2017年07月04日

要注意人物指定


今日で術後4週間、28日目。

腱に限らずだろうけど、何日目から何々をして良いとか、何日目まではこうしてなくてはダメとか、日数を数えながらの日々。

不思議なのが、手術の日もカウントするんだよね。
翌日からじゃなくて。 

午前中に終わった人と、私のように夕方に終わった人(酸素マスク取れたのは夜の8時だったぞ)とでは半日くらいは差がありそうなのに、そこは良いんだね(笑)

まあ、私の性格的には、1日くらいどっちでもいいんだけど(笑)、病院の先生たちは、多目に見ることはあっても、決まってる日数を早めることは少ないように感じる。

時間の経過が必要なことは、ケミカルアンカーの設置をイメージすれば、確かになぁ…と納得できるけど、なんとなく不思議。

中身を見ながら経過を確認出来ないだけに、臨床医の経験則や過去のデータから、上限と下限の幅を持った時間は必要ってことなんだろうな。

温度(個体差)によって硬化時間(完治)に差があるとはいえ、硬化前(組織の回復)、もしくは硬化してない可能性のあるタイミングでアンカーを使ったり、ましてやそのアンカーでフォールするなんてやなこったい!

抜けたら(再断裂)どうすんだ〜!って話だもんね。

こう考えると解りやすい(笑)


昨日のリハビリでは、本日の4週目から、自力で腕を動かす練習を始めて良いらしく、スッゴく簡単な自力運動を始めた。

昨日の時点では、“まだやってはいけない”らしく、こんな会話が繰り広げられてた。


「1日くらい早くやるのはダメなんすか?」に対し、
「ダメです、明日から自宅でやってね」と。

「たかだか1日なのに?」
「明日からです」
「へーいっ…」
「明日からですからね」
「はいはい」
「……」←疑りの目
「わかってますよ、ちゃんと治したいから大丈夫ですよ」
「明日からですからね」
「はいは〜いっ」

こんな会話を交わしながら、カルテを受け取り、帰るときにもリハビリ室の中から

「明日からですからね〜〜〜」

(苦笑)

どんだけゆうこと聞かん人に思われてんだか(笑)

先日、プロジェクトでも大ちゃんに、
「バカに見えるからじゃない?ぷぷ」って言われたし…(笑)

マッタク!
世の中は私の真の姿を知らんのだなぁ(笑)

それくらい守れるわぃ!
ガキじゃあんめぇし!(笑)


担当医の先生の診察を受けるのが、入院中以降だと、術後のガーゼ交換以降、まだ2回しか診て貰えてない、退院翌日と抜糸の時…(笑)←これは私のせいじゃない、先生の都合です(笑)

リハビリの先生には、「ずいぶん少ないなぁ〜なんでだろ?」と言われ、
「マジっ!?もっと多いものなんですか?」と、放っとかれ感に自立心が芽生えたと言う現実もある(笑)

そんなこんなで本格的な自動でのリハビリは、その抜糸後2週間ぶりに担当医の先生に診察を受けれる明後日以降になる。

リハビリの先生の指示分の自動運動は、本日より開始。

久しぶりに固定してある形から腕を外界にさらし、動かそうとしてみたら…


動かない(笑)

これかー?
リハビリ痛いってやつ。

今はまだ、膝の上に掌を置いて前へスライドさせるだけの運動。

ほんの10センチの自動運動が、最初は動かずたまげた。

そして痛い(笑)

動かしていい痛みか否かドキドキ(笑)


ずっと固定したままで固まった腕をマッサージしながら、反対の手で介添えしながら動かしていたら、少しずつ動くようになって、そのあとはコツをつかんだら1度動かした所まではすぐに動くようになって面白い。

これからは、こんなドびっくりや、出来て当たり前だった事を出来るようにする事に努力したり、喜んだり、がっかりしながらも、毎日が過ぎて行くのかな?と思った。
posted by ユカジラ at 23:23| 日記