2017年06月21日

雨の日のリハビリ方法

20170617_205504.jpg20170617_205555.jpg

(写真は、危険生物なり〜(笑)何故かは本文にて…)


梅雨入りしてからも雨は降らず、ウォーキングが唯一の楽しみなゆかじらにとっては有り難い日々でしたが、今日は、梅雨らしく?いや、今までの雨不足を解消するかの如くドバドバのマジ降り(笑)

いつものウォーキングも、病院までの徒歩出勤も出来ず。

つまんないなぁ〜(笑)

今回の手術を期に、再び、気合いの入った有酸素運動を再開し、その懐かしい疲労感に癒される毎日。

今はまだ車の運転が出来ないから、とにかくチャンスがあれば歩くことにしている。

駅に出る時やリハビリに通うときは、数駅分を必ず歩いてる。

自分で決めてるどのコースも、早歩き(時速5〜6q/h)で大体45分くらいなので、3本歩けばだいたい2時間になる。

特に出歩かないときは、昔、ランニングしていたコースを歩きに行ってる。

こいつはハードで、1時間45分くらい。


走っていた頃は50分くらいのコースだったら、早歩きでも倍の時間がかかってるけど、良いトレーニングになってる(笑)

その昔取った“杵柄”が、こんな形で役に立つとは!(笑)

ヤル気になればどんなこともやれる…

それ、当たり前のようでいてそうでもないから、“杵柄”が有り難い(笑)

実際、1日に6〜8時間、例えば10時間くらい歩く事が、山屋時代は当たりだった経験があってこそ、普通に始められたんだろうなぁ。

自分が普通に思ってることは、それほど普通ではない可能性も多いので、手術後数日後から歩き回れたのも、経験値のなせる技かも。

1日に2〜3時間のウォーキングなら余裕(笑)

炎天下でも雨でも雪でも歩く…
昔の私だったら特別なことではないからね(笑)

全力で登っていたこの10年は、走ったりする体力もクライミングに費やしたかったし、足腰が硬くなることがマイナス要因に感じて走るのやめてだけど、驚異の体力と言われてたヒマラヤやアルパインクライミングをしていた時代もだけど、初のフルマラソンでサブスリーと言う経歴も持ってる私、ヤル気になればなんぼでも!(笑)

まあ、今は、装具がびしょ濡れになることは全面的にNGなので、雨の時は却下。

あと、久しく、走るどころか、歩いてすらなかったので、膝や脛や足底筋等々、痛めるのはゴメンなので、無理をせずにぼちぼち続けようと思ってます。

その他には右肩に影響の無い筋トレ各種。

梅雨の間は雨でお外が歩けない時も多かろうと、これまた10年?近くぶりに、スポーツクラブに再入会。

ちょうど今のキャンペーンでの料金的な“縛り”が終わるのが来年の1月末。
本気でクライミングを再開できる頃なので丁度良い。

それに合わせて、自宅では出来ないマシーンを使った筋トレも、スポーツクラブに行ったときにはプラスしてやれる利点もあり、クライミング再開できる時になるべくベストな身体でいる為のリハビリ作戦開始という感じ(笑)

そして祝!

手術後2週間の本日は、短時間ですが、初めて装具から腕をらして、肩に腕の自重を預けるトレーニングが始まりました。

患部の腱には痛みとか感じなかったけど、曲げっぱなしの肘やら、腕の付け根の筋肉が硬まっててなかなか痛いです(笑)

嬉しい痛みにモチもガンガン上がる!

予想外に危険だったのが、腕ぶらんのリハビリを自宅でやるとき…

必ず海子が頭突きを食らわせに来る(苦笑)

どこでやってもどんなに避けても…ヤツは必ずやって来る…(怖)

ああ、人生は危険に満ち溢れている(笑)
posted by ユカジラ at 18:56| 日記