2017年06月06日

厳冬期のビバーク

20170605_152236.jpg20170605_152230.jpg

並みの暇さだ…(笑)

手術は今日の14時過ぎから。

昨日の昼から入院手続きして、部屋に連れられ諸々の説明を受けたり、過去の人生で無縁だったダサい入院服(笑)を着て軟禁状態(笑)

厳冬期の日本海側の山岳で、二つ玉の低気圧に捕まった時並みの(笑)膝を抱えて狭っまいテント内でビバークしてるくらいやることもなく、暇すぎて仕方ない…(笑)

昨日の夕飯は18時、21時の消灯、そして、今朝からは、食事も水も飲ませてもらえないので、さらにやることがない(笑)

ホントに、食料を節約しなくてはならない冬山のビバークを思い出して、まあ、あれに比べればベッドのスペースは充分だし、病院のスタッフさんたちは皆さんの物腰柔らかく、いろいろ気遣いしてくださり、快適は快適だけどね。

逆に、そういう至れり尽くせり的な事には慣れてない私なので、いちいち申し訳なくてドキドキしてしまう(笑)

病気でもなければ、動けないような大怪我でもない私は、手助けされそうになると、「いやいやいやいや、皆さんお忙しいのに、自分でやります、すみません、とんでもないっす!」となってしまう(笑)

まあ、こういう経験もはじめてで新鮮だったりもする(笑)

「痛いですか?」とか、私のなかでは「痛えぇ?んなの我慢しろ」くらいの感覚なので、扱いがまるで、箱入りの姫のようだ(笑)

スタッフの目を盗み、様子を見ながらうろちょろしてみても特に起こられないようなので、暇に任せて、少しずつ外に出たり、行動範囲や、お外への距離を伸ばしたりしながら、午後の手術まで耐えようと思う。

さすが、医療関係のスタッフさんたち…すぐに顔を覚えてるのか、外(玄関の辺り)で体操をしてる私ににこやかに「毎日、体動かす仕事の人にはツラいですね〜」「暇なんですね〜」と、既に多動性を見破られ、軽く監視されてる感は否めない(笑)

さすがに手術したら、痛みが出たり、薬の影響で、明日の朝くらいまでは暇でもないだろうと思うしね。

10時から点滴開始で不自由になりそうだから、今のうちに、腹筋もベッドの上でやっておこう〜っと。

昨日は術前の説明で担当医の先生と会う機会があったので、懸案事項の左肩の相談もしてみた。

今の左肩の状況や、今までに使い続けてきた負荷の高さ、腱板断裂における過去の事例などから自分なりに考え、相談してみた。

クライミング出来ようの無い、今回のタイミングで、左肩の検査と、もし手術が必要なら、出来る時期が来たら左肩の手術も平行に進めて、復帰までの時間にロスがないようにやりたいと話したら、とても親身に、アスリート目線で考えてくれて、その場でMRIの予約や様々な段取りを進めながら行ってくれた。

手術が必要でないことを祈りつつも、現実を把握して、残りのクライミング人生に挑みたいし、やるとなったら徹底的に、タダでは転ばない!っう戦法。

1年かけて、復帰して、そしたらまた左が断裂して…じゃあとんでもないからなぁ。

やるときはやるぜ、おれは!(笑)

そのあとは長い復帰までの、最短で行くぜ!と挑む道が待っている。

スパーポジティブで行こう。
posted by ユカジラ at 09:49| 日記