低いように感じる。

まあ、まだ時間はあると、今出来る事を、と思って登ってるけど、手ごろで、普通に良いルートは、あらかた登ってしまっているので、選択肢はかなり狭くなってる。


で、新しく開拓されたルートの中から、濡れてなさそうなラインで選んだルートが、大外れ…

だいぶ頑張ったけど、どう頑張っても自分には、突破出来る要素が無かった……1〜2メートルのブランクが切ない。

かなり多くのクライマーが、“できねんじゃね!?” って感じだと思う。

誰が登って見せてくれよ!!って思う。まじまんじ。

110度くらいのなんにもホールドが無い壁に、彫りで点々と削られたホールドがエゴの塊…

どんな巨人が掘って作ったのかとムカツキ感満載で、1時間以上、“チビで軽い族” の保持力を発揮して、あらゆる窪みやスジに指をひっかけて、道を切り開こうとと試してみたけど……敗退。

終了点目前に設置されてる、忌々しい敗退シャックル…

そこまででゆうに8aあるムーブをこなし、解決した努力が水の泡〜〜(泣)

指皮ごっそり持ってかれただけで2日が終わったーーーー。( ;∀;)


出来ない理由が納得いくものなら潔くいられるけど、もう悶々悶々と最悪の気分でこの2日を終えました…とほほ。

昔は何にも考えず、順番待ちをしたくないからとか、グレードが大きく違ってるもの、彫りのルートでサイズに限定があるもの(自然なら、諦めもるしかないし、受け入れる)に気付かず取り付いて、1日を無駄っぽく過ごし、トレーニングだと思おう、とか、勉強になった!と、自分を慰めて来たこともあったけど、今回は久々にやられた感満載過ぎて、正気を保つのが大変だ……

クライミングに、“損得”は無いけれど、ハズレはある。

それでなくても、今後の天気予報からしても、登れるルートはどんどん選択肢をそがれていく可能性は大きいし、目標ルートに手を付けれないことに苛立ちや、珍しく、ガクッとヤル気がなくなってしまっている。

なんとか気持ちを保って、いろんな意味で精一杯なのに…ほんとツライ。

天気は仕方ない。

ヒマラヤ登攀時代にも、ビックウオールやアルパインクライミング時でも、それは当たり前に大きな敵でもあったのだから。

あーーー、でも、むーかーつーーーくぅ!!!!!!! ぐえーーーー!!!

一生懸命笑っていることが虚しい。


s-IMG_0886.jpg
続きを読む
posted by ユカジラ at 14:50| 日記

2018年09月14日

おひさしぶり!Rodellar〜〜


Image_59b245b.jpg   


2年ぶりに訪れた故郷は変わっていなくて、懐かしいような、いつも通りなような…心地よい空気感と風景で嬉しかった。

羽田からの深夜便は、出国から経由地のロンドンまでよく眠れ、体にも負担が少ない感じで快適だった。

JALの新型機、機内も快適、食事も美味しくて、なんだか贅沢感満載(笑)

Rodellar到着が夕方で、初日は移動だけになってしまったけど、今年は、ここヨーロッパも天候不順で、現時点で各エリア染み出しが満載、天気も雨が多くしっけしっけで状態は悪いと聞いていたので、のんびりスタートさせようと思っていたのでちょうどいい。

……そう思うしか精神の安定を計れない(笑)感じもあったので、演じて見たり(笑)
まあ、人生何事も努力ってことで(笑)


昨日は、電波状況が悪く、Wi−Fiが繋がらなかった。
モンセに聞いてみたら、天候不順と、毎日の雷雨で電波状況が悪くなってることが多いらしい。

便利ばかりが良いとも限らないので、こちらもなすがまま。
良いときに全力で(笑)

一夜明けた今日は、前日までの雨がちな天気もひと段落したのか!?快晴。

初日のクライミングは、湿気は多いものの、スペインらしい青空の中、時差ボケ解消のため、6b+、6b、6c+の3本をテンポよく登った。

IMG_0860.JPG

( 昼休憩 )


昼前になると気怠くなってきたけど、昼寝することもなく、7年前の最終日の最後のトライでオンサイトしそこなったままトライしていなかった、GRAN BOVEDA エリアの El clan de los M klow 7b+ を登った。

s-IMG_0861.jpg

( GRAN BOVEDA )


悠久の時を経て宿題回収(笑)

当時、終了点直下で落ちたけど、ムーブのシークエンスが読み当てれず、オンサイト出来無かったろうな、と思ったそのルート……シークエンスもさることながら、1か所のムーブの悪さはかなりなものだったと再確認。
登れてよかった〜〜。

その後は、濡れの少ないラインで、近年開拓された 8a をトライしたけど、左右にある8a は、数人ずつトライしていたけど、私がトライしたそ奴は…なかなかに曲者でした(笑)

まあ、あいてたからって理由でチョイスしたくらいなので、誰もやっていないことが答えだったのか?終了点直下のハンガーに敗退用とみられるシャックルが……(苦笑)

私もそこがムーブ解決できず、今日は終了点まで抜けれず…

なんだか、かなり悪そうな垂直系のスラブでチョーク跡もほとんどなく、終了点を目前にして敗退臭がプンプンで泣けるわ〜〜〜。(´;ω;`)ウゥゥ

IMG_0876.JPG

まあ、明日もう一度トライしてみようと思ってる。


初日っから、指皮ヒリヒリ、ド筋肉痛になりました(苦笑)



アプローチの途中で、現地妻猫をハグる。

IMG_0856.JPG

美佐子さんちのピンキーそっくりでした〜〜!







posted by ユカジラ at 06:20| 日記

2018年09月11日

みんな模索しながら進んでるんだ。

20180911_091916.jpg
ようやく涼しくなってきたけど、モーレツな湿度に、ルートでのトレーニングは、いろんなモノへの消耗戦となりよろしくないので、もっぱらボルダーで筋力強化に努めてきた。

早い時間からオープンしているジムをローテーションしながら登ってる間に、私から見たら、まだまだバリバリに若いけど、どちらかと言うと既にこっちより?の世代達と世間話をする時間も多くなってた。

劇的な早さで進化?時代の流れを変えている近年のクライミング…
その中で、つい数年前には、確固とした目標を持てていた申し子達の多くは
、いろんなことへ迷い、進むべき方向を見つけられないでいるように感じた。

今の子供達のように、疑いもせずにオリンピックを目標にするには遅すぎて、かといって、我々の世代のように、生き方や在り方、クライミングへの関わり方…
そんな自身の立ち方への迷いも消え、人生を本当の意味で自分のものとして進めるだけの強さ?(笑)悟りと言うには笑えるけど、ある意味潔い諦め?(笑)も当たり前だけど、持てないでいる。

迷い、時の中を彷徨している…
そんな感じ。

私も、20代後半から30代は、いつも不安と、ヤケクソ(笑)の自信を唱えることで、なんとか軸をブラさずに、必死に立ってた思い出が過る。

生きるって大変だし、若ければ総てが抑揚な訳でも、モチロン無い。

今、とても驚異に見える、根拠の無い自信で満ち溢れた子供達も、いずれ通る道でもあり、越えなくてはならない壁でもあるんだと思う。

自由に何の疑いもなく、真っ直ぐ切り開かれた道しか見えてなかった頃(道がどう見えるかも、その人の性格や個性だけど(笑))いくつもの枝分かれを、自分の責任で選び、自由にならなくなった様々な事を駆使しながら、「惑わず」「天命を知り」、全うする時間こそが「人生」。

ここの面白さに、私もやっと到達しつつある気もする。←先輩方の若輩者が何を偉そうに、と言う言葉が聞こえて来そうだけど(笑)

私も大人に…いや、老年に近づいて、迷える世代の話を、諭すでも正すでもなく聞いてあげれるようになった(笑)

歩いてきたから見守ってあげれる。
それでいいんだろうとも思う。

みんな頑張れ!
見ていてくれる人はちゃんと見てるから。

そんな事を感じさせられた最近でした。


さてさて、そんな中、私も迷いや不安がないわけでもなく…でも、時は止まらないから、レッツラgo!動き出しますよーん。
長く生きてて良いことに、無駄なことに時間を費やさなくなったことがある(笑)


ってゆーか、その時間すら惜しい、が本音(笑)

今日の深夜…正確には明日になってすぐの1時55分発の飛行機で、スペインへ向かいます。

ちょうど一年前の同じ時期に、行ってるはずだったスペイン、Rodellarへのツアーの始まり。

寝ても覚めても心と身体の奥に棲みついて離れなくなってる、愛しいルートを登るべく、手術後、マイナスからの再チャレンジ。

マイナスから来て、今はどの辺だろう?

プラスに変じてるかは、気にしても仕方ない。

なすがまま。

やることはやって来たので、なるようにしかならんからねー(笑)

今回は、目標ルートはもちろん、ジュテームジュテーム!ストーカー並みに向き合うつもりだけど、一本のルートに掛かりきりになることはせず、本来の「クライミング、なぜ登る?」の答え、「好きだから」「楽しいから」と言う基本線を胸に、今の自分に出来る最大限で登り倒す!を実践していきたいと思っています。

もう、自分に対して言い訳をしたり、対外的な評価を気にしたり、見栄を張ったりと言う、青い年代は遠の昔。

長く生きてて良かったことのもうひとつは、心はとても強くなった。


出国前から、既に悪天候続きで、染みだし満載、これからの予報も毎日雨で、Rodellarでのクライミングすら怪しい感じだけど、騒いでも、怒っても、文句を言っても、「無いモノは無い」のだから。

心穏やかに、とりあえず現地へ!

アディオ〜ス。


写真・・・気合い入れて飲みまくって、貰った「ふちねこ、仮装しちゃいました」シリーズ、欲しかったバージョンのひとつ、一撃で当てちゃった〜うふふ〜。←ムダに運を使いまくり(笑)
posted by ユカジラ at 14:22| 日記

2018年09月03日

コンカツ!

行ってきました、婚活 
……

もとい、昆活会場!(笑)

20180902_100629.jpg

上野国立博物館で10月10日まで開催中の、「昆活しようぜ!!」のキャッチフレーズでおなじみの【昆活】、日曜日の岩場講習が、あいにくの雨で中止になったので、行ってきました〜〜。


猫カフェに続き、なんだか、人並みな経験を積んでます(笑)

とか言っても、両日とも、クライミングはしっかり登って、なんですけどね。


夏休み最後の日曜日で雨!
と来れば、室内イベントが激込みなのは、想像のうちだったけど、やっぱり人混みも都会に行くのも苦手だなぁ…

精神的に非常に疲れた…

でもまあ、【昆活】は、なかなか見応えあって楽しめた。


20180902_102312.jpg

日本ミツバチの模型。

私は、スズメバチが、カッコいいので好きなんだけど、その狂暴で、体格もペトラとジャインくらい違うのに、蜂球で熱殺することなど、結構ヤル奴なので、ミツバチも好きだ。


海外のカミキリや、蝶、コガネ虫……魅力的な種も多い。

クライミング出来なくなったら、コスタリカとか行ってみたいとも思うけど、クライミング以上に好きなことや熱中できることは、私には相当難しいだろうなと、同時にいつも感じる(笑)



人が多すぎて、ゆっくり見れなかったけど、標本もたくさんあった!

20180902_104322.jpg

20180902_105800.jpg





【昆活】の後は、夕方から、PUMP2に行って登ったけど、こちらの激混み感もハンパなくてゲッソリ…(笑)


やっぱ、週末は仕事!!!
これがイチバン!!(笑)


続きを読む
posted by ユカジラ at 20:44| 日記

2018年09月01日

初見参・猫カフェ!

私にしては珍しく、クライミング以外の趣味の話。

やってみたいことや、行ってみたい所が無いわけではないけど、放っておくと、登って登って登る事しか頭に浮かばないし、行動にも移せない性分……(苦笑)

そんな折、猫友が上京…“猫カフェ” に行こうと声をかけてくれたので、2つ返事で行ってきました(笑)



横浜線の町田駅から線路沿いに2分という、地元感満載なそこは、電車に乗るたびに気になっていた聖地!

いやはや、もう、むふ〜〜〜〜!!!!な空間は、可愛い子たちがそこらここらにいっぱい居て、お触り自由な「浮気しまくり」の、私が男だったら、キャバクラに行くってこんな感じか!?(笑)って思ちゃうくらいドキドキワクワク(笑)



20180831_185308.jpg



もう〜〜、みんな可愛くて!!
自宅でまったりしてるように寛げ、疲れたときなんか、猫を両脇に爆睡出来そうな空間でした。



“浮気”が、海子や森田にバレないかドキドキな体験(笑)


received_2795913230434202.jpeg






猫友も、猫をなでなでしながら、篠山紀信状態(笑)

「う〜〜ん、、いいねぇ〜」「ハイハイ〜〜、もう1枚〜」って声が聞こえてきそう(笑)

20180831_174605.jpg



次々に、入れ代わり立ち代わりお客さんが来るんだけど、おっさん数人で来たり、印象的だったのが、大学生くらいの男の子2人で来て、お互い何を話すでもなくマンガを読みながら、時折猫を撫でたり…(笑)

なんか、優しい空気が好感を持てる感じでした。


たまたまかもだけど、やって来るお客さんは、男性の方が多かった気がする。

社会で背攻めきあってる戦士達の憩いの空間なのかも(笑)



都会のせわしない時間の流れの中で、異空間。

ほとんどの猫は寝てるし、緩やかな動きの猫に囲まれて、なんだか実にゆったりとした良い時間でした。


また行こうっと!!猫わーい(嬉しい顔)



続きを読む
posted by ユカジラ at 21:18| 日記

2018年08月29日

トゥーーーース!!!

……

“春日”ではありません(笑)

ずっと、なんとか残したく粘っていましたが、いよいよ状態が悪くなり、右の第二大臼歯二本を抜歯となりました。とほほ。

力を出して食いしばってる時間が多いうえ、寝てる時も、無意識のうちに、クライミングのこと、ムーブを考えちゃってたりで、夢でも登ってるもんだから、365日、寝ても覚めても食いしばりまくり…

食いしばり人生のユカジラです( ´艸`)

自分の力で腱板ぶった切ったり、歯を砕いたりって、野蛮すぎる…(笑)
原人か!?って感じですなぁ……(苦笑)

レントゲン見ても、抜いた歯の残骸見ても、もう、抜くしか選択肢の無い状態まで砕けてました。

ツアー中に痛みが出ても困るので、先週と今日と、週イチ、1本ずつで、一気に2本の歯とさようならしました(哀)

歯を抜くと、力が出なくなるとか、あーだとかこーだとかいろいろ聞くので、なんかヤだったけど、長く生きてると、いろいろ気を使って生きてても、まあ、イロイロあるわな…。

やりたいことをやってきた代償と思えば仕方ない。

何かを得るためには何かを失う覚悟は、いつでもあるぜ!
ヘイかも〜〜ん!!

本来の私は、歯はまあまあ丈夫な方で、子供の頃から山登りを始めるころまでは、虫歯になったことはなかった。

高所登山をしていた年代に虫歯になって治した歯が、寄る年波でご臨終となったってわけさ。
な〜〜む〜〜〜。

高所で、限界に近い登山をして帰った後は、様々な障害が体に残っているのが普通な時代で、眼底出血や骨粗鬆症になってるのは当たり前で、人間として普通に健康な状態に戻れるまでに1ヵ月半くらい掛かってた事を思い出せば、仕方ない代償かとも思う。

今みたいにサプリメント類も簡単には手に入らなかった気がするし、栄養補助食品どころか、薬だって、最低限のモノしか持って行くことのなかった時代だったって記憶してる。

何かあれば“死ぬ”覚悟を持って山に入っていた時代は、本当にサバイバルだったんだねぇ…←他人事のようだけど、それが当たり前で普通だったからな(笑)


虫歯になって神経抜いた歯は、“お前はすでに死んでいる”状態で、いずれ抜歯になる。

麻酔は痛かったし、暫く腫れも残りそうだけど、下顎の第二大臼歯を抜いた先週は、翌日には、トレーニングも全部普通にこなせたし、クライミングでは、出来る気がしなかった、ランジとコーディネーションが登れたり、クライミングは力!!だけど、それだけで登ってるわけでもないから、きっと今回も大丈夫!と思おう(笑)

上下で同じ歯が “歯抜け” って、なんか間抜けだし、野生動物的なユカジラとしては、ニンジンの1本丸食いや、牙が無い状態が、もう野生の王国では生きて行けないかもなので、今日はケージに入って隅っこで丸まって寝ます…(笑)

暫く、“食いしばり歯” の無いまま登る事になるけど、どんな感じかな??



歯磨きは丁寧に完ぺきに!!だなっ(笑)

20170723_204747.jpg





閲覧注意。

先週抜いた、上顎の第二大臼歯の爆心地。

20180822_204022.jpg   うひょひょひょひょ〜〜。


きも〜〜い。
きょわ〜〜〜〜い(笑)




posted by ユカジラ at 20:20| 日記

2018年08月23日

中高年もランジ、コーディネーションやってみる

今日は、友人たちと Dog Wood・調布店。

2人が行ったことが無いということと、行ってみたいと言うことで、私も逃げ腰だった、ランジとコーディネーションを克服すべく、1日しっかり向き合ってみよう!!ってことでGO!!

もうね、グレード低かろうと、誰でも出来るっていうような易しい課題だろうと、何をどうやっていいかすらわからない昭和の人間にとっては、めっちゃ、、、、!チャレンジ(笑)

今までなかなか手を出す気になれなかったのに、何で今更かっていうと…

実は、アメリカのツアーで、毎レストごとに、ほぼ1日中、最近のワールドカップや、国内の有名大会の You Tube を見まくってたら、なんとなくなんだけど、それらのコツっていうか、みんながどうやって飛び出してるか、とか、背の低い人が、フルリーチでどうやってタイミングを合わせてるか、とか、イメージ出来るような感覚が得られて…(笑)

要は、出来そうな気がしてきて、やってみたくなってた、っていうのがある(笑)

そのイメージは、そこそこ合ってたのかな?

初歩の課題とはいえ、自分で考えて、イメージして、何回も失敗して修正して…

きっとこうやってるんだろうって言う動きやポイントを試して、自力で登ったことには結構満足できた、良いクライミング時間となった。

ランジやコーディネーションは、若い人にしかできない、驚異の身体能力を必要とするものだと、ハナから諦めていた(笑)

けど、52歳になっても、自分の中での向上は得られるんだと思えたし、やってやれないことは少ないんじゃないかって、再確認、ちょっとだけで来た。

そうなると、やっぱりもう手術はしたくないなぁ…とか、まだまだ長く、上を見て登ってゆきたいと切に感じた(笑)


まあ、今時の人なら誰でも出来るくらいのレベルのものなんだろうけど、私にとっては、ブランクですっかり失った神経系の動き(いや、もともとほぼ無いに等しい程度だったけど(笑))を思い出して、諦めてた部分なだけに嬉しいな。

今日は、前回登れなくて、「こういう課題はやっぱ無理なのかな」と思っていた4課題の他に、スラブの1級も追加で1本登れ、最近活性化してる、ヘパーデンと、ブシャール関節痛、そして、左肩の腱板の痛みに対して、労り、大事にしないとなぁ…とも思えた。

もっともっと登りたい、死ぬ間際まで、自信の向上に向けて努力し続けたい。
前だけを見ていたいって思った。




1級 
これは、コーディネーションっていうか、最初のカチを止めると振られるんで、手をついて回転止めるっていう、出来てしまえばナルホドっていう感じの動きでした。
そこよりも、普通に上部の保持が悪いうえ、ツンツンで、落ちたら黄色いボテに顔面ぶつけそうで、私にとっての核心はそっちで、バリ怖かった…




4級
これも、怖さが取れ1回出来たら、失敗しない感じの飛びつきのコーディネーション?
取り先がガバなので、感覚を得る練習になった。
地面近くて、マット摺り回避に気を使った〜。





3級
これ、今若者がいつもやってる動き(笑)
最初、壁に激突したりで痛い思いして怯んだけど、ポイントは最初の引きからの飛び出しが、躊躇したり、ゆる〜〜く出るんじゃ距離が出せてなくて踏みかえまでに失速するから、どーーーーん、って力一杯引き込んで横っ飛びすると上手く行くことをトライしながら自分で発見できたことはいい収穫だった。

クライミングは自分でムーブを発見したり、動きの中から感じて自身に身に付いたものは、深く身について残ると思うので、こういう時間が何よりも大切な時間だったと思う。





3級
見た目以上に?壁に入ると広がった体制、右手の掛かり、足位置、と出にくく距離のあるランジ。
最初はかすりもしなかった初手が、持ち位置やスタンス位置、飛び出しのタイミングや引きをトライ毎に修正して、自分的には、こんな距離と体制のランジ、まさか出来るとは…(苦笑)って思った1本。嬉しい。





Dog Wood 、課題の内容はとても良いし、出来ないことを出来るようにして行ける、段階をきっちりもった良いジム。
今時のジム事情からすると、相当貴重に感じるとともに、こういうジムが増えるといいな、といつも思う。

ありがとうございます(^^♪

上限が初段や2段である必要もないし、岩場のように、5段でも5段+でも、無いグレードじゃないんだから、設定すれば、下のグレードにシワ寄せがくることも少なくなるように、私は思う。

いろんなタイプの課題があって、ステップが踏める難易度の幅、岩場もそうだけど、ジムでそういうのを設定できるセッターのセンスを尊敬するとともに感謝です!!


posted by ユカジラ at 22:31| 日記

2018年08月20日

今日はここ

20180820_182258_002.jpg

パパッと行って、約2時間で良いトレーニングができた。

ルートの為のミドルパワーエンデュランスには、集中してトライすれば一撃出来るくらいの難易度を休まずに次々登るのが良い。

同じ難易度を全部トライすれば、中には難しめもあるし、易しめもあるから、長いルートのトレーニングには、ボルダーを取り入れるのがスゴく効く。

核心のムーブ連続って感じだから、バリ効くのよねー(笑)



今日は、2時間1本勝負で、ドックウッド高津店の3級、18本を休まずにトライ。

近年、ジムも増えて、いくつかの家チカジムを上手く回して、暫く行かないでいると、総ての課題が変わってることも多いので、しょっちゅう、オンサイトトライのトレーニングにもなる。

最近のジム事情は有りがたい限り(笑)


で、18本のうち、やはりと言うか…(哀)


登れなかった3本は、ランジ2本と、スラブにあるランニング系のコーディネンション…

ホールドに触るくらいまでは距離出せるんだけど、コントロール感がねぇ…


ヘタすぎる。
ジャンプ力無さすぎる。

なんとか克服したい気持ちはあるし、純粋に出来たら楽しいし、出来たいんだけど、怪我しそうだし、競技をやることも、もう無いだろう自分にとって、腱板にも不安を感じ、クライミング寿命を縮める事にもなりかねないと思うと、なかなかやり込む気持ちになれない…

やってやれないことはこの世にないから、言い訳とヤル気の問題なんだろうな。

わたしが目標にしているルートに出てきそうな程度のランジやコーディネンションは充分出来てるからなおさら逃げ腰。

ずびばぜーん(。>д<)


それでも、オール完登を阻むのはいつも“それら”なので、やっぱり出来たい!という想いはあり、一応何回かはトライするけど、結果は無惨なものでアール…(苦笑)

ま、そんな想いがあるうちは未だ老いきっては無いんだろう(笑)

もう少したてば普通にパス出来るような大人になれるかしらん?(笑)

……
性格的に無理かも〜(笑)

しかし、マジにだね…

ドランジとコーディネンションは、4〜5級辺りで時々出来るのがあるかないか…トホホ。

5級もあやしいもんだ…

まあ、仕方ないか…
それ相当の努力が足りてないからね(苦笑)



もとい、ジムトレの話。

最近は早い時間から営業しているジムも増えてきたので、家チカ、オープンからの空いてる時間にトレーニング!が私にとってベストオブベスト。

トレーニングは早く始めて、やることやったら早く終わり、早く寝て、素早く回復(寄る年波なんで、夜遅くまでトレーニングとかなかなか厳しい(笑))したいので、クライミングジムには朝の基礎トレーニングが終わったら、それをオカズ(笑)に繋げてやりたい。

基礎トレーニングで、身体も充分動くようにしてからなので、すぐにメインメニューに入れるのもグッドです。
posted by ユカジラ at 20:52| 日記

2018年08月16日

ボルダーの日々




アメリカから帰国してからは、日本も暑すぎるのと、ただならぬ湿度(笑)に、ルートトレーニングする気にもなれず、ずっとボルダーでトレーニング。

ライフルでは、伊達に登ってたわけでもなく(笑)筋力は、手術前に戻ったどころかパワーウエイトレシオ的には上がってる感じ。

いつもいつも、「もう戻った!」と言い張ってきたけど、やっぱり一年近くかかるんだなぁ…と納得の人体の不思議(笑)

そろそろ、登り始めてから10ヶ月になります。

相変わらず、ランジとコーディネーションは苦労するけど、荻パンで2級を数本オンサイト出来てる事は、そういう想いを後押ししてくれる。

もちろん、ジムのグレードは変化するし、目安にもならないのかもだけど、アメリカ行く前に登ったドックウッドでも、行く前は得意そうな2級が数本登れただけだったけど、1〜2級が楽しめるようになってた。

筋力って不可欠だよね。
今どきのクライミングには特に。

テクニックって言ったって、筋力有りきのモノも多いし、「クライミングは力だ!」って、昔の人も言ってたよなぁ…(笑)

いずれ左肩の手術もしなくてはならない身としては、いつでも
「今日が最後」
「明日は無い」
と思いながら登らないと…(笑)

今日の荻パンは、気のおける友人達と登り、いつも一人で黙々黙々黙々登ってるんだけど、楽しかった!

動画も撮ってくれたり、ずっと苦労してた、ヨセミテ壁、左端の“simple”の3級の完登を、応援、見届けてくれて頑張れました!

あれは、私にはかなり難しかった課題だったので、今日一番の成果。


添付動画は、ブローの3級。
posted by ユカジラ at 19:01| 日記

2018年08月06日

Rifleツアー後記

熱い、……

いや、暑かった(笑)ツアーを振り返る時間がやっとできた。

世界中が異常気象で、Rifleも同じく激暑い日々だったんだけど、日本に帰国して思うことは、
ゼンゼンっ、、、、マシ!!だったって事(笑)

この1か月を日本で登っていたら、ここまでの登りこみは出来なかったと思う。

Rifleでは、日々OSトライが出来たし、傾斜が無い壁が多いこと、また、傾斜がある壁も、総じてボルダーがキモになる、距離とパワー系で構成されてるルートが多くて、筋力アップのために訪れたって部分では、目的は十二分に達成されたとおもう。

人工壁の難易度はバラツキもあるし、目安でしかないんだけど、Rifle出発前は、荻窪パンプで、3級が筋力的に追いついてない感じで厳しかったんだけど、帰国してから登りに行ったら、そのあたりの難易度は、1ゲキで登れた課題も以前より多く、だいぶ楽に落とせるようになってた。
そんな感じだったので、1ヵ月前は、2級まで辿り着かなかったけど、帰国後は1ゲキ出来たり、明らかに筋力が戻った感覚が得られた。

その昔、Rifleに通っていたころは、再登率の高い、そういう意味での人気ルートだけを拾って登って、おいしいとこ取りだったんだろうな…と思った。

今年登って思ったことは、結構ムズいルートが多い!!が現実でした(笑)

後半、Tomb Raderに集中しだしたとき、アップをやり過ぎないように、と、10台を片っ端から登ったけど、傾斜の無さが距離に関与するのか、花崗岩的な難しさを感じて、けっこう手応えあるものが多く、舐めちゃいかんなぁ〜〜!って、いつも感じてた(笑)

そういう意味でも、ずいぶん楽しませてもらえた(笑)


ボルダー要素が強い岩場で登りこむことは、弱点強化につながるので気に入った!

来年は、時期を少しずらして、もう少し気温が低くなる時期に再訪しようと思ってる。

夏は、Rifle!が暫く定番になりそう(笑)


Image_4f88c2b.jpg

(  海子三世とストレッチ )



登ったルート1欄

クライミング日数 20日

10a
(New Route) OS

10b
Stem-o-Rama  OS
Z-man            OS
Small Fry        OS
Carlin             OS
Jack Torrance  OS
Master Chief    OS
Clock Work Orange  OS
Sellers                    OS
Tiny Two Step         OS
Redmond Barry       OS

10c
My Guitar want Kill Your Mother    OS
T-Mac                                         OS
Fullmetal Jacket                           OS
Reverend Punt                             OS
Brown Chicken                             OS

10d
Hal9000                             OS
Malmsteen                          OS
(New route)                        OS
NoRisk NoFin                      OS
Chevalier du BaliBali           OS
Mr Scary                            OS
Blackmore                         OS

11a
Exodus                             OS
Costello                            OS
Gennery Sergeant Hartman OS
Ariso                                 OS
Mutt Lange                        OS

11b
Haze & Infused                  OS
Winters End                      OS
Wedding Streak                 OS
Borat                                OS
Just Another 5・14            OS

11c
(New Route)                       OS
The Enligthtended Path        OS
Vai                                     OS
Lord Bullingdon                   OS

11d
Drunk Lover                       OS
Sigue Sigue Sputhik            OS
Haiian Five- o                     OS
(New Route)                      OS
Peleliu                               OS
Red Down                         OS
Ledged Assault                  R2

12a
Genesis                            OS
Kielbasarun                      OS
Twisted                            OS
Lolanater                         OS
Guns Poser          OS

12b
Loose Canon                   OS
Norble Wife                     R2
THe Gun Show                OS

12c
The Brother Corrutherow   OS

12d
Squeal Like a Pig             R4
Kinfisher                         R3
Sexy Best                       OS
The Brocky Horror Show   R2

13a
Conception                     R7
Beer Run                        R4



13d
Tomb Raider                  トライ17回で未完登

完登数   59本

…う〜〜〜〜〜ん、惜しい!!
Tomb Raider、登れてたら、60本だったかぁーーー!!(笑)


          
続きを読む
posted by ユカジラ at 21:01| 日記

2018年07月29日

いろいろぶったまげな最終日。

先ず結果。

Tomb Raider  13dは、実質あと2手行けてたら登れてた…というポイントまで行けたものの、完登ならずでした。

残念だったけど、今年のヘンテコな天気の中、与えられた状況の中で出来ることはやれた気がするのと、自分にとっては、ボルダー要素が多く、どこでもいつでもミスれる、集中力と高いフィジカルを保ち続けながら1手1手をこなして行かなくてはならないルートで、本当にやってて面白かったし、良いトレーニングになったので良しとします。

この1か月で、筋力は確実に戻ったし、さらに着いたかもよ〜〜(笑)

Image_aaec7a6.jpg

Image_0fe5f8e.jpg

( 写真は以前のもの )


特に、今日の最終日は、真っ青で雲一つない空が一転して激しい雷雨となり、暴風雨。
横殴りの雨が2時間続き、雨が止んだ後も曇天が日没の20時半まで続くという、何が起きたんだか暫く理解不能なくらいの、予想外、今ツアーで1番悪い天候、、最悪(笑)な天気だった。

アップを丁寧にやりながら、待って待って待って……からの〜〜、いざトライしようとしたら、の天候急変…

暫く待った見たものの、雨脚は半端なく、抜け口が上に壁がに事もあり、どんどん濡れてきてる状況…

もう、やけくそ(笑)

何もせずに終えるわけにもいかない!ってことで、大急ぎで用意、抜け口のスローパーとごく小カチ地帯に雨が流れて濡れてきたギリギリに1トライ、雨が止んだ後の1トライとレスト時間も最短でトライはしたけど、やはりダメでした。

まあ、また近いうちに、状況にあたふたしないでも登れるくらい強くなって、出直しじゃ!!
必ず、リベンジに来るぜ!!

という感じに帰宅、明日の早朝初の飛行機に乗るために早起き核心、その前にパッキング核心!!とせっせせっせとこなし、さあ寝るぞー――――!!と、最後のメールチェックとブログ更新!と思ってパソコンを開くと……

なんと、航空会社から、一方的で意味の解らない理由で、私たちのフライトが大きく変更されてるという連絡が入ってた!

わざわざ高いお金を払って直行便を選んでいたのに、ニューヨーク方面の空港へトランジットさせられる上、空港で12時間以上の滞在、日本に着くのは1日以上遅れるという、勝手なリブック。

100パーセント、航空会社の責任なのは確か。

その名も、くそユナイテッド!!!

来るときも8時間もデンバーで遅れやがったくせに、まだ足りんか!!って感じ。

しかも行きは、席も勝手に変えられてて、私たちは別々にされてた上に、3人席の真ん中に入れられてた!!
巨漢なアメリカ人の間で窮屈な目にあわされてた。
事前に席を取っていたのに、だ。

まあ、過ぎたことは今までは忘れてやっていたけど、今回はもうさすがに許せないね。

21時過ぎにアパートに帰って、そのむかつく問題をどうしようかと由美ちゃんとずっといろいろ考え、働く気のないこっちの人間へのメールやなんやら、相当頑張って深夜1時近くまでいろいろやってみたけど、航空会社と連絡が取れない以上何の解決にも至らず…

3時間くらいの仮眠後には、戦うつもりで空港に向かおうと思うけど、泣き寝入りの可能性は大…

1つはっきりしてることは、二度とユナイテッドには乗らない、ということ。

皆も、絶対やめた方が良いですよ!
まじに!!!!


s-IMG_0840.jpg

s-IMG_0839.jpg

黒海子の写真で心を落ち着かせ、仮眠します。

明日は決戦!!!
(クライミングじゃないのが哀しい)
posted by ユカジラ at 16:23| 日記

2018年07月27日

涼しくならないかな〜〜。

日本の暑さも酷いようですが、世界的に異常な猛暑みたいですねぇ……

ここライフルも、連日、平均気温を軽く超える猛暑です。

s-IMG_0837.jpg

s-IMG_0835.jpg

( 雷雨があるときはこんな景色も見られる。今回ほど、好天が困る年は初めて(笑) )


一昨日は湿度も高く、チョークアップする猶予がない保持系ボルダー、そして高難度なTomb Raider ……狙える気温ではなく、「やっぱ、今年のこの時期は厳しいか……」と思いながらも、いろんなことに翻弄されない程度に気負わずに、やるときは本気で取り組んでる。

トライ出来る時間も、夜7時まで待っても、岩はぬくぬくしてるし、エリアの空気感がホカホカ…(笑)
待つ意味あるのか!?(笑)って気分。

Image_59d5632.jpg



が、ところが、である!

昨日は、天気予報に反して、朝から雲多めで気温の上がり方も超緩やか!

大きな雲に陰ってる時間を狙って、超ご褒美的な、14時半と、17時半、2回のトライが出来た。


アップして、半日くらいに時間を過ごすってこと自体、ストレス。
かといって、最初の頃は、11代後半や12台後半までのルートを、15時くらいまで、いい気になって登ってたけど、その後で2時間くらいあけても、やはりパフォーマンスは落ちてる…

ハイパワーのエンデュランスが問われる内容なだけに、いろいろOSで楽しんだ(出し切った)後でいい登りが出来るほど甘くない…という悩ましさ(苦笑)

アップして、小1時間くらいあけてトライ、夕方にもう1トライ、って感じが1番理想だし、調子も保てるから、昨日は奇跡に近い1日だった。

Image_9c49b0f.jpg

( 盆踊りではない(笑)ムーブ確認ちう。 )

昨日は、まさにそのパターンでトライ出来て、今までで一番いいトライが出来た。





まさかのことにびっくりしたのと、2日目で疲労も残ってたり、ニーバーパッドが途中でズレて脱げそうになったりで(笑)大変だったけど、昨日位の気温、多分初めて、いつもの体感温度28℃〜30℃を下回った気がする。

そうそう、こっちの人が、ニーバーパッドを装着するときに、生足にガムテープでぎゅうぎゅうに締め上げながら装着してるのを見て、その締め方が、ハムみたいでコエェェーーー、って思ってたけど、なるほど、そういうことなのか…と合点がいった。

私は、昔っから脚、特に膝回りが肉が無くて、膝蹴りしたら世界チャンピオン!!的なゴリゴリ膝で、凶器って言われてたくらいなので、そのズレっぷりったら、笑えるほどでした(笑)

途中で、分厚いゴムラバーの部分が、膝を覆うくらいまで脱げてきて、ムーブ出来なくなるというハプニング…

太腿もパッドがゆるゆるだったので、動きだすとブカブカ脱げてくる。

毎回、登り終わってパッドを外すと、汗だくつゆだくで、さらに脚痩せ効果テキメンな状態で、さらに脱げやすくなってる今日この頃…

今日は、スパーマーケットにガムテープを買いに走ります(笑)



さあ、クライミング時間も残り2日!!!

目の前にある出来ることを、客観的に精一杯…楽しく登ろうと思います。


posted by ユカジラ at 02:03| 日記

2018年07月24日

とは言え……

やっぱり登りたい、Tomb Raider 。

昨日のクライミング。
夕方までの時間調整では、由美ちゃんの行きたいエリアで、10台をゆ――――くり登って、指皮をセーブしたり、一切のパワーロスをしないように気を使いながら夕暮れ前を待った。

Rifle 2018 Summer_1.jpg


朝9時に岩場についてから、夕方6時くらいまでの9時間近くを、ごちそうを目の前に、ひたすらに時間が過ぎるのを待って1トライのみ!って結構忍耐がいる……(苦笑)

午後2時過ぎまで、我慢に我慢を重ね、まだ取り付いてない10bと10d、初心者エリアの★無しや、★の少ないルートでお茶を濁すしか術がないんだけど、★が無くても面白いルートはあるもので、っていうか、登ってツマラナイルートは無いと思えば無いのは事実で、クライミングはどんなルートも、そのルートならではの味があるから、初見はいつでも楽しいことが救い(笑)

10台だけでは、アップの強度も低いと、午後3時過ぎに本アップを開始。
こじんまりと5〜6本のルートしかないエリアだけど、赤茶色の壁が美しい、RED DOWNエリアの、Red Down 11d ★★★で刺激を入れようと思った。

が、これがまた良いルートで、内容が素晴らしかった!

垂壁で10mという短いルートらしく、超保持とアメリカンサイズな距離系。
ちょっと舐めて、陽がまだ近い時間に取り付いたら、もう本気もイイところ…(苦笑)

アップの域は越える気合のクライミングになってしまいました(苦笑)

いや〜〜〜、よくOS出来たな、よく頑張った!!って自分を褒めたくなるような、良い登りが出来ました(笑)

これだからクライミングは最高。
いつでも自分を試してくれる。



そんなこんなで、夕方6時近くまで待ってからのTomb Raider 、1トライ。

Rifle 2018 Summer_4.jpg



いつもより乾燥していたのか、良い感じだったよ!?

こんな感じを経験しちゃうと、気温や湿度が良いタイミングでくれば、登れるかも!?とか、そう上手く行ってくれない人生に淡い期待をしてしまう自分がいる。

レスト明けの気温は、一時は、ほんの少し下がってくれそうな気配はあったけど、レスト日の今日は、平年よりもずっと高い100℉超えを記録中…(苦笑)

今日は雷雨になるようで、明日も気温が高い予報だ…

また湿度と高温に阻まれそうだけど、レスト明け初日は、“ひとり我慢大会”で臨んでみようかな…と、思ってる。

味しめちゃったユカジラ(笑)
懲りません。

出国前からリストアップしていた、トライしてみたい、★が一杯のルートや、悠久の時を経て宿題だったルートもあらかた終わったし、Tomb Raider の高負荷な内容は魅力的。うっふっふ〜〜。



昨晩は、エネルギ―、FULLチャージ!!ってことで、ステーキハウスに行った。

s-IMG_0816.jpg

アメリカっていえば、肉!!


s-IMG_0822.jpg


お目当てのTボーンステーキは無かったけど、12oz(350g位)のステーキを、ポテトと共に完食して、お腹パンパンで発熱(←筋肉が燃えて(笑))して大変だったけど、すっげ―――、回復した!!



s-IMG_0820.jpg

アンガス牛のステーキ!!素敵っ!!!!




s-IMG_0821.jpg

長いイモ。
バームクーヘン、唐揚げに次ぐ、ユカジラの人気食べ物!!
ナチュラルカットがイケてるぅ〜〜!!



もう、昼ごはんの主役が、これ ↓ だし、アメリカ人化してます(笑)

s-IMG_0814.jpg

s-IMG_0813.jpg

ピーナッツバターは、SKIPPY。
これ常識っ!!!(笑)



海子三世も、もう家の中でくつろぐのは当たり前。
出入りは、女王様の如く、ドア前で「あけれ」、「しめれ」って感じで、もうメロンメロンな私(笑)

s-IMG_0829.jpg


S_8309340309077.jpg

残すところ僅かなアメリカ生活ですが、日々充実です!!!!



posted by ユカジラ at 05:15| 日記

2018年07月22日

やっぱり暑い!!


今日は、天気予報が外れて、午後2時くらいから雷雨になった。

36℃前後まで上がる気温も、ずいぶんマシに感じ、夕方Tomb Raider を1トライしたけど、やはり、スローパーと細かいホールドの連続する地点に到達するまでに体が温まってしまい、一度ヌメりだすと、もうお手上げ……(泣)

加えて、午前中というか、朝9時から岩場にいるのに、夕方までただ待つってことができない人種としては、午前中でOSトライも楽しんじゃうし、レスト前に登れなかったルートをトライしちゃったりで、ダメージはあまり感じていなくても、さすがに13dトライする前にいろいろやりすぎだろっ!!とツッコミたくなる状況(笑)

レスト前にOS出来なかった、The Blocky Horror show 12d は、人気ルートなので、順番待ちが長かったけどRP。
★★★★は、さっすが、大変によろしゅうルートでございました(喜)



ついでに、時間を持て余してたので、肩の手術後、ぺっらぺっらになってしまった腹筋と上半身がどれくらい成長してるか撮影タイム。

s-IMG_0801.jpg

背中。
亀の甲羅、まだまだ全盛期まで戻ってない……
大円筋、小円筋あたりが貧弱すぎる〜〜〜( ;∀;)


s-IMG_0803.jpg

腹筋。
薄い……。
もっとあるはずーーーー!!と、風呂上がりに腹に力入れてみたけど、無念……変わらず……


20180717_094450.jpg

20180717_094338.jpg




まあ、イイや。
個人的な想いはあれど、筋肉って着けるのに時間かかる…
長いこと掛けて着けた筋肉君達は、手術から4か月で、な〜〜んもなくなっちゃったんだよね…(哀)
特に私は体質的にも…失ったものはなかなか戻らん…(涙)

はッ!!!
若い人ならともかく、52歳なのに、犯罪的にキモイ写真…すみません。



クライミングの話に戻る〜〜。

今日のアップでは、10dと、今年まだ行っていなかった、サパーケイブにある、★★の11dを登って、★2つでも、日本にあったら人気が出そうな、ひたすらにカンテ状を体幹で押さえながら動く気の抜けないルートで面白かった。

どのルートも味があって、はっきりとしたムーブで構成されてて、1本のルートにかかりきりになるのがもったいなく感じる(笑)


まあ、Tomb Raider は、13dが登りたいというより、秋のトレーニングに、内容が適してるから選んだので、この悪条件の中で、トライしていることに意味があるのでやれるだけやればいいという感じもある。

連続性の高い、超ボルダーな内容は抜群に楽しいけど、気温が高すぎなんだよなぁ……ガッデム!!(笑)

さんざん登ってから高難度に取り付くって、今までやったことなかったけど、ダメージ食らってても強度の高いルートをトライするって、良いトレーニングになるし、せっかく登りこみに来てるんだから、トライしたいルートはどんどん取り付いて、1日中登ってる幸せ感に1票!!という感じでいいかな(笑)





今日は週末ということもあって、岩場の駐車場に、クライマーがやってるコーヒー屋さんが来てた。

s-IMG_0808.jpg

s-IMG_0809.jpg

s-IMG_0810.jpg

今日はレスト、とか言ってたから、レスト日にお小遣い稼ぎなのかな?

なかなかシャレオツなお店でした。



続きを読む
posted by ユカジラ at 13:02| 日記

2018年07月21日

現地妻ならぬ、現地猫

どの国のツアーでも、現地猫と浮気(笑)

海子、すまん!!

私が一番愛しているのは海子だが、1ヵ月も猫ナシでは「血猫値」が下がって、体調不良になるのだよ……

許せ!海子……(笑)

Image_7ebb81b.jpg

Image_27950da.jpg


パパラッチに盗撮された、海子三世との密会写真…
明日発売のFridayに掲載。

うそん。
posted by ユカジラ at 10:28| 日記

2018年07月20日

★を求めてフリーダムに登る

クライミング時間は、2日×4回の8日のみとなりましたーーーー!!

ひえーーーー。すくなっ!!

s-IMG_0788.jpg

そして、昨日今日は、その貴重な2日でしたん。



昨日18日は、レスト明けだったので、Full Mtal Jacket 10c、Gennery sergeant Hart Men 11a、新しく出来ていた11d (OS、ボルダームーブが核心で面白いルートでした。)でアップ後、取組んでいる Tomb Raider 13d を2トライ。

このエリア、この時期は非常に暑く、夕方4時過ぎになって、壁全体に陽が当らなくなっても、対岸にある壁が近く、反射熱でいつも気温は25度以上はあって、昨日は30℃近かったように思う。

風が吹いている日も、川沿いから離れたこのエリアに、その風が入ってくることもなく、 対岸の壁に当たる陽が完全に落ちる19時になっても気温はなかなか落ちない日が多い。

2トライしようと思うと、ただいるだけでも蒸し暑く感じる時間に登らざるを得ないのだけど、全身から汗が噴き出して、掌なんぞはびっちょびっちょで、普通の気温なら出来るムーブすら出来なくなったり、過剰にパワーを要したり、気付けば、指皮をごっそりもっていかれたりと、最大の敵は気温と湿度!という感じになっている。

時々ある、奇跡的に朝から曇り、とか、雷雨後に気温が下がった時が狙い目という、気象条件に左右される、まさに岩場のクライミング(笑)という状況で、選択肢を誤った感は否めないけど、来るべきチャンスを信じて、そのチャンスを必ずモノに出来るように、やるべき登りは続けている。

とはいうものの、昨日の激暑トライは、指皮の状態を著しく悪くしてしまったのと、1本のルートに固執しすぎても好影響は少ないと思い、今日は思い切って、プロジェクトは一切トライせずに、残りのクライミング時間もそう多くなくなってきたので、気になっているルート、帰国までにトライしたいルートを、思いっきり楽しむ1日にした。

天気予報では、今日の最高気温が38℃って言ってることも、今日はやめておこう、、、と思えた要因(苦笑)
昨日で36℃、、、いや、ありえんわ〜〜〜。

プラス、同じムーブばかり繰り返していると、指皮の回復にも悪いし、OSトライで調子を上げる時間がプロジェクトを成功させることに好影響をもたらすと思うから。

まあ、本音は、ちょっと辛くなってきたので、1日逃避行(笑)←ようは、自由にいろんなルートを登る日が欲しい、が正解(笑)


んで、今日は★ハンター、ユカジラは、Jack Torrance ★★★ 10b 、Lord Bullingdonh ★★ 11c、でアップ後、午前中の早い時間じゃないと陽が当ってきてしまう、The Blocky Horror Show ★★★★ 12d 25m からトライ。

ムーブが多彩で、核心!?って思わせるパートが次々と出てきて、そろそろ終わったか!?と思ったところからの最後の〆がイイ感じに強烈でした…(笑)戻ってやり直せない距離感も相まって、OS出来なかったけど、これは次回の午前中に仕留めます(笑)


その後は、これまた四つ星の、The Brother Carrutherzow ★★★★ 12c 30m。

出だしの薄被り地帯が、超テクニカルで、レストポイントもない連続性の高い、保持保持攻撃…
保持系は得意な方だったから、何とか現場処理で切り抜けて、中間部のレストポイントで休んで復活できたから、後半の大ルーフ地帯のトラバースを頑張れたけど、細かいホールドでムーブをこなす部分も多く、何度も落ちそうなデッドをかまして、これもイイ味出してくれて、最後の終了点に届くホールドが、びっみょ〜〜〜に遠く、握った一本指しか掛かってないカチで指開いてきて落ちるかと思った……という、ガチンコトライでOS。

ムーブ解ってても、12cじゃ辛いんじゃないかって感じました。
インドアと比べてもしょうがないけど、ジムのルートって易しいよなぁ、とか思ったりもした……

s-IMG_0771.jpg

ハリハリマオーーな前腕。



最後は、これまた四つ星の、テクニカルで有名、いやらし〜〜〜い、110度から85度くらいの、Gun`s Poser ★★★★ 12a 18m。

チョーク跡がべったりついてるところが全部騙しという傾斜に壁あるあるが、万歳だった…
みんなそこにガバが!と思って手を出してるかの如くそこいらじゅう真っ白で―部の組み立てが難しかったけど、疑り深いユカジラは、この傾斜にガバなんてあるわけないっしょ!との読みが当り、行きつ戻りつしたけど、基本線でのムーブの読みが合っててOS。

2か所強烈にムズかった核心は、今13dで保持系のボルダーをやってるせいか、上手く対応できてた感じで、クライミングってこうやって、いろんな頑張りが自分の持ち味に力を添えていくんだなぁ…と思えました。

やっぱり、クライミングはOSトライの時がいちばん楽しい。


違うルートを登ってたおかげで、指皮も同じ指ばかり使わずにすんだのか、ひどくならずに済んだし、充分楽しませてもらったので、逃避行から現実の修業道に戻りましょう(笑)

レスト明けは、Tomb Raider !!

気温、湿度、悪条件の中でもやり切る強さを目標に頑張るんば!!



s-IMG_0765.jpg

岩場へのアプローチで、シカさんと出会いました。



s-IMG_0768.jpg

親子。
バンビーノの背中の斑点が萌えポイント(笑)


続きを読む
posted by ユカジラ at 23:05| 日記

2018年07月18日

いつの間にか折り返し地点

月日の流れって、ホント早い!!

昨日、一昨日の2日は、このツアーの折り返し地点の日だった。

残りのクライミング日は、あと8日。

でら、、、びっくり!!!!

13日後には成田にいるなんて〜〜〜!!時間の経過が早すぎっ!!

身体が持つなら毎日でも登りたいけどレストは必要だし、レスト日には猫と戯れたい(笑)

s-IMG_0758.jpg

すっかり手懐いた、海子3世。

他の猫たちは、ゼンゼン友好関係を結んでくれないので、この子だけ特別扱い。

お部屋まで入室可なうえ、いつも美味しい猫缶をあげてる。

愛想がいいこと、甘え上手なことはとっても得すると思う(笑)




Rifle 2018 Summer_5.jpg

抱っこも可な可愛いやつ。萌え〜〜。



そんな感じにレスト日は過ごしてる。

近所のスーパーに食料の買い出し以外は殆ど出かけることはない。

クライミング用具で足りないものがあった時に、グレンウッドスプリングスのマウンテンショップに行ったけど、山の店を往復しただけという、クライミング以外、観光にも何ににも興味がない我々です(笑)


S_8270689343163.jpg





由美ちゃんはせっせとクライミングの記録を付けたり、インスタをアップ。

私は、部屋のTVの大画面で「YouTube」が見れることを早い時期に発見していて、今年の最新のIFSCのボルダーやルート、ボルダリングジャパンカップの予選から決勝と、まとめて全部見ることが出来るので、レスト日には、ひたすらに、ず―ーーーーーっと見てる(笑)

日本ではそこまで時間もないので、レスト日の楽しみにもなってる(笑)

岩場のものは少なく、あらかた興味を引くものは見てしまったけど、競技系はまだまだ楽しませてもらえそう。

寝ても覚めてもクライミング一辺倒の生活は、日本にいるときよりも濃密かも(笑)






続きを読む
posted by ユカジラ at 09:15| 日記

2018年07月17日

“Ⅾ”の日

ヒーロー―!

俺はヒーローぅ、、イエィ!!

……

ひ。
……

疲労感でグッタリなユカジラっす(涙)

Tomb Raider 13d の、ムーブ解決に出したパワーと引き換えに、本日は、ザリザリに挫滅った肉体を手に入れました……(´;ω;`)ウゥゥ

筋疲労が激しすぎて、キングサイズのベッドで一晩中ごろごろごろご〜ろ、、、
昨晩は、体痛すぎてほとんど眠れなかった(苦笑)


それでもいつも通りの早朝出勤。
由美子’sアップエリアからの登攀開始。

私は、トポに乗っていない、NEWルートを発見。
NEWって書いてあれば、以前からあるものでもコンビニで買ってしまうユカジラにとって、NEWという言葉は、甘い罠…
それがどんなに危険な、か・ほ・り(笑)…でも、やるのだ。ふふ。


壁にチョークでグレードだけ書いてあるルートを物色。
11dと12dは、マジ危険そうなので、元気な時ね。うふ。

謙虚に10aから。
隣のルートと近すぎるうえ、出だしの1か所だけ妙に悪く、あまりいいルートではなかった。

次、10d。まあまあ。

由美ちゃんのアップも終わり、エリア移動。

私は、ずっと気になっていた、いまだかつて取り付いてる人を見たことがない、HAWAIIAN WALLという、ライフル7回目の私ですが、行ったことのなかったエリアの4つ星の11d、Hawaiiann Five-0をトライ。

壁の最上部、緩傾斜帯まで伸びる美しい垂壁は傾斜が無いだけに、“要注意警報”が発令されていて、横目で見るばかりだったけど、今年の俺っちはちょいと違うぜ!!ってことで臆せず行っとこーーー!!という感じに、起き抜けの疲労感も忘れてトライ(笑)

さすがの4つ星!上へ上へと向かう感覚は最高に楽しかった。

ムーブも、妥当な11dという感じで、緊張感を保ちつつも、ぶっ飛んだムーブもなく、THE!CLIMBING!という感じ(笑)
やっぱり、クライミングは、長くて、高い所に行くのがイイ。難しければさらにイイ。

で、気分を良くしたので、今日のボロカス加減では、Tomb Raderはキツイなぁ、と思いつつも、レスト明けから狙ってゆくには、今日確認しておきたいこともあったので、1トライだけ頑張った。

シビアなクリップはどのタイミングがよりベストか、等、いくつかの確認をするとともに、今回は、ニーバーパッドを現地で手に入れることが出来たので、その“具合”を確かめておきたかったのがいちばんの目的。

今まで、ニーバーパッドは、サンタリーニャで1回だけ使わせてもらったことがあるけど、重いのと動きにくそうな感じがして、不精な自分的には装着が面倒くさいこともあり、“生肉”ニーバーでずっと登って来た(笑)

サポーター使うくらいが最大の肉保護(笑)

が、今回のルートの核心?では、相当痛い、生肉がズタズタになるようなニーバーが繰り広げられていて、早く勝負を終わらせないと、膝も膝周りの“生肉”も轢きたて肉になってしまいそうで困ったなぁ〜〜、と思っていた。

ムーブは“生肉”で出来ていたけど、痛みと内出血で、マジ限界って感じでヤバかった。

同じエリアで登る、とっても親切な、ライフルでのクライミングをまとめているメンバーのクライマーが、ニーバーパッドを販売しているということで、親切と好意に即購入(笑)した。

“生肉”で登るなんて信じらんない!!と言われ、呆れられてたけど、使ったことがほぼ無い私にとっては、野生の猫が首輪をつけられたの如く慣れないので、感覚を確認しておきたかった。

結果、痛みは最小限、ムーブ的には大きく楽になる感じも良くわからなかったけど、これ以 “肉を切り骨を断つ”危険がなくなったので良かった。


s-IMG_0762.jpg

( 慣れないけど、お母さんに貰った大事な身体…肉をミンチにしないで済むので、ニーバーパッドデビュー―!! )

兵器とともに、レスト明け、狙ってゆくぜーーー!!



明日はレストなので、もう少し追い込んでおきたかったけど、もう1回 Tomb Raider をやるのは、指皮もヤバく(今日は異常に気温が高く最大級に滑ってた)身体もレロレロだったので、これも気になっていた、Sexy Beast 12d ★★★を最後にトライ。

以前は12c/dだったこのルート、ホールドが欠けて、12dに。

分かり易く、「来た!!」と感じる2か所の核心と、外人サイズでマスターだとヌンチャクが掛け難いポイントを気合でクリアして無事OS。

トライしたい12代後半はまだまだあるので、このあたりのグレードのOSは嬉しい。



はあああーーーー。
毎回毎回、2日登りきるのが、ホントにキツイ(笑)

常に出し切ってるので、レストが待ち遠しい感じだ。

出し切って、休んだ後には、回復から上がっているを感じられ、レストがすっごい大事な時間となってる。

明日はレスト日。

寝て食って寝て食って、クライミングの動画見て食って寝る(笑)




続きを読む
posted by ユカジラ at 12:25| 日記

2018年07月16日

MAX!MAX!MAX!


柴田のMAX君の話じゃあないっす(笑)
強度がMAX !ってぇ話っす(笑)


レスト明けの今日は朝から曇天で、いつ雨が降ってきてもおかしくない様な空模様からのスタート。

このところずっと不安定な天気で、雨も良く降るけど、日本のこの時期と湿気を思えば全然良い。

与えられた環境で出来ることを精一杯がモットーなので、今日のそんな天気もプラスにしちゃえばいい!ってことで、普段、午前中には登れない側のエリア…超ラッキーとばかりに、そそくさと予定変更して楽しみながらのアップ。

いつも前日の夜に、どのルートをどんな順番でトライして行くか大体決めておくんだけど、午前中が日陰のエリアには、11d以上のルートしかトライしたいルートが残って無く、いつも朝イチから結構気合が要る(笑)

でも、今日のような天候なら、午後エリアで、★のたくさん付いた、ラインの美しい、手付かずの11台もまだ残っている。
そういうルートを登れるチャンス!!!って考えるとべらぼうに得した気分(笑)

middle Ice Cave の Borat・11b と、Costell 11a
BAUHAUS の Siguo Siguo Sputhik 11d でアップ。

Rifle 2018 Summer_11.jpg

Rifle 2018 Summer_6.jpg

( BAUHAUS      Sigue Sigue Sputhik 11d )


BAUHAUSは、他にもトライしたいルートがたくさんあるけど、12も後半になると、メインプロジェクトの後に時間があっても身体はヨレヨレで、なかなかトライする機会が得られないのが現実。

今年は、曇りと合わせて、ポツポツ降るような雨の日も多そうなので、今後も天気が思わしくない日は、そういうルートのトライ出来る “好天” と思えば、天気の悪さも気にならない(笑)
湿気やヌメリはあるけれど、登れないよりはずっとマシ!!ってね。

マイナスをプラスな思考に切り替えることは得意な性格で良かった(^^♪ 

で、さらに、夕方までガンガンに暑い、現、MYプロジェクトも早い時間からトライ出来て、超ラッキー!!!!


WICKEDCAVEの、Tomb Raider 13d…今日も2トライ。

昨日の2トライで、1か所ブランクだったムーブも今日は解決でき、他も良い感じにやるべき動きが精査されて来た感じ。

今はまだ、すべての動きがボルダーで、強度がべらぼうに高く感じている。
ひとつひとつの動きに使う力が、フルMAX !

今はまだ、とてもじゃないけど、つなげることが出来ると思えない感じだけど、きっと登れる!と思えるくらいまでは形になって来た。

1トライした後は、ヘロヘロのヨレッヨレッで、車の中で爆睡…(笑)
登った後に、気を失うように眠れる……
そこまで力が出せるまでに復帰できてることが嬉しい。

明日も、2トライ頑張れたら、レスト明けから狙ってゆきたいな。





S_8250065688268.jpg

みかんonみかん。






続きを読む
posted by ユカジラ at 12:20| 日記

2018年07月15日

レスト日は猫ウオッチ



s-IMG_0722.jpg

いやされる〜〜〜。
posted by ユカジラ at 07:54| 日記

2018年07月14日

次なるプロジェクト開始


今日は、昨日まで連日で起こっていた雷雨も無く、終日快晴な1日で久しぶりに気持ち良かった。
1週間続いた不安定な天気も、ひとまず終息かな?

ライフルで登りたいルートのひとつであった、BEER RUN が登れたので、いよいよ、本格的にハードなルートへのチャレンジを始めることにした。

いくつか候補は考えていたけど、秋のスペインツアーに向けてのトレーニングに適した内容で、ってことで、WICKED CAVE にある、Tomb Raider 13dを始めた。

朝イチのアップで、MEATWALLにある、四つ星の12b、The Gun ShowをOS。

身体も仕上がってきた感じで、30mの長いルートでも、ほとんどパンプせずに登れるようになった。
もうそろそろ、ガツンと厳しいルートを始めても良さそうだよね〜〜ん(笑)


S_8250065760365.jpg

WICKED CAVE は風も抜けないうえ、陽が陰る時間も遅い、対岸からの反射熱が暑い、、、、と、この時期向きじゃないんだけど、強傾斜のハードルートが揃っているので、魅力的なエリア。


日が陰る時間まで、もう一本、 MEATWALLのDrunk Lover 11dも,気持ち良くOSして、午後を待った。

Image_f32271f.jpg

( Drunk Lover 11d  薄被りで、ムーブが多彩な四つ星のルート )


由美ちゃんのビレーをしたり、昼ごはんをガツガツ食べたりしながら過ごし、今日はまだ超絶ハングドックになるだろうから、そこそこ暑いのは我慢して…と、早めにエリアに行ったけど、同じスタートで、上部で別れるルートをトライしているクライマーが既にいて、1時間以上のウェイティング。

その後も数人のクライマーとかち合って、トライに適した時間が短いこのエリアでは、順番待ちが大きな敵となりそう。


それでも何とか、今日は2トライでき、1か所、出来てないムーブがあるものの、とりあえず全体の様子は解ったので、明日のレスト明けには、ムーブを詰めて行きたいと思う。イエィ!!楽しいぞ!!


Image_82fcb1b.jpg

Image_ae84431.jpg

( Tomb Raider 13d )

ボルダー要素の多い、なかなかハードな内容でトライしていて楽しい!!




S_8250065748795.jpg

今日は午後8時近くまで岩場に滞在……(笑)

日が長いって、時間待ちがあったりしても気が焦らないで済むのが助かる。
行動時間を長く取れるって、このシーズンならではの贅沢です(笑)


posted by ユカジラ at 13:41| 日記

2018年07月13日

BEER RUN ★★★★★

ガムばりました!!完登っ!!

ムーブは一応出来てたけど、トライ数はまだまだ少なかったし、自信はあんまりなかったけど、目指すべきホールドがわかってる以上、あとは現場処理でやったるわい!!っていう集中力で頑張った(笑)

初見では、そこいらじゅうチョーク跡やマーキングで真っ白で、目線に入ってくるホールドを掴んじゃうと、手順が上手く繋がらず、なんて難しいルートなんだろう、って思った。

クラッシックな5つ星課題で人気があった名残か、今回はトライしてるクライマーは1人も見ていないけど、歴史を感じる、ツルツルに磨かれたスタンスと、傾斜がないがゆえに甘く遠めなホールドには、最初はびっくりもした(笑)

でも、ハマってはムーブを探って…その、自分には射程圏外に感じる、ちょっとずつ遠いホールドを取りに行くことで、自然と良い組み立てに持って行け、組み立ててしまえば、ストレニュアスなことには変わりはないけど、面白いようにムーブがつながった。

核心は、一度止めれてただけの不確実なブラインドデットで、距離もあったので、RP時、スパッと止まった時にはすっげ、、、!!!嬉しかった(笑)

昨日まで連続6日の雷雨で、雨量も湿度も日に日に高まり、今日は朝から曇天で、ポツポツ雨が降ったり止んだり…湿気も酷く、壁に付いたチョークが、うどん屋を開店していたのに(チョークが湿気を吸ってヌメヌメのうどん粉みたいって事(笑))、ホント、我ながら集中力の高い良いトライだったと思えた。

Beer Run 13a 4回目RP。

Image_dc989e9.jpg

( 今回のツアーでは、登ってる写真が1枚もないけど、取り付きで記念撮影(笑) )
( 下部のアプローチしか写ってないけど、28mある )


15年前から、このルートを見上げ、こんなルートを登れるようになりたいなと思い、それ以前に、苦手そうで無理だろうなぁ、って何度この地を訪れても触る事さえ出来ずにいた(苦笑)、ライフルで登りたいルートのBEST3に入ってたものが登れたのは、生きててよかった感満載です(笑)

今朝の悪天にも一喜一憂せず、「ある意味ラッキーじゃね!?」と、通常なら夕方遅くまでトライ出来ない、Arsenalエリアの12a、Lolanator をOSでアップに使えたことも嬉しかったことのひとつだ。

歳を取ってスゴク良いなと思うことに、逆境にはめっぽう強くなったこと、いちいち気負わず自分の出来ること、やるべきことにドきゅんと集中できるようになったこと…

集中力の高さと、そこへの持って行き方が巧くなったし、そこそこ確実にコントロールできるようになった事は実感としてあり、大きいと思う。





続きを読む
posted by ユカジラ at 12:55| 日記

2018年07月12日

めっちゃ四角い岩


s-IMG_0725.jpg

自然にしては不自然っ!!!!(笑)

posted by ユカジラ at 08:57| 日記

2018年07月11日

神からのお告げ、あんた休みなさい!

4サイクル、8日目のクライミング日の今日は、疲労感MAXで、アップからヨタヨタ……

陽が長いことも手伝って、岩場に滞在している時間も長めだったり、着いてからずっと、「登りたい!登りたい!」と、コーフン状態で落ち着く間もなく登ってたので、さすがに疲れが溜まって来た(苦笑)

今日は、Beer Runを狙ってゆくつもりだったので、午前中はあっちこっちと登り過ぎないようにしようと、アップもゆっくり、G3エリアで、四つ星の10d・Malmsteen と、三ッ星の11c・Vai を登って、夕方に備えるつもりだった。

今日は今までで一番気温が高く、湿度もヤバいくらいな気候で、3日前から起こりだした雷雨でいわば全体がしっとり感を帯びてきていた。

雷雨からの雨もだんだん酷くなり、今日は午後2時過ぎから土砂降りの雷雨になった。

s-IMG_0727.jpg



数時間で止むだろうという予想通り、一旦雲の切れ間から青空も見えたけど、湿気の激しさと、ルートの“抜け”が流れた雨で濡れていて、すぐには取り付けない感じだった。

壁の状態も悪く、自分の疲労感も半端ない……

午前中のアップ後は、今後トライしたいと思っているルートを見に行ったり、由美ちゃんのビレーをしたり、のんびり過ごしていたので、疲労も少しずつ抜けてきた感じもなくはなく(笑)…気合を入れればトライは出来そうだったけど、どっかのタイミングでいちど疲労を取らないと…と思ってたこともあり、今日はレストに決めた。

明日は実際のレストなので、1日半のレストとなり、イイ感じに回復を得られそう。

s-IMG_0734.jpg



3日前から天気も不安定で、今日は、エリアやルートによっては登る事が出来ないくらいの雨となり、しばらく同じような天気が続きそうな気配と予報だ。

気合が漲ってないと、湿気やヌメリに気持ちが負けちゃいそうなので、ここはちょっと充電だ。

神様が、ちょっと休んで回復させなさい、って言ってくれてるようで、恵みの雨と思うことにした。

事実、52歳は、年甲斐もなく?ぶっ飛ばし気味(笑)で、イカンイカン!と思っていても、勿体なくて、“やめられない止まらない” 状態で困ってたから、ふぃ〜〜、助かったぜ、って感じ(笑)

明後日からは、漲る気力と元気な身体でまた登るぞ〜〜!!

s-IMG_0711.jpg

栄養つけて回復じゃ!!!




posted by ユカジラ at 12:19| 日記

2018年07月10日

時を経て回収…いつまでもクライマーでいればこその楽しみだねー

その昔、取り付いてみたものの、力量に見合ってなく敗退したルート…
時間切れで悔しい思いを残しつつ登れないままになってたルート…

仕事きっちりタイプなユカジラは、そういうルートは少ないほうだけど、果敢(無謀)にトライしたくなっちゃう性格なので(笑)想いを遂げれなかったルート達は世界中にぽつぽつといる(笑)

ブリアンソンのあいつや、ユーラのあいつ…
難易度に関わらず可愛いやつら。
どいつもこいつも(くぅ〜〜〜!!)いつか必ず登りに行って、想いを成就させたいと思ってる。

そう!今回のライフルツアーにはそんな目的もあったりする。
15年の時の中で、私は君たちにまた触れるために生きてきたのだよ!

忘れもしない、やり残したままのルートの完登も楽しい。

s-IMG_0713.jpg



そんなこんなで〜の、、、今日のクライミング。

アップは、由美ちゃんが行きたいエリアで、ってことで、sno-cone wall。

新しく開拓されていた、Winters End ・11bと、Wedding Streak・11b の2本。OS。

のち、レスト前にトライした、Kingfisher・12d 、1回目でRP。

そして……
そして事件です!!(笑)


Kingfisher、レスト前にトライした時、陽が当ってきちゃったこともあり、今日まで先送りになってた。
1本目のヌンチャクは回収して、それ以上は残置しておいたんだけど、2本目がなくなってた。

2本目だけ、新品のヌンチャクだったからか?間違えて?持って行った人がいるのか?

真相は解らないけど、つい数日前にも由美ちゃんのヌンチャクが危うく持って行かれそうになったこともあり、なんだか気分が悪い。

もちろん、残置する時点で、無くなる可能性は肝に銘じてのことなので、仕方ないっちゃ仕方ないんだけど、最近、世界中のどの岩場に行っても、クライマー共通の認識として、持って行っちゃうような輩はいなくなってきてると感じてたので残念なような気持ち悪いような…複雑な気持ちになりました。

仕方ないので、不足分のヌンチャクを持って登り始めたんだけど、前日の夕方から夜にかけてまとまった雨があって、湿度が高かったうえ、2本目のクリップがシビアで…
どうしようか迷ったけど、なんだか腹立たしかったせいか、変なパワーが出て(笑)2クリップ目を飛ばして登ってしまった(苦笑)


もちろん行けるって思ったからだけど、落ちればグラウンド必須なんで、ちょっと反省。

でも、勝負だもん。
このトライで登るって気合で臨んでたので、しょうがないったらしょうがない。

無事RP。

まあ、イギリスならそれくらいありがちだし、OK!!
でも、良い子はマネしちゃだめよ(笑)って感じのクリップ飛ばしでした。

このルートは、昔、取り付いてみたかったけど、短難しそうで、ボルダー系は自分には無理かなぁ…と、何度も見に来ては取り付けず最終日を迎え、心残り満載で帰国したという思い出深いルート。

悠久(おおげさ(笑))の時を経て、積み重ねてきた努力と、ちっさいけど、成長を確認出来て嬉しかった。



その後も、またまた昔、最終日、数日続いた大雨で、どこも取り付けなくなってたなか、唯一取り付けたのかな?で、トライしたけど、濡れや湿気も手伝って、登れなかったルートの再トライに挑戦。

s-IMG_0712.jpg

Project wallにある、Twisted・12a。


ルートの詳細は全く覚えてなかったけど、厳しいルートの多いエリアの12aだけあって、なかなか手強かったけど、無事一撃。

OSと言っても良いでしょ、ってくらいのトリッキーさに粘った粘った(笑)

その時代の自分には、OSは絶対に出来なかったと思え、これまた、ちっさな成長にニヤニヤ。

たかが12a、と思うかもだけど、Rifle 、結構ムズイです(笑)

今日は、2本、置き忘れた物の回収が済んだ。



そして、午後は、これまた、どうしてもトライしたくて、でも見た目にも、傾斜的にも、ぜって―――ハマる!!(笑)と、恐ろしくて取り付いてない、と、記憶まで封印していた(実はこれまた帰国間際に、我慢ならずトライしていた(笑))Beer Run・13a
の、ムーブ解決に勤しんだ。

4サイクル目、だいぶ疲労も溜まってきた感じで、夜も身体が火照って寝れなくなってたりだったので、少しペースを落とそうとか考えてたんだけど、ルートを前にすると…

ムリッ!!(笑)

挫滅ったらザメッたで、そんとき考えれば良し!!とヨレヨレだったけどトライ。

それでも、2日目の最終便でトライしてた前回までよりは体力も残ってて、出来なかったムーブは全部解決出来た。

ムーブが出来れば、格段に完登が近づくユカジラとしては、もう貰ったようなもんである(笑)
なんちゃって。
一応追い詰める為にも大きく出とく。

チビには、やたらと距離で苦労させられてるけど、ぜひとも克服して登りたいと思える厳しいルート。
その厳しさが、もう楽しくて楽しくて(嬉)

明日は、2トライ目標で、狙ってゆきたい。
色々覚えてるか!?
忘却への自信はある!!(笑)

大敵は、午後の気温、狭い渓谷…反対側の壁からの反射熱と、下部核心の、ブラインドデッドでの立てカチ取り…

うおーーーー!!めっちゃ楽しい!!


s-IMG_0720.jpg

ライフルの町から、岩場までにある牧草地では、牛が草をハミハミ。


s-IMG_0719.jpg

可愛い姿に疲れも癒される、絶景癒し場(笑)です。






続きを読む
posted by ユカジラ at 13:52| 日記

2018年07月09日

ニュートポ熟考と発見

今日は3回目のレスト日。

s-IMG_0676.jpg

( 朝ごはん 卵レタスベーグルサンド、イチゴとヨーグルト。うまし!! )



ようやく生活にも慣れ、余裕ぶっこきまくりなユカジラです。幸せです。はい。
人生52年、日々“自分幸せ!!”って思えることに感謝。

s-IMG_0669.jpg

( 海子三世 )


s-IMG_0673.jpg

( 森田もどき。ミドルネーム、強気の森田  猫の名前は勝手につけてる(笑) )



ゆとりが出来たので、やっと大好きなトポの読み込みをした。

16年前のトポから、今回入手したトポは、2013年のエディション。
私が手にするRifleのトポは、今回のもので4冊目…
う〜〜〜ん、、、時の流れを感じる。
感じすぎて怖い…(笑)

旧トポから、ニュートポへ、過去に登ったルートのチェックと、新しく出来たルートがすぐにわかるように、星の評価や、エリア、グレードごとにチェックしながら、今後の取り組みなんかを考えるのは凄く楽しく幸せな時間。

どんな本を読むより、楽しめる読み物!
ザッツ、トポ!!万歳〜〜!!(^^♪

で、気付いたのが、13A以上ではなかったけど、当時、その難易度よりも難しく感じてた記憶のあるルートのグレードや、その他数多くのグレードが、軒並み1グレード上がってた。
逆に、下がってるのは無かったかな。

日本でも最近は、グレードの見直しも盛んだけど、大衆化の波はアメリカにも押し寄せてるのか?

当時は、“辛いなぁ”と思っても、自分が弱いからだろうな、とか、サイズ的にそう感じるだけなんだろうな、とか、“強きに従うは、この世界では当然のこと” と、自分のグレード感は比較的適正って思いながらも自信が持てないでいたけど、“がってんがってんがってん” スイッチを押しまくりな感じでした(笑)

併せて、評価の高いルート(四つ星とかのスターグレード)は、日本のそれとは少し違って、評価が高い、という言葉通りに、内容が濃いので、総じて難しめだってことを再認識。

四つ星クラスになると、長さ、ムーブ、シークエンス、ストレ二アス、エンデュランス、と本当に全部詰まっていて、トライすべき価値あるものがい多い。

イコール、難しい。
イコール、楽しい。

日本の星って、登り易いから人気、なルートに星がついてることも多い気がするけど、そういう気構えで取り付くと痛い目に合うって感じ(笑)
既に自分も洗礼されちゅわったしね〜〜。ふふ(*´艸`)

いや〜〜〜〜、時を経ても色褪せないRifle!素晴らしい岩場だ(喜)

ヨーロッパの石灰岩も大好きだけど、コルネ中心のエリアは、保持力があれば色んな工夫が出来るし、足業があれば、スタンスもそこそこ作り出せる。

ところが、Rifleのような、ブロックからブロック的な絶対的なフィジカルとボルダー力が肝になるルートが多い登りは、無い物ねだりなのか?(笑)とても魅力的。

クライミングは難しいほうが面白い。と、私はいつも思うので。




次項有次項有レスト日の御散歩写真


s-IMG_0679.jpg

グレンウッドスプリング(ライフルから東にある、いちばん近いそこそこ大きな町)
マウンテンショップも、移転してたけど健在。



s-IMG_0683.jpg

( 温水プールが売りのここは、プールも建て替わり巨大化してた!観光地化が進んでた )





s-IMG_0685.jpg

( くるくる滑り台のプールパターゴルフもあった。 入ってないけど盗撮(笑) )




s-IMG_0651.jpg

( レスト日に走るコースにいる、鉄の男 )



s-IMG_0664.jpg

( 岩場で毎回食料を狙ってくるラスカル←リスだけど )


続きを読む
posted by ユカジラ at 04:12| 日記

2018年07月08日

1週間経過

こちらに来て、8日が過ぎました。

時差ボケもなくなってきて、イイ感じに登りまくってます(笑)

クライミングDAY6、DAY7は、夕方に生体反応が低下することもなく、想いのまま突き進めるようになってきました。


DAY6は、10dでアップ後、Comception ・13aを2トライしたけど、核心のムーブがいかんせん悪くて、ガストンのスローパーから外傾した棚状のブロックを止めに行く動きが、距離もあって、スタンスが垂直の掛かりのないスメアからというおかず付きなので、止まった!と見せかけて、くるくる回って落ちるんですよ、マッタク…(涙)

s-IMG_0692.jpg

( Conception・13aのあるエリア )


アップを少なめに時間を調整しても、午前中の陽があったってきて暑くなる前にトライできるのは2回が限度…この緊張感はいいものだけど、なかなか登らせてもらえない(笑)


s-IMG_0708.jpg


午後は、RUCKMANCAVEに移動して、四つ星の12b、Norble Whiteをトライ。

これがまた、長いルートのわりにボルダーの連続で、12bとは思えない内容。

さんざん粘ったけど、「12bならもう核心終わってるだろ」という期待を見事に打ち砕いてくれOSならず…
2回目でRP。

ムーブがわかっているから思いきれるダイナミックな動きや、シークエンスが読みずらい部分も多く、RPグレードでも辛目かな、と思った。

昔は、ライフルは登りやすいとかの賜ってた日本人クライマーも多かったけど、ボルダー要素が肝になって構成されているルートが多く、一部のエリア以外は傾斜が緩いこと(垂直から120度くらいの薄被りが多い)も手伝って、あからさまに距離系のムーブが多く(私には、ですが(笑))、手応えあるルートが多くて、超面白い!!!

この1か月で、強くなれそうな気がする(笑)
秋のスペインツアーに向けての強化合宿なので、願ったり叶ったり!(^^♪


DAY7。
11cでアップ後すぐにConception。
だいぶ回転を止める感じがわかって来たのと、あさイチで気温がやや低かったのが、スローパーの保持に功をなし、やっとRP。
だいぶ苦労させられました(苦笑)、7回目。

s-IMG_0689.jpg


午前中の時間に余裕が出来たので、由美ちゃんがトライしている、隣のエリアにある、13m、ボルト6本っていう、ボルダーの“にほい”ぷんぷんの、Kingfisher・12dをトライ。

太陽が背中に迫ってきて、全身滑って(笑)今日は登れなかったけど、ぎりぎりまで2トライ、時間空けずにトライ出来たのは楽しかった。
動きのはっきりしたルートは面白いな。
次回は登れる。
へっへーーー!強気ですよ。はい。

午前中に、11c、13a、12d×2トライと、結構疲れたので、午後の1番暑い時間は昼寝して、夕方からせんじつトライしたBeer Run・13aをトライ。

s-IMG_0709.jpg

( キャンピングカーの左真上位のラインがBeer Run )


こいつはもうもうもう〜〜!!

全然ムズイ!
まだ、ムーブが出来てない箇所が3か所もあって、くっそう〜〜、燃える〜〜!!

13aって、こんなに難しいんだったっけ!?という感じ(笑)

これはなんとか登りたいと思う。

最初の核心は、カチとスローパーを押さえながら、ツルツルのハイステップに足を上げ、激烈不安定な状態でブラインドの縦カチにデッド!っうハイリスクノーリターン(笑)な動き。

さんざんムーブを起こそうとしたけど出来なくて落ちまくり〜〜トホホ。

指皮が裂けそうになって来たので、「今日はこれ位で勘弁したるわ!!!」とロワーダウン(笑)


前回も今回も、2日目の最後にトライしてたので、次回は、レスト明けのフレッシュな状態で挑むことに反省しました(笑)
いや、別にナメてるわけじゃ、ゼンゼンなくて、時間的にいつもそうなっちゃってたんですな。反省反省。悔い改めます。

明日はレストということで、ワークアウトに、37mの12aで出し切って終了。

長かった……息も絶え絶え、ぜーはーぜーはーとOS。
良い〆になりました。



s-IMG_0701.jpg

( Conception・13aの全景 )
続きを読む
posted by ユカジラ at 13:33| 日記

2018年07月06日

忘却は麦酒の彼方へ……


s-IMG_0686.jpg

年間パスも無事ゲット!
ようやくパーキングチケットの心配もなく入園できるようになり、ますます没!登攀!です(笑)

昨日は、由美ちゃんから風邪をもらってしまったようで、夜に熱が出た。

朝から、喉の痛みとくしゃみ、微熱を感じていたけど、今日1日頑張れば、翌日はレスト日なので、乗り切ってしまえば何とかなる!!と、ほら貝の音色を響かせ出陣。←あ、心の中で、ね(笑)

先ずは、最新トポにも載っていない、リアルニューカマーな最新ルート?でアップ。

ライフルでは珍しい、40mの11cから。
出だしと、中間にちょっとした核心があり、最後は被ったガバという、アップにはちょうどいい内容でした。
ロワーダウンして、80mロープ、ピッタリ一杯まで使うってスペインの岩場みたい(笑)


s-IMG_0630.jpg

( エリアに向かう途中で、草むらに何かが! )

( ……ん? )



s-IMG_0628.jpg

( 小鳥〜〜(笑) )


朝の渓谷は気温も低め、日当たりのないほうはちょっと薄暗いこともあり、夜に動けなくなったのかな?
クライミングの合間にこんな愉しみもあって、自然が豊かって素晴らしい!
萌え萌えであります揺れるハート



アップ後は、Conception・13aのトライ。

核心のムーブがサイズ系で、どうしても肝になる部分でスタンスが届かず、垂直のつるつるに苦肉のスメアで処理、っていうパートの精度が悪くてムーブが決まらないでいた。
トライアゲイン。

体幹で耐えて、ホールドは止めたものの、ホールドも、苦肉の策で見つけ出した、ド甘いやつから動いてるうえ、次の1手がこれまたりーちーリーチーなので、何とか足を少し上げたいんだけど、そこでうまく上がらずFALLLLLL!!!!

……ガッデーーー‐―ム!!

下部、中間、最後の緩傾斜、と3か所の核心を持つ、なかなか味のある、三ッ星の13a。

本日2トライ。

ようやくレスト明けには登れそう。
あい、ほーぷ。


午後からは由美ちゃんのプロジェクトのビレーに行き、私ももう1本午後にトライできるルートを、ってことで、トポを眺め、過去に何度も来ているライフル…
その中で、やってみたいけど、傾斜が無いので“厳重注意”警報が常に発令されてたルートに心惹かれ、何度トポのページをめくってもそこで目が留まってた。

きっと遠いんだろうな…やだなぁ〜〜
苦労してなんぼだからな…やってみたいなぁ〜〜〜
まだ来たばっかりだからやっちゃおうかなぁ〜〜
やるべ〜〜〜


ライフルでは、超クラッシックなルート!

「Beer Run・13a」をトライ!!

傾斜無くて、スタンスつるつるで、おまけに暑くて…
下部からムーブの組み立てがもクニカルで、テンション掛けまくりだったけど、自分もこういうルートを臆せずトライできるようになったんだなぁ〜〜と喜んでいたら、なんと!!!

最終局面である事実が!!!!

記憶にある動き、
形状、
距離感、
難しさ…

もう一度言う……

なんと!!!

やったことあるよ、これ!!

どひゃ〜〜〜〜〜!!

多分、今回と同じような想いで、登れてはいないし、昔のトポにも何の記録も書き込まれていなかったので、おそらく最終日とかに、とりあえず、思い残すことなく、記念にトライ、って感じでやってたんだということが発覚!!

いや〜〜〜、忘却って怖い(笑)

併せて、このルートは結構手強いって思ってたことも思い出した(苦笑)

Image_280ff2c.jpg

( 風邪の症状もMAX来てた夕暮れ…瀕死になりながらムーブ確認 )



もう1本くらいトライできる時間はあったけど、アップ1本の後は、13aをトータル3トライ…
今日はもう疲れました(苦笑)で、終了通告。


レストが待ち遠しい2サイクル、4日目となりました(笑)




posted by ユカジラ at 09:15| 日記

2018年07月04日

アディショナルタイム3時間

今日ほど落ち着かない日は、そうないんじゃないかってくらい色々なことが起きた大凶DAY……

s-IMG_0652.jpg

( 晴天の朝から、午後は湿度の高い曇天へ…今日の気分みたいだ〜〜(苦笑))



日向きの関係で、午前のエリアと午後のエリアでトライできる時間も限られるので、“わっせわっせ”と登った。

私は、前回取り付けなかった、The Sanktuaryエリアで、Exodus・11aでアップ後、Conception・13aトライ。
(このルートの奮闘具合は次回…)

由美ちゃんも隣のエリアでトライ中のルートがあるので、お互い、無駄な時間を作らないように迅速な行動(笑)で取り付いてた。

日向きの時間いっぱいまで登って駐車場に戻ると、……

“違反切符”がフロントガラスに貼られていた〜〜〜!!!

ななな、なんでぇ〜〜〜〜!?

年間パスを買って、初日からガラスに貼っておいたのに!?

不穏な感じに、パークレンジャーに事の顛末を聞いたら、コロラド州の州立公園のパスは、ライフルの駐車のパスには使えない、ということだった。

s-IMG_0653.jpg

( パーク入り口のお支払い所 )


そんなのわかんねぇよ〜〜( ;∀;)、名理屈に、各方面に事情を説明しても、あっちで聞いてくれ、こっちで聞いてくれ、私には解らない、権限がない、とたらい回し状態…
なんのためにしごとしてんだよ、おめぇら!!って状況に辟易。

いろいろあり過ぎて、説明するには複雑なので、ここではしないけど、ようは、私たちは、使えもしない年間パスに70ドル払い無駄にし、今日までの罰金を裁判所に払いに行かなくてなならなくなり、明日また違う、高価な年間パスを、1か月だけの為に(まあ、これはこっちの事情なのでいいんだけど)買いに行かなくてはならない…という、

無駄無駄無駄無駄無駄ーーーーーーー!!!

なことに、午後の3時間を費やした、ってこと(涙)

残されたわずかの時間で、レスト前に決めたお互いの “今日の本命” を、大急ぎでトライ。

由美ちゃんは、自身最高グレードの、FELINE・11b、レスト前にトップロープで試登しいたので、今度はヌンチャク掛けながらムーブの精査、ってことでトライしたんだけど、なかなか抜けれず、一旦降りて私のターン。

車で移動して、私もレスト前にムーブ解決しておいた、Squeal Like a Pig・12dをトライ。

最大の核心まで、上手くつなげ、行ける!!!って思ったけど、ルーフでヒールが外れて

FALLLLLL!!!!

ガッデム!!

由美ちゃんが、まだトライできるほど回復してないってことで、少し休んでトライAgain 。

午前中に13aを2回トライし、これまた最初の核心はクリアーしたけど、1か所解決できなくて、2トライとも、さんざん色々試し、力出しまくってたので、1日の最後に、ボルダー要素の強いルーフクライミングで、パワー出るか不安だったけど、

人生何事も苦難は畳みかけるもんだ!
そう来るなら受けて立つ!!!
毎日が今日が最後だと思って死ぬ気でやる!!

と、ユカジラ風格言集を気合にぶち込んで、大急ぎでトライ。

無事RP。
良かった〜〜〜。
ヨレてた〜〜(笑)


で、由美ちゃんのエリアに移動したら……

少しの時間の間に、ヌンチャクが盗まれて無くなってるという事態。

少し前のトライでは抜けれず途中で降りたので、約半分、下から5本目まで残してあるっていう状態だったけど、すぐに戻って登る予定だったので、まさか!!の出来事。

駐車場にいたクライマーに聞いてみたら、なんとその人が回収してて、持って帰るところだった。

あっぶねぇーーーーーー!!
まじかよ、おいおい、って感じ。

言い訳が酷くて、人気ルートに置いてあるヌンチャクは、良くないからこうして回収してるんだ、と言いながら返してくれたけど、ちょっと酷いな、って感じた。


時間も押してきて、由美ちゃんはトライ出来ず…

バタバタ、ワサワサ、アディショナルタイム3時間という1日…

しかも、帰ってこないロスタイムに、なんだか、ぐったりな1日でした。



posted by ユカジラ at 13:11| 日記

2018年07月03日

出し切った〜!からの安息日

こちらに来てから2日登り、今日は1回目のレスト。

s-IMG_0633.jpg



出国時にいきなりのトラブルで、予想外の体力出費だったけど、何とか2日を乗り切った。

s-Image_c36f7ca.jpg

( 空港内でのサバイバル…脂肪の少ないユカジラ、冷房にやられ “ライフ” ゼロからのスタートだった )


今日は、久しぶりに熟睡出来たさわやかさに幸福感満載なうえ、ゆっくり起きて、ジョギングとヨガで体もほぐすことが出来た。


ツアー時の最初のルーティーン通り、気持ち良く走れるコースを物色しながら1時間ゆっくり走った。

小川沿いに遊歩道を見つけ、快適快適(嬉)ジョギングのモチベーションもアップだね(^^♪

s-IMG_0634.jpg



ライフルはハンティングの町でもあるからか、町のすぐ近くにもシカやスカンク、何だかわかんない鳥たちが普通に居て、生動物を身近に感じての日々は、動物好きな私にとっては心癒される最高の環境。

シカのサイズもバンビ級ではなくて、ヘビー級!、2年前にスペインでひき殺したサイズ(胴体部分150p)で、はく製には良いサイズ化と思えたので、テレパシーで「10月には山に帰るんだよ!!」と伝えておいた。

10月に入ると、猟解禁で、街中にもライフル銃を持ったオレンジのベストを着たハンターだらけになるからね。
あ、シカにオレンジのベストを着せてあげればいいんだね(笑)
あ、それ以前に、街中はハンティング禁止だから安全なんだね(笑)

走って居ても思考は楽しいことばかり〜〜(^^♪



借りている家のオーナーさんちにも猫がいて、“海子三世”と名付けた。

今回は、今流行りの“民泊”で家を借りたので、生活はすこぶる快適!

料理(は、しないけど)も何でもできる装備や備品があって便利だし、部屋は広いし、バスタブもある。

s-IMG_0635.jpg

( 添え付けのスパイス類…まあ、私には用はないけど〜〜〜 )



s-IMG_0637.jpg

( キッチン全景と露出由美子 )


日本にいるにと変わらない感覚でストレスなく暮らしている。



IMG_0619.JPG

( 今回の我が家。ライフルの町中にある一軒家 )


何もかもが大きくて広いのが、AMERICA!!!


空港でレンタルした時には、ビビったほど大きく感じたレンタカー(クライスラー)もこの2日でどんどん小さくなり←セルフイメージ(笑)乗り慣れてない革張りのシートもチョークで半白になってきたら、自分の車って感じに馴染んだ。


IMG_0620.JPG

s-IMG_0636.jpg





そして、昨日のクライミング。

s-Image_f6dd7a8.jpg

日曜日のせいもあって、クライマーが多く、アップも人気ルートも、タイミングが悪いとグループが占拠していて取り付ける状況じゃなかった。

私が通っていた時には発表されてなかった?エリア、The Sanctuary にはアップから、13bまであるので、陽が当るまでの午前中(14時くらいまでギリギリ陽が当らず、午前中のエリア)はそこで登ろうと思っていた。

Z Man・10bと、Genesis・12a でアップ。
Genesisは、四つ星だけあって、長さも内容も凄く良かった!

同じく四つ星の13aがあるので次はそれだ!!とターゲットを決めて、由美ちゃんのビレーに隣のエリアに行ってから戻ると、若者4人衆が、お目当ての4つ星の13A(Conception・13A)を、全員ハマりまくるのに占拠してトライしていた。

しばらく様子を見てたけど、1人当たりのハマり具合が盛大で、どう見積もっても私に順番が回ってくる気配は8000メートル峰の頂上直下くらい薄かったので、仕方なく計画変更。

午後日陰のArsenalエリアで、短難し(みじかし)そうで、以前の私では怯んでしまう面構えの、Squeal Like a Pig・12d をトライ。

今回は意識的に、ムーブの悪い"ガツン"も臆せずにトライしようと決めてたのと、これも四つ星だから選んだけど、過去にもトライしているクライマーを見た記憶が無い。

よくよく見ると、ボルトが激古く、手製のものなうえ、抜けた後の横に打ち直してあったり(しかも、グージョンなんだけど、打ち方下手くそ)で、あんまり人気ルートじゃ無い感満載で、ちょっとビビった。

ムーブもトリッキーでストレニでした。
これは希望通り(笑)

内容は攻撃的かつ繊細、四つ星に相応なルートだと思った。
2回トライしてやっとムーブ解決。

ルーフの処理が慣れてないだけあって、そのパートにこずりましたが、次回は行けそうです。激面白い!!

こっちに来てから、初!力!!出しまくり〜〜で疲れたわ〜〜(笑)

レスト前日ってことで、最後は、由美ちゃんのビレーに行きがてら、これまた四つ星の10bでダウンして、寝不足、時差ボケ、疲労感MAXを追徴課税してファーストターンを終了しました(^^♪









続きを読む
posted by ユカジラ at 05:27| 日記

2018年07月01日

ライフル!!


s-IMG_0624.jpg

えっへっへっへ〜〜〜〜(嬉)

ユカジラ、IN Rifle!!!


最後にこの地を訪れたのは、8年前だけど、実質16年振りのクライミング。

そして、なんと、今回は7回目となります。

気に入ったものは毎日毎食でも美味しく食べられるユカジラ、近年ではスペインで食いまくりでしたが、今回は、若き日々に愛してやまなかったエリアで、食い残しを過食しに来ました!!

加齢で食が細くなってそうだけど頑張ります!!(爆笑)


ここRifleには、アメリカ中西部を移動しながら数日立ち寄った時もあったし、当時は、2週間の単位で訪れていたことも多かったけど、アメリカツアーでは、最も多く登ってきた岩場でもあり、思い出深いエリア。

街並みも岩場も、基本的には変わらない感じだったけど、大きなビジターセンターが出来ていたり、新しいトポを入手して見てみると、ルートも増えていて楽しみも倍増。

IMG_0627 (1).JPG

クラッシックな課題の中で、当時、気楽には手を付けれなかったルートや、敗退したルート、時間が足らなくてトライしてみたくても叶わなかったルートを中心にトライしようと思っての再訪だけど、アップで登れそうなルートから、高難度ルート(14a以上が結構増えていた)も開拓されているようなので、そちらも織り交ぜながら登ってゆきたいと思っている。

あーーーー、ワクワク!!



29日に出国して、成田から飛行機が遅れ、デンバーでの乗り換えもトラブル続きで、冷房効き過ぎで激寒の空港内に8時間野ステイを強いられ、凍死しそうになりながら、それでも何とか深夜にRifle到着…

昨日は、時差ボケと疲労と睡眠不足でボッケボッケな頭で何とか乗り切りました…(苦笑)

最近何年もヨーロッパしか行ってなかったので、アメリカの方が時差ボケからの回復に時間が掛かったことを思い出した。

今朝も、3時間ちょっとしか寝てないのに、午前2時半から目が覚めてしまったので、いろいろやってるところです…朝が遠い〜〜!!!(泣)

そんな訳で、早朝盆栽ならぬ、早朝ブログ。
老人力炸裂!!(笑)

それでも昨日、クライミング初日は、買い物や、岩場に入るために必要なパスの購入やなんやらかんやらで、時間少な目、軽く登っただけになったけど、リピートではなくて、新しく出来たルートを3本登れたし、体が固まってて結構手応え感じた内容だったので楽しかった。

以前は無かったエリア、CANINEWALLで、Stem-o-Rama 10b からアップ。
ストレッチすら忘れてての今ツアー初トライは、傾斜のない壁で、テクニカルにコーナーをステミングを駆使する内容だったので、肩は回らないは、足は上がらないは、で10なのに奮闘的で笑っちゃうほどの “カキコキ” 登りでやばかった(笑)

2本目は同じエリアで、三ッ星ついてた、Hazed and Infused 11b。
指先しか使わないような垂直のルートで、これまたアップには適さない?感じだったけど、1本目よりは体も動いて、10bよりも簡単に感じた(笑)、そしてルートの内容は良かった。さすが三ッ星。

夕方になって、ダルさもMAX。
睡魔が襲ってきていて、息も上がるは、頭痛もするは…目も見えなくなってきてたけど(笑)、b、b、と来たからには、bでしょってことで、新しく開拓されていた 12bが、RUCKMANCAVEにあったので、すかさずトライ。

Loose cannonLoose cannon、四つ星の付いた、30mの12b。

かなりボーーーーーーーっとしてたので、OSし損ねたらやだなぁ…とうっすら思ったけど、「12bなら相当体調悪くても行けるべ」と、トライ。

核心が上部に有って、ちょっと続いたので一瞬パンプを感じたけど、頭がぼーーーっとし過ぎていて判断力が低下していたことが功をなして?(笑)、ランナウトの冷静だったら怯みそうな核心を、逆手に次ぐ逆手のままグングン突破(笑)無事OS。

作戦名、“ボケっとして目の前しか見てない攻撃”。

ああ、楽しかった。


その後は、パートナーの由美ちゃんも、登り始めから動きが悪く、決死の5・9OS後は半死状態だったので、初日からダメージ強すぎるのもやぶさかではないが(笑)いい大人なので自重して終了。

時差ボケを解消するまで、ゆっくり登ろうと思います。


s-IMG_0625.jpg

生体エネルギー、果てしなく0になってる由美ちゃん。
いつもの凶暴さは影を潜めてた(笑)
平和だ(笑)


今回のツアーは2人なので、登ってる写真は撮れなさそうだけど、ブログはアップして行きまーす。



posted by ユカジラ at 20:55| 日記

2018年06月28日

腱板断裂手術・術後半年?1年のまとめ

通常、腱板断裂手術後は、可動域を手術前の100%になるべく近づけるようにして行くために、リハビリと再診を術後1年目まで行うらしい。

左肩←手術してないほうの肩も同じときに不全断裂をしていた為、その手術をどうするか相談を含めて1年目までの病院通いは続けたが、6ヶ月目からは、3ヶ月おき、2回の通院と言うヤル気のなさでした(笑)

リハビリにおいては、自分で出来る程度のマッサージを10分程度施術するだけだったので、時間節約のため、こちらもセルフケアで進めた。

クライミングの復帰が目的だった私には、“生活に支障の無い程度に戻す”事に1年も費やす呑気な時間の経過では困ってしまうので、自己流ではあるものの、慎重かつ入念に調べ、専門家の意見を聞きながら、自分の身体の感覚で、様々な運動を自分なりの療法を選択しながら、平均的な“始めて良い”時期を待たずに始めていた。

それが良かったか悪かったかは賛否両論、判断は難しいところだけど、“個人レベル”の感覚では成功したと思う。

クライミングは、術後4ヶ月から再開。
約2ヶ月(1ヶ月半強)以上早く始め、その2ヶ月の間に 30日近いクライミング日数をこなしたことで、医師からクライミングを始めて良いと言われた時点で、以前よりも筋力が低下している事以外に困ることは感じないまで復帰が進んでいた。

筋力や、動きのイメージ通り自身の身体をコントロール出来てきたと感じ、手術前とほぼ同等なレベルまで戻すのに、約3ヶ月(クライミング日数で約40日)を要した。
これは相当早く特例とのこと。

実際、リハビリと復帰にかけたトレーニング量や時間は厳しくキツイものでした。

痛みも不安も我慢も伴う、淡々とした日々の積み重ねのからの獲得。


ある時、スッと力が身体に戻ってきた感じがして、登りのイメージと実際の動きが合致してきたのが、クライミング日数で、ルート33日、ホルダー6日辺りだった。

自分でも攻めすぎでは!?と思うくらいギリギリの線でトレーニング、クライミングをこなしてきたと思う。

ボルター等で片腕で振られを止める、強い筋力で力を出しきる、そしてそれを3〜4時間ぶっ続けで動ききれるようになったのは、痛みが強く出たり、不安になるような違和感を、感じにくくなったのは7ヶ月辺りだった。

その後は、部分断裂のまま“温存療法”を選択している左肩(今回手術していない方)の方が常に痛みがあり気になる感じとなり、右肩に対する不安は殆ど無くなった。

術後8ヶ月半目には、1ヶ月のヨーロッパツアーに行くが、ツアー中に不安や違和感を感じることなく登りきれた。
この時にチャレンジ出来た最高難易度で、8A+(13C)、未だ戻りきってない筋量に比例する筋力が戻せれば、8B+のトライも不可能ではないと感じた。

その後、負荷を上げて登り続けたところ、1年目を目前とする11ヶ月目辺りに両肩の前面と三角筋に、嫌な痛みが出て再診。

腱板に直接問題のある痛みでは無かったものの、自重(じちょう)する事、レストとトレーニングの再構築をする良いきっかけとなった。

奇しくも、1年前とほぼ同じ日にち、シュチュエーションだったので、ドキドキがバクバクだったけど、腱板を繋げるために埋め込んだアンカーまわりの炎症で、痛い事は痛く、登りにも影響はあったけれど、重大な事に結び付くモノではないとわかったあとは気楽になった。

手術からのマイナス要素を色々な事への言い訳にせず、常に「もう戻った」と本気で思いながら登ってきたけど、筋力的には、やはり1年かかったというのが客観的なところでしょう。

この後、左肩の手術をするときにはこの経験と、培った知識や方法を生かして挑もうと思います。
posted by ユカジラ at 12:38| 日記

2018年06月20日

残された時間はどんくらいだ!?

20180620_104731.jpg

不全断裂の左肩。
↑手術しなかった方の肩ね。

1年経って経過を見るべくMRIと診察に行った。

去年の6月には、1、2割切れてた所が、3、4割に増えてた。

おーまいが(涙)

近年では、腱も修復するという臨床検査の症例もあるらしいけど、そんな希望があるとしても、ほとんど使わずにいる人達の場合みたい。

私には関係ない話。
ザザ残念。

まあ、いずれ手術に踏み切らないとならないのは承知の上で登り込んでるので、仕方ないとは思う。

どうせ1度しかない、しかも残りそう多くない人生、好きなだけ登ろうと思う。

大事に大事にしていれば、辛い思いも苦労もなく、細く長く登っていられるのはわかる。

平穏な世界も悪くないのはわかる。

でも、それでは見れない世界があると私は信じてるし、その瞬間を垣間見たり、感じるために、ここまで登ってきたし。


右肩の術後の復帰は超最短で戻してきたし、登り始めてからは、いつもその時々で、「もう元に戻った!」と、言い続けて来た超ポジティブぴーぽろ(笑)


過去と何かを比べる意味もないし、美しい?良かったように覚えてる記憶ほど当てにならないものはない(笑)

“現在がどうか”、がいちばん大切で、今とホンの少し先の未来、明日とか(笑)に夢や目標を見て暮らせば何の不安も不満もない。

“たられば” を語ることほど無駄な時間はないと思うし、そうはなりたくない。

登りたいように登れてる今を、つくづく幸せだと感じるようになったのはこの1年のおかげだ。

当たり前の健康や普通に出来る全てのことには感謝。
気付くのだいぶ遅いけど(笑)

手術して、普通に生活する事すらままならない日々や、少しずつ動けるようになっても、落ちた筋力や感覚を取り戻すまでの地味で淡々と過ごす日々の長さ…

なかなかにツラい日々でもある。

そんなことを知った1年だったけど、何も変わってない自分に苦笑い。

またあの日々を過ごすのかと思うと、堪んねぇなぁ…というのが本音だけど、どうしても護りに入れない自分がいる。

だから、仕方ない。
結論、覚悟しておこうと思う。
に、至る。



客観的に感じたのは、筋力的には、いつも元に戻った感じてその時期その時期を過ごして来たけど、やはり1年は要した気がしてる。

次のそんな日々をいつにするか…
もしくはいつ突然になるか…

やーだー(涙)を想像しながら、自分に残された時間はどれくらいなのかと考えてしまいました。

大切に履いて、なかなか卸さず、こんなにストックのあるJET 7(笑)

経年劣化する前に履き潰そうと思う。

これも一種の終活か!?
やーん(笑)
posted by ユカジラ at 21:43| 日記

2018年06月18日

ノボロック町田店でトレーニング

20180618_155236.jpg

久しぶりに出稽古ボルダー!

と思って、イエチカエキチカ(チチカカ湖みたいだな(笑)家近駅近)のノボロック町田店に行ったら、昨日がコンペだったらしく、課題がリニューアルされてた(嬉)

カテゴリー分けやルール等が書いてあるポスターが貼ってあったので、少しアップしたあと、とりあえず、“マスター女子”の指定課題を、コンペ風にトライしてみた。

トライ待ちで並ばなくて良いので、本来のコンペよりは果てしなく有利な(笑)ゆる〜い感じに90分でトライしてみた。

9完登、9ボーナス…

5本はイチ撃、ボーナスは、トライした全課題1回目で取れたけど、のぼれなかった1課題は、ひとりコンペ終了後にもトライしてみたけど、完登出来なかった…(笑)

現代風なボルダーという内容!?で、コーディネーションなのかな?これが決勝課題だったら生殺しの数分を味わうかのごとくでした(笑)

トライした課題のグレードは、平均3級くらいなのかな?という風にに感じたけど、グレードの表記は無いのでわからない(笑)

ひとり競技終了後に、決勝課題もトライしてみたけど、1課題以外太刀打ち出来ず(涙)

びゅんびゅんポイントがねぇ…(笑)

やはり、私の世代の、特にオバサンには何をどう飛んで良いのか…というくらい届いてない…
切ない(笑)

久しぶりに動き続けたのでヨレヨレになり、良い刺激になりました〜。
posted by ユカジラ at 17:24| 日記

2018年06月06日

久しぶりのセット

20180606_194629.jpg

去年の今頃…

肩の手術が急に決まり、依頼をいただいていたのにキャンセルとなってしまっていた、MARUさんのセット…

今年は無事出来ました〜

あー良かった。

こう見えても、ちょー真面目な性格なので、ずっと心に引っ掛かってたので良かったです。

今時の課題は作れないし、難易度も、私ごときの能力で設定できる範囲も大きくないけど、普通にクライミングらしい課題を作らせていただきました。

久しぶりに、まっくすにも会えて、お互いに国体選手だった、古き良き時代の話をしたり、なかなか楽しかったです。

課題を通じて知っていた、ヒラリーさんや若宮さんともお会いできて、皆さんの好青年っぷりに、中堅世代が優秀でしっかりしてることに、とても感心しました。

まだまだジムも増え、クライマーがクライマーになって行くために必要な課題を作れる人材の頼もしさに、私ごときがセットをする必要もないよな〜と、改めて思いました(笑)

でも、久しぶりのセットは楽しかったし、意外に勘も鈍ってなくて良かったです(^.^)

セットは引退してますが、課題を登る未来のクライマーを想いながら、気合い入れてセットしました。

お近くの方は是非!
愛ある課題ばっかでっせー(笑)
posted by ユカジラ at 20:31| 日記

365歩の軌跡

20180605_185812.jpg20180605_185757.jpg


今日は、右肩の手術からちょうど1年目。

そして、昨日は最後の診察でした。

なんでも、腱板断裂手術は、1年目までの診察と1年目のMRI、レントゲンは必須らしい。

治っちゃえばこっちのもんで(笑)、「世話んなったな!あばよ〜」と、勝手に終了宣言したいところでしたが、規定によりそれもさせて貰えず(笑)

昨日、晴れて出所。

とはいっても、左肩は温存療法中なので、まだまだ、我が故郷“麻生総合病院”には通うんだろうな…チッ!(笑)

手術した右肩に関しては、腱板はバッチリ付着!厚みもしっかり(嬉)

今、後遺症的なもので、埋め込んであるアンカー周辺の炎症が、運動の強度と頻度が高すぎて?続いてるけど、それはまあそのうち治まるらしい。

痛みが続くようなら注射で解決らしいので気が楽!
イェイ!

そして、もうひとつの後遺症としての稼働域の制限とそれによるアンバランスからの腰やいろいろな関節の痛み…


これらは時間をかけて克服していけると、スーパーポジティブ人間としては信じてる。

思い起こせば、「ゼロではなく、マイナスからのスタートになりますよ」と言われ、覚悟して踏みきった手術でしたが、今となっては、いろんな意味で、過去のMAXは越えて来てる!と、これまた信じてる(笑)
しあわせな性格で良かった(笑)


当初は痛みも長く続いたし、想像よりはキツい日々だと思ってた時期もあったような…まあ、あったな(笑)

復帰に向けて、1分たりとも無駄にしないように過ごした日々は、もう遠い過去だけど、真夏のギランギランした太陽の下、意識失う寸前まで(笑)歩くしかやれることがなかった毎日は、渦中に居たときは楽しくなんてなかったと思う(笑)
でもやりきった。

感情を無にして、日々を過ごしてたようにも思い出され、良くあんな苦しいことをよくもまあ…やりきったなぁと、他人事のように感動する。

1年という日が長かったのか短かったのか…
今は昔。

やってやれないことは無いと言う現実と、失ったものは無い!と言い切っていても、確実に暗い影を遺して行ったものとのバランスは、疲労の蓄積として残った。
今、ややボロカス。

でも、後悔無い1年だったな。

これからは、マイナスからのスタートの、今がいくつかわからんけど、ゴールが120だったり、1億5000万だったりする、“想い”を形にしていけば良いんだな、と言うところまで来れた。

岩場でのオンサイトや、自分のプロジェクトはこれからどんどんチャレンジしていく予定。

とりあえず、梅雨にも入ったし、インドアでのトレーニング中。

手術前から止まってた時間を動かしたい。

去年、奥壁の1本は登れたけど、ツナミの13Aは登れないままだったので、そこからスタートだな。

毎年、少しずつ進化してるジムの内容。
今年同じことを出来てれば、とりあえず現状維持か!?(笑)

去年との比較での現状維持として、先ずは12Dの完登。これはすぐに登れたけど、ボルダー要素の強い、というよりむしろボルダーの塊的な12Cの1本は、ラスト1手で落ち続けてた(苦笑)

それもムーブ変えたら登れたので、いよいよ、去年までの自分に追い付けそう。

今取り組んでる13Aも、梅雨を見方に!気温が低めの日なら、なんとかなりそうな感じになってきた。

横に遠いムーヴが多くて、常にパッツンパッツンな内容に、身体の事が心配で、どことなく遠慮がちだった?けど、昨日の診察後は「なにやっても大丈夫」と思っただけでいきなりハイパワーがフルに出せた気がした(笑)

人体の不思議!
いや、脳の不思議か(笑)

6月末のツアー前までに、無呼吸で動き続けるようなパワーエンデュランスに身を投じて過ごそうと思う。
posted by ユカジラ at 08:45| 日記

2018年05月28日

今シーズンラスト御前岩

梅雨前、たぶん今日が最後の御前岩。


「89番目の星座」をトライするつもりで行ったけど、湿度感に敗けて「セルベッサ」に変更しての1日。

ホールド、「89番…」よりは大きいだろうから…と思って選んだけど、ヌメヌメ感抜群でした(笑)

2回目でRP。

その後「グレイハウンド」トライするも、ヌメヌメ&ムーヴ悪い&肩痛い…で敗退…ザザ残念(苦笑)

来シーズンに持ち越しですたい。


さて、4月から約1ヶ月半に8日通った御前岩。

アスリーツボディ
Dr.Maiji
APA
ハートブレイク
我がままボディ
セルベッサ
ハルドラ
奥多摩は魔女
ワサビ
蕎麦太郎
男女冬物語
なめなめくじ
お尚
バイオニックソルジャー亀
息子の名は友希
キープフォレスト
キルフィンガー
アレジオン
ジャガークロス
ドラゴンボール
蒙古タンメン
セブンスティッチオンピンキー
いかづち

23本登れましたん(嬉)

うち14本のオンサイト…

自分で言っちゃうの?感有りすぎでナンだけど(笑) 
地団駄踏むような、めちゃくちゃ惜しいトライも4本あって、そこに実力の足らなさと、前向きに考えたら!?(笑)伸び代を見ました…

なーんちゃって。

52歳からの伸び代って…
言ってて、前向きすぎる自分に感動ですよ(笑)

まあ、でも、ホントに楽しいオンサイトトライの日々を与えてくれた岩場に感謝です!

手を着けたままお預けな「89番目の星座」と「ウェンデ」、「グレイハウンド」…

秋〜冬シーズンはここからスタートかな?
楽しみだな〜!

さらに鍛えて頑張ろうq(^-^q)と思います。

岩場、そして素晴らしいラインがクライマーを育てる!

心から感謝を込めて!
posted by ユカジラ at 20:58| 日記

2018年05月21日

もう少しイケる!?

20180521_165517.jpg

5月1日以来の御前岩。

最近気温も高いことも多かったし、雨も定期的に降っていたので、間が空いてお久しぶりの岩場。

そろそろクライマーも少ないのかと思いきや、なかなか賑やかでした。

肩(三角筋の周辺)の痛みが少し治まってきたので、やや不安はあったものの、お試しday。

今日登って、夜に痛みが出なければ回復傾向!経過観察を目標に登ろうと思ってました。

完登に何日もかかるようなハードなのは恐いし厳しいので、大切に取っておいた、内容が濃くて、頑張れば1日で登れるくらいのルート「アレジオン」か「セルベッサ」どちらも7B+、をトライしてみようと思ってた…
けど、きんちゃんに誘われて、「89番目の星座」7C+、をトライ。

指もげるかと思うようなナイフエッジなカチの連打に、ファーストトライで指ザクザク…(苦笑)

今回は2トライしたけど、1ヶ所クリップのためのムーヴと言うか、ポイントが解決出来なかった…
その辺りの一連のムーヴも、ファーストトライでは出来た気がしてたけど、2回目は、指先のテーピングと保持力の余力無しで、出来たような出来ないような…トホホ。難しいっす(TДT)


きんちゃんが掛けたクイックドローを借りてのトライだったので、だいぶ楽させてもらった。
ありがとうきんちゃん。

もう一回くらい行けるチャンスがあればまたやりたいな。

皮を鍛えて出直しだ!?(笑)

そんなこんなで、早々に終了@「89番目の星座」。

残りの時間は「アレジオン」トライ。

陽が当たっててやや暑かったけど、濡れてたコルネ地帯も登れるくらいまで乾いてきたので、頑張ってオンサイトトライ!

けっこう頑張ったけど落ちたよん。
ガクッ…残念!

2回目RP。

内容濃い良いルートで、出し惜しみしないでトライしてよかった!



もう少しイケそうな?御前岩でした。
posted by ユカジラ at 21:38| 日記

2018年05月18日

いちぬけ

20180518_184941.jpg


そろそろ岩場(ルート)も雨が多くなってきて、染みだしやら気温の高さやらで、秋まで休戦かな〜…の季節到来。


6月末からのツアーに向けて、本腰入れてジムトレーニングに切り替える時期かも。

んで、先ずは、何回かトライしたまま、気合い入れてやれるほどの詰め感無いまま登れてなかった↑(写真の12D@ツナミ)今日はこやつをロックオン!

RP〜〜。

先に始めてたベテラン“ガ”と、バリ強の“ナ”という、腕は太いわデカイわで、一緒に登っててもひとっつも参考にならない(笑)パワーメンズ組からのいちぬけ〜!

いやー、距離で苦労することも少ないきゃつらを出し抜いてのRP、最高だねぇ(笑)

昨今のインドアルート、なかなか厳しい内容なので、日々のトレーニング内容と頻度を少し減らして挑んだら、いつもより楽に登れました。

やっぱり、午前中のトレーニング減らして登りに行くと楽だわ。


今日は11Dまででアップして、100度壁の12Aオンサイトした後、12D完登して、11Cだったタワーの黒ルート(今は12Aになってるけど…)は、やはり1ヵ所ムーヴ出来なかったという刹那(笑)

タワーの黄色の12Aはムーヴ解るのにちょっと肩がヤバい感じだったけど登れた。

アブねぇ横リーチだったぜぃ!
今、肩が痛くて湿布中…(涙)

ジムの動きは真っ向勝負が多くて恐いよ…。

まあ、だから、良いトレーニングになるんだけどね。

来週から、13Aトライしょ。
posted by ユカジラ at 22:51| 日記