2017年12月31日

ゆく年くる年

20171231_105047.jpg20171231_092524.jpg
2017年も今日で終わり。

毎月めくるのが楽しみだった猫カレンダーを、ヨセミテへと変えて、2018年を迎える用意も済みました。

日々は毎日続いてゆくので、何々納めとか、始まりとかは私の中にはあまり無いのですが、やっぱり何となく締め括りと始まりは大切にしておきたい気もして、走り納めだとかヨガ納め…
この数日は、いろいろ慌ただしかったです(笑)

私にとってクライミングは日常。
納まりも始めも無いような毎日なので、理由でもないと休めない性分としては、逆に年末年始くらいはしっかり休んでみようと…
毎年思いながら出来てないので、今年こそ、最低でも大晦日だけは休もうと気合い入れてます(笑)

シューズとチョークバックは、何処に居ても、肌身離さず持ってないと落ち着かないんだけどね(笑)

そして…
今年いちばんの出来事と言えば、やっぱり肩の手術でしょう。

入院も手術も生まれて初めての事だったし、クライミングをこんなにも長く出来なくなるような事も初めてでした。

オーバーユースでの故障や、何となく痛みがあるなんてものは、屁でもないと改めて思うと共に、相当痛くても誤魔化しながら登れる程度なら、登り続けてて当たり前とも、更に思いました。

健康なくせに、言い訳でリハビリリハビリ言う輩に「本当のリハビリってのはなぁ!#&\=○♭|◇だよ!」と言ってやりたいくらいです(笑)
言わないけど(笑)

より厳しい(自分に)私になりそうです(笑)


毎日の全てがクライミングな私の生活は、クライミング復帰に向けて、全勢力を費やしてたので、生活が変わったわけではなかったけど、登れない日々は、なかなかに…暇!でした(笑)

クライミングってホンとに気力体力…いろんなもの注ぎ込んでるんだなぁと実感の日々でした。


3回予定していて、それぞれにテーマと目標があったツアーを2回断念、やって来た日々の積み重ねが無くなるわけじゃ無いけど、2018年へと持ち越しになった事にはいろんな想いもあります。

積み重ねた筋肉は、お亡くなりになられました…合掌。
現在、新しい金のお肉を絶賛育成中。


私のクライミングは、いつでも前しか見ていなく、未来の自分に追い付いては又その先へと続いていて、終わりもなければ立ち止まることも無かった。

そんな日々に半年という、私にとっては初めての「試される」時間を貰ったように思います。

多分、あり得ないくらいの最速で元のレベルへと戻してきたけれど、この半年の意味を知るのには、まだ先の事になるんだと思います。

この半年で何かが変わった気もするし、性懲りもなく何も変わってない気もするけど、確かなこともあります。

半年を棒に振るくらいなら、数日のレストなんて屁でもないことを知りました。

大きな怪我とか手術すると、一晩寝ても治らない面倒癖い事態だと知りました。

頭打ちになってきていて、何をどう努力したら良いか解らなくなっていて、意識は高かったと思うけど、やり過ぎて、止め時を見失って、惰性で登り続けていたことを…薄々感じてはいましたが、認めました。

その理由に、自分は弱くて、もっと強く巧くなるためには努力が足りてないと思い、より難しいチャレンジを休みなく行っていましたが、身体が悲鳴をあげるほど限界まで追い込み過ぎて、更に結果が出ていませんでした。
自分が思うほど弱くも下手でも無かったと、失ってから見えてきたものもありました。

でも、まあ、後悔は無い。
そういう思いが私を、少なからず強くしてくれてたのですから。

そして、いまより強く、巧くなるために必要なものが何か…
今は解った気がしています。

2018年が、その答えが正解かを確かめる1年になります。

そして、私はそれを信じてます。
信じでもしないとやってらんねーっす(笑)
みてろよ。
タダでは転ばない執念のゆかじらを(笑)

です。


たくさんの繋がりのなかで、多くの人から貰った力、愛、勇気、いろんなものへ感謝を込めて、2017年を締め括りたいです。
ありがとうございました。
posted by ユカジラ at 13:10| 日記