2017年06月12日

仕事開始

昨日、日曜日から、口頭で出来る講習を開始しました。

北山さんにたまたま会って、「仕事してるし…」と呆れられた(笑)けど、自営業だもん、働かざる者路頭に迷う(笑)ですからねぇ…(溜)

それはさておき…

今日は、スポドリの全面ルート替えと、今週末の土曜日に開催されるコンペに関する諸々の用意で、これからの1週間は東京通い。

こんな身体(笑)になってしまったので、セットの役には何一つ立たないけれど、第1回目からコンペをオーガナイズしてきたので、総監督的な立場で参戦。

毎回、セットしていただいてるセッターさん達には感謝してもし足りないです。ありがとうございます。


そして、今回のコンペで、私がスポドリのセットやコンペに関わるのも最後となります。

クライミングは死んでもやめない(笑)けど、セット業は引退です。

そして、スポドリでの、初級、中級の無料講習も、昨日の日曜日で最後になりました。

今回の手術が原因で決めたわけでもなく、恐いくらいタイミングの合致でしたが、前々から決めていた事でもあります。

思い起こせば、私がスポドリの特別講師を引き受けてから4年になります。

講習を始めるに当たって、最初にスポドリの壁や課題を確認しに来たときには、今だから言えるけど…本当に困った(笑)

ホールドはスカスカで、課題も…(苦笑)


講習目線で考えると更に厳しい内容で、上達する為に必要な内容も強度も、適したものは少なく、作ろうにも少なすぎるホールド、傾斜に合ってないホールド等々…

暫くはなんとか工夫して続けたけれど、なかなか苦労しました(笑)

そんな感じだったので、わたしが講師と言う枠を、勝手に(笑)飛び越えて最初にやった仕事が “全面ホールド替えのセット”と“コンペ”でした。

講師として、「やりたい講習が出来ないなら、出来るようにする!」そんな想いからの行動だったけれど、スポドリというジムの評価が定まってしまう前にクライミングジムらしいジムにしたい…そんな気持ちもありました。

場所柄からも、もちろん楽しみに来てくださる、そのときだけ登りに来た方達も大切だけど、クライマーが登りに来ても、また行きたいと思えるようなジムに変えたかった。

遊びに来たたくさんの方達の中から、未来のクライマーが生まれるように…
クライミングを初めてやる人もクライマーも、良い課題にトライした時、必ず面白い!と感じるはずだから。

ホールドもやりくりしながら少しずつ買い足して、課題を増やして…

スポドリの支配人さんや橋口さん、たくさんの方達と協力して作り上げてきました。

大変なこともあった?←良く覚えてない(笑)けど、今は皆が、夢や目標を持って、キラキラ楽しそうに登っている…

私には、そんな風に見えるからとても嬉しい(笑)

コンペの方法も、“たくさん登れて、順位以上に、今日はたくさん登ったなぁ”と満足しながら帰って貰えるような内容とスケジュールでやってきました。

いろいろ試行錯誤しながらジムを少しずつ変えて…

ホントに良いジムになったなぁ。
そんな風にも思います。

スポドリでクライミングを初めて、今日まで講習に参加してくれたたくさんの講習生の皆さん…
本当に上手くなったと思います。

楽しそうに、時には苦しそうにトライするたくさんのクライマー。

そんなひとつひとつの光景が宝物であり、私の誇りでもあります。

だから、私の仕事もここまでで大丈夫かな、と。

4年という時間が長いか短いか、私には解らないけど、安定や定着は、安心だけれど、マンネリを生み刺激がなくなります。

そろそろ、次世代の新しい風を入れる時期かな、と。


それでも月1回、日曜日にクライミングを初めてやってみようと思った方対象の講習と、親子でのクライミング体験と講習は続けていくので、時には会員の皆さんにはお会い出来ると思います!

これからもスポドリを宜しくお願い致します。

そして今までおつきあいいただいたクライマーの皆さん、心を込めて…

ありがとうございました。
posted by ユカジラ at 21:30| 日記