2018年05月17日

気にしないでいこう

1526163074903.jpg


肩、というか三角筋の辺りが、この2週間、ずーっと痛い…

厳密には、このワタクシもだいぶ大人になり、自重(じちょう)と言う言葉も態度も知ったので、ようやく痛みも終息方向な気配なのでホッと胸を撫で下ろしてるところです(笑)

去年と同じ1年を、同じ日に再手術して、もう1年!なんてのは、御免被る!てやんでー!なので、もう2度と行かねーよ「あっばよーん」(笑)と、縁を切ったつもりの我故郷へ、再診に行った。

もともと、1年目の健診を受けなければ縁を切れない腱板断裂の手術と、我故郷ですが、不穏な空気感まんさいだったので仕方ない(笑)

だってさ、1年前に、腱板ぶった切った時と同じゴールデンウィーク、そして同じく、エリアは違えど山梨県のボルダー!で痛めた!?と来れば不穏な空気も流れるというもの…(笑)

再診の結果は、まあ、どうやら、手術の時に腱板をつなげる為に埋め込んだアンカーが、急速な肩の筋肉の肥大で擦れて炎症を起こしてる線が濃厚。

痛みがある場所が三角筋の奥の方なので腱板に何か起こってる訳じゃないようだけど、痛いのは痛く、炎症を起こしてるは起こしてるので、手加減して登るクライミングは、はだはだ不愉快ではある。

まあ、ここまでなんともなく来れたので、丸1年目を前に、「増長しすぎじゃ!ちっとは大人しくせい!」という神の声と言うことか…

ついでに、どう考えても運動量多過ぎ…


クライミング出来なかった頃に取り入れてたトレーニングもそのままにマグロって来たので、そろそろ日々のワークの内容も“見直し本舗”っうことで、ちょっと減らす方向で再構築中。

朝の3時間のトレーニング後のクライミングは、なんだかんだとパフォーマンスに影響が出始める季節でもあるのでクライミングの日には要調整。

夏場は汗かきすぎて、走るのもヨガも、いつも通りやるのは、ちょっちヤバい。

私くらいの年齢になると、怠けたり、甘やかして離れてしまえば、2度とその強度に戻せなくなる刹那を孕んでいるのは現実だ。

体を壊したり、パフォーマンスにマイナスになることと秤にかけても、言い訳して逃げたら負けだと、私は私に対してだけはそう言いきってる。

ええ、もちろん、自分以外にはそんな考え推奨押してません(笑)

私には私がここまでやって、作り上げてきた今があるから出来ることなんだと最近はよく解る。

これからは、どんなに頑張っても出来ないことが増えると、センパイ達が言うように、理不尽でも、更に不都合は起こりまくるでしょう。

まあ、でも、なんだ。

気にしないで行こう。

それが性に合ってる。

今回も、また同じ1年を過ごさなきゃならない可能性もリアルに想像してみたけど…

やっぱり後悔はなかった。

それくらい楽しく、やれることを全力でやった1年だったし、クライミングの力を少しずつ戻して、戻ったと思えるようになった時までの1トライ、1手、その総てが生きてる実感としてワクワク嬉しくて楽しくて仕方なかったから。
posted by ユカジラ at 16:14| 日記