2016年09月18日

我慢のレスト

今朝は、最低気温7度とこの時期にしてはイレギュラーな冷え込み。

こちらに到着してから続いていた不安定な天候と雨も、今日の午後から暫くは安定した天気になる予報。

予報得通り抜けるような青空と、乾燥した風が吹き、絶好のクライミング日和。

トライしたくてウズウズするけど、核心の1手を止めるシークエンスを見つける為のトライには、完璧な状態でやってみるべき、との判断から、今日は半強制的にレスト。

焦らなくても、明日からの1週間は、乾いた晴天が続く予報だ。

去年より完璧に岩や気温、外的な条件は良い。



感覚的には疲労感はないし、今日も、当然トライは出来るけど‥

今までと同じやり方で超えられるほど甘い難易度ではないし、そろそろ、自分の回復が思ったよりも時間がかかるって事を受け入れて、体力に任せて登り続けることから、自分も変わっていくべき‥‥

そんな想いからの試み。

去年は、ずーーーーっと、2日登って1日レストを基本に、ヨレテてもトライし続けて、疲労を蓄積し続けながらただただやり続けることで、意味もなく納得していたような部分もあった‥

13c〜dという難易度(FLOORIDA下部の難易度が8a+〜8b)を、2−1のサイクルで、毎回2トライもして‥その疲労が取れない状態で、核心のムーブ、v9(2段)を探っていたって、容易く出来るわけもなく‥



s-14407690_770177459788441_1122879216_n.jpg

上部、最初の核心。
この1手がヤバい‥‥




s-14389954_770179693121551_1328668142_n.jpg

ひとつ目と、3つ目の最大の核心を繋ぐ、地味に悪いキーポイントとなる2つ目の核心



s-14397990_770178706454983_150848687_n.jpg

今年はストレスなく、ホールドも大きく感じた、3つ目の核心



 
s-14384232_770175983121922_268404525_n.jpg

下部、30mの8a+〜8bの上に現れる、連続した高強度のボルダーからなるV9から構成されているルートがFLORIDA。


登りたい!!!




今思えば、去年のなめたトライ‥‥(いや、そういう気はなかったけど‥(苦笑))

アホだね、のひと言(笑)。
というわけで、今回のツアーでは、自分の実力では本当に出来ないのか、悔いや、迷いのないところまでやろうと決断。

恐いけど、明日、そいつと闘うために!!



飯山親子のクライミングの応援と撮影をしたり、明日に備えてすとっれっちなどをして過ごす。

s-DSCF3513.jpg



今日のにゃんこ。

s-DSCF3522.jpg




今日のわんこ。

s-DSCF3496.jpg



posted by ユカジラ at 02:56| 日記