2017年01月31日

刺激的なルート@ベースキャンプ

IMG_20170130_182843.jpgIMG_20170130_183322.jpgIMG_20170130_183347.jpg


月曜日は仕事もなく、1日自由に登れる貴重な日。

と言うことで、地域的に遠いこともあり、普段はなかなか行くことの出来ないベースキャンプ入間店へGO!


過去にも、ベースキャンプでルート登ると、自分のハイパワーエンデュランス的な力のなさを深く深く感じる。

そしてその度に、足りてない力を身に付けるのに最高の場だと感じる。

コンペに参戦していた頃は、いわゆる持久力よりもムーヴ力、突破力を含めたパワーエンデュランスが必須だと言う意識もそこそこ高かったったので、時間を作って通ったりもしたけど、仕事の合間に登りに行ける距離でもなく、最近はすっかり遠退いてしまっていた。

昨日は、久しぶりにそんな “これだよ、これ、これやんなきゃ!”と、宝の山を見つけたくらいのワクワク感を思い出した。

これからやろうとしてるスペインでのクライミングにピッタリバッチリ合っている内容とも感じモチベーションがさらに上がった〜。

もちろん、同じ悪さが続くようなストレニュアス系のトレーニングも必要だけど、こちらは地元パンプ2で、組み合わせの登りで出来るし、どちらかと言うと、そちらは得意な方なので、残りの時間、行けるチャンスは是が非でも入間まで車を走らせようと思った。

岩場に行くことを思えば半分くらいの距離と時間だし、やる気になってる私に出来ないことは何もないっ!(笑)

ベースキャンプのルートの好きなところは、ムーヴ中心で構成され、距離的な克服が漏れなくついてくる(笑)って部分。

連続性の高い動きのなかに、ガバとは言え、横に広がった体制から動くには、大きな力が必要……それに対応していくだけで難易度が上がる。

私にとっては、距離は最大の難易度。

保持の悪さやテクニカル性の高い事は、もはや驚異ではない……必ず出来るようになる(出来ると言う自信が持てる)から。

そんなベースキャンプならではの構成の難しさに嬉しくなって、ヘトヘトになるまでトライした。

とか言ってるけど、慣れない力の出しっぷりに、わりとすぐヨレて死にかかってたけど(苦笑)

手強い事は解ってはいたので、手始めに12Bをトライしたら、すんなり登れた。

調子こいて、次のグレード、ここでしか味わえない、ルーフを渡る12Cにトライしたら、見事に弾き返されました(苦笑)

コメントに「持久力を試そう」とあったので、額面通り、よし試そう!なんて、ついつい身の程も知らずトライしたら、私にとっては「ボルダー力を試そう」が正解(笑)的にラストに出てくるボルダームーヴ2連発は、ビックラこくほどギリギリの難易度で、繋げられる自信が持てないヤバさだった(笑)

もはや、そこだけやっても、目を吊り上げて、“ムキーーーーッ!!”ってなるし、コントロール感薄く、全力でとりあえず手を出す!しか術の無い感じに、もうなんと嬉しいやら克服したいやらでニヤニヤへらへら、ちょっとおかしくなりながらトライした。

いやー、これよ、これ。
こういうルートをトライするのが必要!

もっと早く出向いとけば良かった〜、と、ちょっと残念感は否めない。

スペインまでにもっと通いたかったけど、なんとか時間を作って、あと3回は行くぜ!ベースキャンプ!

久しぶりに会ったゆーじ大先生も、怪我しててもモチベーションとクライミング意欲がムンムンで、相変わらずでした(笑)
posted by ユカジラ at 17:10| 日記

2017年01月29日

やりきった?!


5日間本気で連登、身体も壊さずやりきった。

最終日の昨日は、さすがにヨレヨレで、1本毎に内容を理想から現実に変えていかざるを得なかったけど(苦笑)持久力と耐久力を着ける意味ではやりきれたと思う。

登り終えた頃には、多分、全エネルギー出しきってるからか?寒くて寒くて仕方なかった。

風邪やなんかの菌に侵入されやすい、無防備で、詐欺師につけ狙われ易い無垢なゆかじらまで成り下がっていたので危なかった。

話は飛ぶが、日常では見た目なのか!?ただのバカっぽい、何言っても大丈夫そうなアホと判断され、電車の中とかで、理不尽な事をされたり言われるタイプですが、そういう時は、正論を言葉正しく、静かにぐぅの音が出ないような反論をして、相手に海より深く反省していただくと言う、敵に回したら相当ヤバいタイプです(笑)

あ、もちろん私が間違ってるときはすぐに謝りますよ…まあしかし、いい大人なので、公共のマナーを守ってないことはそうそう無いですけど、ストレス発散のために嫌がらせしてくる人ってたくさんいるからな…

話もとい。

帰宅の運転中は、暖房をMAXで身体を暖めて、蛋白質の多い夕飯食べて、悪寒には風呂で煮出すのが子供の頃の習慣なのでぐつぐつ煮て、ソッコー寝た(笑)

帰宅してから1時間以内には寝ると言う早業で、朝には復活してた。

昨日のトライでは、フレッシュな時でも怪しいような?私にとっての激烈ハイパワーでこなすムーブの出力は出なかったけど、試しにトライしたボルダー要素の強いルートで、「こんなにヨレててもこれくらいは出来るんだ…」と思えるパートもあったし、何より“パンプしない”感を得られたのが『ステージ・2』成功の証。

帰宅の途では、生体反応うっすらし過ぎててヤバかったけど、乗り越えるもの乗り越えておかないと、やりたいことやるときに準備不足で後悔したり、付け焼き刃で頑張りすぎて身体を壊したり…結局自分に帰って来ちゃうもんだからな。

やっていったって、壊れるときは壊れもんだけどね(笑)

増長して調子こくと、もっと上を、もっともっとと(苦笑)足るを知らないゆかじらは、承知の上でも壊れるギリギリを攻めたくなる正確なので仕方ないねぇ(笑)

ブログを読んだ友人等からは、多分、痛いとか、悲壮感、みたいに思われてるかもしれないけど、ここまで頑張りたいと思えるものがあるなんて、ちょー幸せ!くらいにしか本人は思ってない。

だから心配無用、大丈夫どえーす(ドS)
posted by ユカジラ at 11:08| 日記

2017年01月27日

本気の 4/5 !

……こう書くと、本気を、100%出してないチャラい星の人みたいですが、そういう意味ではありません(笑)


スペインツアーまでにやっておきたいトレーニング、仕上げておきたいフィジカル的な自分造りに向けて行ってるトレーニングの『ステージ2』5日間本気で登る!がテーマで、今の自分が持ってる能力と回復力との関係性を確認する…についての、今日は4日目と言う話(笑)

今週は、月曜日に完全レストをした。

と言うのも、3週間くらい前から始めた持久力トレーニング『ステージ1』で元の自分の最低ラインの持久力まで戻せたので、その時点での徹底的な追い込みで、これからのトレーニング、そして、スペインツアー本番で、ガチ勝負をしても壊れない身体を造るために次のステージを敢行中。

『ステージ1』の仕上げでは、身体が壊れるギリギリまで(マジでギリギリのところまで追い込んだ) 登り込み、肉体的にも精神的にも追い込んでから、2日かけて徐々にアクティブレストくらいの内容まで強度を下げ、そのあとに丸1日完全に休むようにして、新しく始めたトレーニングで溜まった疲労を完全に取り除く時間を作った。

これが良いか悪いか……運動力学的にどうたらこうたら(笑)は知らんが、私が長年、自分の身体と自分の特性を理解しながら、試行錯誤、この33年の中では時には失敗して、越えてはいけない境界線も越えて(笑)ぶっ壊れたりしながら、何をどうしたらヤバくて、どこまでがその時の自分の限界か、みたいなものを本能的にも客観的にも敏感に感じ取って判断できるように身に付けてきたものでもある。

クライマーとしての自分の、やるべき時、過程の中でベストと思われる事を様々試し、取り入れたり外したりしながら、遅々たる歩みではあるが進化して来た。

私が私のために築き上げた、私の為のトレーニング理論でもある。

そして、それはそこそこ上手くいってる。と思う。

まあ、自分の身体で実験して来てるので、正否に対する責任は自分自身にあるから思いっきりギリギリの線でやれるのが良い(笑)

そして、今日で4日目のガチ登りの中で、面白い発見があった。

いつもは連登していても強弱をつけているし、3日以上本気で連登したことは岩場以外ではなかった。

オーバユースによる故障が怖いし、忙しいから時間的に上手く時間の確保が出来ないことはあっても、ただ意味も薄くだらだら登り続けるくらいなら、レストを挟んでフレッシュに登る方が良いにきまってる…

そう考えてたけど、最近、登り続けてる事で、疲れが多少残っていても出せる出力があまり落ちない感覚があって、最大出力を出すトレーニングはまた別に必要だけれど、例えばどんな体調でも、状況でも、最低ラインで出せる力や総合力は年々上がっている気がしていた。

で、今回試しに、本気の5連登やってみてるが、4日目の今日まで毎日、疲れはもちろんレスト明けのようなフレッシュさは無いけど、かなり高いレベルでの登りが出来てる現実がある。

この4日、ルートとボルダーを交互に4時間〜6時間で、自身の上限レベルまでトライして、ちゃんと勝負になってる。

ルートだと、パン2ネタで解る人にしか解らないけど、ツナミの12Aから13A(白/)までの全部をトライして、計8本のうち登れなかったのが12D(緑)と13Aの1本、そのうち2本を組み合わせて連続登り、12Dと12A、12Cと12Aとか、持久力を上げる内容で登れている。。

ボルダーの日は、トライしたけど登れてなかった課題をメインに、3級を中心に7本くらいを毎回完登できている。

これは、私にとっては、本気の時の練習内容と変わらないトライだ。

そして、今日まで、毎回強度を少しずつあげたり、慣れないように変えて同じような時間と本数でトライしてきたが、毎日ちゃんと回復して登れてる事に、継続は力なりを形にしたような?進化を感じるのは気のせいなのか!?

最上限を引き上げる事は必須の目標でもあるけれど、最低限が引き上がることは、岩場にしろジムでも、限られた時間内で登ったり、マルチピッチやトラッド、オールラウンドに登るクライマーとして大切な能力とも思う。

明日が『ステージ2』の5連登の最終日、ルート。

まだ再レッドポイント出来てない12Dと13Aの再登と、組み合わせのトレーニングでは、より高い強度の組み合わせが出来ると良いな〜!と楽しみでもある。

なーんちゃって、さすがに無理だろうけど(笑)どんな内容でトライできるか興味深い。

常識の枠を作らない。

チャレンジするのは、今日まで真剣に登ってきた私。

やってみる価値はある。

ギリギリの線でアウト!(笑)にならないよう気を付けながらやってみようと思う。

今日までは、一応セーフ!(笑)
posted by ユカジラ at 21:53| 日記

2017年01月25日

マムート展示会

IMG_20170125_210916.jpgIMG_20170125_211136.jpg
浅草橋にて、winter 2017/1018 のマムート展示会。

マムートさんにスポンサードしていただいている中でも、私は相当古株…(笑)

私のクライミング年数と殆ど同じくくらいの年月、マムートさんにはお世話になっている。

マムートがコサ・リーベルマンの傘下だった頃からのメンバーは、他に杉野さんくらいだろうか?

こちらは、ベテランを通りすぎて、クライミング界の神みたいなお方ですが…(笑)


マムートJAPAN設立の時に、フリークライミングをメインに登っていくと決め、誘ってくださった堀松さんについて行って…本当に長い長い年月をマムートのスポンサードクライマーとしてやらせていただいてきました。

そして、当たり前だけど、私はどんなクライミングメーカーよりもマムートが好き(笑)

日常的にも、クライミングしてるか、クライミングのトレーニングしてるかしかない私だし、仕事も100%クライミング関係なので、クライミング用具はもとより、ウェアーも靴も、財布も…なにもかもマムートに包まれた生活(笑)

私の正装は、マムートのパンツにマムートのTシャツ、そしてジャケットだ〜!(笑)左矢印1それ以外の服はギリギリ持ってるけど喪服のみ!

日々の生活まで?(笑)お世話になりっぱなしで、いつもスポンサードしていただいている事への感謝と、その意味を胸にクライミング活動(と言うよりむしろ生活そのもの(笑))を行っています。


スポンサードの意味…
時々当たり前の事なんだけど考える。

これは、一般論としてなんだけど、若い子や、大人でも(笑) スポンサードの意味を勘違いしていたり、その仕事としての重みは理解せずに、ただ自分の活動を応援してくれて、物資を協賛してくれる会社、みたいに思っているふしがあったりして…
やたらと羨ましがったり、格好良く見えるのか(格好良いのはそうあるべきだけど、責任は無視して憧れたり)…… スポンサードされたい〜!みたいな人も時々、今の時代だと結構多く?いるみたいだけど…

スポンサードの意味は本来、その選ばれたクライマーが、会社の広告塔として製品を使い、身に付けることで、宣伝効果としてそれらの“良さ”を発信していく義務があるのだと私は思っているのだけど…

時々勘違いしている人を見ることは、昔も今も、特に今は子供がスポンサードされるパターンも多く、そういった意味合いをキチンと教えながら、社会への関わりみたいなものを教える人も少なくなってるように感じ、軽く違和感のある時も…(笑)

マムート製品を使ってる私を見た人たちが、「格好いいなぁ」とか、「私も欲しいなぁ」とか…そう思ってもらえるようなクライマーでなければならないと言う、とても大変な、人によっては窮屈でひとつの何かに囚われたくないと感じる場合もあるくらいの…本来はそういう役割がある。

私の意識としては、マムート着てダサいクライミングは出来ないし、クライマーとして成果を出したり、仕事の上でも生徒さんや多くのクライマーのお手本になる振る舞いや活動をしていくべき、と思っているので、そういう部分に誇りと自意識を持って日々を生きています。

展示会に行く度に、自分なりに、今の私は、スポンサードされてる価値のある仕事(クライミング)が出来てるか!?自問自答して、その在り方なんかも考える…

私にとって、展示会はそんな時間でもあります。

これからも恥ずかしくないクライミングをしていこうと、今日も褌締め直しました(笑)
posted by ユカジラ at 21:28| 日記

2017年01月23日

誕生日なので出所に感謝

IMG_20170123_115918.jpgIMG_20170123_114423.jpg



日曜日、ゆかじらはイチローになった。

たくさんの方からお祝いのメッセージやプレゼント等をいただき感謝しています。

ありがとうございました。

いつまで自分の夢に強気で挑め、想像の枠を広げていけるかわからないけれど…

気負わず、信念と筋の通ったルールの上に成り立つ自由を大切に…これからも進んで行きたいと思います。


で、誕生日なので、両親を『国際キルトフェスティバル』に招待。

母親が手芸や手先の仕事が趣味で大好きなのと、東日本大震災の時から父親が病気を患い、それ以後、なかなか出掛けたり出来なくなった。

老後に夫婦二人で楽しみたかったたくさんの事を諦め我慢してきた二人に、たまには思いっきり楽しんでもらいたくて行ってきました。

どんなに無理しても、なかなか壊れない強い身体や、何が正しくて、何がいけない事か…人としてのマナーやルール、キチンと教えながら育ててくれたのは両親で、そこは選べないことだったと思うほどに、感謝の気持ちと、当たり前なことではない幸運に対する想いは、歳と共に強くなっている。

反抗期的なものはなかった私だけれど、若いときはそれなりに自分一人で生まれてきたような?(笑)若さゆえの振る舞いもあったと思うとし、いつも落ち着かず飛び回り過ぎて、両親とゆっくり会うことも年に数回あるかないか…と言う放蕩娘ですみません…(笑)と言う感じ。

と言うわけで、誕生日は自分を祝うよりも、出所に対する感謝の日、としている。

今日だけは、午前中のトレーニングもクライミングも休んで、早朝から両親のお迎え、そして何も心配させず楽しんでもらえるよう手配&イベントのナビゲーション。

好きなキルトの展示物を見て、欲しいものは友達のぶんまで何でも遠慮なしに買ってもらい、お昼を三人でとりゆっくりお喋りして過ごした。


元々は横浜に長く暮らしていたからか?何故か(笑) 彼らが関東に来て必ず買って帰る“崎陽軒のシュウマイ”やら“東京ばな奈”的な洋菓子もご近所分買って、帰路の用意も万端(笑)

東京駅まで送り高速バスの発車を見送って来た。

何度もありがとうを繰り返す両親に、いやいや、私こそありがとうございます、と言う感じだったけど、そういうことはなかなか面と向かっては言えない(笑)

まあでも、両親は楽しそうだったからいいか。

私もこういう長閑な時も時々は悪くないしね。

実は私、東京ドームに入ったの初めてで感動したり左矢印1スポドリに務めて長いのにね(笑)

世の中こんなに手芸やキルトが好きな人がいるんだ!?って、知らないことってたくさんあるなー、とか、東京ドームの中が、年配のおばちゃんやおばあさん的な女性だけで埋め尽くされてる変なパワーに何か吸われた気がしたし(笑)

クライミング連登したり、セットが1週間続くより疲れる事があると知り、適材適所はあるなぁ、あるある…と、私の生きてる世界の確認も出来て納得したり(笑)

なかなか良い1日でした。

あと何回親孝行出来るかわからないけど、今を精一杯は、私の生き方の基本だし、人なんて、どんなに後悔の無いように生きたって、自分の事以外はきっと多少の後悔はするもんだと思う。

解ってるからこそ、たわいのない日々を大切にしようと思った冬晴れの一日でした。
posted by ユカジラ at 19:36| 日記

2017年01月20日

持久力を戻すトレーニング


先週から始めた持久力を戻すトレーニングは予定通り進んでる。

いつも、ボルダーだけを集中してる時期の後や、今回のようにルートクライミングをしていても、内容がボルダー傾向で持久力はたいして要らないような内容の後は持久力は落ちてる事が多い。

ふた月くらい前?二子山で「即身仏」は登ったけど、短いルートだし、日々の大半はボルダーしてたからな(苦笑)

日本どこでもだけど、二子も違わず、長いルートってあまり無いからなぁ…

ツアーでトライするような、35メートルとか、40メートルの高難度で必要なハイパワーのレジスタンスを養うには、日本(特に関東)の岩場ではいろんなものが足らないのは事実。

ジムのルートのように、コンペティティブでレストポイントなんてそうそう無いような、いわゆる休ませてくれない、ボルダーの連続的な12台の後半から13台の組み合わせのトレーニングで、レジスタンスを上げて行かないと太刀打ちできない。

スペインに行ってすぐに目的のルートに取り付くためにも、身体も作っていかないと…

去年は、ボルダー系のルートばかり選んで頑張っていたら、謎の背面痛に襲われて、呼吸すら難儀な数日に恐怖におののいた経験もある(苦笑)
すぐ治ったから良かったけど、肉離れチックな痛みにはマジで焦った。


去年も、いつでも、登り込みやいろんなことは準備して出掛けるけど、想いの方が上回ってるのか、肉体が追い付いてない…ハイパワーと言う部分では特に。

だから、日本での殆どの時間はボルダーに費やしている。

私はタイプ的には、チキン…いや、それもそうだけど、遅筋タイプで、昔は筋肉を覗くと真っ赤だったけど、左矢印1見たことあるのか!と言うツッコミはいやん(ハート)

最近は努力の成果でかなりピンク!濃いめのピンクは否めないけど、51にしては、早い動きもできる方?かも(笑)

素が赤い人なので、持久力は落ちにくい上すぐ戻せる方だけど、持久力トレーニング始めは、やっぱりキツい(笑)

いつも、ルートクライミングから離れていて、弱点でもあるボルダー力の強化時期を終えたあと、トレーニングとしてのルートクライミングを始めると、持久力的な部分が苦手で、パンプしやすい人?の気持ちが良く解るくらい、ほんとにパンプして…


ぶら下がってちょっと休めばムーブをおこせるくらいは回復するはずの私が私じゃない体験もしてる(笑)

こりゃ大変なのね、パンプするって…と、パンプの苦しさを理解できる瞬間(笑)

まあ、週に2日、2週間も登り込めば元の平均レベルまでは戻るので、そんな気持ちは直ぐにどっか行っちゃって、なんで張るの?とかのたまって感じ悪いって “焦げやすい”飯山ケーンじに言われるけど(笑)

それでも、その上を行くハイパワーレジスタンスと言う意味での持久力は弱い!弱すぎて何とかしたいのよ〜!

もともとのパワーが弱い分、それを身につける為には、高い強度の連続性を意識して登り込むしか道はない。

近道も、マユツバ的な登る以外のトレーニングも、そんなものは思い込みの幻だ。

本物に近道無し。

これは、本気で30年以上やって来て得た答えだ。


なんか、息も絶え絶え…苦しいけど乗り越えるこの感じ、力を、これでもか!これでもか!と絞り出す苦しさ…


やっぱりクライミングはルートだね(笑)とも再確認する瞬間。

こなして、絞り出して、フォールの恐怖と闘い駆け引きしながら、追い込まれたその先にあるボルダームーブ(笑)

同じ強度や難易度なら、数手で終わるボルダーより、よりコントロール感、駆け引き感、恐さを克服する感…いろんな事が揃い踏みでクライマー冥利に尽きる瞬間(笑)

私も海外までボルダーやりにも行くくらいボルダー大好きだし、持久力トレーニング中でも週に3日は、紐結ぶの面倒だなぁとか思って(笑)ボルダーしてるくらい、ボルダー力は得たい魅力的な能力でもあるけど…

でもやっぱ、突き詰めればクライミングはルートなんだと思う。
posted by ユカジラ at 18:09| 日記

2017年01月19日

最強寒波

IMG_20170116_213346.jpgIMG_20170116_213320.jpgIMG_20170116_212907.jpg

寒さも一段落?

姫と王子さまは、この時期は、彼らなりのバロメーター?体内温度計?があるのか、連日布団に入ってくる…


重い、寝返り打てない…私は日々のトレーニングで体痛く、寝返り打ちたいのに出来ない…辛い(笑)

そんな彼らの行動で季節の移り変わりや、日々の気温がわかる。

昨日は数回ずつしか布団に来なかった。

最強寒波もあと少し。

春はわりと近くまで来てるのかな。
posted by ユカジラ at 21:48| 日記

2017年01月16日

講習からの新年会

IMG_20170115_150739.jpgFB_IMG_1484488760324.jpgFB_IMG_1484492447523.jpgFB_IMG_1484489095389.jpg

最強寒波到来!と言うわりにはそれほど寒く感じなかった講習からの〜、横浜での新年会。

講習生の皆が段取りしてくれて、新年会と言いつつ、私の誕生日をお祝いしてくれたり、2月からのスペイン壮行会も含めての宴会でした!

無精と言うか、クライミング以外のことはナンにも積極的にやらない私なので、反面教師なのか?(笑)祭り事に余念のない、軽々としたフットワークが素晴らしい、良くできた生徒達です(笑)


素敵なプレゼントまでいただいて、感謝の限りです!

改めて、ありがとうございました。


年々、登る登る登る登る登る登る、寝る寝る、食う…だけしかしない私が、大都会に行くきっかけがあるとすればこういう瞬間だけ(笑)貴重な時間。

チーズと肉の専門店でたらふく食べて、語って楽しかった!



年末から続けて、いろんなことに羽を伸ばしすぎた?けど、応援してくれるみんなに恥ずかしくないよう頑張らないと、と改めて思いました。

明日から心機一転、ストイックに行けそうです。

生徒たちが真面目でひたむきで優しくて…皆が大切でかわいすぎるぞ!(笑)

まずは持久力戻す登り込みから始めなきゃ。

土曜日に久しぶりにパン2でルートクライミングしたら、あまりにも持久力落ちてて相当ヤバイ、本当にヤバイ、如何ともヤバイ!(苦笑)

と言う感じだったので、本腰入れて持久力トレーニング始めないと…と目の覚める思い(笑)

ボルダーばかりだとやはり落ちるなぁ、持久力…

まあ、2週間もすれば元のレベルまでは戻せるかと思うので、培ってきたボルダー力との融合を試すとき。

スペイン出発まで、ひたすらトレーニング頑張ります!
posted by ユカジラ at 00:14| 日記

2017年01月12日

ロスタイムはノーゴールで終了

IMG_20170112_110118.jpgIMG_20170112_110902.jpg



今日は岩旅のロスタイムで二子に。

3月下旬並みの気温と言う予報に反して、最高気温零度から2、3℃、西風びゅうびゅうの激サムな1日でした。

先日積もった雪に覆われてることもあり、久しぶりに寒すぎて何も出来なかった〜(苦笑)

普段は有り難い乾燥も、過ぎると、ツルツルに磨かれたホールドやスタンスを滑りまくり、弾きまくりで、持てない置けないのド酷いトライ……


建ちゃんも私も、勝算アリで頑張って出向いた割りには、清々しいくらい勝負にならず、PK戦にももつれ込めず負け越しで終了(笑)

しかし、寒かった!

今までが暖かすぎたんだけど、本来の冬の二子を思い出す寒さに、未練も感じず終了宣言(笑)

もうやだ!
あんな寒いの!
(笑)


どのみち、私の車では今の林道の状態では入れないし、暖かくなったらまた来よう、と相成りました。

林道の状態は、トンネルより先はこのまま根雪になりそうな積雪とブラックアイスだけど、4WDじゃなくても、スタッドレスなら大丈夫かな。



数日前から始まった仕事もスペイン出発まで激務、夜遅くて朝早い寝不足地獄も日常となるので、岩場通いは一旦終了、本格的にジムトレーニングへと移行するには良い区切りになった……のかな?

少しのやり残しは、次へのモチベーションにつながるし、実は……

今朝も早起きがツラすぎて……

暗いうちから出掛ける事もツラすぎて……

遠い岩場へ通うことがツラすぎて……


そこから解放されたい!と思うくらい力尽きてた感じは否めなかった(苦笑)

岩場、遠いっす(涙)


今日の登りは、久しぶりにヤバイくらい最低な感じでした。

普通なら叱咤してダメな自分をゼッタイ許せず、すぐにでも登り込むところだけど…
岩場にいたクライマーの多くが、同じような条件の悪さを口にしていたし、寒さに強く、いつでも手汁脇出す建ちゃんですら、寒さに負け、乾燥で手足を滑らせ、ボロボロだったので、私のダメだった理由も、言い訳でもなく現実なんだなぁ…と、受け入れられた。

登る前に、焼き石ならぬ、湯を沸かしての手風呂(笑)と言う新たな試みも実践、(チョークアップ出来ないくらいの紐付きボルダーなので、焼き石は使い物にならない)、暖める&加湿等……マイナス要素を引き起こしてる原因に対して、やれるだけの努力はしたけど……っう感じなので仕方ない。

手風呂、なかなか良かった(笑)

風呂上がりの手がさっぱりしすぎてナンだけど、ボルダー程度の手数なら暫く持つので、今後も採用だな(笑)

どうせなら、アプローチ入り口にある防火用水沸かしてドラム缶風呂に全身入れば全身血が巡って良いかも(笑)


さあ〜、溜まりに溜まった疲労が取れたら、この無念を胸にトレーニングに励もうっと。
posted by ユカジラ at 20:23| 日記

2017年01月08日

岩旅ラストはインドア…

しかも、旅と言うには近すぎるパンプ2号店でのボルダー(笑)

今日明日で予定していた岩場は、久しぶりに崩れた天気で断念、残念だけど、年末から昨日まで、この時期にしては申し分のない程の暖かく穏やかな気候だったので仕方ないと諦めもつく。

2日間の宮川ダムボルダーからの、2日間連続ジムトレーニング……
昨日のルートでのパンプ感が芯に残っていて、今日はヘロヘロで全然勝負にならいかと思ってたけど、意外に登れた。

この岩旅ツアーを区切りに、ちょっとトレーニングモードに変えるつもりだったので、4日目でこれくらい動けることは悪くない。

2月からのスペインへのトレーニング、ツナミとボルダーでフィジカルあげていこう!

そして、さすがに4連登で指も手首もいろいろな間接がギシってるので明日はレスト、仕事始めに備えましょ〜!
posted by ユカジラ at 21:28| 日記

2017年01月07日

引き付けとロック力

1483618696120.jpg1483716915425.jpg




宮川ダムでのボルダー2回目の初日は、マットも飛んでいくほどの強風…と言うか暴風(笑)で、寒さも厳しかった。

前回「あめご・初段」のムーヴバラシが半日程度で出来ていたのと、内容の良さ、つなげることが厳しそう…等でなんとも魅力的な課題だったので迷うところだったけど…実質あとワンムーブと言うところで嵌まってしまった「黄色い鈴・初段」へ。

いわゆる核心は出だしのよう?で、私はそこはそれほど苦労せず、早い段階で出来ていたのですぐに登れる〜!と思いきや、人生の厳しさと落とし穴とでも言おうか…(苦笑)
実質最後の一手が距離のあるパワームーヴで、そこに嵌まり続け登れなかった哀しみの課題への再トライから始めることに…。

男性たちが何事も無かったように取りに行くガバホールドは、私には足が深くてクロスムーヴなので、体幹や引きの力がすごく必要で取れそうで取れない…

でも、あとほんの少しな感じだったので、同じムーヴにこだわりすぎてしまい落ち続けた。

まあ、理想は足の深いところからでも、鬼の引き付けで、ほんとにフルリーチ、身体が岩に張り付くほど引き付けて、その位置をロック出来れば届かない距離じゃない以上、克服したかったと言うのが本音。

小細工して、ムーヴを工夫したり、足位置を工夫したり、中継入れたり…そういう自分とは縁を切り(笑)、今までの自分とは違う、力で押しきるパワークライミングに憧れる無い物ねだりの2017年の自分としては、男の人やリーチのある人と同じ動きで登りたい!と言う野望を抱いている(笑)


そしてパワームーヴでトライし続けた結果……

大いに嵌まった!(苦笑)
くぅ〜〜〜(激涙)

健ちゃんがやりたい課題との兼ね合いもあり、2日目は時間を決めてのトライ、久々に後のない追い詰められ感にドキドキしたなぁ、もうっ!(苦笑)

前日の寒さとの無い物ねだりのパワープレイでの戦いの疲労からか、朝イチのトライは体幹の押さえも効かず、いつもより更に増して!?パワーが出せる状態じゃなかったけど、もう一度パワームーヴでトライ。

前日とうって変わって、日差しが燦々、無風で暑いくらいだったことは助かったけど、このまま同じことを繰り返していても勝因は無さそうだと判断せざるを得なかった…

がっくり〜(涙)
がっくり〜(涙)
がっくり〜(涙)
リフレインが止まらな〜い(涙)

最初の日に、そのまま登れてしまいそうだった、イチバン良かった初見の動きを思い出してみて、今と何が違うのか考えてみる。

パワーで押しきりたい夢は捨て(笑)より現実的な、とりあえず登って帰る、と言う方向にスイッチ入れ替える。

深く深く動きをイメージ、ホールドの掛かりなど確認して、大レスト、健ちゃんに、あとワントライで移動する、最後のトライ!と宣言して、約束の時間をオーバーして付き合ってもらう。


このドキドキ感…
追い詰められ感…

喰うか喰われるか(笑)左矢印1大袈裟だけど野生動物に近いメンタルにモードチェンジ、サバンナでのゆかじらに変身してのラストトライ。

う〜ん、何故ここまで苦労してたのか解らんようなあっさり感で登れました…(苦笑)

とりあえず登れたから良いものの、皆が中継に使う極小ホールドに足ブラでキャンパしたり…そんなわざわざ手数増やして難易度上げなくても登れるパワーが欲しいと、つくづく、いやホンとに、つくづく!引き付けとロック力、ダイナミックムーヴを軽々起こせて、「そっちのが早いでしょ、ふふん」と嘯くパワーを身に付けたいと切実に思った岩旅パート3となりました。


パワーあれば、半日もかからずで登れてた課題に2日半費やしてしまう要因がパワーなら…

やっぱり、筋トレも必要かなぁ?

とりあえず、フィジカル落とさないように、今日はジムでのボルダー。

もう、何だかレストなんてしてない感じでいいのかな?って疲労感だけど、“貧乏暇なし”的なノリで、“筋力なし休みなし!”って感じに頑張るしかないので…粛々と頑張らせていただきます。
posted by ユカジラ at 13:37| 日記

2017年01月04日

岩旅パート3


元旦まで三重県の宮川ダムでボルダー、そのあと1月2日には、新たな心持ちと共に1からやり直し宣言をせざるを得ない現実に直面(苦笑)
独り反省会と戒めの登りとして荻窪でフィジカルトレーニング。

気持ちの整理をしながら失意と反省、心を入れ換える(笑)ような内容でブログに書き込んだら、反映後に何やら怪しい、書いてもいないプログラムみたいなものが書かれていた。

サイバーテロ?ハッキング?(笑)とか?メッセージで教えてくれた方がいて、誰かに迷惑をかけたらイカンなぁと思い、Facebookにリンクされてる方は削除しました。

大元のブログのその部分も、知り合いのメールアドレスや電話番号が入っていたりと怪しさ満載だったので、その部分は切り取って掲載。

う〜ん、新年早々なんだろう?
オレオレ詐欺師とかも年末年始は休むとかって聞いたことあるぞ?
誰か知らんが、オメーらも休めよ、まったく〜!

まあ、私のブログも、年始から目出度さのない、ストイック過ぎる内容で重すぎたので(笑)Facebookに載ってしまうには宜しくない感じだったので、ある意味良かったかもですが…(笑)

今回も同じようなことが起こったら、しばらく様子見かなぁ?と言う感じ。


と、言うことを経てのブログの本題は、「岩旅パート3」。

3日は日帰りで二子山。

パートナーの健ちゃんも私も、お互い確実に完登には近づいているものの、なんせハードボルダーな内容なので、やる気はあっても“御迎え”は突然やって来て、ムーヴが起こせなくなる(笑)

気持ちと裏腹に使い物にならなくなる保持や体幹…刹那い(笑)

またもや持ち越しに…

天気予報から考えると、次の予定日は無いかもしれないのでドキドキするが、これも想定内。
運も実力のうちと言う現実の厳しさである。

まあ、この休みに、二子だけ通い詰めれば良いっう話だけど、目の前の成果より、本物の力を身に付けたいので、間が空いても、登りたいものにはいつでも、それなりに勝負になるようなスタイルが理想なので、今晩からはなかなか行けないクライミングエリアへ再出発!

素晴らしいエリア!だな。と、ふたりして気に入った「宮川ダム」アゲイン(笑)

年末年始に叩きのめしてくれた有り難い課題に再トライしに行きま〜す。

さあ、7時間のドライブだー!
腰痛いぞー!(笑)
posted by ユカジラ at 12:26| 日記

2017年01月02日

2017年、底からのスタート


元旦は、いや…年末からか…(苦笑)

これ以上無い、ダメに駄目を重ねたようなダメダメ星人、最低からのスタートになってしまいました…(泣)


慢性的な貧血や、自分で管理できる言い訳のきかない部分が影響して…いや、そんなことは解りきってたはずなので自業自得…くその役にもたたない言い訳…あ〜ぁ(涙)

これからの人生、もっとどうにもならない理不尽な事は、今以上に起こるんだから、新年早々言うだけ女々しかった…

そんな当たり前に起こってくる状況を除いても、近年稀にみる……
う〜ん、これも思い込みで、これが本来の自分、と改めて認識しないとならないダメさ加減でスタート。

ボルダーツアーが最も酷かったけど、年末から、何一つとして成果も納得できる登りも出来ないままだ。

それどころか、如何に自分が平凡以下の、そこから進むなんてこと…
非現実的なものとして、自分を蔑むことくらいしか出来ないくらい骨の髄から現実を知らされた。
1年でイチバン?御目出度い日に…トホホ。

哀れだ…文字通り哀しい。

自分としては、自業自得なたくさんの事を反省、改善して行くしか、あと残り少ない人生を少しでも長く生きるために向き合わなくてはならないのだけど…

久しぶりにキツい。

今日の独りで過ごす時間には救われた。

1日しっかり考えて、落ち込んでいても意味がないから、ヒリヒリする指皮や色んな事に、自分なりに戒めとして、この気持ちを忘れないようにと、ジムに行って指から変な汁出しながら登った。

再認識からのスタートとしてのクライミングをしてきた…

酷く哀れ…
でも仕方ない。
これが現実。
身に染みて知れ!だな。あ〜ぁ(涙)

認識を改める事。
正当化しないこと。
あまっちょろい気持ちは今以上に捨てること。

こうなったら、新年早々叩きのめされて良かったと思える未来を信じたい……

肝に命じる1日、書き初めや初夢ならぬ、悔やみ始め?(苦笑)

良い日は自分が造る。
それしかないから頑張らないと。
posted by ユカジラ at 21:19| 日記