2016年02月19日

時間の概念

今日は、米さんかおりちゃんをバルセロナに送って、その後岩場に行く予定だったけど、レストに。

時間的にちょっと半端だったのと、雨で気温も低く(外気温3℃、ひょ〜〜〜ぇ〜〜!!)こういう日の岩や寒さの状態は経験済みだったので、ムーブを練習するって言ってもまあ、ギリなムーブが続くので印象悪くするだけかな、ってことと、原っさんもちょっと考えてたけど、明日からしばらく晴天続きなので合意のもと決定!

アパートに戻ってから、掃除したり昼ご飯食べたりしたあとは各自自由時間。

私は、原っさんとかおりちゃんに教えてもらった、レスト日に歩くにはややチャレンジングな距離のコースを、帰るまでには行きたい!!と思っていたので敢行。

カマラサの町から対岸の岩場の下を通って、隣村までぐるっと1周。

s-DSCF3401.jpg

s-DSCF3408.jpg

2時間かかったけど、寒いし小雨ちらついてたけど、やっぱり外にいるのが性に合う(笑)楽しかった!

けど、後半は時々止まって腰や足裏を伸ばしながら歩ききったって感じ‥散歩にしてはちょっちハード(笑)



s-DSCF3404.jpg

さくら!!と思わせて、アーモンドの花。
このビジュアルは、日本人には落ち着く。



s-DSCF3412.jpg

木立。


やや、後悔感も匂わせつつ町の端に着いた時には、よく頑張った!!って一人満足感に浸るくらい疲れてた。


s-DSCF3399.jpg

猫たちもお迎え。



こっちに来てから、レストばっかりに感じるけど、手帳で数えてみても、感覚ほど登ってないわけでもないんだな、と、現実を把握して落ち着こうと思って数えてみる。

こっちに来て10日、もし、いつもどうり順調に2日登って1日レストのサイクルなら、7日登って3日レストの計算。

実際は‥ジム登りも登ったとして、6日登って4日レスト。

うん、うん。
そうそう登れてないわけではない。

実際、1か月のツアー、天気が全部良くても、2−1のサイクルなら10日〜12日は休んでる事になるし、登れる日は18日前後ってところだと思う。
半分くらいは休んでるんだよね、実際は。

上手くレストで回復していかないと出せる成果も出せないのがクライミングツアーのシビアなところでもあるし、今まで私は体力あり過ぎておざなりにしていた部分を最近は重要ポイントとして考えるようになった。

50だし(笑)

疲労を蓄積するタイミングや、1日のレストで回復できるような内容以上の登りをしていれば、もうそういった日数的な勿体無さはあまり意味を持たなくなるし、バカスカ登る内容や強度よりも魅惑的な世界を知ってしまったから、って事も手伝って、そろそろそういう部分をより深くコントロールしながら登る事にも意識しながら登って行きたい!って思ってる。

大体に置いて、季節的にも冬場はタダ岩場に居るだけでも寒さの疲労は残るので、夏やちょうど良い季節のような気軽さも持てないしな。

と、言う訳で、何がなんでも登りたい!!とか、疲れるまで登っていないとやった気がしない!とか、稚拙で無駄に疲れて喜んでいた自分とはバイビーだぜっ(笑)

今回はそんなこともあり、疲労感MAXなはずのちょうど1週間過ぎた辺りが来ても、蓄積疲労は0に近いのでイイ感じだ。

さて、明日から、本格的に攻めるっす!!



posted by ユカジラ at 02:52| 日記