2016年05月14日

no-title

1463221583665.jpg1463221592202.jpg1463221596753.jpg



170m、6ピッチ、12d。
七五岳北壁「影の山」開拓。

屋久島、七五岳に40年ぶりに、フリーのルートが出来ました。

飯山さんの夢の三部作の最後の1本が完成。

8年前に障子岳に「遠い山」の開拓に一緒に行ってから色々なことがあった!

そしてそのいろいろが繋がって今日があった。

今回は飯山さんの愛息子のGんにとっての本格的な登山&マルチピッチのデビュー戦でもあり、いろんな意味で記念すべきルートの完成だった。

今回は、私はサポートにまわりフォローで全ピッチを登ったけど、内容的にも素晴らしいルートでした。

特に、4ピッチ目の、奇跡的と表現するに相応しい、長石に導かれるように繋がるムーヴ、12dと言うグレード、その前後に繋がる個性的なピッチ……

アプローチは、久しぶりの重い荷やヒルの攻撃にヘトヘトになったけれど、その苦労が報われる以上に良いルートだと思えた。

久しぶりに、山岳での不便で恵まれるとは限らない状況や自然の摂理を受け入れてのクライミングに心が洗われるような気持ちになった。

11d、10d、11A、12d、11c、5.9の全6ピッチ。
変化に富んだ質の高いマルチピッチだ。

山岳でのマルチピッチに興味がある人には是非登って欲しいと思う。

長い付き合いになる健ちゃんの大きな目標だった屋久島三大岩壁への開拓はとりあえず終わった。

おめでとう!

Gんも、最後まで頑張ったね。

私も楽しかったし感動しました、いろいろと(笑)

改めておめでとう。
そしてありがとう。

ルートの詳しい詳細、開拓日記は、飯山ブログ「岩と板」を読んでね。

…いつ書くかわからんけど〜!(笑)
posted by ユカジラ at 20:14| 日記