2015年10月09日

10000までの始まりの1歩

FB_IMG_1441917495622.jpg
帰国してから3日経ちました。

猫達も回収してきて、やたらと早く目覚める朝も(笑)ようやく許容範囲内の時間になった。

今回のツアー…頑張った、というのは当たり前な事。

誰しも目標に向けての努力はしている…そんなのあたり前田のクラッカー(笑)

目標を達成出来なかった努力は、所詮生ぬるい努力だったって事。

あ、今世間からのブーイングが聞こえたような…(笑)

『私の』去年1年の努力は生ぬるく甘かった、だから登れなかった…自分的にはそう思ってる。

過程はとても重要で、結果ばかりが総てではないけど、自分の描いた結果を出す…1つの完登こそが努力の形だと、私自身にはそうジャッジして来たし、これからもそう。

だから、今回のFLORIDAは私の敗け。くそぅ。

でも、明らかに手応えのある敗けだから、来年みてろよ!という感じ(笑)


次の努力は、1000じゃ甘いから10000で行く(笑)

帰国した日から、1歩目を歩き出しました。

この1年、きっとモチベーション切れることなく進んでいける。

それくらいの想いをFLORIDAからもらってきた(笑)



そして、今回のツアーでは、今後のツアーで変えていかないと…と思う事がいくつかあった。

技術面では当たり前にボルダー力の強化でしょう。

うぇぇえーぃ!やるぜ、先ずは地面からの2段をしっかりこなしていけるようにならねば。

難易度が上がれば、ムーヴの強度はよりボルダーになる。

何年も前からそこには意識して来たけど、まだまだ足らない。

全然追い付いてない。

この後も…生涯続く私にとって永遠の課題(笑)

ムーヴが確実に、余力持って早い段階で作れる←これ重要。

今回は1ムーヴの出来っぷりが、繋げるにはギリギリダメだったという事…

要は完登するためのムーヴは出来てなかったってこと。

ムーヴが確実に出来ていれば、繋げる事はそこそこ得意分野なのだから。

今日までの3日、さっそくボルダートレーニングも開始している。

来年までには、楽勝にあの一手止めたるわい!←ほんとかー!?大きく出てんなぁワタシ(笑)

持久力的な部分は何の問題も感じられなかった。

さすが私。持久力抜群(笑)

日々こなすという体力的な部分でも充分だったと思う。

それでも、今回は蓄積疲労が酷く、帰国してから、いつも行っている90分のサブトレが、3日やった今でもいろいろな関節、筋肉が固まったままで、ほぐれるどころか正常な動きもイマイチな状況。

日を追う毎にいろんな所に痛みが出てきてる(苦笑)

強度の高い動きをやり続け、メンテナンスが足りてなくても、今まではここまで身体が固まることはなかったけど、これじゃパフォーマンス落ちていても仕方ない…と感じるほど酷い。

今まではそんな事は感じたこともなかったけど、今年は、バルセロナの送り迎えの往復でも身体が固まってしまい、元に戻すのに数日を要した。

これからは、そういう不要な行程は無くしていかないと…

今まではギブ&ギブで何の気にもならなかったけど、自分に余裕があまりなくなってくると、ギブ&テイクがそこそこ半々で出来るパートナーと行くことを考えた方が良いのかな?とも真剣に考えざるを得なくなってきたように感じた。

今までは好きで殆どの事をイニシアティブを取ってきたから、これからは、時には任せっきりで頼れるくらいのパートナーって考え方もアリなのかもしれないな、と思った。
posted by ユカジラ at 21:55| 日記