2015年12月21日

岩と酒と熱い想い(笑)

FB_IMG_1450656226233.jpgFB_IMG_1450655382869.jpg
昨日は、講習生達が自立したクライマーになっていくために、メンバーで登れるように集まってるクラブ、ピラ会の講習会&忘年会。

珍しく空いていたあかねの浜で、今年最後になる岩場でのクライミング。

皆、良い顔して登ってたのが印象的だったなぁ(嬉)

一昨年より去年、去年より今年…と、みんな成長してる。

そしてきっとこれからも。

うれしいねぇ〜!


いつも思うことだけど、クライマーって人種はクライマーであって…(笑)

大衆化していくことで、クライマーのふりをしたクライマーもどきと、にわかクライマーは増えても本物として登り続ける人間は少ない。

この場に残っている仲間は、趣味で頑張ってる人、残念なことに趣味の域を越えかけちゃってる人(笑)
いろいろだけど、皆クライマー気質なんだなぁ…と(笑)

まあ、私がくどいほどにクライマーって生き物なだけに、そういう毛色じゃなければ、私のところに残ってないって言う現実もあるかもなんだけど(笑)

少なからず、自分が手塩にかけて?(ホントか(笑))育て、いろいろなことを伝えてきた仲間達が、クライミングと言う文化を理解して、それぞれの中で立ち向かうべき事に、一歩一歩、自分の力で向かおうとしている心意気…それが胸に響く。

私がインストラクションする中で1番伝えたいことは…

いつでも、クライミングと言う行為にある本質の部分。

成果や結果はもちろん出せた方がいい。

数字にこだわることも、そこを求めることも良い。

楽しむこと。

強くなくこと。

それぞれの目標や想いは何でも良いし、時の流れと共に変化していくことも。

だけど、大切なことは…

想いが本質からズレてないこと。

何でクライミングなのか。

最も強敵なもの、向き合う敵が己であること。

嘘をつかないこと。

在りのままを受け入れて前に進もうとする強さ。

自分に恥ずかしくない生き方そのものが登りに反映されるような筋の通った立ち方。

そして、こんなこと言っちゃあナン難←だけど…

クライミングはスポーツじゃないってこと(笑)

この部分の深意はここでは語らないけど、クライマーなら言ってることわかると思う。

今年もそろそろ終わりに向かい、未来を作る為に過ぎたこの大切な1年がどんなものたったのか、問い直し、また歩みを進めていくための大切な時が来た…

考える時間、立ち返る時間は大切にしたい。

だから…

飲み会は大切だ!!(爆笑)

いや、ホント。

普段話せないこと、聞きたかったこと…

力を貰い、与え、交換しながら…きっと良き仲間が大きな力の連鎖になってなって、それぞれの未来が作り上げられるんだと思うから。
posted by ユカジラ at 12:57| 日記