2021年04月01日

「水の山」第二登

「水の山」
2021年3月31日
完登出来ました️

316m・11ピッチ(旧ラインは10ピッチ) 5・12C
初登・1998年11月
飯山健治 白水高宏

23年ぶり、初登以降の再登となりました\(^o^)/

上部ブッシュ地帯に、岩をつないだ新たなラインも開拓し、命を吹き替えした新生「水の山」は、とても素晴らしいルートでした。

個人的な目標としての、全ピッチの完登と、新しく引かれたラインのリアルオンサイトトライ(笑)が出来たことは貴重な体験でした!

チョーク跡や、情報の無い条件でのクライミングは、本当の意味での力が必要だと改めて実感。
アルパイン、ヒマラヤ、トラッド、スポーツ、コンペ…あらゆる分野のクライミングを行ってきた集大成とも言える登りが出来たと思いました(≧▽≦)

面白かった!
全集中で、ホントに頑張った!
表面がじょりじょりでワイルドな壁とランナウトに耐えること…恐かったし、想像以上に厳しかった!

数字では語れないトライがここにはありました。

これが岩登りなんだと心が躍る日々でした。

今回登って思ったことは、こんな良いルートが、なぜ23年もの間登られなかったのか?の一言に尽きます。

アプローチも近く(約60分)、ルートの内容は、どのピッチも各々個性的で、とにかく「面白い」のひと言。
リボルトされた今、登り時です!
皆登って欲しいなぁハート

そして、もうひとつ。

雨の多いこの地で、条件を掴むことの難しさをも改めて感じました。

今回は特に、稀にみる寒気が入ったときには、ダウンジャケットを着ていても寒くて撤退を余儀なくされたり、大雨のあとは壁が乾かず溝内が濡れたままでトライ出来きなかったり…1日おきに降る雨にも悩まされもしました。

気象条件の他にも、核心のひとつでもある4ピッチ目には、花崗岩ならではの?遠い1手に苦労させられ、デリケート過ぎる(笑)ムーヴに、つなげられないんじゃないか?と言う不安に眠れない夜もありました顔1(うれしいカオ)あせあせ(飛び散る汗)

そんなこんなで、完登までに4日を要しました。

でも、つながった…
嬉しくて泣きそうでした。

初当時はつるべだったとの事で、その4ピッチ目が登れていなかったとの健ちゃんは、そのピッチと新たに引いたラインを登ること、故タカピロさんへの約束を果たすことも、今回の目的でした。
健ちゃんも無事完登。

それ以外はビレーとユマーリングに徹してくれた健ちゃんには感謝の言葉しかありません。

素晴らしい時間をありがとう️
心からありがとう️

#屋久島ツアー
#水の山第二登
#全ピッチ完登
#新ルート初登
#mammut_japan
#スポンサードクライマー
https://www.instagram.com/p/CNGmTmuD_H0/?igshid=1ul5eawmjtasc
posted by ユカジラ at 09:24| 日記