2020年01月15日

パンプクライミングアカデミー初見参


昨日は都心に用事があり、登れる時間も少なかったので、パンプクライミングアカデミーへ行ってみた。

この春で、ずーーーーっと、多分システムが出来たときから更新し続けてきた、ゴールド会員を辞めようと思ってることもあり、会員の間に1度視察しておこう…という理由もあって、苦手な大都会で、道に迷いながらなんとか行ってきました(笑)
ビルの谷間を歩くことや、人混みに辟易したけど、頑張った!偉いぞユカジラ!


コンディショニングとトレーニングに重きを置いてるジム、というコンセプトにも興味があって、最近のマイブーム、様々なキャンパスボードとかあるのかな?と大いに期待して行ったけど、これらは一切無くて残念でした。

それでも、システムボード的な壁面で(距離的にはもう少しあった方が良かったけど)、苦手なダブルダイノの基礎的な動きなどをじっくり、集中して練習出来たのは良かった。

70回くらいは “びょょょょ〜ん”と、飛び付いた。
飛び付くまでもない距離感だけど、あえて両手で飛び付いて、両手で止めてうちに、何となく飛び付き方のコツみたいなのが解った気がした。

新品のジェット7の爪先が減りまくっていることに気がついた時には青ざめたけど(笑)(涙)

人は、何かを得るには、何かを失わねばならない世の摂理を感じた…くそぅ。

夕方からの3時間くらいだけど、その間、クライマーは3〜4人…
空いてると言うか、やりたい放題で申し訳ない感じだったけど、ここが一番良かったポイントでしょう(笑)

一周50?メートルのぐるぐる壁は、傾斜がないのと、足限定で12Bまでしかないので、あんまりパンプしない。

回りすぎてバターになるのも困るので、その前にやめだけど、125度の長モノ壁は、初見だとホールド、スタンスを探すのに手間取って、結構良いトレーニングになった。

62手の12Cが最高難易度なので、13台とかもあれば、易しめの課題と合わせて永遠に動き続けるようなトレーニングも出来るうえに強度も持ててスゴく良い気がした。

トレーニングのやり方を持ってる人なら、使い方ひとつでユートピアになる場所だと思った。

ゴールド会員を辞めるまでにもう1回位行こうかな。




posted by ユカジラ at 15:48| 日記