2018年05月09日

不穏な空気

20170707-146.jpg


肩の手術から、もうすぐ丸一年。

これまでにもたくさんの方々から「もう良いんですか?」とお声かけいただいてきました。

この度に「ええもう、ぜえっぜん、大丈夫です」と答えてきたし、マジ、クライミング再開を自分の意思で “この日” と決めてからは、“それ” を言い訳にしたくない気持ちと、“それ” をすべてのマイナスの素にしたくない思いが強かった。

慎重かつ大胆にホンマもんの “リハビリ” を重ねてきた。

何も気にせず力を出して、動きたいように動いて、ツアーでもそこそこ酷使しながら登って来たけど、イヤなモノを感じたことは、殆どなかった。

が、
ががが…

去年の、健板ぶち切った時と、時を同じくして、岩場のボルダーで、両肩に不穏な痛みを感じた…(苦笑)

今、私にしては努力のレストで様子を見ているが、まさかの丸1年目での “不穏な痛み” に、久しぶりも久しぶり…忘れていた “恐怖” を味わっている。

まあ、なんだ、感覚的に、“キレ” てはいないと思うけど、あからさまに “ヤ” な感じではある…しかも部分断裂してる左肩まで(涙)

まさかの、また1年かけての復帰の日々か!?という、最悪のシチュエーションも想像したりもしてるが、そうそう、私はどっかの無責任な人々のように、「想定外」とか都合の良い言葉で、起こった責任を、自分以外の何かのせいにする気もないので(笑)、深っか〜く想像したりもした。

もしまた同じ1年を過ごすことになるイヤな想像をしたけど、後悔はないと普通に思えた。

まあ、死んでも避けたい!とは思うし、嫌だし、うおーーーー!マジかーーーー!

という思いはある。
でも、そうなら仕方ないと。

こうして人は抗っても、気はみなぎっていても老いて、やり直しても、やりたいようにやれなくなって死んで行くんだろうなぁ…と、生き物の定めを受け入れつつ。

とりあえず、この1年も、私は私のやりたいように満足行くまで登り、その時出来る最大限で日々を歩んできた!

だから何の後悔もなし!

いや、別に、ホントに又手術って決まってないし(笑)

その前に、“最大限で来た” から又傷んでる、つう話もある。

つうか、それだろ!(笑)

でもねー、1回しかない人生、護りに護ったら幸せとも限らない。

護りに護って、大事にして身体が何ともなくても、魂が震えるようなクライミングに出会えるわけではない。

そんな登りは、いつでも出来るものじゃない。

チャンスの神様に前髪がないように、つかまなきゃ逃げてくことはきっと多い。

やれることはやれるときにやらないとやれないまま終わる…←早口言葉か!?(笑)句読点無いと読みにくいいね!(笑)


明日登ってみよう。

なるようにしかならん(笑)
posted by ユカジラ at 23:05| 日記