2017年06月08日

退院

20170607_074104.jpg
4日間の最短入院で本日出所。

術後24時間は、肩に打ったブロック注射の痛み止が効いていてなんともなかった…

が、

翌日(昨日)の午後遅くから麻酔が切れて来たと同時に痛みが出てきた。

就寝時には、じっとしていてもズキズキ痛み一睡も出来なかった(涙)

何度も看護師さんを呼ぼうかと、ナースコールボタンに手が出そうになったけど、深呼吸で痛みを紛らわし耐えていた。

そんな必要も無いんだけど(笑)明日からの自宅療養に入るにあたっての実地試験的独り我慢大会。

これを乗り切れなければ家には帰れん!!

がんば〜
がんば〜
がんばれゆかじら〜


夜間痛の特徴、横になって寝ると激しい痛みがおそってくるので、ベッドを起こしてみたけどやはり痛みは治まらない。

あれこれ角度を試して、90度の直角寝に首前だらん…この姿勢だと、30分もすると痛みが和らぎウトウトするくらいは出来たので、非常に疲れる姿勢だったけど朝までやり過ごす。

一晩で首伸びた…
首に悪いけど仕方あんめぇ。

術後、一旦良さげに思わせておいて…
からの〜…

手術しておいて、痛みもなく、何もないはずはないだろ…
を、絵に書いたような教科書通りの経過。

昨日の夜中には、今日の退院は無いか!?とまで思ったけど、気合いで退院。

どのみち夜間痛は、長い人で1ヶ月くらいは続くと言うことなので、遅かれ早かれ、自宅で耐える日は避けれないのだから。

断裂していた時も、毎晩毎晩…夜間痛で眠れなかった私だもん、最長コースは覚悟している。

その後、装具の着脱方法、再断裂を防ぐために絶対に守らなくてはならない掟を教わり出所。

初めての入院、手術を終えた。


たった4日で変わって見えることもあるんだな。

現世では、何をするにも五体不満足では不自由なことが多い。

当たり前に出来てたことが、今の私には不可能になってたり…

歩いている人とスレ違うことがこんなにも不安なものなのか…

とか。

病院の中で安全に静かに暮らしていた世界から1歩外に出ると、いつもは気がつきもしない危険が一杯でビビった(笑)


もし、誰かにぶつかられたら…
転んだら…

生まれたての雛のように、弱くて脆い我が右肩が無防備過ぎて…ちょービビりながら帰宅(笑)

誰かにぶつかられて再断裂、再手術なんて恐すぎる(笑)

当たり前の事なのに、歩くってこんなにも全身使うのか…とか、肩に響く痛みから変な歩き方になってしまったり…


この歳まで、痛みの解らぬ未熟者だった私も、人生は必ずつじつま合わせをしながら進んでいくんだなぁ…としみじみ思った。

動きすぎて、“動き”の貯金もなくなった私には、一生分で使わなくてはならない、“動けない”貯金を使わなくてはならない時が来てるんだな、きっと。

けっ!(笑)

と言うわけで、復帰への第一歩は、1ヶ月に渡る完全安静から。

たくさんの方からメッセージをいただいたり、お見舞いが必要な期間でも無いのに(笑)来てくれた方々、ありがとうございました。

私が…
いつか誰かの、
何かに、
どんなかたちでも、
力になれる事があると信じて!
明日からの日々を進んで行きます。
posted by ユカジラ at 19:42| 日記