2019年06月22日

ツバメ観察*最終章…巣立ち


今日は、遠征前の恒例事項で猫達を実家へ連れていくため、早朝からドライブ。


駐車場に降りると、いつもと違う騒がしさで、ツバメたちが鳴いていた。



入り口に、餅っぽく落ちてる何かが…

ん??

ツ、ツバメ!!

ぎょぇーーーーー!!

落ちたんか!おまえ!!


と、焦ったけど、なんか違う雰囲気…



親鳥もぶんぶんぶんぶん飛び回り、巣に止まり、子供たちも羽をバタバタ…

足元から、餅っぽい何かが、ゆらふわと目線に入ってきた気がして、ふと見ると、、、、餅が無い!!

餅、飛んだ???



そう。

今日は、巣立ちの日だったよう。



親鳥が、巣の淵に止まったり、巣の横でホバーリングしながら子供たちに飛び方の指導をしてた。

のぞみ1号と2号は早かったけど、残りの3号から5号は、親鳥に促されてもなかなか飛び出さない様子でドキドキハラハラ(笑)









私も、猫持ったままだったし、最後まで見届けられなかったけど、なんとも感動的な場面に出会えて嬉しかった。


IMG_20190622_213612_883.jpg

初々しい体つきと、ヘッタクソな初飛行が愛おしかった(笑)





実家に猫と届けて帰宅した夜には、空になった巣だけが残っていた。

20190622_185159.jpg


卵から孵る順番も何日か違うだろうし、いっつも兄弟の下で潰されそうになりながら、ご飯も貰い損ね続けてる子もいたと思う…

ってか、いたよ(笑)
あいつだよ、あいつ(笑)



それでも全員、250qで旅立ったんだ!(そんなに速くない?(笑)だって、ツバメと言えば250q!でしょう)
そう思うと感無量〜〜〜( *´艸`)


生きるって、それだけで感動。

生き物って、生きるに真っすぐで、ホント、すごい!



ありがとう。

ツバメの子供たち!のぞみ1号、2号、3号、4号、5号!!


ありがとう。

お父さん、お母さん!




空になった巣。

もう明日から、あの騒がしくも可愛い鳴き声や、まんじゅうみたいな顔、溢れそうでひやひやした“ツバメ丼”も見れなくなって寂しいけど、、、


大空を自由に飛び回れ〜〜〜〜!!



私も、明後日飛び立つぞ―――!900qで!!!

ばっちこ〜〜〜い!!!



posted by ユカジラ at 22:31| 日記