2016年09月14日

到着

ロンドン、ヒースロー経由での長旅を経て、第二の故郷へ到着。

バルセロナでは、年数回ずつ海外ツアーに出て、33年、初のロストバゲッジと言う不運に見舞われながらも、翌日の今日の昼前には無事荷物のピックアップも出来てロデラーへ到着。

懐かしのお部屋の鍵で入室、不在だったモンセさんを待ちながら荷物整理。

こんな可愛らしい、ウェルカムメッセージと、ここで採れたイチジクとトマトが置いてあって、とっても嬉しかった。

s-DSCF3434.jpg

ビオレッタからの手書きメッセージ揺れるハート

ビオレッタ、ありがとう!!


DSCF3435.JPG

そして、トマト達。

とてもおいしかった!!

モンセさん、ありがとう〜〜!!


時差ボケ解消と、明日からの行動に備えて軽く体を動かしておこうと、15時過ぎから夕飯前の19時半まで、今回初めてのパートナーを案内がてらエリアへ。

朝から空を見て、天気が崩れるだろうと観天望気していた通り、夕方から雷雨に。
享年一昨年と、天候不順に見舞われていた時と同じ見慣れた空に、見慣れた豪雨‥‥

s-DSCF3440.jpg

昨日までの45日、ド晴天が続き、雨が全く降っていなかったそうで、寒気の入り込むこれからの季節、心配していた通りの最悪のシュチェーションが容易に想像できるのが物哀しいが、まあ、今までの乾燥と干ばつで、そこいらじゅうの木々が枯れてるのを見ると、自然の流れなら仕方ない‥

歓迎は出来ないけど、仕方ないものは仕方ないし、まあ、しばらくは問題ないだろうと言う事でそれ以上は深く考えないことにした。

と、言う訳で、ジメジメ、ヌメヌメな初日は、7bまでを数本登った。


帰りのアプローチは、カッパ着て、傘さして、というウェルカムレイン(笑)


そして、今回のパートナーは、こんな面々。

s-DSCF3441.jpg

健治飯山&玄。

初のロデラー、そして、モンセさんの美味しい料理にに満悦な二人です。
posted by ユカジラ at 06:20| 日記