2017年06月16日

スポドリ全面ルート変えとコンペの準備終了

20170616_181615.jpg20170616_185241.jpg

月曜日から始まった、年に1度のルート変え、そしてそれに伴い行われる「第4回スポドリカップ」の準備が整いました。

出っ来たてのホヤホヤ課題を存分にトライ出来るうえ、コンペ後にもそのまま登り倒せるという、とにかくたくさん登れる、スポドリならではの美味しいコンペは明日!

今回、私は課題を作ることも出来なかったけど、今から、参加者の楽しそうな顔が浮かびます(笑)

明日、参加される方は添付の写真を拡大して見るなんて、イヤン、ダメよん。←うそです(笑)お好きにどうぞん(笑)

見ても登れるとは限らない〜(笑)



そして、私の恐怖の東京通いも明日で終わり…
よりいっそうリハビリに勤しむ日々が始まります。

いちばん酷いラッシュ時間はずらして電車に乗ったり移動していたけど、今回改めて、世の中って“弱者”には生き難い世界なんだなぁ…と認識させられました。

今の私は、まだ術後1週間…

そんな時期に出歩く方が悪いという意見はごもっともですが、仕事はそうそう休めませんよ、大人ですから。
責任あるし。

世の中が、どんなに“バリアフリー”だとか“思いやりゾーン”だとか“優先席”などを設けようと、生き物の本質は「弱肉強食」弱いものは喰われる…なんだなぁと改めて感じた。

太古の昔から、文明が発達した今も、根本的には変わらない事なんだな…とも思った。

歩いていても、何していても、万が一肩をぶつけられたり、押されたり揉まれたりしたら再断裂の可能性がある、殻から出たばかりの雛鳥ゆかじら…
ピヨピヨ感を醸し出してるつもりなんだけど、まるで伝わらない(笑)

天敵は背後にもいるし危険がいっぱい(笑)

今日ほど「ゴルゴ」になりたいと思った日はあるまい。

私の背後に回るものはヤる。
ヤられる前に。
って感じでした(笑)

装具で腕を吊っている右腕を護りに護って過ごしてるんだけど、人々はそんなことはお構い無し(笑)

後ろから自転車でギリギリすり抜けて行く若者、その手にはスマホ…

「てめー、びびびっくりさせんなよぅ〜(恐怖)」と毒づいても、あっという間に視界の彼方へ消えてった。

電車内では、すごく若い女性が自立出来ないのか?フラフラゆらゆらガンガン私に当たって来るし、落ち着いたと思ったら装具にもたれ掛かってくるし…(苦笑)

重いよお嬢さん…って、コラー!やめれ!ちぎれるがな、肩の中でつないだ糸が!あなたは仕事行くよりも、もう少し足腰や体幹鍛えてよ、という感じ(笑)


駅毎に降りて、腕を庇えるようにいちばん最後に乗り降りしてたんだけど、気持ち満員っぽくなったら、誰も詰めてくれようともしない。

健康なときなら、「おりゃ〜」と攻め押して入れるけれど、そんなことは今は出来ない(悔し)

日中の空いてる時間は、座ることで腕を護れるからと、座っていればいるで、私が小柄で、左右に余裕感が有るからか、他にも空いてる場所が有るのに、太り気味の人がネジ入ってきて装具に当たるので、仕方なく私が立つことが何回もあった。

優先席はもちろん健康な人の眠る場所なので空いてない(笑)

どの世界でも強くならなきゃ生き抜けないこの世の定めに、いっそう早く治りたいと思った東京通いでした。
posted by ユカジラ at 19:04| 日記