2017年01月25日

マムート展示会

IMG_20170125_210916.jpgIMG_20170125_211136.jpg
浅草橋にて、winter 2017/1018 のマムート展示会。

マムートさんにスポンサードしていただいている中でも、私は相当古株…(笑)

私のクライミング年数と殆ど同じくくらいの年月、マムートさんにはお世話になっている。

マムートがコサ・リーベルマンの傘下だった頃からのメンバーは、他に杉野さんくらいだろうか?

こちらは、ベテランを通りすぎて、クライミング界の神みたいなお方ですが…(笑)


マムートJAPAN設立の時に、フリークライミングをメインに登っていくと決め、誘ってくださった堀松さんについて行って…本当に長い長い年月をマムートのスポンサードクライマーとしてやらせていただいてきました。

そして、当たり前だけど、私はどんなクライミングメーカーよりもマムートが好き(笑)

日常的にも、クライミングしてるか、クライミングのトレーニングしてるかしかない私だし、仕事も100%クライミング関係なので、クライミング用具はもとより、ウェアーも靴も、財布も…なにもかもマムートに包まれた生活(笑)

私の正装は、マムートのパンツにマムートのTシャツ、そしてジャケットだ〜!(笑)左矢印1それ以外の服はギリギリ持ってるけど喪服のみ!

日々の生活まで?(笑)お世話になりっぱなしで、いつもスポンサードしていただいている事への感謝と、その意味を胸にクライミング活動(と言うよりむしろ生活そのもの(笑))を行っています。


スポンサードの意味…
時々当たり前の事なんだけど考える。

これは、一般論としてなんだけど、若い子や、大人でも(笑) スポンサードの意味を勘違いしていたり、その仕事としての重みは理解せずに、ただ自分の活動を応援してくれて、物資を協賛してくれる会社、みたいに思っているふしがあったりして…
やたらと羨ましがったり、格好良く見えるのか(格好良いのはそうあるべきだけど、責任は無視して憧れたり)…… スポンサードされたい〜!みたいな人も時々、今の時代だと結構多く?いるみたいだけど…

スポンサードの意味は本来、その選ばれたクライマーが、会社の広告塔として製品を使い、身に付けることで、宣伝効果としてそれらの“良さ”を発信していく義務があるのだと私は思っているのだけど…

時々勘違いしている人を見ることは、昔も今も、特に今は子供がスポンサードされるパターンも多く、そういった意味合いをキチンと教えながら、社会への関わりみたいなものを教える人も少なくなってるように感じ、軽く違和感のある時も…(笑)

マムート製品を使ってる私を見た人たちが、「格好いいなぁ」とか、「私も欲しいなぁ」とか…そう思ってもらえるようなクライマーでなければならないと言う、とても大変な、人によっては窮屈でひとつの何かに囚われたくないと感じる場合もあるくらいの…本来はそういう役割がある。

私の意識としては、マムート着てダサいクライミングは出来ないし、クライマーとして成果を出したり、仕事の上でも生徒さんや多くのクライマーのお手本になる振る舞いや活動をしていくべき、と思っているので、そういう部分に誇りと自意識を持って日々を生きています。

展示会に行く度に、自分なりに、今の私は、スポンサードされてる価値のある仕事(クライミング)が出来てるか!?自問自答して、その在り方なんかも考える…

私にとって、展示会はそんな時間でもあります。

これからも恥ずかしくないクライミングをしていこうと、今日も褌締め直しました(笑)
posted by ユカジラ at 21:28| 日記