2016年06月12日

現代用語が解らない50代


スプラモンテアプローチ談義その2。

最近のクライマーが使う言葉が理解できない我々(笑)

たもが「エンクラってみんな言うけど、俺は意味が解らない、本当の意味知ってる?教えて」と(笑)

「多分、今日は本気のトライはしないでのんびりゆっくり楽しく登るって意味で使ってるんじゃないの?私、エンクラって言葉嫌いだけど〜」と答えた。

エンクラって、エンジョイクライミングの略らしいんだけど、カタカナなイメージのせいか、なーんとなく不快感を覚える(笑)
テレクラっぽいからか!?(笑)

一生懸命登ることから逃げてるように聞こえるし、ダメだったときの逃げの保険的な言葉で使ってるように感じるからかなぁ……(笑)

言葉の響きに女々しさと言うか侠気が無いからかも(笑)

以前、どう考えても、その人にとってエンジョイ出来るような課題じゃないものに取り付いて、ボロカスになってるひとが、「今日はエンクラ!」とか書いてるのをFBとかで読んだことがあって、何でそんな見栄をはる必要あるのかなぁ?と不思議に思ったことがある……



友達に楽しんでもらいたいから、易しめのルート(課題)を中心にまわるんだー、とか、あんま気合い入らないから適当に調子見ながら登るよ……とかで良いじゃん?(笑)

たも曰く、「俺にとってのエン(エンジョイ)クラ(クライミング)は、限界をプッシュするクライミングだから……だから話がチクハグだったのか……」と。

爆笑〜!

まあ、そりゃ、そっちが正解!

さすがだねぇ師匠、浮世離れしすぎですよ(笑)

ストレートな言葉の意味なら人それぞれのエンクラってことだけど、価値観の違う人とだとえらいことになるな(笑)

その後に、私は「MOS」って表記が最初なんの意味が解らなかった、って話になった。

ルート上に苔でも生えてたのか?って思ってたけど、マスターオンサイトの意味だと知ったときは違和感有りすぎだったなぁ、と。

だって、オンサイトって基本、マスターでしょ?

まあ、日本の岩場は人工過密で、誰かがドローを掛けたら、無理して外すかしない限りマスターはなくなるけど、表記するなら、オンサイト(ドローは掛かっていました)だよね?

ドローがあるのとないのとで、登りに影響があるルートもあるけど、マスターで登ることを特別すごいことみたいに思うこと自体、なんか違和感が……ドローが掛かってないのが当たり前なんだけどね、普通は。

「やっぱり、ドロー掛けながら登るのが普通で、掛かっていたら、楽になった、とか、残念!って感じだよね?」「当然!」と盛り上がる(笑)


あと、たもが、登るときに「出す」って言うのが嫌いだと言ってたのもウケた(笑)

「なんだよ、出すって、登る、だろ?」と。

「力を出す、とか魂を出す、じゃない?」と答えておいたけど、確かにね(笑)

「外岩」も「岩場」だよね?(笑)

偽岩なら内岩?(笑)

まあ、この辺りはどっちでも良い話だけど、感覚と言うか、感性と言うか、価値観なのかな?久しぶりに違和感なく会話が出来る仲間と苦楽を共に登れたことはスゴく落ち着いて過ごせたのは確か。

良いツアーだったな、スプラモンテ。

やっぱりパートナーって重要だ。

ビレーしてくれれば良いとかの話じゃないなぁ、と、改めて思う。

クライミングシーンの中でも、私が「時間が迫ってくると、追い詰められて来て、眠りが浅いんだよね……変な夢見出したし、ヤバイ精神状態になってきたなぁ……」とか、「プレッシャーで気持ち悪くなってきた」とか、そういったメンタル面の部分でも、クライミングの技術的な事でも「わかる、わかるよ」といつでもどんなことにも声をかけてくれてて、今までの私なら、思いやりの気持ちには感謝しつつも、「オメーに何がわかる!?」って心に響くことはあまりなかった方だったけど、たもさんの言葉はすんなり入ったし、身体や心が軽くなるような力を与えてくれた。

冬のスペインでも感じたけど、多分、ストイックに、努力しないと越えれなかったモノを、越える経験をたくさんしてきた人の言葉には重みがあるからなんだろうなぁ……って感じた。

私達が20代で、世界を夢見て、クライミングを愛して、ただひたすらクライミングだけを追求してきた同士……今は多くの人が登らなくなって、残ったクライマーはそう多くない。

レッドデータバンクに指定されそうな位置付けだけど、多くを語らなくても解り合える仲間には、死なないで登り続けて欲しいなぁ〜と思った(笑)
posted by ユカジラ at 19:04| 日記

時代と共に世界は変わっても‥‥‥


スプラモンテの登攀中、もれなくついてくる往復4時間近いアプローチ時間‥‥

久しぶりに違和感のないクライミング談義を、たもさんと日々繰り返していた(笑)

もう、その内容って言ったら‥‥

お互いに、{だよねぇ!!」 「だよなぁ!!」 連呼。

これが時代ってやつなのか、単なる自分たちの価値観の違いなのかは解らないけど、常々感じていた違和感や、あれってどうなのよ?的な話がたくさんできて、私的にはスッキリ、そして、改めて、これからも自信持って突き進もうって思った。

例えば‥

そこいらで話題になる、「教え過ぎ」。

ボルダーでもなんでも、他人のクライミングに干渉しすぎることには、あれってどうよ!?って(笑)

私達が、仕事でアドバイスや、時には真っ向に何かを教えることは、「仕事」なのであるけど、今時のクライマーって、誰にも彼にも、右だ左だ、次ガバだ!ってうるせえよ、って話(笑)

クライミングの一番面白い部分を、見ず知らずの人に奪われるこの刹那‥‥

最短で楽して登った結果に、私たちは価値を感じない。

どうやって登ったか、過程に多くの意味を感じ、そこから生まれた結果に大きなプライドを感じるのが私たちの登り方。


教えたがり屋さんには教えることで自分の要求は満たされるんだろうけど、頼んでもいない人に余計な「教授」は一昔前なら「死」を意味するくらいの大罪だってことも知っておいてほしいよね〜〜。

しかも、教えたがり屋の殆どが、客観性のないアドバイスを言うもんだからうざい(あ、すいません(笑))

ただ、よく聞く言葉だから?足上げて、とかなんだかんだ(笑)

そんなことわかってるけど、そうするための、これが難しくて、試してるんだよ、色々と‥って部分を見たまんま言ってるようなこともよく見かけるけど、ちょっとは黙っててあげればいいのにと言う場面は良く見かける。

やってる本人が一番解ってるんだから。(とおもう)

まあ、今時クライミングを始める人は、教えられるのが当然な状況から始めることも多いので、それが親切って勘違いしてる人も多いけど、それって、不親切だから。

と言う話は例題をもとに語られ続けてた(笑)その例題に入ってる人に自分がいないかちょっと振り返ってみても良いかも(笑)


だいたいさぁ〜〜、次ガバ!!とかって‥見りゃあ解るっての。
私達は、仕事上、ムーブも何もかも、言いたいのを我慢するのが大変なくらいなのに、まあ、責任ない人達が言いたい放題なのはよくある話、か(笑)

そして、マナーにやたらうるさいのも今時の特徴?って話も。

大体マナーの意味をはき違えてる部分も多くてグッタリすることも多い今日この頃‥‥

ここはもう書ききれないくらいたくさんあるんだけど、例えば、ブラシングっていう「掃除」の強要は、いつからこんなになったんだろうね?って話してた。

マーキングも然り、まわりが言うから意味もなく掃除掃除言って、ちょっとでも怠るものなら、マナーが悪いって‥‥
まあ、いろいろ言い分はあるんだろうけど、日本独自のものだよね、例えば45mのかぶったルートの掃除なんて海外では誰もやってない。

必要だと思えば、必要な場所を自分でやればいいし、チョークの付き過ぎは、保持やなんだに影響することはあるだろうけど、神経質になり過ぎてるように感じることもしばしば‥

前の人がブラッシングしないで降りようものなら、鬼の首でも取ったようにヒステリックに「掃除してください!!」とか叫んでる人とか見るとげんなりするときもあるなぁ。

例えば保持に影響あったって、「ねじ伏せたる!!」くらいの意気込みでいてもいいんじゃないだろうか?って私は思う。

私の前に登っている人が、マナーだから、的に、必要のないところまで、注意されるからって理由で、「ふり」だけするような感じで、カンカンカン、と岩に歯ブラシを当てながら降りてくるのを見る時なんか、「掃除イイです‥必要ないんで」って言っちゃう。
早く登りたいし。

もちろん限度も常識もあっての話だけど、景観や岩へのダメージを言うなら、そういう人は、クライミング自体辞めた方がスッキリ正しいように私は思う。

しかも、我々の世代の多くが同じような感覚を思っていると思うんだけど、チョーク跡に嫌なものよりはむしろ、ただの岩に、命と言うか、魂が吹き込まれたように感じるので、サラの岩に点々とチョーク跡が付いたのを見ると、嬉しくなるんだけどねぇ‥‥

そういう事にこだわりすぎるよりも、ルートなら抜けれないポイントをチータスティックなんか使わないで、落ちながらでも自分の力で抜けるとか、ボルダーなら、先ずはyoutubeを見ないでムーブを解決してみようとか、0から完登まで自分自身だけで岩に向き合ってみるとか‥やることはいくらでもあると思うんだよね。

マナーなら、応援こそ、仲間内では盛り上がるんだろうけど、必要以上に大声でガンバコールを言い続けないとか(笑)←最近の応援はうるさすぎる事が多いので‥
他のクライマーの迷惑もちょっとは考えてみるとか‥そういうほうが大切かとも思うけどな。

マナーをはき違えて、本来の意味を理解することなく、まわりがそうだから、なんとなくってのはちょっと違う気がするんだよね。

こんなこと書くと炎上もの!?(笑)まあでも、そういう考え方もあるし、そうやって登ってきた時代だってあるってことも知っていながら自分なりの倫理観や哲学、ポリシーを持って登る方がスマートだと思うな。

まあ、まだまだたくさんあったけど、このあたりでは自負台の変化と共に、私たちの方が少数になってきていて、こっちが変な人、小うるさい変人おやじ、おばば、になりつつあるのが怖いよね、ってはなしてました(笑)

言葉の意味も私達には違和感がある事も多かったので、それは次回。




posted by ユカジラ at 07:27| 日記