2016年02月05日

まてば肘の回復有り

 
待てば海路の日和有り…にかけてみた(笑)
 
3日後には機上の人となり、スペインへの逃亡をするゆかじら。
 
今度はそんなに長くないよ〜と言いつつ、5週間も逃亡するので、いろいろいろいろ、忙しかった(笑)
 
仕事やら留守する間の雑多な事を端から端からガンガン片付けているのに…ヨーシ、よく頑張った!って一段落着くと…次から次へと片付けなきゃならない事が浮上する…
 
なんなんだ!?
このエンドレスな忙しさ(笑)
 
残業は、やればやるほど仕事が増える、とは、誰の言葉だったか…(笑)
 
正にそんな感じ。
 
でも、それもこれも、自分で決めた事。
筋の通った在り方のためには頑張るしかないのだにゃん。
 
 
(またおいてけぼりにシクシク涙の海子   うそ〜ん)
 
 
(実家に奉公に出る子供達)
 
 
まあ、そんな忙しさを好機と捉えて、肘の痛みを少しでも無くそうと登る量や強度を調整したおかげでか、今、肘の痛みは殆ど無くなっている。
 
やればできるじゃん、わたし!偉いねっ(笑)
 
ツアー中は心配でもあるけど、夏のツアーではそう悪くならずやるべき事をやりきれたし、岩場の方が故障には何故だか優しいのは何万年前からも変わらず、だよね。
 
ほんと不思議なんだけど、岩場登ってると治る故障も多い。
 
アウターとインナーの違いが大きい(ホールドの事ね)のと、身体を使ってる時間がジムではやっぱり多いからなんだろうな。
 
ジムではマグロのDNAが影響するってことなんだろうな。
 
プラス、ツアーでは、クライミング以外の他のストレスも0だし(笑)
 
もてよ〜身体。
もてよ〜肘。
我慢できない痛みは1年もてよ〜。
 
今年は、故障してる暇がないくらいラッシュかける年!
頑張れるように先ずは身体を整えないと!
 
んで、肘の痛みが弱まったので、久しぶりに自分のトレーニングとしてボルダー@秋パン。
 
4時間登った。
 
バカみたいにマグロらず、丁寧にアップして、新しくなってた壁を中心にいろいろな傾斜、課題を。
 
グレード的には1級までトライしたけど、2級と3級の1撃がベストトライで、今回は1級は登れず。
 
 
もうすぐなくなると言うこともあり、赤ホールドのこいつやってみたら、けっこう苦戦して…10トライくらい、ずっと終了点落ちした(苦笑)
 
けど登れた。
嬉しかった〜。
 
膨らんだボテの面に会わせての片手カチからの引き付け…あと数ミリ届かなくて落ちたわ〜、時間が止まったように最大の引き付けロックしてんのに、数ミリ届かなくて落ち続けたわ〜(笑)
 
でも、こんなに打ち込める課題、そして打ち込みたいだけ打ち込める幸せ…
 
元気があれば何でもできる!
 
猪木、あんたは偉い。
ほんとにその通り(笑)
posted by ユカジラ at 21:53| 日記