2020年01月31日

すごく楽しい!!


レスト明けの昨日は、少しずつだけど攻めの姿勢でトライした。


83985143_478029963072856_401159372899614720_n.jpg

上部でのロープの重さを軽減するために、すっ、、、、、、、ごーーーーーく!!!
長い、ロープで設えてあるランナーがとても怖い…(苦笑)

いろんなとこに絡まりそうな気がするのと(しないけど)、実際のランナウトに加えて、そのランナーが長い分プラスされてブチ落ちる事実が恐怖で、どうしても自分の短いクイックドローにクリップしてしまいがちだったけど、その長いランナーで頑張れるようになって来たし、強度の高いムーブの前で、「とりあえず!テンション!!!!」と、なってたことも、落ちる覚悟を持って頑張れるようになって来た。

攻めれるように、少しずつなって来た!(嬉)





83173436_3045162528879349_3560956015019032576_n.jpg

自分には、フルリーチで距離を出して行かなくてはならないパートが目白押しで、1手出すにも多大なる集中力と死ぬ気がいる…
大げさに聞こえるかもだけど、ホントなんだよ(>_<)(笑)

「あそこ遠い…取れても張り付けになって足が裁けない」的な部分の苦しみをこぼしても、師匠は「全然遠くないで」と、なかなか共感感はなく(笑)、最終核心のムーブは、垂直なだけに誰とも共感できない(笑)
師匠179p、奥村父168p、外人もっとデカい(笑)…私156p。

誰か、私の愚痴を受け止めて〜〜,な〜〜んて(笑)

近年の子供たちを見てても、距離を克服するには、動きの連動性の巧みさ、保持や引き付けの強さで上手く対応してるので、すごいなぁ、と言う感動と共に、言い訳無用、出来るようにしなければ登れないルートは登れないんだ!!と言う、当たり前な部分を心に刻み、自分もそこを目指して来たけれど、まだまだ足らん!!ぬるいぜ自分!!と感じた。

まあ、去年から比べたら格段に対応できてるけど、今後のトレーニング内容の見直しは必須と思った(なんとなく来年持ち越し前提!?(笑))


今回試してみたジムでの10本トレーニングは、日本国内、そして自分の生活環境の中で出来る内容としては、かなり的を得てたと思うけど、強度は足りてなかった。

ジムで遠いと感じていて、これが出来れば良いかも、と感じていた距離感では、たぶん人工壁で、ホールドの掛かりが良い分、もっと遠い課題で練習すべきで、最低難易度を12cくらいからの10本位まで上げなきゃダメなんだなぁ、と感じた。

今回、自分が立てたトレーニング内容や頻度は、それでもまあまあ、その時の自分の限界の辺りだったと思うし、今後への取り組みや目安がはっきりわかったのは良かったかも。

10本と言う数は意外にいい線で、昨日2トライしての翌朝の疲れの残り感、身体の痛みなどは、初めて10本トレ+筋トレ(キャンパや懸垂、腕立て)をした日と同じくらいの感じで、1日のレストで回復できるんじゃないかな?と感じたし、ここから上がって行きそうな感覚になってる。

12〜15メートルのルート10本で50mのルート2トライ分、って計算は悪くなかった。





今日も連登出来なくはないけど、日本での10本トレの時、同じように感じてトライして、強度が高い課題がメタメタだったことを思い出し、初回の今日はレストにした。

今は本番、無理をし過ぎる場面では未だない。

今のルートに、もっと対応できる感触があるので、上手く上げて行くためにも必須なレストと思えてる。

指皮の消耗はジムより顕著で、ここも無理は禁物。

それでも、トライが楽しく感じ、怖いし苦しいけど、待ち遠しく感じる今年は、体力的にも筋力的にも悪くないんじゃないかと思えてる。


Screenshot_20200129-132512_Photos.jpg

オリアナやサンタリーニャで登っていると、いつでも「最弱」カテゴリー(苦笑)に属するユカジラとしては、屈強そうで筋肉モリモリ、見上げるようなサイズ感の強者達を前に、ドキドキする。

それでも弱者は弱者なりに主張して頑張らないと、自分のペースが保てないので、グイグイめり込んで行ってる(笑)


おばさんで良かった(笑)




アパートの窓辺で、明日が楽しみでしようがない(笑)

2020オリアナ_200129_0019.jpg



窓の外には、モフモフの群れハート

20200129_135422.jpg

楽しい!!
頑張るぞ――――――!!!!


posted by ユカジラ at 18:02| 日記