2016年02月21日

サンタリーニャって岩場は‥‥


つくづく、敷居の高いエリアだと思う(笑)

初めてこのエリアを訪れた時から、超高難度にトライするクライマー以外、楽しめないエリアだよなぁ〜〜、いや、もともと、楽しむってエリアでもないよな‥って思っていた。

それでもムーブ主体、辛めのグレード、そんな世界の端っこで修行できるくらいの経験値と難易度は登ってきたので、何とか頑張れるようになったのは築年の努力の成果?そう思いたい(笑)

このエリアでは、数少ない、やや独立型の、殆どの7台のパートは8台以上のアプローチピッチなので、そこそこ独立して1本と感じられるアップに使えるようなルートは無いに等しい‥

7台の後半や8aも、なんたってそれ以上の難易度のアプローチって感覚で拓かれているので、ムービーで難しいほうだと思う。
短いって事だけが易しい事になる一要因とはいえ、ムーブが出来なければ完登は望めない‥けど、そんな事はお構いなしな容赦無い設定(笑)

そして、そんなルートにトライしていても、上級者に見えないのが、この岩場の相当キテル感じの表れかと思う‥‥(笑)
8c+や9a以上をガンガントライしていクライマーが多すぎなんだよ‥(爆笑)


今回の私は、ムーブ主体、同じグレードでもカライ!っていうのを登りきることで、本物に近づきたいという思いと、定石としては、初めての難易度は登りやすいモノから攻めるけど、いずれ、その上のグレードよりも難しい内容のものも全部登り込んでいかなければ、すんなりその先に行けない‥そんな想いからの挑戦でもある。

8a以上を10本以上登ってきて、中にはやけに厳しく感じるルートも諦めず登ってきて、登れなかったけど去年の秋には、FLORIDA 8c を1テンまでこぎつけて‥やっとこのエリアでも、登る資格、ちょっとは出来たかな?って思ってきたけど‥‥

敷居の高さは高いまんまだ‥(笑)

でも、だからこそ、か?

今楽しくてしょうがない!!!

s-IMG_0095.jpg

s-IMG_0099.jpg

Asaltinbankis 8a+、連続する4か所の遠いホールドへのデッドは、デッド自体は止めれるようになって来ているけど、それを止めた後のクロスや、次の1手が、これまた‥方手引きで連続性が高すぎて、つながるんかいっ!?という感じ(超苦笑)

35mと、長いルートなのに、ムーブ主体なんだよなぁ‥。

これもサンタリーニャの敷居の高さ?

でも、きっとつながる!!

今日は2日連登の昨日に引き続きの2トライ目でも、トライの内容は良くなってきてるし、テンション毎のぶら下がっている時間は極力短く動くようにしてもそれほどダメージもなかったし、ムーブも一応出来てる。

明日のレスト明けからは、テンション箇所を少なく出来るようなトライで行く!

先ずは、目標、目指せ2テン!

あそことあそこ以外はつなげたい!!

どこかわからないって? んーーー、まあ、自分なりに、現時点で極めてつながらなさそうなあそこなんですな(笑)




posted by ユカジラ at 06:22| 日記