2020年03月28日

花崗岩の洗礼

目標に向けてやらなきゃならないトレーニングが目白押しで、のんびりまったり登る事を忘れていた珍獣ユカジラです。

たまにはガツガツ登らないで過ごすクライミングも、って事で、ゆかいな仲間たちと、今シーズン初、ひっさしぶりの花崗岩ボルダーは、瑞牆山へ行ってきた(*^_^*)


まだ、ゲートが開いて無いので下から歩いたけど、雪もゼンゼン無くて楽勝でした。

line_173999244989038.jpg

仲間たちが行きたいエリアをまわりながら、のんびりまったり、自然の中で癒された〜〜ハート




line_173988836892011.jpg

新しいトポが出来る前までは「ちんあなご」って呼ばれてた課題は、本当にちんあなご的な形で、なぜいっそ「ちんあなご」にならなかったんだろう??という疑問ばかりが気になって、結局、正式名称は忘れてるという……(笑)

この課題は、動きのポジションが花崗岩ぽくなくて、すごく簡単に感じた。
まあ3級だけど。

あさイチ、アップ殆どなし(こいつがアップのつもりだったので)のゴキゴキの腰のまま乗越したマントルには、濃いコーヒーよりも目が覚めたけどね(笑)

そのエリアで何か他の課題もトライすればよかったんだけど、大昔、指先ちぎれて登れなかった「倶利伽羅」をトライしたくて、午前中いっぱい、仲間たちの完登を応援しながら過ごした。


午後になって二ノ谷に移動して、「倶利伽羅」をトライし始めたものの出だしがゼンゼン出来ない!!!

かなり前の、まだそれほどボルダーをボルダーとしてやって無かったころ、ン?変な日本語だな(笑)
ルートのトレーニング的な感じで、その日に登れるくらいの課題を選ぶか、登れなくてもそこまで、って感じで登ってた頃でも、あと1手で登れそう、と言うくらいまでは出来てた記憶があったので、出だしの出来なさ具合に、ん・・・??

ん??

んんんん????

絶対なんかおかしい!!

と言う事で、ちょっと調べてみたら…

去年の5月に、出だしのホールド欠けてるやーーーーーん!!!

良く見ると、取り付き近くに、ガッツリはまるパズルのピース的なフレークが数個落ちてた…( ;∀;)

……
と言う事で敗退。


line_173929863388023.jpg

シーズン最初で、苔やら松葉ヤロウが積もってるのを、皆に手伝ってもらって掃除したのにぃ〜〜!!きーーー!!




line_173985106381127.jpg

岩の上で呆然のユカジラ。
うーーーむ、、、無駄に保持を使って終了(笑)




その後は、目標を失ってうろうろ…

とりあえず皆のお目当ての「カラクリ」を応援。

この課題、昔1ゲキしていてすごく簡単だった記憶があったので、「もういっかい登るかなぁ〜」とか、の賜わってトライしたら、なんも出来なかったという、老人にありがちな「アレ」になっちまったよ!!!!!(苦笑)

いや、ほんと、今の私は現役で、まだまだ向上してるつもりだったけど、認識を覆される、大ガッカリでした、(;´д`)トホホ。


昔の私が強かったのか、今が弱くなったのか、ダブルの効果でもう終わった人って事なのか、本気で夢見てたのか、認知症か!?ってくらいの驚愕の出来なさっぷりにはもう安楽〇か!?って気分でした…(;´д`)トホホ

これからの人生恐いわ。まじに( ;∀;)

この話を、友人にしたら、肩の手術で可動域も落ちてるんだよ、とか、指の変形も影響してるんだよ、とか、一撃してるからこその安易な気持ちだとそんなもんだよ、とか、花崗岩は慣れもあるし、とか、、、慰めにならない慰めをくれたけど(笑)久々に恐怖体験になった1日(笑)

まじ、過去に登れてるものも、もう一度トライした方が良いな、って思った。

ああああ、、、くわばらくわばら。












posted by ユカジラ at 21:46| 日記

2020年03月17日

20200317_124303.jpg
やっと少しずつ元気が出てきた。

自身の活動も仕事もblogもインスタも、なんだか止まったまま進む要素すら見つからなかったし、見つける必要すら感じなかった。

登っていても何してても、ちっとも力の出ない感じの日々だったけど、昨日は久しぶりに古い友人が、とても“らしい”生き方とクライミングを続けていて…
こんなときだったからなのかな?、また昔のように身近に過ごせたし、何年たっても、いつも近くにいなくても、変わらないものはたくさんあるとしっとり思えて、とても楽しかった。

私達は、自分次第で簡単に過去にも現在にも、そして、未来にも行けるんだと思い出させて貰えた1日になった。

昨日は真冬のような天候で、薄日が射したりもしたけど、ほぼほぼ吹雪(苦笑)だったり、回りの山は真っ白で、ビジュアル的にも、フリークライミングに来てるんだか、あの懐かしい(笑)冬壁に来てるんだか解らないくらいの天候でした。

寒くて、風が芯まで差し込むような状態だったけど、そんな染み入る寒さが懐かしいような、前へ進める力になるような気持ちにさせてくれ、久しぶりに、すごく楽しかった。

岩っていいな、やっぱ岩なんだよ…って、当たり前のことすら染みた(笑)


世の中もいろいろ大変で、きっと何かの提示なんだろうな、と、思うとともに、私も、自身のまわりに起こることの総てには意味があり、そこにある大切なひとつひとつを見過ごさないように進もうと思いました。

行くぜ。
どこまでも!
posted by ユカジラ at 13:06| 日記