2018年06月28日

腱板断裂手術・術後半年?1年のまとめ

通常、腱板断裂手術後は、可動域を手術前の100%になるべく近づけるようにして行くために、リハビリと再診を術後1年目まで行うらしい。

左肩←手術してないほうの肩も同じときに不全断裂をしていた為、その手術をどうするか相談を含めて1年目までの病院通いは続けたが、6ヶ月目からは、3ヶ月おき、2回の通院と言うヤル気のなさでした(笑)

リハビリにおいては、自分で出来る程度のマッサージを10分程度施術するだけだったので、時間節約のため、こちらもセルフケアで進めた。

クライミングの復帰が目的だった私には、“生活に支障の無い程度に戻す”事に1年も費やす呑気な時間の経過では困ってしまうので、自己流ではあるものの、慎重かつ入念に調べ、専門家の意見を聞きながら、自分の身体の感覚で、様々な運動を自分なりの療法を選択しながら、平均的な“始めて良い”時期を待たずに始めていた。

それが良かったか悪かったかは賛否両論、判断は難しいところだけど、“個人レベル”の感覚では成功したと思う。

クライミングは、術後4ヶ月から再開。
約2ヶ月(1ヶ月半強)以上早く始め、その2ヶ月の間に 30日近いクライミング日数をこなしたことで、医師からクライミングを始めて良いと言われた時点で、以前よりも筋力が低下している事以外に困ることは感じないまで復帰が進んでいた。

筋力や、動きのイメージ通り自身の身体をコントロール出来てきたと感じ、手術前とほぼ同等なレベルまで戻すのに、約3ヶ月(クライミング日数で約40日)を要した。
これは相当早く特例とのこと。

実際、リハビリと復帰にかけたトレーニング量や時間は厳しくキツイものでした。

痛みも不安も我慢も伴う、淡々とした日々の積み重ねのからの獲得。


ある時、スッと力が身体に戻ってきた感じがして、登りのイメージと実際の動きが合致してきたのが、クライミング日数で、ルート33日、ホルダー6日辺りだった。

自分でも攻めすぎでは!?と思うくらいギリギリの線でトレーニング、クライミングをこなしてきたと思う。

ボルター等で片腕で振られを止める、強い筋力で力を出しきる、そしてそれを3〜4時間ぶっ続けで動ききれるようになったのは、痛みが強く出たり、不安になるような違和感を、感じにくくなったのは7ヶ月辺りだった。

その後は、部分断裂のまま“温存療法”を選択している左肩(今回手術していない方)の方が常に痛みがあり気になる感じとなり、右肩に対する不安は殆ど無くなった。

術後8ヶ月半目には、1ヶ月のヨーロッパツアーに行くが、ツアー中に不安や違和感を感じることなく登りきれた。
この時にチャレンジ出来た最高難易度で、8A+(13C)、未だ戻りきってない筋量に比例する筋力が戻せれば、8B+のトライも不可能ではないと感じた。

その後、負荷を上げて登り続けたところ、1年目を目前とする11ヶ月目辺りに両肩の前面と三角筋に、嫌な痛みが出て再診。

腱板に直接問題のある痛みでは無かったものの、自重(じちょう)する事、レストとトレーニングの再構築をする良いきっかけとなった。

奇しくも、1年前とほぼ同じ日にち、シュチュエーションだったので、ドキドキがバクバクだったけど、腱板を繋げるために埋め込んだアンカーまわりの炎症で、痛い事は痛く、登りにも影響はあったけれど、重大な事に結び付くモノではないとわかったあとは気楽になった。

手術からのマイナス要素を色々な事への言い訳にせず、常に「もう戻った」と本気で思いながら登ってきたけど、筋力的には、やはり1年かかったというのが客観的なところでしょう。

この後、左肩の手術をするときにはこの経験と、培った知識や方法を生かして挑もうと思います。
posted by ユカジラ at 12:38| 日記

2018年06月20日

残された時間はどんくらいだ!?

20180620_104731.jpg

不全断裂の左肩。
↑手術しなかった方の肩ね。

1年経って経過を見るべくMRIと診察に行った。

去年の6月には、1、2割切れてた所が、3、4割に増えてた。

おーまいが(涙)

近年では、腱も修復するという臨床検査の症例もあるらしいけど、そんな希望があるとしても、ほとんど使わずにいる人達の場合みたい。

私には関係ない話。
ザザ残念。

まあ、いずれ手術に踏み切らないとならないのは承知の上で登り込んでるので、仕方ないとは思う。

どうせ1度しかない、しかも残りそう多くない人生、好きなだけ登ろうと思う。

大事に大事にしていれば、辛い思いも苦労もなく、細く長く登っていられるのはわかる。

平穏な世界も悪くないのはわかる。

でも、それでは見れない世界があると私は信じてるし、その瞬間を垣間見たり、感じるために、ここまで登ってきたし。


右肩の術後の復帰は超最短で戻してきたし、登り始めてからは、いつもその時々で、「もう元に戻った!」と、言い続けて来た超ポジティブぴーぽろ(笑)


過去と何かを比べる意味もないし、美しい?良かったように覚えてる記憶ほど当てにならないものはない(笑)

“現在がどうか”、がいちばん大切で、今とホンの少し先の未来、明日とか(笑)に夢や目標を見て暮らせば何の不安も不満もない。

“たられば” を語ることほど無駄な時間はないと思うし、そうはなりたくない。

登りたいように登れてる今を、つくづく幸せだと感じるようになったのはこの1年のおかげだ。

当たり前の健康や普通に出来る全てのことには感謝。
気付くのだいぶ遅いけど(笑)

手術して、普通に生活する事すらままならない日々や、少しずつ動けるようになっても、落ちた筋力や感覚を取り戻すまでの地味で淡々と過ごす日々の長さ…

なかなかにツラい日々でもある。

そんなことを知った1年だったけど、何も変わってない自分に苦笑い。

またあの日々を過ごすのかと思うと、堪んねぇなぁ…というのが本音だけど、どうしても護りに入れない自分がいる。

だから、仕方ない。
結論、覚悟しておこうと思う。
に、至る。



客観的に感じたのは、筋力的には、いつも元に戻った感じてその時期その時期を過ごして来たけど、やはり1年は要した気がしてる。

次のそんな日々をいつにするか…
もしくはいつ突然になるか…

やーだー(涙)を想像しながら、自分に残された時間はどれくらいなのかと考えてしまいました。

大切に履いて、なかなか卸さず、こんなにストックのあるJET 7(笑)

経年劣化する前に履き潰そうと思う。

これも一種の終活か!?
やーん(笑)
posted by ユカジラ at 21:43| 日記

2018年06月18日

ノボロック町田店でトレーニング

20180618_155236.jpg

久しぶりに出稽古ボルダー!

と思って、イエチカエキチカ(チチカカ湖みたいだな(笑)家近駅近)のノボロック町田店に行ったら、昨日がコンペだったらしく、課題がリニューアルされてた(嬉)

カテゴリー分けやルール等が書いてあるポスターが貼ってあったので、少しアップしたあと、とりあえず、“マスター女子”の指定課題を、コンペ風にトライしてみた。

トライ待ちで並ばなくて良いので、本来のコンペよりは果てしなく有利な(笑)ゆる〜い感じに90分でトライしてみた。

9完登、9ボーナス…

5本はイチ撃、ボーナスは、トライした全課題1回目で取れたけど、のぼれなかった1課題は、ひとりコンペ終了後にもトライしてみたけど、完登出来なかった…(笑)

現代風なボルダーという内容!?で、コーディネーションなのかな?これが決勝課題だったら生殺しの数分を味わうかのごとくでした(笑)

トライした課題のグレードは、平均3級くらいなのかな?という風にに感じたけど、グレードの表記は無いのでわからない(笑)

ひとり競技終了後に、決勝課題もトライしてみたけど、1課題以外太刀打ち出来ず(涙)

びゅんびゅんポイントがねぇ…(笑)

やはり、私の世代の、特にオバサンには何をどう飛んで良いのか…というくらい届いてない…
切ない(笑)

久しぶりに動き続けたのでヨレヨレになり、良い刺激になりました〜。
posted by ユカジラ at 17:24| 日記

2018年06月06日

久しぶりのセット

20180606_194629.jpg

去年の今頃…

肩の手術が急に決まり、依頼をいただいていたのにキャンセルとなってしまっていた、MARUさんのセット…

今年は無事出来ました〜

あー良かった。

こう見えても、ちょー真面目な性格なので、ずっと心に引っ掛かってたので良かったです。

今時の課題は作れないし、難易度も、私ごときの能力で設定できる範囲も大きくないけど、普通にクライミングらしい課題を作らせていただきました。

久しぶりに、まっくすにも会えて、お互いに国体選手だった、古き良き時代の話をしたり、なかなか楽しかったです。

課題を通じて知っていた、ヒラリーさんや若宮さんともお会いできて、皆さんの好青年っぷりに、中堅世代が優秀でしっかりしてることに、とても感心しました。

まだまだジムも増え、クライマーがクライマーになって行くために必要な課題を作れる人材の頼もしさに、私ごときがセットをする必要もないよな〜と、改めて思いました(笑)

でも、久しぶりのセットは楽しかったし、意外に勘も鈍ってなくて良かったです(^.^)

セットは引退してますが、課題を登る未来のクライマーを想いながら、気合い入れてセットしました。

お近くの方は是非!
愛ある課題ばっかでっせー(笑)
posted by ユカジラ at 20:31| 日記

365歩の軌跡

20180605_185812.jpg20180605_185757.jpg


今日は、右肩の手術からちょうど1年目。

そして、昨日は最後の診察でした。

なんでも、腱板断裂手術は、1年目までの診察と1年目のMRI、レントゲンは必須らしい。

治っちゃえばこっちのもんで(笑)、「世話んなったな!あばよ〜」と、勝手に終了宣言したいところでしたが、規定によりそれもさせて貰えず(笑)

昨日、晴れて出所。

とはいっても、左肩は温存療法中なので、まだまだ、我が故郷“麻生総合病院”には通うんだろうな…チッ!(笑)

手術した右肩に関しては、腱板はバッチリ付着!厚みもしっかり(嬉)

今、後遺症的なもので、埋め込んであるアンカー周辺の炎症が、運動の強度と頻度が高すぎて?続いてるけど、それはまあそのうち治まるらしい。

痛みが続くようなら注射で解決らしいので気が楽!
イェイ!

そして、もうひとつの後遺症としての稼働域の制限とそれによるアンバランスからの腰やいろいろな関節の痛み…


これらは時間をかけて克服していけると、スーパーポジティブ人間としては信じてる。

思い起こせば、「ゼロではなく、マイナスからのスタートになりますよ」と言われ、覚悟して踏みきった手術でしたが、今となっては、いろんな意味で、過去のMAXは越えて来てる!と、これまた信じてる(笑)
しあわせな性格で良かった(笑)


当初は痛みも長く続いたし、想像よりはキツい日々だと思ってた時期もあったような…まあ、あったな(笑)

復帰に向けて、1分たりとも無駄にしないように過ごした日々は、もう遠い過去だけど、真夏のギランギランした太陽の下、意識失う寸前まで(笑)歩くしかやれることがなかった毎日は、渦中に居たときは楽しくなんてなかったと思う(笑)
でもやりきった。

感情を無にして、日々を過ごしてたようにも思い出され、良くあんな苦しいことをよくもまあ…やりきったなぁと、他人事のように感動する。

1年という日が長かったのか短かったのか…
今は昔。

やってやれないことは無いと言う現実と、失ったものは無い!と言い切っていても、確実に暗い影を遺して行ったものとのバランスは、疲労の蓄積として残った。
今、ややボロカス。

でも、後悔無い1年だったな。

これからは、マイナスからのスタートの、今がいくつかわからんけど、ゴールが120だったり、1億5000万だったりする、“想い”を形にしていけば良いんだな、と言うところまで来れた。

岩場でのオンサイトや、自分のプロジェクトはこれからどんどんチャレンジしていく予定。

とりあえず、梅雨にも入ったし、インドアでのトレーニング中。

手術前から止まってた時間を動かしたい。

去年、奥壁の1本は登れたけど、ツナミの13Aは登れないままだったので、そこからスタートだな。

毎年、少しずつ進化してるジムの内容。
今年同じことを出来てれば、とりあえず現状維持か!?(笑)

去年との比較での現状維持として、先ずは12Dの完登。これはすぐに登れたけど、ボルダー要素の強い、というよりむしろボルダーの塊的な12Cの1本は、ラスト1手で落ち続けてた(苦笑)

それもムーブ変えたら登れたので、いよいよ、去年までの自分に追い付けそう。

今取り組んでる13Aも、梅雨を見方に!気温が低めの日なら、なんとかなりそうな感じになってきた。

横に遠いムーヴが多くて、常にパッツンパッツンな内容に、身体の事が心配で、どことなく遠慮がちだった?けど、昨日の診察後は「なにやっても大丈夫」と思っただけでいきなりハイパワーがフルに出せた気がした(笑)

人体の不思議!
いや、脳の不思議か(笑)

6月末のツアー前までに、無呼吸で動き続けるようなパワーエンデュランスに身を投じて過ごそうと思う。
posted by ユカジラ at 08:45| 日記