2017年06月11日

no-title

術後5日目。

退院時の診察とリハビリでは、痺れと浮腫の残っている右手の掌をグーパーして動かす事を、気がついたらなるべくたくさんやってくださいと言われたので、所構わず、変な人に見えるるくらいやっている(笑)

あとは…
痛みでどうしても力の入ってしまう肩まわりの力を抜く努力をしてください…だけだった。

そこから始まったリハビリも、極めて良好と言って貰える順調さで進んでいる(嬉)

毎日、クライミングに使ってた体力の全てを肩の回復に集中砲火(笑)しているから治りも早いに違いない。

夜間痛も手術後の1日を除いて、強さも時間もどんどん減ってきていて、傷口の痛み以外は気にならなくなってきて、眠れてる時間も日に日に増えている。

退院の翌日のリハビリでは、15分程度の軽いウォーキングと、手術した側の腕、肘から先の曲げ伸ばし、自重でなら始めてOKと言われた。

歩いてみると振動やインナーマッスルからの連動が伝わり結構痛かった。

最初はおっかなびっくりだったけど、今日までにジリジリと、歩くスピードや時間を増やしながら続けていたら、だいぶ普通にサクサク歩けるようになってきた。

今のところ毎日1時間〜2時間歩いているけど、肩への振動もだいぶ気にならなくなってきた。

とりあえず、外の空気を吸って歩くだけでも身体にイイものが巡ってる感じだ。

最短の退院に不安がなかった訳でもないけど、入院を短く切り上げたのは正解だったかな、と実感。

野生はお外が好き(笑)

退院して困ることがあるとすれば、固定のための装具がデカくて動きの制限が多くて←当たり前か、制限するためにあるんだよ!(笑)が、何をするにも不自由なこと。

支えてる右肩は凝るし、胸部で押さえてるバンドでも呼吸が苦しかったり、とにかく24時間外せないので、寝にくくて寝不足になったり…

仰向けで寝返りが打てないので身体が変な筋肉痛になってる(苦笑)

自宅での身の回りのいろんな事は、片手だと難しいことも多いけど、工夫と時間をかければ大抵の事は出来る。

もともと、指先が器用なので、左手でこなせる動きも増えてきてなんとかなってる。

今のクライミングと同じで、“出来ないものは出来ない” “出来ることをやる”。

とても簡単で明確な答え(笑)

動きの中で、やってはいけない事もだいぶ解ってきて、スクワットやカーフレイズ、肩に響かない腹筋なんかも、理学療法士の先生にどんどん聞いて、 自宅でのリハビリメニューに加え、やり始めている。

半年後に腕が90度まで上がれば立派ですよ…と言われているが、常識や普通とは無縁なクライマーですもの…

挙げてみせましょう…180度。

という心意気で日々を過ごしていきたい。

とりあえず、運動の強度に耐えれる、クライミングも始めて良い時期が来たときに、そこまでの状況が、これ以上ないベストな仕上がりでいたいから。

クライマーですもの。

クライマーの中でも“ハンター”と呼ばれるほどにチャンスを逃さないゆかじらですもの(笑)

見てろよ〜半年後!という心意気。

私のこの姿を見て、「ああ、歳だからでしょ」とまあ(笑)バカにする人もいたりだけれど、歳だからじゃなくて、33年間、護りに入ることも、妥協することもなく、向上を信じ、先だけを見て本気で登って来たからなんですよ。

そういうことを言う人には解らないくらいのガチンコ勝負の生き方。

まあ、笑いたいやつは笑えばいいし、「終わったな」と思うやつはそう思ってればいい。

誰でもいつかは終わるんだよ、いろんな事か(笑)
ぼーかばーか(笑)

終り方くらい自分で決めるし、私の事を笑っていいのは、やってきた全てを知ってる私だけだよ。

まあ、来週の左肩の診断結果によっては、左肩も手術になるかもなので、最短が少し延期になることはあるかもだけど…
posted by ユカジラ at 16:39| 日記