2016年11月21日

三宅島「三宅村リクリェーションセンター」

 
今回、1年ぶりくらいに三宅島を講習で訪れた。
 
毎年、ボルダー壁や島民コンペのセットで来ていましたが、国内不在が重なったり、自身の契約の仕事が入ってたりでなかなか行けず間が空いてました。
 
坪田の体育館にルート壁が出来たときも、ぶら下がりのセット!と言うことで声をかけて貰ったときはスゴくやりたかったけど、ちょうどツアー中だったりで、今回初めて新しくなった体育館でルート壁を見ました!
 
そして、聞きにし違わずな、施設のキレイさや、その内容の良さに感動しました。
 
 
最大傾斜179度のメインウォールをはじめとした、5面のルート壁が圧巻!(初心者用のトップロープ壁を入れたら6面!オートビレーがある壁もあります)
 
ボルダー壁もスラブ が増えて、前からあるバルジ状ルーフ、強傾斜からうすかぶり、埀壁と9面のバリエーションに飛んだ傾斜も良いし、双方高さも充分。
 
その全容は、写真には収まらないくらいの立派なクライミングジムに生まれ変わっていました!
 
講習後に、わがまま言って(笑)懇親会前の1時間半、エース菊地氏に連続ビレーで登らせてもらいました。
 
E山師匠、あきとくん、珍しいところでは、岡野くんや登喜男さんにウサミックスと、ひととおり難しそうな?クドそうな(笑)ルートや見た目にやりたくなるラインなど7本登った。
 
どのルートも内容もホールドも良くて、今後の施設の活用にいろんなアイディアも浮かんでくるくらいワクワクしました。
 
例えば……
今はまだ、最難で13Aまでしかなかったけど、今時のユース世代やコンペティターがトレーニングに使えるような高難度も、あの壁なら充分設定できるだろうし、各県、強化練習合宿とかで使えば良いのになぁ……と思った。
 
 
本土のルート壁不足で、営業ジムが混み合う現状…強化練習会とかで多人数の子供達が、一般の利用客とトライの時間や順番待ちで揉めたり、お互い腑に落ちない気持ちになりながら登ることもなく、死ぬほど練習出来る環境だと思った。
 
夏休みや冬休みなどの長期休暇中、クライミングしかない環境で存分に登れるよ!?
そういう時間がとれる場所として、子供達にも、一般の一生懸命クライミングしてる人たちにとっても、スゴく良いと思うんだけどな。
 
宿舎から体育館までランキングで行かせて、立てなくなるほど登って(笑)、レストの日はアクティブレストとして、ハイキングとかジオラマパークで自然についてお勉強!
イルカと泳いでも良いし、ダイビングで違う筋肉使ったりメンタル鍛えたり?(笑)
 
日本のそういったコーチ?やらなんやらやられてる方どうでしょう?
 
私も、近いうちに岩場でのクラッククライミングとボルダーと併せて生徒達連れて、講習で三宅島合宿!とかも良いな、と思っています。
 
ホームページもできてるみたいなので、興味ある方は ↓
 
www.miyakemura.com/climbing/
 
で調べるっちゃ!
 
飛行機で行けば調布飛行場から40分!(笑)
 
行きは夜行便の船、帰りを飛行機と言う組み合わせなら、土日休みのサラリーマンでも行けちゃうよ〜!
 
posted by ユカジラ at 18:28| 日記