2019年12月24日

3回目の10本トレーニング

20191224_174306.jpgScreenshot_20191224-175128_Photos.jpg

疲れが溜まってきてるけど、年末年始はクライミングもトレーニングも必然的に休みになるので(2日間だけど(笑))スケジュール通り、ここは頑張っておこう!

と言う訳で、今日は3回目の10本トレーニング&筋トレプラス。

ルートの、登る順番を変えてみたら、これならイケそう!となった組み合わせを!ジャーンきらきら見いだした!

その黄金比?(笑)は…

こちら↓↓↓q(^-^q)

13時スタート〜17時終了の約4時間。

トライ間のレストもだんだん減らせてきてるのも嬉しい。

12A(オレンジ)+12B(白)
5分レスト
12C(ピンク)+12A(緑)
30分レスト
12D(白)1テン。再登出来そうになってきた。
40分レスト
13B(オレンジ)2テン。つなげるのがまだまだ厳しそう。
75分レスト
13A(グレー)1テン。再登出来そうになってきた。
30分レスト
12D(紫)+12B(黄色)
15分レスト
12C(黒)

7本完登。

白の12Dを5本目に入れるのが良い感じで、このタイミングだとなんとか頑張れそうで、そろそろ再登出来そうな手応え。

13Aは、わりと好みな内容だけあって、再登へのストレスは少ない感じに。

あとは、まだ登れてない13BのRPが肝かな。

そして、スペイン出発までに全部登りきることが目標。

頑張ろう!(^∧^)


10本トライする時間が早くなってきたので、今日は筋トレも1時間プラス。

キャンパス7段目までの往復を5本。
懸垂10×5セット。
腕立て伏せ10×5セット。


で、本日のトレーニング終了。

午前中に行ってる90分の、体幹と可動域のトレーニング+腹筋トレーニングも、10本登りに影響を感じなくなって来てて、ホントに、持久力と言うか、耐久力と言うか…着いてきたなぁと思えるようになってきた。

始めた頃は、トレーニング後の仕事がツラくてヘロヘロだったもんなぁ(笑)&翌日もダルダルだったもんなぁ(笑)

回を重ねる毎に疲れ方が変わってきて、いろんな余裕が出てきてる。



悪いムーブや遠いパートをこなすには、そのパートに来たときに、体制を整えたり、高い重心を保てたり、初動を入れる為の余力がなきゃ、こなせない。

年明けから行くツアーでの目標は、FishEye(8C)

50メートル。
その長さの中、私にとってはずっと同じような強度が続く厳しいルート。

ラストにある1本指パートもシビレる。

ツアーでは、連日の登りから来るダメージに負けない身体作りも必要。

やらなきゃならないことはたくさん…


でも、出会ってしまった。
心から登りたいと思えるルートに。
だから頑張れる\(^-^)/

11月からトレーニングを始め、出発まで約2ヶ月半という短期。

今のトレーニング内容で足りてるかどうかは解らないけど、確実に去年の私には出来てなかったことを、少しずつ身につけての再チャレンジを目指そうと思っている。

肩の手術後、なかなか怖くてハードなトレーニングから離れてしまっていたけど、そろそろやれる気もしたし、そういうトレーニング無しでトライ出来るほど甘い訳もなく…

やるしかないのだ(笑)

そんな冥利につきる日々がとても幸せなんだなぁ。
posted by ユカジラ at 23:52| 日記

2019年12月20日

超絶追い込み!

う〜む。
ギリギリじゃ…(笑)

追い込みも佳境を迎え、まさに生きるか死ぬかくらいの背攻めき合い(笑)

故障や怪我を脳裏の片隅に気にしつつ、生まれながらのギリギリ大好き獣としては生ぬるい人生なんて死んだも同然!(笑)

少しずつ強度を上げ続け、ぬかりなく毎回毎回、
壊すか!?
うーんセーーーーーッフッ!!
と言うギリギリのところまで追い詰める、“追い詰め人生”を展開中。

ああ、楽しい。

1日が終わり、身体のあちこちがグッタリしながらモフモフの布団に入る時の、“今日もなんとか生き残った”感…
幸せを感じる〜んハート(トランプ)️←バカ丸出しのもうすぐに54歳…
いいんだろうか!?こんなんで。

まあ、いいや。


風呂に入る姿を家族に見られ、カメ筋と腹斜筋のヤバさにいろんな意味で心配されてますが、私はやるのだ!
うおーーーっ!!


昨日(19日)は、2回目の10本トレーニング@P2ツナミ。

2回目とあって、何となく慣れてきてる感がアップ。

13Bを2トライと13Aをトライしたあとでも、いちばん苦手な白12Dが嫌じゃなくなってきた(笑)

まだまだ完登ペースには遠いものの、「このタイミングで出来るかな?」と、ビクビク、半ばやりたくない態度満載で取り付いてたし、気持ちの上でも「出来るわけねぇ!出来るわけねぇんだよぉぅ!!ひーん(泣)」って感じだったんだけど、なんか、行けそうな気もしてきたし、ヨレヨレでもなくなってきた…気がする(笑)

これが積み重ねたトレーニングの成果ってやつで、当然の進化の過程。←ただ苦しく辛いだけじゃ、オウンいじめだもんねぇ(笑)

当たり前の過程なんだろうけど、自分はなかなか弱っちいガリガリ君なので、にわかには受け入れられない感覚なんだけど、ちょっとずつパワーと、エンデュランス、付いてきてると感じています。

ちょっち嬉しいハート(トランプ)️うふ。

攻めぎ合いに負けて、プチギックリで、歩くのも寝るのも出来ないくらい腰が痛かったり、エネルギーがオールアウトで普通の生活すらキツイ日、指の変形症の痛みが強く出てる日もあった…

乗り越える度に、まだかろうじて強くなれてる。

10本トレーニングの翌日に組み入れてる、ボルダー&筋トレの日の内容も、納得行くように出来るようになってきてる。

このペースで乗りきれるように頑張るぞ〜!
posted by ユカジラ at 18:49| 日記

2019年12月16日

土曜日と16日

20190911_223522.jpg20191101_220602.jpgIMG_20190610_204219_504.jpg20170707-13.jpghttps://www.amazon.co.jp/photos/share/N42KQ1qS9SOdBVjQHG8iOhqKRtHMUoG1SdljTOgO2op


私にとって、これからずっと忘れない曜日と日にち。

今日は、海子の月命日。

土曜日が来る度に、16日が来る度に、もう戻らない海子を想う。


海子がいなくなって1ヶ月が経つ。

ペットロスになるとか、生活に影響するような、耐えがたい悲しみを引きずる事は無いけれど、喪失感は大きいままだ…(涙)

夜や何もしてないふとした時、とても寂しい。悲しい。


海子の最後の日々は、ご飯や水を少ししか食べれなくなりだして3日目にはなにも食べようとしなくなっていた。

薬を混ぜた液状のご飯をひと舐め分、無理やり口に入れて食べさせなければ、自分ではなにも食べなくなっていた。

そのまま、お水も飲んでなかった翌日の手術のあと、海子は逝ってしまった。

まだ少し食べれた頃、食べたいと言う気持ちはあって、森田にご飯あげようとパウチを開けたりしていると、体調悪いのに立ち上がって、台所の方に来たり、その様子を離れた場所から見てたことが、脳裏に焼き付いて忘れられない(涙)

いつもなら、ご飯の時間になると、いの一番にやって来て、森田の分も取りあげてたのに…(苦笑)


「海子も食べれるかな?食べたいよね」と、すぐにお皿に盛って、運んであげたけど、やっぱり食べれなかった。


今思えば、腸が腫瘍で完全に塞がってしまうまでは、食べたい気持ちや、お腹が空いてるから、少しずつでも一生懸命食べてたんだよね。

食べても、そのあとすぐに全部吐いてしまっていたけど(涙)。

日中、私の居ないときにも、お腹が空いてたんだろうね…胃液と、全く消化されてないままのカリカリがあちらこちらに吐いてあった(涙)
あんなに食欲旺盛だったのに…(涙)

病院で手術してもしなくても、だんだん食べれなくなって、最後は痛みや苦しみと、食べれないことで弱り、餓死していたのだと思うと、本当にやるせない…

変わってあげれるなら変わってあげたかった。

私は、いつ死んでも悔いのない毎日を過ごしてきたし、もう思い残すこともそんなにはないから、受け入れることはそんなには難しくないと思っているから。

海子は急に体調が悪くなり、食べれてた頃から数えても、10日くらいで死んでしまった。

その日にち、辛かった日々を耐えてた時間が長かったのか短かったのか…わからないけど、私ならきっと、根性だけはあるから辛くても耐えれたと思うし、前向きに諦めることも、出来たような気もするから。
……いつもそれを思う。

生きること、食べること、嬉しいこと、気持ちいいこと、海子にはそれが全てだったんだよなぁ。

シンプルな生き方。
動物ってすごい。
人間は、私は、なんていろいろ欲深いんだろう。



海子が死んでから、私のもともとモチベーション低めな食事は、さらに生きるために食べる食べ物になっている。

美味しいもの、贅沢なもの、そういうものが、何となく食べにくくなってしまった。

もともと、食べたいものは身体に必要なもの、と言うスタンスだったので、変わらないと言えばそのままなんだけど。

ちゃんと食事もしてるし、好きなものも選んで食べてるけど、何となくいつも、海子に悪いな、と思ってしまう。


食べたくても食べられなかった海子のためにも、贅沢、飽食、食べ物を粗末にする…これからは更に出来ないな、と思う。
posted by ユカジラ at 17:17| 日記

2019年12月12日

久しぶりのツナミ10本トレーニング

20191212_161734.jpg20191212_161716.jpgimage001.png

ぐぅぇふぇふぇふぇ…( >д<)、;'.・ 

ヨレた〜!(笑)
が、本日のミッションは、いちおう完了(笑)

第一段階、筋トレの疲労がコントロール出来てきた感じなので、久しぶりにツナミ持久力トレーニング。

今トライ中のオレンジ13Bを含めた10本を5時間半以内に登るトレーニング。

目標は、全てを完登する事なんだけど、けっこうハード!

それでも、来年のスペイン出発までにあと4〜5回はやりたい。

そして、全完目指す!目指したい!


と言うわけで、今日のトレーニング。ルートの組み合わせは…

12A(オレンジ)+12A(緑)2本連続でアップ。

12B(白)+12C(黒)連続で、2ターン目のアップ

13B(オレンジ)トライ。
2テン。
そろそろ登れそうな気もするけど、ヒジョーに難しい!(笑)
やりがいのあるルート。

13A(グレー)これだけやるなら再登も出来るだろうけど、なかなかどうして…(笑)2テン。

12D(白)、私にとってはこいつが最も難題で、組み込むタイミングを誤ると、絶対ヤバイやつ(苦笑)
最初の方に組み込んだ方がいい感じ。

12D(紫)完登。
粘れるので後半でオッケー。

12C(ピンク)+12B(黄色)2本連続でワークアウト。

と言う、ツナミの10本。

10本中、難易度高い3本が登れなかったけど、妥当と言えば妥当か。

今までは、ボディがヨレてくると、モロに前腕にキテ粘れなくなってたけど、ヨレてから最後まで、背中で引いている感覚があって、けっこう頑張れた。

これには筋トレの成果を感じられた。

身体もずいぶん筋肉バキバキになってきたのに、体重は横這いで増えない。

その分、体脂肪が減ってたので、ハードなクライミングには良い感じかな。

体脂肪、8%台。
風邪ひきそうで怖い(笑)
posted by ユカジラ at 23:52| 日記

2019年12月02日

金の肉取得へ

20191109_135307.jpg


この秋のスペインツアー、目標だった「FLORIDA」は、ホールドの欠損が大きな痛手となり敗退。

さらに強度アーップ!
オーマイガっ!!

それでも、やっぱり登りたい(笑)

そして、冬の目標の「FishEye」、去年感じた足りない部分を復唱する中でやらなきゃならないこと満載…

どうする?
ボーッとしてるとチコちゃんに叱られる!(笑)

と、言うわけで、帰国翌日の11月1日から、トレーニングの抜本的な見直しをしての再スタートを切り、約1ヶ月が過ぎた。

長いこと、自分に足りないのはこれだろう、と、思いながらも、苦手意識と、苦手意識が産み出すいろんなものから逃げ腰になってしまい、「まだ他にもやることはある!」と、見て見ぬふり?言い訳がましく後回し?やりたいことをやるだけの(苦笑)なんの進化も無いのにやった気になって濁していた部分への再アプローチ。

若い頃には、それを強化すべきと、積極的に取り組んでいた時期もあったけれど、結局、トレーニングで得たものを実際のクライミングに巧く融合させることが出来ず、「やっぱり登ることがいちばんのトレーニング」ということに落ち着いて、「時間の無駄じゃぁ〜!やめじゃやめっ!」となってきた暗黒の歴史的部分(苦笑)

そうなんです…

圧倒的なパワー不足を打開するため、筋トレを始めました。
とても真面目に(笑)

専門知識の無い中での試行錯誤の時代とは違う現代…

やり方すらも間違っていたと思われる若き日からはトレーニン方法も確立されつつある時代へ変わった。

過去に感じられなかった効果を、今度こそは!と意気込んでの再チャレンジ(笑)


クライミングの為のトレーニングはクライミングの中でやるがいちばん。

この考え方は、今でもそうだと思うけど、時は満ち、とにかく登って登って登って来て、どんなルートにも対応出来るようにしてきたし、技術的には伸び代は少なく…いや、殆ど無い!?と言ってもそこそこ言い過ぎじゃないくらいまで、あらゆるルートを登って、克服、自分の引き出しを積み重ねて来たと思われる私に残された課題、ここから先に進むために必要だと感じ未開発な部分。

伸び代があるとすればここか!?という最終兵器への着手(笑)

これで、今以上の進歩か見られなければ、きっとここが私の限界なのかもしれない。

諦めるとか、ネガティブな意味ではなく、超絶前向きな最後の可能性に掛けての取り組み(笑)

左肩の鍵板不全断裂や、全指に順繰りに起こる間接の変形の痛み…そんな不自由を抱えてるので、やらなきゃならないトレーニング内容をやりきれる日ばかりではない。

身体の様子を伺いつつ、それでもギリギリの線まで追い込めるように心がけて。

変化は遅々でも、この歳になるとそれくらいの変化が普通であり、妥当だとも理解する賢さも、さすがに身に付いて来た(笑)
う〜んマンダム。

今までと大きく変わった、変えてきた根本姿勢に、「強度と質は高く、時間や頻度は少なく」は、賢く実践中。

今までの私は、「強度と質を維持して、時間も頻度も本数もなるべく多く」←バカでしょ(笑)、だったからね。

それでも、それが出来てた頃を思い返せば、それが出来てた私は元気でやっぱり若かったなぁ…とは思う(遠い目…)


取捨選択無しでは先に進めないステージまで来てる現実。
瀬戸際感は満載だけどね(苦笑)



年明けからのスペインツアーまで時間もない。

どこまで変われるか挑戦。
posted by ユカジラ at 08:16| 日記