2016年11月20日

三宅島での講習

清々しく晴れた日曜日!
 
なんと!
飛行機に乗って三宅島へ!
 
ドイツ製のドルニエ機。
「紅の豚」風でちょーカックエエ!
 
 
もう、そうそう感動することも少なくなった人生だけど、久々に興奮して窓の外をガン見!
 
うわー、すっげ〜!
見慣れた景色が眼下に!
ちょー楽しい(笑)
 
しかも、40分で着くなんて、文明の利器ってスゴいね。
船だと6〜7時間位だった気がする。
 
三宅島へはルートの講習で向かう。
 
立派なルート壁が出来てから、一度はと言うことで、初めてルートクライミングをする人へのはじめの一歩と、経験のある人への安全に関するノウハウの確認とスタンダードなビレー技術を講習。
 
ルートは高さもあるし、ちょっとしたミスが文字通り死を招く……運良くそこまで行かなくても重大な事故にも簡単に結び付く事なので、きちんとしたビレー技術を学んでおくのは大切。
 
 
思いのほか重症だった、突然の声の出なくなる風邪?(咳喘息都の噂も……)のおかげで、未だにハスキーボイスだけど、この1週間で丸々2日は全く声が出なかった事を思えば、回復傾向で講習を迎えられて良かった。
 
普段、私が主催している講習では、全く声がでない日もあり、喋れない事がこれほどまでに大変な事態だとは思わなかった!的に、全く仕事にならなかったから……(苦笑)
 
まー、良く喋る、うるさいイメージの私ですが、黙ってるのは全然苦にはならなかったけどね(笑)
 
自宅で猫に声かけようとして、「あれっ?声……そうか、出ないんだったな」くらいのモノでしたが社会に出るとそうも行かない(笑)
 
声は大切だ!と、普通に出来てる事への有り難さに感謝出来る、立派な大人になりました(笑)
 
そして、先ずは講習も滞りなく出来て良かった。
 
 
そして、生まれ変わった坪田の体育館改め「レクリエーションセンター」の壁、施設がとても良くて、ボルダー壁も併せて、今後の活用次第じゃ、すごい良いものになるよ!って話はまた明日!
posted by ユカジラ at 22:32| 日記