2017年11月21日

腱板断裂手術・術後5ヶ月?半年の治療終了日までのまとめ

1511250382299.jpg

5ヶ月目の診察の時は、ちょうどトレーニングのやり過ぎで、二頭筋長頭腱に炎症が出ていて、ドキドキの再診だった。

次の1ヶ月が過ぎた6ヶ月満了日に、MRIを撮り、キチンと腱が繋がっていることを確認できた後はどんな運動をしても良いと言われたこともあり、炎症が治まるまでクライミングと上半身の筋トレは休むことにした。

しかしまー、“どんな運動をしても良い”とは……
先生、クライマーと言う生き物がどんだけヤバイ人種か解ってませんなぁ…(笑)

ランニングとヨガは継続しながら、3日休んで炎症が落ち着いてから登り始めたら、以前より格段にいろいろなことが向上していて、持論の“ギリギリセーフ”後の好転反応の大きさを再実感。

そのあとは、余り調子に乗らないようにしながらも、本数の制限は解除して、それまでに登った11Cまでを2本組み合わせて持久力やパワーエンデュランスを意識した内容で登り込んだ。

この頃、インドアボルダーもトライしてみたら、4級まで問題なく登れたので、5ヶ月と1週間目にて、(勝手に)クライミング本格始動とした。

クライミングで強度が出せるようになってきた時点で、筋トレはやる時間と肉体的な余裕もなくなった上、有効だと感じていた下半身の筋トレも、クライミング後の筋刺激の方が大きかった事もあり、やる必要なしということで終了とした。

筋肉ばかり鍛えても、ひとつの動きを全身でつなげて身体を動かしていくクライミングのトレーニングは、クライミング以上のモノは無し。
これも再確認。

ランニング10qと、インナーマッスルのトレーニング要素の大きいヨガ90分、腹筋は日常のルーティンとして残す事にした。

そして本日、11月21日、術後満6ヶ月。

MRI検査と診察。
腱はバッチリ付着。

「今日から様子を見ながらクライミング始めて良いですよ」(笑)とのお言葉をいただいた。

今後は1年目まで検診は続き、可動域を100%に近づける為に2週間置きのリハビリを続けますが、本日を以てとりあえず終了!!!

約2ヶ月前から、ぶっちぎってクライミングを再開していたけど、医師からの許可が出た今日までに、インドアでのトレーニングを24日こなし、内容的には高飛びする事もはしょる事もなく、いちからやり直す内容と気持ちで、地味に頑張った甲斐あり、ボルダーは3級が登れるようになり、ルートは12Bを登り、12Cをトライ出来るまで戻せてこれました。

まだまだ筋力が弱すぎて、元のレベルまでは程遠いけど、登れる幸せを噛み締めながら、一手一手大切に登り詰めていこうとおもいます!
posted by ユカジラ at 16:56| 日記