2017年07月13日

自重コール発動

20170711_170102_001.jpg20170711_170121_001.jpg

装具が簡易化され、自動運動が始まって1週間が経過した。

可動域は、前70度、横45度、外旋は果てしなく0度だけど、初回の測定よりはどれも回復していて嬉しい。

いつも順調とはいかないだろうけど、行きつ戻りつしながら?少しずつ肩関節の可動域を戻していく時期に入った。

来週の今日には装具が完全に外れ、重さのあるものはまだまだ持ってはいけないし、出してはいけない角度もけっこうあるけど、復帰へやっと歩き出したと言う感じ。

先ずは生活レベルの完全復帰を目指す。

この1週間は、自宅など安全な場所では装具を外して、可動域の悪い外旋のリハビリを中心に行って過ごしてきた。

まだ両手で顔すら洗えないので、何とか動かそうとしてみたり、生活の中で出来るリハビリを積極的にやっていたら、痛みも出ないまま順調に経過した。

とても気を良くして、許可の出た“ボール握り” も、手術した方の右手でも始めたら、ちょっと痛みが出たりしてドキドキ。

力強く握る動きは、棘上筋にスゴく刺激が伝わってるのが解るくらいだったので、数的にも少なめ少なめでやったけど、ちょっと刺激が強かったみたい。

この1ヶ月半、感覚を研ぎ澄まして痛みや変化を感じ取るようにしてきた中で、良い痛みと悪い痛み…今回のことに関してもだいぶ解るようになった気がする。

痛みもいろいろで、あまり神経質にならなくて良いモノは流して過ごしてる。

例えば、固定による筋肉の拘縮からの痛みはけっこうキツくて、擦っても揉んでもなかなか改善されない。

でも、これらは回復に向かってる痛みなので我慢して動かしても良い痛み。

そして、傷口と内部組織からの痛み。

これもなかなか手強く残っていて、内出血の痣もまだ残っているし、縫い目の痛みやどこと言えないような疼きもある。

そして夜間時痛。
長い人だと3ヶ月以上続くこやつが最悪に凶悪で、強く痛み出すと、30分も横たわって居られない鈍痛で、授乳期の(したことないけど)子育て中より眠れない毎日を、かれこれ2ヶ月継続中。

これらふたつも、ツラいけど、時期が来れば消える、悪い痛みでもないので、受け入れてやり過ごしている。

ところが昨日感じた痛みはちょっと嫌な感じで、腱をつないだ場所が “ツキツキ”傷んだ。

術後初のハザードランプ点灯。

と共に、自重コールが鳴り響いた(笑)


昨夜は患部をアイシング、肩回りに響く動きは自重。

今日は安全を期して、しっかり装具で固定して、いろいろとレストにした。


この期に、“タダでは転ばない作戦実施中” のゆかじら、下半身強化トレーニングも順調で、足腰はとても強くなってるし、この半年の間に鍛えて、跳べるようになるぜ!と言う目論みに燃えている。

けど、いい気になりすぎて、トレーニング、の内容や強度がアゲアゲで突っ走りすぎ!?とも感じ、自重、自重、自重と仕切り直しです。

この1ヶ月ちょっとで、体組織的数値に、自己クライマー的にもベストに戻った。

バリバリにコンペやってた頃と同じ感じ。

体重 43.5s
体脂肪 15.0%
BMI  17.5
内臓脂肪 1.0s
筋肉量 34.8s
骨量   2.1s

筋肉量も増えてて、まあ、上半身の筋量が下半身に移行した気もするけど、現段階では良しとしよう。

クライミング復帰の時にはいろいろとバリバリだぜっ!

とにかく、来週には晴れて装具フリー!(嬉)

自重しながら頑張ろうっと。

posted by ユカジラ at 17:11| 日記