2016年03月03日

上へ!上へ!

雪をまとった大雨のあと、晴天が続いたおかげと、本日の時速29mの風で、COVA GRAN は復活の兆しに。

アップに使えそうなルートはコルネ主体でまだ染み出しの影響が強く残っているのと、原っさんが、今日はレストにすると言うのもあって、FutBolin(COVAGRANからすぐ近くに在るエリア)に寄ってもらってアップを済ましてから移動。

今日は6日ぶりに Asltin‥のトライを再開した。

朝から気温が高く感じ、ダウンが要らない感じだったのもうなずける、びっくりの23℃を温度計はたたき出していた(笑)

でも、私の体質的には、寒いよりは断然イイ。

1本目から、超本気の狙いモードで登り始めた。

昨日から、ストレッチしていても、筋肉や可動域に刺激を入れるクロストレーニングをしていても良い集中を感じていた。

良いメンタル状況だと思える事の1つに、変な気負いが無く、トライ自体を楽しいと感じている事がある。

目の前の1手‥‥

登り始めると、目の前の1手の事だけに、自然に集中出来る感じが、怖さや、惰性、欲に駆られた?(笑)雑念が消えて、握る事、掴むこと、シンプルな動きの虜になる。

幸せな瞬間。

なので、今日は、‥まぁ、スパーポジティブ人間な私は、今日に限らず、いつでも 『登れる!!』 って思いながら生きてるんだけど(笑)

だけど、本当に完登出来る!と思って登っていた(笑)

結果は、L1、7b+パートが終ってから、4回連続する、4個目のアンバランシーなポケット取りのデッドで落ちた‥

3個目の一番遠いデッドからのパワークロスは成功!

4個目のデッドは、連続の最後と言う事もあり、とにかく悪いけど、これを取れたら、変なミスをしない限りほぼ完登であろうと思われる最後の1手で落ちちゃった。

身体を捻るタイミングとコントロールはうまく行ったけど、小さなホリゾンタルカチの最後のひと押し‥これは距離を出すのには不可欠な動作なのに、そのコーディネーションが甘かった‥と思う。

動きは捻ってるのに、保持の押しは正対‥
それ以外にも一瞬の動きの中で連動性を正確にしないとならない。
強度も出すべきタイミングに正確に出さなきゃならない‥‥

このコーディネーションの精度が成功へのカギになっていることは明らかだ。

きっと、その精度を保ち出し続けるに必要な一瞬のタメを持たせる筋力的余裕が、あと、ほんのあと少しだけ足らなかったんだと思う。

s-12767889_752948311471748_28790857_o.jpg

同じルートをやっていても、感じ方はそれぞれで、大雨の前に Asaltin‥を登った原っさんや多くの男性が口を揃えて、“持久系”のルート、というこのルーート‥私にとっては、持久力的な部分は問題は余り感じていなくて、どちらかと言うと、“精度を要求されるムーブ”のルートと言う感じだ。

高い集中力と、距離感、過不足のない正確なパワーを出すべき所に出す‥そんなルートだ。



でも、、確実にトライ毎に上へ上へと進んでいる。

あと少し。


ボルダー力と、連続する高強度に必要な耐性‥‥

身に付けられるように積んでる修行、その成果をひとつひとつ、きちんと積み重ねて、ホンモノの力を身に付けたい。




posted by ユカジラ at 05:22| 日記