2018年12月31日

2018年・登り納め

20181230_104352.jpg20181231_125111.jpg今年最後の岩とジムを、30日、31日で登り納め。

いつもながら、“納め”も“染め”も区切りのないゆかじらですが、気持ち的にはどちらもキリリと行っときました(笑)登っていられる今に感謝しながら。


岩の納めは、今回は、本来のボルダリングの在り方らしく、がテーマでした。

グレードを登ってる訳でも、ムーヴを模倣するのでもなく、美しいな、とか、このライン良いな、とか、ここ行けそう、とか…行けたら良いな、とか。

そういうボルダリング(クライミング)の根本と初心に立ち返りつつ、独りで、心地よい時間の中、ゲロバリ登ってきました。

自身の中で向上していくこと、その目安や目標としての数字もとても大切。


目標として、それを上げていくことはクライミングの要素でもあるから、ないがしろにしてはいけない部分。

私にも、登りたい課題やルートがあり、そこについている数字に対応できる実力は必要だから、こだわることもある。

そこに、損得(お買い得とか)は無いけど(笑)

どちらかと言うと損したい(笑)

でも、昨日は…それだけじゃない大切なところを考えながら登った1日となりました。

昨日トライしてたライン、難易度は…


『自分にとってはちょうどよく楽しみながらチャレンジ出来るけど、何日かかかりそうだね』級。

で、課題名は…

『岩の真ん中らへんから、岩の一番端の高いとこらへんを行く』ライン(笑)


多くの人が『忍者クライマー返し』って言ってるラインと9割がた同じだけど、1年の締めくくりのクライミング…あれこれ言われるのも嫌だなぁと言うこともあって、問題にされている?いわくつき?のホールドは一切使わずに登れ、自分が登りたくて、可能性のありそうなラインをトライした。

私にとっては、これはこれで良い。
面白いし、良い1日が過ごせた。
なんの問題もない(笑)

ボルダリングってこういうもんでしょ、と言う思いもあって。

数字も、決められた動きも関係のない、自分のためにトライしてる課題。

来年早々にラインを繋ぐ事が出来そう?な感じまでイメージ出来たかな?と思うのでなんだかワクワクな登り納めとなりました。

そして、大晦日の今日は、ドッグウッドでジム納め。

指先イテテテ…だし、ボディも疲れてたけど、端から順番にトライ。

初見でのクライミング。
出来る限りを尽くして、諦めずに動いていく…とても気持ちいい登り納めとなりました。



あと僅かで今年も終わり。

今年も多くの人にいろいろなものをいただきました。

エネルギー、思いやり、響く言葉、行動…からあげ、おかし…(笑)

ありがとうございました️

良いお年をお迎えください。
posted by ユカジラ at 17:33| 日記