2016年05月31日

スプラモンテ 4日目

4日目。

スプラモンテの核心となる、3ピッチ目〜5ピッチ目の3本の8台をとりあえず抜けて、ムーブの強度や全体的な雰囲気を見ることにした。

と、いうのも、思いのほか全体的な難易度が高く、下から順番に片づけてゆくには、私達のツアー日程では短すぎるということが解ったからだ。
日本を出てから帰国まで20日間、アプローチやピッチごとの強度‥‥一番には、指皮の消耗度が激しすぎて1日おきのクライミングがやっとということから、スプラモンテに費やせる時間はわずか8日。

8日と聞くと、充分な長さのようにも感じるけれど、私的には、8a+クラスになると、回数的には5回程度、2日〜3日で登れるものも時にはあるが、向きじゃないものなら8日くらいは1本のルートで費やせてしまうのが現実‥‥

初日から思い知らされていたけれど、全体的に、甘い思いは一切させてくれないこのルート‥‥そんな期待は一瞬にして打ち砕かれ、私にはまだちょっと早かったかも‥という強度の高さだったけど、体力的にはそうそう後ろもないので仕方ない‥(苦笑)

たもさんという、願ってもないパートナーに恵まれたことから、それは承知で、最大限にチャレンジ性を入れた自分なりの『成功の定義』を決めての挑戦となった。

たもさんですら手こずる8bのピッチ、全体的にテクニカルで容易には登らせてくれない良質の各ピッチ‥それだけで十分すぎる楽しいクライミングを、スプラモンテは見せてくれている。
その恩恵に感謝しながら、最大限頑張ろうと思いながら日々を過ごさせてもらっている。


実際、3、4、5ピッチの高難度では、昨日を含めた2日間で、私はムーブの解決が出来ていないパートが2か所、出来たとしても、何度か落ちながら修正しなくてはならないだろうし、今できている部分も完璧とは全然言えないのが実際のところ。

たもさんですらRPまでには至っていないところに、その難しさが感じ取れて、いつもいつもドキドキしてしまう。

ああ、心臓に悪い‥‥(笑)

それでも、たもさんがパートナーになってくれたおかげで、今、やっと最大の難所をテンション掛けながらも上へ進めてることには感謝とさらなる尊敬の気持ちでいっぱいです。

どのピッチも、ランナウトが激しいうえ、その間に核心があるようなパートも多く、自力では抜けれなかった箇所のムーブ解決にはだいぶ助けてもらっている。

s-DSC_1067.jpg

s-DSC_1057.jpg

s-DSC_1054.jpg

s-DSC_1027.jpg

s-DSC_1021.jpg

s-DSC_1016.jpg

(8bのピッチ。  8b+からグレードダウンされたこのピッチは、スプラモンテ最大の核心。 強烈なぼるだー核心の後にも、たたみかけるようなムーブが連続して、レストポイントも殆どない‥)


s-DSC_0988.jpg

(たもさん、8b。次はRP出来そう、と見えつつ、なかなか厳しい様子。そういう姿に厳しさがビシビシ伝わるパートだ)


実力的に、私から見たら神のようなたもさんの存在は大きいけど、依存はしすぎないように、クライマー同志として自分もしっかり立ち続けたいと思いながら頑張っている。

昨日は、5ピッチ目までの全像を見てきて、FIXも張りきった。

s-DSC_0844.jpg

私たちが、出発前に決めたチームとしての『成功の定義』、個人の掲げた『成功の定義』へ向けて残りの4日ラストスパートというところまで、やっと来た。

チームとしての『成功の定義』全ピッチRPへ向けて明日から、作戦会議で話し合った“上から作戦”へ、一部変更することになったけど、たぶん、それでも容易いことではないと言うイメージが持てるくらい、スプラモンテというマルチピッチの厳しさはもうすでに、身に染み渡っている(笑)

言うは易し行うは難し‥‥この経験は、人生で、クライマーーとして大きな力となる予想は、もうすでにある。




それでも、1日1日、1手1足へのチャレンジ感が言いようのない興奮と楽しさを与え続けてくれ、面白くて仕方ない。
posted by ユカジラ at 17:53| 日記

2016年05月29日

スプラモンテ 3日目

s-IMG_0298.jpg

スプラモンテ3日目は、とても蒸し暑く、まるで日本の梅雨の晴れ間ような湿度と気温の中でのチャレンジとなった。

スプラモンテ自体には午前11時を過ぎる辺りから、ルート上に直射日光は当たらないが、狭いゴルジュの対岸やベースに当たる日差しからの照り返しで、息苦しく感じるような蒸し暑さ‥‥この週末は雨が降る予報にもなっていて、空気全体が湿気を帯びていた。

ハードルートの、しかも極小ホールドを保持してこなすムーブの多いスプラモンテでは、無風と高温は大きな敵になる。

が、良い時も悪い時も‥与えられた状況、条件を受け入れて、今出来ることをやるしかない。

それは、自然の中で登ると言う事の面白さでもあり難しさでもあるので、謙虚な姿勢で頑張るしかない(笑)


私は、2P目の7c+のRPと3P目の8bのトライ、たもさんは8bのRPと、4P目の8a+のトライが今日の目標。

s-DSC_0449.jpg

取り付きで準備、思考を巡らせる。



7c+の核心は最後にあって、それは、甘くだれたホールドから、遠い小さなポケットへの確率の悪いデッドで、1回のトライで決めようと誓うには相当な集中力がいる感じだった。

前の晩から、ストレッチを入念にして、頭の中で何度もムーブを繰り返した。

ちょ〜〜〜〜うぅぅ、、、完璧な登りで何度も登った。頭の中では(笑)

取り付きに着いた時には、湿気と暑さで自信を失いかけたけど(苦笑)、登りだしたら超戦闘モードに入れたし、攻めの姿勢は崩さなかった。

けど‥‥

核心のハイステップでうまく腰が入りきらなかったり、動きがキレのない感じになって、食らいついてみたもののフォール。

くっそ〜〜〜〜〜!!!

悶え叫んでしまった(笑)

一刻も早くこのピッチを私が片付けることで、全体の行動にロスが少なくなるという一心から、ここは何とか1発で決めたかったけど‥

早起き→2時間のアプローチ→15m位のユマーリングのみのアップ→朝イチでの7c+→その日の1ゲキ狙い‥‥は厳しかった‥とほほ。

うお〜〜〜〜!!

気を取り直して、もう一度ムーブの確認をして、そのまま終了点でたもさんを迎え、今度はたもさんの8bのビレーに入った。

暑さがかなり影響していて、たもさんもフォール。

2人して、精神的にグッタリ(笑)

しばらくテラスでうたた寝して、気温が下がるか風が出てくるのを待ったが、一向にそんな気配もないので、2P目へ懸垂して再トライ。

もう最初のような自信はすっかりなくなっていたけれど、ここで登らないとロスタイムが増えるばかり!!と、マイナス要素の思考はすべてシャットダウンして再トライ。

最初のトライが嘘のように身体が動き、核心のポケットへのデッドも、ほぼスタティックに取れた‥

アップが足りなかっただけだから、今度はうまく行く!!その想いと強気の勝利。

アップ無しでの高難度、アプローチの長さや、少しずつ蓄積してきている疲労との付き合いは、今後さらに厳しいものになって行くけど、これこそ有難き試練!そう思って、改めて受け入れる気持ちになった。

s-DSC_0783.jpg

7c+、出だし。
ここのムーブもバランシーで気が抜けない。


s-DSC_0819.jpg

核心に入る前の遠いクロスセクション。


 
アダムオンドラがOSしたときのコメントでは8aと言っていたし、他パーティでのコメントでも7c+/8a‥‥バーバラがとてもハードな7c+のピッチと言う2P目は、ほんとにテクニカルで、確率の悪いムーブで構成されていて、冥利に尽きる面白いクライミングをさせてくれた。

8aでイイでしょ。が、私の体感。

このルート最高難易度の8bにトライしていたたもさんは、この日の2回目で、終了点手前の本当にあと少しのところでヌメリ落ちてしまった。

s-DSC_0930.jpg

3P目、8b。




RP出来てた!と言う所でのフォールで2人ともがっかりしたけど、これも試練、トレーニングだと思おう!となった。

s-DSC_0664.jpg

(2日目に核心のムーブを解決中の写真)

下山しながらの作戦会議では、次のトライ日には“The Hotel”と呼ばれている5P目までの様子を見るために、残りの高難度、8a+、8bをトライしようという事になった。
天気も回復してくれそうなので、今回よりも低い気温か、風を期待して、溜まりつつある疲労の回復にひたすら努めようと思う。


冬のスペインで、この計画を話した時に、写真を撮りに来てくれると言い、本当に来てくれて、有り余る体力で(笑)ガンガンユマールして撮影してくれた米さん、かおりちゃんには感謝です!!
たもさんと2人で登っていたら、こんなにきれいな写真は手に入らなかったと思うので、ここでお礼を言いたい。
ありがとうございます!!
posted by ユカジラ at 16:55| 日記

2016年05月28日

レスト

こちらに来てから、時差ボケを解消するためにショートルートで登った1日半、そしてその後にスプラモンテに取り付きだした時に3日連続で登ってからは、1日おきのクライミングになっている。


実際、スプラモンテの強度が高く、2日続けて登るなんて出来ない感じ。

特に指皮の消耗度がひどく、毎回、登り終わった時点では、指先は生肉が見えるギリギリって感じ(笑)

指先を裂いてしまうと保持にも影響が出るので、出来れば裂ける前に休んで回復させたいので、そういう意味でも1日おきのレストは必須な感じだ。

アプローチに関しては、最初の2時間ちょっとかかったころに比べれば、今は1時間40分程度で歩けるようになって、疲労もそんなに残らない感じにはなってきたけど、毎日歩くのは、やっぱりキツイと思う。

と言う訳で、1日スプラモンテに行ったら、1日休み、というサイクル。



残された時間を考えると、こんなに休んでいていいのか!?と、いちいちドキドキしてしまうけど、無駄打ちできるほどの余裕もない(苦笑)



レストの日は、何をするわけでもなく、ムーブを思い出しながら手汁出したり、トポを見たり、パソコンいじったり、買い物に行ったり‥

散歩しながら、町や海を見たりも楽しい。


DSCF3425.JPG

地中海っぽいお店。


さて、明日は、3日目のスプラモンテへ。

1日1日が、重要な意味を持つ大切な時。

がんばるんば。


s-DSC_0728.jpg

ゴルップ渓谷の入り口で、生まれたての猫を鷲掴みのたもさん。

手、デカいって‥(笑)

子猫がつぶれそう〜〜。


血猫値が下がっていた私には、超絶!!癒しの時間でした。



posted by ユカジラ at 04:03| 日記

2016年05月27日

SUPRAMONTE 2日目

スプラモンテにトライしてから、今日は2日目。

s-DSC_0472.jpg



一昨日、抜けられなかった2P目は、ビンゴのライン違いで無事終了点までつながった。

ボルト位置とチョーク跡の着いたガバホールドに誘導され、ロストしていたけれど、ラインを見出すことが出来てからは、7c+〜7c+/8a くらいに収まる強度だった。


s-DSC_0496.jpg

ふ〜〜‥‥助かった。
夢と希望が次へつながった瞬間(笑)



たもさん、本日2回目のトライでRP。

s-DSC_0481.jpg


私は、2トライしたけど、距離があるムーブ箇所の、高い精度を出さないとホールドにうまくヒットしないパート、2か所が難しくRPは出来なかったけど、次は登れると思えるくらいの出来にはなってるので、明後日はRPしたい。

s-DSC_0572.jpg

いや、する。



時間を考えて、とりあえず、あ互い2トライした後は、次のピッチへ。

スプラモンテの最難ピッチ、8bをトライ。

たもさんは核心で何度も落ちて苦労していたけど終了点までムーブも解決。

さすが!おみごと!かっこよすぎる!

私は、数か所ブランクのまま‥
当然、核心のムーブは出来てない‥

うぇぇぇ〜〜〜い(涙)


ここまでのピッチ、どのピッチも素晴らしい内容で、登るごとに、この地に戻ってきてトライして良かった!と思う質の高い内容‥‥全ピッチRPしたいと思い描いているけど、この短いツアー日程内で、今の私の実力では厳しいかも‥と感じた。

まだ諦めてはいないけど、先ずはチームとしての成功、その中で最大限の自己挑戦と思っている。

とりあえず、明後日!
まずは7c+をキッチリ片づける。

早朝からの長いアプローチに加え、アップ無しでの7c+、しかもテクニカル、保持系‥こなすべき試練は多いけど、今、至福で満たされている(笑)

32年、様々なクライミングをやってきて、それほど感動することも多くはないと思っていたけど、こんな激しく厳しい世界が在る事を知って嬉しい。

最難ピッチのムーブは出来てないし、まだ、やっと3P目に到達したばっかりだけど、こんな素晴らしい時間、最強かつ素晴らしいパートナーに恵まれてトライできている今に心から感謝して、楽しみたいと思う。


s-DSC_0628.jpg












posted by ユカジラ at 06:28| 日記

2016年05月26日

レスト


1日のんびりまったり‥たくさん食べて回復しました(笑)


s-IMG_0168.jpg

日の出‥6:00。

ゆっくり寝てようと思ったけど、まだ、午前3時と、これくらいの時間に目が覚めてしまう。




s-IMG_0191.jpg

アパートからの眺め。


s-IMG_0169.jpg

高台の一等地。

どの部屋からも、地中海が一望できる素晴らしい環境。



s-IMG_0171.jpg

部屋を掃除する大野牛。

30年前から変わらずこんな感じだけど、登ってるとカッコいい事もある(笑)

これ↓

s-DSC_0373.jpg

別人(笑)



米さんが撮ってくれた、ミレニアムケイブへ向かうアプローチでのショット。

s-DSC_0180.jpg




登る私。

s-DSC_0217.jpg



 
疲れて、いけにえの祭壇でハゲタカを待つ私。

s-DSC_0363.jpg



たもさん。

s-DSC_0292.jpg




posted by ユカジラ at 04:36| 日記

2016年05月25日

本日、ヤラレました‥

スプラモンテ、初トライの今日は、コテンパにやられてきました‥とほほ‥

いや厳しかった‥

1P目の7b+は、想像以上にテクニカルで、2人とも2回目のRPで登ったけど、『とてもハードなピッチ』 と定評の2P目で途中敗退‥

いやはや、難しい!!

どう考えても、7c+とは思えない強度だった。

今日は3日目のクライミング+重い荷物を背負っての疲労があって、きっと疲れてるからだ‥と言う事にしておいた(苦笑)
今日はこれくらいで勘弁してやるか!!(笑)‥と、2P目にて敢無く敗退。

2人で散々、ムーブの解明に向けて話しながら下山。

自分的には、たもさんにはあっさり登ってくれなきゃ困るんだけどなぁ‥‥(笑)
ビビるやんけ!!と言う気分(笑)

自分より格段にレベルが高いのに、あれだけ気合い入れてムーブ解決出来なかったのは、自分的には相当ヤバい気分だけど、チームとして、自分ももっともっと頑張らないと!と気合も入った。


アプローチとハングドックでヘロヘロになってる上、今後の先行きに不安を感じながらの下山は重い足取りで負け犬感たっぷりモードだった初日だったけど(笑)

くっそーーーーー‥‥

このままでは済ますまい!!

済ますわけがない!!


希望は、どうもライン取りが違うようだった、って事で、夕飯前、中、後にと作戦会議を開いて、戦闘本能とモチを上げて明後日からまた勝負の予定。

こっちに来てからまだ3日目、時差ボケもようやく取れてくるくらいだし、ゴルップ渓谷へのアプローチの強度、ルートの雰囲気は掴めた気もするので、たもさんと、『よし!!がんばろう!!』 と再度士気を高めた。

今日は、たまたま2人ともカメラを忘れてしまい、イイ写真がいっぱい撮れたのに〜〜、と残念ですが、写真を撮りに来てくれた米さん夫妻とも無事合流でき、明後日はゴルップ渓谷に一緒に入ってくれると言う事なので、写真は米さんに任せちゃいます!!

米さんの写真はすごく巧いし、この数年のクライミング写真の殆どは米さんが撮ってくれているのでとてもありがたく思っている。


いや〜〜、しかし、指皮ヒリヒリ、関節も背中も痛いぞ〜〜(泣)

明日1日で回復させて、リベンジ!!


牛に(大野さんではなく、モノ本の牛)行く手を阻まれたり、なんだかんだとロスタイムがあったものの、2時間ちょっとで取りつきまでアプローチ出来たことで、渓谷で泊まらないで登れることは、回復には好影響なはず!

往復4時間のアプローチはキツイけど、そのうち慣れるだろうし、それくらいの体力は、最終的には必要だろう。

厳しい、けど、楽しい。

厳しい、から、燃える。

行くぜ!
posted by ユカジラ at 06:07| 日記

2016年05月24日

ミレニアムケイブ


s-IMG_0051.jpg

アパートからの日の出で、皆さんおはようございます!!

今日は、自分的には一番好きなロケーションのミレニアムケイブに皆さんをご案内〜〜。

s-IMG_0110.jpg

みんなロケーションとブロッコリーって呼ばれているへんてこなコルネクライミングを堪能してた様子。

私は、ちょっといろんな疲れが出ていたのと、以前に来たときにけっこう登っているので、やったことのないルート=曲者っぽいルートしか残っていなくて、それらの中から良さげなものをチョイスして登った。

s-IMG_0105.jpg

日本ではお目にかかれないような、いつ取れてもおかしくない、細くて怖いコルネに乗って登る、35m以上あったと思われる7b/7b+が印象的だった。

s-IMG_0109.jpg

s-IMG_0139.jpg

どこまで行ってもコルネ祭り(笑)


このほかに、2手に7c付いている、超絶ボルダールートのムーブは出来ずに敗退‥‥

う〜〜ん、30mの2手以外は6a(10b)位の内容だったので、その強度には参りました!!(苦笑)


明日は、ちょっといろいろ、情報収集と、ルートの下見に、スプラモンテに日帰りで行くことにしました。

どうも、キャンプは不可で、毎日入退場のチェックがあるような話を聞いてしまいました‥‥

う〜〜ん。

あのアプローチを毎日通うとなると、、、、

きびしーーーー!?


まあ、行って確かめてくることにしましょう‥と言う事に相成りました。


s-IMG_0050.jpg

アパートからの夕暮れ。





posted by ユカジラ at 04:33| 日記

2016年05月23日

サリディニア再訪

かねてからの憧れのルートを登りに戻ってきました!

カリアリからの道中も、3年前と変わらない様相で感慨深いものがありました。

今年は、トラッドマルチ以外に興味がなさそうなイメージだったけど、杉野保師匠がパートナーになってくれて、一気に自分たちが決めた『完登の定義』での成功がグッと高くなった(笑)

たもさんと決めた 『完登の定義』 については後々書いてゆくけど、今日は、今回のツアーのメンバー紹介。

たもさんは、私の最も尊敬しているクライマー、第一位!!を25年ぶっちぎって不動の男(笑)
本人知らないだろうけど(笑)
技術、体力、メンタル‥全てにおいて尊敬信頼できる、すごい強いクライマーなんですよ!!
そして我らはチームMAMMUT!
『ホテルスプラモンテ、マルチピッチクライミングチーム』 の、保さんと私。

そして、

毎年一緒にツアーに行っているかよちゃん。
生徒さんだけど、ツアーでは友人として一緒に登っている、長い付き合いで、気心の知れた関係。

と、大野牛さん(笑)
私が子供?の頃からのクライマー仲間。大先輩です!!
この2人は 『サルディニア丸ごと満喫&ショートフリーチーム』 

計4人でやって来ました!

s-IMG_0009.jpg

( カリアリのB&Bで、大野牛さん、保さん 新井のかよちゃんはカメラマンでした )


珍道中が予想されるけど(笑)地中海は青く、天気も前回訪れた2月とは比べ物にならないほど暖かく天気も安定していそうで、今後のクライミングが楽しみ!!

s-IMG_0021.jpg

s-IMG_0020.jpg

今日はカリアリから、ベースになる街、カーラゴノーネまでレンタカーで移動、アパートの手続きなどをしていたら夕方になってしなったので、時差ボケ解消のクライミングで3時間ちょっと体を動かした。

私は、6c、7b+、7a+を登ったけど、岩場の選択ミスで、西日ガンガン‥ちょっと暑すぎた(笑)
そして、ややグッタリ‥

いやいやいやいや、このグレードと本数でぐったりしてちゃダメっしょ!!
スプラモンテのピッチ数や難易度を考えると先が思いやられる〜〜ぅ。

明日も、まだ生活の基盤が出来ていないので、買い出しや色々してから、私がこの周辺で一番好きなエリア、ミレニアムケイブに皆を案内して引き続き体調を整えるクライミングになります。


 
s-IMG_0033.jpg

IMG_0045.JPG

こんばんは、食糧の買い出しが日曜で出来ずに、近所のレストランで、PIZZA、パスタ、サラダの夕飯。
うまかった〜〜。

たも 『やっぱヨーロッパは何食べてもおいしい!!』 ←アメリカ行き過ぎ‥(笑)

大野牛 『もういつ死んでも満足した!俺は悟りを開いたことが1回ある!!』 ←初日からテンションMAXで、大丈夫かね?(笑)

かよちゃん 『良かったわねぇ〜〜』 ←もうすでにみんなの母(笑)

みんな、ご満悦な1日でした!!



アパートから見える海に光るお月様がきれいな夜でした。

posted by ユカジラ at 07:01| 日記

2016年05月21日

でっぱーっ!

IMG_20160521_123644.jpgIMG_20160521_124158.jpgなかなか珍しいメンバーです(笑)

そしてさらにイタリアで合流するは……あの……(笑)

それはあとでのお楽しみで!

イタリア、サルディニアツアー始まります!
posted by ユカジラ at 12:42| 日記

2016年05月17日

比叡ボルダー

1463482533671.jpgIMG_20160517_213509.jpg昨晩から藤平家にお邪魔してます。

彼らが宮崎に移住する前に会うことが出来ず、いろんな事が気になっていたので、今回はとてもうれしい。

銀ちゃんのお位牌にも手を合わせることができ、何よりふたりの元気な笑顔が見れたのが良かった。

新生活がまだまだ忙しいふたりだけど、明日はゆみちゃんも一緒に登りに行く予定です!
楽しみ!
藤くんはお仕事〜残念〜!(笑)


なので、とりあえず今日は、屋久島メンバーで比叡へ。

比叡では、マルチピッチしか登ったことがなかったので楽しかったけど、さすがに暑すぎて、日影以外は無理無理無理無理〜(笑)でした。

唯一あった日影に吸い込まれるように向った岩で半日登りました。

たまたま、自分にはちょうど良く頑張れる内容だったので楽しめたけど、グレードは……(笑)
カラ〜く感じました〜(笑)

まあ、登ってしまえばそれくらいに感じたとも言えるけど、苔も生えててチョーク跡も皆無で、高さもあるので、ワントライ毎にホールドやムーヴを見つけ探りながらマット位置や落ちるときの態勢も確認しながらのトライは真のクライミングの在り方を、想い呼び起こさせて貰えて楽しかった。

安易で楽な方向に流されやすい現代の中で、こういうトライが出来る場所があることに感謝。

宮崎スゲー。


そう……
クライミングはいつだって難しい。
だから心惹かれる。

簡単だと言えちゃうようなクライミングより、ずっと満足感も達成感も感じた1日でした。
posted by ユカジラ at 22:43| 日記

2016年05月16日

開拓中に見つけた似たもの画像

1463309550774.jpg1463309520767.jpg



う〜ん。
どれもこれも丸い(笑)
posted by ユカジラ at 13:36| 日記

ボルダー開拓

1463309533519.jpgDSC_0007.JPG1463309546450.jpg山から降りて、昨日は昼からボルダー開拓。

下山の疲労が出まくりで、身体中バキバキだったけど、屋久島のクライミングジム、ビバ2の笠井さんをはじめ、地元のクライマーと楽しい時間を過ごさせてもらいました!

手付かずのボルダーがゴロゴロあって、大興奮しながらの初登合戦。

皆で交代にトライする中、4本の初登いただきました(笑)

私の体感グレード的には4級〜2級で付けたけど、あとから思い返してみて、小川山や花崗岩の過去に登った課題と比較すると、1級くらいの課題もあったかも(笑)

近いうちに、「屋久島のボルダー」として発表するみたいなので、たくさんのクライマーが屋久島に訪れるんだろうねー(^-^)

夜は、8年ぶりにチャコちゃん、キョン(ワンコ)にも会えて、クライマー宴会。

こころづくしの美味しいお料理、地元でとれる筍や貝等もベランダでバーベキューしてご馳走になりました。

感謝感激、皆さんありがとうございました。

最終日の今日は、朝からどしゃ降りなこともあり、せめてものお礼にと、ビバ2にリクエスト通りの課題を5課題、クドさ割増で作って来ました!
フェリー出港までの2時間、屋久島での最後のクライミングでした。
皆さん楽しんでくれると良いな。

今度は、疲労感無しな体調でボルダー開拓したいので、ボルダー開拓だけで来たいな。

なんか直ぐに戻って来そうだな、ワタシ(笑)

さて、今晩は、最近宮崎に移住した友人宅へ向かいます!

あと2日、今度は比叡でボルダー予定。

屋久島滞在の8日間のうち、雨の降らなかった日は2日……あとはけっこうな豪雨の日が多かったなー。

この時期は天候は安定してるらしいんだけどね。

「影の山」4日間のうちの中日2日だけが雨なしの晴天……それは相当の幸運だったと思う。

そういった自然の摂理の中で登ることが当たり前だった時代を思い出した。

雨の島は、だからこそ美しい自然が広がってる。
posted by ユカジラ at 13:31| 日記

2016年05月14日

no-title

1463221583665.jpg1463221592202.jpg1463221596753.jpg



170m、6ピッチ、12d。
七五岳北壁「影の山」開拓。

屋久島、七五岳に40年ぶりに、フリーのルートが出来ました。

飯山さんの夢の三部作の最後の1本が完成。

8年前に障子岳に「遠い山」の開拓に一緒に行ってから色々なことがあった!

そしてそのいろいろが繋がって今日があった。

今回は飯山さんの愛息子のGんにとっての本格的な登山&マルチピッチのデビュー戦でもあり、いろんな意味で記念すべきルートの完成だった。

今回は、私はサポートにまわりフォローで全ピッチを登ったけど、内容的にも素晴らしいルートでした。

特に、4ピッチ目の、奇跡的と表現するに相応しい、長石に導かれるように繋がるムーヴ、12dと言うグレード、その前後に繋がる個性的なピッチ……

アプローチは、久しぶりの重い荷やヒルの攻撃にヘトヘトになったけれど、その苦労が報われる以上に良いルートだと思えた。

久しぶりに、山岳での不便で恵まれるとは限らない状況や自然の摂理を受け入れてのクライミングに心が洗われるような気持ちになった。

11d、10d、11A、12d、11c、5.9の全6ピッチ。
変化に富んだ質の高いマルチピッチだ。

山岳でのマルチピッチに興味がある人には是非登って欲しいと思う。

長い付き合いになる健ちゃんの大きな目標だった屋久島三大岩壁への開拓はとりあえず終わった。

おめでとう!

Gんも、最後まで頑張ったね。

私も楽しかったし感動しました、いろいろと(笑)

改めておめでとう。
そしてありがとう。

ルートの詳しい詳細、開拓日記は、飯山ブログ「岩と板」を読んでね。

…いつ書くかわからんけど〜!(笑)
posted by ユカジラ at 20:14| 日記

2016年05月11日

でっぱーーーつ!

IMG_20160511_081025.jpg
雨上がった。

林道の崩壊が心配だけど、行くっきゃないっしょ。

七五岳も雲の合間に見えてきた。

では、数日後に!
posted by ユカジラ at 08:14| 日記

2016年05月10日

屋久島で雨には動じてはならない

 
停滞前線上に低気圧発生(笑)、150o以上の大雨警報の今日は、山には上がれず。
 
気温27℃、湿度120%な空気感に、まだ馴染めず身体もダルダル(笑)
 
午前中にヨガをやって過ごしてみたが、汗だくで死んだ……10数分で敗退(笑)
 
雨は予報ほど降らず、午後いっぱいはどんよりながら小康状態。
 
明日こそは山に入れるだろうと言うことで、出発延期。
 
 
今日は、海岸線にあるボルダーを、お散歩がてら開拓しに行った。
 
 
 
 
面白そうな石がたくさんあって興奮して見て歩いたらアドレナリン出過ぎてここでもぐったり。
 
 
七五岳から降りてきてからの残った時間は、ボルダー開拓に費やそうと思って計画していたので、ちょっと先にお味見。
 
時間も2時間くらいしかなかったので、推定3級くらいまでの4〜5本しか登れなかったけど楽しかった!
 
さて、明日は入山できるのか!?
 
水の山、屋久島!ならではの、雨ごときに動じない過ごし方、8年前よりは身に付いているかもね(笑)
 
現在、豪雨と雷鳴が鳴り響いてますよん。
 
た〜まや〜!
posted by ユカジラ at 19:01| 日記

2016年05月09日

屋久島らしいお出迎え

 
どっしゃ降り〜(笑)
 
さすが屋久島!
 
 
本日、朝に鹿児島を出て、屋久島上陸。
 
 
約4時間の船旅も快適。
 
船内にあった海ガメの生け簀を鑑賞したりしながら過ごした。
 
 
停滞前線が居座っていて、明日の入山はどうなるかな?
 
とりあえず、宿を取り、明日からの装備をパッキング。
 
 
今回のパーティーは、飯山さんと、その息子、Gん!
 
 
楽しいクライミングになるはず!
 
全ては天気だねー。
 
 
posted by ユカジラ at 19:33| 日記

屋久島らしいお出迎え

 
どっしゃ降り〜(笑)
 
さすが屋久島!
 
 
本日、朝に鹿児島を出て、屋久島上陸。
 
 
約4時間の船旅も快適。
 
船内にあった海ガメの生け簀を鑑賞したりしながら過ごした。
 
 
停滞前線が居座っていて、明日の入山はどうなるかな?
 
とりあえず、宿を取り、明日からの装備をパッキング。
 
 
今回のパーティーは、飯山さんと、その息子、Gん!
 
楽しいクライミングになるはず!
 
全ては天気だねー。
 
 
posted by ユカジラ at 19:31| 日記

2016年05月08日

鹿児島到着

 
昨日の午後2時くらいに関東を出っぱつして、昨夜は広島、宮島パーキングにて仮眠。
 
 
今日は更に西へ西へ。
 
鹿児島まで1400キロ、約14時間で踏破。
 
感覚的には意外と近い!?と感じたけど、腰はいたくなった(笑)
 
途中、復興応援ランチを取ったり、物産品を買ったりしながら、夕方には、鹿児島のクライミングジム「kironico」に到着。
 
車中で固まった身体を3時間ほど登ってほぐしました!
 
 
 
 
懐かしの友人に再開したり、なぜか関東人がいたりして(笑)びっくり!
 
全然変わってない藤井くん、出張スクールで来ていたヒデと記念撮影(笑)
 
 
 
そして明日は朝イチのフェリーに乗って屋久島へ渡ります。
 
しばらく天気が悪いみたいなのが心配ですが、まー、何とかなる、ドンマイドンマイ。
posted by ユカジラ at 21:20| 日記

2016年05月06日

やることはやったー!


さて、いよいよ明日からWツアーの始まりです。

先ずは屋久島でのマルチピッチ。

飯山さんとずいぶん前に登った「遠い山」開拓からの第2段。

とは言っても、今回も、私はあくまでも飯山さんのサポートなんだけどね。

野生の血を買われての選抜(笑)

骨は埋める!
食べる?(笑)
まあ、任せろ〜!

彼の築年の夢のお手伝い&私にとっては、そのあとのイタリアでのマルチピッチでの足腰強化ウイークとなります!

屋久島の自然のなかでのクライミングは懐かしい〜ウキウキ(笑)

そして……

スペイン帰国後から、殆どトレーニング漬けの日々。

トレーニングは一旦終了、メインイベント第一段の幕開けです!

気合い入れて登るのみ。

花崗岩のクライミングには直接的に効果あるかは不明だけど(笑)冬のスペイン帰国から、ほとんど登っていなかったルートクライミングも、GW中に、4日間集中して登ったら、まあ、持久力的にはまずまず戻ったと思う。

ちょうど新しくなったツナミと、それに合わせて増えてたルート、20数本を片っ端から登った。

今日は〆にツナミの12DをRPして気持ち良く終わり。

まだトライしてる人も少なくて、ルートの評価はわからないけど、私的には、4トライ目での完登だから、13Aはありそうだな〜と感じた。

まあ、なんでも良いけど、とても良い持久力トレーニングになりました。
posted by ユカジラ at 22:45| 日記

2016年05月05日

奉公

 
毎度毎度、猫たちにはすまんが……
 
明後日からWツアーに出掛けるので実家に預けてきた。
 
 
なんだかんだと、私が大好きな海子は、ずっとヒステリックに怒ってたけど、最終的にはアンニュイに……
 
 
 
草を食べて紛らわす。
寂しげな感じに胸がちくちく。
 
 
 
ん、その先に見えるのは……
 
 
ひきこ森田。
シェルターから出てこない(笑)
 
とはいえ……爺ちゃん婆ちゃんに溺愛される孫の如く、キャツらはパンパーな生活を満喫することは言うまでもないのだ。
 
 
 
しばしお別れ。
猫たち以上に、私が毎回さみしい!(T^T)
posted by ユカジラ at 19:15| 日記

2016年05月04日

ゴールデンなフルコース

 
世の中はゴールデンウイーク。
 
明日で終わる人、週末まで続く人……
 
いろいろだけど、ラジオでもテレビでも、混雑するところは大変なことになってるようですなぁ〜。
 
私は毎年この時期は、静かに渋滞も混雑もない岩場での講習と、空きすぎてて、間の持たない?(笑)ジムでの講習以外の仕事はしないと決めているので、ガラ空きになったいつもの街並みに癒されながら、毎日仕事しててもノンストレス。
 
この上ない平和な日々でした。
 
体調以外は……
 
そう。
 
この一週間、ちょうどGWが始まる前から風邪をひいたみたいでいろいろ調子悪かったんだけど、うまい具合に?悪化していき、毎日違う症状で、MAX今日がヤマ場!的病状、見事に風邪の症状フルコースを堪能していました(苦笑)
 
始まりは寒気と倦怠感だった……
 
そして咽痛→声でない→頭痛と咳→くしゃみ鼻水……
 
毎朝、ユンケルとルルの合わせ技ですっかり回復!と見せかけて、毎晩、軽く死亡という毎日だった。
 
マジ疲れたわ〜。
 
ああ、でも、熱だけは大して出てなかった。と思う。
 
仕事の合間にトレーニングはやってたけど、微熱はあったのかな?やっぱり……登っていても、何していても、頭がもやもやもやもやしてて鬱陶しかったし、ちょーーーっと、力を出すと身体も手も火照ってヌメヌメヌメヌメ……最悪だった。
 
 
新しくなったパンプ2号店のツナミ壁、12dまで登ったけど個人的な体感は、書いてあるグレードとだいぶ違ったなぁ。
 
風邪のせいなのかよくわからないけど、外人作のルートは距離があるせいか?難しめに感じて、日本人作のルートはグレードよりも易しく感じた。
 
ん!?
 
そこに風邪は関係ないか(笑)
 
 
何はともあれ、ようやくゴールデンな風邪のフルコースも、世の中のGWにあわせて、ようやく終わりそうです。
 
あー、やれやれ。
posted by ユカジラ at 22:26| 日記