2021年01月18日

実験的クライミング

湯河原ボルダー
秋雨・2段
3倍速(相変わらず1分には収まらないスロークライミング顔1(うれしいカオ)あせあせ(飛び散る汗))

超持久系の課題で、ルートのトレーニングに最高な内容でした。

貝殻岩には数人のクライマーがいたけど梅林エリアには私ひとりだったので、ここは高さがある上、下地が斜めっているのでマット設置には気を使いましたが、このご時世なので、誰も居ないエリアは良かったです。

左からスタートして「がんばれ西村くん」に抜ける「秋晴れ・初段」は登っているので、逆走とはいえ、ホールドの形状はある程度解っている…
ならば今回はバラシはせずに、と、スタートからトライを重ねてみました。

組み立てにバタバタしながらも、落ちるまで動き続けるトライを頑張ったら、2トライ目で出しきった時のような、全身がダルくなるほどのパンプを感じ、生体反応薄薄で眠くなってしまいました顔1(うれしいカオ)あせあせ(飛び散る汗)

一瞬死んで←寝た(笑)後のトライからは、それ程のパンプは感じずどんどん距離が延びました!

私には良くあるパターン(ルートで)だけど、クエン酸カイロ的な何か!?なのか、不思議な感覚です。

3トライ目からはトライ毎に高度が伸び、動きの感覚も良い感じになって、7トライ目での完登。

自分なりにこだわりがあった「木漏れ日」のムーヴをやりたかったのだけど、ちょっとヨレて来たのでノーマルムーヴで顔1(うれしいカオ)あせあせ(飛び散る汗)完登。

完登後も、このクエン酸カイロ的「上がり続ける動きの快適さ」は何トライまで続くのか検証してみよう!と、その後3トライしてみたけど、完登後は気持ちが入らないのか、トライが早すぎたのか…
だんだん到達高度が下がって行きました顔1(うれしいカオ)あせあせ(飛び散る汗)

でも、クライミングの内容も実験も面白かった1日でした。

#ボルダー
#人体実験
#2段ワンデイ
#ルート的内容だからですね
#持久力系ボルダー
https://www.instagram.com/p/CKLt6L6jIh7/?igshid=4s9e800wgnxp
posted by ユカジラ at 19:35| 日記