2010年07月29日

外しに外した1日

ま、こういう日もあります‥‥(笑)
 
今日は28日。
 
RIFLEでの滞在は残すところ1週間。 
 
クライミングできる日数は5日。

 
時の過ぎるのは早いんですなぁ〜〜歳取るはずじゃのう。
 


 
今日は、取り付くルートの選択ミスで、散々な目に会ったよ‥‥(苦笑)
 
アップのあと、午前中が日陰で、仲間がトライ中のエリアで1本、気軽に取り付けるルート、というつもりで選んだルートが、とんでもなく終わったルートでした。
 
トポには、三ツ星で、「良いルート風」に書かれている 『 Guilt Parade 12c 』 に取り付くと、登りだしから全てのホールドにはくもの巣が張っていて、岩も砂だらけ‥‥崩壊の跡もちらほら…。


なんか変だけど、一応チョークも付いているし、三ツ星だし‥‥みたいに登り進めて行ったのですが、ランナウトするは、各ボルト間のムーブはかなり悪く、どう考えても12cとかのレベルじゃない感じでした。


挙句の果てには、人の登った形跡のないスラブ地帯へ‥‥

 

久しぶりに見る、開拓中の日本の石灰岩みたいな岩肌で、ジョリジョリもパフパフで、一気に気分は萎えました‥‥
 
後に、最近良く同じエリアで登っていて、顔見知りになったローカルクライマーに聞いてみたら、「あのルートは、もう何年も誰も登っていない」 ということでした。 がい〜〜ん!!むかっ(怒り)
 
かなり改定が入っていた新しいトポにも、三ツ星のままだったので、つい、取り付いてしまいましたが、ルートの2/3まで、頑張ってムーブをこなして来たのに‥‥水の泡でしたよ‥‥とほほ〜〜もうやだ〜(悲しい顔)


更に、ワタクシメ、聞かなきゃいいのに、いまトライ中のボルダー系のルート、『 Slacker 12d 』 についてもなんとなく、「どんなん〜〜?」みたいに聞いてしまったら、「あれは、とてもとてもロングリーチで、175cm以下ではとても厳しい」とか言うことでした‥‥確かに、もう3回くらいはトライしているけど、2個目のボルダームーブの発想が沸いてこなかった‥


ボルダーといえばランジだろぅ〜?とも思って、飛びつくためのホールド、足位置などを考えてみるのですが、どうにもこうにも、自分の力量の発想では未だ解決出来ていませんでした。


ユースの子供や、ビチビチした人ならきっと出来ると思えるので、もう少し粘ってみますが、これも選択の失敗だったような気もしています‥‥とほほのほ。
 
『 The Bride Of‥‥ 』 の13d も、ルーフの抜けが、ボロボロで、使っているホールドは遠いガバからガバって感じで、これも出来ない系かも‥と感じ‥‥
 
なんだか、残りのクライミング日数が無くなってきてから、目標ルートが定まらなくなってきたよ……。
 
とにかく、人気で、誰もが取り付くような有名課題は、大体登っているので、とにかく自分でトライして、登れそうか判断しなくてはならないので、外すと1日を棒に振ることになってしまい、時間の無い私としてはとてもがっかりです。
 
こういう無駄も、必ずや糧になると信じて登ってきましたが、ツアー日程が少ない時期にはつらいですなぁ。
ルートも、いちいち長いし…(笑)
 
で、今日は、ヤケクソ、嵌まるなら徹底的に!!って感じで、Zuluの周りにやたら似たような名前の派生ルートが出来ている中から、 『 Piece of Zulu 』 という、トポに “BEST LINE ON THE WALL” と書かれているラインにトライしてみました。

 
     P7290008.JPG
 
(スタートは、 『 Slice Of Life 12d 』  新しい派生ライン 『 Lulu 14a 』 と同じ…  このエリアは今や派生ラインだらけで、何が何やら、ローカルクライマーに聞かないと訳がわからない状況になっていて、興醒め感は否めない……かのと岩じゃないんだから…って感じでしょうか。)


 
まあ、それは仕方ないとして、その 『 Piece of Zulu 』 グレードは13d で、はじめてRIFLEに行ったずっと昔から、憧れで、いつかはこういうルートが登りたい、と思っていた、『 Zulu 』 に抜けるライン。
 
上部を、正規のラインに戻せば、『 Piece Of Cake 13c 』 となりますが、とりあえず、ムーブ解決出来る方を目標にしょうと思いました。

 
     P7290011.JPG 
 
( こんな感じの壁と傾斜で、どんどんかぶってくる。 ルートの長さは28メートル )
 

今日、2回のトライで、最終局面までのムーブは、一応出来たものの、フルパワー、フルリーチで臨まなくてはならない動きが続くので、本当にやり甲斐があると感じました。
 
ケイブの入り口にある、『 Cryptic Egyptian 13c 』 が、こまかいけどかかりの良いホールドが続き、傾斜もきつくなく、大きな動きはないので、女性向きとも思えましたが、ここはあえて、目標に向って頑張ってみようと思います。
 
転身は、どうしても解決できないムーブがあってから、かな。
 
高難度を落としたい気持ちはやまやまですが、ここは、こんなルートが登れたらカッコイイな、ちょっと嬉しいかも!! という部分でもう少し頑張ってみようと思いました。

 
さて、さて、残りの5日で、頑張れるところまで行ってみよ〜〜〜!!
posted by ユカジラ at 14:00| Comment(1) | 日記
この記事へのコメント

件名

コロナウイルスを増やしてるのは

GPSを作り出した【米国防総省(米国スパイ)】

症状もこいつらが作り出してる

〈本題〉

コロナウイルスだけじゃなく

痛み、病気、争い、うつ病、認知症、自殺、殺人、事故、台風、地震など

この世のほぼ全ての災いを

【米国防総省】がAIを使った軍事技術で

秘密裏に作ってる

やらしてるのはCIA

【CIA】(米国スパイ)こそが

秘密裏に世界を支配してる闇の政府

北朝鮮を操って、ミサイルを打たせたり

雑菌を増やして、耐え難い臭いにしたりする

同じやり方で、コロナウイルスも増やす

AIを用いたレジ不要のコンビニ

このコンビニは

人の動き、棚の重さなどをAIが調べて

お客が商品を持って出ると

スマホで自動精算されるんで、レジが不要

この仕組みからわかる事は

AIは多くの人の言動を見逃さずに、1度に管理出来るって事

このAIの技術を米国スパイが悪用し

人工衛星を使い

全人類を24時間365日体制で管理して

学会員や悪さした人を病気にしたり

事故らせたりして、災いを与える

こんなに大規模な犯罪なのに、世間に浸透してないのは

AIが遠隔から、各個人の生活を管理して

生活に沿った、病気や痛みを与えてきたから

重い物を持ったら、腕に痛みを与えたり

ツラい事があったら、うつにしたり

スパイの犯行だから、相手に覚られず

私生活に便乗して、違和感を持たせずやる

創価信者から

お金を奪い取ってるのも、こいつら

日本支配に創価を利用してるのが

【CIA】

創価に入ると

病気が多発するし

ケガやら家庭の揉め事やらが激増する

これらも、米国スパイのAIが作り出してる

創価の務めに精を出すと、それらの災いを弱めて有り難がらせ

莫大なお布施をさせる

10年前の創価の財務が

年間2,500億円(無税)

1日あたり6億8,500万円

資産が10兆円超え

世界1位の企業だった、トヨタ以上の資産額

米国スパイが、軍事技術でイカサマして集めたお金

騒音攻撃に至っては

救急車の音で嫌がらせする為に

AIが遠隔から痛みを与えて、病人を作り出すし

パトカーが付きまといをする、集団ストーカーは

Alが警官を操って

いかにも、警察が嫌がらせしてるように工作

「救急車、ノイズキャンペーン」

「パトカー、集スト」などで、検索すると出る

行く所行く所で

周りの人が、咳払いしたりする集ストは

AIが被害者の周りの人に周波を当てて

咳払いをさせてるだけ

咳をした時の周波数と同じ周波を当てると

人為的に咳を出させる事ができる

TBSラジオ90.5MHz、ニッポン放送93.0MHzに周波数を合わせると

これらのラジオを聴ける

これと同じように、周波数を変える事で

意識操作や精神疾患を作り出す

蛍光灯に虫が集まるのは

ある決まった周波数の紫外線に、吸い寄せられてるから

虫ですら周波で操作が可能

27〜38Hzで不眠に

48〜55Hzで喘息に

88Hzで片頭痛が引き起こされる

それぞれの病気が、それぞれ決まった周波数を持つ

これらの周波数と同じ周波を当てれば

どんな病気でも作り出せる

以上

この犯罪を終わらせる方法は

◆この犯罪のからくりを、多くの人に広める

◆宗教法人への課税

◆公明党(創価)を政権の座から下ろす

https://shinkamigo.wordpress.com




Posted by 拡散 at 2022年06月05日 08:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: