2017年03月10日

残り2日


明日はレストなので、クライミングが出来る時間はあと2日。

今日は、こちらに来てからも、この時期的にも、最高に暑い1日となった。

朝から気温が高く日陰でも半袖短パンで居られるような気温。



s-17199865_1001708289929081_305385728_o.jpg

いつもより早起きして岩場に向かうも、私のトライしているルートに取り付ける時間は僅か‥‥

昼くらいからの長い長い時間、6時間くらいを待つのは非常にツラい‥‥

そして、日没からの気温が下がる時間まで待っても、温まり切った壁は本当にホカホカで、保持が主体、1本指ポケットからの引付けやらなんやら‥‥気合いや根性みたいなものでどうにかなるような強度ではないので、待って待って待って待って‥薄闇に包まれ、もう取り付けないなぁ‥と言う時間が来ても未練がましく岩の温度を測っては諦める日々が続いている。


昨日は、雲が多く、今日ほど気温も上がらず、3トライ出来た。

2トライ目、3トライ目は体もよく動いて、朝早〜〜〜〜くに、アップも殆どで来ていない状態からのトライとはエライ違いで、好きな時間に自分のタイミングで取りつけて、1日に2〜3トライ出来るルートなら、、、、、、と、言っても、思ってもしょうがないことを女々しくも毎日思ってしまう‥(苦笑)

s-P1040346.jpg

CODIGO NORTE 8B

s-P1040336.jpg

s-P1040332.jpg


毎日、動きたい衝動に駆られるけど‥‥

残された2日、2トライしかできないとしても、そのチャンスを諦めずに虎視眈々と ROCK ON し続けている。

登れる時は、1チャンスで完登出来るくらいにはなっている。

核心はいくつかあるけど、キーポイントのポッケット取りが止まった時がその時だと思っている。


2年前にもここスペインで、天候が悪すぎて登るチャンスが少なく、調子をどんどん落として最終日まで持越したルートを思い出した(苦笑)


下部核心5mにあるポケットを止めた後、多くの人が、その後の35mをつなげることが核心、、、と語られてた、オリアナのMishi (8A) も、その1チャンスで登ったし、去年のサルディニア、スプラモンテの8bも、ラストのラストチャンスで登ってきた‥‥

だから今回も‥‥

無くはナイっ!!

はずじゃ。



チャンスが少なくても、そのチャンスがいつ来ても、、、悔いの無い登りが出来るように最後まで本気で今を過ごす!!


裂けた指は塞がらないけど、痛みは感じない方法も見つけた。
アサイチは痛いけど、ぶっちぎって裂いちゃえば、その後は痛みはマヒする(笑)

出血は、テーピングの下にティッシュを挟んできつく巻けば地でヌメル事もないってわかった。

s-P1040349.jpg

あとは、登れても登れなくてもやるしかない(笑)




s-P1040362.jpg

暇すぎて、レストの原っさんと、 『あそこの上に立ってみよう〜〜!!』 お散歩大会を繰り広げて切なさを癒す‥‥(笑)




s-P1040355.jpg

コビッキーと。





修業の時間。

苦しいのはその時だけ!

ムーブがより難しくて不確定要素がイッパイで‥‥
次々に現れる強度の高い動き、成功するその時まで繋がるかわからないような連続性の高さ‥‥
ホールディング、タイミング、集中、それらを揃えて手を出して行かないと止まらないような距離感‥‥

それらが無いと面白くないと思える今こそが、クライミングの面白さを解ってきたんだなぁ、って思えるから。

今の幸福を味わいま〜〜〜す!


posted by ユカジラ at 07:55| 日記