2018年11月25日

穴社長、再登しました


一昨日完登してから、中1日空けての再登。




何で登ったか?

一昨日、「穴社長」を登った事をブログに書いた。

話はそこから始まります。



昨日、この冬、小川山に通える1か月半の間に、登りたいと目標を立てたルートの1本が登れ、ホッとしながら次の課題に想いを馳せていた。

そんな午後…1件のメッセージが入った。


「穴社長はエイハブのカチ無しで登ってほしい課題です。あそこのピンチを掴むところでかなりおちた…だから私は一万回落ちたと言われた(中略)……だって名前が穴社長だもん。おめでとうと言えない私がいる」と。


このメッセージを受け取った時、そういう限定があるのかと思い動揺して、すぐにその人に返信した。

「カチ無しでも(ピンチは)取れる(と思う)のでやり直します。そんな限定があるとは知らなかったのでと。


知り合いで、とてもクライミングにも一生懸命取り組んでいた人で、登りも強く、すごいなぁ、といつも感心することも多かった人なので、友達?っぽく思っていたので、結構ショックでした(涙)

私は褒められるためにクライミングをしているわけでもないので、おめでとう、と言ってくれなくてもゼンゼン良いというか、そういう部分には興味のないほうなのですが、びっくりしたし、暫くしょんぼり感満載だった(苦笑)

別に嫌じゃないけど、やっと登れた「穴社長」をもう一回やるのか…という思いも。

既に気持ちは次の課題に向いていたこともあったし、決して簡単な課題でもない「穴社長」。
集中して挑んだ日々でもあったので、それ相当の気合を入れ直さないと……と思うと何とも言えない気持ちでした。


しかも、よくよく考えてみて、周りに聞いてみても限定は無い、というのが大方の共通認識でした。

「穴社長」の女性初登の記録時には縦カチは使われていたようだし、それでそういう組み立ても出来てきたみたいで、縦カチ使って登っている話もいっぱい聞いていたし、使わない方が楽っていう話も同様に聞いていた。

ブログのコメント欄にも、「限定があったらしく…」と書いてしまったことに、身内からも、「そんな限定は無いよ、あんなにいい課題にケチが付くから、ブログに “限定” という言葉を書かない方が良い」と指南された。

全くその通りだと思った。

言葉や文章が独り歩きして、確証が無い話や噂が本当のことのようになって、実体のない決まり事が出来てしまうことにもなりかねない…


どんな動きも、それが楽に感じる人、しっくりこなく逆に難しく感じる場合もある。

クライミングは、向き合ってる課題に、自分の体や持ち味をどう使って行くか、そこが面白い部分でもあるわけだし、限定がないなら、どう動こうと自由なのがクライミングだと思う。

特に岩場では、自由でとんでもない発想からすんごいムーブが出てきたりするから面白い。


別の考え方をするならば、自分なりの哲学や、価値、こだわりでそうして来たなら、それは自身の誇りなわけで、それは素晴らしい事でもあるし、それでいいんじゃないかと思う。

苦労した分、強くなれるのだから。



ちなみに、私だって、私なりに頑張ったし、苦労もして登りました。
時間をやりくりして、早朝から日暮れまで、体調の悪い日も、指関節が悲鳴をあげてる日も、独りでも課題に向き合って。

しかも、縦カチ使わずでもピンチは取れていました。

戦略として、縦カチを使った方がより正確に動ける感じだったので、それをチョイスしただけのこと。

そしてそれは、私が、と言う意味じゃなく、クライマーとしては必須で優秀な選択なはず。



そうして、今回、2通りの方法で「穴社長」を完登して思ったことは、

私にとっては、縦カチ使ってピンチを取りに行っても、ダイレクトに取りに行っても、どっちでも大した変わりは無かった、ということです。


















続きを読む
posted by ユカジラ at 22:46| 日記

2018年11月23日

穴社長・二段

登れた〜〜(^^♪





この冬は、10月下旬から小川山に通って、「穴社長・二段」と、「AIT・初段」を並行トライしながら、この2本をメインの目標にトライしてきました。

ゼンゼンボルダーしてるイメージが無いって言われる私ですが、14aとかの高難度登るには、ボルダー力は必須なので結構やってるし、純粋にボルダーも大好きなんです、よ。ふふ。
みんなそろそろ覚えてね黄ハート


そろそろ寒さが身に染みる季節、雪もそのうち降るだろうし…
通い始めた時点で、11月末まで!と決めてたので、間に合って良かった(*^▽^*)


ピンチが初めて取れた時に、カチ取りの動き、届かなかったんだけど手を伸ばすまですんなり出来てしまったので、そこからはすぐに登れるかと思ったけど、ピンチからのカチ取りが、微妙に遠くて何度も落ちた。

取り先が見えないことで、まだまだ遠いのかと思いうんだけど、動画で見ると “ほぼほぼ” 届いてることが解り、「気合でなんとでも出来る距離じゃん!!!」って思えたら取れた(笑)

「出来る!」って思い込み、だいじだよなぁ〜(笑)
いや、「出来ない…」って想いがすべてにブレーキをかけてるんだと、改めて実感。

思いより、ずっと近くにあったカチを、他人事のように見てみれば、「いや、ゼンゼン届くっしょ!気合で行けるっしょ!?」って言うと思う。

そこがポイント(笑)



クライミング歴35年にして、初めて動画を取る意味を知りました( ´艸`)

距離感、適してると思われる足位、重心位置、ポイントになる動き等が、自分がムーブの中で感じているイメージよりはっきりと映像化されていて、修正ポイントがすぐにわかるし、次のトライで何をすべきか、具体化されてイメージ出来る事がとても役に立った。

今まで、自身の動画を自分で撮るなんてこと、面倒くさいし、ナルシストっぽくてやったことなかったけど、これは活用するっきゃない(笑)

仲間が持ってる、ゴリラ三脚や、スマホの充電池なんかも買っちゃったりして、それらを持ってボルダー行っちゃった(笑)

若者のようでテヘ(照)



そんなわけで、今日は午前中に勝負がついたので、余力をもって「AIT・初段」にもトライ出来た。

いつもは、相当「穴社長」で、保持力も体幹も持ってかれてからのトライだったので、いちいち足はキレるは、指は開くは…で、試してみたいムーブも試せず仕舞いだったけど、今日は一気に登れそう!と感じるところまでムーブが進んだので、こちらも嬉しい(*^_^*)

11月末までに、あと2日行くことが出来そうなので、目標の2本登り切りたいなぁ〜〜。

途中でちょっと浮気して登った、「シェルレフト・初段」と、アップがてら取り付いて登れた「モルボル・初段」と合わせて、今シーズン4段!

「AIT」登って5段目指す〜〜(笑)

若者が、1日で登る段の足し算?オバサンは1か月(登攀日数12日)もかけて頑張るんです( ´艸`)ぷぷ。


続きを読む
posted by ユカジラ at 22:06| 日記

2018年11月12日

160度から90度へ!

昨日は小川山。

ボルダーです。

会う知り合いごと、ほぼ全員に、「ボルダーするんですね」、と「珍しいですね」と言われる(笑)

いや、いや、ボルダーも結構やってるんだけど…(笑)
ジムでのトレーニングは、ほぼほぼボルダーなんだけどな。

イメージなのか!?

いっそのこと、ハーネス着けてボルダーするか(笑)



てわけで、ボルダーです。

s-LINE_P20181108_221403953.jpg

(老人力炸裂で、飛び降りが老体には堪えるので、自分より多き漢字のマットを運ぶ図)


スペインでは、最大傾斜160度辺りを登っていたのに、帰国してからは、90度平均っていう、対応域ゼロっていう、真逆な世界でのクライミングで修行してました〜(笑)





s-LINE_P20181108_221403937.jpg


いい季節です。



あさイチで、アップの仕上げにとトライした「シエルレフト・初段」が早々に登れて、



時間も9:30と、普段なら、まだ寝起き?(笑)でぼんやりしてる時間だったので、その後の余裕感がよかったのか…

これまた、「穴社長・2段」が、抜け口の水平カチが取れそうなまで出来ちゃったのが10:30…
まだ朝じゃーーーーん!!ってことで、一気のラッシュをかけたけど、そう甘くないのがクライミング。

結局、そのトライがイチバン良い感じで、登れんかった!!

く〜〜そ〜〜〜うぅうう。
まだまだ実力不足ってことかぁ……現実はキビシ。

カチに手を出しに行った時は、まだまだ奥に出さないと届かないんだろうと、半ばあきらめて飛び降りちゃったけど、友人が動画を取っていてくれたのを見たら、あと、ほんのちょっと、1pくらい?だったので、夕方まで畳みかけたけど、やっぱりクライミングは甘くない(笑)
お約束の次回、ってやつでしたね。



とか言いながら、それもそんなに上手くゆくとも限らないのがクライミングなんで、くわばらくわばら、と次回は更に気を引き締めて行きましょう!!

ああ、1日で、初段と二段登れたら、ちょっとはボルダーやる人って認識してもらえたかも(笑)なのに、残念(笑)

s-LINE_P20181108_221403949.jpg




その後、友人に合流すべく、「AIT・初段」へ移動。

トレーニングに、と数回トライしたけど、もう指が御臨終でした。
そして、いちいち足が切れるっていう、体幹鍛要るなぁ!難しいなぁ!これも登りたい!とおもう。

ファンタジー岩でアップした時に、「モルボル・初段」を登ったけど、あのラブリーさと、「AIT」と同じグレードということが……てか、ファンタジー岩の右端にある、3級や1級の方がゼンゼン難しいでしょ、と、ボルダーのグレード体感が幅広過ぎて、私には目安にもならない気がするのは、やっぱ、ボルダーの人じゃないからか!?(笑)

ま、登って面白ければそれでよし!なんだけどね。

というわけで、11月一杯まで、3〜4回は行けそうなので、「穴社長」と「AIT 」のあと2本、がんばる〜〜〜!!


このところ活性化している、“ヘパーデン”、“ブシャール”結石による指の変形と痛みが酷くて、マジまんじってくらい保持力が出ない日も多いけど、気が付けば、痛みにも慣れて?そこそこ保持感も上がってきた感じが嬉しい(笑)

この指も、いつまで頑張ってくれるか…恐怖だけど、いずれ死ぬ身(笑)
出し惜しみや、護りに入りたくないのでやるっきゃない。

為せば成る!である(笑)

s-1540463938591.jpg

グランピング!?なんかも体験。
うそ。





続きを読む
posted by ユカジラ at 08:51| 日記