2020年07月04日

顎マスク

20200704_075147.jpg

森田君も最近は顎マスクです(笑)


しっかし、なんだね…

このご時世なので仕方ないと思うけど、厚生省ですら、最近ではマスク着用の指針が変わってきてるのに、強度の高い運動下で、マスクの強要って、大丈夫なんだろうか??
特に自分を含めた、高齢者は、健康的に…

ジムのルートで、強度の高いルートのトライを頑張った夜は、頭痛がして寝付けなったり、夜中に目が覚めたりと、、ちょっと心配になる事も多い。


もう多くのジムで、しかもボルダージムですら登るときは顎マスクOK!なのに、より有酸素なルートでダメって…(苦笑)
ボルダーで外したいって思ったことないけどな…手数少ないし、基本、無酸素運動だし…

頑張れるなら、マスクはしたままがより良いのは解るし、私もそれが良いと思う。

けど、周りを見渡しても、登っているときに、あまりの苦しさに顎マスクの人は結構いるし(スゲーわかる)登って無くても、登り終えてすぐは、苦しいからだと思うけど、顎に下げておしゃべりしてる人もいる。

マスク警察になる気は当然ないし、その苦しさは、登ってる人ならわかるので、言えないよね、とも思う。


私も、一瞬ずらして呼吸して、マスクを戻して動いて…の繰り返し。

登り終えて、ロワーダウンした後も、頭が痛くなりそうなときは、外に出て酸素吸入してからジム内に戻る事もある。

ジム内でもタイミングを計って上手く外したり、常識の範囲内で上手くやってる人は多い。

でも、私はそれがやれない( ;∀;)
何故って?
以前、思いっきり対面で注意されたから。


そもそも、それまでちゃんと守ってたのに、仲間たちに、熱中症や健康面から考えても「顎に下げるくらいいいよ!」と促されて、「そうかな?そうだよね」って、顎マスクで登ったら、ソッコー注意された。
くっそう(笑)

それ以来、仲間たちも「そうか…」となり、私だけが【要注意人物】扱い…

まじかよ、ずりーな、おいおい!!って感じだ。

人のせいにするのもなんだけど、生贄体質な私ばかり、いっつもこういう目に合う( ;∀;)トホホ。

その、注意された時の私より、堂々と顎マスクな人々を見ると、自分の損な星の下が哀しくなる。



なし崩し的にOKにせず、良いならいいって公表してほしいなぁ…
ダメなら、ちゃんと全員注意してほしいなぁ…

ユカジラは目立つんだよ、と人は言うけど、それ絶対に違うから!!
もっと目立ってる人もいる。

言いやすいからって、不公平はやめてほしいなぁ…

絶対ルールなら頑張って守るし、自分たちにとって、とても大切なことだって言う事が大前提だけど、皆がやらなきゃ、あんまり意味の無い事でもあるし、どっちつかずなのは困る〜〜〜。

だって、外して登ってる人見たら、いいのかな?ってなるじゃん!?

でも、2度目に注意されたら出禁か!?って板挟みな私はどうするべき??
私がちっせい人間だからダメなのか!?




posted by ユカジラ at 08:51| 日記